投資銘柄の選定法

まずは、1日1回、株式ブログランキングへの応援クリック、よろしくお願いいたします。



株式投資をファンダメンタルから極める-バナー


この2ヵ月ほど、無料メルマガの推奨銘柄が妙に当たっている。過去の経験則から行くと、ややリスクを感じ始める状況と言える。


つまり、私の銘柄選択法が市場にフィットしているということになるのだが、それは逆に言えば、それらの銘柄には余分なプレミアムがついている可能性があるということだ。


プレミアムであるから、それは短期的にも変動しやすいものであり、それがリスクとなる可能性がある。


そこで、改めてここ2ヵ月の推奨銘柄を振り返ってみる。下の表は1月1日付の無料メルマガで紹介した今年の推奨銘柄のその後の株価動向を示したものである。

1月1日付無料メルマガのバックナンバーはこちら

http://archive.mag2.com/0001086601/20130101181937000.html



株式投資をファンダメンタルから極める-20130303-1


この表の内、サンマルク(3395)はその後発表された第3四半期決算の内容から見て、やや先行きの不透明感が増したため、推奨から外している。


ただし、その時点の株価と2月末時点の株価がほぼ同じであることから、平均リターンの計算には入れている。

以下が、2月7日付のブログ記事になる。

http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-766.html

ということで、利食いを推奨している。



さて、以上の条件で計算を行うと、この2ヵ月間、日経平均の上昇率が11.2%であったのに対して、6銘柄の平均値は25.4%となっている。日経平均の2倍以上のリターンである。

それぞれの銘柄の参考レポート、記事はこちらになる。

王将:http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-775.html

プリマハム:http://cherry100.mods.jp/ra/s/584

さくらインターネット:http://cherry100.mods.jp/ra/s/470

伊藤園優先株:http://cherry100.mods.jp/ra/s/607

コスモス薬品:http://cherry100.mods.jp/ra/s/549

サンマルク:http://cherry100.mods.jp/ra/s/605



上昇銘柄の共通ファクター


この2ヵ月間の上昇銘柄を見ると、円安や金融緩和などのマクロ要因が直接ファンダメンタルに影響を与える企業より、それらとは無関係に好業績銘柄が買われたという印象である。


そして、実はもう一つ、常に相場では起こりやすいリターン・リバーサルがかなり効いているのではないかと思われる。


改めて前述の銘柄の10月末から12月末までのリターンを見てみた。


下の表からわかるように、10月末から12月末のリターンはすべて日経平均以下である。



株式投資をファンダメンタルから極める-20130303-2



常にこのことは投資を行う上で、意識しておく必要のあることだ。過去の株価を分析すると、どのような局面での分析においても、いわゆるリターン・リバーサルは確実にリターンに寄与するものとなる。


リターン・リバーサルとは、相対的に低いリターンの株は上がりやすく、相対的に上がった株は下がりやすいというものである。


このリターン・リバーサルの期間の取り方には特段の定めはなく、3年、1年、半年、3ヵ月などとなるが、数ヵ月タームのリターンを追求する場合には、3ヵ月から6ヵ月程度で見ておくのがいいだろう。


ここから乗れる株の選択


ただし、最初のスクリーニングにリターン・リバーサルを持ってくると、様々な銘柄が入ってきてしまうので、途方もない作業となるため、あまり賢い方法ではないだろう。


まずは、ファンダメンタルがあって、バリュエーションがあって、そしてリターン・リバーサルを利用して銘柄を選択するという作業になる。


ファンダメンタルに関して言えば、良い状況が継続している企業がまずある。そして悪い状況が良くなっているのがベストだが、良くなっていれば、今のような相場では当然すでに上がっていることも考えられる。


そこで、良くなりかけ、あるいはもうこれ以上は悪くならないだろうというものにも目をつける必要がある。


ただし、その場合は、直ちに投資せず、兆候を探すことに全力を注ぐということがあってもよいだろう。


リターン・リバーサルの参考とするリターンに関しては、今回は過去2ヵ月間及び4ヵ月間のリターンを参考に置く。


現時点から新たな投資を行っても良いと思われる銘柄は、さくらインターネット、サイバーエージェント、日特エンジニアリング、アリアケジャパン、ロック・フィールドとなる。



なお、それぞれのファンダメンタルやバリュエーションに関してはそれぞれ以下のレポート及びブログ記事などを参照してもらいたい。

さくらインターネット:http://money.minkabu.jp/37666

サイバーエージェント:http://money.minkabu.jp/37950

日特エンジニアリング:http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-773.html

アリアケジャパン:http://money.minkabu.jp/37844

ロック・フィールド:http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-774.html



以上のような銘柄となる。また、ファンダメンタル待ちという状況で投資タイミングを検討している銘柄は物語コーポレーションやサイゼリヤである。

物語コーポレーション:http://cherry100.mods.jp/ra/s/548

サイゼリヤ:http://cherry100.blog108.fc2.com/blog-entry-760.html




ブログでは、その他企業の決算速報や関連記事の紹介を行っています。興味のある方は下の株式関連記事目次をご覧ください。


株式関連記事目次



当ブログでは、皆さんの質問や意見を随時受け付けますので、気軽にコメントしてください。


この記事の内容が役に立ったと思ったら、下のバナーをクリックしてください。


 
株式投資をファンダメンタルから極める-バナー







【無料レポート差し上げます】


レポートの詳細はこちらをご覧ください。

「株式投資で資産を作る方法(35ページ)」

「アリアケジャパン(2815)の秘密(34ページ)」

「ロック・フィールド(2910)の変貌(36ページ)」

「さくらインターネット(3778)の実力(31ページ)」

「トリドール(3397)復活の背景(31ページ)」

「食品卸売業と加藤産業(9869)」

『儲かる株式投資「これだけ知っていれば鬼に金棒。みなし損益累積法」』

「王将フードサービス(9936)」

「サイゼリヤ(7581)―業績動向と投資タイミング―」

「スマホ向け広告拡大で恩恵を受ける企業」

「トマトブームとカゴメ(2811)の現状」

「加工食品卸売業の見方と三菱食品(7451)の位置づけ」

「独自のビジネスモデルで成長するサンマルク(3395)」

「スマホ向け広告拡大で恩恵・インタースペース(2122)(19ページ)」

「食べ放題焼肉店が絶好調・物語コーポレーション(3097)」

「コスモス薬品(3349)の秘密」

「プリマハム(2281)の変貌」
「伊藤園(2593)-成長ポテンシャルと優先株の魅力-」

「サイバーエージェント(4751)の業績の行方」


【追伸:無料メルマガのご案内】


このメルマガでは、そのときどきの注目銘柄を掲載しています。加えて、現役アナリストでなければわからないような、生の裏情報なども盛り込んでいます。また、このメルマガでは、アフィリエイトの入門的な解説も取り上げます。


皆さんの中には何度か株式関係の無料メルマガを申し込んで失望された方も多いと思います。


私も株式関係の無料メルマガをいくつか申し込んでみました。しかし、内容のあるものはほとんどなく、結局はそこから有料情報に誘導されるものばかりです。


しかし、この無料メルマガは無料でも価値のある情報を提供します。申し込みは右サイドバーにあるメルマガ登録フォームにメールアドレスを入力するだけですのでとても簡単です。


あなたも、無料メルマガに登録して本当のプロの投資情報に触れてみませんか。


メルマガのバックナンバーが見たい場合は、こちら(バックナンバーリスト )。


AD