先生はどんな宿題を出したか、覚えているものです。

 

大人の方は「片手でやってきてください」と言う宿題でも、何も言わないとだいたい両手で弾き始めます。

これを私は「片手練習をさぼって両手で練習してきた」と思っていました。

 

けれどどうも違っていたようです。

 

 

先週生徒さんとその話をしたら「?えっ?それって家で片手の練習をして、その成果を両手として先生に聞いてもらうってことじゃないんですか!?」と驚かれました。

 

家ではちゃんと片手練習をしている。でも先生の前では、それを踏まえて両手で弾く。そう思ってらしたようです。

 

いえいえ、家でもレッスンでも片手だけ、の意味です。

行き違いですね笑。

 

 

そもそも生徒さんはせっかくのレッスンなんだから片手だけじゃもったいない、、と思ってしまうようです。

 

これは誤解です。

先生に片手で、と言われたら片手だけでレッスンで弾いた方がもったいなくありません。

なぜならそれは、「両手では弾けていない」と言うことで、つまり両手でレッスンを受けられるレベルでないと言うことで、両手でごまかして弾いているとバレていると言うことで、10年早いと言われていることであります。ここを認めずごまかして弾くと、逆にレッスンがもったいないのです。

 

ごまかして弾かれちゃうと直すところがあり過ぎてレッスンになりません。

1まで出来てたら次の2を言うし、5まで出来てて6を言うのがレッスン。

ごまかして弾かれちゃうと、キチンとした1がないので2の積み重ねもできずフラフラして、しかもあれもこれも直さないといけないので時間が足りません。あれもこれも聞き過ぎると次回また同じ間違いをしちゃうなんてことはよくあることです。

 

せっかくのレッスン、急がば回れ、着実に身につけられることを優先させる。

片手だけでも、部分だけでも、ゆっくりでも一つづつきちんとやることの方が得るものは大きいのです。

 

 

と言うわけで今度からは行き違いや誤解が生じないよう

「両手では、まだだいぶ、相当聞き苦しいので、お家で『片手づつ』練習して、私の前でも『片手で』弾いてくださいね」とわかりやすく宿題を出すことにしま〜す。

 

 

 

 

 

 

AD

難しいことを成し遂げるには

テーマ:

難しいことを避けるのは、決まってます。

めんどくさいからです。

 

でもめんどくさいことをしなくては不可能を可能には出来ないと思っています。

だから私は難しいことができません。。

 

ピアノでもとっても不器用な子っています。

でも10倍頑張ると、出来ることがあります。

でもやり続けるのは難しい。

元々出来る人が2倍頑張っていたら20倍頑張らないと追いつけないから。

時間は誰にでも平等だから不可能に近い。

そこには元々も体格や遺伝子や環境やいろいろ絡み合っているからもしかしたら40倍かもしれない。

 

これはなかなか出来ません。

 

 

でも「どうやったら出来るんだろう!?」という場合、大抵こういうことを持続し続けているのです。

40倍ではないかもしれませんが、一般人には考えられない

ような何倍ものめんどくさいことを黙々とやる。

めんどくさいことを続け続ける。

いかにも簡単そうに何も努力していないように見えるまで、やっている。

 

 

技術を育てることも大事ですが、このめんどくさいことに取り組む根気が一番なんだろうなと思います。

ピアノを指導するとき、保護者の方には質より量より好き嫌いより習慣をつけるようお伝えしています。

 

メトロノームに合わせるとか、片手で歌いながら弾くとか、部分練習をするとか、ゆ〜っくり弾くとかめんどくさいことも歯磨きと同じで「やらなければいけないこと」として認識しておく。習慣にしておく。

 

 

難しいことをやるには、めんどくさいことのの積み重ねだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

美術も難しい

テーマ:

クラシックが難しいっていうのは、美術も一緒だと思います。

 

 

西洋で美術が磨かれていった背景にはキリスト教という国家戦略がありました。

 

ミケランジェロやレオナルドダヴィンチの彫刻や絵画の大作は、趣味で、好きなものを、暇だから、気まぐれに描いていたわけではありません。

神に捧げるためだったわけで、神みたいに偉い人からの依頼だったわけで、技の高さがどれだけ神に忠実であるかの証明みたいなものでした。

 

そんな風に神に捧げるために作られたものを、次の世代の人たちが「越えよう、越えよう」と作ってきたものが古典、ロマン、近現代の美術へと繋がる。

 

 

音楽も一緒です。

 

前の時代にはなかったもっとすごい音楽を作ろう、違う和声を作ろう、違う形式を作ろう、違うリズムを作ろうと。

 

 

今の世の中の美術や音楽にもいいものはたくさんあるでしょう。

しかしただ新しいもの、ただ人と違えばいいというのは違います。古いものの良さをわからず新しければいいというのでは意味ないのです。古いものより良くなかったら意味ないのです。

 

 

 

古きを訪ね新しきを知るとは、言うは易し行うは難し。

古きを知るには時間も手間も根気もお金も相当かかります。

これがクラシック音楽の難しい一つの理由です。

 

 

AD

クラシックは難しい

テーマ:

 

クラシックは難しい。

 

 

これを口にすると、傲慢だ、上から目線だ、何様だ、だからクラシックやる人は、、、と言われるので怖くて言えません。「音楽は楽しむもの」という風潮の中、時代に逆行するようで言えません。

 

 

それを、いともたやすくおっしゃっていました。

三枝成彰さんが。

 

クラシックには知性が必要だと。

知的でないと理解できないと。

だからこれからも広がらないだろうと。

 

 

先月の音楽史の講座でちょうどカントルとムジクスの話をしたところでした。

中世「楽しむだけはカントル、深く追求する人がムジクス」と区別されていました。

弾くだけ、歌うだけの人をはカントルと呼び、音楽を学問としても勉強し真に向き合っていく人がムジクス

 

深く追求しない人がいけないという意味ではありませんが、クラシックは深く追求することに大きな価値と楽しみがあるということです。それは音楽のジャンルの話でなく、取り組み方ですね。

 

 

音楽は感覚のものと思われがちですが、知性がないと理解できない。

しかしそれをいうのは「自分には知性がある」と言ってるようでなかなか口に出せない。

 

 

勇気を持って堂々と言えるくらいの知性を身につけたいです。

 

 

三枝兄弟対談

昨日はオペラKAMIKAZE対談と上映会でした。


私の感想は「やっぱり違うわ」です。


三枝兄弟はやっぱり違います。4、5年前にもはじめてピアノの会にいらして頂きましたが、その時もですが、今回さらに感じました。

急遽、開場10分前に私がインタビューする形になって大慌てでしたが、どんな質問をしても、的確に、簡潔に、ユーモアたっぷりに、わかりやすくお答え下さり一流の凄さをまざまざと見せつけられました。そこにはありきたりの答えが一つもなくて、かといってウケを狙うことも全くなく、多くの経験をされそしてそれを理解整理した人だけが言えるようなお答え。いつも考え続けている人のお答え。

そしてやはり実績でしょう。これだけの実績を残して来たからこそ、逆に高慢にならずこだわらず気さくに誰かを何かを気にしたり媚びたり引け目を感じることもなく、さらりと堂々と本当のことを言い切れるしなやかな強さがあるのでしょう。

それがお二人ともそう。お二人とも音楽の世界で、演出の世界で一流の方だから、話すレベルが高い。知性と品格が溢れている。お互いをリスペクトしていて仲良し。それぞれの才能と存在を認めあっている。


いやはや、素晴らしい。


まだまだ話たいことがあるのでこの続きはまた今度。

 

 

速い!

テーマ:


ゆっくり練習して来て下さい、と生徒さんに言っても必ず生徒さんは速く弾いてきます。
で「いやいや、もっと、このくらい、こ〜んなにゆっくり」というと「そんなにゆっくりですか?」とけげんな顔をなさいます。私、もっと速く弾けるんですけど?、と顔に書いてあります。で、その時は一小節くらいはちょっとゆっくり弾きますが、ニ小節目からもう速くなってる!

思うところ、ゆっくり弾くのは弾けない人のやること、と思っているのではないかと思われます。そして、ほんとは弾けるんですけど?と、その曲っぽく弾きたくなる。

いえいえ。
10年早いです。
弾けてると思うのは錯覚ですので。
ゆっくり弾けなければ速くも弾けないってことですので。
それ、坂道を転がってるだけですので。
それ、遠心力で弾いてるだけですので。


「ゆっくり」は、一つ一つの音がしっかりわかってないと弾けません。
「ゆっくり」は指のコントロールが出来てないと弾けません。

ゆっくり練習するのはつまらないです。
眠くなります。

でもそこを堪える。

するとどうでしょう!
暗譜出来てないところが浮き彫りになり、動かせてない指の動きも明らかになる。

やればやるだけのことがあります。
逆にやらないと自分が出来ていないことが自覚出来ず、「おかしいな、いつもは出来てるのに」なんて言い出します。


速く弾くのはゆっくりが出来てから、です。
少なくとも自分で弾く速さの半分の速さでは弾けるようにしましょう。



君津市文化ホールの方が先月の松本ピアノのコンサートの分厚いアンケートの束を送って下さいました。

嬉しい。書いて下さった皆様ありがとうございます
 
終わると反省が沢山残りますが、こんな風に参加して良かったと言っていただけるとまた頑張ろう!と思えます。
真摯なご意見受け止め次に繋げます。
 
 
 
何回かに分けてアンケートご紹介させて頂きます。
 
{53595961-BFEA-4E52-991F-03ABDFC5066B}
100名ほどのお客様にお越し頂きましたが、レクチャー付きは初めてという方も多かったです。間違えたことを言っては松本ピアノさんにご迷惑がかかるので、直前まで勉強したり調べることが多く短い時間でどれだけお伝えできるか緊張ひとしおでした。
 
 
 
{FF95081D-1834-4FD1-A4C2-FC01DAB17C62}
ピアノはどなたでも、いつからでも、いつまでも弾けます!是非ピアノを始めて下さい。最後の「熱情」は、ベートーヴェンの、松本さんの、ピアニストの野底さんの情熱の全てがこもっていました。もう一度聴きたい!
 
 
 
{47BA67D4-D990-49D1-B1F5-9B7412F52B35}
他の楽器とのコラボが出来るのもピアノの魅力ですが、今回はピアノの音の違いにスポットを当てたので敢えてピアノだけを聴いて頂きました。
 
 
 
{9B2DAD03-ACE0-4AD5-8F04-A754446323A9}
君津は筍も安いし、生みたて卵も美味しいし、お魚も新鮮だし、山菜も色々あって、そして松本ピアノは君津の、日本の西洋音楽史の宝です。
 
 
 
{F8BAEBA2-A044-4E08-9ECF-CD5E47355D61}
最年少は小学1、2年生くらい?子供たちにこのピアノを弾いて伝えていって欲しいです。
君津でこどもはじめてピアノサークルやりたいなぁ〜。
 
 
{9D78B03C-397E-49C4-B12F-F0CB2DC45E0A}
日本製ピアノの誕生は、世界のクラシック界の革命です。現在世界シェア一位のヤマハ、二位のカワイがクラシック界を牽引しています。
 
平成になっても変わらず一台ずつ手作りピアノを作り続けた松本ピアノはなくなってしまいましたが、三代目の新一さんの「どの時代もいいピアノをつくるために努力を惜しまなかった」という言葉に胸がいっぱいになります。
ピアノという憧れと夢を現実にしてくれた松本ピアノ。今後も、松本ピアノが長く弾き続けられていくことを切に願います。
 
 
 
 

リラックス

テーマ:
先週、忙しい最中にすみだ水族館に行きました。

「やること一杯あるんだけど、どうしよう⁉︎」

と思いつつ。


100%行って良かったです!
30分も惜しいくらい時間が欲しかったのですが、そんなことすっかり忘れリラックス出来ました。そして「こういう時間って大事なんだなぁ〜」としみじみ思いました。

私のように趣味が仕事だと、仕事に没頭するのが嫌じゃないだけに仕事から離れるのが難しい。


でも、ほんとに楽しかった。
もう少し外に出る気分転換を取り入れて行こうと思います。


{CA9992F7-B024-4C70-AD17-239DF10810A5}


{B4FDA5D5-429F-4838-8AEA-9516BD8C6274}
クラゲ








 

現代の生きているクラシックの作曲家の製作過程のお話って興味ありますよね。

 

ということで、現代日本の代表的作曲家三枝成彰さんをお招きしています。

演出家の健起さんとの対談と上映会です。

 

 

 

日本のオペラって本当に観る機会があまりないんです。

私はこのKAMIKAZEは初演で鑑賞しましたが

オペラの上演にはすごい金額がかかるので

再演はなかなか難しいです。

 

 

なので上映会です。

やはりオペラなので大きな画面、大きな音量でみなくては。

で、ぜひご覧ください。

 

 

 

そもそも「なぜ日本人のオペラ?」と思うかもしれません。

でも観てみると「わざわざオペラ」の理由がわかります。

 

 

お断りしておくと三枝成彰さんと健起さんは兄弟です。

もう一つお断りしておくと、成彰さんがお兄さんです。

 

お二人とも、偉そうなそぶりが微塵もなくて

事務所の方も全員抜群に感じいい。

私の知っている事務所の中で一番親切。

 

 

中身は全部お任せしてあります。

オペラのこと、クラシックのこと、

どんなお話になるのでしょう?

私も楽しみです。

 

 

 

 

 

好きな曲 嫌いな曲

テーマ:

わけがわからない現代曲も、お決まりのパターンの古典の曲も、練習してみると「こんなにいい曲なんだ」と思うことが多いです。

 

 

子供の頃は好き嫌いがすごくはっきりしていました。

先生が発表会に「これね」と私に合った曲を選んでくれる。でもお友達の曲の方が良いいな、、なんて思うこともしばしば。

 

ある時「子供のケーラー」という曲集をもらって、「ポルカ」と「学校からの帰り道」が宿題になりました。新しい曲集は嬉しいですよね。それであれこれお家で弾いてみたら「歌」という曲がものすごく気に入って。「この曲が大好き!」って思ったのですが、内気な私は先生に「この曲がやりたい」といえない。

だから、まるで、心を寄せている人がいるのに別の人と付き合ってるような気持ちで「ポルカ」も「学校からの帰り道」も他の曲も弾いていました。

その後、結局「歌」はレッスンでやることはありませんでした。

 

 

そんなほろ苦い思い出があります。

でも今は最初の好き嫌いだけでなく、良さも深さも自分の取り組み次第ということがわかるようになってきました。

「歌」は一目惚れでしたが、「ポルカ」や「学校からの帰り道」もすごくいい曲。なんでこの曲の魅力がわからなかったのか、子供の私に言ってあげたいです。ちゃんと取り組んで可愛く、かっこよく弾いてあげたかったな、と思います。

魅力に気づくのも引き出すのも実力のうち、でしょうか。

 

 

ちなみに「歌」は今でも暗譜で弾けます笑。