奥山の秋祭

テーマ:

昨日25日は天神様のご縁日なので、まず最初に、午前8時より宮司を兼務する金沢市梅田町・菅原神社の月次祭を奉仕しました。

 

この神社は当社の境外末社で、当社の方を向いて北向きに建てられています。他に、河北郡津幡町浅谷(あさんたに)の少彦名(すくなひこな)神社も当社の境外末社なので、やはり当社の方角を向いて建てられています。

 

 

菅原神社の手水舎では、枯れることなく年中地下水が湧き出ております。

 

ですが、この辺りの水は金気(かなけ)が多く、鉄分が多く含まれているためすぐ赤褐色になり、飲用には適していません。

 

 

次いで、神役のFさんとともに私の車で1時間ほどかけて、白山麓の旧鳥越村へと向かいました。

 

鳥越のいたるところで、そば(蕎麦)の白い花を咲かせておりました。


はじかみ神主のぶろぐ

 

向かったのは、旧鳥越村である白山市野地(のぢ)町・八幡神社の秋祭りです。

 

野地の村落へ行くには、旧鳥越村役場のある別宮から大日川本流に沿う県道44号線を右に折れ、支流の堂川左岸より橋を渡り、さらにその支流となる野地川(のぢがわ)上流の限界集落です。

 

行く途中こんなところもあります。Σ(゚д゚;)

 

 

道路の崖下には野地川の清流が流れております。

 

 

神社に到着しました。

 

午前11時より祭典開始です。

 

 

神社下の山裾からは、このように伏流水が川に向かって流れていました。

 

 

過疎の村となって、氏子の方達は金沢やその近郊に移住してしまいましたが、一年に一度の秋祭りに集まって、産土神に詣で旧交を深めているのです。

 

社殿は、豪雪地帯なので、鉄骨の覆屋におおわれております。


はじかみ神主のぶろぐ

 

で、この画像は、5年前の大雪の年の3月29日に撮影したものですが、村落へと続く道路周辺は雪のトンネルで、お昼頃にもかかわらず路面が凍結していました。


はじかみ神主のぶろぐ 

 

3月末だというのにまだ雪は2メートル近くあり、鳥居が雪で半分以上埋まっていました。∑(゚Д゚)


はじかみ神主のぶろぐ

 

野地町・八幡神社の手水鉢には、清らかな水が豊富に湧出しています。

 

実は、この野地町は旧鳥越村の上水道の水源地となっているのです。

 

 

野地町・八幡神社での神事を終え、途中で女房に作ってもらったおむすびを神役のFさんと一緒に頬張り、午後1時から秋祭を斎行する白山市柳原町・八幡神社へ向かいました。

 

柳原町は、野地町よりふたたび大日川支流の堂川右岸に戻って、少し行った村落です。

 

ここも、離村した人たちが年に一度集まって祭礼をおこなっています。

 

 

この神社の前にも清流が流れておりましたが、山懐の豊かさには驚かされます。

 

 

最後にやって来たのは、一番奥山にある白山市五十谷町で、これ以上奥に集落はありません。

 

 

この神社のシンボルといえば、県天然記念物に指定されている、樹齢1300年の「五十谷の大杉」です。

 

日曜日とあって、この大杉目当てに多くの方が見物に訪れていましたが、みなさん一様に「すごい」と言って、写真を撮られていました!。

 

はじかみ神主のぶろぐ

 

午後2時より五十谷町・八幡神社の秋祭を開始しました。

 

ここも同様に年一度の祭礼です。

 

 

山の幸のアケビや、小粒の柴栗もお供えされました~♪。

 

 

私が宮司を兼務する神社の氏子区域は、平野部は住宅が造成されて人口も増加傾向にあるのですが、反面、この白山麓の旧鳥越村の三社や、金沢市北部の中山間地域はどこも過疎と高齢化が進んでおり、あと十数年すると消滅集落の可能性が多々あり、合祀問題も含めて今後考えていかなければなりません!。

 

↓↓↓ポチッとお願いします!。

 

(。-_-。)m↓おねがいします! 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ 人気ブログランキングへ

 

 

AD

高烏帽子を女性神職用に購入しました

テーマ:

今日25日は、天神様(菅原道真公)のご縁日であるので、朝一番に宮司を兼務する金沢市梅田町・菅原神社の月次祭を奉仕したあと、白山麓である旧鳥越村の白山市野地町・八幡神社、同柳原町・八幡神社、同五十谷町・八幡神社の秋季祭を、神役のFさんと共に続けて奉仕します。

 

画像は、白山市五十谷町・八幡神社の境内に林立する、樹齢1300年を超える県の天然記念物「五十谷の大杉」の威容です!。


はじかみ神主のぶろぐ 
はじかみ神主のぶろぐ 

 

そして、夜は、金沢五社の一つである天神町の椿原天満宮例祭の、奏楽(雅楽)奉仕を依頼されていたのですが、今夜は町内会の夜間避難訓練がおこなわれ、私は自主防災会の安否確認の班長を任されたので、丁寧にお断りしました。

 

 

で、昨日は、久しぶりの晴天ということで、朝から境内清掃に勤しんだのですが、帰宅すると造園会社の庭師さん2人が庭の手入れを行なっていました。

 

10月の当社秋季大祭まであと2週間なので、毎年この時期に庭の剪定をしていただいております。

 

 

当社の里宮・遙拝所前の松も、きれいに剪定してもらいました。

 

 

それで、夜は、社殿改修工事が完成した、白山市河内町吉岡・八幡神社の遷座祭を禰宜(息子)と共に奉仕いたしました。

 

 

さて、先日、注文していた高烏帽子(たかえぼし)が届きました。

 

 

高烏帽子は、その名のとおり、高くなっている烏帽子です。

 

右の懐中烏帽子と比べても、その高さがわかると思います!。

 

 

実は、権禰宜のIちゃん(息子の嫁)が着用する、女性神職の常装である「表着(うわぎ)」を着装する際、頭に付ける「額当(ぬかあて)」の代用と思って買い求めたのです。

 

表着は、祭典では華やかで大変良いのですが、着るのに少し時間がかかるため、初詣でのご祈祷や秋季大祭での神輿渡御の際、着たり脱いだりするのに不便なので…。

 


 

この高烏帽子に狩衣(かりぎぬ)で奉仕してもらおうと考えたからです。

 

 

ですが、高烏帽子といえば、「水干(すいかん)」姿の「白拍子(しらびょうし)」を思わずイメージしてしまいましたが、静御前のようであります!。

 

狩衣の首にリボンをつけたような水干は、当社禰宜であった亡き母がよく着用していたので、父が36歳で急逝して急遽神職資格(直階次いで権正階)を取得した母ですが、当時は県内の女子神職の先駆けでもありました。

 

現行の女性神職装束は、昭和62年に神社本庁によって制定されたのですが、母の時代は旧規定の装束である水干だったのです。

 

 

↓↓↓今日もポチッとお願いします!。

 

(。-_-。)m↓おねがいします! 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ 人気ブログランキングへ

 

 

AD

before & after

テーマ:

昨日は、白山市河内町福岡鎮座の佐野神社秋季祭を奉仕いたしました。

 

福岡は、旧河内村で最大の戸数を誇る集落で、地区内には“ふじが丘”と“きりの里”の2つの住宅団地も抱えております。

 

なお、画像にうつっている神職は、当社に仕える神役のFさんです。

 

 

手水舎の岩から流れるのは白山伏流水です。

 

 

白山麓の神社は、雪に強い神明造りの社殿が多いのです。

 

 

祭典開始20分前の画像です。

 

開始時には拝殿内はいっぱいになりました。

 

 

祭典後、地元保育所の園児たちがお参りにやって参りました。

 

神社前の広場で、これから手づくり神輿による渡御がおこなわれます。

 

 

園児たちが奏でるタンバリンや笛のリズムに合わせて、元気よく「わっしょい」とお神輿が繰り出されました~♪。

 

 

今度は、福岡より国道を白山に向かって2集落目にある、白山市河内町吉岡鎮座の八幡神社に向かいました。

 

氏子の皆様の真心によるご奉賛により半年にわたる社殿改築工事が終了し、今夜、本遷座祭を斎行申し上げるため、その完成具合を見に来たのです。

 

何度か工事中の様子を見に伺ったのですが、基礎と柱と屋根の下地を残し、御屋根の葺き替えや、内装も一新され、新築と変わらないくらい見事な仕上がりとなりました。m(_ _ )m

 

 

before

 

after

 

で、これは何かと申しますと、組み立て式の雪囲いです。

 

屋根雪が大量に落ちるので、雪害から社殿を守るためには欠かせません!。

 

豪雪地帯なので、白山麓では一般家庭でもこのような雪囲いを冬の間施しています。

 

 

今夜は、仮殿となっている集会所の座敷より、清闇(じょうあん)の中御神体が御本殿にお還りになる本遷座祭を禰宜(息子)と共に奉仕いたします。

 

↓↓↓ポチッとお願いします!。

 

(。-_-。)m↓おねがいします! 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ 人気ブログランキングへ

 

 

AD