hainanshifandaxuenakaのブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

 

 失礼を顧みず、あえて申し上げる。

 もう少し、あなた方は「頭の良い」人々だと思っていた。

 私には幸運な事にあなたがたの国に知人が複数いる。それらの人がそろって聡明で思慮深く礼儀において申し分なく歴史的な分析力もあるので、アメリカ人はみんな一様に頭の良い人々だと思っていたのだ。

 勘違いだったようだ。

 それでも、まずは、おめでとうと申し上げる。これは日本的な礼儀上の辞令にすぎない。あなたがたは我が日本と同じく民主主義の元で生きているのだから、大統領も自分たちで選ぶ事ができる。あなたがたは今回、ドナルド・トランプという新大統領を、自分たちの今後の全運命を預けても良いと判断して選んだ。その人物が就任する事をまずは祝わないといけない。もちろん内心では、少しもめでたいとは思っていない。2017120日は、あなた方の国と世界にとって、1つの厄災の始まりだと思っている。もっとも2年後には予備選挙があるし、4年後にはまた大統領選挙がある。あやまちを正して前進する権利もまた、民主主義が保証している。絶大なる権限を議会と分け合っている新大統領の、とりあえずの4年間が、ラッキー、というより「せめてまし」なものであることを祈る。

 まず私はあなた方に問いたいのだが、どうしてこれほど論理的に整合しない人物を、8年間(最長)のリーダーとして選んだのだろう。

 欠陥のある人物である事はわかっていたはずだ。それを象徴する就任演説だが、私は英文と和訳の両方を読んだが(日本経済新聞)しつこく何度も「今アメリカ国民は一つになる」と繰り返している。しかし、予備選段階から、白人と有色人種、古くからの人々と移民、さらにはキリスト教徒とそれ以外の宗教信奉者との「分断」を、ことさらに煽ってきたのはどこの誰なのか。その「分断」が選挙民の多数(つまり白人で、キリスト教徒)の側に共感を呼び120日の就任式を迎えたという事は明らかなのに、なんだこの演説は。

 

 「アメリカ人は再び1つになるのだ。」

 

 どうやって?

 有色人種が、移民が、そしてイスラム教徒が、「アメリカ人」から雇用を奪い富を奪い取り更にはテロの危険にさらしている加害者だと言いつつ11月の選挙を勝利で切り抜けたのだが、その選挙戦術との整合性は、あの演説のどこでとられていたのか?

 私には不思議でならない。選挙後も、アメリカという一国の「状況」はかわらないからだ。

 あなた方は投票用紙に「ドナルド・トランプ」と書く時、北米大陸自由貿易協定や環太平洋隣人協定を撤廃し際限なく流入する中国製品に法外な関税を掛けて自分たちの暮らしが守れると、より豊かになると、本当に思ったのだろうか? 多くのアメリカ人がGMやフォードではなくホンダやトヨタの車に乗るが、その理由が不当に安い関税にあると、本当に思っているのだろうか? 性能や耐久性が同じで値段も同じならアメリカ車を選べばいい。しかし、トヨタという会社がたった1社で、アメリカ国内に、部品調達や関連部門を併せて少なくとも100万人の雇用を生み出している事を知らないわけではないだろう。オバマという大統領が任期後半の4年間でものすごい苦労をして確保した雇用が28万という時、日本の私企業が1社でその4倍を実現させているのだ。内向きなら内向きでいい思う、あなた方の自由だ、しかし科学性を損なった思考が、それでも分断されたアメリカ人を1つにし、更に豊かにもするとは、私にはどうしても思えないのだ。仮に、仮にだよ、そんなことはあり得ないが、トヨタが「じゃぁアメリカから出て行く」と言ったとする。瞬時に100万の雇用が回復するのか? どこで? どうやって?

 私は4年間中国に居たから(ちょくちょく日本へ帰ったが)中国のことを話題にする。どこの省でもどこの市でも、クライスラーのロゴを見かける。中国人の中には、あまりに多いので中国製の車両だと信じる人もいるぐらいだ。そのクライスラーに、パークアベニューという大衆向けの車種がある。このバージョンは、実はアメリカ本土では製造も販売もされていない。クライスラーが、中国向けに開発し中国で製造し中国人だけに売っているのだ。あなたの投票した、あなたの愛する新大統領が、トヨタに対して主張している事を、習近平が同じように言ったとする。クライスラーは膨大な市場を失う事になる。生産拠点を米国に移し直さないといけない。中国人は、困らない。選択肢はいっぱいある。なにしろ、四輪車のメーカーだけで1200社(!)もあるんだからね。と、すると、困るのは誰なのだ?

 まず、国際分業体制というものが一部の権力者や金持ちの思いつきではなく全世界の民の必要性に応じて生まれ出たものだということに、思いを至らせると良い。その経済の原則が、多くの人の幸福のために機能している。あなたの大統領といえども、一つの国の一人の大統領に過ぎない。その脳みそから生み出される内向きの思考が、全地球を覆う経済原則に優先すると、まさか考えているとは思えない。

 アメリカは膨大な兵力を動かし数兆ドルの軍事費を消費し世界のあちこちに不幸をばらまいてきたが、それが終わるならそれは単純に良い事だ。サダム・フセインやパナマの大統領はあの世でゲロを吐きながら憤るだろうが、死者は死者だ。しかし私は思うのだが、金がなくなったから兵力を動かさないのは良いとして、「強くなる」ということは経済原則に照らして言うなら、「強いプロダクツを持つ」ということだ。日本は奇しくもあなたがたの国に交戦権を否定され(感謝している)たから、すべての外部資源を市場価格で買わないといけなかった。石油をはじめとする、すべてだ。その結果、工業技術は短期に高密度で完成されざるを得なかった。その結果の代表が自動車ということだが(他にもいっぱいある)、それにたったの2.5%しか関税を掛けなかったという事が(今もその率だ。あなたがたの新大統領が国民に嘘をついていないか検証すると良い)日本を潤したのかそれとも安価な車を求める自国民を潤したのか、ちゃんと考えてみないといけない。

 

 結論を、言いたい。

 あなたがたの国は、今より豊かには、ならない。

 あなたがたの新大統領によって、豊かには、なれない。

 少なくとも大多数の人は、豊かには、ならない。

 富の偏在を嫌ってあなたがたは新大統領を模索した。口では「それがいけない」という人物を大統領に選んだが、それは彼の主張や経歴に照らし合わせて、正当な選挙戦術だったのだろうか?

 彼が最初にした事は中・低所得者向けの医療保険の撤廃だったが、じゃぁ投票者は、その措置を「ラッキー」と思う層が、過半なのだろうか?

 あなたがたの過ちは、就任の瞬間から、明らかだったではないか。

 

 あえて、申し上げる。

 あなたがたは、もう少し科学的にならないといけない。

 たまには情報を、深夜のバラエティ番組やSNS、出ては瞬時に消える無責任なインターネットサイト、以外のものに依存してみるとよい。ニューヨーク・タイムズが難しいなら、せめてフィナンシャル・タイムズぐらいは、情報源としてみると良い。つまり新聞ということだが、あなたがたの多くが、「もう新聞なんかいらない」と思っていないか?

 自分で情報を「よみ解く」のではなく、すでにこちら側の好みに合わせて編集済みの、ネット上の情報、深夜のくだらない番組からの情報に、依存してはいないか?

 もしそうなら、非常に危険だ。そこに、「ドナルド・トランプへようこそ」というメッセージが、編集されて組み込まれていたのだから。

 

 ・・・・・・・・・あれ?

 これって、アメリカの事? 日本の事?

 誰に言ってるのかわからなくなってきちゃった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。