HAIIRO DE ROSSI客演作品リリース情報

テーマ:

hokuto - AMATEUR RHYTHM

12月14日発売

CD_HO031

¥2.000(+tax)-

1991産トラックメイカー/MPCプレイヤー、hokutoの豪華客演陣を招いた待望の1stフルアルバムが完成!KIKUMARU(KANDYTOWN)、KEN THE 390、NIHA-Cなどなど数々のアーティストへのトラック提供、リミックス、アナログシングルリリースに加え、最近では罵倒、戦極などのMC BATTLEでビートをMPCで担当し、そのビートの魅力に取り憑かれるリスナーが増殖中のトラックメイカー/MPC Player、hokutoのデビューアルバム「AMATEUR RHYTHM」が遂に完成!!自身が敬愛するベテランから若手まで多彩なアーティストが参加している今作。MPCオンリーで制作された温かみのあるサウンドはソウルフルでドラマティック(時にアグレッシヴ)。また、ヒップホップマナーに則りながらもキャッチーさも兼ね備え、更にはロック、ジャズなど幅広いGOOD MUSICが込められている。2016年のラストに放つ必殺仕事人(プロデューサー)のアルバムだ。

TRACK LIST :

01. Introduction

02. IZM feat. RHYME&B (DINARY DELTA FORCE)

03. 再生 feat. WATT a.k.a ヨッテルブッテル

04. 10000 POUND feat. テークエム, HANG, CHICO CARLITO

05. Beautiful Sunshine feat. peko

06. F.L.Y feat. MUD (KANDYTOWN)

07. AM3:00 -interlude-

08. Cheep Sunday feat. 唾奇 (PitchOddMansion)

09. Change My Life feat. サイプレス上野

10. Watching You feat. SNEEEZE (NINJA MOB)

11. You Don't Know My Love feat. NIHA-C & ist

12. Dreamin' of you (Album Version) feat. SONOMI, haiiro de rossi

13. Show Is Over...-outro-

14. 再生 Remix feat. WATT a.k.a ヨッテルブッテル, BASI

PROFILE :

1991年生まれ、神奈川県出身のMPCプレイヤー、トラックメイカー。

2010年から活動開始。2011年から2014年までグループで活動し現在はソロで活動。

2012年3月にHIFANAが審査員を務めたMPC BATTLE「PAD PAD BATTLE」を最年少で優勝。

これまでにアナログ7inchシングルを2枚リリース。

2016年12月14日に1stアルバム「AMATEUR RHYTHM」リリース。

トラックメイカーとしてはKEN THE 390、KOPERU、R-指定、KIKUMARU、NIHA-C、peko、ACE COOL等にトラックを提供のほか戦極MC BATTLEのテーマソングも手掛けている。


くまもと復興支援LIVE後記

テーマ:
{D527D40A-239F-40F6-A165-DFF74E6A9E9B}



熊本に行って参りました。

Music ERA関係者各位、cafe walkの皆様、そして集まったお客様、本当にありがとうございました。

九州各地、または遠方からもお越しいただき、大変嬉しかったです。


{31F93ADC-E57E-463C-AEAA-C9C3EBA9C5CF}


詳しくはライブ中のMCで詳しく話しましたが、この日はパリ・サンジェルマンのユニフォームを着ました。
日本に限らず皆に平和が訪れる事を願います。

単身で行ったので、現地のDJにLIVE DJをお願いしましたが、DJ無法地帯さん、バッチリやってくれてありがとうございました。

まず、熊本に行こうと思った経緯は、やはり震災で、テレビで観るのと実際行くのは本当に違います。
それは東北でも感じた事です。

しかし、そうは分かっていてもやはり実際に行くと違うもので、とにかく熊本の人々はパワーがある。土地も人も強い。

今年行ったイベントでぶっちぎりで一番沢山の人と話しました。
14時から23時という長丁場も、夢のようとは正にこの事かと。
そんな心地いい音楽を沢山のアーティストが鳴らしていました。
それも主催者の竹なり君、BUSTA君あってこそだと思う。
本当にありがとう。
そして、MICOちゃん本当にありがとう。

先日「絶」をリリースして、
その作品で重要な役割をしている「あとがき」。
あれは録音最終日に今年あった事をただずっと読んでいるものを録音して、
それを最終的にバラしてるんだけど、音声として出てない部分もかなりあります。
(歌詞カードの最後のページ観ると時系列で読めます。)

2ヶ月ぐらい前かな、ちょうどリリースの入稿とか終わった段階で、ちょっと早いけど今年やり残した事はないかと考えて。

で、アルバム出てイベント呼んで貰って、リリースライブ、みたいなのは今まで何度もして貰っているし、僕以外でももっと都心でガンガン盛り上げられる人達いると思うから、なんかリリース後っていう一番良い時に自分を使える方法無いかな?って思って。

で、熊本行けてないや。って気付いた。
5月に九州行った時は熊本への道路使えなかったから、まだちゃんと行けてなくて。

これまた「あとがき」の話になっちゃうんだけど、九州には友人やリスナーも沢山いて、やっぱその日からはずっと心配で。

これって身近な人達だけじゃなくて、例えばモコさんとかJIN宇宙さんとかSNSで繋がった人達もまだ会ってない人達も全部だよ。

で、これは俺のエゴってのが前提だし、行きたいから行った以外に他意はないんだけど、
もし俺の音楽が少しでも力になるなら、全部注いで力になりたいと思った。

来てくれてありがとうって言われたけど、
全然むしろ使ってくれてありがとうございます。です。

それで、やっぱライブやってると上がってる人、泣いてる人、色々いて、今思うと全員生きてんだよね。
伝わるか分からないけど、間違いなく全員生きてて、
その光景みると、一瞬全てが報われたかのような気がするんだよね。

それってその時その瞬間の「今」なわけで、
「空」が「前」編、「絶」が「後」編っていう、
正に空前絶後な出来事なんです。


{93DB30F9-C8AF-4173-B820-7CC8ED83B307}

で、次の日は熊本を巡らせて貰いました。

熊本城もそうだし、街のいたるところにまだまだ震災のリアルがあって、
今年の話ってのを肌で感じました。

{4F630739-6694-4E77-978B-494714DFA577}
{99663798-FD53-451C-8C8A-100107FC3574}


この屋台村には、全国からの寄せ書きが壁一面に書かれていて、それはもう言葉には出来なかったです。
そこの市場の人が言っていましたが、他県から来るだけでも支援に繋がると。
力になると。

僕も書かせて貰いましたが、
前日会った人達やこの寄せ書き、街の人たちを見たら、
「大丈夫」っていう言葉しか出なかったです。




長くなりましたが、くまもと復興支援ライブ、本当にありがとうございました。
一生忘れられない経験になりました。
また行くから、いや、何度でも行くから、
また絶対会いましょう。

ありがとう。peace2016.11.29

オンラインショップアップデート

テーマ:

オンラインストアにHOLIDAY PACK、メンズ限定、レディース限定など多数入荷!

先着で非売品ポスターつき(サイン可)。

数量限定につき早い者勝ちです。クリスマスプレゼントにどうぞ!