いろはのハハハ.....笑って子育て(^0^)

発達障害・不登校なんて気にしない!
明けない夜はない、ぬけないトンネルはない 
今だから言えるこのことば。。。



働きながらの主婦・母業の日常をつづります。

数あるブログから、ご訪問いただきありがとうございます。

不登校・発達障害の息子たちの母、いろは です。

記事更新は、気持ちにまかせて、時間にまかせてになっています。

どうぞ、ゆっくりお付き合いください。


いろんなお母さんのお話を聞くうちに、きちんと聴くことが

出来るようになりたい、自分の経験が少しでも役に立つのならと2012年よりカウンセリングについて学んでいます。ニコニコ

そして現在はこちらカウンセラーとしても活動を
しております

                               あじさいいろはのははあじさい

テーマ:
しばらくブログ更新できませんでした。

忙しいというのもあるけど・・
ブログに書けるときというのは
やはり「書く」というエネルギーがあるからこそですね。

前向きなエネルギーだけでなく
怒りであったり、悲しみであったりもそんなエネルギーがあるのかななどと思えてきます。



長男・次男もそれぞれに進路の事に向かい合わなくてはならない時期がやってきています。


長男、大学4回生
3回生の12月から、就活がスタート
気持ちばかり焦っているのでしょう
イライラしたり、落ち込んだり、表情は暗いまま

なるべく就活の話はしないでおこう
と思うものの・・
やはり、この先どうするのか?
親としても どうリードしてあげればいいのか・・

つい、大学のキャリアセンターには行ってるの?とか
説明会いってるの?とか気になる。

ちゃんと今の時期に何をして
どう動いたらいいのか わかっているのだろうか?
という不安もあったり。。

そんな冬を過ごしているときに
「もう いっぱい いっぱい やること多すぎて処理出来ない」
と本音をもらしました。

それが現実なんだよね

そして、「春まで待って、それまでは今抱えている大学での活動をキリつけて 誰がなんと言おうと自分の事するつもりだから」と・・

大学での部活ともいえる活動、人がいなくて、
いろんなことをこなさなきゃいけなくて
でも下級生も人手不足で最後まで手伝わないといけない 
そんなところで悶々としていたのでしょう。

「わかった」といって それからは 
就職に関する事は一切言わないようにしました。

友人の子は すでにいくつも面接に出かけたり、
説明会に出かけているのですが、
やはり今までの人生を振り返っても 
そうそう簡単に出来る事でもないのだと再認識です。


それでも学内の説明会には足を運んでいるのですから、
自分なりにはいろいろ考えて動いていたんだと思います。


そして、先日大学での保護者向けの就職説明会と
個別面談がありはじめてですが参加してきました。

そこでのお話は、親の時代とは就職の背景が違うのだから 
とにかく「聞くに徹してください」と言われる。。。。
ハンデのない子だって厳しくて しんどくて 折れそうになるという就活。

今までの不登校や、いろんなことが
他の子と同じように出来なかった子が 
なかなかそんなに簡単に乗り越える事が
出来るのもではないんだということ、改めて肝に命じました。


そして、その後の個別面談 担当いただいた先生は
長男の事をよく知っていてくださり、
また好評価をいただいてました。
「彼のような子にのびてほしいな~」といううれしい言葉も・・

ただ、その先生 とても個性的な方
「就職というのもは いつでも出来ますよ、ただ本人がどれだけ向き合う事が出来るかです」なんて・・・
当たり前ですね。。。

心理学を学んでいるからこそ、納得して理解出来る言葉。。。
そうじゃなかったら・・
「そんなこと、わかっています! 
どうやったら向き合えるんですか?!」
なんてなりそうです(笑)


でも、その言葉先生に言われて
「はっ・・・!」です

わかっているんです、今は まだ就活すること自体に気持ちが向いてない
「自分は仕事出来るのだろうか?」
「自分は何がしたいんだろう?」
「働くという事が本当に出来るんだろうか?」
などという不安でいっぱいなんだと思います。

そんなとき、みんなと同じように動けるはずはなく
まわりの全ての人が 
敵のように見えたりするのかも知れないです。


私自身も ずっと思ってたこと
それは 卒業と同時に就職ということを望んでいるのではなく
彼が「生きるって楽しい」と感じてくれること
「俺ってまんざらでもないよな」と感じてくれること
そして、その延長上に働くということがあるのであって・・

なんか、そのことを忘れていたのかも知れないです。

卒業は予定通りにいけば 来春にやってくるけど
長男の人としての成長は25歳、30歳、
というあたりに目標をつけて、青年期をどうすごし、
どれだけ自分の事を理解して生きて行けるのか 
ということが大事なのかも
そして、自分の働き方を生き方と統合していければいいのかなと・・・

正規・非正規・そこは後からついてくる問題であって
どんな働き方をしてもいいわけで 
そこに自分の力で大人として
年金保険料・健康保険料・税金をおさめることが出来れば もう十分ですよね。


もちろん手にするお金の多い、少ないは発生するけど、でも自分の生き方を見つけることのほうが大事だよね。。


私自身も、先生と話した事で 落ち着いたのかも知れません。
長男のペースで、進んでいけばいいか
と心から思えるようになりました。


大学の個別面談、行ってみるのも十分価値ありだなと思った次第です。


長文になりました、次男の事は改めてにします。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日はお仕事の関連の研修で
障害年金のことを聞いてきました。

お仕事ブログにそのことを書いています
http://ameblo.jp/fp-iroha/entry-11770116425.html

こっちできちんと書いたらいいのにね・・

ちょいと手抜きでリンク貼付けになりますが・・

ただ、一番知ってほしいと
思ったのは、障害年金の申請をすることと
障害認定を受ける事は別物だということです

年金あれば助けになるだろうけど
障がい者手帳を取得するには
本人の意識もあるし・・・などと
いろんな躊躇があったり 発達障害では
もらえるものではないと思っておられたら
そうでもないということです。

専門家に相談が一番なのでしょうが間違っても
社会保険事務所や市役所の窓口での相談は
要注意

あくまでも原則ということでの
話しか聞けないという現実があります。
今までのいろんな子育ての経験でも
わかりますよね。。(苦笑)

ご参考に・・
こんな想いで取り組まれている
社労士さんもいらっしゃいます。
愛情だけでは解決しないんです

誰もが自分らしい自立に向けて
援助が受けられるといいですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、おとといの二日間は
街に出かけると、あちこちで晴れ着やスーツ姿の新成人を
たくさんみかけました。

SNSの中では、「成人おめでとう」と我が子の
晴れ姿をアップする投稿が流れてきて・・・

そんな一面がある反面
成人式にもいけない 我が子を思い
辛く苦しんでいるお母さんもたくさん
いるんだろうな~と思ってしまいました。

昨年の長男の成人式
彼は成人式には出向かず
普通の1日を過ごしていました。

それは、それで十分OK出せているのです
彼は彼なりの1日を過ごしている
みんなの中に行っても、苦しいだけ・・
そんなことは百も承知、わかっていること
受け止めている事なのです。

それでも、どうしようもない気持ちが
あることも事実、1年経った今でも
他のお子さんの姿を目にすると

親としての劣等感や、ふがいなさ
はたまた自分の育て方が悪かったのか
普通になんでもこなせるように
産んで上げられなかった自分が悪いのか・・
などなど 思っても仕方がない事を思ってみたり・・


うちは男の子なので
女の子の晴れ着には、さほど心が痛まないのですが
スーツ姿で「我が子がイケメン!」
なんてのを目にするととても胸が痛みました。

この気持ちは、小学校のときからの
積み重ねです。
音楽会、遠足、運動会、修学旅行、
行事のたびに感じ、その数だけ積み重なっていく・・
不登校、基本は子どもが一番しんどいのです
でも、同じだけ親もしんどいんですよね

そんな想いを成人という節目のときに
更に感じるわけですから
本当に母親の苦しみは・・・

そうは、言っても そんなこと
たくさん積み重ねている分
もうひとつの心は、「これがうちの子なんだ」
と思える気持ちもあるはずなんです。

ただ、ゆれる心はどうしようもないんですよね。
どうしようもないから、その気持ちを味わうだけ
味わってください。

「いいよね、仲間と楽しそうな笑顔が出来て」
「うちは、まだひとりぼっちだよ」
「いつになったら、元気な笑顔が見られるのだろう」
「このまま、まだこんな時間が続くんだろうか・・」

思いっきりネガティブに浸り続けると
今度は、不思議と落ち着いてきます。

そして、もうひとつの心でわかっている
気持ちがしっかり自分をつつんでくれる
のです。

「そうは言っても あの子はあの子なりにやれてるよね」
「みんなと同じが いいわけでもないよ」
「同じに出来ない分、特別な人生を歩んできたよ」
「たくさんの すばらしい人との出会いは 大変だったからこそ」

そんなふうに、ありのままの子どもの姿を
素直に受け止められるものかも知れません。

この二日間はざわついた私でしたが
こうやって記事を書きながら
自分の気持ちを見つめていくと
まんざらでもないよね
なんて思えてくるから不思議です。

そういう私も、来年の娘のときは
晴れ着姿の写真を「見て~」と
アップしているのかも知れません。。

浮いたり、沈んだりを繰り返す
子育てですが ありのままのこどもを
受け止めるのと同じように
ありのままの母親自身の気持ちを
素直に感じてみてもいいんじゃないかな

そんなこと思いました。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新年があけてから、あっというまに時間が過ぎています

あれも、これもやらなくちゃと焦るばかりで・・

いつものように自助グループへのお問い合わせを

いただくのですが、メール返信が届かないことが

多くなってきたな~


なるべく、入力を簡単にとか

なるべく個人情報になることは取得しないように

と思ってたけど、こちらからアクセス出来ないと

どうしようもない・・

面倒だけど、アドレス入力2回に変更してみたけど・・

あとは、電話番号も必須項目にしようかな~~~

グループへのメールが届くと どうしても彫って放っておけなく

なってしまうたちな者で・・・

私のラインでも公開するのか・・

う~~~ん どうしようかな。。




ブログ書いてたら ひらめいたぞ
問い合わせフォームだから
アドレス間違いあるんだね
直メールリンク作ればいいんだ
と、またチマチマサイト修正・・・

うん、これでよし

まあ、ほんとに我ながらあきれます(苦笑)


今夜も会議
今週は4夜連続外出だよ~
晩ご飯が 困る~~

時間との闘いだ。。。。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。