東京 心理セラピー/カウンセリング 渡辺べん

自分が嫌い、対人恐怖(人が怖い)、愛着障害、見捨てられ不安、うつ・LGBTで苦しんでいる人の心のケア「リトリーブサイコセラピー」。こころとからだ相談室 こんぱすの森@東京
心理セラピー・カウンセリング・腸もみ、原始反射・FTMセクシュアルマイノリティ相談


テーマ:

心理セラピーと腸セラピーで

自分を愛する力を取り戻す♪

 

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの渡辺べんです。

 
週末、リトリーブプロコースの

アシスタント&講師ピンチヒッターで、
福岡に行ってきました♪

 

福岡は食べ物がおいしくて、

イカがスーッと透明で、

皿の上でピクピク踊ってたっ!!
 

さてさて、


最近、私の中で、

新しいエネルギーのパターンへと

転換が起きております。


新しいパターンとは、『共生』です。

 

「個で生きる」から、

「共に生きる」への転換。

 

どちらかというと、

人間関係において回避傾向にあるため、
人と何かを協力しあうとか、
人に身を委ねる、ということは苦手です。

 

ひとりの方が楽。(だから個人事業主♪)
 
でも、ここ最近、

「そのパターンを抜け出しましょう!」

という流れが来ておりまして。。。
 
人を信頼し、共に支えあって、

時にはぶつかりあって生きることは、
なかなか恐ろしいことです。
 

これまで自分を守ってきた、
ガチガチの硬い鉄のよろいを脱ぎ捨て、
生身の姿で人と向き合うなんて、

 

ワサワサワサ・・・

 

「人と関わり合うなんてちょっとめんどくさいし、

できれば避けたいなぁ。。」
 

もしやあなたも?

 

今日はそんな回避の森の住人で、

外部に働きかけることが苦手な人、

 

つまり、

 

「自分の意見を人に伝えることが苦手な人」
陥りやすいこころの問題のお話しです。

 

 

例えばこんなことありませんか?

 

パートナーや友人に不愉快な態度をとられた時、
相手に「何が嫌か」自分の気持ちを伝えることなく、

むっつりと押し黙る。

 
とか、
 
先生や講師に「不公平に扱われた」と感じた時、
SNSでその人の誹謗中傷を書いたり、

裏で悪い噂を流す
 
とか、
 
上司に仕事を頼まれ、

「はい、やります」と請け負ったものの、
中々その仕事に着手できなかったり、
引き伸ばしたり、期限に間に合わない。

 

とか。。。

 

これ、受動攻撃といいます。

 

怒りを直接相手にぶつけるのではなく、
相手を困らせるような行動をとるなどして、
間接的に反抗の態度を示すことです。

 

 

こんな人もそうです。
 
「君を応援しているよ」と言葉や態度で示しながら、
実はひそかに部下の昇進を握りつぶしている上司や、
 
「あなたのためよ」と言いながら、子どもをコントロールする親。 

 

いわゆる、

 

ひねくれもの、あまのじゃく、

スネスネスネ子さん。
 

直接要求を出さずに、不機嫌な態度で

人をコントロールしようとする人のことです。
 
他者への働きかけが苦手なため、
否定的な感情を抱くと、身を引いた形での、
間接的な攻撃行動を取りやすいのです。

 

こころの底では、

ものすごい怒りが蓄積され、

 

最後は「もう無理!」と爆発して、

関係を壊します。

 

もしくは、


ふさぎこんで、自分の殻に閉じこもります。

 

これでは、人を信頼したり、
人と何かを協力してやっていったり、

自然な形で人とつながることができないですよね。

 


では、なぜ受動攻撃をとってしまうのか?

 

実は、このタイプの人の心の中では、


こうしなさい、ああしなさい!と言う親と、

そんなのイヤだ!と言う子どもの、

両者の戦いが起きています。

 

言うことを聞くのも嫌だし、
でも逆らって見てもらえなくなるのも怖い。

 

どちらにも動けず、

ぐるぐるとジレンマを抱えている状態。


心の中は、いつも不機嫌で不満

 

人に依存するか自立するか、
その選択のあいだで

激しく揺れ動いている

 

のです。

 

責任を負いたくないわけではなく、
自分にはそれを背負う能力がないと恐れている。

 

だから、受動的な攻撃をしかけて、

 

相手に罪悪感を植え付けて、
自分の望む方向へとコントロール

 

しようとしてしまう。

 

この戦いは不毛です。

結局、欲しいものは手に入りません。
 

他者を巻き込んで、

皆が不愉快な結果に終わります。

 

本人は相手のせいにできるので楽ですが、

 

孤独です。。。

 

だとしたら、それ、

いつまで続けますか??


 

受動攻撃タイプの人の反応は、

 

幼少期に、怒りを表現したら罰せられたとか、
そもそも怒りの感情をないことにするとか、

 

怒りの感情を許さなかった

親に対応する反応 です。

 

嫌だ!と言うことが、恐怖とつながっている。

 

だから、怒りを間接的にしか表現できないし、
どんどん怒りを溜めてしまう。

 

それって、しんどいね。

 

私もよく、溜めて溜めて、

最後に爆発して関係をブチ壊すこと、

さんざんやってきたなぁ。。。

 

 

じゃ、受動攻撃的な態度を取らないためには、
どうしたらいいのか?

 

まずは、自分のその心のくせに気づき、認めることから。
 

そして、自分の気持ちや意見を相手に伝える勇気を持ち、
実際、他者に働きかけてみることです。

 

「人とつながることを、

自分から求めてみる」

 

それを望んでも、

 

どうしてもうまくいかなかったり、

怖くてすくんで、動けなかったり、
そもそも自分の気持ちや意見がわからなかったり、

 

そんな時には、

心理セラピーの扉をたたいてみてください。

 

これからの人生、人とつながって生きていきたいと思いますか?

 

それとも、

 

人と関わらないほうが楽なまま、孤独な人生を生きますか?

 

★東京リトリーブサイコセラピー基礎コース

10/1(土)開講 残席4名さま!!(9/20現在)
 

 

■個人セッション■
対人恐怖(あがり症・不安障害)、うつ、パニック、
見捨てられ不安、自己嫌悪、摂食障害、睡眠障害


生きる力を「自分の内側」から取り戻し、
新たな一歩を踏み出すサポートをします!


心理セラピー 詳細は>>>こちら
◆腸楽セラピー 詳細は>>>こちら
◆原始反射統合  詳細は>>こちら

 

 

■講座・セミナー日程■

・9/22(祝) まるまる腸活一日講座(札幌)
・9/23(金) 愛情回復セミナー(札幌)
・10/15(土) 原始反射体験会(東京)
・10/19(水) 愛情回復セミナー(東京)

・11/20(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)

◆講座・イベント情報 詳細は>>こちら

 


●9月・10月の個人セッション予約状況は➾こちらから


■心理セラピーオープンセッション開催■

★全国で、カズ姐さん及び、
リトリーブサイコセラピー公認セラピストによる
オープンセッションが開催されています!

 

次回開催は近日発表予定です。
オープンセッションもあるよ~!!ぜひ、ご参加ください! 
クライアントは当日希望制なので、
運がよければ、セッションを受けられるかも!!

 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コースのご案内■

 

★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。

 

残席わずか!
■東京リトリーブサイコセラピー基礎コース(10/1より開催)
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心理セラピーと腸セラピーで
自分を愛する力を取り戻す♪

 

リトリーブサイコセラピー
心理セラピストの渡辺べんです。

 

まず、お知らせ♪

 

9/21(水)、東京・千駄ヶ谷にて、

カズ姐さんのトークイベントが開催されます!

 

【サンチュアリ出版トークイベント】

 愛されることを求めない生き方
真実の自分に出会う心理学

~本当の幸せは「いい人」という役割の人生を降りたときから始まる~

 

19時30分(19時オープン)~なので、

お仕事帰りの方もぜひ♪

 

さてさて、


前回「人の成功や幸福を喜べますか?~自己愛①~」の続きです。

 

前回、自己愛が肥大した2つのタイプを書きました。

 

自己愛が幼いままだと、

自己愛を満たす(何でも思い通りにしたい)ことが人生の目的になってしまいます。

 

人からの賞賛や評価、承認、受容を際限なく求め、
「自分は優れた存在だ」という、
自分の価値を証明するための人生です。

 

でもそれが思い通りにならないと、
一気に不安定になり挫折します。


なぜそんなふうに、他者の賞賛や評価が
必要なのだろう??

 

それには2つの理由があります。

 

ひとつは、

 

自己愛が強い人は、

自分で自分を認め、肯定するという力が弱いから。

 

だからこそ、他者にそれを過剰に求めてしまう。

 

見て見てちゃん。かまってちゃん。


自分を認め、肯定する力は、

0歳から3歳までの母親との
関係のなかで形成されていきます。

 

『愛着』です。

 

1歳半までの母子一体の時期と、
3歳までの母子分離の時期に、

 

「求めたら、応えてくれる」

 

という経験を繰り返すことで、
他者や社会への安心感・信頼感を育てます。

 

それが、自分を認め、肯定する力となります。


もうひとつは、

 

自己愛に傷がついているからです。

 

人はこの幼児期の発達過程の中で、
『自己誇大感』『万能感』も経験していきます。

 

「自分が世界の中心だ!」という感覚です。

オレって何でもできるスーパーマンだぜ!って。

 

この幼児期の「自己誇大感」や「万能感」を、
親が適度に受け止めてあげられると、

自己愛のバランスがうまくとれるようになります。

 

よいバランスとは、つまり、

 

わがままになりすぎずに、
現実(他者や社会)との折り合いをつけながら、
生きていくことができるようになる。

 

ということです。

 

が、、、

 

親自身の恐怖や自己愛が強かったりすると、
子どものありのままを受け止めきれず、

 

つい、子どものこころを
コントロールしてしまいます。

 

「恥ずかしいからやめなさい」とか、
「そんな子は知らないよ」とかね。。。

 

虐待やネグレクトはもちろん、

 

愛情や保護が不足し、適切に守られず、

気持ちを受け止めてもらえなかった場合、

 

自己愛が傷ついてしまうのです。

それって、痛いね。。。

 

なので、

 

子どもは自己を肥大させたまま、
万能感を持ち続けることで、
心のバランスを保とうとするのです

 


過保護に育てられすぎた場合も同じです。

 

自分の欲求は何でも満たされるのが当然と思ってしまい、
それが達成されないと、気持ちを制御できなくなります。

 

「自分が世界の中心である」という
幼い自己愛を手放すことができないまま、
大人へと成長してしまいます。

 

また、

 

子どもは自分自身の肥大も経験しますが、
同様に、他者の肥大も経験します。

 

親の理想化です。

 

自己誇大と同じ時期、子どもは親を理想化し、
神のように思い込むらしいのですが、

 

この時期に、

 

親が、例えば事故や事件などで、
他者からの非難や攻撃をうけてしまったり、
それらに屈する姿を見てしまったり、

 

父親が母親をなぐったりなど、

親同士の支配関係にさらされると、

 

これまた、

自己愛に傷がついてしまうのです。


自己愛が健全に発達していく過程には、

 

肥大した自己と理想化された親の姿の両方が、

適度にみたされながら、段階的にそれらを断念していくことが重要になります。

 

人の中には、強さも弱さも、
いい部分も悪い部分も、
両方あって、ひとりの人間。

 

それを、受容し、統合していく。

 


心理セラピーに来られる方の多くが、
「自己愛の傷つき」を持っています。

 

このような「自己愛の傷つき」があると、
現実に直面する力を持ち合わせていないため、

 

自分を過度に大きくみせたり、
周りからの攻撃を避けるため、
我慢して、いい子でいたりします。

 

だから、しんどくなる。

 

そんな方たちに、心理セラピーを通して、
愛着と自己愛の傷を回復させていく、
サポートをしています。

 

ただ、この自己愛の傷つきが大きい人ほど、
回復までの時間がかかる傾向にあります。

 

自己愛が大きい人ほど、
いつも心の矢印が、人に向かっているから。

自分自身の内面を見ていくことが難しい。

 

そして本人が

「現実世界との折り合いをつけてまで、自己愛を捨てたくない。何でも思い通りにしたい!」

と、まだその万能感を手放せず、
肥大した自己をみつめられない場合には、

 

正直、何度セッションを受けても、
変わることができません。


自己愛の傷つきを持っている人が、
人とつながりたいと思えば、

 

人を信じたり、人とあたたたかさでつながることに
自分から踏み出すという勇気が必要になります。

 

拒絶されたり否定された傷が大きければ大きいほど、
そこに踏み出すのは死ぬほどの恐怖です。

 

それでも、、、

 

その恐怖に向き合って、

 

人とつながりたい、
自分の人生を生きたい、
いい子でいる役割を降りたい、

 

そう思う方たちに、

 

私たちリトリーブのセラピストは、
最善をつくして向き合っていきます。


 

■個人セッション■
対人恐怖(あがり症・不安障害)、うつ、パニック、
見捨てられ不安、自己嫌悪、摂食障害、睡眠障害


生きる力を「自分の内側」から取り戻し、
新たな一歩を踏み出すサポートをします!


心理セラピー 詳細は>>>こちら
◆腸楽セラピー 詳細は>>>こちら
◆原始反射統合  詳細は>>こちら

 

 

■講座・セミナー日程■
・9/11(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)
・9/22(祝) まるまる腸活一日講座(札幌)
・9/23(金) 愛情回復セミナー(札幌)
・10/15(土) 原始反射体験会(東京)
・10/19(水) 愛情回復セミナー(東京)

・11/20(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)

◆講座・イベント情報 詳細は>>こちら

 


●9月の個人セッション予約状況は➾こちらから


■心理セラピーオープンセッション開催■

★全国で、カズ姐さん及び、
リトリーブサイコセラピー公認セラピストによる
オープンセッションが開催されています!

【東京】 9/19(祝) キャンセル待ち!
『カズ姐さんが語る1DAY心理学セミナー』

オープンセッションもあるよ~!!ぜひ、ご参加ください! 
クライアントは当日希望制なので、
運がよければ、セッションを受けられるかも!!
 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コースのご案内■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。
 
■福岡リトリーブサイコセラピー基礎コース(9/10より開催)
■東京リトリーブサイコセラピー基礎コース(10/1より開催)
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
●最新のご予約可能日(9/7更新)
 
★心理セラピーメニューは ⇒こちら 
★腸楽セラピーメニューは ⇒こちら
 


<現在のご予約可能日時>

 
※時間の調整は可能です。
 
9/12(月)11時~、14時~、18時以降
9/16(金)18時以降
9/27(火)15時~、18時以降
9/28(水)16時~、19時~
 

※緊急でのセッションをご希望の場合は、
nabekei-15★ezewb.ne.jp までお問合せください。

(★を@に変えて送信下さい)
 
 
■個人セッション■
対人恐怖(あがり症・不安障害)、うつ、パニック、
見捨てられ不安、自己嫌悪、摂食障害、睡眠障害


生きる力を「自分の内側」から取り戻し、
新たな一歩を踏み出すサポートをします!


心理セラピー 詳細は>>>こちら
◆腸楽セラピー 詳細は>>>こちら
◆原始反射統合  詳細は>>こちら

 

 

■講座・セミナー日程■
・9/11(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)
・9/22(祝) まるまる腸活一日講座(札幌)
・9/23(金) 愛情回復セミナー(札幌)
・10/15(土) 原始反射体験会(東京)
・10/19(水) 愛情回復セミナー(東京)

・11/20(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)

◆講座・イベント情報 詳細は>>こちら

 


●9月の個人セッション予約状況は➾こちらから


■心理セラピーオープンセッション開催■

★全国で、カズ姐さん及び、
リトリーブサイコセラピー公認セラピストによる
オープンセッションが開催されています!

【東京】 9/19(祝) キャンセル待ち!
『カズ姐さんが語る1DAY心理学セミナー』

オープンセッションもあるよ~!!ぜひ、ご参加ください! 
クライアントは当日希望制なので、
運がよければ、セッションを受けられるかも!!
 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コースのご案内■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。
 
■福岡リトリーブサイコセラピー基礎コース(9/10より開催)
■東京リトリーブサイコセラピー基礎コース(10/1より開催)
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

心理セラピーと腸セラピーで、

自分を愛する力を取り戻す♪

 

リトリーブサイコセラピー

心理セラピストの渡辺べんです。

 

さてさて、

 

あなたは、身近な人の成功や幸福を、

一緒に喜ぶことはできますか??

 

私たちが人の成功や幸福を喜べるには、

 

自分を客観的に見る力と、
他人との境界線が引けていること

 

が、必要です。

 

もし、あなたが、他人の成功を喜べないとしたら、

それは「自己愛」が強いのかもしれません。

 

「自己愛」とは、自分を愛する力です。

 

でもこの自己愛が強すぎると、

自己陶酔、ナルシズムという言葉のような、

 

「自分は特別な存在だ」という、

肥大した自己意識を持ってしまいます。

 

実は、「自己愛」は成長過程のひとつです。

 

大人になっても幼い自己愛が残ってしまうと、
自分を万能な神のように錯覚すしてしまうのね。

 

そうやって、
 

「自分は賞賛され、特別な扱いをうけなければいけない」という信念ができあがります。

 

自己愛の強い人は、

 

自分を適切に評価できないので、

人からの評価を欲しがります。

 

スゴい人と見られるように、

自分をつくろって仮面をかぶったり、

 

人から認められ、必要とされるために、

自分が何でも引き受けて無理したりもします。

 

なので、結構大変よ・・・。

 

自分を大きく見せることも、

逆に自分を卑下することも同じです。

 

自分のありのままを直視できないので
人からどう思われるかのために行動します。

 

そのため、


「失敗して恥をかくことが恐怖」です。

「人を見下すこと」で自分を保ちます。
「自分をひけらかす」行動にでます。

 

ふぅ。思い当たるフシがなくもない・・・。

 

そんな人は、自分が勝てると分かっている勝負しかしませ~ん。
負けることは恐怖なので、それなら最初からやらない方がいい。

 

口では色々言っていても、夢は大きくても、

行動することができません。

 

んー、やっぱりイタい・・・。

 

 

それが生活や周りの人に支障をきたすレベルになると、
「自己愛性パーソナリティ障害」と呼ばれます。


自分こそが世界の中心・・・に。

 

この「自己愛性・・・」はちょっと面白くて、

まったく対照的な二つの現れ方をします。

 

ひとつは、周囲を気にかけないタイプ

 

高すぎるプライドとともに、人からの賞賛を求めて他人をコントロールします。

極端に自己中心的で傲慢な態度が特徴。パワハラ上司とか、俺様タイプね。


特別扱いされて当たり前、

相手に対する思いやりや共感力が乏しい、

典型的な自己愛の人です。

 

もうひとつは、周囲を過剰に気にするタイプ

 

注目されるのを避け、控えめで内気な恥ずかしがりやさん。

ささいなことでも過剰に傷つきます。

このタイプの人が気にしているのは、

他者の目に映った自分の姿。

 

実は、ひきこもりの人には、自己愛が強い人が多く、

今の自分はパッとしていなくても、その裏には、

「自分はまだ本気で力を発揮していない」とか、

「自分の能力を評価してくれる人がいない」と思っています。

 

 

どちらのタイプも根っこは同じで、

本当の意味での自分への信頼や自信がありません。

 

思い通りにならないと、激しい怒りにとらわれ、

暴言をはいたり、物を壊したり。

 

他者への怒りが自分の内側にむいて、

うつになる場合もあります。

 

現実と、自分の妄想の境目や、

人と、自分の境目があいまいなのです。

 

自己愛の強い人は、

妬みや嫉妬も深く、他人の成功や幸せを喜べません。

 

まるで自分の分の成功や幸せが奪われてしまうかのように感じてしまう・・・。

人と喜びをわかちあったり、一緒に栄えていく発想が乏しいから、孤独・・・。

 

そんなのイヤだー!ですよね?

 

なぜそうなってしまうのか?

自己愛は成長過程ってどういうこと?


長くなったのでまた次回に。


【東京開催!】

9/19(月・祝)、東京でカズ姐さんの

『1DAY心理学セミナー&オープンセッション』

が開催されます~!!

こころの仕組みや人生脚本について知りたいかたはぜひぜひ♪

 

■個人セッション■
対人恐怖(あがり症・不安障害)、うつ、パニック、
見捨てられ不安、自己嫌悪、摂食障害、睡眠障害


生きる力を「自分の内側」から取り戻し、
新たな一歩を踏み出すサポートをします!


心理セラピー 詳細は>>>こちら
◆腸楽セラピー 詳細は>>>こちら
◆原始反射統合  詳細は>>こちら

 

 

■講座・セミナー日程■
・9/11(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)
・9/22(祝) まるまる腸活一日講座(札幌)
・9/23(金) 愛情回復セミナー(札幌)
・10/15(土) 原始反射体験会(東京)
・10/19(水) 愛情回復セミナー(東京)

・11/20(日) 恋愛・結婚パートナーシップWS(東京)

◆講座・イベント情報 詳細は>>こちら

 


●9月の個人セッション予約状況は➾こちらから


■心理セラピーオープンセッション開催■

★全国で、カズ姐さん及び、
リトリーブサイコセラピー公認セラピストによる
オープンセッションが開催されています!

【東京】 9/19(祝)
『カズ姐さんが語る1DAY心理学セミナー』

オープンセッションもあるよ~!!ぜひ、ご参加ください! 
クライアントは当日希望制なので、
運がよければ、セッションを受けられるかも!!
 

 


■リトリーブ・サイコセラピー基礎コースのご案内■

 
★感動と涙の「人生激変コース」と呼ばれるこのコース。
心理学やNLP、心理セラピーをより深く学ぶことに特化した、
新しい心理セラピーを学ぶ10日間コースです。
 
■福岡リトリーブサイコセラピー基礎コース(9/10より開催)
■東京リトリーブサイコセラピー基礎コース(10/1より開催)
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

テーマ:

ども、べんです.

 

今年の夏は、相方の繭子さんが、
麻ガラで迎え火と送り火をするというので、
初めてお盆らしいことを経験しました。

 

これまで先祖供養や年中行事などには、
ほとんど興味がなく、

(むしろ「そんなことになんの意味があるの?」

と反抗的ですらあったし・・・)

 

チャリで15分ほどの父のお墓でさえも、
お参りは年に1度か2度という横着ぶり…。

 

お恥ずかしながら、

麻ガラというものの存在も

今回初めて知りました。

 

お盆になると、スーパーや花屋さんに
いっぱいあったはずなのにね。

 

夕方玄関先で、迎え火をたき、

 


炎に包まれ、灰となっていく

麻ガラをみながら思いました。

 

「なんか人の骨みたい…」

 

そしたら、父の火葬の時のことや、
去年の夏に亡くなった愛犬ショコラの
骨を拾った時のことが思い出され、

 

火が燃え尽きるまでのしばらくの間、
ただただ火を見つめました。

 

慌ただしく過ぎていく日常の中で、
ゆっくりと速度をゆるめ、

ただそこに在るだけの時間。

 

亡くなった人や、祖先とつながって、
今生きていることを感じる時間。

 

お迎えして、お送りする。

 

そういう時間を大切にする意味を、
初めて実感した夏でした。

 

いまさらだけど、、、

 

ずっと続いてきた行事や儀式の中には、

生きていく知恵や道しるべが、

隠されているんですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)