警察庁は2日、全国警察本部の児童ポルノ捜査担当幹部を集めた会議を開いた。樋口建史生活安全局長は「インターネット上に児童ポルノ画像がはんらんし、被害児童の人権が著しく損なわれている」と指摘。画像の削除依頼に応じない悪質な業者などを厳しく取り締まるように指示した。
 樋口局長は、児童ポルノ画像が掲載されている掲示板の管理者やレンタルサーバー会社の中には、違法性を認識しながら放置しているケースもあると強調。「社会的責任を厳しく追及する必要がある」と話し、画像公開の共犯者としての立件を視野に入れた捜査をするよう求めた。 

【関連ニュース】
児童ポルノをネット販売=1万5000枚を押収
ネットのわいせつ画像一斉摘発=8都府県で少年ら18人
児童ポルノ接続遮断「早期実現を」=アグネス・チャンさんが提言
国内サーバーも遮断=画像発見後、速やかに
「出会い喫茶」規制へ=風営法見直し、「類似ラブホ」も

<子ども手当>施設入所児童向け 貯蓄認めず(毎日新聞)
車「手放した」13% 都民意識調査、維持費に嫌気(産経新聞)
郵政法案、衆院通過へ=自民、議長不信任案提出の方針(時事通信)
メカ獅子頭をお披露目=金沢美術工芸大〔地域〕(時事通信)
小樽の馬暴走、馬車金具の留め方が不十分?(読売新聞)
AD