2011年03月15日

【原子力事故】とあなたの身体

テーマ:原発事故
東京でパーソナルトレーナーをしている安藤です。


友人の株式会社ファブリッジ代表諸井太郎さんが放射線について書いて下さいました。

以下を転載したいと思います。



世間が大混乱している原子力事故。
【原発の放射能】が【あなたに及ぼす影響】について書きますね。


役人と東電の説明が、あれほどわかりにくくて、
メディアが騒ぎ立てれば、みんな不安になりますよね。。。汗


私、元、
東京電力原子力技術者(原子力発電所の運転経験5年)
さらに、原子力トラブル発生時のマスコミ・官庁対応チームだった経歴から、


今「逃げるべきか?」「まだ平気なのか?」悩んでいる方々に説明します。


■1番大事なこと

事故の内容よりも、結局「放射能がどのくらい出ているのか」をチェックすること。


燃料が溶けようと、火事が起ころうと、大事なのは、

「放射能が外に放出されているか」どうかです。


そして、「その値がいくつなのか」です。


まず「単位」に注意してください。


報道では、計測された放射線の値として
「マイクロシーベルト(μSv)」とか「ミリシーベルト(mSV)」とか言っています。


これ、大事です。

「マイクロ」と「ミリ」では、【1000倍】違います。

【マイクロシーベルト】→【ミリシーベルト】→【シーベルト】

1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルトです。


・・・っで、肝心なのが、

「いくつになったら、身体に影響がでるの???」ってことですよね。




答えは・・・

「200ミリシーベルト(200mSv)以下は大丈夫」

ということです。(図を見てくださいね。)



覚えておいてください。




これはマイクロシーベルトにすると「20万マイクロシーベルト」です。


・・・ということで、マスコミが

「500マイクロシーベルト」とか、「1000マイクロシーベルト」とか

報道しているうちは、全く相手にしなくていいわけです。



たとえば、病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。


それから比べたら、

500マイクロや1000マイクロは

大騒ぎする話では無いのがわかると思います。(あなたの身体への影響という意味でね。)




では、3月15日(本日)

「3号機の近くで400ミリシーベルトの値が出た」

というのはどうでしょう?


これは問題ですね。汗

200ミリシーベルトを超えているわけですから。



でも、慌てないでください。


大事なのは単位です。

単位は「400ミリシーベルト/h」です。



つまり、3号機の横に、1時間ぽけーっと突っ立ていると、

400ミリシーベルト、放射線を受けますよ。(←つまり被ばくしますよ)ってことなんです。



これを読んでる人で、3号機の横に住んでる人・・・もちろんいませんよね。^^;




さらに、知っておいて欲しいのは、


放射線の影響は、「距離の2乗に反比例する」という性質です。


これはどういうことかと言うと、

放射線を出すものから、離れれば離れるほど、放射線の威力はものすごく小さくなるということです。


例えば、「2m離れれば1/4」、「3m離れれば1/9」という具合です。

(1つ前のトピックの図を参照してください。)


ということで、400ミリシーベルトがそのまま影響するわけではなく、



実際は、ものすごく小さな値になるのがわかると思います。


だから、「東京から今すぐ逃げよう!」なんて考えるのは、早すぎるわけです。




大事な事は、「放射線の値」を確認すること。


一時的に400ミリ出ても、その後下がってマイクロシーベルトの世界に入れば、

騒ぐことはありません。



400ミリが、1000ミリ、2000ミリと、どんどん上昇していくようなら、

そのときは、いよいよ「逃げる準備」を始めて警戒していけばいいのです。




「値」と「その傾向」

上がってるのか、下がってるのか。


これを見極めてくださいね。






さらに不安な方へ・・・




次に、こんな疑問があるかも知れません。


「では、なぜ近隣住民に避難命令が出ているの?」

「東京都内でも、放射能を検出したって話だよ」



答えは、

「放射能は、空気中のチリやホコリとともに、風に乗って移動するから」

です。


「えっ?」「じゃぁ逃げなきゃ!」っと思いたくなるかも知れません。


でも、慌てないでください。



基本的に、風に乗って放射能は「拡散」します。


つまりどんどん薄まっていきます。


薄まれば薄まるほど、威力は弱まります。



こちらも、モニタの「値」を気にしましょう。



例えば、東京近郊での数値は「約1マイクロシーベルト/h」だったわけです。


これは全然問題ありません。


たとえば、先ほども書きましたが、

病院でCTスキャンを1回やると、

「6900マイクロシーベルト」です。



これは1時間じゃなくて、1回です。(全然違います。)

6900マイクロシーベルト/回

ということです。




それに対して、「約1マイクロシーベルト/h」は、

「そこに1時間いたら1マイクロシーベルト、放射線の影響を受けるよ。」

ということです。



値の意味さえを知っていれば、

「マイクロシーベルトのレベルであまり騒ぐ必要は無い」

ことがわかると思います。




どうでしょう?


これらを知っておけば、


世間の動きに流されて、

「今すぐ逃げろ!」とならずに済むと思います。



冷静に数値を見て、冷静に判断しましょう。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

わかりにくいところは、お気軽に言ってくださいね。




$駒沢公園トレーニングジムでダイエット・パーソナルトレーニング トレーナー安藤宏行のブログ


元の図の出展:資源エネルギー庁ホームページ




記事の一番下にFacebookの『いいね!』ボタンがあります。
この情報を多くの方と共有したいので、Facebookのアカウントをお持ちの方は、ぜひ『いいね!』ボタンを押して下さい!
AD
いいね!した人  |  コメント(93)  |  リブログ(0)

肉体改造トレーナー 安藤宏行さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

93 ■酸素さんへ

コメントありがとうございます。

僕は原発の専門家ではないので、そのあたりの事は分からないです。

92 ■無題

凄い、そうだったんですか…為になりました!ありがとうございます!
勝手ながら個人サイトにリンクさせていただきます!正しい情報を、ということで。

よければレベル7に上がったことや単位が京になったことなど最近の原発事情も詳しく知りたいです!!

91 ■†M†さんへ

なるほど。
思考は現実になるから、準備をしないというのも1つの方法ですね。

トイレットペーパーやティッシュなど普段から少し多めにストックしておくだけでも違いますからね。

90 ■準備…

>パーソナルトレーナー 安藤宏行さん

準備…とは思うんですけどね(×_×)
ずっと緊張してるのも嫌だし、実際持って逃げれないんじゃないかと思うと…
準備したくなくなってしまいます;

言葉に出すと現実になると言いますしね(笑)
だから『来ない』と言い張ってればきっと大丈夫☆(*^冊^*)

今後も参考にさせていただきます☆

89 ■†M†さんへ

そうなんです。

ただ、東海に大地震が来ないかを僕は心配しています。
今回の震災を教訓に日頃の準備をしておく事は必要かもしれませんね。

色々と知って頂けて、僕も嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします!!

88 ■はい(^^)

>パーソナルトレーナー 安藤宏行さん

愛知県民です☆
安藤さんも愛知の方だったのですね(*^^*)
ここは本当に地震国日本の中で比較的、地震も台風なども少ない(伊勢湾台風は酷かったみたいですが;)街なので…
失礼な言い方すると体感してない分、あまり実感がありません…
だから無知なので原発についても謎がいっぱいです(>_<)
色々参考になります☆
ありがとうございます(^^)

87 ■†M†さんへ

愛知にいらっしゃるのです!?

実は僕も愛知出身です。
実家の母親もかなり心配していました。

86 ■†M†さんへ

通りすがりに見て頂き、ありがとうございます。

僕もテレビを見た時はあまりよく分かりませんでしたが、これでかなり安心しました。

85 ■もんちさんへ

お役に立ててよかったです。

84 ■更に詳しく

>カシスさん

ありがとうございます(*^^*)
私は愛知県ですが、よく東京は行くし東京に友達もいるから心配でした;
少し安心できます☆

83 ■通りすがりです…

ありがとうございます(>_<)
いまいち○○シーベルトとか聞いたこともない数値を言われて混乱してました;
「体に問題はありません」だけを頼りに(笑)
これで少しは冷静に考えられます。
ありがとうございます(*^^*)

82 ■無題

参考になりました!
ありがとうございます。

81 ■無題

情報ありがとうございます。
参考になります。

80 ■カシスさんへ

いつもアドバイスありがとうございます!

79 ■のんさんへ

確かに心配な事は消えませんよね。

他の記事にもありましたが、距離が遠くなればなるほど、放射線の影響は薄くなります。

更に衣服を着ると更に浴びる放射線の量は少なくなります。

もし、爆発をして放射性物質が飛び散ると大変な事になるかもしれませんが、その可能性は低いです。

さらに人間は何もしなくて、放射線を浴びているのですが、人体に影響が出る人は少ないです。
海外では日本よりも多くの放射線を浴びている国が多くありますが、その国が短命や病気が多いというのは、無いのではないでしょうか?

78 ■もさんへ

福島に住んでいらっしゃったら、心配になりますよね。
ちなみにこのブログで放射線量についてや原発の情報を載せているサイトを紹介しています。
参考にしてみて下さい。

http://www.h-takii.com/

77 ■無題

少し詳しく書きます。

例えば今自衛隊や作業員に決められてる許容被曝量は100ミリシーベルトです。
これは100マイクロシーベルトの1000倍に当たる数字です。
では何故許容が100ミリシーベルトなのかというと、短時間で浴びると人体に影響が出る数値だからなんです。
100ミリ浴びると人体に影響が出ちゃう!って思うかもしれません。
しかしでは、年間に10ミリシーベルトの放射線量を観測されているブラジルではどうでしょうか?
概算では10年間で100ミリシーベルトに到達してしまいます。ブラジルに住んでいる人は10歳で病気になったり、放射線に悩まされたりしていますでしょうか?
実際はそんなことはありません。20歳になっても30歳になってもたくさんの人が元気に暮らしています。
つまりは一回に浴びることと短時間で大量に浴びてしまうことが問題なのです。
今福島で放射能漏れが起こっていますが今現在の首都圏の放射線量は大体一時間辺り0.05マイクロシーベルトです。
1マイクロシーベルトにすら届いていないんです。
この先福島で更なる大量な放射線が漏れ出しても200キロメートル以上離れた首都圏が高濃度の放射線で汚染される、ということはほとんどありえません。
もちろん福島原発の状況にもよります。しかし、首都圏が汚染されるだけの放射能漏れは専門家は有り得ない、というのがほとんどなんですね。

76 ■無題

>のんさん

外国の専門家や日本の原子力専門家などからは首都圏に影響が出ることは無い、という人はかなり多いです。
本当に微量な放射線は飛んでくるでしょう。しかし日本の年間平均放射線量は10マイクロシーベルトなのに対して、世界年間平均放射線量は2400マイクロシーベルト、ブラジルやイランに至っては10000マイクロシーベルトなんです。
つまり放射線と一つに言っても余程の量を一度に浴びなければほとんど健康には問題ないのです。

参考までにこちらのサイトをご覧ください。少しは不安解消になると思います。
http://jbpress.ismedia.jp/mobile/articles/-/5668?page=1&ismsid=484103602811b3914aaa2d7149d19a8d

http://matome.naver.jp/odai/2130032437650615601?guid=on

ただ今は電気不足だったり物資不足だったりしますし、そういう意味も込めてなら関西に行くのも有りだと思います。
後は自己判断で。頭の隅にでも置いておく程度に参考にしてください。

75 ■無題

情報をありがとうございます。
ただ、まだいくつか心配な点はあります。

本当にヤバい状態になった時、きっと首都圏中がパニックになってすぐに逃げることができなくなりますよね。
今後、確実に原発内の温度コントロールがうまくいって放射性物質も外に出なくなるという保証は無いですよね。今は関東に来ている放射性物質の量は少ないかもしれないけど、どの方向に向かっているのか。
収束するのか、悪化するのか。
それからCTの被曝量は一時的な話であって、常に1年とか10年とかそういうスパンで浴び続けるとどうなるのか、その点を知りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

74 ■無題

教えて下さった方、
ありがとうございます。
私は福島に住んでいます。
皆、東京などは大丈夫というだけで
ここらへんがどうなるか
誰も教えてくれなかったんです。
参考になりました。ありがとうございました。

73 ■無題

>もさん

一番最悪は福島半径30キロメートル以内はしばらく立ち入り禁止になります。
40~60にも出来れば避難を指示されるでしょうね。
有名なチェルノブイリ事故ですら避難命令は300キロメートルでしたが、30キロメートル圏外では人が住めないことは無かったんですよ。
今は近くでウクライナ人が普通に住んでいます。

72 ■もさんへ

もさんの様に大丈夫だと分かっている方は少ない様です。
僕の様に分からない方の為に記事を書きました。

最悪の事態はどうなるのかは僕にも分かりません。
すみません。

71 ■ひろこさんへ

ありがとうございます!

ぜひ、ブログで紹介して頂き、多くの方に知らせてあげて下さい。
よろしくお願いします。

70 ■無題

今は大丈夫なんて分かってます。

最悪の事態でどうなるか
どこまでの地区が
どのくらい放射能汚染されるか知りたいんです。

69 ■とてもわかりやすかったです!

初めまして!リンクたどってきました。

これはわかりやすいです!
そして、すごく勉強になりました。ありがとうございます!
自分のブログでも紹介させて頂いてよろしいでしょうか。

68 ■うなりやベベンさんへ

本当にこれを読むと安心しますよね。

友人に感謝です。

67 ■TOMMYさんへ

ぜひぜひ、皆さんにお伝え下さい。

一人でも多くの方に伝わる事を願っています。

66 ■無題

リンクから飛んできましたが、これを読むのと読まないのとでは全然違いますね。テレビや東電の説明では、靄がかかった感じでさっぱりわかりませんでしたが、ようやくなにを基準にするかがわかりました。ありがとうございます。

65 ■ありがとうごさいました。

小さい子供がいるので、とても心配して不安に思っていました。

少し落ち着きました。

私の友人にも、子持ちのママがたくさんいて、私のように安心してもらいたいので、添付させていただいてもよろしいですか?

64 ■samさんへ

ぜひお願いします。

63 ■無題

大変わかりやすい御説明ありがとうございます!

何が正しくて何が正しくないのか判断しにくく現状を把握しづらかったので、貴重な情報でした。

リンクに貼らせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

62 ■山姥さんへ

アドバイスありがとうございます。

一度調べてみますが、僕も専門家では無いので、そこまで調べるのは、難しいかもしれません。

61 ■リリザ・Aさんへ

お役に立てて嬉しいです。

でも、まだ予断を許さない状況である事には変わりないので、マスクをするなどの予防は忘れないで下さいね。

60 ■しのぶさんへ

コメントありがとうございます。

頑張りましょう!!

59 ■無題

大変わかりやすく、ためになりました。
ヒロシマ/ナガサキのときの数値とその影響範囲を、現行の福島と比較解説していただけると、ある年代以上の人々にはよりわかりやすいし、また、若い年代にもかなり参考になると思います。
数値が入手可能なら是非ともお願いします。

58 ■ありがとうございました!!

栃木県在住の者ですが、とても不安でしたので・・・
ど素人の私にも、わかりやすいご説明ありがとうございました!!

57 ■無題

ありがとうございました よく解りました。

56 ■カシスさんへ

ご説明ありがとうございます!!

55 ■みきさんへ

そんな事は今の所ないと思います。

放射性物質が出ない様に電力会社の方が必死に頑張っていますから。

応援しましょう!

54 ■Raitoさんへ

お役に立てて良かったです。

53 ■ありがとうございますさんへ

今日のブログに書きましたが、もし分からない事がありましたら、コメント頂けますか?

よろしくおねがいします。

52 ■あこさんへ

ご指摘ありがとうございます!

放射能が出るではなく、放射線が出るですね。

51 ■Re:無題

>カシスさん
とても分かりやすく説明していただきありがとうございます。もうすぐ二歳になる姪がいるので心配していたのですが、少し安心しました。重ねてお礼申し上げます。

50 ■無題

>みきさん

それは有り得ないですし、この先も東京に大変な量の放射線が飛んでくることはまず0に近いです。
簡単に言いますと有名なロシアのチェルノブイリの原子力事故では原爆500発分の放射線が放出されました。
そのとき避難指示が出たのはチェルノブイリから300キロメートル範囲です。
そしてこのときの放射線量は1750シーベルトです。今現在福島の原発で最高数値は0.4シーベルトです。
つまり1750シーベルトで300キロメートル範囲に避難指示が出たので、0.4シーベルトの福島から200キロメートル以上離れた東京にそんな大変な量の放射線が飛んでくることは有り得ません。
特に福島原発はチェルノブイリと違ってすでに、停止している状態です。つまりこの先1750シーベルトレベルの放射線が放出される、ということは限りなく0に近いです。
それでも不安はあると思いますので、後は自己判断で。参考までに頭の隅にでも入れておいてください。

49 ■無題

避難勧告が出されたときにはもう、交通手段がないのでは?と姉夫婦が心配してます。今の状況で東京から避難しなければいけない可能性は高いのですか?

48 ■無題

すごくわかりやすいです!
安心できました!

ありがとうございます。

47 ■無題

わかりやすくて、不安な気持ちが少し解消されました。

空気中に飛んできている放射性物質の微粒子が口や鼻から体内に入ると、体内被曝するという話についてよくわからず心配なので、もしそれについて知っておられたら教えてください。お願いします。

46 ■うん?

「放射能が出る」っていう表現はヘン!

45 ■無題

とてもわかりやすく説明していただいているので、転載させていただきました。
ありがとうございます。
これで、不安が随分解消されることと思います。

44 ■唐木さんへ

安心して頂けて、嬉しいです。

ただ、まだ予断を許さない状況には変わりないので、お気をつけ下さい。

ちなみに
福島原発から半径30キロ圏内 http://ow.ly/i/9adJ
福島原発から半径300キロ圏内 http://ow.ly/i/9ag8

です。
水に溶けるので、洗い流せというのだと思います。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。