今回のテーマは婚姻費用についてです。




毎日のように


旦那さんから酷い言葉を言われ続けた専業主婦の奥さんが


精神的に耐えられなくなり


離婚を考えるようになりました。




奥さんが旦那さんと一緒にいたくない


という思いが強いため


とりあえず夫婦で別居について話し合い


別居することにはなったのですが


別居後の生活費=婚姻費用について意見が対立しました。




旦那さんは子どもの生活費しか支払わない


奥さんは自分の生活費も支払って欲しいというものです。




しかし 残念ながら旦那さんの主張は法的に通りません。




「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、


婚姻から生ずる費用を分担する」


という民法第760条の規定があるからです。




したがって この場合


旦那さんは子どもの生活費だけでなく


奥さんの生活費も支払わなければならないのです。




ちなみに 婚姻費用の具体的内容については


衣食住の費用、医療費、教育費、娯楽費、交際費など


日常生活を営むうえで必要となる費用が中心となります。




時々 民法に規定があると説明しても


奥さんの生活費は払う必要がない


と自分の考えを強く主張される方がみえますが


最終的に家庭裁判所で解決するということになれば


そのような主張が認められないのは明らかです。




ただし


奥さんが不貞行為を行ったなど


有責配偶者であった場合は


権利の濫用として認められない場合があります。

AD