業務改善娘・友原京子のブログ

入社4年目の主任・友原京子と一緒にイチから学ぶ、業務改善&プロセス改善


テーマ:

こんにちは。友原 京子です。

いよいよGWですねっキラキラ

 

もはや、私の頭の中の9割は「休みをどう過ごすか?」に支配されていますが…(*^o^*) お休み前に、少しだけお仕事モードで締めくくりましょう。


先月、職場でインシデントの棚卸しをしたってお話をしました。

(↓これです、これ)
 

■インシデントの棚卸をしよう!
http://ameblo.jp/gyoumukaizen-musume/entry-12250553440.html


そもそも、残っているインシデントってどうやってクローズすればよいのでしょうか?

 


あ、インシデント管理ってそもそも何? って方は、このあたり(↓)を読んでみてください。

 

■インシデントを「記録」しよう
http://ameblo.jp/gyoumukaizen-musume/entry-12040264272.html

 

まあ、手っ取り早くは

 

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

 

を読んでくださいネ、なのですケド☆

 

ええと、何のお話していましたっけ?

 

麻衣香「インシデントのクローズのお話ですよっあせる

私「あ、そうそう。それそれ。麻衣香ちゃん、ありがとグリーンハーツ

 

インシデントのクローズ判断はいろいろあると思いますが、私たちはいつもこうしています。たとえば、インシデント=ユーザからの問い合わせの場合↓

 


【1.ユーザに「クローズしていいですか?」と確認完了して、クローズ】
一番キレイなパターンですね。
ただ、確認する手間、確認される手間が発生するため時間と工数がかかるデメリットも。

 

【2.ユーザに回答完了した時点で、クローズ】
割り切りパターン。
シンプルですが、あくまでサービス提供者目線のクローズなので、ユーザのほんとうの問題を解決できていない場合も。

 

【3.ユーザに回答後、一定期間がたったらクローズ】
割り切りパターン、その2。
ユーザに回答、あるいはインシデント解決のための問いかけ(状況の質問など)をしても、ウンともスンとも言ってこない。
その場合、時間切れでクローズ扱いにしてしまうのも手です。
いつまでも開きっぱなしで残っているのは気持ち悪いですものね。


 

インシデントの開きっぱなし(=未解決のまま残っている状態)はなるべくなくしたいものトイレバツレッド

 

ある程度のルールと割り切りで、ばしばしクローズ完了して前に進みましょう!


私もGW前に、気になる仕事はパパっとクローズして、爽快にリフレッシュしますルンルン

 

それでは、また!

 

 

業務改善娘
新米主任 友原 京子

 

新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します! 新人ガール ITIL使って業務プロセス改善します!

 

Amazon

 

新米主任 ITIL使ってチーム改善します! 新米主任 ITIL使ってチーム改善します!

 

Amazon

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。