グローバルな見識を高める

エジプト・英国・サウジアラビア赴任・世界80か国視察、外交官から独立起業して経験したビジネス修羅場、3万人対象の企業幹部研修での議論、世界各国のリーダーとの英語での熱い議論から模索する見識を高める努力の日記


テーマ:
大前研一ビジネスジャーナル」No.10にM&Aに関する秀逸な記事がありました。

・最初の3か月が決めて

・相手の会社のマネジメントをきちっと行って予定したシナジーを出す

・自分の会社にも変なアレルギーが出ないようにする

など大前氏が普段から言及されていることが出ています。

その中で参考になるのはネスレの話。

ネスレも、1985年にアメリカの飲料メーカー・カーネーションを買収した時は大変に苦労したそうです。スイスとアメリカの文化の違いなどが影響したものと思います。

しかしその後も、パスタのブイトーニやミネラルウォーターのぺリエなどを買収して規模を拡大していきます。

ネスレのM&Aが成功してきている理由について、買収先の会社をネスレ本社のあるスイスのヴェヴェーに集めて、何週間にもわたって徹底的にネスレ化教育をしていることだと大前氏は指摘しています。

握手して何回かのミーティングを経て「後はよろしく」といった方法では決してうまくいかないのです。

海外企業とのM&Aは今後さらに大きな課題になることは間違いありません。

今後共さらに実務的な事例を積み上げていきたいですね。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Airbnb日本代表の田邊氏の講演を聞きました。

その中で出てきた言葉がこの言葉。

空家を利用した宿泊施設ととらえていた私は、

「そこに住んで住まないと分からないことを体験しよう」

「普段あまり人が行かない地域の魅力を発見しよう」

といったコンセプトに感銘を受けました。

単なる宿泊施設ではない、文化や地域発展の拠点を目指すAirbnb。

事業を定義するというこは、このようなことでもあるのですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
上映中の「フラワーショー!」を見ました。

世界最高峰のフラワーショーである英国チェルシーフラワーショーに挑戦して、2002年に史上最年少で金メダルをとったメアリー・レイノルズ(エマ・グリーンウィル)の実話です。

アイルランド出身のメアリーは、自然と人間が共存すべきだと考えて、雑草中心の庭園を考案します。

師匠に弟子入りしますが、師匠がアイディアを盗んでいまいます。

資金集めにも苦労。

男性の協力者にはセクハラまがいの扱いも受けるのです。

しかし、熱意が通じて最後には見事金メダル。

庭園のシーンは美しいですね。

熱意と思いが世の中を動かすという実例です。

大変にお勧めです。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Newsweek7月26日版に都会の植物の成育時期がどんどんずれて生態系に悪影響を及ぼすとの記事がありました。

その例として、かつて入学式の時に咲き誇った日本の桜が今はもう散っていることが多いという事例なども挙げられており、納得感があります。

これは、都会のヒートアイランド現象で温度が上がり、また多くの光のせいで植物の繁殖時期がずれることにより生じるのです。

具体的な例としてあがっているのは、

植物が早く成長すると堅く時期が早まり蛾が食べるものがなくなる



蛾が減ると蛾を食べるコウモリが減る



コウモリが減るとコウモリが捕食する蚊が増える



蚊が増えると人間が感染する病気が増える

という影響があるのです。

「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいな話ですが、科学的な根拠がある話であり無視できないですね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

I attended a reunion party with former colleagues at Japanese Embassy in Riyadh. More than twenty people including the Ambassador and his wife attended it. More than twenty years have since I left Riyadh. The experience there was very precious in terms of building human network and analyzing global issues.

(20年前のサウジアラビア日本大使館の元同僚とのReunionに参加。大使ご夫妻、配偶者を含め20人以上。20年もたってもこれだけたくさん集まるくらい、気配り、人間関係や国際情勢の見方という点で学びの多い経験だった)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
都知事選の運動がまっさかりですね。

私は、都民ではないですが、割と関心があります。

なぜなら、日本は男性社会という世界的な悪評価を変える契機になるから。

政策的には必ずしも一致しませんが、有力とされる女性候補が当選するとCNNやBBCで大きく報道されるでしょうね。やはり男性社会の象徴であったTokyoのトップが女性になるというのは。

英語に加えてアラビア語ができるのも強み。

裏で何か悪いことやっているいるような男性知事は嫌ですね。もちろんきちっとしたまじめな人が大変なのでしょうからこれは男性への偏見化とは思いますが。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本に住む中国出身のビジネスパーソン曰く、

「中国から本当に必要な動画を手に入れるには、wechatのメッセンジャーで1対1で送ってもらう。10人以上のグループになると当局が検閲しているから」

とのこと。

Wechatは、中国で圧倒的に人気のあるメッセンジャーアプリ。

中国では政府に都合の悪いことは何でも隠される。有力な知人から1対1で送付してもらう関係を築くことが重要ですね。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
横浜で稲盛和夫氏主宰の盛和塾の世界大会に夫婦で参加しました。

全世界から4000人以上の経営者が集まりました。通訳も英語、中国語、韓国語、ポーランド語(ポーランドの人が多数来訪しているようです)でした。

選抜された6人の経営者の経営発表の後、稲盛氏が60分の講演をされました。84歳にして準備万端の講演でした。

経営者のあるべき姿として、

1.判断、決断の基準を心の中に持っている人

2.企業に対する無限大の責任を果たせる人

3.自らのすべてを会社に注入できる人

4.従業員の物心両面の幸福を追求する人

5.従業員から尊敬される人

をあげておられました。

また、

愚人=才× 徳×

小人=才  > 徳

君子=才  < 徳

聖人=才○   徳○

であり、経営者は君子か聖人を目指すべきとのお話もありました。

精神性の高さがやはり重要であると思いました。

多くの経営者の皆さまとの交流もできて大変に刺激を受けました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Newsweek誌に自動運転車と人命に関する秀逸な記事が載っていました。

自動運転車が何かに衝突しそうになって、人命を奪う可能性がある場合、乗り手と通行人のいずれを守るべきであるかという問題です。

具体的には、目の前の人を轢くのを避けるために、周辺の鉄塔にぶつかって乗車している人が死ぬことをあらかじめ容認するのかという問題です。

社会全体としては、全体の死亡数が少ない方が良いのですが、車を買う乗り手としては、まずは自分の命を守ってもらいたい。

このような究極の選択を迫るのが、自動運転車の倫理の問題。

これは今まで気付きませんでしたが、実に大きな問題ですね。

自動運転車はひょっとして人間が踏み込む分野ではなかったのかもしれないとふと思いました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカで大ヒットした「祈りのちから」を見ました。

http://www.inori-chikara.jp/

夫に大いなる不満をもっていた妻が、夫のために祈ることを実践するようになって次々と奇跡が起こって夫婦関係や周りことが良くなっていくという話です。

・利己を究極に押さえて、利他を祈る。

・自分を傷つけた「敵」にも救いの手を差し伸べる。

・自分に不利なことであってもあえて正直に伝える。

このような行為が自分と周りに大きな変化をもたらすのです。

大いに参考にして実践したいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。