国の天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で2008年から放鳥された計30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、産卵したとみられていた1組のペアが、卵を抱える「抱卵」を中断していることが16日、分かった。環境省によると、2羽は求愛行動を続けており、再び産卵する可能性もあるという。
 同省によると、このペアは昨年秋に放鳥された3歳雄と1歳雌。12日午後2時20分、2羽がいずれも巣から離れたのを同省職員が確認した。それ以降も巣周辺を中心に活動するものの、巣から長時間離れているという。 

【関連ニュース】
ケージ内でテン捕獲=トキ襲撃、同一かは不明
ケージ侵入の映像公開=トキ襲撃のテンか
放鳥トキの産卵確認=自然界で初めて
放鳥トキ、産卵か=確認できれば初めて
放鳥トキ、新たに1組営巣=佐渡

家族5人殺傷 容疑の長男、以前からトラブル…愛知(毎日新聞)
父の遺産計2億5000万円脱税 会社役員を起訴(産経新聞)
舛添氏に毅然と対応を=自民総務会長(時事通信)
男児ポルノビジネス摘発…報酬で小中高生誘う(読売新聞)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)
AD