地球一蹴、ちゃりんこ世界一周の旅 ー Rio Cycling Around The Earth

2007年3月9日より 約9年をかけて157ヶ国155,502kmを走る。
I am traveling around the world, over 157 countries on a bicycle from 2007 to 2016.


テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

Shall we enjoy Christmas party?


【12月24日(日)、『諏訪っこ!サイクリスマス忘年会♪』します】

 

 

クリスマスイヴの夜、みんなで諏訪の畔の居酒屋さんで集まりませんか?


海外でのクリスマスイブは日本の大晦日のようなもの。


家族みんなで集まり、久々の団欒を楽しみます。


メキシコなんて、24時ちょうど「メリークリスマス!」のかけ声と共に、プレゼント交換が始まります!


しかもレシート付き!


気に入らないプレゼントだったならば、なんと次の日に返品しに行く勇猛さ!

 

そんな日に、ならば日本流クリスマスをみんなで祝いませんか!?


家族も良し、恋人同士も良し、独り身も良し!


忘年会をし忘れた方もOK!


出会いあり、涙あり、LOVEありのクリスマスにしましょう〜♡


老若男女、制限はありません。

当日は、クリスマスっぽいイベントを考えています♪
 

 

【イベント詳細】

 

◯日時:12月24日(日)18:30〜21:00

 

◯場所:『呑兵衛 宴会 龍 Dragon Nigth〜ドラゴンナイト〜』


上諏訪駅より徒歩5分

〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り5丁目13−14
http://www.dragon-suwa.jp/

 

◯参加費:4,500円(クリスマスプレゼント付き)

 

◯申込方法:


電話:090-7732-1198(小口良平 方)
メール:gwh175r@gmail.com
Facebook:https://www.facebook.com/events/1964376480489677/

 

◯主催者:オグライド主催者(小口良平)
     諏訪ジャーニー (小口正史)

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

I am seriously looking for a lover!!!

 

【本気で婚活しています!!!】

 

 

☆12月9日(土)〜10日(日)、自転車に乗って汗かいて、山小屋にてカレーを作って、夜はお泊りで恋バナします!☆

 

 

「旅中に、僕は二度、大きな恋に落ちた。」☆アフリカでのおぐちの恋バナ☆↓↓↓

 

 

“神”とは“髪”と、巫女さんたちの間では言うが、あながち間違ってはいない。

 

揺るぎない生命の強さを象徴するかのような光沢と、女性特有の丸みを帯びたエロティックさを醸し出すハリとコシは、神になるために与えられたものかもしれない。

 

 

僕は迂闊にも、その神に触れてしまった・・・。

 

その女性の髪の毛を切ることで・・・

 

細い首元からうなじにかけて漂う、甘ったるい愛香が僕の全身を包んだ。

 

僕の世界からはこれまでの旅が消え、彼女への旅で僕の世界が満たされた。

 

身体を交わるよりも、ある種もっと崇高な行為だったなんて、自分でも思いもしなかった。

 

まるでパンドラの箱を開けてしまったかのように・・・。

 

 

傷つけ、傷つき、過ぎ去った恋に何度もフタをしてきた僕。

 

僕が思っているより女性は官能的で、相手に自分を重ねることにロマンを感じていないのかもしれない。

 

まぐわうことで、どこか征服者、達成感を得るのは男性よりも女性だったりするのだろうか?

 

混浴で恥ずかしがっているのは、実は僕の方だったりもするし、重ねてしまった関係で、どこかネヴァーランドに戻れない淋しさを感じてしまっているのも、僕だけだったりもする。

 

でも、僕が思っている以上に女性が獰猛で狡猾な生き物だってわかったら、なぜだかもっと仲良くできるような気がした。

 

そして女性から学んだ。

 

相手の身体に愛着を感じるのは、単純に相手の熱を感じて自分が生きてることを感じられるから。

 

相手に情が湧いてしまうのも当然。

 

不思議なものだ。

 

案外、スキンシップも馬鹿にならないな・・・。         」

 

 

ぜひみなさま、男女で恋バナをして、どうすれば自分が相手に理想とされるパートナーになれるか、恋談義をしませう〜

 


————————————
サイクルペアランin伊那谷
————————————

■開催日■
2017年11月18日(土)10:00〜19日(日)11:00
→雪予報のため延期

2017年12月9日(土)10:00〜10日(日)11:00

一日目
集合    10:00
ペアラン  11:00〜15:00
温泉♨️    15:00
ご飯作り  17:30(※ハンモック張り体験付き)
夕ご飯      19:00
夜の部       焚き火トーク🔥(※VRゴーグル体験付き)
※男女部屋を分かれて就寝

二日目
朝ごはん   8:00
解散          11:00

■コース■
鳩吹公園〜宮田村方面〜伊那市駅〜鳩吹公園(約30㎞)初級者向け

■会場■
集合場所:伊那市 鳩吹公園
宿泊場所に関しては参加決定者様にお知らせいたします。

■参加費■
男性:12,000円
女性:8,000円
※ガイド料、レンタルサイクル料(希望者)、保険料、食費、ハンモック張り体験料、VRゴーグル体験料
※温泉は別途 500円

●キャンセルポリシーに関して
11月10日以前のキャンセルは、50%
11月15日以降のキャンセルは、100%
を頂きます。ご了承ください。

■参加対象■
20代後半〜40代前半
結婚に前向きな独身男女 各6名

■持ち物■
・自転車(※自転車レンタルは要相談)
・ヘルメット
・写真3点(写真をプロジェクターで投影します。その写真を見ながら自分を紹介できる写真をデータで3枚ご用意下さい。)


■申し込み方法■
電話番号: 090-7732-1198 (小口良平 方)
メール: mlc-llp@outlook.jpまで
  お名前・電話番号・住所・性別・生年月日を記載の上、ご連絡ください。

————
 主催
————
人力チャレンジ応援部 オグライド主催者 小口良平
Alpenglow works 奥田悠史
LLPマリッジローカルコネクト 木村彩香

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

 

 

 

I had a lecture at Kamisuwa Junior High School,Nagano.

 

 

【長野県上諏訪中学校で講演会をさせて頂きました。】

 

 

帰国して一年二ヶ月が過ぎます。

 

 

果たしてこの一年は、僕にとってどんな意味のある一年だったのでしょうか?

 

 

おぐち史の中では、書籍も出せて、講演会も80回させて頂き、自身のイベントも8回をという記述が残せました。

 

 

1980年生まれ、華の松坂世代。

 

 

僕らミレニアム成人Year。

 

 

中学校の先生がしきりにそう言っていたのを思い出します。

 

 

昭和から平成、そして再来年にはさらに年号が変わるかもしれません。

 

 

年号からも時代の流れが伺えます。

 

 

 

上諏訪中学校全校生徒と、父兄の方々、約250名に講演会をさせて頂きました。

 

 

子供たちの時代の変化はいつの時代もあったと言えど、今の子供たちにはかつてない波が来ているそうです。

 

 

親も先生も、「現代社会の都合のいい大人にすることに必死になっている」そうなんです。

 

 

子供が大人になるまでは親が “間違えない生き方” を教えるのは、どの世界、社会も一緒だと思います。

 

 

“間違えない生き方” が議論される昨今。

 

 

難しすぎて、大人にではなく、子供に匙を投げて、彼らなりの調薬を作ってもらいたいくらいですね。

 

 

ここはひとまず、遊びと友達作りの天才に任せますかね。

 

 

きっと調薬いらずの子供は風邪の引き方も知りませんよ。

 

 

ひとまず僕で言えば、中学生の頃、親が近くにいないってだけで、わくわくどきどきしていました。

 

 

「ちゃん」じゃなく「さん」、思っているより子供は大人になりたいんですよね。

 

 

僕、個人としては、日本の子供たちを見てこう思います。

 

 

「好き嫌いがあるってとは、本当に幸せだ。

 

 

自分の好みがわかってるってことは、自分のことを知っているということ。

 

 

そしてそんな選択ができる日本は本当に幸福な国だ。」

 

 

今でもアフリカの人々に言われた言葉を忘れません。

 

 

「おまえは日本人に生まれただけで、宝くじに当って生まれてきたようなもんだよな。俺たちはこの国から出ることさえも、好きな人と結婚だって出来ないって言うのに・・・。オレも日本人に生まれたかったよ。」

 

 

そんな幸福な国、日本。

 

 

しかし皮肉にも、「好きなものが増えた一方で、本当に好きなものがわからなくなっている。」こともあるそうです。

 

 

アフリカの友達が聞いたら、きっと理解してもらえないでしょうけど・・・。

 

 

それでもこの問題は思う以上に深刻です。

 

 

インタ−ネットのおかげで、見える夢が無限に増えた一方、あきらめるスピードも上がってしまっています。

 

 

部活だったら、野球もやってもいいし、サッカーでもいいし、ボルダリングやプログラマー開発でもいいし・・・

 

 

大切なのは、何を選んでも“辛い”ということ。

 

 

壁にぶつかってからが勝負。

 

 

続けることの大切さを知れるのは、そんなときからでしょうか。

 

 

好きなことを説明する理由がひとつでないように、人を好きになる理由に説明はいらないと思います。

 

 

きっと僕たちのお父さんお母さんも、お互いを好きだった理由を忘れている時期もあり、それでも続ける大切さを知ったんだと思います。

 

 

その理由が、たとえ“子供のため”であったとしても。

 

 

子供たちにはぜひ、「不便さを楽しんで欲しい」と思っています。

 

 

不便さを知れば、身体を強制的に動かします。

 

 

汗をかいて、便利さとは何かを知って欲しいなと思います。

 

 

スマホが開発されたからって、十分ポケベルだって便利なんですから。

 

 

僕自身、結局、頑固だったんだと思います。

 

 

自分で見てない世界を受け入れることが出来なかったんですよね。

 

 

実体験しか受け入れられない。

 

 

しかし実体験は裏切らない。

 

 

それが僕の今の生き方の強み。

 

 

それがリアルな僕の世界。

 

 

僕の伝えられることは少なくて、きっとそれだけなのではないでしょうか?

 

 

“リアルに生きて還ってきた、小口良平の体験”

 

 

「 “体験することの大切さを知って欲しい。その事実があれば、強く生きていける日が訪れるから・・・。」

 

 

僕ができるのは、「子供たちに黒板のいらない生きる授業」です。

 

 

ぜひぜひ子供たちに世界の多様性と、色の豊かさをみせてあげたい。

 

 

「続けること」「繋がること」「発信すること」の大切さを、すべては体験することの大切さへと、いろんな形で伝えていければと思っています。

 

 

私は聖人ではないので、与えてもらうのが先で、さらに与えてもらった以上の恩義はまだ返せません。

 

 

それでも、一生懸命に生きた証を、出会った人に轍となるように残、鋳型になるように、残せていけれたらと思います。

 

 

世界中で一番美しかったものは、間違いなく子供たちの笑顔です。

 

 

いつから子供から大人になったのかなんて、明確な識別はないと思います。

 

 

そんなあやふやさぐらい、世界は、社会は残してくれてもいいですよね。

 

 

微力ではございますが、子供たちのため、地域のためにこれから尽力でできればと思います。

 

 

ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

 

 

おぐち家の名に恥じぬように・・・。

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

Check this out on YouTube!!!

 

【第8回オグライド『原村の美しい道』の様子がダイジェストMOVIEとなりました!】

 

《 映像はこちらか見れます ↓↓↓ 》

https://www.youtube.com/watch?v=2b_5BdGc7KA&list=PLIV1a9FDtAbET2Oy2pd2A69fLc5JlP6LG&index=19&t=24s

 

 

オグライドイベントカメラマンひろくんの登場で、劇的にイベント写真が良くなった!


そしてたら今度は動画担当の小林さんまで・・・


皆様の愛で、オグライドがどんどん大きくなっています!

 

これからも『オグライド!』をよろしくお願いします(*^^*)

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

 

【銀座コージーコーナー主催『夢のクリスマスケーキコンテスト』で特別審査員をさせて頂きました。】

 

《Webサイトで詳細を確認 ⬇ 》

https://xmas.cozycorner.co.jp/2017/column/78692/

 

 

特別審査員賞【世界は夢でいっぱい賞】

『ふくろの中みは、きみの物!』
こいで あおばさん(9さい・愛知県)

みんなのほしい物がふくろにぜんぶ入っていたらすごいなあと思ったのでこの絵をかきました。
サンタさんと世界の子どもたちと食べたいです。
サンタさんのひげがわたあめになっていて、ふくろのまわりがチョコレートでできている。

 

【コメント】

『夢がいっぱい!』
私がこのケーキを選ばせてもらった理由です。
そしてケーキの説明にもあるように、欲しいものをみんなで楽しむ心がとてもステキです。

サンタさんのふわふわのヒゲに囲まれた、まあるい地球の袋の中のプレゼント。
世界の子供たちの欲しいものが全部入っていて、あおばさんの願い通り
サンタさんとみんなで食べられたら楽しいですね。

ケーキを食べながら、世界中の子供たちがどんなものを食べていて、欲しいものはなんなのか
地球の緯度の関係で、真夏のオーストラリアのクリスマスや
雪の降らないアフリカのクリスマス、ジャングルのアマゾンでのクリスマスなんかをみんなで想像して
家族みんなで話しをしてみましょうね。
きっと最高のクリスマスプレゼントが、家族、友達とみんなでする会話、そのお話自体になりますからね。
美味しいもの、大切なものはみんなで分かち合いましょう。

トナカイさんがお休みの日には、僕が自転車でサンタさんのソリを引っ張りたいと思います。
さ〜今から南極の上で、月のソラ(宇宙)で練習だ〜!

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

I will guide cycling  on X'mas, 24th December.🎅🎄🎁

🌴Let's join us 🗻our Oh Good Ride🚲🏡⛺

 

《第10回『12月24日(日)オグサンタがやってくる~in 諏訪~Oh Good  Ride! Vol.10~』》

 

「聖なる夜に、一緒にクリスマスライドしませんか!?

 クリスマスプレゼントをサンタのコスプレをして配りたい方!

 クリスマスプレゼントを子供や恋人に届けたい方!

 クリスマスデコチャリしたい方! 

 

 募集しています!                     」

 

 

《イベント詳細&参加申し込みページ ⬇ 》
https://www.facebook.com/events/563909870607249/

         」

 

海外ではクリスマスは家族が集まる、日本のお正月のような日です。

そんな中、サンタのコスプレをしながら家族や恋人にプレゼントを届けませんか?

カップルの参加者の方は、きっと生涯想い出に残る聖なる夜となります。

シングルの方は、このイベントでステキなパートナーが見つかるかもしれません。

こんな日だから、みんなで集まりましょう~\(^o^)/

 

※高校一年生の頃、サッカー部の私は部費を稼ぐために年賀状配達のバイトをしました。

高校生以下の方には、おぐちから早めのお年玉クリスマスプレゼントをします(*^^*)

 

 

●日時12月24日(日)
9:00 集合:友之町駐車場(下諏訪)
※レンタルされる方は、要相談下さい(電動アシスト自転車あります)

▶ 9:30~16:00/諏訪地域周遊 約25㎞(サンタさんのコスプレをしながら、希望者家族の家(5家族を予定)に、クリスマスプレゼントを配ります。

 

16:30 /現地解散

 

19:00 /クリスマス懇親会(上諏訪駅前『飲兵衛宴会ドラゴンナイト』
    ※希望者のみ(会費4,000円前後を予定しています)

 
●参加者数:

①サイクリング参加希望者:上限10名(サンタコスプレをして、自転車で届けたい方)

 

②配達希望者:上限5家族(岡谷市、下諏訪町、諏訪市 ※他地域は要相談)

    ※クリスマスプレゼントは12月22日までにご用意ください。

●参加費

:①クリスマスサンタの格好をして走る方(※持ち込み衣装大歓迎!)
大人:4,000円(保険料込み、ドリンク・お菓子代込み、コスプレ衣装代込み)
小人:(12歳以下)1,000円
※参加費は当日のお支払いとなります。

    

:②クリスマスプレゼントを届けたい家族の方
一家族2,000円(配達料)

※プレゼントはご用意下さい。プレゼント(お菓子等)を用意してもらいたい方は要相談。その場合のお菓子の費用は別途ご負担お願いします(約1,000円)

 

●参加締切:12月20日(金)


●ご予約方法:
電話、Eメール、フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ブログからメッセージ 
等で参加表明して下さい。定員になり次第締め切ります。
※返信メールにて、参加者の方の氏名等の確認をさせて頂きます(保険加入に必要となる 
ため)

・電話番号   :090-7732-1198(小口良平 方)
・Eメール    :gwh175r@gmail.com
・フェイスブック:https://www.facebook.com/ryohei.oguchi
・ツイッター  :https://twitter.com/RyoheiOguchi
・インスタグラム:https://www.instagram.com/ryohei_oguchi/
・ブログ    :http://ameblo.jp/gwh175r/

●各々用意していただく物:
□安全に走れる自転車(レンタルバイク要相談)

※サンタさんの衣装(持ち込みあり、クリスマスをイメージできるものならOK!)
□タオル
□ヘルメット(他必要に応じて安全に走るためのグローブ、サングラス等のアイテム)
□雨具(上下セット推奨)
□水分(1リットルぐらい)&軽食
□途中なにか買うかもしれないので小銭

●注意事項:
*年齢制限は設けませんが、自転車で約20㎞走れることを条件とします。
*当日は昼食の時間を設けていません。各自、行動食を持参して下さい。
*当日は、極小雨決行ですが、微妙なお天気の場合は当日朝に判断し、Facebook
イベントページ内にてご連絡いたします。(Facebook利用されていない方には直接ご連絡 
します)
*当日は、走行中の安全確保などすべての行程において自己管理のもと行ってください。 
また必ずヘルメットの着用はお願いします。

 

●主催:オグライド主催者:小口良平(人力チャレンジ応援部)

            :小口正史(諏訪ジャーニー)

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

I interviewed column on inspiration culture magazine "KODE".

 

【インスピレーション・カルチャー・マガジン「KODE」に、コラムインタビューして頂きました。】

 

《「STYLE」〜自転車冒険家小口良平の合理化と対極の装備〜》コラムはこちらから⬇

 

             https://kode.co.jp/Articles/style-cyclist_oguchi_tools

 

 

「冒険家」という職業を、僕は「表現者」として捉えている。

 

その表現力を文字化してくれたライターのラスカルさんに感謝して、アンサーメッセージを。

 

 

“こだわり”とは何なのか?

 

自分を表す個性となるもの。

 

サイクリストの間には昔からこんな格言がある。

 

「荷物の多さは、エゴの大きさ。エゴの塊がサイクリスト。」

 

僕の大好きな人はこう言った。

 

〜智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかく人の世は住みにくい。(草枕『夏目漱石』)〜

 

自分の個性を見いだせなかった学生時代の自分が、自分を変えるきっかけに選んだのが「自転車世界一周の旅」だった・・・。

 

【車のスピードでは速すぎる。歩くスピードでは157もの国を回ることはできない。自転車ならばその両方の良さを感じながら、かつ走り出せば自分だけの世界を作るスピードを持てる。あと世界を走って感じたのは、『多くの人は頑張っている人を応援したい』ということ。自転車に乗っているだけで、世界中の人たちが優しくしてくれた。自然と出会いを作ってくれるアイテムが自転車。人見知りの人には最適だと思う」(小口)                  〜KODE記事より抜粋(ライター:ラスカル)〜】

 

そう、学生時代の僕は、自分も自覚していないほどの「人見知り」だったようだ。

 

それは帰国して3ヶ月後に会った、高校時代のサッカー部の恩師から言われて知った。

 

「この15人のメンバーの中で、おまえが一番こんなことをする人間だとは思わなかったわ。だって高校生の頃のおまえは、何も主張しないから、何を考えてるかわかんなかったよ。でも、今思うと、何も主張しない代わりになんでも言われたことをこなしてたおまえは、きっと自分を試していただな。自分の生きるためのポジションを探すために・・・。」

 

“こだわり”がない代わりに、僕はとことん「あまのじゃく」だった。

 

「男子一事成せば足る!自分にしかできないことをして、殉死したい・・・。」

 

その僕がみいだした“こだわり”。

 

【「旅の快適性よりも快楽性を求めた」〜KODE記事より抜粋(ライター:ラスカル)〜】

 

ある種の現代社会から離れ、まるでヒッピーのように、僕の世間の中で自分を解放することが始まった。

 

それはサボテンのトゲが抜けて、ツルンとするのに似ている。

 

尖っていたものは“こだわり”でもなく、個性なんかでもなかった。

 

僕は外面を気にするあまり、内面を見ていなかった。

 

帰国後の僕はアクセサリーを一切外した。

 

 

【「日本国旗を掲げた。僕が無事に日本へ帰ってこられたのは、運が良かっただけではないと思う」〜KODE記事より抜粋(ライター:ラスカル)〜】

 

生きるのにがむしゃらだったこの8年半。

 

生きるのに必要だと思っていた僕の“こだわり”は、物質ではなかったのだ。

 

【「バックの中には、荷物以上に出会った人々の想いが詰まっている。それはプレッシャーのような重さではなく、むしろ追い風となる重さ」〜KODE記事より抜粋(ライター:ラスカル)〜】

 

それは説明の付かない矛盾。

 

人間は結局、本音と建前があり、常に宇宙にある矛盾の生き物だ。

 

【「こだわりとは、合理化とは対極にあるものだと思う。そこには物質の質量では計り知れない価値という重さがある。旅において、装備や食料、アプローチまでこれだけ進化していると、現代の冒険家に求められるものは、技術ではなく表現力なのかもしれない。西アフリカのファッションではないオフグリッドやミニマリズムの生き方からも影響は受けた。僕の持ち物は、『それを手に入れたことで、どれだけ周りの人を幸せにできるか』が基準となっている」〜KODE記事より抜粋(ライター:ラスカル)〜】

 

そう、僕の生きる上での基準には重量がない。

 

それが僕の“こだわり”だ。

 

 

ステキな記事を書いてくれた、ライター:ラスカルさんに、Big Thanks and Big Hug♪いつもありがとう☆

 

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

Don't worry, be happy♪

 

 

Thank you for participating “Oh Good Ride! Vol.8” in the beautiful road "Haramura".

 

【第8回オグライド in 美しい道「原村」にご参加頂き、ありがとうございました。】

 

 

先日、諏訪の町に初雪が舞いました。

 

 

本格的に冬の到来です。

 

 

僕は今のこの時期が一番好きなんです。

 

 

12月の星座は一番美しく、凛として気持ちを引き締められます。

 

 

昔から「信州人は生真面目で議論好きで面倒くさい!」

 

と言われます、まさにそのとおりだと思います。

 

 

ただ、今はそのいいぐされが気に入っています。

 

 

この厳冬期をみんなで乗り越えるために、心の囲炉裏に火をくべ続ける必要があったからでしょう。

 

 

小ちゃい頃、母が台所に立つと覗きに行っていました。

 

世界を旅して、信州人らしさを自然と身に着けている自分がいました。

 

『信州人が~冬越しの野沢菜の漬け方や、干し柿の吊るし方も知らなきゃ~、それこそお郷が知れるぜ!』

 

別に干し柿が好きだとか、野沢菜が好きって言ったら古風だと思われるだろうとか、そんなんじゃありません。

 

信州人には、この儀式をすることで長い冬に耐える心づもりができるんです。

 

厳しい冬の中で、わずかな楽しみをそこにつめて。

 

 

「あるもの以上を望まない、あるものの自然の贅沢さを知る、あるもの豊かさを無駄にしない。」

 

 

そして同時に知りました。

 

帰国してから、干し柿や野沢菜を漬けたり、庭いじりをしている理由。

 

季節の変わり目を愛でれるからだと思っていましたが、それだけではありませんでした。

 

「母が好きな庭いじり」、だからなんだと気づきました。

 

一緒になってこの歳でできる作業があることに喜びを感じています。

 

母親を喜ばせたいな。

 

お互いの好きなことならば、ぶつかることなく気持ちのいい会話ができるんですね。

 

好きな時に好きな会話をしてもいいのが、家族なんですね。

 

小口良平説を説くということは、小口清美説を説くということ。

 

 

そんな家族をもっともっと増やしたいなという、贅沢な悩みを最近見つけてしまいました。

 

 

「オグライドファミリー」

 

 

帰国してからの次の夢は、「誰かの夢を一緒にみること」です。

 

 

もう一人でみる夢は叶えない。

 

 

みんなで楽しいことを共有する生き方。

 

 

究極の夢『好きなことをして生き続ける』こと、それが「人を喜ばせたい」ことだったんだと気づくことができました。

 

 

改めて思います。

 

 

なんて贅沢な夢を見てるんでしょうか、僕にそんなことができるのでしょうか?

 

 

人は大義名分がなけれは生きられないのかもしれません。

 

 

特に日本人は。

 

 

その大義に忠誠したにもかかわらず、報われず潰されることもあるとわかっていながらも・・・。

 

 

いつからだろうでしょう、歳をとることを怖がらなくなったのは。

 

 

ネヴァーランドから出られない僕は、大人になり忘れたピーターパンなのでしょうか?

 

 

未来は恐れるものではなく、期待するもの。

 

 

かけた苦労がご褒美として比例して返っては来ないかもしれませんが、反比例はしないだとわかりました。

 

 

そして自然と、「この人とはぶつかりそうだな」って思う人が、いつのまにか自分の中に現れなくなりました。

 

 

みなさまの眼差しが小春日和の陽光のようだからですかね。

 

 

僕の心の中に穏やかな風が吹いています。

 

 

今は、そんな自然の中で人と繋がりたい。

 

 

「どこで、何をするか」ではなく、「誰と、どんな会話をするか」。

 

 

この故郷の風景の中での穏やかな語りべで、オグライド参加者の方のエネルギーをもらい、パワーを蓄えさせて頂いています。

 

 

次々と春芽が開いています。

 

 

「生きるか死ぬかわからない身。人の目を気にして早死するなら、自分の目を大切にしよう。自分の目が誰を見つめているかを大切にして。」

 

 

いつもいつも僕の顔を笑いジワで、しわだらけに変えてくれるオグライドファミリーのみんな、本当にありがとう!

 

 

話しを聴いてるようで、聴いてもらっているのは僕でした(笑)

 

 

これからもずっとずっとファミリーでいて下さい。

 

 

これからもよろしく♪

 

 

うん、未来は恐れるものではなく、期待するもの!

 

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

Thank you very much for coming to my lecture meeting in Haramura, Nagano.

 

【11月25日、原村『世界でもっとも美しい村連合』での講演会にご参加して頂き、ありがとうございます】

 

 

原村の地域おこし協力隊の方のポスターがすっごくカッコ良かったし、広報もたくさんして頂けたので、たくさんの方にご来場頂けました。

 

また10年ぶりに再会した同級生の涙目を見て、思わずもらい涙目でした。

 

懇親会で、原村の方の日常の表情も知れて、改めて人との会話が最高の“娯楽”なんだと思いました。

 

 

原村との繋がりは、2016年10月の帰国直後からです。

 

私の帰国時の新聞記事を見て、市役所に連絡を下さったのが、原中学校の平塚先生です。

 

その平塚先生との機縁で、1年間で4回、原中学校の生徒の前で講演会や授業をさせて頂きました。

 

そしてその機縁はさらに広がり、『原村の美しい村づくり』講演会にお呼び頂きました。

 

「おぐちさんが感じる原村の良さをふまえて、旅での学びの講演会をして欲しい」

 

私の性格上、百聞は一見に如かず、百見は一験に如かず、実際に自転車の視線とスピードで、原村の美しい道を走りました。

 

原村が『日本で最も美しい村』連合に加入している理由が、「八ヶ岳の裾野に広がる豊かな自然と農地が調和した農村景観」と「土蔵の鏝絵」だそうです。

 

 

私が感じた原村の良さ、それは「食」「建物」「自然」です。

 

「食」をテーマとすれば、この標高1000m〜1500mでの高原野菜。

 

出荷量全国一位のセロリを始め、レタス、ブルーベリーやシクラメンなどの花や、最近ではワイン用ブドウまで。

 

「建物」をテーマにすれば、まるで北欧を彷彿とさせるログハウスの大きな家々と一件一件の家の距離感、そして大工の腕の見せどころの鏝絵。

 

「自然」をテーマにすれば、八ヶ岳と富士山が目の前に広がる圧倒的な地形と、諏訪湖が浮いた雲のように見えるロケーション。

 

サイクリストとすれば、まるでジェットコースターのように20㎞下って諏訪の町まで下りれてしまいます。

 

道も広く、交通量も少なく、農道が多いのでストレスなく走れます。

 

今挙げたものにすべてに共通項があります。

 

これらの事項を築き上げて、伝統や自然を守り、そこの地の利を活かした生活をしてきた「人」がいます。

 

そう、すべては人なのだと。

 

「美しい村」とは、農村の景観や鏝絵ではなく、人が美しいのです。

 

原中学校の生徒と接して感じました。

 

無邪気で好奇心旺盛、子供に最も必要な“元気”さを持っています。

 

保育園、小学校、中学校と生まれて間もなくから15歳まで、みんな1つの学校に通っています。

 

私が西アフリカで泊まらせて頂いた村では、50人3家族、全て親戚のような集落が多く、そこで悪さをするようなことがあれば、集落全体で叱りつけていました。

 

昔の日本のカミナリオヤジがそこにいました。

 

今、よその子を叱る大人がいなくなったと言われています。

 

地域のガードマンのような教育者です。

 

ロンドン、ニューヨークにパリに東京。

 

人口過密で人と人との物理的距離感が近ければ、どうしても心を閉ざしてしまうのは当然だと思います。

 

量産とは対極の生き方。

 

人が人に優しくできるのは、心に余裕が生まれたときに訪れる気がします。

 

都会暮らしがいい、田舎暮らしがいい、どちらの暮らしもいい。

 

「心のゆとりをどこに置くか」

 

それを感じる講演会となりました。

 

学ぶことは大人になればなるほど、多いですね。

 

これからもこの機縁を大切に、繋がる喜びを味わっていきます。

 

本気で原村に移住したくなりました♡

 

 

 

 

Click me!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

★Around The World : 3,364 days    : 世界一周3,364日間  

☆157 countries : in Nagano, Japan.    : 157カ国目・現在地:日本 長野県  諏訪地方

★Total Distance 155,502 km                : 総走行距離:155,502km

 

At Hara elementary junior high school, "I did not need a blackboard - Deep Africa edition ~" I was allowed.

 

【原中学校で、『黒板の要らない小口良平の授業〜Deepなアフリカ編〜』をさせて頂きました。】

 

 

帰国してから4度も訪中学校している原中学校で、『自転車冒険家小口良平の生きた黒板の要らない授業』をさせて頂きました。

 

アフリカ、ことに西アフリカにおいては如実ですが、情報が少ない。

 

中学生の彼らが求めているのは、お行事の良いインターネットの情報ではなく、実生活のリアルなアフリカ人を知りたい。

 

 

熟練の社会科教師でも、さすがにアフリカまで足を伸ばせた先生は少ない。

 

そこでかねてからご贔屓にしている小中学校の先輩『平塚先生』のご依頼にて、今回、馳せ参じさせて頂きました。

 

私が訪れたアフリカは54カ国中42ヵ国と、たった8割しかカバーしていない。

 

しかし、私の今の人格、生き方の多くを形成してくれたのは、このアフリカでの2年であることは、小口良平史に全く疑いようもありません。

 

そして、いざ授業開始・・・

 

来るわ来るわの原中学校生徒の好奇心にまみれた質疑の応答。

「ハイパーインフレーションを起こしたジンバブエのムガベ大統領が、93歳で大統領をしていることは国民にとっていいことなのでしょうか?」

 

「アフリカ州の国の数は、南アメリカ州に対して多くの国が独立しています。ことカメルーンにおいて、55カ国目の独立の可能性がありますが、おぐちさんが見てきた実際のこの国における政治課題はなんだと思いますか??」

 

「ISIS、アルカイダ、ボゴハラム、外国人Kidnappingが横行する中、かつての正義の社会主義国家から悪魔の資本主義に遷移したことは、代理戦争型宗教戦争が尾を引いているのではないでしょうか?世界の縮図と言われる西アフリカの奴隷貿易は、そのまま三角貿易として、体のいい資本主義と謳われているのではないでしょうか?おぐちさんは世界を変えれますか??」

 

おいおい、こちとら「アフリカの人は何を食べていますか??」「アフリカにはどんな動物がいますか??」「アフリカには桜は咲きますか??」、ってそんなことの質問の答えしか用意していませんでしたよ〜

大人になればなるほど勉強になりますね。

 

どっちが授業をしてもらっているのでしょうか。

これだから子供ってやつは・・・、本当に世界の生命線ですよね。

 

いや〜冒険塾の開講を目指している僕ですが、バブルが弾けたロストジェネレーションのネガティブマインド漬けの僕らの子供たちの方が、よっぽど極地冒険家なのではないでしょうか??

 

これからも日々、精進したいと思います。

 

みなさまのご指導ご鞭撻のほど、引き続きよろしくお願いします。

 

 

 

クリックしてください!ポイントが入ってより多くの人に見てもらうとが出来ます。
Click me!

 にほんブログ村 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。