病み上がりでーす(^^;)

テーマ:

調教・パオダルコ

 

 

日曜日の夕方から風邪から来る胃腸炎(Yぴー命名(笑))みたいなので死んでおりましたが、漸くお腹も熱も落ち着き・・・落ち着いた途端に馬に乗ろうというバカモノです(笑)。パオに「迷惑だ!」と拒否られるかと思ったら、ぼーっとしたお坊ちゃんは「変な音しなきゃいいよ~」とのほほ~ん。(日曜日はワタシの腹がぐるぐる言い出した途端に挙動不審になっていた汗

 

 

まずは、Yぴーが動かしてから騎乗。最初は「ゆっくりお散歩でも」と言っていたYぴーですが・・・動けるヤツは動かすのがYぴーです。つーか、ホントに動けなければ乗らない、と知っている(苦笑)。

 

 

まずは常歩を伸ばして、次に詰めて・・・結局速歩まで行くんだな涙 で、ワタシの動きが大きいとパオの頸が高くなるから、脚扶助だけで大きく動くな・・・はい、静かに乗れとおっしゃるのは分かりますが・・・このヒト(馬です)ただでさえ反動がデカイって分かっててそれを言うかーーーーっ!!むかっ 

 

 

ちーとも病み上がりに優しくないレッスン終了後、パオの脚を洗い、全身温泉水で拭いて、フケの酷いお尻と頸にゴムブラシもかけてお部屋に帰しましたが、連休には丸洗い出来るといいなぁ。あれ?でもYぴー・・・ワタシが4日に来れないの覚えてるのかな?あせる

AD

死んだ・・・

トレック月例杯

騎乗馬・パオダルコ

 

 

本日トレック月例杯でしたが・・・ワタシが疝痛により取り敢えず出た「だけ」になってしまいました・・・涙 しまいにゃパオにまで「降りろ、降りろ」言われるし・・・涙 2時間ほど前までトイレの住人でしたが、やっと落ち着いたようなのでこれから倒れますぐぅぐぅ (タラの芽の天ぷらが悪かったのだろうか・・・?汗←昨夜ワタシだけ食べたモノ)

 

取り急ぎここまで。

AD

さてさて・・・

テーマ:

調教・パオダルコ

 

 

本日は風も無くやっと春らしい陽気になり、お馬さんはあっちもこっちもうとうと・・・。平和だ(笑)。

 

まずはYぴーが騎乗しての乗り運動ですが、パオも機嫌よく動いておりました。横木を跨ぐのも、ちゃんと横木を見るようになって来て、蹴っ飛ばす回数も減っている模様(笑)。

 

で、ワタシは・・・というと、騎乗しての歩度の詰め伸ばしの後、引き馬練習・・・汗 引き馬で速歩は出るようになりましたが、一歩が大きいパオにやや引きずられ気味涙 やはり、トレック当日もここが最大の問題でしょう。さてさて・・・どうなるコトやら・・・あせる

 

終了後、脚を洗って全身拭いていたら、春の陽気にパオもうとうと・・・。大人しくていいやいねドキドキ 

 

本番はさらっと行こうなドキドキ

 

 

 

追記・馬房掃除で洗い場に出ていたマダムがワタシを見つけて「ワタクシここにおります!」と挙手(笑)。はいはい、後でナニかお持ちしますよ(笑)。

AD

なんだかなぁ・・・

テーマ:

ベーシック駈歩

騎乗馬・アベリア

 

面子・・・タラちゃん・アクトフォー・コンコルド・アベリア

 

本日は調整も軽めにしたというアベ総理は・・・なんかご立腹気味。どうやら、右側に隠れた痛みがある模様。マッサージしとくからたらたらしてろ汗

 

なんかベーシック馬場の方が、円形待機場に移動してしまったので、本日の待機はベーシック馬場用の角馬場となる。そちらに移動すると、早速総理より「左手前はイヤ!」のアピール。O君に右手前への変更を提案するがアベ総理のアピールに気づいておらず「左回りでも少し動かさないと・・・」とか言っているので、フォーとコンちゃんの間に居たが、コンちゃんが被害を被らないようさっさか最後尾に移動。O君はまだ総理の恐ろしさを知らないと見える・・・。それはともかく、本日は動かしたり、好きにたらたらさせたりを織り交ぜてみる。

 

 

そして、順番が来てまた総理がごねて下がろうとした瞬間、思い切り総理の腰に体重を乗せる!

 

「下がりたいなら、もっと下がってみろ!!」

 

(わ~い!guusanが怒ってるから真面目にやろうよ~~アベちゃん~~~あせる←M指導員の心の声?(笑))

 

下がるに下がれず固まったアベ総理、しぶしぶ動き出す。そしてそんな総理をM指導員は一生懸命励ます(笑)。励ましの甲斐あって少しずつ速歩が出たので、一巡目終了。

 

次の待機も頑張らせたり好きにさせたり・・・これが結構忙しい汗

 

二巡目もごねごねしていたアベ総理だったが、その度に腰に体重乗せられるもので、一巡目よりは早めに諦めて前へ出る。そして今回はなんとか速歩を一周続けられた所でよく褒めて終了。

 

 

なんだか好きなように駈歩させちゃった方が楽だけど、それだとずーっと丸馬場生活になっちゃって引退が早まってしまうぞ。少し真剣に角馬場復帰とは言わないから騎乗者の指示で動けよ。

 

 

なんだかなぁ・・・Yぴーが総理を推して来た理由って・・・騎乗者の指示を聞くコトを思い出させるコトだったのかなぁ・・・?まぁ、あと一鞍の辛抱で来月はタラちゃんに乗れるけど・・・心が荒むぜ・・・涙

 

 

強風でも関係ないヤツ

テーマ:

調教・パオダルコ

 

 

本日洗い場にてお行儀が悪くYぴーに叱られたパオは、ワタシに当り散らす・・・むかっ 殴るぞ・・・てめーっ!!むかっ

 

しかし、馬場に出れば、ただ立っていてもふらつきそうな強風の中、真面目にYぴー騎乗で運動。本日は横木を跨ぐ練習もして、9割方横木を蹴らずにちゃんと跨いでいた。ちゃんと横木を見て意識すれば蹴らずにキレイに跨げるのだが、ぼんやりしていたり、他に注意が逸れていると横木を蹴る模様。「横木を跨ぐ」とパオに意識させるコトが重要なのかね。意識すればキレイに歩幅を調整して跨げるあたり、いい素質を持っているのかもしれない。

 

で、余りの強風に引き馬の方がアブナイと思ったんだかなんなんだか・・・ワタシが騎乗すると新馬場へ行って練習するという。因みに柳馬場から新馬場へは僅かに下り坂になっていて、人が騎乗した状態だと嫌がる馬もいる。パオはちょっと考えていたが、ワタシが重心を後ろにすると「あ、大丈夫じゃんドキドキ」とスタスタ。

 

まずはワタシの身体を解す為に33×33位の馬場を左回りで蹄跡運動。続いて斜めに手前を変えで右回りに変えて、手前が変わった時の馬の動きの違いをしっかり感じて対応しなさい、の指示。へいへい。

 

続いて今日は、トレック本番に向けて速歩「出る」まで常歩の歩度を伸ばす。「出る位」ではなく「出る」までですと?やっていいならやるよ。で、いつもよりもう一息だけ長く(強め、ではない)合図を出すとするっと速歩(笑)。但し、ボクちゃんは継続脚が入らないとそこで終了して常歩に戻る。言われればやるが、言われなければやらない今時(?)の若馬である(笑)。更にもう一度いつもより一息長めの合図を出すと今度は「なんか速歩しろってコトじゃないみたいだからもうやんな~い」と歩度を伸ばすのみ。賢いヤツだあせる

 

強風も関係ないし、頭もいいんだが・・・引き馬と洗い場のお行儀がなぁ・・・汗特にお行儀の方が、叱られても叱られてもなかなか直らないのがなぁ・・・。まぁ、Yぴーが「やっと馬らしくなった」と言ったのが、三ヶ月前の話だから・・・ま、気長に行くか。因みに前掻きは背中を向けるとピタッと止めるようになったのは成長なんですがね。洗い場の行儀の悪さ(通りかかる人や馬を威嚇する)も騎乗者にベタベタ甘えたいのを邪魔されそうでやってる節があるので、その内自然に卒業するような気も・・・。

ベーシック駈歩

騎乗馬・アベリア

 

面子・・・まっさん・タラちゃん・アベ総理

 

 

本日は来月の専用馬の申し込み解禁日でもありました。もう「水濠レッスン」も「停止からの駈歩発進」もゴメンなので、タラを取る為に並びましたともさ!但し、ワタシが解禁日にクラブへ来られるのは今年は今のところ今月と7・8月のみ。平穏に駈歩レッスンつけてくれる馬に乗りたい・・・涙

 

 

本日はアベ総理のテンションを上げないように待機場でもそーっとそーっと動かします。反応悪いし、イレギュラーの雰囲気がぷんぷんしておりますが、とにかく・・・

 

停止からの駈歩はさせん!!

 

と念じて、そーっと・・・そーっと・・・しー

 

その結果・・・順番が来るとアベ総理ゴネるゴネる・・・あせる 「ワタシ、まだ準備出来てません!」と下がります汗

 

それでも、なんとか速歩に持って行きますが、これもすぐ止まる汗止まらないと駈歩出ちゃう涙 本日の目標は「騎乗者の合図をきくようにする」ですので、速歩が出たら褒め、止まったらすぐに再スタートを何度か繰り返し、一巡目終了。

 

二巡目は、継続脚に反応して止まるのを考慮して、継続の合図を鞭に変更。速歩で一周出来た所で終了させ、総理に理解を求めましたが・・・分かったんだかどうなんだか・・・涙

 

 

Yぴーに「待機で動かせば停止から駈歩になるし、動かさないと動かないし、どーすりゃいいんだ?」と尋ねると「それはアベリアと付き合って、間の加減を見つけて下さい」というお返事汗 ・・・付き合っててもわかんねーよ・・・あせる 分かるのは・・・Hの号令だったら一発だってコトだけだ!!むかっ

 

 

あと2回・・・このイチかバチかみたいなギャンブル駈歩レッスンがあるかと思うと・・・ブルー通り越してブラックになるわ・・・ドクロ

 

調教・パオダルコ

 

 

今日は寝ていなかったパオ君。相変わらずイタズラしてどつかれながら馬装される(笑)。

 

 

本日は日曜日に立って暴れた件を心配するYぴーが先に騎乗してから引き馬すると言う。だが、行った先の馬場には・・・キツネのように飛び跳ねるベルちゃんがいた・・・叫び 引きつるYぴーを尻目に「Tちゃんすげー・・・あんなロデオでよく落ちねーなー・・・」(笑)

 

で、パオよりもベルちゃんに気を取られていたら・・・Yぴーが脚攣ってパオの馬上で悶絶していた・・・汗 馬が暴れるよりそっちの方がコワイよ・・・汗

 

なんとかパオから這いずり降りたYぴーがまず引き馬。パオは先週「覚えまちた」とドヤ顔していただけあり、スムースに常歩から速歩に。それがワタシの引き馬でも出来たら「覚えた」というセリフを信じてやろう!と思ったら・・・なんかパオがワタシの足元を見ている・・・見て・・・見て・・・ワタシの歩様が明らかに変わった所で速歩!た・・・確かに・・・覚えたんだな・・・オマエ・・・。本番は、ワタシの歩様が鍵ってコトか・・・あせるで・・・出来れば声の合図と舌鼓にも反応してくれんか?あせる

 

 

続いて馬場のスペースで「待て」の練習してから騎乗すると・・・Yぴーが「バックの練習をする」と横木を並べて通路を作り始める。そして、まだ背中の弱いパオの負担にならないバックの仕方で練習開始。ボクちゃんは「新しい技の練習だ!」となんか物凄く前向きに頑張る。前々から感じてたけど・・・こいつ・・・やっぱ新しいコト覚えるの好きだわ・・・。何度やっても嫌がりもせず自分から通路に入って行く。なんなんだろうねぇ・・・この前向きさは・・・?

 

 

終了後、脚を洗って馬房に戻し、ご褒美のリンゴを振舞う。リンゴも割れるようになったしな(笑)。

 

 

追記・Yぴーに万全過ぎるアベ総理の停止から駈歩発進の件を話した所・・・返って来た返事は「優秀ですね!」だった・・・ダウン ・・・つまり・・・ワタシがアベ総理に慣れるしか・・・ないのね・・・ドクロ

ベーシック駈歩

騎乗馬・アベリア

 

面子・・・タラ・まっさん・チャイブ・アベリア

 

 

爆走のお時間がやって参りました・・・ダウン 前の時間のレッスンでたらたらと体力温存しているアベ総理のお姿を拝見したもので、爆走の予感に乗りたくなさ倍増がーん 

 

それでも少しはワタシのコトを忘れてくれているかも・・・と淡い期待を持って騎乗。が、即座に「行きましょうラブラブ」と動き出すアベ総理の態度に、始まる前から「一刻も早くレッスン終わって!」と祈る有様。ダメだよ・・・このお嬢は相変わらず「速く走れば喜ぶハズ」と思ってくさるよ・・・涙

 

待機馬場での常歩での歩度の詰め伸ばしは相変わらずお見事。但し「イケイケの馬で余り歩度の詰め伸ばしをすると更にイケイケになる」というYぴーの教えを思い出し、少しまったりと動かしたのだが・・・それでもタラやチャイブに遅れないって・・・既にスィッチは入っているというコトか?あせる

 

 

一巡目の駈歩は・・・速歩から即駈歩・・・汗

 

 

ちーがーうーーーーーーっ!!

 

 

仕切り直しても、速歩短くして即駈歩。つまり、「違う」と言われたのは分かっているが、ならば速歩を短くすればいいのか?という理解あせる 考える時間が欲しかったので、とっとと待機場に戻る。

 

 

拍車を外したとしても、拍車使ってないんだからイミねーし、ゆっくり速歩させようにも、即駈歩になるんだからどーしたらいいんだ?と頭の中がグルグルえーん

 

 

そして二巡目・・・

 

常歩、即駈歩ーーーっ!!!

 

総理も「やはり違うのか?」とは考えていらしたようで、結果「停止からの駈歩発進」という結論に達していらした。だが、駈歩発進する、と思って乗っていても・・・身体がついて行きまへん汗

 

 

終了後、M指導員に「今日のレッスンどう評価する?」と聞いてみると「レッスン的には駈歩が出たのは真面目でいいコトですが、言うコト聞いてなかったのはちょっと・・・」との事。そう、そうなんだよ。駈歩してもいいよ。駈歩したら褒めてやるよ。

 

でも、駈歩はワタシが合図してからにしてくれ!!

覚えまちた

テーマ:

調教・パオダルコ

 

 

先日、馬場月例杯に出たパオは、お疲れなんだか久しぶりに暖かい陽気に誘われてだか知らないが、馬房で横になってうとうと・・・ぐぅぐぅ 呼んでみると、ゴロゴロと寝転がってからおもむろに立ち上がり、眠そうな顔。起きてくれや・・・汗

 

 

きな粉餅になった馬体のおがを落としていたら、Yぴーが来てしまったので慌てて馬装。

 

 

馬場に出ると、本日も引き馬からです。Yぴーの引き馬では、ちゃんと常歩-速歩-常歩を理解している風でしたが、ワタシがやってみると常歩の歩度が伸びるばかりあせる ハミが歯に当たると爆走するようなので、まず常歩を速くするよう指示されましたが・・・ただでさえ歩幅の大きなパオに人間が走らず常歩の歩度を伸ばさせるのはかなり大変です。人間の方がかなりタッパが無いと現状では無理そう・・・。繰り返し、速歩への移行の合図を覚えさせるしかないか・・・ダウン 

 

 

それでも、引き馬での速歩を2度ほどやらせて、今度は騎乗してスラローム。

 

スラロームは元々左右にふらふらしながら歩くパオに合わせて軽く脚を入れると、最短コースをひょいひょい行くので「スラロームは問題ありませんね」との評価。

 

 

さて、トレック月例杯までに、引き馬速歩がどこまで覚えられるか・・・と思ってパオの顔を見ると「ボク、覚えまちた」とどや顔。・・・ホントかよ?あせる

ベーシック駈歩

騎乗馬・コンコルド

 

面子・・・まっさん・タラ・コンちゃん

 

午前中までの雨で馬場はあちこち水たまりだらけ・・・足場悪いし泥んこになるなぁ・・・汗と少々ブルーになりつつ、今日もヤク(黒糖)でうっとりとなっているコンちゃんを曳いて馬場へ・・・。「寝るなよ爺さん」とか言っていると、補助に付いたHクンに「寝ながら駈歩するような馬ですからね。重いし扶助も聴いてるかどうかよく分からないし・・・」と言われ、「なるほど・・・それが世間一般の評価か・・・」と内心呟く。世間一般で言われる軽い馬に殆ど乗ったコトの無いワタシには、コンちゃんは軽い馬ナンバー3である。ナンバー1はエルダーでナンバー2がタラちゃん。世間の評価と一致するのはエルダーだけだろうな・・・。

 

 

馬場に出て、早速待機馬場でコンちゃんを起こす・・・が、本日はタラがうとうと・・・う~ん・・・コンちゃんの準備運動が出来んなぁ・・・。取り敢えずちょっとだけ歩度を伸ばしたら、後は詰めの練習にするか・・・。最初コンちゃんとワタシに付いていたHクン。「今日はコンコルド、よく動いてますね」とかのたまうので「・・・動いてねぇよ。コンちゃんの本気の常歩はこんなもんじゃない。大体、駈歩の方に移動するとイケイケでこっちの心の準備が追いつかない位だ」なんて話をすると「それは羨ましいです。ボクなんか最初コンコルドに駈歩出させられなくてどんなに苦労したか・・・」なんぞと言い出すあせる ワタシは「ここで迂闊に脚を入れると駈歩出ちゃう~~~あせる」なんですけどね・・・ダウン

 

 

で、余り準備も整わない(主にワタシの(笑))内に順番がやって来る苦笑 M指導員に「余り準備出来とらん」と申告の後、まずは速歩から。ここでコンちゃん、大きな水たまりに気づく。「越えて下さい」の脚扶助に「・・・ああ・・・うん・・・」と水たまりを越えつつナニか考えている。不穏な・・・あせる 取り敢えず速歩で水たまりを越えさせ、越えた所から駈歩発進・・・さらっと出るし・・・がーん しかし、再び水たまりが近づくと・・・なんかやっぱ不穏な予感がして、常歩に落とす。M指導員に「みんな水たまりがあって駈歩出すの苦労してるのに普通に出ますね」と言われ、不穏な空気をどう説明したらいいか分からずむにゃむにゃ・・・涙

 

 

取り敢えず、ナニしでかされてもいいように、自分の身体を暖めておかねば!と待機場に戻るなり、ガンガン歩度の詰め伸ばしをする。ワタシがナニか忙しくやっているのでHクンは他の馬に付いている。そーしてくれ。ワタシはコンちゃんにナニされてもいいように自分の身体を温めるのに忙しい!

 

そして二巡目。「コンちゃん、足場悪いのによく動いてますね」とM指導員に言われ「うん!だから、さらっとやって終わりにしよう!」と予防線を張る(笑)。そして再度の駈歩で、水たまりに近づいた瞬間、コンちゃん勝手に歩度を詰め、後肢に力を込める!

 

「水濠を越える時はーーーーっ!!」(by コンちゃん)

「やめんかーーーーいっ!!」(by guusan)

 

 

ビタ止まりしたコンちゃんに、M指導員「あれ?」という顔。こっちは内心「良かった・・・止まった・・・(号泣)」

 

なのにM指導員「水たまり越えるとこまでやってみましょう」なんぞと言い出す叫び

 

M指導員が結構言い出したらきかないコトを知っているワタシは・・・ドクロ

 

どうする?どうする、ワタシ?完全にこのレッスンを「水濠を跳ぶレッスン」にしようとしているコンコルド先生に水たまりを跳ばせないには・・・跳ばせないには・・・あせる 答えの出ないまま、又駈歩が始まり、水たまりが近づく・・・・・・

 

「えーいっ!もっと速くーーーっ!」(by guusan)

 

水たまり手前で追い鞭を入れる!

 

ギュイーーーンと駈歩を速くしたコンちゃんは、水たまりを駈歩で走り抜け、態勢崩したワタシに「あれ?」と止まる。だ・・・だまくらかせた・・・ほっ

 

 

こうして恐怖の「水濠を跳ぶレッスン」(駈歩レッスンです)は終了したのであった。オソロしいオトコだ・・・汗 水たまりのある時には二度とコンちゃんには乗るまいがーん