POS GURUGAHIN

gurugahinとは、インドネシアのティモール島周辺で
ロウニンアジをはじめとするヒラアジの呼び名です
GT イソマグロの釣行記を中心に綴っていきます。


テーマ:
Yさんが応援に来て下さり、仕事の前にと出撃。
先週は南でボウズ食らったので北へ。
北ならば水温高いし、小物と言う逃げ場もあるし…

さて、この選択が吉とでるか?
日の出

まずGTプラグ投げるが全然ダメ。

シャローに流されたのを機に小物釣りへチェンジ


まずはカンモンハタ



フエダイが連チャン
一時は全然釣れなかったのに。

その後に北上して、ドロップオフのあるシャローで。
前にUCB-70proHでロウニン釣ったので、そこで狙ってみることに。

UCB-710EXT-Hでネメシスを投げるとバイト。
白い砂の底がはっきりみえる浅場なので、黒い魚体もはっきり見えた。

なんと、Yさんにも来てダブルヒット。

ラインを絡まないように慎重に、そして強引にファイト。

私の方はまあまあの大きさ

Yさんはちょっと小さく…w

その後に私が70proHとTBO180でYさんのと同サイズを追加。

その後にジギングするも、反応なし。
そこで小物釣り。




色んな魚が釣れる。
その後に私にGTのバイトあるものらず。

またまたジギングはボウズだし、マグロのナブラもたたず…
でも楽しかったからええかあと満足して帰ったのですが、その晩にFBみてたらどえらい写真が。

同業者のしじみ隊長。
私が先日ボウズ食らった南の山羊島にて、なんと63kgのイソマグロを!
私もこういうの釣りた〜い!
次こそは!

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村 
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「釣行記2017」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ロウニンアジに悲しく振られましたが、
メアジに優しく慰めてもらおうと

それにYさんがまた来はるんで、食べさすための魚肉を確保せねばと。

が…

アタリが全然ない。

桟橋の先の浮桟橋で反応なかったので、水上屋形へ。

ここでボトムとるカウント計測の為に真下に沈め、それからかつてのヒットパターンを試すとキタ!

これは今日は頂き!と思いきゃ、その後が続かない。

それでも木枠筏の上をうろつきまわり、投げまくり、あらゆるレンジやスピードを試してなんとかポツポツと。

そういえば一つ発見。

こういう渋い時は柔らかいアジソフトだ!と手に取ったのですが、
それが使いさしのボロボロ。

それじゃと頭を噛み千切り短くして使用。
すると立て続けに3匹ヒット。
が、柔らかいアジソフトはこれで引きちぎられ海へ…

そこで同じカラーの新品を出してきてジグヘッドへセット。
今度は噛み千切らずにノーマルのままで。

が、アタリが途絶える…

もしかしたら短くせなあかん?

と、先ほどの様に噛み千切って付けて投げると一発。

うーむ、結構ワームにセレクティブなんですなあ。

まあ、そんなこんなで

 

13匹のメアジ

Yさんに美味しく食べて頂きました。

 

 

 

で、Yさんが持ってきて下さった補給物資

海に落っことしたグリップに残り少ないワーム、Mキャロ

そしてアマゾンで安かったSMP10号500m

 

日曜はYさんと北側で頑張ってみます。

 

 

金曜に某所で漁場調査してたらこんな反応が…
メーター超えの魚がやたらいたのでキハダか?
これを狙ってみたいけど、日本から来ていきなりボウズはきついだろうから黄金島へ行きます。
さて、釣れるか?
 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前みたくレンバタとソロール両方攻めるも見事にボウズ。

水温低いんでしょうが、風が強くおまけにポイントにダイブサファリの連中が潜っているという

次こそは!

 

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々のツーリング

インドネシアと東ティモールの国境ゲートを行ってきましたが、4つあるうちの3つまで行ったので残り一つを行ってみることに。

いつものとこで休憩

休憩して少し走ってついに10000km
結構時間掛かったな…

そしていつものケファで給油

前回ポッキリ折れたブラケット
今んとこ異常ナシ

まずは海まででる。
灰色の方のルート使います。


ウィニの国境ゲート
前回は工事中でしたが、完成したみたいですな。

お昼ご飯
前回食べたお母ちゃん食堂は閉まってた…
ゲートそばの職員が出入りする飯屋で…

ここから引き返すけど、違うルート使ってケファへ戻る。
で、途中で山の中の国境ゲートに寄り道って寸法

こうやって滑落しつつある道があちこち…

そして到着


ここは他の3箇所と違い、大掛かりな改装工事はやってない模様。

また3箇所の違ったのは、行き来する人が結構いたこと。

それが面白すぎるw

一人目はお爺さんでインドネシア側から。
パスポートとKTP(IDカード)をゲートの軍人に示して名簿にサインして終わり。そして徒歩でスタスタと。
インドネシア人はパスポートとKTPさえあれば誰でもokとか。

二人目はバイクでインドネシア側から。
迷彩服着た軍人さんらしき若者。
が、インドネシア陸軍の迷彩服は緑ベースやけど、その人は灰色ベース。
聞いたら東ティモールの軍人と。
バイクは定番のKLX150
ゲートのインドネシア陸軍の軍人さんと冗談交わして仲良さそうだった。

最後は東ティモール側から。
10代前半の若者が五名ゾロゾロと。
そこに軍人さんが声をかける。
軍人「どこ行くんや?」
若者「そこまで買い物」
軍「パスポートは?」
若「持ってない」
軍「KTPは?」
若「持ってない」
おいおい…


軍「しゃあないなあ…携帯持ってるか?あるならここに置いてけ帰りに返すから。そう全員や」

若者達はポケットからGSM携帯出して預け、そのまま歩いてミニバス乗り場へ行った。
そんなんでええの?なんか緩いなあ…
国境と聞いて予想してた緊張感がまるでないのは改装前の国境ゲートもそうだけど、それ以上でありやす。

ちなみに軍人さんと若者のやり取り。
横で聞いてた私は全部理解出来た。つまりインドネシアで話してたって事。
東ティモールはかつては公用語としてインドネシア語を教えてたが、独立後はそれはポルトガル語にテトゥン語へと変わったと聞いたが、まだまだインドネシア語が使われてるのか?

そのゆるゆるのやり取りから、人の行き来がかなり有るのも推測できるが、その為かインドネシアの影響もまだかなり大きい模様。

まあ、こういう飛地じゃインドネシアとの結びつき捨てれませんわな。

では本土側も同じなんすかね?

早く行って確認したいもんです。


山の向こうは東ティモール

後は帰るだけ。

帰り道になると、やっとこさ慣れてくるのか、面白いように開けれるようになる。
2速と3速行ったり来たりですが、レッド近くまでぶん回しました。

が、それも山を降りるまで…そこからは交通量増える上に日も暮れて、実に神経すり減るドライブ。

なんせ、整備不良でヘッドランプやテールランプ付いてない車やバイクがわんさか走ってますからね…

結構距離伸びてました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、久々のクパン行きから戻ったおてつさん。

愛しの漁場へ急ぐ前にこんな光景が

IMG_20170501_130022194.jpg

小さいとはいえ、キハダマグロのナブラ。

目にするのは久々。

 

当然、釣りたい食いたいがロッドは無い…

 

しかし、この日は土曜日

当然、明日の日曜に出撃する準備は整えている。

IMG_20170501_130024114.jpg

明日は干潮と満潮が6時と12時ごろ

そして月は小さい

おまけに先週、しじみ隊長がカンパチを釣った南西海域

 

まあ、なにか釣れるやろと…

そんな甘い気持ちで出撃。

 

まずは灯台島

予想通り潮はゴンゴン

 

しかし、島の周りにやたらいる漁船

漕ぎ釣りでロウニンアジを狙っている模様。

 

これはだめである。

 

が、漁船の姿にかすかな希望が

 

彼らの本命はキハダマグロ

かれらがこんだけいるという事は、この辺でも飛ぶのではないかと…

 

ただ灯台島のキャスティングはやっぱりだめ

 

そこで箱島に移動。

遠くからポッピングでドッコンドッコン

島に近づいてからは金剛でねっち刻苦攻める

 

そんな金剛にバイト!

フッキングを入れて出るラインを無理やり止めて、

そこから一気に浮かせようとすると手応えが…

 

無念のフックオフ

フッキングがイマイチだったか…

 

その後は反応ナシ

ジギングも同様。

 

潮がまだまだ動き続けているので山羊島に戻る。

 

北正面に入って泡盛をキャスト

一投目から来た。

 

今度は逃がさんぞとしっかりフッキングを入れて一気に寄せる

この時期ならではの痩せてはいるが動きがキレキレのロウニンたん

楽しかった。

 

その後、山羊島へ

ここでマグロが飛ぶのを期待しつつカンパチを狙ってひたすらしゃくる

イソマグロでもいい。

潮はええ感じで動き続けるが、私が小さいハタを釣っただけ。

後はカマスらしきリーダーブレイクでジグを二個紛失

 

なんでこんなにジギングアカンのでしょうか…

 

そこで鮫島へ

こちらはすでに潮ゴンゴン

 

まずは最近はパットしない小礁

が、SPOP160HPにいきなりバイト

しかしバラス。

めげずに再投入すると今度はしっかり乗せた。


大きくはないけど、何度も反転して楽しませてくれました。

 

そして再び投げて大礁で


このサイズは瞬殺

でも、全身を現わしてプラグに飛びつくイカス魚でした。

 

そして孤礁を⊿10で攻めているとバイト。

が、今度はというか、また走りを止めてリフトに入ったところでフックオフ…

 

朝とこれとばらした時に使っていたのはMONSTER CC 77GTS

カーボンコンポジットの柔らか目のロッドで、ダイペンを水面から飛び出さないように操作するのに向いたロッド。

が、その柔らかさからフッキングが上手く効いてないのではと予想。

最近は某社のカチカチ変態ロッドに慣れきってしまっている気が…

 

この後は何も出ずに帰路のマグロに期待しますが…

 

そちらも出ず


さっさとお片付けして温泉に入り…


激辛イワシ缶でびいる飲んで寝ました。

今後、自分で釣ったマグロを食べる日が来るのであろうか?

ちょっとメアジ食うのに飽きてるおてつさんでした。

 

ちなみにロウニンアジはいつの間にか今年は25匹

これは初の年間40匹を狙えるか?

 

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久々のクパンです。


着いたら朝ごはん


お隣の犬のご機嫌伺い

で、その後に次女と散髪へ。

その帰りにクパンカワサキの前を通りかかると…

入荷してる〜

VERSYS-X


ベースがNinja250とは思えない位に大柄の車体


ツアラーってバージョンでサイドケース付いてます。が、小さい…


このフォグランプはウラヤマ…

これ、インドネシアでも結構売れるのでは?

ちなみにお値段ですが…


なんか怪しげなカスタムバイクが…




プロアームに200のタイヤ


グニョグニョした取り回し
Bajajのパルサー200NSですわ。


それぞれ、旧型のNinja
250Rと150RR


晩飯は人と会う約束有ったので、近所のモールへガキンチョ連れて



こっちでもイグニス売るんですな。

お約束

さて、今日の河岸は…

クパンで二番目に出来た寿司を食べれるお店!
その名もペコペコ寿司だ!


店の中はこんな感じ




メニューはフュージョン寿司がメイン


握り寿司もあるけど、サーモンとうなぎと卵とアボガド…


なんかぎこちないw


ソーセージが無いと知りご機嫌斜めの誰かさん


そんなヤツが頼んだのはチキンカツカレー


結構イケました。
カレーはレトルトっぽいけど、チキンカツの衣がサクサクしてて。


私と長女はお寿司。
これもまあまあ


M氏は鍋焼きうどんに…


餃子

鍋焼きうどんはつゆがやけに甘たるっかった。
餃子は硬すぎ…

で、大人三人と子供二人で4500円位
まあ、結構しますわな。
ジャカルタやバリで食べるのと比べると落ちますが、家から歩いて行けるとこで日本食が食えるなんて、感無量です。
ただ、生き残れるかなあ?


ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今週は潮が悪いのでヤンピ

といきたかったのですが、その次の次の日にはクパンに帰らなあかんのですよ。

それも久々に

仕事が忙しかったとはいえ釣りに行きまくってたのはばれてるんで、ここはお土産を持って帰らんと心苦しい…

 

つうことで魚肉確保に黄金島へ

 

バガン船の横を抜けていく

 

で、マス島に到着しましたが、潮が流れておらずに風だけ強いという最悪な条件。

おまけに魚探がトラブル…

 

これはダメだと小物釣りへ

 

が、ちょっと前からは小物釣りだめなんすよねえ。

網が散々入っているので

 

しかし、最近は網入ってないんで、もしかしたら復活してるかと…

そんな短期間では無理か?

 

いいえ、復活してました。

 

まずはハタピョン


アズキマス


アオノメハタ


アザハタ


釣るのはむっちゃ久々

オオアオノメアラ

 

お馴染みのカンモンは写真撮るのがウザいくらいに


 

クマドリ先輩もトップにでましたw

 

 

そしてかみさんが大好きなフエフキ、フエダイ系も






結構釣れました

 

ところで、この手の釣りはずっとショアジグロッドにPE1.5号以上とヘビータックルでミノーを投げてました。、が、UC-73tを持ってきたことからPE0.8号にトッププラグ投げだして、それも結構釣れたと。

今回はその73tというライトタックルで新しいルアー投げてみました


梓スプーン

 

私、トラウトやんないのでスプーンってルアーは殆ど無縁でした。

が、このリーフの小物釣りでフォールアクション取り入れたい!でも根掛かりが怖い。

ひらひらゆっくり落ちるスプーンがいいのでは?

と思ってしらべると、そういうスプーンが有ると…

 

 


そこでこないだの帰国で購入したんですが、

リーフの小物釣りがすっかりだめだったので存在を忘れてました

で、今回思い出して使ってみると効果絶大

 

 

ミノーよりも小さくフォール混ぜてゆっくり攻めれるからか、アタリがかなりありました。



ほとんどはカンモンか

 

クマドリ先輩でしょうが…


ヒメジ系の今まで釣ったことないのも。


そしてナポレオンことメガネモチノウオの幼魚も

 

いやあ面白かったです

ワームを使えばもっとアタリは増えるでしょうが、

クマドリ先輩の前ではあっという間に消滅しますし、ワームで先輩のお腹を膨らますのもあれで…

 

ミノーに比べるとこのスプーンは安いですし、飛距離も稼ぎやすい。

まあ、ショアジグロッドや70ProHとかでは操作しにくいですが、73tではちょうどええ感じでした。

怖いのは根に潜られることですが、トラウトロッドとはいえ73tは硬さがあるので、顔をこっちに向けやすくて勝負決めやすいのであんまりやられなかったですね。

この日も潜られたのは一回だけでした。

 

で、小物釣りばかりやってたらだめだと。


魚探なくても攻めやすいドロップオフを攻めたんですが…


アタリなくて、私がアボガド食ってる間にヒットさせたアリ船長


オオクチイシチビキ

 

で、GTはちょくちょく投げるが反応ナシ

広いシャローをハチロクロッドにペンシルで遠投したんですが…

 

そこで小物釣りしながらじっと潮が動くのを待つ。

船が風でなく潮で動き出したのは帰る時間の頃

 

ラストチャンスといつもの中央回廊南出口でポッピング。

 

グランツに、これぞGT!という横っ飛びの全身表した派手なバイトをするお魚

追い食いを誘うトゥィッチングにもフォローに投げたネメシスには反応ナシ。

 

ただ、サメのチェイスが…

 

そこでグランツをシャローの中に投げ込んでポッピングを続けるとバイト。

今度は姿を見れず、魚は一気に走る。

ここでは無理に止める事はせずに、ゆっくり魚を追いかけることに。

 

糸を出せなくなったら、水面で暴れる魚。

これで「鮫?」と嫌な予感。

 

その後何度かロッドを絞り込むも、揚がってきたのは…


ロウニンちゃんでした。

 

これで任務終了と帰路につきました。

 

帰ってからはタックルの塩抜きして


温泉と鯖の味噌煮缶でびいる

 

 

一寝入りしたあとはダーウィンと直虎

そして、さらなる魚肉確保に向けてアジング

我ながらようやるわ…


この日は何とか10匹

 

まあ、月曜日が休みなんで強行したんですが…


さて、後片付けをさっさとして出発の準備をせねば

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

またまたアジングです。

食いたいってわけよりも、あの微妙なアタリを取る釣りがしたいと…

完全に中毒になってますなw

 

で、月が出ないから楽勝!と思いきゃ大苦戦。

が、こうなってからがアジングの本当のお楽しみ。

 

あれこれ試してやっとパターンを見つけました。

渋い時に軽いJHでスローな釣りでなく、

鏃系のJHで遠投してダートさせるパターン。

 

このダートさせる釣りでは昼間にメアジを釣ってた時は必勝パターンでしたが、

まさか夜の釣りでは通用するとは…

 

使ったジグヘッドはこれの1.6g

 

 

ワームはお気に入りのこれ

 

残りストックがかなり少なくてやばいですが、

このワームが一番目立つし、硬いためかダートさせやすいような?

 

そのおかげで数は少ないものの、型は良かったです。

 


今まで釣ったメアジで一番大きいの

 

とはいってもやっと20cmというサイズですがねw

しかしエステルラインでドラグ緩めなのでかなり走られました。

メアジは30cmになるといいますが、尺になるとどんだけ引くんだろう?

尺はマテアジやマブタシマアジで釣りましたが、それより引くのですかね?

一度釣ってみたいもんです。

この日もかなり走られてフックオフがありましたが、あれはもっと大きかったのだろうか?

と夢はどんどん(妄想

 

 


この日は10匹に届かず…
激しめアクションだからか、ギンガメッキのヒットがやたら多く。
殆ど逃がしましたが、メアジ以上に釣ってたと思います。

それでは明日はロウニンアジングにまた行って参ります!
 

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

世間は復活祭で忙しかったのですが、私は仕事で忙しく…

それでも釣りはしっかり行っております。

 

で、今度の日曜はと…

 

潮は中潮…

パスかなあと思ったんですが…

タイドチャートを見ると


 

朝とお昼に干潮と満潮が来る理想的な潮回り

私が南西海域と呼んでいる、ソロールとフローレス間の水道の南出口にある小島群

干潮では北から吐き出される潮が強くて、灯台島、箱島と呼んでる島が活性化。

そして満潮近くなると西からの潮が当たる山羊島(といっても長い事不調やけど)や鮫島がよくて、帰る前の最後の一勝負と。

 

南東海域と呼ぶレンバタとソロール間の水道にあるスワンギも同じで、朝は水道から吐き出される北からの潮、お昼は東からの潮がぶちあたる・・・

 

さて、これは南東と南西どこに行くか?と迷ったのですが、

両方行ったろかなと…

 

南西海域は朝の灯台島でのキャスティングは当たり外れが大きく、

箱島のジギングは目下絶賛不調中

つうことで御昼前の鮫島だけが頼りという状況が続いてます。

 

南東海域は逆に朝一のスワンギ島はいいけど、そこを攻めた後に向かうレンバタの捕鯨村周辺がこれまた絶賛不調中で、そのあとにもう一度昼前にスワンギを攻めますが、なんせ朝一で攻めたポイントですからねえ。

 

この二つを組み合わせれば理想のゲームが組み立てれるのでは?

とおてつさんは無い知恵絞って考えたのです。

 

まず朝は東に向かいスワンギを攻める。

そこでレンバタの西端をしばらくやってお茶を濁してから一気に西へ大移動。

御昼前に鮫島へ到着して叩いたら数を稼げるのではと…

 

これなら勝てる

 

つうことで夢は広がり…

いつもは2セットのGTタックルを3セット


ごつすぎて倉庫で眠ってた巨大ポッパーを持ち出す。

一番上と下が普段使っているSPOP160HPとグランツ

上から二段目より下へ

SPOP250MONSTER

SPOP200

KROG21

夏至西風220

馬鹿でしょw

 

 

そしてスワンギへ

ぱっと見は潮が動いてるように見えたんですが…

 

実は緩々の潮。

船が殆ど動かずに同じところを攻める羽目に…

あっつうまに美味しいポイントを通過ってくらいじゃないと。

 

これで今日の予定は狂ったか?

と思いつつもジギングで様子見


スローピッチで私にホシカイワリ

 

ヌルディン船長に良さそうな魚が来ましたが残念ながらフックオフ。

そこでトロトロの潮に流されながら朝ごはんの蕎麦を食らう。

 

で、南に大分流された船をスワンギへ戻すと…

 

潮が強くなっている

 

これは絶対に来るぞと沈み根をUCB710EXT-Hと夏至西風220で攻めるとドカン。

 


小さかったのでドラグ出さずに一気にランディング

 

最近はポッピングも今までメインだった横のロングジャークに対して縦のロングジャークを多用してます。

硬いFCLLABOのロッドと抵抗の大きい泡盛がこれに嵌っているようで…

 

この夏至西風も重くておなじ貝田ルアーだからか、実にええ感じでした。

 

よし、後に続けとあらゆるポッパーやプラグを投げ続けますが70Hとポップクイーンでダツを釣ったのみ。

ジギングではスローピッチタックルで根掛かりするし…

 

スワンギを見切りつけてレンバタの南西端周辺をキャスティングとジギングで探りますが反応ナシ

 

そこで南西海域へ大移動

 


ソロール島の南を航行

岸からこんだけ離れてますが…






潮目には小さなプラスチックごみが無数に漂う…

 

で、南西海域に着いたのですが、ドックしたばかりなのか一時間もかからず。

そこで要塞ポイントを探りますが、やはり反応ナシ

 

で、本命の鮫島に

 


潮は実にいい感じで流れてます

おまけに水面で捕食するベイトも

 

これは絶対にもらった!

と思ったんですが…

中々反応が出ずにひたすら投げる

 

そうしているうちに潮はどんどん強くなり、魚が出そうな雰囲気も強く…

そして小礁で念願のバイト!

が、重みは感じましたがフッキング入れる前に軽く…

ルアーはワンフックのKROG21

これだから、同じSPOP200もそうですがフッキング率の悪さで使わなくなってしまうんですよなあ。

 

それでもめげずに投げていると大礁でヒット。

それもラインを引きずり出す

そこは沈み根が多いとこなんであわててスプール鷲掴みで止めて、船で引っ張り出す。

それでロッドを何度も絞り込み、また異様に重い。

 

これは結構なサイズ?と思ったんですが…

お腹にプッスリのスレでした

 

そこで潮も緩んできたので撤収。

他のポイントも叩いて帰ることにする。

 

まずは雲島横の大きな沈み根。

ここも西からの潮がゆっくり当たっている。

 

まずはサバニをぶち込んでスキッピング誘うも何もなし

 

次にネメシス220を投げ込み、大きくジャーク。

それですぐに来た!

 

こやつもラインを出したので強引に止めて船で顔をこっちに向ける。

そこから一気に寄せるが、距離があるので結構しんどい

が、無事に何とか寄せれて

 


最近は小型が多かったのでメーター超えは嬉しい

 

その後に灯台島を叩くが何もなく帰路に



途中でお仕事


後片付けして温泉入ってからのびいるは至福

摘まみは激辛ツナ缶

 

なんとか3匹釣れたのが嬉しいですが、いつもと違う行動パターンを試して読み通りに結果を出せたのが物凄く嬉しいです。

釣は結果だけでなく、過程を如何に築いて楽しむのが大事な趣味だと、強く実感した日でした。

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

メッキ用に購入したFCLLABOのUC-73Tと70Hproのインプレ。
今シーズンは本当にメッキが少なくて思うように釣れてないのですが(だからアジングに…
ちょっと使い慣れてきたのでまたまたインプレをば・・

では下の73Tから。


 
 
73TのTはTroutのTらしいですが、
硬いテイップといい太いバットといい、
多くの人が思っているトラウトロッドと全然違いますw
 
FCLLABOに共通するカチカチ路線は津崎理論留に寄るもんですが、
それはこちらを読んでもらうとして
その73Tですが…
 

 

メッキ用に買った私としては大満足してます。

 

初めての獲物がミニサイズのバラクーダ

 

ただ、メッキ釣りに満足と行っても、

あくまで私のメッキ釣りです。

 

私が釣るメッキのほとんどが、日本国内で釣れるのと大して変わんない20cm前後のメッキです。

 

が、ロウニンメッキの混じる割合は日本より多いかな

そういうのを狙うのに多用する5cm前後のマイクロプラグ

73Tでは「硬すぎじゃね?」と思うのですが、

そんな事はないですね。

もともとは渓流のミノーイングのためのトラウトロッドですからw


ただ釣って楽しいかとなると…
 
そこは曲がるパワーセブンに負けますねw
 

 

 

私のはSICの初期型ですが


 

 

ただうちじゃ…


 

 

ときおり

 


こんなのが混じり・・

つうか狙って釣ってるんですけどね

 

メッキですが30cmを超えると引きが別モンになります。

そしてそれが40cm超えるとさらに…

パワーセブンでヨンマルメッキを何度か釣りましたが、かなり苦戦しました。

となるとトラスティック610L位のパワーが必要

 

IMG_20160708_205235612.jpgIMG_20160707_143827914.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

で、UC-73Tですがそのあたりは合格かと

 

まだそんなにデカいのは釣ってませんが、

 

この辺りのメッキなら頭をこっちに向けて浮かせる能力はトラスティックより上に感じます。

同じラインで同じドラグ値でも、やはり「硬さ」が有った方が魚は制御しやすいかなと。

 

柔らかいロッドでも伸びが有るナイロンだと、上手く誘導さえ出来れば暴れさずに寄せてくることが出来るかなとは思います。

 

そのスタイルではナイロン4LBとサーフスター66SLでゴーマルメッキまでは釣ってましたから。

 

が、伸びが無いPEで抵抗を感じると一気に反発するヒラアジでは、

走ろうとする相手を制御するには硬さが必要に思います。

 

後この硬さなんですが、

デカメッキを狙って釣るにも有効ですね。

 

「デカい魚にはデカいルアー」って言葉がありますが、

私はあまり信用してません。

GTキャスティングでも体の半分以上ある250gポッパーに食いつく小型ロウニンアジや、

小さいジグに反応がいいイソマグロを釣ってきてますので。

 

ただ、メッキ釣りは別です。

大きいメッキを狙うには大きいミノーが有効であるのを何度も経験してます。

20cmクラスが群れてる中で5cmのプラグ投げてて入れ食い。

そこで9cmのミノーを投げると、今まで散々投げてた5cmのには反応しなかったデカメッキがドカン!

って事がよくあります。

 

この時に使う大き目のミノー。

普通のミノーでもいいのですが、ジャークベイト系だとさらに効果的


 

 


 
この重くて抵抗のデカいルアーをジャークするにはパワーセブンでは勿論、
トラスティック610Lでは少し役不足でした。
 
で、73T
最初はこれもきついんじゃないかと疑ってました。
ロッドスペック見るとパワーセブンと同じMAX10gですからね
いかにカチンコのFCLLABOとはいえ。
ですんで、この上のUC-79を買おうかと迷っておりました。
 
が、メールで相談すると、
「9cmクラスのジャークベイトも全然大丈夫ですよ」
 
そこで購入したんですが…
本当でした
 
よく言われる事ですが、
FCLLABOのロッドに表示されてるキャスト可能重量
信用できません
 
まあ、ルアーと言っても抵抗や投げ方で変わってきますからね。
73Tに関しては14gのミノーは全然OK
20g位まで投げております。
 
そしてジャーキングでもビーフリーズの大きい抵抗に負ける事なくジャーク出来る。
これがミノーのトゥィッチングでもキビキビした動きをだせると。
 
ただ、マイクロミノーだと動きすぎるのかフック絡みが出やすい傾向はあります。
そこは加減しないとだめですかね?
 
ちなみにここに73Tと79の違いがあります。

 

 

 

 

それを読むと、普通のサイズのメッキを5cmクラスのプラグで遊びながら、時折廻ってくるヨンマルメッキを狙う。

そういう私の釣りには73Tがベストマッチだったように思えます。


 
その73Tのキャスティングですが、一番最初に買ったFCLLABOのロッドであるUCB81EXT-Hほど戸惑うことはありませんでした
81EXT-Hはまともに投げれるようになるまで、結構時間がかかりました。
GTロッドのキャスティングに関してはエラそうな事を書くくらい経験はあったのですが…
 
ただ73Tもその硬さでちょっとビビったのは事実ですw
ただ、上手く投げると飛距離は出るし正確性も上がるはで強い武器にはなってますな。
曲げにくいロッドを如何に曲げるか?意識して、
リリースポイントをその強い反発力にしっかり合わせるのがコツですかね?
イメージ的にはティップの先っちょで吹っ飛ばす感じで投げております。
 
Kガイドとはいえ苦手なシングルフットのガイド。
ただ、ビビってたほどはガイド絡みは起きてません。
でも重量ルアーをフルキャストした時に絡むと怖いです。
投げてて気持ちいいのはトッププラグですかね。
付けてやった初速が落ちないからか、びっくりするくらい飛びます。
 

 

そんなトッププラグキャストを楽しむために…


 

リーフの小物釣りに持ち出して楽しんでもおります。

 

私のリーフライトゲームって潜られてのブレイクを防ぐためにかなりごついタックルを使ってますが、

トップを中心でやるならこのロッドでも充分イケるのがわかりました。

短くても曲がんないロッドだと、顔をこっちに向けて反転させないファイトが可能ってことかな?

でも、硬いロッドだけど曲がんないわけではないんですよね。

魚が掛かると曲がる。

ただ、反撃というか反発の余力を残しながら曲がっているといった感じですね。

 

メッキにしろリーフの小物にしろ、掛けた最初はリールのゴリ巻きで対応します。

下手にポンピングなんぞ入れたら反撃の隙をこっちからプレゼントするようなもんですから。

魚の動きを上手く封じたのちに、巻くだけでは浮かせれない時に初めてロッドでリフトする。

その時にロッドの余裕を残していた曲りが反発力を生み出す…

ってな風に思ってます。

 

硬いロッドというとバレが気になる人もおられると思いますが、

パワーセブンやトラスティックからフックオフが増えたという印象はないです。

 

IMG_20170409_211321061.jpg

水面で跳ねまくる魚も獲れましたし

 

硬いロッドだと反発力が強く、何かの拍子でテンションを失いやすくフックオフしやすいというイメージがあります。

UC-73Tや二本のEXT-Hもそうですが、よっぽどのへまをしないかぎりテンションロストってのは無いです。

魚を掛けている以上は曲がっている。

確かにその曲りはパワーセブンやトラスティックに比べると浅いです。

が、その浅い曲りでしっかり仕事をしているんだなと感じます。

反発力で魚をこっちに向けよう、浮かせようと。

そこに使い手がリーリングだけでなく、リフトをしだすとさらに勤勉に働きだすのではと。

 

硬くて曲がり難いからバラス

柔らかくて曲がるからパワーが無い

 

そういう単純なもんではないんだなと。

 

その73T組み合わせるリールとライン

 

今まではパワーセブンとトラスティック610L

ずっと使ってきたエアリティ2506と03ルビアス2500、そしてトラスティックと同時購入した13セルテート2510PE-Hをメッキ釣りに使ってきました。

さすがにルビアスとエアリティは限界なんで昨年購入した16ヴァンキッシュC3000XGと15ストラディック3000XGM、そこのセルテート加えた三台を付けて使っております。

 

 


 
バランス的にはセルテートやストラディックあたりが合っているように思われます。
ロッド自体は軽いのですが、その硬さとバットの太さから来る印象なんでしょうが…
あと、グリップも長い感じしますしね。

 

 


ただヴァンキッシュも使わない事では無く。

 

ヴァンキッシュのシャロースプールにPE0.6号巻いているので、マイクロプラグを中心につかう小型メッキ狙いに73Tを持ち出す時はヴァンキッシュの装着率が高くなります。

写真をタックルと一緒に撮らないようなサイズのメッキではヴァンキッシュを付けてる事が多いですね。

ただ、そのせいかヴァンキッシュが最近異音が…

 

ラインですがヴァンキッシュの3000Sスプールに0.6号 ストラディックの3000Mスプールに0.8号

セルテートの2510スプールには1号を巻いてます。

マイクロプラグを使うなら0.6号が飛距離を稼ぎやすくいいのですが、デカメッキを考えると0.8号あたりが良いかなあと思ってます。

ドラグ調整はロッドの曲りで見る事もあるのですが、それでやると0.6号にはきつすぎたようにも思えて。

 

 

結論

トラウトロッドですが、色んな人に色んな使われ方をしている面白ロッド。

普通サイズのメッキを狙うには掛けてからの面白さがやや落ちるので強くオススメはしませんが、

デカいのがでるこちらや沖縄なんかで使うメッキロッドとしてこれ以上なのは無いんじゃ?とまで思っております。

投げれるプラグの幅が大きい上に、今まで述べたようにデカいのに対応しやすいので。

私も当分は陸っぱりはこのロッドがメインに…

でもアジングばっかやってるな…

これで重いキャロを投げてみるかな?

またはカチンコロッドの津留崎ワールドに入門したいというお方にもおすすめですw

その津留崎さんに73TのTはTorutでなくTrevallyのTと受け止めてます言ってやりましたw

 

で、メッキロッドとして買ったもう一本のロッドのインプレは次回に

 

追記

この記事書き終えた後に、使えんやろと思ってたアジングにUC-73Tをパワーセブンの代わりに持ち出してみました。



ストラディック3000XGMに0.3号巻いたヴァンキッシュのスプールを付けて

これでMキャロをガンガン投げてみました。

 

さてその結果は如何に?

 

硬いティップなんでちょっと操作しにくいですが、キャロならなんとかいけます。

ジグヘッド単体じゃやる気しませんが。

そしてフルキャストしやすくて素晴らしい飛距離。

アタリは結構取れます。

そしてフッキングは当然ばっちりw

掛けてからは有無を言わさず寄せてきます。

ドラグはパワーセブンと同じなんですが、硬いので反転出来ないみたいで自分から寄ってくるみたい。

それと竿の曲がらなさから「魚付いてる?」となるのが笑えますw



この日は手前の小型のをJH単で拾い、沖の大き目をキャロで釣るパターン

遠投が効くUC-73Tが活きた感じですな。

とはいってもアジングロッドとしては薦める気はないですがw

 

ブログランキングならblogram にほんブログ村 釣りブログ 海外釣行記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ GyoNetBlog ランキングバナー

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。