2011-12-06 22:53:42

ジョイント部をハイカット

テーマ:リペア


以前やった改造です。                                            JAMES TYLERのギターです。                                       手が小さいのでハイの部分を弾きやすくしてほしいと言うご依頼です。               加工はジョイント部のボディとジョイントプレートの加工とビス位置の変更です。

2

まずボディを削っていきます。
削る所をラインを入れてますがそこまで削ると仕上げのペーパーをかけると内側まで削るので少し手前までにして、後はペーパーで削っていきます。

3

ペーパーをかける時はキズが付きやすいのでマスキングペーパーなどでガードしておきましょう。削る前に手の当たるところのビス穴も先に埋めておいて一緒に削ると楽です。

4

5

プレートもグラインダーで削ってからペーパー#1000ぐれいまでかけて磨けばピカピカになります。新しいビス穴を開けて、ネック側にも穴を開ければほぼ完成。
途中の写真を撮り忘れていたのでいきなり完成しますがお許し下さい。

6

カットしたところが光っていますが、これはアロンで仕上げています。
アロンアルファで肉盛りを付けペーパーで磨いて光らせています。

7

元々ジョイント部はカットされてはいたのですが、21、22フレットを押さえるのにまったくストレスが無くなり弾きやすくなりました。


ギターワークスではさまざまな修理に対応しております

リペアーに関するお問い合わせは、お電話かメールにて御連絡ください。
〒566-0012 大阪府摂津市庄屋2-3-31 TEL: 06-6317-5129  お問い合わせメール

いいね!した人  |  リブログ(0)