ラテンアメリカの政治経済

変革の現在を厳選して伝える

ラテンアメリカの歴史学習会



テーマ:

(参考:N01537「アクシオン・エコロヒカ、解散命令を免れる」)

http://ameblo.jp/guevaristajapones/entry-12238657121.html

 

愛する友人たちへ。

 

わたしたちは世界中から受け取った数千の手紙、抱擁、メッセージにたいして、感謝の言葉を明らかにしたいと思う。わたしたちは予想もしていなかった結果を勝ち取ることが出来た:エクアドル政府は、アクシオン・エコロヒカを閉鎖するという試みを断念する決定をおこなった。

 

わたしたちは(あなたたちとわたしたちのあいだで)、わたしたちの連帯の、参加の、自然にたいする攻撃を告発する権利を守ることを知っていた。これを祝わなければならないことはおかしいことではあるのだが、それをしよう。なぜならこれらの権利を失うという危険が、近いように思われ、恐ろしいことであったのだから。

 

わたしたちの自然を守るということは、権力にあるグループを、多国籍企業を、恐らく特に中国の企業を不快にさせた。つまりこれらの企業は国土のすべてに、かれらの開発プロジェクトを拡げ、巨大インフラ建設をおこなっている。しかしわたしたちの組織は、深く共同体と、またともに働いてきた人々から、愛され尊重されていることを知っている。反感と愛情を天秤にかければ、後者がより重たい。

 

わたしたちは環境紛争に特徴づけられた国に生きている。石油の採掘地域、たとえばヤスニにおける紛争、あるいはコルディジェラ・デル・コンドルの鉱山、あるいは乾燥林におけるバイオ燃料など。保護監視されている自然の土地にたいする襲撃、それはわたしたちに参加を、連帯を、告発を引き起こすものだ。そこでは引き続きわたしたちは知的に、政治的に貢献し、街頭にわたしたちを登場させ、自然にたいする攻撃の異なった事件と形態に対処するために、共同して働く場所を建設する。

 

わたしたちの見解と使命に従って、わたしたちは知性が大地を尊重するように、大地が人間を支えるために尊重されるよう、引き続き働き続けることを約束する。

 

みなさんありがとう。ここに至ったことを。わたしたちの声を元気づけてくれて。わたしたちが愛する平和の太鼓を、正義と尊厳とともに、わたしたちと叩いてくれて。

 

アクシオン・エコロヒカ

 

わたしたちは消し難い熱とともにある。小さな光が揺れて、平原の夜を横切っていく。

2017年1月13日 キト

(N01538) [Accion Ecologica による]

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(参考:N01516「エクアドル政府、アマゾン鉱山開発のために非常事態宣言」)

http://ameblo.jp/guevaristajapones/day-20161224.html

 

環境省はアクシオン・エコロヒカを閉鎖することにはならなかった。そのようにワルテル・ガルシア環境相は認めた。かれは証拠を調査した結果、パナンツァで起きた暴力行為と、この環境主義者のグループとのあいだのつながりは認められなかったと説明した。

 

環境省の決定は、2017年1月12日木曜日午後に明らかとなった。文書では、内務省が請求した、アクシオン・エコロヒカにたいする解体の申請が拒絶されている。

 

しかしながら同じ文書のなかで、グループにたいして、「設立された目的を果たす」ように勧告している。さらに団体にたいして、「社会が激動しているとき、その条件のなかで、意見や見解を声明や出版によって広め、平和を乱す要因と解釈されないように」という忠告をおこなっている。

 

決定はガルシア環境相の記者会見ののち、アクシオン・エコロヒカに知らされた。環境団体の代表アレクサンドラ・アルメイダは、組織のほかのメンバーとともに、知らせを喜びをもって受け取った。権利に基づいて行動し、正義がなされた。つまり告発は「間違ったもの」であった。

 

組織は同じ方法で、人権のために、自然のために、人民のために活動を続けると、アルメイダは語った。国内、国際的なかれらの活動を支持する、連帯した行動への感謝を述べた。

 

しかしガルシア環境相は、双方がまだ環境当局の決定にたいして、控訴することが出来ると表明した。しかしすでにプロセスのなかで証拠が提出されているため、内務省は「より大きな論拠の提出が必要になるであろう」と述べた。

 

アルメイダは、内務相がプロセスを控訴する可能性を認めた。しかしそれは不可能であると見なした。「なぜならわれわれの主張と証拠は、より説得力がある」からである。

(N01537) [El Comercio のAdriana Noboaによる]

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

(参考:N01466「トランプ大統領、それはメキシコ人にとって白昼の悪魔」)

http://ameblo.jp/guevaristajapones/day-20161110.html

 

メキシコはドナルド・トランプによって言われている国境の壁の費用を支払うことはない、エンリケ・ペニャ・ニエト大統領は、1月11日、繰り返し述べた。

 

そして指摘した:ホワイトハウスの次期政権との相互関係について、「いかなるときもいかなる事柄も、われわれメキシコ人の尊厳に反することがらを受け入れることはない。われわれの主権、国益、われわれの同胞の保護といった、基本的な原則について交渉する余地はない」。

 

共和党員の企業家が記者会見において、どういう形であれ、メキシコは最終的に国境の柵を支払うことになると語った数時間後、共和国大統領は、これに答えた:「われわれは米国の次期政権と明らかに違いを持っている。たとえば壁のテーマについて。もちろんメキシコがこれを支払うことはない」。

 

またトランプが輸入にたいして高率の課税を課すことを示唆していることにたいして、企業家が投資を決定することにさいし、「脅迫や怯え」を使って、影響を与えようとするいかなる試みにも反対した。

 

ペニャ・ニエトが言うには、メキシコは北米自由貿易協定(TLCAN)について交渉するが、それは国益をつねに推進するもので、「国力の保障、実際的な意味をともなったものである」。

 

世界はガソリン価格を決定する古い方式を打ち破る挑戦に、メキシコがどのように行動するかを注目している。これが「難しく不人気であるが、しかし後回しに出来ない」決定であることを、理解してきた。

 

そして2つ目の挑戦が、-付け加えると-米国との新しい関係である。「それはガソリン価格の引き上げよりも、重大で複雑である」。世界はメキシコが、「すべてのメキシコ人が具体的な利益を得るために、大胆に実利的に、対話と理解を優先する」国かを見るであろう、ペニャは強調した。

 

公開の完璧な交渉が追求される、という。そこでは相互関係のすべてのテーマがテーブルにかけられる:安全保障、移民、貿易。そして目標が定められる:米国はメキシコへの違法な武器の流出、そして犯罪組織からの違法な金を受け取ることを止めるために、適切な行動を取るという約束を引き受けなければならない。

 

さらにいかなる書類を持たない移民の送還に関しても、それは引き続き秩序だって、協力してのものでなければならず、メキシコ人移民にたいして人道上の扱いが保障され、人権が尊重されたものでなければならない。さらにメキシコを通過して米国を目指す書類を持たない外国人流入の増加にたいして、責任を分かち持って対処しなければならない。現在移民の圧力と脅威が作られており、たとえば現在メキシコには、4,500人のハイチ人が滞在している。

 

また米国からの自由な送金の流れが保障されなければならない。昨年11月までに、これは240億ドルにのぼっている。

 

ペニャ・ニエトは拍手で中断された。北米自由貿易協定の交渉の目的について位置づけた:それはメキシコ、米国、カナダ間の投資を安定化するための協定で、生産と輸出のプロセスにこの国を選ぶ企業に広げられる。

 

「メキシコにたいする国内、外国からの投資を守っていこう。メキシコが引き続き投資をおこなうのに信頼できる、魅力的な地であることを保障していこう」。

 

さらに雇用を守る、新たなより良い賃金を生み出す協定に到達することを提案した。新しいセクター、たとえば通信、エネルギー、電子分野の貿易などで、「自由貿易と生産の統合の方式を続けていくために働こう」。ペニャ・ニエトは提案した。

 

ガソリン値上げのテーマに関しては、国際レベルでは、「採用した手段について理解を得られている」。このテーマについて、存在している不同意について、ふたたび言及した:「一貫してわれわれは、われわれだけが意見の複数性、多様性を尊重している。違いを乗り越える能力を持たなければならない」。

 

世界のその他の地域との関係についてペニャ・ニエトは、2017年にはブラジル、アルゼンチンとより接近することを表明した;欧州連合との世界協定の現代化の年にすること;アジア太平洋諸国との関係の多様化、強化;中東との協力条約、貿易協定の利用;アフリカとの貿易、投資、協力のための機会の増加が表明された。

(N01536) [La Jornada のRosa Elvira Vargas とGeorgina Saldiernaによる]

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。