1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-26 02:05:21

器用

テーマ:ブログ

真面目さ

と器用さは違う。

 

不器用さを

 

今だから真面目に学ぼう

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-03-14 22:26:25

音楽としてではなく..

テーマ:ブログ

音楽が好きだけど、学校の音楽は好きじゃなかったし、歌を歌う事も嫌いだった。

楽器を弾くことにも興味がなかったし、作詞する事に興味もなかった。

 

これが本音。

 

でもいつしかそんな事をする事が大好きになっていった。

 

今は「音楽として」好きになれた部分があるけど、

昔は「音楽として」という部分ではなく「スタイル」が好きなだけだったわけである。

 

極端にいえばPUNKがインテリな雰囲気の音楽だったら多分惹かれはしなかっただろう。

カウンターカルチャーとう雰囲気、精神半端じゃなくカッコ良かった。

 

今はどうだか知らないが俺たちがライブをしている頃はPUNKというくくりで対バンが決まっていてそこにはハードコアもいたしメロディックもいたしサイコもいたように記憶している。でもその状況下にいたものの甲乙はついていてハードコアが一番不良っぽくてメロディックがなよっちいポジションだった。

多分俺よりも少し上の世代はそうでもなかったと思うが、俺たちはそんな感じだった。

末期の世代なのかも知れない。

 

実際、ミクスチャーというオーバークロスされた音楽が流行った2000年代。

そこにもいたからハードコアとメロディックもいたし、日本語パンクもいた。

だけどNYパンクとは一緒にいなかったから、その頃ははっきりいって俺たちはニュージェネレーションだったんだど思う。

 

そうやってライブを重ねて行くにつれ他ジャンルとは程遠くなった記憶がある。

メロディックはメロディック。

みたいな流れ。

初期に感じていた不良っぽっさってその頃のメロディックには全くなくて高学歴な大学生の流行り音楽みたいな感じのバンドが多かった。

当時その状況が嫌いだった。かといってハードコアな状況に身を置いてもそこまで相手にされるわけではなかった。

態度はそんな感じにふるまってたんだけどw

そういうジャンルとスタンスの違いに20代の頃悩んだ記憶がある。

 

そういう感情から音楽をジャンルで聞くのを止めてリリックで聞くようにしたら自分の中でのアリか無しかが明確に分かれて行った。

 

何が言いたいかわからないけど、そんな感じ。

 

音楽としてではなくスタイルってやはり大事で。

そんなバンドを続けて行きたいと思っている。

 

自分がいるけど、現在STOP中でございます。

 

 



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-12 00:33:05

5年前の自分

テーマ:ブログ

人生は長いのか???

 

短いのだろうか???

 

俺にはよくわかんねぇーけど、

今年で28歳になる俺がただ一つ言える事は、

 

28年あっという間だった。

 

って事

 

後悔なんてしたこと無い!

なんてたまに言ってはみるものの、後悔くらい沢山していますw

 

でも、振り返ると、

前日も言ったとおり、

 

何かして後悔した。という事は限りなく0に近いが

何もしなかった事に後悔した事が多い。

 

これは悔しい。

知ってはいたのに・・・・・

 

俺は毎日家族には感謝している。

何故かというと、俺に好きな事を好きなだけやらせてくれている。

お金もらってるとかじゃないぞ!(笑)

 

高校の三者面談で、

先生に進学か就職か聞かれたときも、

はっきりと

「音楽で食うから、進学も就職もしなくて大丈夫」

なんて子供じみた言葉を当たり前のように言ったんだけど、

実際、うるさく言われず、ここまできたし、サポートしてくれた場面だって沢山ある。

 

基本俺は何も言わずに何でも始めて、のめりこんでしまうタイプだから、諦めてんのかな!?笑

でもさ、まだまだ夢の途中なんだよ!なんてガキみたいな事はもう言わないし、さすがにそんな事はいえない。

俺はまだまだ恩を返しきれてないし、親不孝もたっくさんしている。

これから先俺が、どうなるかなんて誰にも分からないけど、俺は俺なりに生きていくしかないわけで、誰かに負い目なんか感じるのも御免だ。

 

やるしかない。とは言うものの、さすがに衣食住に不自由になってまでも、それでも夢追っかけているやつなんて、

クズだと思う自分もいる。

 

でもね、やらなかった自分は最後に後悔しか残らない。

 

俺のこのクソみたいなBLOGも

しみじみ感じてくれる人もいれば、

うっせーなーって感じる奴もいるんだよ。

それは百も承知。

でもバイタリィティーがあるうち、すなわち若いうちは何でも出来る。

俺もまだまだ若いと思ってるし(笑)

どんどん、年を重ねりゃ出来なくなってくる事も沢山でてくると思う。出来ることも多くなる。

20代なんて棒に振ったって、取り返しつくんじゃないか?

 

やりたくても、出来ない人ってもの中には本当にいる。

それはやる気とかじゃなくて家庭の事情であったりとかでさ、

そんな人がいるなら、その人の分までやってやりゃいんじゃないかな・・・

それでさ、音楽だったら、身近な自分の恋愛とかじゃなくて、そういう人の歌うたってやるあいいんじゃないかな。

それが恵まれた俺たちに出来る最高の恩返しであり、宿命なのかもしれなんじゃないかな。

行きたい国があったら、行って見て、行けなかった人に沢山の話をしてあげりゃいんじゃないかな。

沢山の国に言って、恵まれない人に会ったら、俺たちの恵まれている環境をさらに恵まれていると感じる事ができて、TVもWEB無い国に世界の広さを教えてあげれりゃいんじゃないかな。

 

出来る立場にいて、何もしないのは残念でもあり卑怯だとも思う。

 

俺もまだまだ若いけど、もっと若い子達には色々な事を経験して欲しいと思うし、

色々な話を聞きたい。

日本全国の話でもいいし、色々な女の子の話でもいい。

自分が知らない世界を知っている人間はやっぱり魅力的だ。

俺もこれからまだまだ色々な経験をしていけるだろうし、そういう機会を自分で切り開いて出来なきゃ意味無いと思う。

 

いまや、日本なら行った事がない土地のほうが少ないし、色々な土地の方とも話せることが出来てる。

でもまだまだこんなもんじゃ満足いかないわけよ。

 

カッコよく生きていたい。

 

何をしてもカッコよくいたい。

 

それにはまず、他人に迷惑をかけない事。

色々なセカイを知ること。

バンドに関して言えば、いい年こいて親元にいてツアーとかばっかりしてたいして金も稼げず、

いい気になっている奴は大嫌いだ(笑)

そういう人は、恵まれてんだから、成功したら親に家買ってやれよ!笑


 

甘えれるうちは沢山甘えて、

独り立ちするときは思いっきりしようぜ。

 

こんなクソみたいな俺の戯言だけど、俺も大してできてないけどな 笑

 

夢は大きく抱き、

色々な人に話し、

実現させる。

色々な形があるけど、自分の納得いく形で。

 

人生は短い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース