ワインな日々~ブルゴーニュの魅力~

テロワールにより造り手により 変幻の妙を見せるピノ・ノワールの神秘を探る

このブログは 「ワイン遍歴の終着点はブルゴーニュである」と
密かに確信しつつあるワイン好きのひとりごとである。

高名な評論家が何を言おうが 権威ある本に何と書かれてあろうが
そんなことは知ったことではございません。
信じるのは自分の五感のみ。
これは 長年音楽を聴いてきた経験からの自負である。

売らんがための美辞麗句はどこにでも存在する。
わたしは誰にも媚を売る必要がないから 駄目なものは駄目とはっきり書ける。
ただ 自分の未熟さを反省する謙虚さだけは失いたくない。

読者を増やす努力は一切しない。
ランキングにはまるで無関心。
読者のためのバイヤーズガイドを目指さない。

音楽を語ると敵が増えるが、酒を語ると友が増える。
今日もひとりでブルゴーニュを開栓して ひとりごとを語り始めよう。

テーマ:

2017年6月4日 撮影

QUAD ESL  1976年購入 2017年6月4日 搬入

 

2017年6月25日 撮影

Harbeth Compact 7ES-3  2017年6月20日 購入 6月25日 搬入

 

2017年6月25日 撮影

アンプなどの台はスキャンチークのベンチ 2017年6月20日 搬入

アナログプレーヤー LUXMAN PD121 トーンアーム STAX UA-7  

1976年購入 2017年6月18日 搬入

 

UA-7は国産アームの名品で、当時入手難になるほど愛好家の間では有名だった。

40年以上経った今でも健在だ。

 

2017年6月29日 撮影

KENWOOD LS-SA7(後ろの台に置いてある小さいもの)1997年 購入 6月29日 搬入

ミニコンポに含まれていたもので、当時の単体での希望小売価格 19,940円? これも20年選手

 

2017年7月11日 撮影

Naim Audio  Mu-so  2017年7月4日 購入 7月11日 搬入

アンプ内蔵のいわゆるアクティブスピーカー

 

2017年7月15日 撮影

DYNAUDIO Excite X44  2017年7月9日 購入 7月15日 搬入

 

先週日曜日に購入したDYNAUDIOだが、昨日もうやって来た。

写真に写っているだけで5種類のスピーカーがあるが、

画面外に、もう1つ30年以上前に購入したボーズのコンパクトなスピーカーがある。

 

自宅にはさらに古いものがもう2つあるのだが、わたしは何でも集めるのが趣味なのだ。

いや、捨てるのが下手なのだ。

 

DYNAUDIO Excite X44だが、そもそも名前が冴えない。

人気があって品薄のウォールナットではなくローズウッドにしたため

国内に在庫があったらしく、すぐ納品された。

 

ウォールナットでもローズウッドでも、突板らしいがプリントシールみたいで木質感はなく

家具調のスピーカーとは一味違う。

デンマーク製だが、オブジェとしての美しさではイマイチだ。

 

個人的な音の好みだが、とにかく低域がだぶつくのが大嫌いだ。

ワインも同じで、キュッと締まっているのが良い。

だからこのスピーカーを選んだ。

ダリ、タンノイ、最近のJBLなど軒並みアウトである。

 

まだ1時間くらいしか鳴らしていないが、DYNAUDIOはHarbethと大くくりでは近似している。

しかし低域は試聴室での印象よりビシッと締まってはいない気がする。

例えばコントラバスが、もっとくっきりとした輪郭をもって再生されないと不満が残る。

 

 7月17日追記

 ソースによって低域はきちんと締まって出ている。これならアンプ選びにも苦労はしない。

 試聴室での直感に狂いはなかったので安堵している。

 

まあ30年以上前のアンプで鳴らしているからやむを得ない面もあり、改善の余地はある。

超高級セパレートアンプは要らないと聞いてはいるが、

当然新たにプリメインアンプは用意しなければならないだろう。

決してオーディオに凝るつもりはないのだが。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

Naim Audio  Mu-so

 

ワインはもうこれ以上購入しても、飲めない・置けないので買うのをやめたし、

CDはもうこれ以上購入しても、聴けないので買うのをやめた。

 

CDは、メディアとして寿命が来つつあり、海外のハイエンドオーディオメーカーでは、

CDプレーヤーを製造中止したところもある。

レコードは残るが、あとで出たCDは消えるというわけである。

 

引越し準備と並行して、古くなったオーディオ装置を入れ替え中である。

元々音楽を聴くために用意した部屋がワイン庫になってしまって、

長い間本格的な装置を稼働させていなかった反動が来ている。

自分がオーディオ好きではないことの証拠でもある。

 

短期間で3つのスピーカーを購入したが、その際に店員さんに使っているアンプの型番を

伝えると呆れられた。

30年以上前の製品の型番を知っているから、向こうもプロではある。

 

今週の日曜日に、38分も熟考したのち購入した初対面のDYNAUDIOが、

おそらく打ち止めのスピーカーとなるだろう。

それは明日に到着予定だ。

 

それに先立ち、先週購入したアンプ内臓のスピーカーである

Naim AudioのMu-so(ムソーと読むらしい)が3日前にやってきたので、

箱から出して置いてみた。

重量は13kgだから、難なく動かせるのが良い。

 

こんな珍しい製品を店頭に置いている店は知らないから、

実際に届くまで見たことも聴いたこともなかった。

ウェブ情報だけでの購入である。

価格.comに口コミが1つだけ載っていたが、それ以外は販売者側の情報しかない。

 

特徴的なデザインと質感は予想通りだった。

電源ケーブルもLAN端子も底面にあり、本体は浮いているように見える。

側面にUSB-Aとアナログのミニジャック入力端子があるが、

メインの入力として使うことを想定していないと思われる。


要するにWi-Fi環境下でのAir PlayやBluetoothでの使用を前提としている機器で、

Spotify Connectなどのストリーミングサービスにも対応している。

Spotify Connectなど使ったことがないので、書いていて自分でも意味がよく分からない。

 

そもそもわたしがよく聴く中世ルネサンス音楽のソースなど、

ストリーミングサービスなどで見つかるはずもないだろうから、

当面は手持ちのCD由来の音源を再生するしかない。

 

とりあえず箱から出してみたが、建築中のためWi-Fi環境はまだないので、

どうやって音を出したらいいのかちょっと考えた。

MacからBluetoothで繋いでも良かったのだが、

とりあえずiPhoneからケーブルで直接繋いでみたところ、あっさりと使うことができた。

 

ダウンロードしたマニュアルを読んでも、知らない単語ばかりでまるで外国語みたいだ。

実際にやってみないと設定方法がよく分からない。

仕事場でLANを使っていて、電子カルテの本まで書いたわたしですら難しそうだと感じるので、

これをスイスイと設定できる人はそういないだろう。

 

まあWi-Fi環境さえできたら、パソコンに入っている音楽は再生できるから

個人的にはそれで問題はない。

世界中のラジオを再生してゆっくり聴く余裕など今はない。

 

20分ほど鳴らしただけだが、音質は期待以上であった。

ただし実購入価格は15万円余、Apple Storeでは165,000円である。

デザインが気に入った人なら迷わず選ぶ、趣味の機器と言っていいだろう。

 

購入した3つのスピーカーのうちハーベスとこの製品は英国製で、

明日来る予定のDYNAUDIOはデンマーク製である。

35年前もそうだったが、今回も国産の製品は候補に上らない。

 

わが国のメーカーの工業デザイン力は、未だに欧州のメーカーの周回遅れと感じる。

オーディオの世界に関しては、日本はまだまだ後進国だと思うと、ちょっと悲しい。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新居の建築が着々と進み、引っ越しまで残すところ約3ヶ月となった。

今年の初めくらいから、時間があるごとに現在の住まいの片付けをしている。

週明けになると大量の廃棄物が自宅から出ていく、という日々である。

 

前にも書いたが、うちの実家の建築より半年早く自宅を建てた友人がいる。

彼は4年くらい前まで10年間シンガポールに単身赴任していたという国際派だが、

古くなった実家を建て替え、2ヶ月前に千葉の自宅から大阪に戻ってきた。

 

本格引越し前に2度ほど新居を見せてもらったが、切妻屋根が特徴的な

平屋みたいなセンスの良い建物である。

千葉から家具を運んで、奥さんとともに住み始めてもう2ヶ月になるが、

まだ新居へ招待してくれていない。

 

引っ越し荷物が多くて片付かないというのがその理由で、

新居の収納スペース以上の荷物を持ってきたのだそうだ。

今一所懸命ダンボールを開けて不要なものを捨てている最中らしい。

 

いかにも彼らしいが、うちの場合は引越し先の方が収納場所が広いので、

今の家のものを全部持っていっても余裕で入る。

しかし、それではいかんと思い、この際捨てるべきものは捨てるという姿勢で

夫婦で取り組んでいる。

 

家内と娘が読書家であるため、やたらと本が多い。

今の家に来るときも、引っ越し屋さんが本の多さに呆れたほどだ。

今になって、それらの本も大量に処分しつつある。

 

わたし自身は、ワインとオーディオ装置とレコードとCDが問題である。

ワインは3月末に運び終えたので、半分肩の荷が下りた。

 

残りはオーディオ装置と音楽ソフトである。

大きなスピーカーであるJBLの4343AWX(初期型アルニコマグネット)は今でも鳴るが

運ぶのが大変なので売ることにした。

もはや未練はない。

 

他のオーディオ装置のうち、アナログプレーヤー2台、プリアンプ1台、メインアンプ2台、

レーザーディスクプレーヤー、QUADのESL(コンデンサースピーカー)はすでに運んだ。

レーザーディスクはもう見ないが、壊れたCDプレーヤーの代用品だ。

 

CDがなかなか捨てられないが、4000枚くらいあっても案外場所は取らない。

リッピングして捨ててしまえるものもあるが、この作業は引っ越し後でも良さそうだ。

引越し前の貴重な時間は、スペース効率のよい仕事に当てる方が良い。

 

問題はレコードで、CDが出て以来3分の2くらいに減らしたものの、

それでも2000枚くらい残っている。

置いておいても一生聴かないというものは、この際処分するつもりだが、

まだ作業は始めていない。

捨てると2度と手に入らないのは分かっている。

思い入れのあるものだけは、どうしても捨てられない。

 

オーディオ装置だが、うちから運び出したものは若いものでも30年選手である。

大学卒業後から結婚前までの間、給料とボーナスのほとんどをつぎ込み、

高額な装置を買い集めていた。

 

婚約時に家内がわたしの通帳残高を見て、あまりの少なさに呆れたらしいが、

それは世間のイメージと異なり、若い医師の給与がひどく低かったことが最大の原因である。

それに輪をかけてわたしの場合には、女遊びに金を使うこともなく、ひたすらオーディオ機器と

レコードを買い続けていたから、結婚時点で貯金などあるはずもなかった。

 

結婚後は家内の機嫌を損ねるのが怖く、そんな高価な装置を買うことなど不可能だ。

だから現在まで律儀に結婚前に買った装置を使い続けてきたが、

そろそろ限界で、流石に今の時代には合わなくなって来ている。

 

そこでつい2週間ほど前、引越し先の旧いリフォーム後の建物に置くために、

35年ぶりのオーディオ装置であるハーベスのスピーカーを購入した。

 

その10日後、勢いに乗ってnaimaudioのmu-soというアンプ内臓のスピーカーも買った。

これは明後日に届く予定で、ネットワークスピーカーとして新築建物内で使うつもりだ。

秀逸なデザインなのが購入の決め手である。

これしか置かないオーディオルームはお洒落の極みである。

 

さて昨晩、イタリアのスピーカーメーカー、ソナス・ファベール社のVENERE Signatureの

試聴会をやっているという情報をネットで見つけた。

神戸の三宮の上新三宮1ばん館で、10日くらいの期間限定で展示しているようだ。

試聴できる店がほとんど無く、今日を逃せばまず機会はない。

 

ソナス・ファベールのVENERE Signature 店のHPから借用

過去には中国でも製造したらしいが、イタリア製だけあって、フォルムが美しい

 

どうしても自分の耳で音を確かめたかったので、開店時に店に行き、

オーディオ担当のFさんという初対面の人を捕まえて聴かせてもらった。

 

しかし、同価格帯のDYNAUDIO(ディナオーディオまたはディナウディオと読むらしい)のEXCITE X44という同サイズのトールボーイと聴き比べると、各音域のバランスでは

DYNAUDIOに軍配が上がる。

 

また、モニタースピーカーとして有名なB&Wの

804D3というトールボーイのスピーカーがあるが、これも置いてあった。

この機種は他店でも何度か店頭で試聴して、解像度が優れていて気に入っている。

サイズはコンパクトでも低域が引き締まって出て来る。

 

最近の試聴経験から、現在のJBLやタンノイやソナス・ファベールでは

解像度などいろんな点でB&Wの804D3には勝てないのではないかと思っていたが

本日もやはりその通りの結果だった。

 

先月購入したハーベスはもう少しコンパクトで、

広い部屋で大編成のオーケストラを鳴らすには適さないと思っているので、

本日は比較視聴していない。

 

持ち込んだタリス・スコラーズのCDなどを聴いたところ、圧倒的にDYNAUDIOで音楽が鳴る。

ホール全体に音楽が広がるような臨場感があり、高中域の繋がりが自然である。

オーディオマニアではないわたしにとって、ソナス・ファベールやB&Wより親しみが持てる。

 

初めて視聴したメーカーのスピーカーだったが、極めて気に入り、即決で購入した。

これで6月下旬以降、20日間で何と3台もスピーカーを購入したことになる。

合計でいくらになるのか考えたくもないが、B&Wの804D3だけを買うよりも安くついた。

 

3台とも行ったその日に60分以内に迷わず即決。

高額な買物なのに、店員さんも驚く決断力である。

 

店での短時間の試聴でスピーカーの特徴を把握するのには、感性と経験値が要ると思う。

ワインと同じく、いやワイン以上に音楽のイメージが脳内にあるので、

音の判断には迷いが出ることはない。

 

音が好みに合えばソナス・ファベールが欲しかったのだが、

残念ながらこのレベルでは自分の眼鏡にかなわず、断念した。

 

今回に限ってはスピーカーは見かけでは選ばなかった。

JBL4343の代わりになる機種が決まって嬉しい。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ラブワインさんはフットワークの軽い人で、ひょいと大阪にやって来られる。

先週土曜日に来られたので、緑家さんと3人で福島のポワンを訪問した。

 

予約困難店だから最近ブログにこそアップしていないが、今さら言うまでもなく

わたしが一番お気に入りのフレンチである。

 

最初のアミューズだけほぼ型どおりだが、あとは季節によって異なる食材を活かした

チャレンジ精神に溢れたメニューが展開される。

年のせいで最近和食中心になっているが、この店だけは定期的に訪れたくなる。

 

ワインを持ち込ませてもらえて、ここまで高いレベルの料理を味わえる

洋食の店というのは実はほとんど無い。

ラブワインさんの話では、ワインが持ち込める料理レベルの高い店は

東京にもほとんど無いそうである。

 

この日開けたワイン

開栓順は右から リースリング、シャンパーニュ、ブルゴーニュ赤

 

この3人が集まると話題はほとんどワインのことばかりだが、今回に限っては

少しだけ政治や仕事の話もした。

とはいえ、5時間のうち97%くらいは料理とワインの話ではあったのだが。

 

他の2人が持ち込まれるワイン・シャンパーニュはいつも新鮮である。

あまり詳しい分野でないので多くを語れないのだが、2人のやり取りを聞いていると面白い。

 

緑家「さて土壌は何でしょう? これが基本です」

ラブワイン「もう白桃はでているのでしょうか」

緑家「白桃はめったに出ないが、出たら万々歳です」

 

ほとんど何を言っているのか分からないが、今思い出しても笑みがこぼれるくらい

楽しい会話だった。

普通の人間にはまず意味不明だ。

 

ラブワインさんが、最近ブラン・ド・ノワールが気に入っていると言って持ち込まれた

シャンパーニュたが、新鮮さと奥行きが絶妙にバランスされている。

いかにも北の方で採れたピノ・ノワールらしいシャンパーニュである。

おそらくデゴルジュマン後の開栓時期も適切なのだろう。

 

そして今年も驚いたのは、わたしが持参したクロ・ド・ヴージョの畑名を

ラブワインさんがブラインドで当ててしまわれたことだ。

緑家さんもわたしも「何で分かるねん」と呆れるほかはなかった。

 

さすがにパリゾという造り手までは当たらなかったが、

そこまで当てたら種のある手品であろう。

 

ポワンの皆さん、いつも遅くまで酔狂な3人に付き合わせてどうもすみません。

 

翌日に開けた3本のワイン・シャンパーニュ

2016のリースリング・クリスタル2002・メイエーのピノ・ノワール2011

 

そして翌日の日曜日、家内の実家の元診療所にて昨晩の続きの研究会を続行。

ワイン庫を新造した築53年の建物だが、現在の用途は倉庫である。

 

後ろにあるのは自宅から持ち込んだ旧いオーディオ装置で、ほぼ移動は終わった。

唯一オーディオ装置で新しいのが、10日前に日本橋の上新一番館で購入した

英国ハーベスのCompact 7ES-3である。

 

ミニコンポに付いていた小さなKENWOODのスピーカーも鳴らしてみたが、

酔っている状況では、価格差数十倍のハーベスと質的には大差は無い(と思った)。

 

相当高価なオーディオ装置で音楽を鳴らしているのだが、

「くそ高いオーディオ装置を買うのはバカだぁ〜」

などと言いながら、音楽をアテにして昼間から飲む酒は旨い。

前夜の極上のフレンチレストランでのワインとはまた違う美味しさがある。


 

本物の酒のアテは、家内が毎年のUTAさんとのワイン会の際のメニューを

用意してくれていた。

2人が着く前に、家内は用意だけ済ませてさっさと帰宅した。

だから大事な客人(変人?)2人とは顔を合わせていない。

 

ワインに合う手料理を用意してくれたのには心から感謝するが、

付き合いきれない、という気持ちもよく分かる。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近ワインの話は書いていないが、開けているワインをここに提示して購入価を書くと

自分で腹が立ってくるからモチベーションが上がらないからである。

 

今日は朝からアナログレコードプレーヤー2台をリフォーム後の旧診療所に移動し、

自宅パソコンに入っているiTunesのミュージックデータを別のiMacにコピーし、

Macintosh iMacーFOSTEX DACーMcIntosh C29ーPioneer Exclusive M4aーQUAD ESL

というパソコン以外は35年以上前のオーディオシステムで、

新しい録音のアルビノーニのソナタを聴きながらプレーヤーの掃除をしていた。

 

このオーディオシステムは、米ー日ー英の多国籍製品の組み合わせである。

購入順はESLーメインアンプープリアンプで、

ESLを鳴らすのに適したPioneerを選び、それに合わせてMcIntoshのプリを購入した。

プリの購入時には、候補機種の店頭品を自宅に借り出して決めた。

 

実はPioneerの前に、QUAD製のプリアンプ2種とメインアンプ2種も保有していたが、

機械的トラブルが多く、嫌になって止めたという経緯がある。

 

ESLは平板な形体のコンデンサースピーカーで、極めて個性的で守備範囲が限られる。

何か新しいスピーカーがもう1組は欲しい。

現在このシステムを置いているのは築53年のコンクリートの建物で、

20畳くらいの広さはあるが倉庫代わりの場所である。

 

建築中の新居に4畳半くらいの狭い防音室を作りつつあるが、

ここにメインの装置を新たに揃えたいと思っている。

 

4畳半のスペースに見合う最新の装置は何か。

まずはスピーカーから選ぶのが筋だろう。

B&WかKEFかハーベスかソナス・ファベールか、悩みは尽きない。

 

 

さて昨晩まで連続3日間、個人的にポワンに行き、会議で聘珍樓に行き、

地元医師会の全員協議会・大学同門会をはしごして、帝国ホテルーヒルトンホテルに行った。

予算から無理はないが、ポワン◎、聘珍樓◯、ヒルトンのバイキング☓であった。

 

開業医だから日曜日しか休みがないから、本来今日は自宅でゆっくりしていたかったが、

夕方から会合に代理出席の形で出かけた。

たまたま参議院議員1年生の自見はなこ先生と話す機会もあったので、ブログに書いてみる。

 

政治の話は得意ではないが、ウェブの記事やテレビでは経済記事と経済番組を見ることが多い。

吹けば飛ぶような小さな診療所を開設しているが、これまで経営的にはこけていないし、

今年の学会総会で「開業医の成功の秘訣とライフプラン」というシンポジウムの

座長まで務めたから、多分経営センスは悪い方ではないのだろう。

 

この面白いシンポジウムのタイトルを決めたのは学会の運営事務局で、

わたしは座長を引受けて演者を指名しただけだが、やっぱり今年も会場は満席だった。

なのでますます経済ニュースに興味が出てくる。
 

今日は大阪府女医会創立70周年(法人化9周年)記念祝賀会が予定されていた。

誰も逆らえない恐るべき集団である、大阪府女医会の大々的な祝賀会である。

当然ながらうちの医会も会長が出席予定だったが、一昨日になって電話がかかってきた。

「帯状疱疹になって痛みがある。歩くのも辛いので、すまんが代わりに出席してくれ」

 

ということで、4日連続の外食となった。

出席者はとんでもない肩書きの偉い人ばかりだが、出席するのにストレスはない。

昨年までなぜかこの大阪府女医会の会合には副会長であるわたしが出席してきた。

ワインのイベントの担当役として出たこともあるし、女医会の幹部は顔なじみばかりだから

むしろ楽しいくらいだ。

 

副会長の肩書きしかないのに、こんな恐ろしい会に緊張感無く行けるのは

うちの会では多分わたしだけだろうが、これは自慢になるのだろうか?

わたしはワインに詳しいただのおっさんだが、顔が広くなったのはひたすらワインのおかげだ。

 

今夜の招待者は大阪府医師会会長はじめ、自民党の自見はなこ参議院議員、

日本女医会会長など、錚々たる肩書きの方々ばかりである。

しかし、今日行って分かったが、大阪府医師会会長は高校の先輩、

自見はなこ議員は当選前からの顔見知りだ。

立候補を決められてすぐ、キタの居酒屋で一緒に飲んだこともある。

 

しかも日本女医会会長も、毎年愛犬を抱いた年賀状が届く友人である。

まさか今夜会えると思っていなかったので驚いたが、

4月に学会で会った際に、前会長が逝去されたので会長になったと言っていたのを思い出した。

 

いつも赤のミニスカートで遠くからでも識別可能なのに、今日は黒いワンピースで登場した。

彼女にとって滅多にないファッションなので何でやろと思っていたら、

前日本女医会会長を偲ぶ会に出席後に来阪したからだった。

皆さん公人なので、写真をアップしておく。

 

挨拶する前田日本女医会会長

後ろにおられるのは、茂松大阪府医会長、自見はなこ議員、大阪府知事代理の藤井健康医療部長

 

自見議員の挨拶は実に堂々とされていて、当選後ずいぶん場馴れしたなあと思ったが、

個人的に話すと気さくさは相変わらずで、「勉強したい」という姿勢がそこここに見える。

 

政治力・権力を持つと思われている日本医師会をバックに当選した国会議員だから、

一般人から見たら既得権を守るための存在かと思われそうだが、まったく違う。

 

元参議院議員の梅村聡医師(旧民主党→日本維新の会)もそうだったが、

われわれ町医者が普段接している患者さんの側に立った医療を実現していきたいという

医療行政に献身的な姿勢が見える。

 

自見議員は、テロ等防止法案の採決があった先週の国会では22時間も座っていたらしい。

廃案に持ち込むため、対案も出さずに議論の価値もない加計学園問題を持ち出して時間稼ぎした

維新以外の野党に憤りを覚えるが、その火中に居た彼女の苦労が慮られる。

 

余談だが、文科省の加計文書についての解説は、経済学者の高橋洋一の話が分かりやすい。

この人は東大理学部数学科・東大経済学部出身の元財務官僚だが、

学歴はともかく、話を聴いていると稀なる分析能の持ち主であると思う。


テレビのニュースや新聞からの情報からは分からないことが、

ネットの普及で知ることができるようになった。

ただし情報の取捨選択に個人の判断力を一層求められるようにもなった。

 

わたしが生まれてこの方ずっと朝日新聞を取っているが、最近ほとんど読んでいない。

かつて勤務医時代には、病院の医局でずっと毎日新聞を読んでいたが、

その時代には朝日の方が多少見識は高いと思っていた。

 

ウェブの記事から想像するに、最近では毎日新聞は根拠のない医師批判の姿勢を改め、

医師ー患者の対立を煽る記事は見なくなった。

朝日もかつて根拠なき医師批判記事が目立ったが、同様にその点は改善されている。

 

しかし両新聞とも最近現政権への批判姿勢が鼻につきすぎて、悪意すら感じるようになった。

赤旗に政権擁護の記事を期待する人はいないだろうが、この両紙も同じ穴の狢ではないか。

 

いしいひさいちももはや魅力がないし、こんな見識のない記事を書く新聞社に金を払うのは、

北朝鮮に経済援助しているような気がして、早く止めたい思うのだが、

家内が文化欄を気に入っているので、止めさせてもらえない。

 

朝日を止めたからといって別に産経新聞にしたいと思っているわけではなく、

巨人が大嫌いだから絶対に読売新聞は取らないが、もう朝日は要らない。

 

前記の高橋洋一の見解は官僚の経験から客観的に述べているもので、

特に内閣府擁護とも思えないが、朝日新聞では永遠にこんな記事は読めないだろう。

今の野党の支持率は、ウェブ上の情報弱者の比率を反映しているのであろうか。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月28日撮影

 

2016年2月28日(日曜日)、何の気なくモデルハウスが立ち並ぶ千里住宅公園に出かけた。

同年7月末、ハウスメーカをヤマダ・エスバイエルに決定。

その後図面やら内装やら細部を詰めて、2017年5月末に上棟を終えた。

行動を起こしてから1年3ヶ月である。

住宅建築はまだ続いているが、この間、家を建てるプロセスが体験できて面白かった。

 

54年ほど前に、義父が元々竹やぶだったこの土地に入植していなかったら、

こんなことにはならなかった。

義父が40年間以上働いた旧診療所に隣接する広々とした空間に

立派な構造物ができてきているのを見ると、亡き建物の面影と重なって感慨深い。

 

と言っても自分が住んだことのある土地ではなく、自分が建てている建物でもない。

あくまで家内の実家の建て直しである。

だから義父母と家内の思い入れには、わたしには想像がつかない部分がある。

家内もこの家を離れて30年以上になるから、ずっといた両親とは感慨が異なるだろう。

 

築50年近い木造の建物は古びて使えなくなってきていたから、

解体するのは心情的にはともかく、物理的には仕方がないとは思う。

自分で住まないなら土地ごと売るしかないが、それはそれで大変だ。

 

千里ニュータウン開設時に、診療所用として医師に分譲された土地が、廃業後に

転売されたり、テナントを入れる形に改装されたりしている例が相次いでいる。

50年以上という時間は長い。

 

転売に法的な問題はないとしても、別の商売のテナントが入ったりして、

揉めているケースもある。

医療ゾーンを営利目的の業者などに売却することには、慎重にならなければならない。

結果的に自分たちで住み続ける方が苦情は出ないから無難ではある。

 

この家内の実家は今のわたしの仕事場から徒歩12分である。

これも偶然ではなくて、元々義父が情報収集して新築物件を教えてくれたのだ。

わたしの診療所がある医療ビルは絶好の立地にあって、開業後数年で大はやりするだろうと

思ったが、実際その通りになった。

 

義父は穏やかな性格で、わたしにあれこれと指図したことは一度もないが、

義父が居なかったらこの開業場所には来なかったかも知れない。

 

家内は結婚した当初、実家から6km離れた家に住み、

その数年後現在の家に引っ越し、実家から5kmとなった。

結婚後33年を経て元いた実家に戻ることになる。

 

職種は同じでも結婚相手が違ったら違う人生になったのは当然だろう。

地方大学の病理学の教授に憧れたこともあったし、どこか別の場所に土地でも買って

家を建てて住んでいたかも知れない。

 

いつまで新居に住み続けられるか分からないが、結局千里ニュータウンを中心とした

後半生を送ることになってしまった。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

30年以上も前に購入したオーディオ装置、プリアンプとメインアンプとスピーカーを

リフォームを終えた築53年のコンクリート製の建物に移動した。

秋に控える本格的な引越し前の、プチ引っ越しである。

 

CDプレーヤーやレコードプレーヤーはまだ運んでいないので、

パソコンを持っていってDAC(デジタルアナログコンバーター)経由でアンプに繋いで

鳴らしてみた。

 

DACは最近購入したFOSTEX製の25,000円程度の安価なものである。

ハイエンドオーディオを有する友人は、LINN製の200万円以上のDACを使っているが、

音に違いはあるのだろうか。

 

2万5千円のワインと200万円のワインに味の違いはあるのか、

というのとはちょっと話が違うと思う。

しかしDACがこんなに安価なものでいいのか、不安ではある。

 

なので、近いうちに20万円程度のCDプレーヤーを購入し、内臓のDACと比較してみたい。

その上で、200万円のDACの購入を検討してみよう(ウソ)。

 

スピーカーは1976年に購入したQUADのコンデンサースピーカーESLで、

元から中音域の再生に重きを置いた古き良き英国製のものである。

今後最新のスピーカーをなにがしか購入して比較してみる予定だが、何か変わるのだろうか。

 

この装置でも小編成の室内楽や声楽など、ソースを選べばレベルの高い再生ができている。

新たに最新の機器を入れても、今のレベルをどこまで上回ることができるのか、

正直疑問である。

 

また感心するのは30年近く湿度の高い地下室に設置してあったアンプのタフさである。

プリもメインも35年前に35万円もしたものだが、ボリュームがガリることもなく健在である。

McIntoshとパイオニアの製品だが、35年を経て真面目な造りが証明されたと言って良い。

 

当時の国産品では、Accuphaseは質が高いものの、LUXMANNはデザイン倒れで、

部品が安物で品質も音質もレベルが低かった。

SONYは論外である。

 

結果的にわたしのオーディオ装置は、パイオニアのメインアンプとLUXMANNのプレーヤー

以外は海外製品になってしまっている。

多分これからも国産のオーディオ製品、ことにスピーカーを買うことはないだろう。

 

今もパソコンはMacだし、最も気に入ったクルマはアルファロメオだし、

今のクルマも「実用的な文房具」メルセデス・ベンツである。

感性に訴える機器では、未だに海外製品に圧倒的に負けている。

デザインが醜悪なレクサスなど候補にも上らない。

 

わたしが今後するべきことは、音楽ソースの切り捨てである。

かつて名を馳せた福永陽一郎(1926-1990)という合唱指揮者・音楽評論家は

レコードを厳選する主義であったらしく

「気に入ったレコードを1枚見つけたら1枚捨てる」と書いていたことがある。

たしかレコードは500枚(記憶あいまい)しか保有しないと宣言していた。

 

しかし、福永を知る人のブログに下記の記載がある。

「先生が亡くなられた後、半年ほど経って楽譜整理の為に藤沢のお宅を訪問したこと がある。
 先生の小部屋は亡くなった時のままに保存されていた。数え切れないほどのレコー ドと

 楽譜を整理しながら、私は部屋の片隅から「月光とピエロ」の楽譜を拾い出し た」

 

「数え切れないほどのレコー ド」とあるが本人の記載と違うではないか。

故人を非難するつもりなどないが、やはり捨てきれないのであろうか。

 

今からわたしは死ぬまでにどれだけのソースを捨てられるのか。

これは単に音楽のソースに留まらない。

「捨てる美学」を実践していきたい。

 

ワインは、まあ飲んでしまおう。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ティエリー・ピュズラ AOC トゥレーヌ・ルージュ 「プュイユー」ガメイ 2004
購入日    2006年1月
開栓日    2017年5月
購入先    Alcoholic Armadillo
インポーター コスモ・ジュン
 購入価格   2700円

 

わたしはガメイが嫌いだ。

ガメイのどこが嫌いかというと、翌日朝に喉の奥から上がってくる果実香が嫌なのだ。

ピノ・ノワールの残り香はわたしを幸せにするが、ガメイは不快にさせる。

だからガメイなど一生飲まなくてもいいと思っている。

ボージョレ・ヌーボーなど、昨年は1滴も飲まなかったし、10年以上まともに飲んでいない。

 

この春にワイン庫を整理していたら、このワインが出てきた。

購入日を検索してみたら、2006年だからもう10年以上前になる。

わたしは単に存在を忘れていただけだが、こんなワインを10年以上意図して置いておく

飲み手がいるとしたら尊敬する。

相当変人だと思うからお友達にはなりたくないが。

 

どうせガメイだからと思い、期待せずに開けてみた。

飲めない代物だったら、1口飲んで捨ててやろうとさえ思っていた。

 

ところがこれが絶品である。

こんな美味しいガメイは今まで経験がない。

 

ふっくらとしたボディ、柔らかな酸、豊かな果実、滑らかな喉越し、そして上品な余韻。

初見でこれがガメイだと分かるので、驚きを隠せない。

ガメイも13年すればここまで気品をまとい、ブルゴーニュの1級ものに匹敵する品格を

獲得するとは実に意外である。

 

ガメイでいつも感じる翌日の不快な余韻もまったく無い。

畑の状態が健全なのだろう。

これは非常に真面目にブドウを育て上げた結果である。

 

思えばガメイは不幸な品種で、主たる生産地がだだっ広いボージョレであり、

大部分がヌーボーという形で飲まれてしまう。

10年くらいの熟成を経たものはわが国では出回っていない。

本国でも人気がなくて、ボージョレの生産者は経営危機状態にあると聞く。

 

ボージョレのムーラン・ナ・ヴァンとかモルゴンの1流の造り手だと、

質の高いガメイを造っているのは知っている。

しかし市場には少ないし、ヌーボーのおかげでボージョレのイメージも最悪である。

ヌーボーを喜んで飲んでいる飲み手は、手練れからしたら味の分からないアホに見える。

もう少しお金を出せるのであれば、多くのワイン好きだったらブルゴーニュを選ぶだろう。

 

今回のガメイは、そのボージョレよりずっとマイナーなトゥレーヌである。

一時期話題になっていたドメーヌ・ボワルカの新井順子が輸入した

ビオの造り手のティエリー・ピュズラだが、最近でも細々と輸入されているようである。

若くて闊達な人らしいが、言ってみればフランスの一地方の地酒みたいなものだろう。

 

このワインは今が飲み頃である。

開けて3日してもほとんど落ちることなく楽しめる。

果実が豊かで糖度も高いので、今後10年経ってもまだまだ美味しく飲めるだろう。

 

ワインの世界の深さを、改めて教えてくれた貴重な1本であった。

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

35年くらい使っている プリアンプ マッキントッシュ C 29

30年くらい使っている パワーアンプ マッキントッシュ MC 7270

37年くらい使っている パワーアンプ パイオニア Exclusive M4a

 

この秋の引っ越しに備えて、28年住んでいる自宅の整理にかかっている。

かなりの本を捨てたし、今月には108組 200枚近いCDもHMVに売却した。

どうせ二束三文なのだが、現時点におけるCDの市場価格がわかって興味深かった。

 

ハイレゾ音源が手に入るからCDには価値が無くなった、と考えるのは

どこでも聴けるような有名曲しか聴かない人の発想である。

自宅にあるCDをすべて把握したが、今後永遠にハイレゾ化などされそうにない音源が

目白押しだ。

 

そのほとんどは中世ルネサンス期の音楽で、コレクションとしてはひょっとすると

わが国でも希少なものかもしれない。

あまりにマイナーものが並んでおり、わたしが居なくなったら間違いなくただのゴミだ。

ワインだったら誰かが飲んでくれるだろうが、

レコードやCDは図書館に寄付しても興味を向ける人がいるとも思えない。

 

最近では人間が俗化したので、自分でもこれから聴かない可能性が高いものばかりだが、

これを売っぱらっていいものかどうか、心底迷う。

 


ロベルト・ミケルッチ イ・ムジチによる アルビノーニ 作品9 など

CDは発売されておらず現在入手不能の録音

 

このレコードはその1例だ。

ルネサンスではなくバロック期の作品の録音で、多少はメジャーなジャンルだと思っていたが、時代を経ると市場から消えている。

今ではアルビノーニ自体の音源が少なく、世間の扱いはバッハ、ヘンデル、ヴィヴァルディとは

市場規模が大きく異なってしまったようだ。

 

B面の1曲目、アルビノーニの作品9の10は個人的に好きな作品で、

同じイ・ムジチが後年再録音した演奏より伸びやかな名演である。

 

今月購入した レコードプレーヤー SONY PS-HX500

 

このレコードはじめ、どうしてもデジタル化したいレコードがいくつもあるので、

SONYのレコードプレーヤーを購入した。

これを使えばパソコンにUSBで接続して手軽にハイレゾフォーマットでデジタル化できる。

 

これまでもアンプを介するインターフェース形式のアナログーデジタル変換器は所有しており、

いくつかレコードやカセットテープをデジタル化したが、

192kHz/24bitなどのハイレゾフォーマットで変換できるものではなかった。

これでレコードをデジタル化すると、原理的にはCDを上回る音質で保存できるはずである。

 

付属のカートリッジを交換すればもっと高音質になるはずだが、

そこまでこだわるほどわたしはオーディオマニアではない。

オーディオブームが巻き起こった40年前には、スペックを競って装置に狂奔する人々を

覚めた目で眺めていたくらいである。

再生しようとする音楽がプアなら、ハイエンドオーディオを追求することなど

単なる手段の目的化である。

 

シェフの顔が見えない超一流ホテルのレストランで、ブランドもののワインを

着飾ってお金に糸目をつけずに開けている、みたいなものだ。

 

さて、新居のオーディオ装置をどうしようか。

現在のJBL 4343アルニコマグネットの初期型は、かさが高いからあっさり売ってしまおう。

自分1人で運べる、コンパクトスピーカーを新居の狭いオーディオルームに入れよう。

 

これを考えるだけでものすごく楽しくなる。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例年通り、4月の連休前に学会総会があり、先週は4日間も鹿児島に出かけていた。

今年はシンポジウムの座長を1つ務めただけなので、さしたる準備も必要なかった。

 

学会での仕事は、偉くなるに従って変わってくる。

1. 一般演題を出して自分でしゃべる

2. ちょっと名が売れると、一般演題のセッションの座長を依頼される

3. シンポジウムのシンポジストに指名される

4. もうちょっと名が売れると、シンポジウムの座長に指名されて、シンポジストを指名できる

5. 企業共催のランチョンセミナーの演者に指名される

6. 企業共催のランチョンセミナーの座長に指名される

7. もっと名が売れると、学会本体での講演の演者に指名される

という具合である。

 

ベテランで力のある教授ともなると、1人でいくつものシンポジウムや講演を持って

大活躍されている。

若い頃はあんなになれたら素晴らしいだろうなあと憧れていたが、自分がなれるはずもなく、

今ではよく勉強していて偉いなあ、と素直に敬意を表している。

一方引退した名誉教授は、現役の教授などの講演の座長に指名されたりする。

 

わたしは教授でも何でもなくてただの町医者なのだが、なぜか上記の役割の6番目まで

務めたことがある。

業績も何もないのに不思議なのだが、新規に発足した開業医部門の代表をしていたので、

結果的にそうなっとのだろうと思われる。

 

5年前に企業共催のランチョンセミナーの演者をさせてもらったが、

座長は東大名誉教授だった。

この先生が面白くて、掛け合い漫才のようになり、会場でバカ受けした。

天皇陛下の主治医でもあった大分年上の偉い先生なのだが、

それ以来親しくさせていただいている。

お会いしたら親しげに宇宙人と呼んでいるにもかかわらず、まだ怒られたことなはない。

 

今年の学会でもまたシンポジウムがバカ受けで、ほくそ笑んで帰ってきた。

わたしが指名した京大出身の大阪の開業医の先生のプレゼンが抜群で、

そこらの噺家顔負けの話しぶりであった。

もう1人の関東からの座長も、福山のS先生も、心底感心していた。

 

しかし休診して学会に行っていたので、帰阪後が大変だ。

昨日と今日は連休だが、休診後の診察は爆発するので体力勝負である。

 

 

さて、長らくワイン庫と化していたオーディオルームだが、

先日家内の実家である築53年のRCの建物内に作ったワイン庫にワインを移動させたため、

ようやくオーディオ機器が再び日の目を見た。

 

この休日の2日間は、オーディオルームの掃除三昧である。

半地下なので湿気が多く、カビもたくさんいるから大変だ。

1年ぶりにCDプレーヤーを動かそうとしたら、故障していてトレイが出てこない。

20年以上前の製品なのだが、ガックリである。修理したものかどうか・・

 

トーレンスのベルトドライブプレーヤーとトーンアームSME3012

 

一方、30年来使用しているアンプ類とスピーカーは健在で、

トーレンスのアナログプレーヤーも、アームリフターが故障している以外は問題ない。

それにしても、SMEのトーンアームは美しい。

機能美というのは簡単だが、まるで芸術品のようだ。

 

コンデンサスピーカー QUAD ESLと JBL 4343(A)

 

QUADのESLは1976年に購入したもの(親に買ってもらった)だが、

40年以上経た現在でも、当時と変わらない音を聴かせる。

 

30〜40年前からある自分の機器でレコードをかけると、

デジタルオーディオになって失われた柔らかな音に改めて聴き惚れてしまう。

転居とともに、オーディオ機器も入れ替える予定だが、

最新機器の資料を見ると、ハイエンドオーディオの世界では数百万円は当たり前になっている。

 

正直のところ、機器そのものには興味がない。

今目の前にあるレベルの音を、新しい録音のソースから再現できれば何の不満もない。

だがそのためにいったいいくら投資が必要なのか。まったくの闇である。

 

この30年ほどワインには相当投資したけれど、ことオーディオ機器に関しては、

まったく更新していないと言っても良い。

オーディオ機器の世界では、わたしは浦島太郎なのだ。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。