子育て専業主夫・しゅうちゃんのブログ

専業主夫をしておりますしゅうちゃんです。
日ごろのことや毎日のご飯。
そして2012年6月より子育て主夫として
育児に関わることをつらつら。


テーマ:
〔ちょっとPR〕
・笑っているパパを目指そう!NPO法人「Fatherring Japan」
・自分の子供だけが幸せな社会などない!タイガーマスク基金
・足立区のパパ、集まれ!「あだっちパパ」
・世の男性の3割を『主夫に』!「秘密結社 主夫の友」
==================================

おおたとしまささんのコラム。僕もほぼ「同意」はできる。

『北海道男児山林置き去りについて』

『「ちょっとでも、絶対にダメ」と大人が自分にいいきかせ
なければいけない。絶対にやってはいけないことである。
やっていいことといけないことの区別がつかないのだとしたら
子供のしつけ云々の前に大人のしつけが必要だという話になる。』


僕は親になってから自分に課していることがある。

それは「手を出さないこと(叩かない)」だ。

もちろん反射的に手を出してしまうこともあるのだが

(調子に乗って急所を叩いてきたときとかね)

叱ったりするときには意識して叩く行為は抑える。

それは、自らのアンガーマネージメントでもあるんだけど、

やはり一度でも行った「行為」はその許容範囲を広げるだけで、

元に戻すことは不可能。あとは坂を転げ落ちるように

エスカレートするだけだと思っている。

「タイムアウト」もそうだ。

昔は押入れに閉じ込めるといった行為は躾の一環として

あったとは思うけど、それはお互い(親と子)がお互いを

意識できる距離でなくては、もう虐待だと思う。

たとえば、玄関から外に放り出すなんてもっての他でしょ。

もっともこの「タイムアウト」も今や弊害が大きいとして

「タイムイン」と言う方法が支持されつつあるようですけど。

でもこれもおおたさんのコラムにある『大人のしつけ』

が必要になってくるかもしれない。


最近の親御さんは自分の考えを「正しい」と思い込んで

しまっているのかもしれない。

「自分も未熟で成長しなければいけない」と言う謙虚さ

がなければ、子どもは信頼なんかしてくれないのじゃない

かなと思う。「建設は一生、破壊は一瞬」

子どもをコントロールしようとしてはならない。

それは正に「人権侵害」であると肝に銘じておきたいです。


文中にある「タイムイン」は以下の記事をご参考に。
『「タイムアウト」はもう古い!?心を通わせるしつけ「タイムイン」とは』




専業主夫・しゅうちゃんへのお問い合わせは↓

greenhal☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してくださいね)

↓ランキング参加中!応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

↓こちらもどうぞよろしく!

子育てスタイルに参加中♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
〔ちょっとPR〕
・笑っているパパを目指そう!NPO法人「Fatherring Japan」
・自分の子供だけが幸せな社会などない!タイガーマスク基金
・足立区のパパ、集まれ!「あだっちパパ」
・世の男性の3割を『主夫に』!「秘密結社 主夫の友」
==================================

しゅうちゃんです!

台東区のパパ友、石田貴宏さんが代表をしている

「台東パパコミュニティ(通称「たいパパ」)の主催

で開催している『台東パパスクール』も今年3回目。

毎回ちょこちょこと「お手伝い」(お邪魔)してました

けど、今年はとーとー「しゅうちゃん、話してよ!」

と依頼を受けまして(笑)

『タッチケアから始めるパパ子のコミュニケーション』

と題して、ママズケアメソッドのキッズマッサージ等

を通しての話をさせてもらうことになりました!




台東区のウェブサイトにも情報が記載されています

(リンク先ですと対象が「0~3歳」とありますが
「0~5歳のお子さんをお持ちの親御さん」が対象です)


すでに第1回、2回と大好評で終了しておりまして(笑)

おかげでちょっとハードルが上がっていてビビッて

おりますが、頑張ります!代表の石田さんから

「入り口で『しゅうちゃん繋がり』で来た」と言って

くれたら飛び入りもOK?だそうなので、

ご興味のある方はぜひいらして指差して笑ってくださいwww

来られる方は(こっそり)しゅうちゃんに言って下さいね。



専業主夫・しゅうちゃんへのお問い合わせは↓

greenhal☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してくださいね)

↓ランキング参加中!応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

↓こちらもどうぞよろしく!

子育てスタイルに参加中♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
〔ちょっとPR〕
・笑っているパパを目指そう!NPO法人「Fatherring Japan」
・自分の子供だけが幸せな社会などない!タイガーマスク基金
・足立区のパパ、集まれ!「あだっちパパ」
・世の男性の3割を『主夫に』!「秘密結社 主夫の友」
==================================

しゅうちゃん@あだっちパパ(足立区)です!

地元足立区で育児パパサークル「あだっちパパ」を結成して

今年の6月で3年になります。

そして、西新井にある区の施設「ギャラクシティ」で絵本読み

を開始して2年。

地道な活動が回りまわって、近藤やよい足立区長の耳に届いた

ようで、区長が年に数回行っている「区政を語り合う会」

と言うのにお呼ばれして行ってまいりました!




当初、テーブルが区長(とお役所のお歴々)と我々と「対面状態」

になっていて、なんとなく「論戦を戦わせる体制」になってる

雰囲気でしたが(笑)区長からの

「すみません、お役所的で(笑)ざっくばらんに話しましょ!」

の一言でみょ~な緊張感もほぐれて、率直な意見交換が出来ました。

最後の記念撮影の際、カメラマンの方から

「(区政を語る会の撮影で)笑顔なのは珍しいです(笑)」

と言われましたが、まあ、「笑ってるパパ」を信条としてますから

このくらい普通でございます(爆)


その次の日は、あだっちパパのギャラクシティでの絵本読みの日

だったのですが、なんと区長がわざわざ見にきてくれました!

予告無しできたのでビックリ(笑)

「今日やると聞いていたので、見に来ました」と。

でも、いちばん慌てていたのはギャラクシティの施設の方でしたw

「なんで区長が来るの?」と目を丸くした姿はちょっと面白かった

です(笑)



その後、区長との記念写真とお礼状が我が家に届きました。

「(パパの育児参画について)行政の認識がまだまだ甘いと指摘された点」

が印象的だったと、そして今後のイベント等に父親の育児参画への

意識を持っていくと書かれていたので、僕らも地道にやってきたもの

が1つ報われたかもなぁ…と思いました。区長にあだっちパパが

認識されたのも嬉しかったですね。





これからも地元足立区に少しでも貢献できたらと考えてます。




専業主夫・しゅうちゃんへのお問い合わせは↓

greenhal☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してくださいね)

↓ランキング参加中!応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

↓こちらもどうぞよろしく!

子育てスタイルに参加中♪
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
〔ちょっとPR〕
・笑っているパパを目指そう!NPO法人「Fatherring Japan」
・自分の子供だけが幸せな社会などない!タイガーマスク基金
・足立区のパパ、集まれ!「あだっちパパ」
・世の男性の3割を『主夫に』!「秘密結社 主夫の友」
==================================

しゅうちゃん@「秘密結社主夫の友」総務部です!


「主夫になりたい男子」&「主夫がほしい女子」「多様な働き方に興味がある男女」集まれ!!


と言うことで、昨年10月に開催し、大好評でしたあのイベント

ついに第2回開催決定しました!


「女性の社会進出3割なら主夫を3割に」というキャッチフレーズ
のもと、各界に旋風を巻き起こしている「秘密結社 主夫の友」
が提案する新しいワークショップ、大好評の第1回を経て、
いよいよ第2回の開催です。

---------------------------------------------------------
参考:第1回のメディア紹介記事
・マイナビウーマン
・日経ウーマンオンライン
・President Woman Online
・女性自身
・SAISON CHIENOWA
---------------------------------------------------------

今回も、開催のたびに定員がすぐ埋まってしまうという
慶應大学SDM研究科「ハッピーワークショップ」とのコラボレーション!
”主夫志望男子”と”働き女子”のために、今まであったようで
なかった出会いの場を提供しちゃいます。


【内容】
第1部:リアル主夫家庭によるトークライブ(13時~14時)
第2部:慶應SDMハッピーワークショップ(14時~17時)


注)「主夫になること」が前提ではありません。
ですが、ライフスタイルが多様化している昨今にあって、選択肢の一つ
として「主夫(兼業主夫)」もあるのか?と少しでも思われているのなら
ぜひ参加してみてください。そのあとに「やっぱりナイな」と思われても
それでいいのです。


お申し込みはFacebookイベントページまで



専業主夫・しゅうちゃんへのお問い合わせは↓

greenhal☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してくださいね)

↓ランキング参加中!応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

↓こちらもどうぞよろしく!

子育てスタイルに参加中♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
〔ちょっとPR〕
・笑っているパパを目指そう!NPO法人「Fatherring Japan」
・自分の子供だけが幸せな社会などない!タイガーマスク基金
・足立区のパパ、集まれ!「あだっちパパ」
・世の男性の3割を『主夫に』!「秘密結社 主夫の友」
==================================

しゅうちゃん@専業主夫です。

本日発刊の日本経済新聞の37面のウィメンズ面

(毎土曜掲載)にて「専業主夫家庭のライフプラン」

と言うことで取材を夫婦で受けて掲載されました。




記事の内容はこちらから


夫婦それぞれで取材されたのですが、写真はなぜか

僕のみ(笑)

笑顔ですが、実は保育園にお迎えに行く時間が迫っている

状態で、「家事をしているシーンの写真が欲しいんです」

とお願いされて、バタバタしているときの写真がこれです。

カラーで、しかもデカデカと載っててビックリです(笑)


記事内のライフプランナーの方の「主夫世帯のライフプラン

の注意点」については少し違和感を感じました。

『主夫を始めるときには最低でも年収の1年分は貯蓄が必要』

と言うのは、どういうライフプランからくるのか、

正直理解できませんでした。

多分『専業主夫になるため』だと思われますが、僕も常に

言ってますが、専業主夫ではなく兼業主夫、『Wしゅふ』

を目指すのが一番の家庭内リスクマネージメントだと考えます。


記事の最後に

『「夫婦関係が良好になる」のが一番のメリット』

と言うのが書かれたのは幸いでした。



専業主夫・しゅうちゃんへのお問い合わせは↓

greenhal☆yahoo.co.jp(☆を@に変換してくださいね)

↓ランキング参加中!応援のクリックをお願いします
にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ
にほんブログ村

↓こちらもどうぞよろしく!

子育てスタイルに参加中♪
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。