桑の実(マルベリー)のジャム

テーマ:

先日沼津の友人から、ご主人が桑の実で作ったジャムを沢山送ってくれました。甘酸っぱくて実がぎっしりラブ

image.jpg

解説書を同封してくれてました。

桑(マイルベリー)は葉っぱが蚕のえさになる樹々でラズベリーににた実をつけます。

古来中国では桑は太陽の昇る木とされ神聖なもの。男の子が産まれると桑の弓で蓬の矢を四方に放ち将来の立身出世を祈願する風習があったそうです。平安時代九州へ左遷された菅原の道真の怨霊が京都に嵐や雷を起こしたとき桑畑には雷が落ちなかったとされる逸話から「くわばらくわばら」という言葉がうまれたらしいです。

ふ~口笛物知り博士になった気分です

私も子供のころよく摘んで食べてましたが、こんなに美味しいのかと初めて知りました。遊びに来た娘も感動して彼に持って行ってあげ、そして私も秋田の親に送ってしまいました。

夫もそのままで「これは今までのジャムの中で一番うまい」と一瓶食べまくってました。

今度ご主人は桑の葉茶にチャレンジされるとのこと。楽しみです。私が彼女のことをふっと思い出したりすると前回はお茶がついて、今回はジャム・・・これから毎日思い出していこうと思ってます(笑)

でも友人はこんな私の打算的な術中にはまらないように言ってるかもニヤリ
「お~くわばらくわばら」
 

 

 

 

AD