Step by Step by Satoshi Bandoh

テーマ:
Step By Step!(SACD HYBRID)(DVD付)/坂東 慧

¥3,500
Amazon.co.jp

さて、1年の冬眠から目覚めた五郎兵衛でございます。お久しゅうございます。
さて、すっかり梅雨明けの夏ということでこの方のアルバムのレビューといきましょう。

前作のレビューの時、僕は坂東さんはまるで、「安藤まさひろさんクローン」みたいだ、T-Squareにこだわらず、もっと自分の個性を出すべきだと書いた。あれから2年、今作を聞いてみたら、Bandoh Band(以下BB)の個性を感じる作品を創りつつあるなと感させる。30代ももう半ば、デビューから15年のベテランだから、このくらいの自己主張しても良いと思う。曲目は以下の通り。


1. Sunset Blvd.
2. Headin’ to Laguna Beach
3. Feel So Good!
4. next season
5. 旅に出よう!
6. Pretty Dance
7. bb Freeway
8. Step By Step!
9. Plaisir ~喜び~

ゲストとして参加しているEric Marienthal(Sax)、Brandon Fields(Sax)はRippingtonsでも活躍したTwo Topとも言えよう。Michael Landau(Gt)、Michael Thompson(Gt)は90年代からKenny GやWalter Afanasieff作品で活躍した大ベテラン。 Philippe Saisse はフランス人らしいアヴァンギャルドな魅力あふれるKeyboardist。また、若手のBassist Taki Tsuyama氏からは切れ味の鋭さも感じさせますね。彼ら+BBは新たな活力をこのジャンルに与えましたかなあ。

さて、Brandonがリードする1曲目はミディアムテンポで、かなりスムジャ色濃厚であると感じさせる。対称的にEricがリードする2曲目は坂東的とも言えるちょっとアップテンポなナンバー。BメロのGuitarとSaxのシンクロはおなじみの物だ。異色なのが3曲目。Bassがリードするというのは、あまりJ-スムジャでもなかったので、とても新鮮だ。R&Bとゴスペルに精通しているTsuyama氏のチョッパーが要所で光る。4曲目はメロディ的にはT-Square嫡流のBalladだが、「電子臭さ」を除くとここまで、Coolにキマル、ハマるのかと感じさせる曲。宮崎氏のSaxの音を際だてるアレンジが良い。最後の菰口氏のソロもバックとぴったりで前作みたいにロックに走りすぎていないのが良い。5曲目はアップテンポで、いかにもJ-Fusionと言う印象だが、「電子臭さを抜いた」事でメロディラインが生き生きしている様に感じる。後半部のピアノ、ソプラノサックスとドラムのケンカが僕は一番お気に入り。タムタム・スネア使いですなあと感じますよ。6曲目はSyth Bassが目立つが、宮崎氏のステップを踏むようなインプロビゼーションが良いなあ。7曲目はBBメンバーのそれぞれのソロを際立たせる曲。これからももっとこの様なアレンジの作品を欲しいでござんす。最後はリーダーのドラムソロ。これなら中盤に入れても全く問題ないけどなあ。シンバルをあまり使わないのは、もうこれは個性だろうかなあ。7分に及ぶ、8曲目は7曲目と比較するとアメリカンな曲だが、中盤のBassソロ、交互のGuitarソロSaxソロ、リーダーのタムタム・スネアソロからシンセへの橋渡しが気持ちよい。コーダーはちょっとT-Square嫡流とは違うと感じさせるBB流のBallad。なんといっても宮崎氏のソプラノサックス、白石氏のピアノが歌っている。「リーダーの想いを解釈して叫んでいる」とも言える宮崎氏がこの曲では印象的だった。

さて、BBらしい個性を創り出し始めたとも言える今作。次作では若手アーティストとも組んで欲しかったりする。「陽光の下」の魅力は分かったので、今度はアーバンでセンシュアル、夜の魅力あふれる作品も期待したい。よろしくお願いします。





ペタしてね

人気ブログランキング

人気ブログランキング

AD

決めた、この順でいくぞ!

テーマ:


Diagnostic/Ibrahim Maalouf

¥2,711
Amazon.co.jp



SilentJazzCase2 サイレントジャズケース2/Playwright

¥2,500
Amazon.co.jp



COVERMIND カヴァーマインド/fox capture plan

¥2,376
Amazon.co.jp

レビューはこの順で書いていくことにしよう。確かにibéことIbrahim Maloff氏が一番難しそうだ。島裕介さんのアルバムは多彩な楽曲が魅力だが、この曲はちょっと黒田卓也さんっぽい。Foxは益々、「幅」が広がったというか魅力的になっている。さて、今週末ぐらいにはMonsieur Maloffのレビューを書き上げてみましょうね。

À très bientôt, j'espère!

ペタしてね

人気ブログランキング

人気ブログランキング

AD

Au Pays d'Alice (full concert)

テーマ:

Au Pays d'Alice, par Ibrahim Maalouf et Oxmo Puccino

アルバムと全く同じ構成のライブ、と言うかクラシックコンサートだ。
アルバムよりも僕としてはわかりやすいというかIbrahim Maaloufの名コンダクターぶりがわかると思う。さて、皆様私がはまったように「アリスの迷宮」に迷い込んでみませんか?

個人的にはこのビデオのライブDVDとか欲しいなあ。


Au Pays D’alice/Mi’ster Productions

¥4,204
Amazon.co.jp

ペタしてね

人気ブログランキング

人気ブログランキング

最近のJ-Pop、Ceroについて

テーマ:


Obscure Ride 【初回限定盤】/cero

¥3,400
Amazon.co.jp

最近のJ-Popだと彼らが絶賛されているらしい。
確かに流行に載せているのはわかる。Rhodesの音、R&B的な語り部Vocalはそれっぽい。
でも、もう少しBassとDrumsは凝っても良いんではないか。Bassはスラッピングを入れたりすれば面白いと思う。あと疑問なのであるが、J-Pop、Rock系のDrummerは全体で10%もシンバルを使っていないように感じる。ほとんどトムトムを叩いているように感じるんだなあ。

アルバムを全体を聞いてみるかなあ。

皆さんはどう思われます?

ペタしてね

人気ブログランキング

人気ブログランキング