絆創膏のリアル

 

 

絆創膏をはがそうとしている Wくんが

 

― 痛いから、 ゴリ やって

 

と 言う

 

 

それで

 

僕が ゆっくり 絆創膏を 引っ張ると

 

 

― イテテテ…、 やめて! 自分でやる

 

と 言って

 

Wくんが 自分で

 

絆創膏を そうっと 引っ張る

 

 

そして また

 

― ゴリ やって

 

と 言う

 

 

さっきから

 

ずうっと それの繰り返し

 

 

ちょっとずつだけれど 進んでいる

 

そんな感じ

 

 

ちいさな人の おとなり

 

そんな感じ

 

 

 

 

AD

小川に入る ちょこっと前

 

 

ちいさい人は

 

想わぬところで

 

想わぬほどに 懸命ですから

 

 

よくよく 見ているほどに

 

愛おしく 想えるのは 自然です

 

 

あー

 

かかとのところを

 

クイッと やってあげたい …

 

 

 

 

AD

両想い

テーマ:

 

 

今夜のこの雨を 読んでか

 

 

今日のお昼前

 

冬越しをした群れが

 

中一日で 2度目の 分蜂をしました

 

 

余計なお節介まで 含めて

 

この冬の 僕たちの お世話や想い入れに

 

報いてか どうか

 

 

今日の子たちは

 

巣を後にして

 

栗の木に 留まると

 

ハートの形になったのでした

 

 

これ

 

両想いってやつです

 

 

 

 

 

AD

言うなよ

テーマ:

 

 

― ああ

 

こんなところに いたんだ …

 

 

― 言うなよ!

 

隠れてんの バレたら

 

台無しなんだからな

 

絶対 言うなよ!!

 

 

ハナグモが

 

ナミハナアブに

 

何度も 念を押しています

 

 

 

 

 

 

ちいさな人たちが 満たされるとき

 

 

人は やさしい

 

という感覚を

 

私たちは 刻んでいるのだと思います

 

 

心は 感じやすいので

 

刻んだものは

 

いろいろを 感じているうちに

 

ぼやぼやと してきます

 

 

それで 私たち

 

時々 刻むのです

 

 

人は やさしい

 

を 刻むのです

 

 

笹の葉で ジャムを

 

堪能した Aちゃんは

 

その後

 

坂道を下る 僕に

 

手を差し伸べながら

 

坂道の下から 登り返してきてくれたのでした

 

 

― ありがとう

 

と Aちゃんの 手をにぎったら

 

いちごジャムで ベトベトでした