テーマ:
日本絹の里の帰りに、近くにある保渡田古墳群に寄ってみました。




6世紀ごろの豪族の墓らしいです。
想像以上に立派なもので、相当な権力者だったんでしょうね。
群馬県にはよく行きますが、こんな立派な前方後円墳があるとは知りませんでした。






2つの大きな前方後円墳を中心に、周辺は公園として整備されています。
有名な施設なようで、ひっきりなしに人が訪れていました。

埴輪も復元されています。






なかなかのインパクトがありました。
ムスメには早速歴史の本で勉強させました。。
やっぱり現場を見ると興味の持ち方や記憶への残り方が違いますね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カイコの調査とあわせて、夏休みの自由研究のもう一つテーマにしていた織物体験もやってみました。
日本絹の里では、コースターからマフラーまで、いろいろな手織体験ができます。(体験日は決まっているので、事前にホームページで確認を。)

体験教室は絹の里の2階にあります。
教室には織り機が並んでいます。




織り機には縦糸が張られていて、まずは好きな色の縦糸が張られた織り機を選びます。


横糸もたくさんあり、これも好きな色が選べます。横糸は3色組み合わせられるとのことでした。




手織りは、足踏みで縦糸を上下させながら、横糸を通して織っていきます。

先生から手ほどきを受けたら、




あとは一人で集中してやっていました。




途中で飽きるかと思いましたが、頑張れました。
1時間くらいかかりましたが、最後まで集中を切らすことなく、織りあげていました。
ムスメの成長を感じる瞬間でした。。


完成品です。




なかなかの出来栄えですね。

今年の夏は、カイコの卵→幼虫→サナギ→成虫の観察、繭からの糸繰、手織、染物まで、絹織物のすべてを経験することができました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夏休みの自由研究を一歩深めるために、群馬県立日本絹の里に行ってきました。




群馬県が誇る養蚕と製糸、絹織物の啓発施設です。
カイコ用の配合飼料の研究所の隣にあります。
外観もなかなか立派な施設です。




施設内は、カイコ一色でした。




カイコの聖地ですね。。

カイコの生態の紹介からいろいろなカイコの展示、生糸や絹織物の展示、富岡製糸場の解説など、大変充実した施設でした。




体験ものも毎日プログラムが組まれており、この日はカイコのペーパークラフトと、カイコの桑くれが体験できました。




桑くれにいるカイコは・・・




こんもり山盛りでした。
みんなおとなしくしていて、警戒心も攻撃力も防御力もない、人間に都合がよいように作られた生き物であることが実感できます・・・。。。
家で飼っていたカイコは配合飼料のソーセージを食べていましたが、今回は本物の桑をあげました。
本物の桑を触ることができて良かったです。
東京で桑を見るのは至難ですからねえ・・・。


まぶしにいれられたカイコたち。




これからお気に入りの部屋を探すそうです。

あと、糸繰りの体験もできました。




あれだけカイコがいると、苦手な人はキツイかもしれませんが、ムスメとしては大変満足できたみたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。