1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-18 11:05:42

【初心者専用】ゴルフスイングの基本(身体を歪ませないためのグリップ)

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
アドレスを綺麗に構えるためには
最終的には均整のとれたグリップが必要になります。

そのためには、手と手がなるべく重なる事が
大切になります。

グローブに印をつけてでも
確認しておきたい事項ですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-17 22:18:41

【初心者専用】ゴルフスイングの基本(前傾姿勢の本当)

テーマ:基本



【初心者専用】ゴルフスイングの基本(前傾姿勢の本当)
こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。

本日は前傾姿勢のイメージです。
前傾姿勢のイメージというか、
前傾姿勢の方向についてです。

前傾姿勢は身体を骨盤から
上体を前に倒している姿勢の事だと思います。

ですので、「ボール」に倒しているわけではないと
頭でわかって置く必要があると思います。

前傾姿勢とは自分の身体の前に倒れている姿勢なので、
常に身体を回せばその向きに倒れていないといけないという事になります。

ボールを中心に考えると、
身体が反って頭だけボールの位置に
いるスイングになりやすいので注意が必要です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-16 21:24:34

【初心者専用】ゴルフスイングの基本(前傾角度とスタンス幅の決まり方)

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
本日は前傾角度とスタンス幅についてです。

アドレスで身体が僅かに右を傾いた状態で骨盤を回していくと、
そのまま横から見ると
やや傾いた状態のトップになります。
その時に頭の位置は右足の上に重しとなる様に
上の位置する事を意識すると
スタンス幅と自分の前傾角度が決まってくると思います。

道具を使うゴルフスイングで自分の労力はなるべく減らしたいので、
スタンス幅も自分が楽に身体が動かせる幅
前傾も腰などに負荷のない角度を考慮にいれると
より良いのではと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-15 22:21:10

【初心者専用】ゴルフスイングの基本(綺麗な軸の作り方)

テーマ:基本




こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
本日は軸の作り方について。

軸というと、人間の身体の中には
その様な器官は存在しませんので、

色々な身体のパーツが揃っている状態の事を
軸がそろっている様に感じるのではないかと思います。

ですので、
綺麗な軸を作るには
クラブも身体のパーツも身体の中心に揃えるように意識して練習しましょう。

コツはボールの位置が左になると
そのボールポジションの横にヘッドがきますので
やや右傾きの直線上にグリップ、シャフト、頭などをそろえてみましょう。

そうする事で腕の長さも均一になりやすいと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-11 21:33:52

距離感の出る打ち方とは?

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
距離感の出る打ち方についてです。
距離感が出やすい打ち方とは単純に同じ動作、
同じ角度、同じスピードで動くことで
常に一定な状態を作ることによって、

自分自身で「このくらい」「こんな感じ」と
ボールのスピード感や身体のスイングスピードがわかってきます。

そのためには常に同じ当て方であることが大事になります。
そのためには右手の角度を維持して、
ロフトを立てることが重要になります。

それに伴って弾道が低くなれば、
高い球より低い球の方が飛球時間が短いので
小エネルギーですみますので、

より安定した動きとなりやすく距離感が出やすくなります。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-11 16:19:14

シャンク改善(ショット編)グリップが浮かないスイング

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
ショットの時にグリップが出ると
シャンクが出てしまうのではというご質問を頂きました。

たしかにハンドファーストの様な形が必要ですが、
身体の回転でグリップが進んでいる状態を作らないと
グリップのみが進んでいくと、
次第にグリップが浮く時期が訪れてしまいます。

その浮く時期にインパクトしてしまうと
フェイスが開きやすく、シャンクの様なミスが出やすくなってしまいます。

ですので、グリップを進ませる意識と
身体の回転を練習してみましょう。

そのためにはグリップを一度腰の位置まで下げて
回転でボールを打つ練習をしてみましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-09 21:08:09

シャンクを改善「頭とグリップの居所 に注意」で上体浮きを抑える

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
シャンクがでますというご質問についてです。
シャンクはクラブのネック側(シャフト側)に当たるミスの事ですが、構えた位置に手元が戻ってくれば、その様な事は起こりにくいと思います。

その手元の動きを狂わせているのは何かと考えると
手元とつながっている身体(上体)になります。

身体の動きも一緒に動いて元のアドレスに近い状態になっていないと、正しくグリップの位置も再現されません。

ですので、注意したいのが、
ボールに対して距離を変えないのではなく、

自分自身の構えた時の色々な箇所の距離感を
崩さない事に注意しましょう。

ボールに当てたい気持ちで
頭がボールの場所にあるのに、
手元だけバックスイングしてしまうと
最初の位置関係と大きくずれたままトップをむかえて
一番速いダウンスイングで修正しなくてはなりません。
その忙しい合わせをするよりは
なるべくずらさずにそのままの姿勢を維持したまま
インパクトに入る方がやさしいと思います。

そのために気をるける点は
頭とグリップの移動量を揃える事です。

多少頭が揺れている感覚になるかもしれませんが、
頭が動いていないと
軸が動いていないの違いに気がつければ良いのではと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-09 21:08:09

シャンクを改善「頭とグリップの居所 に注意」で上体浮きを抑える

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
シャンクがでますというご質問についてです。
シャンクはクラブのネック側(シャフト側)に当たるミスの事ですが、構えた位置に手元が戻ってくれば、その様な事は起こりにくいと思います。

その手元の動きを狂わせているのは何かと考えると
手元とつながっている身体(上体)になります。

身体の動きも一緒に動いて元のアドレスに近い状態になっていないと、正しくグリップの位置も再現されません。

ですので、注意したいのが、
ボールに対して距離を変えないのではなく、

自分自身の構えた時の色々な箇所の距離感を
崩さない事に注意しましょう。

ボールに当てたい気持ちで
頭がボールの場所にあるのに、
手元だけバックスイングしてしまうと
最初の位置関係と大きくずれたままトップをむかえて
一番速いダウンスイングで修正しなくてはなりません。
その忙しい合わせをするよりは
なるべくずらさずにそのままの姿勢を維持したまま
インパクトに入る方がやさしいと思います。

そのために気をるける点は
頭とグリップの移動量を揃える事です。

多少頭が揺れている感覚になるかもしれませんが、
頭が動いていないと
軸が動いていないの違いに気がつければ良いのではと思います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-07 22:10:39

重さで回されてしまうゴルフスイング(イメージ編)

テーマ:基本


こんにちは。ティーチングプロの坂本龍楠です。
重さで身体がまわされてしまうような動きで打てるように意識して練習してみましょう。

肩や腕の稼働の大きいスイングは腰を速く自分でまわしてしまいますので、肩や腕は腰をまわすために使えるようなイメージを持つと、比較的円滑な回転ができるのではないかと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-02 20:55:31

重さで回されてしまうゴルフスイング(位置エネルギー編)

テーマ:基本
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
ブログパーツ