第13話「上りのフックラインは…」

テーマ:

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「大古清のゴルフ道場」開講中!

年で飛距離が落ちた、、、身体が硬くて上手く振れない、、、

そんな方も諦めないでください。詳しくはこちらを御覧下さい。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

皆さん、こんばんは。

今日は大古師範からのアドバイス13話です。

参考にしてみてください。

 




傾斜があるところからのパッティングの中では
もっともやさしいのが上りのフックライン。

体が開きづらい状態になっているので、
狙ったところにパターのフェースがでていきます。
上りのラインですから、それほど曲がりを考えずに、
ある程度強目に打った方が1パットの可能性も高くなります。

距離を合わせにいくと、かえってボールにブレーキが
かかってしまい、ショートして左に切れてしまいます…。
仮想カップは、実際のカップの斜め右上になります。

その仮想カップにパターのフェースを合わせたら、
ボールを右目に置いてください。
ちょうど真ん中に置くくらいでいいでしょう。

上りのフックラインの場合、ふつうのショットに例えると
つま先上がりの左足上がりという、
もっともボールが左にいきやすい状態なのです。

つまり、スイングのもっとも小さいパッティングでも
自然とフェースがかぶりやす状態にあるわけで、
ボールを左寄りにしていたら、
ますますその傾向が強くなってしまいます…。

なので、真ん中に置いた方がフェース面の狂いはなく
しかも、確実にしっかりとボールを打っていけます。

 

 

 

 

ランキングに登録しています。
良かったらポチッと押してください。


ゴルフ ブログランキングへ

にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村

 

どくしゃになってね!

アメンバーぼしゅうちゅう

ペタしてね

AD