テーマ:

20歳の誕生日の翌日。


大学2年生の次女ちゃんが
半年間の交換留学生で
カリフォルニア大学へ旅経ちました。






去年のカナダ留学に味を占め
再び海外へ行きたいという強い意志で
場所も大学も全て自分で決めてきました。


私には事後承諾。


全ての手はずを自分で整え
アルバイトでせっせとお金を貯め
意気揚々と我が道を行く姿は あっぱれです。



三つ子の魂百まで・・・


(幼い頃の性格は、大きくなっても変わらない)
ということわざ通り 

幼いころから自立心が強く
全てを自分で決めないと気が済まない子でした。

この子は やがて海外へ行く子だなと

早くから直感していた私。



何となく幼いころから英語が好きになり
勝手に洋楽洋画で耳を慣らし
いつしか海外へ行く流れが

必然的に出来上がっていた感じ。


気が付いたら 

お年頃になったとき

案の定 海外に行きたいと言いだした。



子供の人生は 親が躍起にならなくても
いや、躍起にならない方が上手くいく気がします。


子供の人生が自然に流れるのを
親は見守っているだけで充分。


あれやこれや口を出しても

かえって上手くいかないことも多々ありますしね。


親って、ある時期

子供に嫌われる存在です。



親は親で人生のアドバイスとして軽く言っているつもりでも、
思春期の子供にとっては、
「うぜー」
「ママ 黙ってくれない?」
の世界の時がある。
耳を閉じる時代がある。

親の気持ち子知らず!!
この時期 親としては苦しいけれど、
まあ、自分の青春時代を振り返ってもそうでしたしね。

仕方ないっか・・・
と目をつぶらなきゃいけない時もある。(笑)


 


大好きなお寿司を最後に食べて
意気揚々と搭乗ゲートに向かう後ろ姿に
目頭を熱くしながら 「ジーン」
頼もしさを感じました。

母として
嬉しいけど、ちょっぴり寂しい部分もあり。

これが俗に言う「親離れ、子離れ」。
なのね・・と実感。

娘っ子ちゃんに勇気をもらって
「ますます自分の人生を謳歌していくぞ~!!」
と秋空に誓った母ちゃんなのでした。




ブログでは書けないシークレットなお話満載!!

   ◆MAYAのメルマガ(無料)


【目覚めのバイブル】~人生の解読書  ~      

        登録はコチラから   





【イベント】  お申込はコチラ


◆シェイクソウルセミナー 平日コース
   10/13(木)20(木)27(木)


◆シェイクソウルセミナー 休日コース
   10/16(日)23(日)30(日)

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
  東京都在住   A.Kさま


MAYAさん、こんにちは。

質問です。


いつも私に「いいな、いいな」というママ友がいます。

色んな事を詮索してきたり

些細なことを褒めちぎってきたり。


でも その裏では

明らかに 嫉妬のエネルギーを感じるのです。


嫉妬されている方は

どう捉えたらよいのでしょうか?

何だかその人と会うのと

とても気が重くなるのです。
    

////////////////////////////////////////

まずは、羨ましいと思われているということは

Aさんがそれだけ素晴らしい面を持っていると

素直に捉えてください。



でも、

羨望執着が入り込むと

嫉妬というめんどくさい重いエネルギーになりますよね。




   




そんな時は どうしたらよいか。



自分は

不必要なエネルギーを受け取る必要はないので

きっぱりと

「聖なる無視」を決め込めこんでください。



「聖なる無視」と「ただの無視」の違いは・・・



ただの無視

「私はそんなことをしないわ!!」

という他人との分離感がある。



聖なる無視とは・・・・


「もしかしたら、シチュエーションが違ったら

私も人に嫉妬を抱くこともあるかもしれない」



「嫉妬するのは、人の性(サガ)。

自分も時に誰かを 嫉妬してしまうこともあるだろうな。」

という愛ある共感力を使うということです。



そのうえで、

「でも、嫉妬というエネルギーを

自分は受け入れる必要がないということを知っている」

というスタンスで

そのエネルギーを受け取る選択をしない




共感する

  ↓ そのうえで

それを受け入れない選択をする

という流れが ポイント。



相手がどうのこうのではなく、

自分の中でそのことが腑に落ちていれば

他人のエネルギーに振り回されることはなくなります。



「不必要なエネルギーを受け取る必要がない」

と知っているから

他人がかけてくる邪念や重いエネルギーとは

無縁になれるのです。
     

ブログでは書けないシークレットなお話満載!!

   ◆MAYAのメルマガ(無料)


【目覚めのバイブル】~人生の解読書  ~      

        登録はコチラから   





【イベント】  お申込はコチラ


◆シェイクソウルセミナー 平日コース
   10/13(木)20(木)27(木)


◆シェイクソウルセミナー 休日コース
   10/16(日)23(日)30(日)





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

インナーチャイルドセッションに

いらしてくださったHさん。

※以下 掲載許可いただいております。


47歳になるまで 必死に働き続けてきたのですが 

今年に入り 身体を壊し

会社を辞めざる負えない状態に。



お子さんがお二人いらっしゃり

シングルマザー。


子育てに仕事に

フル回転で過ごしてきた日々。



既に身体は悲鳴をあげていたのに、

頑張れば何とかなる!!

 と自分に言い聞かせてきたのだそうです。


会社を辞めてからは

抜け殻のようになり、何をするのも億劫で

身体に力が入らない状態が続いているとのこと。



頑張り症候群の方は

自分の限界を超えて、

まだ「もっともっと!!」

と自分を追い込み

奮い立たすクセがあります。


何故、そんなに

「一人で頑張らないといけないと思っているの?」

 

Aさんの潜在意識にアクセスしてみると・・・・

こんな声が聴こえてきました。



「もう神様なんて信じない!!」と。



何のことかな?と思い、

Aさんに聴いてみたら

ハッとして


Aさん「あっ、そういえば・・・・・・・

    私が12歳の時に母が病気で亡くなり

    いつも神様に祈っていたのに

    なんで! なんで! お母さんは死んじゃったの!!

    もう 神様なんて信じないっ!!」

    って思った気がします。



私がエネルギーで感じる限り 

Aさんは本来 直感的で精神性も高いのに

第7チャクラがほとんど閉じていたので

謎が解けました。


神様=目に見えないもの=精神性

をその時 一瞬の強い思いで 

信じなくなったのでした。


と同時に第7チャクラを

無意識ではありますが

封印してしまったのです。



そして、

「もう 何も信じられない!!

自分の力だけで生きていく!」

心は叫んでいました。


それ以来、

自分の力だけが頼りだから

誰かに頼ることも 

甘えることも 無意識に避けだしたのです。



人に委ねたり、何かを頼んだりすることも

出来なくなったのでしょう。


「目に見えるものしか信じないし、

現実的に生きることだけが 大事。

だって、どうせ 誰も助けてくれないのだから・・・」

というAさんの思い込みは、

身体の限界がきて、

やっと気づくことが出来たようです。


第7チャクラを調整し、

12歳のインナーチャイルドちゃんを癒した後、、

「これからは 天に委ねたり、人に頼ったりして

生きていっていいよ。

自分の力だけで 頑張らなくてもOK

SOS してもいいよ!!.」
という思いこみに書き換えました。



人は 気づかないうちに

色んな思い込みを

勝手につけているものなのですね。









ブログでは書けないシークレットなお話満載!!

   ◆MAYAのメルマガ(無料)


【目覚めのバイブル】~人生の解読書  ~      

        登録はコチラから   





【イベント】  お申込はコチラ


◆シェイクソウルセミナー 平日コース
   10/13(木)20(木)27(木)


◆シェイクソウルセミナー 休日コース
   10/16(日)23(日)30(日)





いいね!した人  |  リブログ(0)