おしゃべり子羊☆

プロテスタントのクリスチャンです☆聖書の言葉と日常で出会う神様の事についてのんびり書いてます☆

**********************************

さと☆ひつじの名前で、他のブログ時代含めて2004年から
かれこれ12年ほど
クリスチャンブログ「おしゃべり子羊」をやってます。
このブログをとおして、
神様のことが少しでも伝わるとうれしいです☆
さと☆ひつじがなぜクリスチャンになったのかがわかる
神様の不思議な導きの救いの体験が書いてある記事があるので
ぜひぜひ読んでみてくださいね☆ → 「偶然!?それとも神様!?☆」

**********************************

テーマ:

***********************
 

『イエスは言われた。

「わたしがいのちのパンです。

私に来るものは決して飢えることがなく、

わたしを信じる者はどんなときにも、

決して渇くことがありません。」』

(新約聖書ヨハネ6:35)


**********************

久しぶりの投稿です。

・・・と毎回この書き出しで書いてる気がしますが・・・笑

 

証しの投稿です☆

 

日常の中でいつもいつもいろんなことがあります。

 

ある日の帰り道、カラスを見かけました。

またそこから離れた所でやっぱりカラスを見て・・・

 

そこでなんか、今日はやけにカラスばっかり見るな…

と、気がつきました。

 

エリヤを神様がカラスを通して養ってくださったように

わたしのことも養うよ…

そういってるのかな~そんなふうに捕えました。

 

そして家に戻ると自分の家の駐車場に

明らかにカラスの体から抜けた羽根が一本

落ちていて、思わず笑います!

 

これはもう神様からの語り掛けだ~と思いました

 

↑これは6月後半の話ですが…

 

また少し話は変わって、今日の事。

 

朝礼拝に行くので少し遅れてしまい

大急ぎで自転車で行きました。

主人が10日ほど前に入院してしまったので

自転車で教会に行きます。

 

前は信号を守っていましたが、

最近は急いでると渡ってしまいます。

 

一個の赤信号を様子見て渡り

またその先の信号も赤・・・

またまた様子見て斜め横断。

その後も小さな信号も赤でそれも突破。

 

突破しながら、

あぁ・・・信仰もこれに似てるかもだな・・・

そう思わされました。

私達の人生も…

 

聖書では神様の教えが書いてある・・・

でも、ついついそれに従わないで、

自分流に赤信号を突破・・・

一応通れることは通れるのも現実。

ただ、神様には従っていない…

 

また神様の言葉が頭にちらつく

御言葉は分かっているけど、自分流で突破…

 

天国には行けるけど、

その経過はほめられないことも事も多々ある

信仰生活…

 

 

その先には踏切がありました。

その時は電車は来なかったので

遮断機は下りてなかったけど、

もし、これがおりてたらさすがに突破はできない…

命にかかわるし・・・

 

これがおりてたら神様が完全にここで止まりなさい!

というサインに似てるかな・・・そんなふうに感じました。

 

その後もまたまた赤信号、に引っかかって、迂回して

別の道を行く。

 

これも形を変えた自己流の通り方・・・

まぁ一応人生は歩んではいけるには行ける…

 

その後、急な坂道になって、さすがに、

自転車を降りて押して歩く

時間的には早く行きたいけども、

降りて自転車押して歩かなくちゃいけない…

 

人生にもそんな時もあるな…

 

坂が終わって、また自転車に乗ってこぎ出す。

しかしまたもや最後の本当に急な上り坂!

勿論ここも自転車を押して歩く。

 

人生の終わりの凄い急な坂は

ある意味人間が迎える最後の死と言えるかもだな…

 

何とか上ったけど、足がつりました!!

痛い~!

 

でも、無事、教会に時間ギリギリで着きました…笑

 

今まで何度も通った道だけど、

いつもと違う思いでその通り慣れた道を通った。

今日は聖霊様がいろんなことを悟らせてくださった…

 

その後、礼拝も終わって恵まれて帰って行きました。

今日の礼拝は聖霊様の事だった。

 

帰り道、パン屋のパンが食べたいなぁって思って、

聖霊様にパン買ってもいいですか?

と聞いてみた。

頭の中で、今日は誰も居なくて家に私一人だから

いつもは節約で安い食パンを買ってるけど

まぁいいかぁ~と思ってパン屋に寄ろうかなぁ~って

考えました。

 

パン屋に入る直前に、

『わたしはいのちのパンです。』

という御言葉がきました。

 

でもとりあえず、何となく買ってもいいという気がして

中に入ってお目当てのホテルブレッドと、

もう一つパンをトレイに乗せました。

 

私の前にお父さんと小さい男の子がいて

パンを一個おまけにサービスしていただいていました。

あ~いいなぁ~

まぁ子どもサービスかな~と思って

私のレジも終えたら、店員さんが私にもパンを

サービスしてくれました!

 

それも3個!男の子の三倍♡わぉ♡

 

わぁぁぁ~神様だ~♡

 

私は店員さんにお礼を言って店を出ました。

 

自転車をこぎながら笑みがこぼれます☆

 

神様~♡ありがとうございます。

いのちのパンだ!神様がくださった♡

やっぱり日用の糧を与える神様だ…

 

そのあとまた言葉が浮かびます

あ~ マナだ!

イスラエルの民が荒野で天から降ってきた

マナだ!

 

このマナは、遠い何千年のイスラエル地だけで

起こった出来事ではなくて

イエス様を信じて、霊においてはアブラハムの子孫に

接ぎ木された私達…

同じ祝福と恵みを今も変わらず預かることができるのです!

 

帰って来てから、宅急便の不在票がポストに入っていました。

昨日姉から野菜を送るという連絡があって

それが届いたのです。

電話すると何となく変わった感じの方で

新人さんかな?と感じました。

うちの住所を言うと、隣の人の名前を言うので

それは隣の家の人です。というと謝っていました。

 

そのあとすぐ届けに来てくれて、

さっき隣の家の人の名前を間違って言った事を

謝るので、

「いや、全然大丈夫ですよ~」と言ったら

「あたたかいお言葉をありがとうございます」

と、とても喜んでいて…

なんとなく…

このおばさんの人生は人に謝ってばかりの人生を

生きて来た人なんじゃないかな…そんな気がしました。

 

熱い中、汗をかいて仕事をして大変だろうな・・・

その時、もらったパンを思い出して、

少し待っててもらってさっきもらったパンを一個

自分用に袋から出して残りを

暑い中ご苦労様です、頂き物だけど…と言って

お渡ししました。

とても喜んでくれて、おやつに食べますと言ってました。

 

ただで受けたのだから、ただで与えなさい…

 

私を動かす御言葉です。

 

神様からの愛をその方におすそ分け出来て

よかったなぁぁと思いました。

その人は私がクリスチャンだとも、

そのパンが神様から与えられたことも知らないままですが…

 

私の母もよく、父の仕事の荷物が届く時、

ドライバーさんにおにぎりとかを差し入れしていたのを

思い出しながらさっきパンを取りに階段を上がっていました。

 

そして姉から届いた荷物を開けると

本当に豊かな食材が入っていて感謝でした。

私の姉は本当に思いやりがある姉なのです。

 

自営なのでまだまだ厳しいですが…

 

こうして不思議と神様からいのちのパン

そしてマナが天から降ってきます^^

 

取分けた一つのパンを手に取りました。

なんだかそのパンが神様からのものと

思うとパンまで愛おしくなって、

じ~~~んときました☆

 

私にはわかる神様からきたマナ…

 

そしてお腹も、そして何より

心が神様の愛で満たされました☆

 

物質的恵みが頂けるのも本当に感謝なことです。

 

でもこの世の中に本当に大切なパンがあります。

イエス様は御自分の事を

 

「わたしがいのちのパンです。」

ヨハネ6:35

 

とおっしゃいました。

 

このパンを食べるなら決して飢えることがない。

 

それは肉体的にお腹を満腹にする事ではありません。

もちろん、そのこともありますが

いのちのパンを食べるとは

イエス様をまず信じることです!

 

そして、信じるとイエス様と同一の霊である

聖霊様があなたの内側に住んでくださることが

いのちのパンを得る方法です。

 

このブログを書きながら、

神様に教えていただいたことがあります!

 

イスラエルの民の5000人の給食、

異邦人の地の4000人の給食は

僅かなものがささげられて、

豊かに祝福されすべての人が満腹して

有り余るくらいでした。

 

それはイエス様が十字架にかかって

私達の罪のいけにえとなってくださる

一人のささげものによって、みんなに

いのちのパンである聖霊が下る。

そして余っているパンは、恵みが有り余るほど

ということももちろんありますが、

残っているのはまだイエス様を信じていない人たちの

分とも考えられるのではないでしょうか!!!!???

そしてペンテコステで、旧約時代に約束された

新しい契約の成就がなされます。

一人一人に聖霊が下るという契約の成就です!

 

なんだかとっても恵まれました☆

今日、ブログ書いてよかった~♡

 

まだイエス様を信じていない方、

まだあなたのいのちパンは残っているんです!

用意されているんです!!

 

このブログに初めて来られた方もおられると思います。

どうか、どうか、今ここで読んでいるのは

決して偶然でないことを分かってください。

あなたを、この地上に産んでくれた両親がいますが

本当の意味であなたをおつくりになったのは

本当の親は唯一まことの神です。

このお方が、あなたにイエス様を信じて

本当の命を得て欲しいと思っておられます。

 

まことのいのちのパンを受けとって欲しいと思っておられます。

どうか今日のこのブログを読まれた方が

イエス様の私達の罪の身代わりの十字架の死と

死にも勝利した復活をしたことを信じて救いを受けとれることが

出来ますように・・・

 

この投稿をすべて神様のおささげして、
神様に栄光をお返しして
全ての恵みに感謝して、イエス様のお名前でお祈りします…
アーメン…†

 

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
  「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

(さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

 【You Version】
    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
しばらくコミュはお休みします☆
管理人の家族が入院しまして、
しばらく落ち着かないので。
また再開する時お知らせいたします☆
用事のある方おりましたら、連絡ください☆
対応いたします^^
また回復のためにお祈りください☆
よろしくおねがいします。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

***********************
『イエスは言われた。
「わたしは、よみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
また、生きていてわたしを信じる者は、
決して死ぬことがありません。
このことを信じますか。」

彼女はイエスに言った。
「はい。主よ。
私は、あなたが世に来られる神の子キリストである、
と信じております。」』

(新約聖書 ヨハネ11:25~27)

**********************

久しぶりの投稿です。
神様に黙ってはならない、語り続けよと、
示され、うながされたので、証しをすることにしました。

この証しはもう過ぎてしまった今年のイースターの証しです。
別の所ですでに証しをしている記事でもあり、
毎週やってるピグ教会気ままコミュでもすでに証し済みですが
あらためてここでもさせていただきます。

私は欲しいなぁと思っているものがあって
お店で商品を何度も手に取り、
でも、やっぱり我慢して買わずにしていたものがありました。

私は我慢しているけど本当は欲しいと思ってる・・・
その自分の心に、自分自身でちゃんと気がついて
神様は求めよ、と御言葉でおっしゃって下さっているので
神様に素直に「神様…ください…」とお祈りしました。

普段そんなに、あれが欲しい、これが欲しいとそんなに
思ってはないのですが、素直に神様に頼んでみました。

それを、神様が与えたと分かるように
「不思議な方法で与えてください…」と祈りました。

祈り終わったあと、人間的な考えで、駄目かもな…
という気持ちがありました。
自分の考える範囲では可能性が低く思えたからです。
自分の身近な人はそれを持っている感じではなかったし
可能性がある人も、それは使っていなかったし・・・
ネットのオークションで安く手に入る感じで与えられるのかなぁ…

そんなことぐらいしか思い浮かびませんでした。

この祈りは2000年前十字架にイエス様がついた
受難日に祈ったと思います。
(自分の記憶が正しければ受難日、
もしかしたらその一週前だったかも
しれないのですが、間違ってたらごめんなさい。
正確なことは主がご存知です^^)

日曜日は教会があるので基本は他の曜日に行くのですが
父が入院してて、退院するということもあり
礼拝の後に病院に行った後に父を連れて実家に行きました。

退院後父が飲む薬を飲みやすくするために
薬を仕分けする入れ物を探しました。
確か引出しにいくつか母がしまっておいた空瓶があったと思って
それを見せて「これでいい?」と父に聞くと、
いいというので、その瓶を引き出しからだしました。

すると・・・その中に私の欲しいと思っていたものらしきものを
みつけたのです!
それも私の欲しいメーカーのものでした!

わたしは嬉しくて、父に
「これ!欲しかったの!それで神様にお祈りして、くださいって!
言ってたものなの!」と、喜びいっぱいに父に証しをしました。

ここでいつもブログを読んでくださっているみなさんは
ご存知だと思いますが、父は前は宗教大反対で
その話をすると、怒りをあらわにしてきましたが
その後、だんだん心が開かれて行っていて、
葬儀はキリスト教でやってもいいとか、
神様って本当にいるのか?との驚くような言葉も
父の口から出てきたこともあり…

信仰告白までにはなかなか至りませんが、
今回の証しをした時もなんの返事はしなかったけども
笑って聞いていてくれてました。
それ自体がすごいことで、長年のブログの読者でもある友達は
この証しを聞いて、与えられたことよりもさらに
父のことで感動してくれてました…笑

今回与えられた物は
それは絵具なんですが、絵具にもいろいろ種類があって
その後ネットで詳しく調べると、
やっぱり自分が欲しいと思っていた種類のもので
あることがわかりました!
(私自身まだそんなに詳しくなくて・・・笑)
この種類の絵具だとにじみがきれいに出るのです!!
普通の絵具なら私も持っているのですが、
私はこの種類の絵具が欲しかったのです!!

それは今は認知症になってしまった母の持ち物で
こんな身近な所から与えられるとは・・・
自分の中ではまったくの予想外・・・!

ほんとうに祈りの通り
私にとって不思議な方法で与えてくれたのです!!

母は友禅染の習い事をしていたので、
多分、色の配色の具合を見るために
その絵具を購入していたんだと思います。

その絵具の持ち主である母はもう認知症になってしまったので
持ち主を失った状態であり誰に使われることなく
数年間、ただ引き出しの中にしまわれていました。
それが、今現在使いたいと思っている娘の私の手に渡ったのです。

使われることなくまさに死んでいた状態の絵具が復活した。

イースターの日にピッタリな証しを神様が私に与えてくださいました。

またこのイースターの朝に姉妹の義母が亡くなりました。
亡くなるすこし前に見舞いに行った牧師が
イエス様の話をするとうなずいていたと言います。
だからきっと天国に行ってる…そう思います。

今年のイースターはこの日にピッタリの復活の証しを
神様から二つも与えられました。

実は後日談がこの後ありまして、
それはここのブログで初めて話をするのですが、
母の持っていた絵具は色が偏っていまして、
でも親子のせいか色の好みが似てるので
どれも好きな色だったので、まぁいいかと思っていたのですが、
その後子どもの部屋を片付けていたら、
そこからやはり同じメーカーの教材用の基本色の別の色の絵具が
やっぱりでてきたんです!
でも、それは子どもの物なので、

必要な時に少し使わせてもらおうかな…
そんなふうに考えています。

その後、母のいる施設に面会に行って、
その時、絵具の事を思い出して
母にその写真を見せて、
「これさ、お母さんの絵具なんだけどさ、私もらっていいかな?」
そう尋ねました。
すると母は、「うん、いいわよ~^^」
と、快く返事をしてくれました。

多分、ただ、この絵具の写真を見せたとしても
それが自分の持っていた物とは認識できなかったでしょう。

絵具が見つかった時は、認知症の母だから、
この出来事を話しても本当の意味で一緒には
喜べないんだな・・・そんなふうに少しさみしく感じていましたが、
母に話して、母が快く承諾してくれた返事を聞いて
私の心がすごく納得したのを感じました。

認知になってもケチケチしない
母の心の広さ、おおらかさは健在なのもうれしかったのです。

これはイースターとは違うのですが
合せて最近の証しをさせていただきます。

先日、イギリスに住んでる姉妹から帰国していると
連絡が来ました。
短い滞在時間の中で色々な用事をし、人と会っている多忙な友人と
本当にタイミングよく時間が合って会うことができました。

その友人と会って、心に引っかかっていた疑問が
取り去られて本当に感謝でした。

そして姉妹から水色のショールを頂きました。
私も好きな色でしたが、
家に帰って、このショールは義母の方が喜ぶだろうな…
そう思って、その日旅行に行ってた義母の部屋に置いておきました。

義母が帰ってきてそれに気づき、
「これどうしたの?」と、尋ねられ事情を話しました。
でも、いつもと少し声の調子が違います。

義母は、今年はこの色のショールを買いたいと思っていたようで
旅行中もちょうどこの色のショールを手にしては
結局は棚に戻して帰ってきたようなのです。
だから、どこか子どものような わぁ~♡
みたいな感じの声の調子だったんだとわかりました。

義母は本当に喜んでいて、母の日に今年は何も買ってなくて…
でも神様はそのことも理解してくださって用意してくださったのです。

それもちゃーんと義母が本当に欲しいと思っていたものを…!

私は「神様、お義母さんの欲しいものをちゃんと分かってくれてるね!
色までちゃんと分かってくれてるね!」
そう言いました。

返事はありませんでした。

義母も、神様をまだ受け入れていませんが、この返事をしないことこそ
実は義母なりにその言葉を受け入れてるという証拠なのです。

昔だったらもっと反発して、憎まれ口や、あまのじゃくな言葉、
否定的な言葉を私に投げ返して来たことでしょう。

調子に乗って、
「神様に愛されてるね!」ともいうと、
もちろん本当にそう思ったのでそれを言葉にしました。
以前だったら、そう感じても、がっかりする言葉が返ってくるので
のみ込んでいた言葉だったでしょう。

でも、義母はそれにも返事を返しませんでした。

それは十年以上一緒に住んできた私にはわかる、
義母の賛同の表れなのです。

主人にそれを話すとお礼を言われました。
息子である自分の言葉はなかなか届かない部分があり
思うように福音を母に伝えたくても
伝えられない部分があるからみたいで・・・
もちろん息子だからこそ伝わってる部分もあるのですが
イエス様が郷里の人たちに救い主と受け入れられなかったように
身近な人ほど伝道が難しいという現実もまた事実の一つです。

私も近すぎて伝わって行かない部分もありますが、
嫁の私だからこそ伝えられる部分もあり、
やはり福音はいろんな人がひとりの人の人生の中で関わって
種がまかれ、水が注がれ、肥料をまかさせていただきます。

『私が植えて、アポロが水を注ぎました。
しかし、成長させたのは神です。
それで、たいせつなのは、植える者でも水を注ぐ者でもありません。
成長させてくださる神なのです。』
(新約聖書 コリントⅠ 3:6,7)


まさにこれです。

今回の記事を書いて、別の証しをつけ足したのですが、
それによっていろいろ見えてきた恵みに預かりました。

やはり人間一人一人は神様がおつくりになっているということ。
まだイエス様を受け入れていない人も、当たり前だけど
神様は深く愛している、同じように恵みを与えたいと思っておられる。

『神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。
それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、
永遠のいのちを持つためである。』
(新約聖書 ヨハネ3:16)


このことばだなぁぁ・・・と

天の父なる神様がひとりごイエス様を私達の為に与えてくれた。
それが2000年前のイエス様が十字架の死と復活のイースターです。

この恵みは全人類すべての人に平等に与えられています。

私が受けた恵みは決して私一個人を
ただ祝福するだけのものではありません。
この恵みを通して、この日々日常の中で生きて働き
私たち個人個人に具体的に関わってくださる神様が
本当におられるんだ…

それを表わすためなのです。
そしてあなたがイエス様を信じて救われて
神のご計画の中に参加して欲しいと願っておられます。

この地上は、悪魔が支配しています。
背後にいて、人間を騙します。
そして、事実をねじ曲げて、神様がいるならどうしてこんなことが
起きるんだ?神様は悪いやつだ。と嘘の覆いを人々に被せます。
それはすでに神様を信じたクリスチャンまでも狙います。
それはクリスチャンを引きずり下ろすためです。

みなさん、誤魔化されないでください。
人間はまず、悪魔を主人としてしまったことが
先にありきだということを忘れてはいけません。

神様は絶対に良きお方です。

その信仰に立つ時、必ず見えるものがあります。
それは神の位を捨ててこの罪にまみれた世界に
神ご自身であるイエス様が来てくださって
命さえ惜しまず全人類の為に十字架で命を捧げてくださったのです。

そして死だけで終わらず悪魔に勝利して
復活してくださったのです。

この地上にはまだ滅びゆくたましいがたくさんいます。
すでに救われた方は
救いを伝えることが難しく感じるときもあるでしょう。
失敗したと感じるときもあるでしょう。
でも私たちはあきらめないで

『みことばを宣べ伝えなさい。
時が良くても悪くてもしっかりやりなさい。』
(新約聖書 テモテⅡ 4:2)


この御言葉に立って福音を伝えていくのです。

御言葉は種です。

種は何千年も昔の遺跡から見つかった物でも、
ずーーーっと眠っていても
土に蒔き、水を与え、陽にあたる時に
スイッチが入り作動しはじめます。

心かたくなだった私の父や義母のように少しづつ
少しづつ心が神様によって成長されやがて実を結び
刈入れの時が来ます。
神によって希望があります。

復活祭のイースターの日、毎年イースターや
ペンテコステや、誕生日やクリスマスなど記念行事の時は
いつも何かが起こるので、今年は何があるのかな・・・
なんて思っていたのですが、
やっぱり今年も印象に残るできごとの祝福をいただきました。
神の国の豊かさの恵みに預かれたことを感謝します!

この豊かな恵みを今日のこのブログに来られた方が
神様から豊かに豊かに受け取られますように!
このブログを読んでいるのは決して偶然ではありません。
神様のご計画と使命が読んでいるあなたにあるのです!

この投稿をすべて神様のおささげして、
神様に栄光をお返しして
全ての恵みに感謝して、イエス様のお名前でお祈りします…
アーメン…†

 

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
  「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

(さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

 【You Version】
    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

***********************
『まことに主は、

あなたのために、御使いたちに命じて、

すべての道で、あなたを守るようにされる。

彼らは、その手で、あなたをささえ、

あなたの足が

石に打ち当たることのないようにする。』


(旧約聖書 詩篇91:11,12)
**********************

 

先日風の強い日がありました。

 

主人は仕事柄遅く帰ってくるので真夜中に

主人と、娘とわたしの三人が食卓を囲んでいました。

 

その時、ガッシャーン!と大きな音がしました。

「あ、きっと自転車倒れた…!」

と、私がいうと、主人と娘は「えー違うよ~こっちの方から聞えたよ。」

と、私と反対の方向を指差します。

 

主人がお風呂場に行くと戸が開いていたので、風が吹き込み

洗面器でしょうか、何かが落ちたみたいで、

「ほら~」という感じでした。

 

「そっかぁぁ・・・錯覚かぁ・・・」

確かにこっちから聞こえたと思っても違うことあるもんね、

と、おもいました。

 

次の日は仕事で、朝、自分の自転車に乗ろうとして

ふっと横を見ると義母の自転車が倒れていました。

 

「あーーやっぱり!」

昨日の私の聞いた音は間違ってなかったのです!

 

強い風が吹いたから一度に多くのところに作用して

同時にいろんなものが落っこちた…

だから誰も間違っていなかったんですね~^^

 

義母の自転車は見事に倒れていて、

すぐ近くに主人の車があるので、

あーーー車、傷付いちゃったかもなぁ・・・

主人怒るだろうなぁ・・・と思いつつ

車の傷を確認すると、なんと!なんと!

無事だったのです!

 

それもスレスレ!間一髪!

 

思わず撮った証拠写真

 

 

これを見て、すぐ神様と

今回の聖書箇所を思い出しました…

あぁ、そっかぁぁ・・・

こうして神様は私達を危機一髪のところで

助けてくれるんだなぁ・・・と・・・

 

今月の初めも、ある崖っぷちに立ってる状態だったのですが

私は腹も決めていて、すべてを受け入れる覚悟をしていました。

でもやっぱり、神様は助け人を何人か送ってくれたんですね…

 

その神様の助け方の見事なこと!

 

試練の時にその信仰が試され、

その人の持ってる信仰が明るみに出て来ます…

 

その試練を越えて現在は祝福が注がれているのを

日々感じています。

 

神様…こうして御言葉の通りに

私の足が石に打ち当たる事の無いように

災いから守ってくださって本当にありがとうございます…

 

この真実な神様を一人でも多くの方が知り、

祝福の人生を歩むことができますように・・・

 

この記事を神様が1人でも多くの人の目に留まり

救いへと導かれていくツールとして

神様に用いられますように…

 

この記事を読んでいるあなたは決してたまたま

この記事を読んでいるのではありません。

 

神様があなたを救いたいと強く願っておられます。

どうか、おさなごのような心で救いの部屋に行って

神様の救いを受け入れてくださいますように・・・

 

ゆだねて感謝してイエス様の御名前で祈ります…

アーメン†

 

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       

       ↓
   
  「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆


   ↓

(さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・


どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。


*****************************

 【You Version】
    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。


****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。


****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある


『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
***********************
『彼らの目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。
もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。
なぜなら、以前のものが、
もはや過ぎ去ったからである。』

(新約聖書 ヨハネの黙示録21:4)
**********************

本当に久しぶりにブログを書きます☆
いろんな証しがその間にもいろいろありましたが、
ピグ教会の方ではいつも証しさせていただいてますが
そちらで証しして安心してしまっていて
こちらの方はごぶさたしました~☆

神様に導かれて思いが与えられて
投稿を書きはじめました。

最近部屋を片付けていて、
いらないものを思い切って捨てています。
金曜も、かなり捨てました。

今、絵の仕事をボチボチと始めさせていただいて、
やっぱり、整理ができていないと
どうも仕事に取りかかる気持ちになれなかったりするのです。
狭いスペースで作業してますので^^

土曜日はヘブライ語の学びの日で、楽しい時間を過ごしました*
いつもはこの後に実家に行きますが、
今、施設はインフルエンザ流行時期の為、面会がお休み中なので
家に向かいました。
途中下車して、絵に必要な材料なども調達してから
帰途に着きました。

朝から何も食べずにいたので、少し食べてひと息ついていました。
すると、外から廃品回収の車の音がします。

家に壊れたミシン二つあって、
クローゼットの上の方に収納してあって
それは結婚する少し前に
母の薦めで買いました。
私は正社員で働いていたし、払えるのでローンを組んで
20万位するジャノメのセンサークラフトという
コンピューターミシンと、
四本糸の本格的な10万位のロックミシンを買いました。

その後、間もなく結婚したので、
その二つのミシンは私の嫁入り道具になりました。

母が入所して少ししてから実家から文字の刺繍はできないけど
同じタイプのミシンはあるので不自由はしてないけど、
わたしのミシンは壊れていなければ本当に色々できるので
修理にはかなりのお金がかかることが予想されるから
直さないんだけど、でもどこか惜しくて、
思い入れもあって捨てられずにいました。
収納場所がなくて、クローゼットの天井に近い
部分に収納してたので、
地震とか来て、これ落ちたらまずいなぁ・・・
と思いつつもそこにしまってました。

昨日、捨てた中に
長いことクローゼットの奥の方にしまって持っていた
洋裁関係の本や資料や型紙もすべて捨てました。

娘が結婚して、子どもが生まれたら使うこともあるかなと
思って今迄とっておいたけど
娘にいるか聞いたけど、もう形も古いからいらないとのこと、
娘は服飾の勉強を大学で学んだので、型紙も起こせるし、
全部自分でできるし、ネットの時代の今はいろんな情報もあるし
フリーソフトを使ってパソコンから型紙も製作して印刷できるし…
娘は補正もできるし、自分の体にぴったり合った服が作れます。

最初の頃は私に聞いていましたが、
いつの間にやら私を越えて行き、先日、本の説明が悪くて
作り方を迷っていた時、わたしに聞いてきて、
あ、まだ教えられることがあったのか~^^
と、少し嬉しく感じました。

確かに母が私にくれた子供服の本は
笑ってしまうくらい昔っぽくて・・・
(勿論基本は変わらないだろうけど)
 
母親が私にくれた本

 
もちろん私のはここまで古くないですが・・・笑
娘から見たらやはりそう見えるんだろうなぁと、
潔く本も捨てるためにまとめました。

でも、娘のファッションリーダーは私なんだと
嬉しいことを言ってくれます(^m^)
今は私もシンプルな服が多いし、娘と系統も違うけど
よく、今日何の服を着たらいいとか、
どっちがいいとか、この中でどれがいいとか
いまだに相談に来てくれます^^

話を戻して、廃品回収車の声のする方に行って見つけましたが
サンダルを履いてきてしまったので、
なかなか追いつけませんでしたが
やっと追いついて、家に来てもらい
引き取ってもらえることになりました。

一度トラックにのせましたが、これでもう本当にお別れだと思い、
業者のお兄さんに、
「あ、すみません、最後に、ミシンの写メ取っていいですか?」
とお願いしました。
最初お兄さんは「・・・?」という感じでしたが、
「これで、私、本当に色々作ったんです。
娘と息子のおそろいの服とか。これ私の嫁入り道具で・・・」
と話すと、すぐ理解してくれて、
「思い入れのあるものだとねぇ…
 
物を大事にするのはいいことですよ。」
と、この仕事をしているから本当に感じて
出てくる言葉なんだろうな…そんな気がしました。

そして写真が撮りやすい所にミシンをわざわざおいてくれました。
私は部屋に戻ってiPhoneを取りに行って戻って
ミシンの写メを撮りながら、
「このミシン今は認知症の母が、
買うのを薦めてくれたミシンなんですよ。」と話しながら、
あのミシン壊れてもう廃品回収に出しちゃったんだ~って
母に話してももう何のことかはわかんないことなんだよなぁ…
そんな思いが頭に浮かびました。
しかし、良くいく祈祷会で母に似た人といつも挨拶をして
本人には言っていないけどもこの人と会うことで
母に受け入れられる疑似体験をしています。
写メを数枚とって気が済みました。
 
その写真



お兄さんにお礼をいって、まだ捨てたいものがあるので、
今日はまだまとめられてないので、連絡先を聞いて
後日連絡するということで挨拶して家の中に入りました。

部屋に戻ると、なんだろうか…
涙がじわぁわぁわぁわぁ…っと出て来ました。
この投稿も打ち込みながらウルウルしてしまいました…

何だかわからないまま、神様にお祈りしました。
「神様、私にあのミシンを与えてくださって
ありがとうございました。
感謝します…本当に色んなものを作れました。
本当にありがとうございました。」
 
買った当時は気がつかなかったけど、
自分が買ったと思ってたけど、
今は神様がくださったこととわかります…

結婚前に、主人とつき合ってる時に、
ネクタイを作ってプレゼントしたこともありました。
主人にハンテンもつくりました。
自分の服はロングスカートのスリットをつけるのが面倒だと思って
横着してつけないで作ってしまい、自分の作った服なので嬉しくて
着て仕事に出掛けたけど、歩く、一歩一歩がせばめられてしまい、
ロボット歩きのようになり歩きづらくて歩きづらくて~
勿論、筋肉痛~www
スリットの大切さが身に染みました。

結婚してからは主人とおそろいのパジャマをつくりました。
長女が生まれる前の出産準備でおくるみを作って
出産して退院の時はそれに娘をくるんで里帰りしました。
テディベア―のぬいぐるみもつくって布団のそばに置きました。
娘の服をたくさん作り、親子でおそろいの服を作ったり、
子どもに作るという目標が出来てだんだんいろんな事が
出来るようになって洋裁の腕が上がりました。

カーテン屋の内職を始めて、後にパートで雇ってもらって
カーテンも作れるようになりました。

息子が生まれて、共布でつくった服を娘と息子に
おそろいで着せました。
幼稚園グッズに保育園グッズ、手提げコップ袋、お弁当袋
保育園の息子のお友達にも息子とおそろいのパジャマや
シーツや、袋…

そうそうこんなこともあった…
心臓の辺りが痛いので、不安になって病院に行って
診察してレントゲンまで撮ってもらって、
先生に恐る恐る結果を聞くと、「筋肉痛ですね・・・」
と、言われて、最初は「はぁ??」という感じだったけど、
そう言えば思い当たる節が浮かんできました。
自分で作ったワンピースが製図を失敗してしまったみたいで
ゆとりないワンピースが出来てそれでもせっかく作ったから
無理やり着て、長時間、体を締め付けてたことを
思い出して、それで苦しくて後に筋肉痛という症状が出たのです!
原因がわかり、大爆笑~!の笑い話に・・・f^_^;

イエス様信じて救われてからは、
最初に行って救われた教会の十周年記念の記念品の
聖書バックと巾着を作ろうと提案して、
みんなで協力してミシンで100セット以上作りました。
この時、牧師夫人と一緒に買い物行って
生地屋で50種類位の生地をこれもください、これもくださいと
ポンポン買えたのが気持ちよかったなぁ~
(勿論経費は教会持ち。)

その所属していた教会も無くなり、
今の牧師と共に開拓について行き
最初は教会員の店を借りて礼拝していました。
新しい会堂が決まり、牧師夫人と一緒に
このミシンでカーテンを作りました。
所属していた教会から脱出したあと、みんな傷を負っていました。
そのカーテンの奉仕もどこか意気消沈した雰囲気の中で
でもどこかゆるやかに流れる感じ・・・
牧師夫人に手伝ってもらって、
協力して作った情景を今も思い出しますがそんな中で作業をしました。
カーテンの余り生地で座布団を作り、いろんなカバーも作りました。
その会堂も出る時が来て、カーテンが捨てられず、家に持って帰ろうとして、
主人には、「えーーーいらないって~」と言われて、迷いつつ
パートでカーテンを作ってた時のように、一度、きれいにたたんだら
すごく気が済んで、カーテンは捨てることが決断できました。
大切な思い出を雑に扱われたくなかったんだろうな・・・
いまこの記事を書いていて整理が出来た気がします。

三年前の一月にイスラエルに行った時は、このミシンで
巾着と、髪飾りをスーツケース半分近く埋まるくらいたくさん作って
イスラエルの子供達にと献品もできました。
その品物たちは次の月にあったプリムの祭りの
子供達へのプレゼントの詰め合わせに使っていただき
重宝したと言っていただけました。

娘もこのミシンをたくさん使っていろんなものを作りました。

この時の出来事は私の信仰の土台のうちの一つであり
人に伝道していく中でも良く話すのだけど
自分のこの洋裁の賜物は、家庭科の教師になれる力もない、
デザイナーになる力もない、
小さな賜物だけど、賜物大きさは関係なくて
それを神様の為に使わせていただける…
そのことの方が遥かに遥かに大切であり喜びなのです。

昨日も、結婚当初からの付き合いの友達から
丈詰めの依頼がきて、来週の土曜日までに
仕上げを頼まれています。

もうこの家の中に新しいミシンしか残されていません。
古いミシンをいつか修理して使えるかなぁ・・・
そんな中途半端な迷いもなくなりました。
これからは新しいミシンを使うのです。

 今日、ブログを書いたのは、本当に長年使ったミシンの
「本当にいろいろ作った」、「いろいろ」のことのできた感謝、
恵みを一つ一つ数える心の作業と共に
きっぱりとあのミシンとお別れしたという
決別が必要だと思ったのです…

そして神様には希望があります。
ヨブは、すべてを失いましたが、後の回復は
以前よりも二倍増されたと聖書に書かれています。

私は無くしたものが違う形であっても回復が来て
わたしの心が本当に回復されるということを
本当にたくさん体験させていただいています。

そして後の回復は以前のものよりも
もっと良い物である事が多いのです。

私達の信じる神様は2000年近く離散していた
イスラエルの 国を回復し、国民を回復させる神様です。
スケールが違います。
私たち人間は小さな小さなスパンで物事を見て判断して
一喜一憂してしまいがちですが、人間の知恵で
すべてを見通すことはできません。

古いものは過ぎ去って見よすべてが新しくなりました。

そしてヨブが失った物の二倍の祝福を受けたという事実…
現在、2000年近く離散した民族が今現在この地上にあって
その建国されてる素晴しい回復の事実を
この目で見させていただいています・・・

私達は多くのものを失ったように感じる時がありますが違います。
それも含めて得ているのです。
失敗も成功も…
後悔も恵みも…

だから安心してください…

それはただ自分の方法で生きていても見つけることはできません。
それは唯一まことの神を通して、本当の意味で体験することができるし
得ることができるのです…

神様なんか別に信じなくてもいい…今迄生きてこれたし。
確かにそういう人生も歩めるでしょう。
その選択権も与えられています。

しかし、神を信じる前、信じた後、のビフォーアフターを
体験した者として言えるのは、
信じてなかったと思うとどうなっていたかわからない・・・
(わたしの場合なんか生きていたかもわからない…)

これは私だけではなくて
本当に多くのクリスチャンの人が言う言葉です。

この真実の神に一人でも多くの方がお出会い出来る事
心から願っています…

この記事を読んでいるみなさん、これは偶然の事ではありません。
あなたを救いたいと神様が願っておられます。
どうぞ下の「祈りの部屋」に行き救いを
おさなごのような心で受けとることができますように…
 
この記事にあるすべての栄光を神様におささげして
主の御名にて祈ります…アーメン…†

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
 
 「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓


(さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

 
【You Version】
    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓


聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある


『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
***********************

『そして、「アブラハムは神を信じ、
その信仰が彼の義とみなされた」という聖書のことばが実現し、
彼は神の友と呼ばれたのです。』

(新約聖書 ヤコブの手紙2:23)

『わたしはあなたがたを友と呼びました。
なぜなら父から聞いたことをみな、
あなたがたに知らせたからです。』

(新約聖書 ヨハネの福音書15:15)


**********************

先週の日曜日の教会である姉妹の証しを聞いて、
祈ったり祈らなかったりしてたのですが
神様、朝の祈りの時に今日は何をしたらいいですか?
という祈りをキチンとしました。
また聖書を読む前も、神様今日私になにが言いたいか
教えてください、と祈ったあと、
祈りの中で、自分の思いもしない祈りが口から出て来ました。

「アブラハムの信仰を私にください…」

自分の口から出て来た祈りだけど、
自分の思いには全くない祈りだったので
「はて?何のことだろう?」
と自分でもよくわかりません…

聖霊様が導いた祈りだと感じました…

神様にまだ見ぬ約束を信じて従い通して出て行く
アブラハムのような信仰を持ちなさいという
意味かなぁ…?アブラハム契約は聖書の中で
とても大事なとこだし…

そして答えはすぐ神様が示してくださいました。
その祈りをして約二時間後…

仕事始まる前にみたディリ―ブレッドからの
御言葉配信メールを読むと…

「永遠の親友」
と題してデボーションの文章が書かれていました。

「アブラハムは神を信じ、…」
…彼は神の友と呼ばれたのです。」

ヤコブ2:23

旧約時代、神の友と呼ばれた人はアブラハムとモーセ…
そしてモーセは神様と顔と顔を合わせて
話をしたと聖書にあります。

またこれは、エノクやノアでの表現ですが
神と共に歩んだとあります。
ヘブライ語ではただ歩くだけでなくて共に歩き回った…

その言葉も思い出します…

神様に友と呼ばれる信仰…

顔と顔を合わせる信仰…

主といつも共に歩きまわる信仰…

そっかぁ…神様の願っておられることは
そういうことじゃないかな…と…
神様は私がそう歩むのを願っておられるから
あの祈りに導かれたんだと感じました。

もう一つ別の証しです。

先週、7月最後の日、通読の箇所で、
ヨハネの五千人の給食の箇所でした。

聖書を読む時、神様に最近きちんと
教えてくださいと、祈るのを怠って読んでいたので
「神様、あなたが何を言いたいのか教えてくださいっっ」
と祈り、読みました。

その時、今までも何度も読んだ箇所…
他にも四千人の給食の話などもあります。

前から、イエス様なんでこの奇跡を行なわれたのかなぁ…?
と思うことがありました。

単純に、考えればイエス様に不可能はないし、
なんでもできる方で、少ないものから
多くの祝福を与えることのできる方…ですが…

でも今回それがはっきりと示されました。
目が開かれてなぜ、イエス様がその奇跡の業を行なったのか…!

イエス様は地上に来られて公生涯を通して
皆に伝えたことは神の国の事です。

イエス様はご自分の事を「私はいのちのパンです。」
つまり、ご自分はパンです。
そして少ないパン、たった二つのパンが男だけで五千人
女性、子どもを含めたら一万人以上と言われている人たちの
お腹を満たし、さらにカゴに余った事が聖書に書いてあります。

パンは、聖霊様が皆に
分け与えられることなんだと思わされました。
イエス様と、父なる神様と、聖霊様…
三位一体の唯一の神様から豊かにみんなに聖霊が与えられる…

これからやがてイエス様が十字架につき死んで葬られ
復活したのちに50日後、「新しい契約」が本当に成就する
聖霊降臨のペンテコステを迎えます。

エレミヤ書、エゼキエル書、ヨエル書の預言の成就…

その、予表があの奇跡の意味なんだ…!
そんなふうに思わされました。

じゃあ、魚はなんだろう…そう思った時に、
世の食物だ…と思わされました。

確かに人はパンだけでは生きるのではないと
神のことばで生きると
イエス様はおっしゃっています。

でもイエス様は主の祈りで、
日用の糧もお与えくださいと祈りなさいと教えてくださってます。

現実問題人間は、
肉の糧である食べ物を食べないと死んでしまいます。
それをも同時にキチンと満たしてくださる神様…

そして唯一の神様から豊かに、
そして一人一人に聖霊様を与えてくださる方…

そしてもう一つ思わされたのは、
私は日々、友達に、メールやLINEや
ブログやツイッターなどなどで
日々、御言葉を配信しています。

元は神様が私に与えてくださった一冊の聖書からです。

一冊の聖書の中からその中にたくさん入ってる神様の言葉、
いのちのパンをみんなにお届けさせていただいている日々…

今、イエス様を信じた者として、パンを届ける役目を
させていただいているのです。

主人に話すと、「なるほど、給食のおばさんだね」と言われ
二人で笑いました。

神の国の給食係ですね

思いを与えたのは聖霊様ですが、
こんな発想ができるようになったのは
ここでも話していますが、聖書を三つのテーマで見る
学びをさせていただいていて、それを生かして
そのテーマでメッセージを作る学びをさせてもらって
いるからだなぁぁぁ・・・と本当に感謝でした。

もちろん別の学びも含めてですが…

そんなことを教会の礼拝の分かち合いでもシェアさせていただき
共に喜びを分かち合いました。

私の教会の牧師先生は本当に謙遜なので、
なるほど~と一緒に共感してくださってほんと嬉しかったです。

またその礼拝の時も、先生が開いてくださいと言った
聖書箇所が、その日の朝のデボーションと全く同じ個所で
本当に驚きます。

******************

【↓この部分は上の証しの追記です☆】
実はこの朝のデボーション箇所は、

『しかし、だれでも、聞くには早く、
語るには遅いようにしなさい。』

新約聖書 ヤコブの手紙 1:19

だったのですが、これを読み、
自分はあることをある人に伝えたい!とすぐ思いついたんですが
御言葉によって自分を制し、それを行動に移すことはやめました。

そしてこれを書き終わって数時間後、
ピグ友さんと話をしてたら、その方も同じ御言葉を
火曜日に別のデボーションで示されて
その御言葉に従ったというのです!

その御言葉を私も語られたことを伝えると
繋がってるね~と意見が一致しました。

その日は娘ともシンクロして、
別のピグ友さんともいろいろシンクロしたり…

こうやっていつも神様は記事を書くと
証しに証しを添えてくださり、
私のこの伝道の働きを用い祝福してくださってるのを
よく言いますが、今回も感じさせてもらいました~
ハレルヤ~☆
【追記はここ↑までです☆】

******************

そして、もう一つの証しです。
先日のその礼拝で牧師の導きで、
また別の聖書箇所でヨブ記の1章を開きました。
そしてそこに自分で聖書の書き込みの文字が目に留まりました。

そこには私が高校生の時に付き合ってた子が数年前
仕事中、不慮の事故で亡くなってその連絡が
不思議な導きで私の所に来たことがあって、
このブログでも以前、その証しのメッセージを書きましたが、
その時、示された箇所だったみたいでした。

彼を傷つけたことがあって、心に引っかかっていて
同窓会の時に謝ることが出来てたことを感謝する言葉が
そこにメモしてありました。

そしてまた別に、牧師先生が、
中風の友をイエス様の所にお連れした友のように、
人の家の屋根を開けてまでもイエス様にお連れしたい…
あなたは、そういう人がいますか?という質問を投げかけられて
私はなんだか、出来るような出来ないようなはっきりと
できますとは答えられませんでした。
勇気がその時でないこともあるかもしれないとも思え、
ペテロのようにイエス様を裏切りません!と言ったのに
自分の力を知らず実際にはできなかった…
自分の力を過信したことはなんか言えなかったのです…
目の前にいる主人が、ズッコケて、みんなの笑いを
取ってましたが…なんとなく…胸を張って言えなかったのです。

その後に、そう言えばとある出来事を思い出して
いつも連絡がある主人から連絡がなくて
電話も出なくて妙に心配になって、寝ている息子を
たたき起こして車で主人の仕事場に向かった話をして
主人をフォローしましたがww
(その時はすれ違いですぐ家に戻って来てたのですが~)

また、これから、始めようとしていることが作業しやすいように
先日部屋を片付けて、かなりうまくいったので
ほんと心落ち着けていてやる気も湧いてきています^^

そして一つの引き出しを入れ替えて、
そこを利用しようかというアイディアが湧いてきて
中身をだしました。
その時、誰かのお葬式でもらったような
タオルハンカチが出て来ました。

あ… 多分…Iくんのお葬式のお返しのだ…

聖書箇所のヨブ記の書き込みを読んだので
直感的にそう思いました。

そこは本当に二年ぶりくらいにちゃんと整理した場所で
そんなところに、あるのを見つけて…

ちょっと気になって、もしかして、命日なのかな?
もう一度ヨブ記を開いてみました。
そこには、Iくんが亡くなった日が書き込まれていました。

驚くことにその命日が近づいていました。
ドンピシャの日にちではなかったけど
約二週間後が、Iくんの命日でした。

私は神様がお知らせしてくれたんだと思いました。

そのハンカチも、きっとIくんがそれを見たら
「なんだよ~さみこ~(←私のあだ名)
奥に入れないでせっかくだから使ってくれよ~」
なんていうだろうな~なんて思わされたので箱から出して
使うことにしました。
(もしかしたら、もう1人心当たりがあるので、このお返しは
別の知人のかもしれないけど、それが間違っていようが
Iくんの命日が迫っていることを気づかせてくれたことは事実です…)

そして私はこれからしようとしている仕事で
封筒の展開したものを知りたいなぁ…と思っていたのですが、
その箱が封筒の形で…参考になる!と思わされ…
Iくんも天国で見てたら、私がこれからするそのことを
応援してくれてるという気がしました。

そしてハンカチを出して広げた時に、中から厚紙が出て来ました。

あ…

何の変哲もない厚紙ですが、私は少し驚きました。

私はこれからやろうとしてる仕事をするにあたって
商品の中に厚紙を入れるかどうか迷ってたのです。
なんとなく、神様がそれを通して、
「厚紙を付けた方がいいと思うよ」と言ってくれてる気がしました。
笑ってしまうことにその後立て続けに10分以内だったと思いますが
買ったものを開けたら別に3枚も厚紙が出て来たのです!!!

これは、神様が、商品が傷まないようにそれは入れた方がいいよって
念押しの念押しをしてくださったと感じました。

そして、別の物を開けたら
極めつけにもっと大きな厚紙が更に出てきて~☆笑笑笑

神様は本当にユニークなお方です^^
そしてとても分かりやすく鈍い私に教えてくださる
親切なお方です♡

わかりました神様!私は厚紙をちゃんと入れますので~
あなたにお従いいたします♡
そうお返事しました。

そして別の事も思わされました。

私は、本当に図々しいことをしたのかもしれませんが、
当時の投稿にも書きましたが、Iくんのお葬式の時に
お金をお包みした時に、その中でこのブログの
URLを書かせてもらったメモをいれました。
失礼を重々承知で、無礼を本当に謝る言葉を添えて…
救いを伝える責任があるように感じたのです。
その為に、私は Iくんと短い期間でもお付き合いした意味が
あるのかもしれないとも思わされ…
もうその時にしか、渡せるチャンスはないだろうな…と
思ったし…

私が福音を知っているのに、I くんのご家族に
それを伝えないのはとても心苦しかったのです。

そして昼間の礼拝の時に、胸を張って答えられなかった自分に
神様が、さとはあの時、勇気を出して福音を伝えただろう?
さとなら、きっとできるよと、神様が慰め励ましてくださってる
そんな感じがしました。
書き込んでてなんだか涙が出て来ます…

今回はここ1~2週間の間に起きた証しのアソートでした~笑

あ、そうだ!
私にはイスラエル人のある方と関わらせていただいているのですが
日々LINEしてる人と別の方なのですが、
その方が来日するそうで、来日の際、会いませんかと、連絡が来ました。
主人に相談して、会うことにしました。

その方はユダヤ教徒の方であり、私はクリスチャンということを
知った上であおうとしてくれています。

主人とは日々、イスラエルの為に祈りを捧げています。

神様…
この私にイスラエルの為に
何かできることがあるでしょうか…
かけらでもなにかさせていただきたい。
直接の救いの伝道はできなくても、このままであっても
何か、神様の事が私を通してお伝えできたら
神様が私を用いてくださったら本当に喜びです。

このことについて私の中に非常に平安があります。

だから神様におゆだねして行こうと思います。

イスラエルの残りの者が起こされるその為の
神様の働きの一端を担わせていただけたら…
その一心です…

そして神様が
「あなたを使う」と、エレミヤ書51章で以前受け取った
御言葉を握って…

『私はいつも、私の前に主を置いた。
主が私の右におられるので、
私はゆるぐことがない。
それゆえ、私の心は喜び、
私のたましいは楽しんでいる。
私の身もまた安らかに住まおう。』

旧約聖書 詩篇16:8,9


そしていつも主を私の前において…

『心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りにたよるな。
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。』

旧約聖書 箴言3:5,6


そうすれば、神様は私の道を真直ぐにされるでしょう。

これを読まれた方で思いが与えられた方がいらっしゃいましたら
ぜひ執り成してくださったら感謝です。

長い文章を最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事を読まれている方、
あなたは偶然にこれを読んでいるわけではありません。
神様の導きがあり、あなたを救いに導きたいと
神様が切に願っておられるのです。

どうか、下の救いの部屋に足を運んでくださって
神様の救いを受けとってくださることを
願っています。

神様はどこか遠い所で他人事のように私たちを
のん気に眺めておられる方ではありません。

あなたの日常に深く関わってくださり
あなたを深く愛しています。
そして呼吸するようにあなたが神様を慕い求めて
歩むのを深く願っておられるのです。

どうかのこのブログを読まれた方が
ひとりでも多く救いを受けとることができますように…

おゆだねしてイエス様のお名前でお祈りいたします…
アーメン…†

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
    「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

@satobudou (さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

【You Version】

    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
***********************

『心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りに頼るな。
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。』

旧約聖書 箴言3:5,6


**********************

前回の投稿でも触れましたが、
自分の作った作品を販売することを考えていて
今、それを進めている真っ最中で、
他にやることと共に、日々、忙しく過ごしています。

それを進めて行く中でも神様の恵み、導きがあるので
今回はそれを証ししたいと思います。

とにかく、これをするにあたって、
自分の内側からいろいろとアイディアが浮かばされます☆
湧き湧き湧き~っと湧いてきます♡

以前も話したかもですが、朝起きたらアイディアが湧いてきて
忘れないようにと、思わず紙に書きとめます。

着々と進む中で、作品に対しての
周りの人の反応もいい感触を受けています☆

作品を少しづつ作っていてその一部を
作品販売の話も聞きたいと言ってくれた
あるピグ友さんに、その画像を見せた所、
私の作品の英語の綴りにミスがあって、
それを教えてもらえました~!

作品が世に出る前に、神様はちゃーんと整えてくださって…
本当に感謝でした^^

そう言えば、以前にも、日々やりとりしてるイスラエルのお友達に、
話の中で、今度お世話になった人にこの絵をプレゼントするんだよ~と
画像を見せた所、単語のスペルが一個間違っていたのを
見つけて教えてくれて~!

人にプレゼントする前に
その個所を訂正することが出来て、本当によかった~という
出来事が前にもありました><

そして、着々と作品が出来上がりつつあった
納品予定日の前日の金曜の夕方。
仕事から帰ってきて、娘と話をしている中で、
私の使った文字のフォントが、フリーフォントで
それが商用で使えるか、個人のみ使用可か
確認した方がいいんじゃ…ということに気がつき
指摘がありました…!!

えぇぇぇぇ~泣

そしたら、今まで作った作品は全部手直し???

私はそのフォントがパソコンに
元から入ってるフォントと思いこんでいて…
かわいくて気の利いたフォントがあるなぁとは思っていたのですが、
そう言えば、私が4年前ぐらいに、自分のノートパソコンを
購入して、その時に娘が、フリーフォントを私の中に
取りこんでくれたのをなんとなく思い出しました。

あぁぁぁ~・・・

でもそれに気がついた以上は、そのまま進めることはできません。

サイトに行って確認すると、どうやら、個人使用が許可で、
私がしようとすることはできない感じです。

横で娘が、販売数が少ないから、今回だけは大丈夫じゃない?
そんな声も聞こえてきます…

やり直しかぁ・・・

娘が、その製作者に問い合わせしてみれば…とアドバイスしてくれますが
はっきりとダメ出しを受けることを考えると
なんとなく気が進みません。
もう、どうせだめだろうな…
まぁ聞かなくても、いいか…いさぎよく直そう…

とりあえず、パソコンで他の似たフォントを探しますが
あのフォント以上に気に入る物が見つかりません…

こうなったらいさぎよく、商用可のフォントの本が売ってるから
それを買いに行こう!
二つ隣りの駅にある大型本屋にすぐ向かいました!

娘も用事があってその本屋が入ってるショッピングモールに
先に出かけてて、私も後を追う形になりました。

その本屋の中にベンチもあって、5冊近く持って
どれにするか見比べます。

そのうち娘と合流出来て、娘が、買わなくても
もう少しネットで探せばあるんじゃない?
それに、そう言えば、Kちゃんの本棚で
フォントの本を見かけたなぁ~ということを聞きつけて
とりあえず、早まって無理に買わず
大人しく家に帰ることにしました。

文字を直すと決めた時点で、次の日の納品はあきらめたから
まだ少し日にちに余裕があるし…

そしてその帰り道に、娘の友達に
その本を借りることが出来ました。

家に帰ってもう一度、他のフォントをネットで探して
よさげなのを一つ見つけましたが、
やっぱり今まで使っていたフォント以上のものではなく、
妥協のフォントでした。

本もそこそこいいのがあるのですが、
やっぱりあのフォントには及ばず…

とりあえず、もう!こうなったら自分でフォントを作ればいいや!
という考えになりました。

パソコンに元々入ってるフォントを元にする分には
誰になに言われる訳でもないし、たとえ誰も何も言わなくても
自分の心に咎めがない。堂々とできる!

ということで、定番フォントを元に、オリジナルのフォントを
書き上げました。
そしたら、結構いいのが出来ました。

使うのも少し手間がかかるけど、PCのアクセサリで
外字エディタというのがあるのを知っているので
(以前仕事で、PCに無い文字を作って登録したりしたのです。)
一文字一文字手間かかるけど今度頑張って登録すればいいや~と。

でも、すでに作った作品がお蔵入りになるのは
少し気になります。
まぁお世話になってる方にプレゼントすればいいや~と…

次の日の朝、イスラエルのお友達から送られてきた
日本語の聖書の御言葉の朗読をした動画があって、
それを見て返事しなきゃ!と思って、その動画を見ました。

その個所は第一コリントの13章の愛の有名な聖句でした。

その動画に写る彼女の立派に朗読する姿に感動して、
少しじわわ~んとします。

その中で、愛は
『自分の利益を求めず…』
という部分があり、そこが自分に深く思わされ
あぁ、そうだそうだ…

もちろん、作品を売ることは利益が発生するのですが、
そういうことではなくて、私が、既に作った作品を
納品できない事を惜しく思い、
でもそれをもし、娘の言うように少しだから今回はいいかもよ…
という言葉を自分の判断で今回だけはいいか…なぁ…
というよぎった気持ちを優先し、フォント作成者の
意図に反して数枚でも勝手に売ってしまおうかな…
という考えは自分の利益を求める心があるから
迷うんだなあ…と、気がつかされます…

そして、自分の作ったフォントを使えばいいんだと
自分なりに納得しつつ…

作品の文字の修正にかかります。

でも直しているうちに、また、使ったお気に入りのフォントの原型と
見比べると、随分違うことに気がつきました。

なんか、確かに、フリーフォントをベースに使ったのは
確かなのですが、かなり自分がアバウトに使ったと思う以上に
かなりアバウトであり、元のフォントからは随分離れている事に
気がつきました…

あれ?もしかして、製作者にみてもらったら、
許可が出る可能性もあるかも知れない…そんな気持ちになり、
やっと製作者に直接、問い合わせる気持ちになりました。

そして、今回既に作った数枚の作品だけは
販売許可してもらえないかダメもとで聞くことにしました。

そしたら、ほんとうに素早い対応で、
枚数も少ないし、イラスト主体で文字を添えるなら大丈夫ですと
返事をいただきました。

でも、自分は伝えたいのは文字メインなので、
画像を添付してもう一度確認してもらうことにしました。

直す作業を同時にしていましたが、見れば見るほど、
原型とは結構、離れてて…

でも娘がいうには、やはりそれを主体にして
トレースして使っていることが問題でもあるのです…

そして確認してくださって返事をくれて、
これからも形にこだわらずアレンジして
使ってくださいということで快く承諾していただきました。

少し手直しも始めてましたが…
案ずるより産むが易し…

もう少し早く問い合わせればよかったかな?
と思いつつ、でも迷ってたから、
自分のフォントも出来上がったし
自分のフォントを作るアプリというのも
調べて見つけることもできたりもして
問い合わせを迷っている間に得たものもたくさんありました☆

神様に感謝します。

ちなみにこの方のご厚意で、OKがでましたが、
これをすべてのケースには当てはめられないので、
フリーフォントを使う時は、それぞれがその製作者に
ご確認くださいね。

とにかくこれで堂々と胸を張って使うことが出来ます!
本当にすがすがしい☆

私がこれを始めるにあたって、過去を振り返ると
神様がいろいろな準備をしてくださったことに
いろいろ気がつかされます。

そしてこのことはどの工程をやっていても楽しいのです♡

主人が仕事を新しく始め、本当にそれが主人に合ってて
人生の半分以上も過ぎてから、こんなふうに自分に合った
仕事が与えられた主人を見ると
本当によかったなぁって感じていました。

モーセも80歳から用いられました。
我らの信仰の父祖アブラハムも
100歳でイサクを産みました。

人間的に考えると、
もう何もできないように思えたりしますが
決してそんなことはないのです。
こういうことがあるんだなぁと…

そして、気がついたら、いつの間にか自分も
本当に心から喜んでできることが
与えられてた!?あれ?もしかして!?神様が与えてくれた??
という感覚なのです…(笑)

まぁまだ始まってもいないですけどね・・・☆

そして、このことをなすにあたって、
神様が道をスッ、スッ、スッーっと、開かれる感じ…

神様の御言葉を伝える事であるから、
神様が道を整えて真っ直ぐにされる感じを受けています。

『心を尽くして主に拠り頼め。
自分の悟りに頼るな。
あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。』

旧約聖書 箴言3:5,6

箴言の有名な箇所を思い起こされています。

ちょうどこの御言葉の賛美も聞き、
牧師からの御言葉メールでも読み…

でも神様のために用いられたら本当に感謝です☆

今度こそ納品に向けて準備進めていこ~っと☆

またこの事のための祈りをみんなにお願いして
多くの方の祈りの支えがあることも合わせて感謝します!

そしてなによりも私自身を導いてくださる神様に
この証しの感謝と栄光をおささげいたします!

みなさんにも皆さんにしかできない働き、
あなたにしか任せられない神様の働きがあります。

そしてその使命を受けて、喜びをもって
この地上での人生をまっとうしていくことが出来ますように!

この記事を読んでいる人はたまたま読んでいるのではありません!
神様があなたを救いたいと、強く願っておられるのです☆

ぜひ下記の救いの部屋に行き、救いを受けとることが
出来ますように・・・!

今この瞬間にあなたは救われることができます!
本当です!

これを読む方がひとりでも多く救いに導かれますように…

イエス様のお名前によって祝福して祈ります☆
アーメン・・・†

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
    「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

@satobudou (さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

【You Version】

    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:
***********************

『私は、「だれを遣わそう。
だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる
主の声を聞いたので、言った。
「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」』

(旧約聖書 イザヤ書6:8)


**********************

先日、主人が大きな岐路に立たされていました。

いったいどうなるのか…?

「大丈夫だよ。」と声をかけ続けてきましたが
主人の信仰はどこかに吹っ飛んでいるようでした。

「こうしたら?」の私の意見にも、
「もういいよ…」という感じで…

朝、寝てる主人の足元に
洗濯物を干そうと針金のハンガーをちょっと
置いておいたのですが、主人が寝返りを打ち始めたのが見えて
慌てて、素早くサッと、その針金のハンガーの束を
どかしました。
危機一髪!そのままにしてたら、
「痛ててっ!」と言われるところでした。
主人は全く気がつかず何事もなかったように
引き続きグウグウと夢の中です。

その自分のとっさの行動にふっと思わされました。

主人は寝てたので、私がそんなことをして主人を守ったのは
主人が痛い思いをしないようにと障害物を取り除いたのは
私が話さない限り主人は知らないままです。

人間の私でさえ、主人が痛い思いをしないように
あんなに素早く行動し、危険を取り除く働きをします。

なら神様がこのわたしの行動以上の事をしないであろうか…
だから大丈夫だ…そう思わされました。

私たちは日々いろんな事があります。
喜べないこともあるでしょう。

でも試練があったとしても
多くの苦しみや障害物を私たちの気がつかない部分で
実はかなりたくさん神様は取り除き排除してくれた
そのあとの苦しみ…実はそんなこともあるかもしれません。

神様は謙遜中の謙遜なお方なので、
私たちのように、あの時、こう助けて、またあんときはこうで…
なんて、あえて言われませんし…

有名な賛美で、主は道を日々造られる の世界ですね。

♪主は道を日々造られる
何も無いように思える時でも
主は御手で、御元で支え
新しい明日へ主は道を造られる・・・♪


そこに至る少し前も、深く祈らされ、
そして祈った二日後に、神様からの助けが来ました。
そして、実はその祈りは祈った次の日には
実はもう動き出していたことを知りました…

神様はやっぱり祈りを聞いてくださるお方です…

いい方向が見え、
しかし、それでもまだ自体はまだ不完全なままでした…

そしてたくさんの信仰の友に執り成されつつ…

ターニングポイントの前日を迎えました。

ある考えが一つ頭に浮かびました。
一瞬神様の知恵のような気がしましたが
が、しかし、何となくそれも違うような気もして…
こうやって自分の考えで進むのはやめよう…

主に何かお考えがある筈だ…
下手に動くのはやめよう…
そして、それが自分たちの願う道ではなかったとしても
それでいいじゃないか…

主がそれが今の私達に最善だとお考えになるに違いない…
きっと後に振り返った時、あぁ…あれでよかったんだ…
と思えるのだろう…

そんな思いで、特に何もせずに神様の動きを
待っていました。

ある意味腹を据えたみたいな…(笑)

しかし!今回!ギリギリのギリギリで神様の御手が動きはじめました。
私たちの願う道の扉が開かれたのです。

そして、今回の山を乗り越えることができました。

神様に絶望していた主人も元気を取り戻しました。

私は、「ねっ?神様助けてくれたでしょう?」
さすが私の信じる神様!エッヘン☆と、
主人と同じ神様を信じてますが、ドヤ顔です 笑

やっぱり、私の信じる神様は真実なお方だ♡
神様が誇らしい気持ちでいっぱいです☆

試練の時に信仰が試されるよね…
その時にその人の信仰が現われるよね…
と、話します。

主人もそうだなぁ・・・と。

何に基盤を置いているか。
それは御言葉です。聖書の言葉が私に希望を持たせます。
聖書には神様はどういうお方かがかかれているのです。

感情は私達を引っ張ることはできません。
貨車も先頭の車両が無ければ、後続の貨車を引っ張ることは
できないのと同じで、信仰が先頭車両でなければ
私達は前に進むことができないのです。
貨車が先頭車両の役割は代わりにすることはできないのとおなじように。


試練中、主人は「神様何も答えてくださらない…」というので
「聖書を開いたほうがいいよ。」と何度か言いました。
「じゃないと聞こえてこないよ。」
もちろん御言葉をたくさんたくわえていると
いろいろ思い出されて語られることも多いですが、
やっぱり聖書です。

でも、開く気分じゃないと、ペテロのように
でもお言葉通りと自分の考えを横に置くことが出来ず、
厳しい現実の環境に浸り身を浮かべていました。

確かに主人は御言葉の配信メールなどはみたり、
聖書を週一回学び、礼拝にも行きますが、
礼拝も恵まれていない状態が続いているみたいで…

でも同じ礼拝に出て恵まれてる私や他の人がいるので
主人の側に何かがあるんだろうなという気がしてます。

とにかく御言葉の貯蓄がはるかに少ないのは
一番近くにいる私はよく知っています。


いいことばかり続くのも確かに祝福です。
しかしその時だけ神様を信じるというのもまた違います。

主人は今回、自分の力ではないんだということを
神様に傲慢を取り扱われて、取り除かれたんだろうなと感じますが
主人にその自覚がないままで、神様の憐みの回復が来たので
またこの試練は主人にまたやってくる気がしています。

とりあえず、元気を取り戻した主人は急に御言葉が入ってきます。

環境、状況に支配されていた時は入ってこなかった御言葉が
あぁ、この御言葉が送られて来てたんだ…と
いくつかシェアしてくれました。

御言葉メールのデボをみて
「心を尽くし、思いを尽くし、力を尽くしてあなたの主を愛せよだ…
アーメン」

と納得してます。

牧師の送ってくる御言葉メールも
「何も思い煩うな…だ…アーメン…」

と主人は嬉しそうです。

そしてその後か次の日の朝だったか、
トイレに飾ってある御言葉の日めくりを変えると
申命記6:4,5の

『主は私たちの神。主はただひとりである。
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、
あなたの神、主を愛しなさい』

まさにそれでした!
神様はそうだよ、その御言葉なんだよと…おしゃっているかのようでした。

そしてお世話になっている人に前日から
その方の好きな御言葉の版画を彫って作品を作っていました。

それは口語訳で、マタイ6:34で
『だから、あすのことを思い煩うな。』
で、早朝から彫っていました。
その後、息抜きに携帯を触って未読のメールを読みました。

牧師の御言葉メールを開くと、まさにその聖書個所!
マタイ6:34でした。
そういえば、主人が言ってた、まるで自分は読んだような気に
なっていましたが、自分が作成している作品で
その文字を彫ってるにも関わらず、実はピンと来ていなかったのです。
御言葉にありますが目が開かれていないってやつでした。まさに。笑

そして、これが出来たら次はどんな御言葉を彫ろうかなぁと
思っている時に、ふっと、御言葉が来ました。

『ここにおります。』

私がここにいます、遣わしてください…
そのニュアンスの御言葉が思い出されました。

実際に作る作らないは別として、
あとで調べようと、
忘れないように慌ててノートに書きとめておきました。

  ↓

メモ


今、作成している作品がずいぶん形になって来たので
販売しようと考えていて、
そのことことを進めようと今導きの中でしていて、
本当に神様がいろんなアイデアをくださり、導かれるのです。
朝もアイディアが急に湧いてきて慌てて書きとめたりしています。

午後は出かける予定で、祈りの集会に行きました。
そこで、クリスチャンバンド、ナイトdeライトが、
先日イスラエルで独立記念日に海外では初めて
イスラエルの国以外のバンドがステージに立って
演奏したのですがそのバンドが出演してました。

その記念日の時の為に作って、イスラエルで歌った歌、
Let Every Nation が演奏されました。
英語でしたが、下に訳が出てて、

「誰が私の心を知る者であろうか・・・」

という歌詞に涙が出て来ました。

そして言葉は少し違うけど
「私達がいますということが出来るように・・・」
という歌詞の訳が出てきて
思わずびっくり!!

私が今朝、書きとめたことだ…!!

イスラエルへの祈りへの召しに加えて、
みんなに御言葉を伝える別のツールとしても、
今考えていることを、神様がそれだ、その道に行けと
言ってくださっているのかなと捉えています。

とにかく、どんな形にせよ
神様の御用のために用いていただけるのは
私のよろこびです。

その会場では、イスラエルツアーでご一緒した
大好きなご夫妻に会えて!
東北から来られていたのです!

「きっと、さとみさんに会えると思ってました。」
と、言ってくださいました。

このご夫妻は本当にあたたかくて、大きな愛で
私を迎えてくださるので、涙が出ます。

ご夫妻は東北の震災に遭い、大変な思いをされました。
二年前のツアーの数か月後に気仙沼に行かさせていただきました。

でも、震災に遭ったとは到底思えない印象を受ける
明るい先生で、驚くほどです。
もちろん苦しい思いを誰よりもされたんだと思いますが
根底に神様があるので、大波が来ても先生を押し流すことは
できなかったのでしょう…

全てが流されてしまった
震災後に先生に与えられた御言葉はヨブ記の1:21
多分22節もだったかもです。証しがそうなので…
合わせて載せておきます。

「私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
ヨブはこのようになっても罪を犯さず、
神様に愚痴をこぼさなかった。」

先生のは文語訳でおっしゃってたと思いますが…

でも一つだけ文句を神様に言ったそうです。
たくさんの大切な本が流されてしまったことを
残念に思っていたとツアーの時証しされてました。
でも後に遊びに行った時に聞くと、
たくさんの方が先生の所に本を送って来てくださったそうで
仮設の部屋にあったこの本棚は
随分充実されているとおっしゃっていました。
やはり、別の形で回復があるなぁと…
自分が欲しいと思って買って蓄えていたものは流されましたが
戻って来たものは、先生の事を思い、皆が持ってきてくれた
本にはきっとみんなの愛、そして神様の愛が
豊かに添えられた回復の体験だったんじゃないかと思います。

他にもツアーで一緒だった方や、引率してくれた
先生にもお会いできてウルウルでした><

詳しく話したいところですが、詳しいことは割愛しますが、
私がツアー後に、イスラエル土産のイスラエルの国旗の
ピンバッジをあげた方がいるのですが、その方に会って
あの時の私ですと伝えると、あぁ、と思い出してくれて
その方は今度、イスラエルに住むのですが、
そのピンバッジをつけてイスラエルに行くんだって
思っていたんですという言葉を聞くことが出来て
ちょっと嬉しく、ちょっと不思議な感覚でした。

そして、その集会の後に、ある場所に
私の作った商品のサンプルを持って行って、
販売計画の話の説明を聞きに行き、
それに向けて進もうとしています。

とにかく、神様の御用のために用いていただきたい。

『私はすべてのことを、福音のためにしています。』

(新約聖書 コリントⅠ 9:23)


何をするにも、私の根底はこの思いです…

あと、帰ってからコーヒーを飲もうとしたんですが
コーヒーが切れてるのを思い出して、
あぁそうだった…と、麦茶を飲みました。

夜に仕事から主人が帰ってきて
これ、駅で配ってたのもらったといって
私に見せてくれました。
寝ぼけてたので、キャラメルかな?と思って
あとでよく見て見るとなんと!
スティックコーヒーではないですか!
  ↓
スティックコーヒー

この神様の暖かい配慮に心が嬉しくなります♡
物もらってすぐ喜んでしまう安易な私ですが
神様、大好きです♡

まだまだ日々の証しが全部証ししきれてはいませんが、
今日の証しはここで閉じたいと思います…

最後まで読んでくださって感謝します。

これを読んでくださったかたが、
神様は今も生きておられ、あなたのごく近くにおられること
日々生きて働き、あなたと日々交わることのできる
神様であること、そして私たちのごく小さな日常に
同時にこの世界を、大きな歴史をも治めておられる偉大な神が、
気にかけ、介入してくださってることが
少しでも伝わったら幸いです。

これを読んでくださった方が、下記の救いの部屋に行き
人生の中で絶対に手に入れるべきもの
神様の救いを信仰告白して救われることが出来ますように…
いまこの瞬間にあなたは救われることができるのです!
この救いは絶対に逃してはならないものです…

この投稿をすべて神様のおささげして、
神様に栄光をお返しして
全ての恵みに感謝して、イエス様のお名前でお祈りします…
アーメン…†

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
    「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

@satobudou (さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

【You Version】

    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
***********************


『しかしわたしは、よみがえってから、
あなたがたよりさきに、ガリラヤに行きます。』

(新約聖書 マタイの福音書 26:32)

************************

『ですから、神に従いなさい。
そして、悪魔に立ち向かいなさい。
そうすれば、悪魔はあなたから逃げ去ります。』

(新約聖書 ヤコブの手紙4:7)



**********************

おとといの夜、ちょっと怖い出来事がありました。

主人の仕事が変ってからは、
仕事柄、帰宅が遅くなりました。

すごく眠くなるので、主人の帰宅前に
仮眠を時々取ります。

おとといも、あまりに眠いので仮眠を取っていました。
そして、寝ている時に私のベッドの横に
何か嫌な気配に気がつきました。
何かがいる…
その次の瞬間に、それが私の上に
ざわわわわわわぁ~~と覆い、
ワシャワシャワシャ~~!!!!
と、めちゃくちゃにかき混ぜるような感じが
寝ている私の上でおきました。

思わず私はしっかりと目を覚ましました。

わぁ・・・今の何だったんだろう…?

後味が悪く、非常に気持ちが悪いので、
すぐ心の中でイエス様に祈りました。

その出来事のすぐ後に、主人からの帰るコールがきました。

事情を説明すると、主人は
「祈ろうか?」と言ってくれて、
電話口で祈ってもらいました。

祈ってもらい、心が安心しました。
もちろん自分でも祈りましたが、
執り成して祈ってもらうと確信が増します。

神様は、気持ちの悪い出来事の後に、
祈りの助け手の主人をすぐさま私に送ってくれたんだと
神様の守り、支えを感じました。

私が思わされたのは、
今現実に大きな試練が起きているのですが
私は信仰に立っているので、
なんか希望を持っている…
何があっても大丈夫な気がしているので、
悪魔はそれが憎たらしくて、
腹いせにそんなことをしてきたのかな…

それが合っているのかは分からないけど、
そんなふうに思わされています…

私たちがクリスチャンが幸いなのは、
神様が悪魔よりも強いということを知っていることです。

勝つか、負けるか、勝負が分からないという
中途半端なものではなくて、
イエス様が十字架の死と復活によって
すでに、イエス様は悪魔に勝利してくださっているということ。
イエス様と同じ勝利がすでに私たちに与えられているということが
霊的な事実ということを知っているから安心できるのです。

私たちはその神様を信じていて、すでに勝利で、
その神様が私たちの内側に住んでいてくださっているのです!

世的に見たら、時に敗北にみえることもあるかもしれません。
しかし、私たちはそれを越えて
まだ見ぬ、祝福を待ち望むことが出来るのです。
また実はそれはすでに得ているのです!

昨日、ピグ友さんに、最近ブログは投稿しないんですか?
と、声をかけてくださって、してない証しが
いくつかあるので、その証しを書こうかなぁ…と
思っていましたが、毎日お知らせが来るアプリの
今日の聖句が

『ですから、神に従いなさい。
そして、悪魔に立ち向かいなさい。
そうすれば、悪魔はあなたから逃げ去ります。』

(新約聖書 ヤコブの手紙4:7)


だったので、神様はこの証しをしなさいと、
おっしゃっているんだと感じたので、
この証しをさせていただきました。

話変わって、もう一つ別の証しです。
実は今、いろいろと考えていることがあって、
神様に関することなのですが、
本当に日々アイデアが湧きに湧いてきてて、
朝起きるとそのアイデアがパァーって浮かぶので、
慌てて、忘れないようにノートに書き出したりしています。

いろんな導きもあり、道を進んでいるという印象です。

そのことをするために、あったらいいなという
事務用品があって、その購入を検討しました。

アマゾンで見て、買おうかなぁ…と思いましたが、
少し面倒に思って、すぐには注文をしませんでした。
どちらかというと、欲しいと思ったらすぐに手にしたい
という思いがあるので、どこか、近くの文房具屋に
ないかなぁ…と今日の朝、ネットで店を調べて
何件か店に問い合わせて見ました。
みんな取り寄せとか、取り寄せてもアマゾンの方が
送料込でも安かったり…

最後に連絡したところに、置いてあったのです!

そこなら、息子に車で連れて行ってもらえる!
とわかり、アマゾンよりも少し高いけど
今日、すぐ買えるなら、全然OK!の許容範囲の金額で!

すぐ息子に交渉して、連れて行ってもらえることになり
さっき行ってきました。

向かう車の中で、グーグルマップを見て、
ストリートビューを見て、マップの中で
景色をぐるりと一回りすると、
なんとその画像の中に教会がありました!!

わぉ♡

わぁぁぁぁ!神様だぁ♡

神様が私のしようとしていること、またこの買い物を
祝福してくださってるんだ!そう思えて、

途端に車の中で嬉しくなり、
隣で運転している息子にすぐに報告しました。

店が近くなって来て、教会の十字架が目に入りました。

「あ!あの辺だ!」

そして、車を降りて店に向かうと、
なんと!その店のちょうど隣が教会でした!!

わぁぁぁ~♡
神様のなさることって本当にカッコいいのです!!

神様が、先に現地に行って、待っていて
迎えてくださったような気がしました…

教会


そして、店の人に言って、商品を手にしました。
わぁ、思ってたのより結構大きい…

とりあえず、それを買ったのですが、
このサイズよりももう少し小さいのがある気がして、
尋ねると、やはりあって、その商品に替えてもらいました。

それだと十分に間に合う大きさで、
値段も半額!!
わぁ~☆

もっといい物が安く備えられてた!!
神様が用意してくださっていたのです!!

そして、店を出て車も走り出しましたが
妙に迷いが来ました。
やっぱり、大は小を兼ねるし…
大きい方がやっぱり使い勝手がいいかも…

まだ間に合うので、ちょっと息子に考えさせて~と言って
路肩に車をとめてもらいました。

息子は優しいので、
「いいよ~ゆっくり考えな~」と言ってくれます^^
主人なら、ちっと、「え~~早く決めてよ!」ぐらいの
言葉が返ってきそうですが…笑

だいたい、私の場合、一番最初に考えたことを
妥協すると、非常に後悔することが多々あるよなぁ…
と分析し、アマゾンで買ってたら大きい方を
買ってたよな…元々はあの金額でを買う決心をしたじゃないか!

「ごめん!やっぱ戻って~!」
と、お願いして戻ってもらい、結局大きい方を買いました。

結果は安い方は買わなかったけど、
神様は、安い方も用意しておいてくださり、
わたしが、実際に見比べて、納得のいく
買い物をさせてくださったんだと思います。

帰りに隣の教会を眺め、
一つの御言葉の看板があり、
そこからも、また思いが与えられたこともありました。
それは割愛しますが^^

帰りに、息子におねだりをして、
パン屋に行くことになりました~笑

そこには、イートインがあって、
私は家で食べるつもりでしたが、
息子が食べて行く?と聞くので、そうすることにしました。

コーヒーもごちそうしてくれて、
氷の入ったカップにコーヒーも息子が入れてくれます☆

パン


たわいない話をして、
タイル職人の息子の仕事の写メを見せてもらったり、
ほぼ毎日やり取りしてるイスラエルの友達に
あとで写メを送ろうと思って、パンを写メり、
息子とのセルフィーを撮りました。

パンを食べて、
息子の買ったパンの味見させてくれたり、
私の選んだパンを一口あげたり、
トレーの片付けも手際よくやってくれます。

帰りの車の中で、私の口から出てくる言葉は
「あぁ~楽しかったなぁ~」
「楽しかったなぁ~☆」

息子も普段は仕事や遊びで忙しいし、疲れているので、
久々にゆっくり時間を
一緒に過ごした様な気がします。

時間にして2時間のドライブでしたが、
買いたいものも買え、息子とも一緒に時間を過ごし
本当に楽しい時間を過ごしました。

神様にいい時間をいただけ、
また神様を感じることもあり本当に感謝でした。

神様はあらかじめ用意してくれる
ヤーウェー・イルエ…の、備えの神様です☆

この地上で神の国を広げていく大きなご計画と
同時に、この小さき一人の者の日常の小さな小さなことも
顧みてくださるお方です…

今日の聖句は、イエス様が十字架にかかる前夜の
最後の晩餐で、ペテロが裏切りの言葉を言う前に、
弟子が裏切る前に、
すでに、先んじて、弟子達にかけた言葉です。

『しかしわたしは、よみがえってから、
あなたがたよりさきに、ガリラヤに行きます。』

(新約聖書 マタイの福音書 26:32)


イエス様は、ペテロが、弟子が、自分を見捨てることを
既に知っていました。
「私は他の弟子が裏切っても私は裏切りませんよ!」
と、意気込んで言いますが、イエス様は
「あなたは鶏が3度鳴く前に私を知らないというよ…」
と前もって言われます。

ペテロが裏切らないと言った言葉はその時点では
本当にそう思って、力を込めて言った言葉だと思います。
しかし、ペテロは自分の力の弱さをただ知らなかったのです。

しかし、イエス様は
すでに、「よみがえってから、あなたより先に
ガリラヤに行ってるからね~
そこで会おうね…」(マタイ26:32より)
そう声を前もってかけてくださっています。

少し前の通読でその愛の配慮に気がついた時、
イエス様の大きくて深い愛を知らせていただいた思いで、
とってもうれしかったのを覚えています。

お前、裏切ったなぁ~!確か、絶対裏切らないっていったよなぁ?
そんな、嫌味で、お叱りの言葉ではなくて
イエス様はそれをも超えて大きな愛で弟子達を包み、
復活後、約束通り、弟子達よりもガリラヤ湖に先に行きます。

弟子達は自分達の力のなさに落胆して、
元の、漁師の仕事に戻ったりしていました。

弟子の召命を受けた時、
ペテロをはじめ、内、4人の漁師は

「わたしについておいで、
あなたを人間をとる漁師にしてあげるから」(マタイ5:19より)

と言われて何もかもを捨てて
潔く従ったこともすっかり忘れてしまって、
本来の使命も忘れ、
元の職業の魚を獲る漁師に戻ってしまったのです。

しかし、イエス様はもう一度、弟子達を召命した
ガリラヤ湖に立ち返らせます。

そこで、もう一度、本来の使命を思い起こさせます。

3度裏切ったペテロをかばうように、
3度、「私を愛するか?」とペテロにたずね、
「私のひつじを飼いなさい…」と、お声をかけ、
癒しと同時に使命の再確認をさせてくださいます。

そして、約束通りにこの後、聖霊降臨(ペンテコステ)で
弟子達は、聖霊のバプテスマを受け、
ヨエル書の預言が成就され、すでに旧約で約束されていた
新しい契約が真に成就されます。
聖霊のバプテスマを受けた弟子達は
宣教の力を受け、力強くイエス様の福音を宣べ伝えます。

すべて、神様は用意してくださっています。

それひとつ取ってみてもそうです。

何よりも、アダムとエバが、罪を犯して
間もなく、イエス様を送る用意をしてくださった神様…

アブラハムの息子イサクの代わりのいけにえの時の動物も
既に用意してくれました。

アブラハムに祝福の契約をしてくださる神様…
ダビデにしてくれた、ダビデの家系から
救い主を送ってくださる契約を用意し、成就されるお方…

そして先ほど言った新しい契約を
私たちに聖霊を送る契約を用意され、成就されるお方…

その大きな事をなしてくださる神様が
私の欲しいと願う小さなものを
前もって用意してくださることなど
なんとたやすいことでしょうか…

そもそも、この天地万物も、いきなり人間を
何にもない地に放り出して誕生させてから
のらりくらりと、必要な物を備えたのではありません。

地上に水、太陽、月、星、空気、
植物、動物、鳥に魚…

全ての物を用意して人間を最後にこの地に誕生させたのです。

私たちはこの用意をしてくださる、
この神様を信じているのです。

聖書もすべて預言であり、前もって語られ
すべてが成就して行きます。
もうすでに聖書の99%が成就したと言われます。
最後の成就は、イエス様の再臨です。

そして、世の終わりがやってくるのです。

そして救いはもうイエス様が十字架にかかってくださったので
私たちの罪の身代わりとなって死なれ、
死にも打ち勝ち復活されました。
救いがもうすでに用意されています。

これを受けとるか、受け取らないかは
自分の意志で選択をする必要があります。

もちろん救いは聖霊様の働きなくしてあり得ませんが
それと同時に自由意思を与えられているあなたにも
責任が問われるのです。

どうか、このブログを読んだ方、
この救いを得たなら、
この地上でどんなに不幸を経験しようとも、
たとえ、たとえ、たとえ、たとえ
不幸のままで世を去ろうとも関係ありません。

この地上に生まれて、一番手にしなければ
いけないものを手に入れたからです。

もちろん、この地上でも神様は神の国の
前味を豊かに味あわせてくださいます。

それは環境とは切り離して見る必要も多々あると思います。

私たちの視点が、神様が言われるように
「いま持っているもので満足」する時、(ヘブル13:5より)

状況や環境がなんら変わってなくても、
そこに満ち満ちてる神の宝を発見する時
人間の視点ではなくて、神の視点で見る時
全ての不幸は全て祝福に裏返ります。

まるで、オセロの黒いコマがひっくり返って
まったく真逆の白に変わるように…

過去にしがみつくことなく、
握りしめていた手をゆるめ、離し、
立ち去り、後ろを振り返らずに、
真直ぐ前を見て歩むのです。
振り返ってはなりません。
ロトの妻が振り返った時、塩の柱になりました。

私たちの視点の先、目指すものは
神様の用意してくださった祝福です!

このブログを読んでくださった方が、
天地万物を造られた、ただ唯一の神様を
知ることが出来ますように…

今も生きて働く神様、あなたに深い関心を寄せておられる
この神様にどうか、今日、お出会い出来ますように…

救いの部屋に行き、救いの祈りを告白できますように…

この証しの投稿をすべて、神様の御手にお渡しし
尊いイエス様のお名前で祈ります…アーメン†


****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
    「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

@satobudou (さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

【You Version】

    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
***********************

『神を愛する人々、すなわち、
神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、
私達は知っています。』

(新約聖書 ローマ人への手紙8:28)


**********************

ゴールデンウィークの4日に
私の親友が新潟から遊びにきました。

以前一緒に学びを三人でしてて
彼女も大好きな私の教会の牧師の夫人と三人で会えたらと
思って、夫人のLINEを連絡を入れました。

かなり忙しいことは分かっているので、ダメもとで聞いてみると
夕方5時以降なら大丈夫と連絡が来ました。

私の親友にそれを伝えると、
その時間は別の友達との約束が入っているとのこと…

じゃあ、今回は無理だね……ということで
また次回という話に落ち着き、
断りの連絡を入れました。

私の主人の仕事場でのんびり会うことにしました。

親友はやっぱりいい…!
話してて本当に楽しい…

そしていろいろ話していて
あっという間に時間が過ぎて行きました。

そのうちに、親友が今日会う友達から連絡が入ったようで…
なんと、急に来れないという連絡が!

それで急遽、牧師夫人に再度連絡して会うことになりました。

時間になって、待ち合わせ場所に行って
三人でたくさん話しました☆
そして良い時間を過ごせてそこで解散しました。

夫人の娘さんが近くでバイトをしているので
私と親友はそこに買いものして帰る事にしました。

買い物しながら、牧師夫人が忙しくて
体の疲れが抜けないという話を聞いていた親友が
今日何もお土産買ってこなかったから
夫人にドリンク剤を買って持って行こう!という話になり、
もう一度、夫人の家にそれを届けに行くことにしました。

私の教会は小さいので牧師は、普段は働いています。
多分今日も仕事だろうから、遅くなんないと帰らないから
今日は会えそうもないね…と話していました。

家に着くと、家の玄関の扉が開き、出て来たのがなんと!
牧師でした!

あれぇ?仕事から帰って来たんですか?
と聞くと、どうやら今日はたまたま早く帰って来たみたいで…

だから、親友も私の教会の牧師に会うことができ
お祈りもしてもらえました。

わぁぁぁ~♡と思って…

全地全能の神様は私の親友が
たまにしかここに来れない事をもちろんご存知です。
だから会いたい人にちゃんと
会うことができるようにしてくれたのだと思いました!

ドタキャンした親友の友人のキャンセル理由は
自宅のカギを失くしてしまったようで、
その日の行動したルートを、電車に乗ったりしながら
すべて歩いてみて確認して鍵を探すことになったから
みたいで…

それを知り、その人にとっては大切なカギを失くして
とても喜べるようなことではないし、
もちろん余り嬉しい出来事ではありません。
世的に言えば、ツイてない…でしょうか?

でも、神様はそれをももちいられるのがわかりました。

その方には悪いけど、おかげで私の親友が
会いたい牧師夫妻に思いがけず会うことができたのです。

そのことを通しても
自分が、あまり喜べない出来事の時も
実は神様が良きことに用いてくださってることがあるということを
具体的に目の当たりにさせてもらったように感じました。

そして希望が湧きました。

自分の不幸さえも他人の祝福のために用いてくださるのです。

神様を信じる人にとっては全ては益、
(つまり良いことも悪いこと)という御言葉は
本当に何度も聞いているし、自分も体験している…
ですが、またもう一度、それを見させてもらえて本当に感謝でした。

この事を通して、私の親友は
本当に神様に愛されているのが伝わりました。

親友は日々長期にわたっての試練が続いていて、
体調もあまりよくなくて…
でも神様はこうして親友を愛してくれている…

同じ神を私も信じている…

本当に励まされます♡

みなさ~ん!
神様は本当にいますよ~!

日本は八百万の神の価値観を持ってる人の多い国ですが
なんせ、トイレまで神様作っちゃいますから…

神様は唯一なるお方です。

神様はたくさんいて、それぞれ担当部門があるのではないのです。
学業に、出産に、恋愛に、健康に、交通安全!?
分業すること自体、不完全な事の証明ではないでしょうか?

神様はただお1人で、全知全能なるこのお方がすべての事を
なされているのです。それができるのです☆

だから、外国の神でも、自分に関係ない神ではないのです。
神が唯一なら
この神様を必要としない人は一人もいません。

どうかこのブログに来られた方がひとりでも多く
本当の唯一まことの神様にお出会いすることが出来ますように!

神様はあなたを祝福意に招いておられます!
どうかここを通り過ぎず、
ぜひ救いを受けとってくださいね~!

全てをおゆだねしてイエス様のお名前でお祈りいたします…
アーメン…†

****************************

今日このブログを読んで、興味を持たれた方
救われたいと思われた方は
「救いの部屋」にぜひ、行ってみてください☆

ちなみに、決して営利目的や勧誘でもありません。
正統なプロテスタント教会に通う信仰に基づき、
正統なるプロテスタントのクリスチャンのさと☆ひつじが書いた
このブログ内の記事にリンクするだけですので
安心して読んでくださいね。
(牧師先生にも目を通して読んでいただいた記事ですので
大丈夫ですよ☆)
       
       ↓
   
    「救いの部屋」

****************************

ツイッター『さと☆ぶどう』☆
信仰のことつぶやいてます☆

   ↓

@satobudou (さと☆ぶどう)


****************************


【ピグのコミュ「気ままに神様の話をする部屋☆」のブログ】
(↑クリックしてね!)

毎週日曜日PM20:15~からピグのコミュで
「分かち愛」したり祈ったあったりします☆

ピグの教会みたいなもんです☆
ずっといなくてもいいし、
遊びに来て途中で帰っても全然大丈夫です♪
用事や病気で教会に行けなかった人、
今、つまづいていてリアの教会に行く事が苦しい人、
興味はあるけど、教会に足を運ぶまでの勇気が出ない方・・・
などなど・・・

どんな方でもお気軽におこしください!
但し、もうしわけありませんが、
批判的、攻撃的、論争目的の方はご遠慮ください。
争いは願う所ではないので・・・また時が来たらお越しください。
純粋に、信仰の質問などは大歓迎です。

*****************************

【You Version】

    ↑

ここではネットで聖書が無料で全部読めます。
個人的にはJA1955訳(口語訳)の方がお勧めです。

****************************

※このブログはキリスト教のプロテスタントの一信者である
普通~のクリスチャンであるさと☆ひつじが書いた記事です☆

また私の毎週通っている教会は聖霊の働きを認め
聖書の言葉を、誤りなき神の言葉としている
聖書の言葉を忠実に信仰している聖書信仰に基づいた教会です。

文章中に使われている聖句は新改訳聖書より使用しています。

****************************

聖書通読用のさと☆ひつじが書いた、聖書解説があります☆

        ↓

聖書解説【書簡別のリンク帳】←クリックしてね☆
各書にとべます☆

****************************

イスラエル旅行記もあります☆
まだ書きかけですけど

『イスラエル旅行記』

ブログの左サイドバーのテーマのカテゴリーにある

『イスラエル旅行記』 からどうぞ~☆
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。