• 15 Dec
    • オリーブ協力隊を追加募集します

       こんにちは、江田島市地域おこし協力隊のオリーブチーム峰尾です。大事な、そして嬉しいお知らせになります。江田島市では、「オリーブ」に特化した「地域おこし協力隊」を1名追加募集します。 なんと、ぼくの後任的な方を募集していただけることになりました。来年4月からの1年間は一緒に働き、充分に引き継ぎすることも出来ます。 瀬戸内海の島で働く。どうでしょう??  ■ 主な活動内容は、 ・オリーブ栽培者等への巡回指導・助言・相談・江田島型栽培方法の研究・搾油技術の習得・江田島産オリーブのPR活動 などになります。 ■ ざっくりと、条件としては、  ・江田島市の外に住んでいるひと・給与は月額20万円・原則として週4日勤務(週3日やすみ)・住居は市が借り上げ、家賃も市が負担してくれます などになります(詳細はチラシもしくは市のHPをご確認ください)。  ■ 任期は、 ・来年(2018年)4月から・1年更新で最長3年 となります。  江田島市のオリーブ振興は現在7年目。一昨年に商品化が実現し、今年の収穫量は島全体で5トンでした。まだまだ始まったばかりの段階ですが、だからこその楽しみがあると思います。 地域おこし協力隊の任期は最長3年になります。ぼく自身は神奈川から江田島市に移住してきました。 新しく来てくださる方は、来年度(平成30年度)の1年間、まずはぼくらと引き継ぎをしながらの活動になろうかと思います。 こつこつと栽培に取り組める方、市民栽培者さんひとりひとりをサポートし、一緒になって泣き笑いするような関係を築ける方、そんな方が来てくれたらいいなあと思っています。 ▼詳しくは市のHPをご覧くださいhttp://www.city.etajima.hiroshima.jp/cms/articles/show/5104  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      NEW!

      1
      テーマ:
  • 31 Oct
    • 江田島基地モニター通信 vol.2

      11月1日は日本の防衛庁が定めた自衛隊記念日です。それにともない、10月中旬から11月中旬にかけて、日本の各地の自衛隊基地で『自衛隊記念日行事』が開催されています。ここ江田島地区でも去る10月29日に開催されました。残念ながらあいにくの天気で、楽しみにしていた観閲式は中止になり、かわりに音楽演奏会を教育参考館で聞きました。演奏がすばらしいのに加え、教育参考館にこんな施設があったことに驚きました。天気が良かったら見れたはずの観閲式の過去の動画https://www.youtube.com/watch?v=_9BXykhVxU4私も生で見たいので、来年再チャレンジしたいと思います。また、祝賀懇親会にもお邪魔させてもらいました。懇親会会場の入口には自衛隊記念日のケーキとカープ優勝のケーキ!車で行っていたので飲めませんでしたが、升酒が!そして海軍カレー!なんと甘口・辛口が用意されていました!飲食を先に紹介してしまいましたが、多くの自衛隊関係者と地域の方々が参加して和やかな時間を過させていただきました。基地の町、江田島を感じるひととき。こういった機会を期に、もっと相互理解し共存共栄できる町づくりが進むと良いですね。

      9
      テーマ:
  • 20 Oct
    • STU48が江田島を行く♪♪

      STU48が江田島を行く彼女たちはどんな江田島を見つけるのか10月22日(日)の15時から、紙屋町シャレオのぽるぽるSTUDIOから生配信される、"STU48が行く江田島発見ジャーニー"先日、配信前にロケに来ていました"海遊び"を体験していましたよ。内容は配信をお楽しみに!STU48が市町村とコラボしてシティープロモーションをするのが、江田島市が初ということもあり、スタッフも燃えていますよ美味しいもの、楽しいこと、キレイな景色など、彼女たちも島を楽しんで、多くの人にその様子を見て貰えるといいですねぽるぽるLIVEhttp://mv.home-tv.co.jp/live/sp/index.php江田島市の観光情報はコチラhttp://www.go-etajima.net/STU48オフィシャルウェブサイトhttp://www.stu48.com/

      3
      テーマ:
  • 05 Sep
    • 『この世界の片隅に』を江田島市で上映します

      こんばんは、地域おこし協力隊の峰尾です。映画『この世界の片隅に』の江田島市上映会を開催できることとなりました。 ご縁がご縁を呼び、この開催が実現しました。主催は「『この世界の片隅に』江田島市上映実行委員会」。ぼくはなんと、僭越ながら「実行委員長」を務めさせていただきます。 ご存知のとおり、映画の主な舞台は70年前の広島市ならびに呉市です。ぼく自身、呉のポポロでこの映画を観て、感じることがたくさんありました。 ぼくの住んでいる江田島市には映画館がありません(かつてあったと聞いています)。また、人口の40パーセントが高齢者となり、広島市内や呉市内へ映画鑑賞に行けない方も多くいらっしゃるのかもしれません。 そうした状況を踏まえながら、今回、江田島市内の4ヶ所、旧4町それぞれ1度ずつの上映会を企画させていただきます。 この映画では、戦時下にありながら、人間性を失わない人々の等身大の姿が描き出されています。戦争体験者の高齢化が進むなか、戦時の記憶や日常の光景を後世に継ぎ、平和を考える契機をつくりたいと、微力ながら願っております。(神奈川で育ったぼくなんかより、広島で生まれ育った皆さんの方が、はるかにその「想い」は強く重いことと思っております。) ひとりでも多くのみなさんと、この映画をともに「感じ」、平和についてともに「想いを馳せる」機会となりますように。ありったけの想いをもってこの企画を取りまとめさせていただきました。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  『この世界の片隅に』江田島市上映会 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◆上映スケジュール◇1日目:9月23日(土)  ① 午前(10時30分~) 大柿公民館 ② 午後(14時30分~) 沖美ふれあいセンター ◇2日目:9月24日(日)  ①午前(10時30分~) 江田島公民館 ②午後(14時30分~) 農村環境改善センター ※開場は各回、上映の30分前を予定しています※全席自由席となります※各会場、会場もしくは近辺に駐車場(無料)があります ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆会場の詳細 ◇大柿公民館 江田島市大柿町大原535番地2 TEL 0823-57-3009 ◇沖美ふれあいセンター 江田島市沖美町美能833-5 TEL 0823-47-1000 ◇江田島公民館 江田島市江田島町中央一丁目3番21号 TEL 0823-42-0015 ◇農村環境改善センター 江田島市能美町鹿川2011-2 TEL 設置なし ※各会場、会場もしくは近辺に駐車場(無料)があります ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆チケット  <前売り> おとな1,000円/こども 800円 <当日券> おとな1,200円/こども1,000円 ※こども料金は3歳~高校生まで ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆前売り券販売所 ----->>>>>----->>>>>-----  ◇江田島町 ▽ふるさと交流館  江田島町中央1-3-10▽セブン-イレブン江田島中央店  江田島町中央1-13−9▽セブン-イレブン広島江田島町店  江田島町江南1-24−6 ----->>>>>----->>>>>----- ◇能美町 ▽江田島市社会福祉協議会  能美町鹿川2060▽中町港切符売り場  能美町中町4859−21 ----->>>>>----->>>>>----- ◇沖美町 ▽カフェ オリーブ アンド ライム  沖美町畑1252-4▽かふェ渚  沖美町三吉2717 http://www.go-etajima.net/cafenagisa.html ----->>>>>----->>>>>----- ◇大柿町 ▽アルパティオ  大柿町飛渡瀬180 ゆめタウン内 http://etajimap.com/shop/20160620.shtml▽グラッチェ  大柿町大原261-1 http://www.go-etajima.net/grazie.html▽ナヒロ  大柿町大原481 http://www.facebook.com/mandm0408/▽セブン-イレブン江田島小古江店  大柿町小古江字桜1801-1▽セブン-イレブン広島大柿町店  大柿町大君1462−8 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆主催:「この世界の片隅に」江田島市上映実行委員会(中国放送、シネマキャラバンV.A.G、地域おこし協力隊、地域有志) ◆後援:江田島市、江田島市教育委員会、江田島市観光協会、江田島市社会福祉協議会、江田島市商工会、江田島市PTA連合会、江田島市子ども会連合会 ◆協力:江田島市ジュニアリーダーズクラブ ◆お問い合わせ:地域おこし協力隊 090-1790-9904(峰尾) ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ここからは蛇足です。ことの経緯を少し。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 7月20日頃、ぼくはなぜだか急に思い立ちました。〝『この世界の片隅に』の上映会を江田島市で開催したい! 多くの江田島市民に観てほしい!〟と。 その数日後、大原にある明慶寺さんでの集まりにぼくは参加しました。7月23日のことでした。ぼくは熊ちゃんに誘われ、理由もわからずそこへ行きました。ウソのようなほんとの話なのですが、そこでは、まさに、『この世界の片隅に』を江田島市で上映できないものか、という話し合いが行われていました。 現在、RCC社が広島県内で上映会を進めていることも、ぼく自身、恥ずかしながらその場で初めて知りました。 ぼくはいま、「地域おこし協力隊」という立場におります。一応、市の職員でもあり、そしてもちろん、江田島市民のひとりです。 明慶寺さんでの話し合いで不思議なご縁を感じたぼくは、そこからの1ヶ月、ありったけの気持ちをもってこの企画に取り掛かりました。そして、これまたウソのようなホントの話なのですが、ぼくがこの企画に携わってからちょうど1ヶ月となる今日、皆さんにお知らせできる運びとなりました。 企画を進めるにあたり、江田島市役所内のみなさんをはじめ、後援をしてくださった関係機関ならびに団体のみなさま、そして、前売り券販売を引き受けてくださったお店のみなさまなど、ほんとうに多くの方々にご協力とアドバイスをいただきました。まだ何も終わっておりませんが、少しでも関わってくださったみなさまに、この場でも、心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。  この上映会は、おおもとの主催である「RCC(中国放送)」社、映画上映会を手がける「シネマキャラバンV.A.G」社、そして前述しました明慶寺さん周辺をはじめとした江田島市の有志のみなさんと、ぼくら地域おこし協力隊が連携して実現しました。地域のみなさんと一緒に開催できることが、なにより誇らしく、そして嬉しいことです。 多くの皆さんのお力添えをいただき、なんとか、開催できるところまでは漕ぎつけました。あとは、いかに多くの皆さんに観ていただくか。ほんとうに多くのみなさんに観ていただきたいと思っております。 多くの皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      16
      1
      2
      テーマ:
  • 02 Sep
    • 9/3はえたじまで一日遊ぼう♪

      今日は江田島市内で明日に向けていろんな人が明日の準備に駆け回っていました^^明日、9月3日(日)に江田島市内で2つのイベントがあります。日中は「さとやまマママルシェ in えたじま」へ!さとやまマママルシェ in えたじま(えたじまマママルシェ)日時:2017年9月3日(日) 10:00~15:00場所:小用みなと公園→■入場料:無料駐車場:小用港駐車場実はこのマルシェは関東に在住の方が企画したイベント。広島県の事業である「里山ウェーブ2016」メンバーの企画です。ステージを見ながら、江田島市内外のおいしいもの、手作り雑貨や各種ワークショップなどを楽しめます。「第85回えたじまポートプラザ みなとオアシスえたじま」との同時開催です。来場者調査もあるようなのでご協力を♪*** *** *** *** *** *** *** *** *** ***夜は「小久保淳平 ライブ in えたじま」へ!小久保淳平 ライブ in えたじま日時:2017年9月3日 18:00開場:19:00開演(終演は20:00予定)場所:光源寺(広島県江田島市能美町高田3093-1)入場料:無料(喜捨)駐車場:旧高田小学校江田島市在住のキラキラした二人組が企画したこの音楽イベント。境内でいくつかの出店(飲食)もあります。再建200年の節目の年の光源寺の本堂で心に響く音楽。素敵な夜になるだろうと今から楽しみです*9/3はえたじまで一日遊ぼう♪(sekka)

      3
      テーマ:
  • 24 Aug
    • インタビュー:府川 渚さん「夏休み星空映画会のこと」

      こんにちは。オリーブ担当の峰尾です。今日もちょっと、オリーブの話題から外れます 笑 8月26日(土)、江田島小学校にて「夏休み星空映画会」が開催されます。今年で3回目となるこの映画会。どんな催しなのでしょうか。イベントを担当する府川さんに話を聞きに行きました。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆聞いたひと:峰尾、西村(江田島市地域おこし協力隊) ◇答えたひと:府川 渚さん ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞  ◆「夏休み星空映画会」、まずはどんな催しか教えてください。 ◇夏休みの小学校で、グラウンドに大きなスクリーンを設置して映画を上映します。イスや敷物(シート)、それから飲み物などは参加者さんに自由に持ってきてもらいます。寝転がって観てもいいですし、大人の人はビール片手に見てもらっても大丈夫です。この、「みんなで観る」というのがわたしのとても好きなところです。◆いいですね。イベントは今年で何回目になりますか? ◇江田島市では今年で3回目になります。もともとこの映画会自体は「呉こどもNPOセンターYYY」という団体が行っているもので、呉市では30年以上の歴史があります。今では呉市内10数か所の小学校で毎年行われています。30年以上の歴史がありますので、お母さんが子どもの時に星空映画会を体験し、その子どもたちが参加するくらいの歴史があります。 ◆府川さんはどんなきっかけでこの映画会を知ったのですか? ◇数年前、広島県が主催の県内で活動する子育て支援団体が集まる会がありました。わたしは親子サークル「Happy Smile」の代表として参加していたのですが、そこで「呉こどもNPOセンターYYY」代表の山本さんと知り合い、「江田島市で開催してみるのはどうかな?」と声をかけてもらったのがきっかけです。 ◆そのときは、どんな想いがあったのでしょう? ◇江田島市には映画館がないですよね。「江田島の子どもたちに本物の映画を見せてあげたい」と思って、開催することを決めました。YYYの方に、このイベントのやり方や、やる意味なども教えてもらって、とても勉強させてもらいました。 ◆そこから1回目の上映会となるわけですね。◇1回目と2回目は切串小学校で行いました。1回目が『忍たま乱太郎』、2回目は『ミニオンズ』を上映しました。  ◆上映会をやる、というのは今までになかった経験だと思いますが、実際に取組まれていかがでしたか? ◇1回目は来場者が40人くらいでした。数だけを見ると決して多いとは言えないのですが、なにより第一歩を踏み出せたことが大きかったです。ただ、運営側の本音を言えば、予算的にもっと多くの方に来ていただかなくてはならなかったので、2回目を開催するかどうか、悩みました。 ◆なるほど。 ◇それでも、実際に自分で開催してみて、わたし自身が星空映画会を好きになりました。醍醐味を知っちゃったんですね(笑) ◆醍醐味とは? ◇「自由な雰囲気」ですかね。外で、海風にあたりながら、好きな姿勢で、観れるんです。小さい子どもはじっとしていなくてもよくて、上映の間も少しくらいは喋りながら観ていても大丈夫、という自由な雰囲気。この雰囲気が、なんだか江田島の空気にすごく合っているなぁと思いました。とても楽しかったし、子どもたちのためにも来年もやろう!と思い、昨年に2回目を行いました。   ◆イベントをやるとなると、宣伝して、広めて、準備して、というのもでてきますよね。 ◇宣伝は口コミが中心です。今となっては笑ってしまうのですが、1回目は宣伝カーも自分たちで作りました。 ◆すごいですね。 ◇わたしの車にポスターをぐるりと貼って、島内を回りました。拡声器も用意して、大人が書いた原稿を子どもたちに読んでもらったんです。その反響が結構ありまして、イベントが終わってからも「車からの放送聞いたよ。喋るのが上手だったね」と多くの方に言ってもらったんですね。子どもにとってとてもうれしかったようで、そのあと、子どもは学校の放送委員になりました。運動会の場内アナウンス係にも立候補して務めたという展開もありました。 ◆お子さんにとっても、ひとつ大きな体験になったんですね。 ◇そうなんですね。イベントとしては、最初わたしは「地域に向けて」と思っていたのですが、イベントをやることがわたしや子どもたち、家族の成長にもつながりました。 ◆なんだか、とてもいいですね。 ◇その経験もあり、「子どもと一緒に」ということをもっとやってみよう、と思うようになりました。そこで、2回目は大人も子どもも同じ立場で実行委員会を立ち上げ、上映会当日の早い時間に夏祭りを実施しました。委員会のメンバーは、切串小、江田島小、江田島中学校の子どもたちと県立広島大学の学生、大人です。みんなで集まって、付箋にアイデアを出し合ったりしながら、何をやりたいか決めていきました。  ◆とてもおもしろい取組みですね。 ◇当日は、明るいうちに夏祭りを行い、暗くなってから映画の上映をしました。夏祭りでは、子どもたちが交代制で出店の担当をしたりして、接客したり販売したり、子どもたちも楽しんで参加してくれました。子どもたちが活躍しているところを地域のみなさんにも見ていただけて、とてもよかったと思っています。 ◆今年も夏祭りはやりますか? ◇昨年の夏祭りほどではありませんが、今年もいくつかの出店を予定しています。江田島町のパン屋「もみの木」さんの出店、地域の方とお父さんたちによるフランクフルトとじゃがバター、県立広島大学のサークルグループ「yell」によるうちわづくりのワークショップ、「カメっ子サークル」による写真展、それと飲みものの販売を行います。地域の方たちが協力を申し出てくれたことが本当にうれしいです。地域の皆さんと一緒に行いたいと思っていたので。   ◆上映会に来てくれる方はどんな人が多いでしょうか? ◇元々は子どもと保護者を対象にはじめましたが、大人だけのグループでの参加もあり少しずつでてきています。呉市では、おじいちゃんやおばあちゃんが夏の夕涼みとしても見に来てくれているそうです。 ◆子どもたちもそうですが、地域と一緒に映画を観る場になっていっているのがとてもいいなあと思いました。 ◇回を重ねるごとに地域の人に理解してもらっていて、少しずつですが輪が広がっているのを実感しています。不思議でもあり、面白いですね。「ご縁」ってこういうことなんだなぁと思います。イベントに携わることで自分自身のステップアップにもなっていますし、自分が足りないところを補ってくれる仲間にも会えてうれしいですね。 ◆ぼく自身は、神奈川に住んでいるときに「逗子海岸映画祭」というのに参加していました。夕暮れの逗子海岸でみんなで座って映画を観るのですが、とても素晴らしい体験になるんですね。「海で映画を観た」というのは子どもにとって忘れられない思い出になるでしょうし、大人たちにとっても、ご近所さんや友人と一緒に同じ映画を観るというのも普段にはない体験ですもんね。 ◇ほんとうにそうなんですよね。学校の友だちや、友だちの家族と一緒に映画を見る。本物の体験が思い出になって、「あの映画のこの場面はこうだったね」とか、共通の話題として話せますよね。そうした機会として、この映画会があったらいいなと思っています。  ◆前売り券の販売方法もとてもユニークですよね。 ◇そうなんです。チケット販売はいろいろな方法があると思いますが、わたしたちはすごく原始的なやり方をとっています。各町に販売担当を何人か立てまして、チラシに電話番号を載せています。前売りを買いたい人は電話で連絡してもらって、日程を合わせて届けに行くスタイルをとっています。 ◆おもしろいですよね。 ◇直接販売することで、チケットを買ってくださる方とお話しすることもできます。手間がかかるけど面白いですね。その方がどうしてこの催しを知ったのか?とか、どこにお住まいなのか?とか、そうしたことも知れますし、人と出会うひとつのきっかけにもなっています。そんなふうにしていると、映画会の当日までにはもう顔なじみになっているんですね。最初に電話でお話しして、次にチケットの受け渡しでお会いしていますから、映画会の当日にはもうお互い「どうも」というかんじで(笑) その空気もとても好きです。 ◆いいですね。府川さん自身は、もともとは江田島市の出身ではないですよね。 ◇わたしは福岡県出身で、小倉の南で育ちました。呉市くらいの規模ですね。江田島市での子育てはのびのびできて、すごく好きなんです。わたしは、子どもには「生きる力」を培ってもらいたいと思っています。賛否両論あると思いますが、わたしは何をするにも出来るだけ子どもを連れて行きます。そうすると、子どもなりに見て聞いて、考えるようになるんです。子どもたちは、常に大人と一緒のことをしていなくても、ちゃーんと大人の話を聞いています。そういえばね、とふと話す子どもの話を聞いていると、子どもは子どもなりにいろんなことを感じているんだなあと。そんな経験から、子どもと「同じ場を共有すること」に意味があると思っています。 ◆「子どもと一緒に体験する」 なるほどなるほど。 ◇上の子はいま11歳(小5)で、わたしはこの子のお母さんだけど、この子にお母さんにしてもらっているというか、そんな感覚があります。なんと言えばいいか…、毎年「お母さん1年生」の気分なんです。0歳のお母さん1年生、1歳のお母さん1年生…11歳のお母さん1年生という具合に。 ◆そういうものなんですね。  ◇この子たちが島を好きで、愛着を持ってくれたら、進学などで島を離れても、きっといつか戻ってきてくれると思うんですよね。自分たちひとりではできないことは、どうすればよいか。「考える力」を、経験を通して磨いてほしいですね。都会だと難しいことが、ここならできると思うんです。それから、地域に子どもが少ないからか、地域のみなさんが子どものことをとても大事にしてくれます。大人になったら感じられないことを、今のあいだに感じてもらう。いまは、将来広い視野を持つための基礎作りの時期だと思っています。そしてわたし自身も、仕事も遊びもお母さんも、しっかり楽しんでいきたいです。 ◆そうした想いがHappy Smileにもつながっていたんですね。 ◇「Happy Smile」は未就学児とその保護者対象のサークルで、発足当時は自衛隊に務めている方の子どもがとても多い時期でした。江田島市の子育て支援センターもできたばかりで、わたしのように外から来た人には、少し輪に入っていきにくい感じがありました。そうした状況もあって、いつもわたしはそうなのですが、「愚痴をこぼすくらいならできる方法を探してやってみよう」と自分で親子サークルを作りました。 ◆具体的にはどんな活動をされていたんですか? ◇公民館を会場にして、ベビーマッサージを主にしたふれあい遊びからはじめました。それから、もっと気軽に集えるようにクラスを分けて、ママクラスや英語遊びのクラス、イベントを楽しむ「しまカフェ」なども作りました。  ◆いまも続いているのですか? ◇今はわが子も小学生になり、わたし自身も仕事を始めたので、幼児対象のサークル活動はできていませんが、地域テーマ募金を使って小学生用のテニスの道具をそろえて元切串中学校のテニスコートでワイワイ身体を動かしたりと、小学生対象の活動にシフトしています。 ◆話を聞いていて、府川さんの活動はとても素晴らしいなと感じました。今年もそうですが、星空映画会はこれからどんなふうにしていきたいですか? ◇どんな上映会にしていくのがいいか、常に考えるところですね。どこに重きを置いて、どんなイベントにするか。たとえば、他の団体にも協力してもらってもっと大きなイベントにするのがいいのか、とか。いろんなことを考えます。毎年夏に上映があって、それが終わってからの1年間、島内でたくさん遊びながら、色々なことを吸収して、それを星空映画会に活かしたいと思っています。 ◆地域のものとして続けていくのか、もっと広いものにしていくのか。必ずしも2択の世界ではないと思いますが、いろんな選択肢がありますよね。 ◇そうなんです。有料のイベントでもあるので、価値と現実のあいだでいい方法を模索したいと思っています。「みんなで映画を楽しむ」という初心を忘れず、やっていきたいですね。  ◆今年上映する映画『アングリーバード』についても教えてください。 ◇今回上映する「アングリーバード」は、子どもはもちろん、大人にも見てもらいたい映画です。ある島に、怒りん坊の鳥が住んでいて、いつもは個性的な仲間たちとうまくいかないんです。ある時、悪だくみをしようと豚たちがやってきて、仲間と一緒に立ち向かう話なんですが、物語の陰に「アンガーマネジメント」(イライラや怒りと上手に付き合うための心理教育)というテーマが隠されています。 ◆アンガーマネジメント。なるほど。 ◇子どもに対してや、相手に対して、「怒らない」のではなくて、「上手に怒る」とか、感情とどう付き合っていくかとか。お母さんや福祉の仕事をされている方、管理職の方などにも見てもらいたいです。単純に、映像や音楽もきれいですし、映画自体としても楽しめます。 ◆なるほど。ぼくも観てみたくなりました。 ◇外で、みんなで観るというのがとても気持ちいいので、ぜひお越しください。 ◆今日はどうもありがとうございました。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ~お話しを聞き終えて~ イベントのことを話す府川さんは、とても楽しそうでしたなのが印象的でした。イベントを企画して開催することは、楽しいばかりでなく大変な面もあろうかと思うのですが、笑顔で、とても明るく話してくださいました。「子どもと一緒に経験する」「わたしにとっても成長の場になっている」「愚痴をこぼすくらいならできる方法を探してやってみよう」「仕事も遊びもお母さんも、しっかり楽みたい」 府川さんのポジティブな言葉に、お話を聞いたこちらまで心が軽くなったようでした。夏休み星空映画会。晴れるといいですね。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 【日時】8月26日(土曜日) 19:30~(約90分)※ワークショップや出店は18:00~【場所】江田島小学校グラウンド  ※雨天時は体育館  ※敷物などは各自でご用意ください【チケット】前売り:830円(当日:900円)  ※3才以上大人も同額  ※団体参加(子ども会など10名以上)をお考えの方はご相談ください。【問い合わせ】詳しくはお気軽にお問い合わせください。TEL:070-1870-0355 担当:府川(ふかわ)mail:happy514smile@gmail.comFacebookイベントページhttp://www.facebook.com/events/454227284950443/ ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      7
      テーマ:
  • 16 Aug
    • ぺペロンオイルが新発売!

      こんにちは。オリーブチームの西村です。 江田島オリーブファクトリーのショップで先日から販売が始まった商品をご案内します。その名も「安芸の島の実 ペペロンオイル」レストランで人気の唐辛子を漬け込んだピリッと辛めのオリーブオイル。 ご家庭でも使っていただけるように、ボトリングされました。パスタやピザ、サラダなどにかけてもアクセントになって、おいしいですよ♪江田島オリーブファクトリーで販売中です。ご自宅やお土産用にぜひどうぞ☆-----------安芸の島の実 ペペロンオイル100ml 1,700円(税別) -----------江田島オリーブファクトリー 住所:広島県江田島市大柿町大君862-3電話:0823-57-5656営業時間:11:00~18:00(レストランのラストオーダーは17:00)定休日:毎週月曜日※月曜が祝日の場合は営業、翌日休業http://www.go-etajima.net/olivefactory.html ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 西村 京子(江田島市地域おこし協力隊)…山口県岩国市生まれ。広島市にて15年生活。…広島市内のケーブルテレビ局で番組制作に18年間携わり、2016年4月 江田島に移住。…島でパン屋カフェオープンを目指すアラフォー女子。…オリーブに魅せられて、生活の中の「オリーブ係数」上昇中。http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      13
      テーマ:
  • 15 Aug
    • 「女性も楽しめる催しを」 複合型の海のイベントを企画する志水友香さんに話を聞きました

      こんにちは。オリーブ担当の峰尾です。前回につづき、インタビュー企画です。 8月19日(土)、江田島市の「サンビーチおきみ」を会場にイベントが開催されます。イベント名は『Etajima Beach Breathing』。SUP、ビーチヨガ、マッサージ、さらに宿泊施設がコラボしたイベントと聞いています。なんとも気になりますね。ということで、前回の末岡さんにつづき、企画者である『美庵果(ビアンカ)』の志水友香さんに話を聞きに行きました。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆聞いたひと:峰尾、西村(江田島市地域おこし協力隊) ◇答えたひと:志水友香さん(美庵果) ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞◇友香さんは「美庵果(ビアンカ))」という温活サロン・メディカルアロマのお店をやってらっしゃいますよね。そんな友香さんが、今回のイベント『Etajima Beach Breathing』に参加されるきっかけはどういったものだったのでしょうか?◆以前から、江田島には女性が楽しめるものが少ないなぁと思っていました。やっぱり、女性が遊びに来ると経済的にも潤いますよね。でも、島にはなかなか女性目線の遊びがなかった。ないなら自分でやろうって思いました。◇「ないなら自分でやろう」 素晴らしいですね。◆昨年の夏、長瀬海岸でヨガとリラクゼーションのイベントを開催しました。今回と同じように、日中はよもぎ蒸しやアロママッサージを楽しんでいただいて、夕暮れからビーチヨガをしたんですね。◇今年はそこにSUPが加わった、ということなんですね。◆そうなんです。ヨガとアロマというのは、女性にとってみれば近い感覚があります。ただ、SUPは少し「遠いもの」という感覚がわたし自身もありました。そんな気持ちを持っていたのですが、実は昨年のイベントのとき、参加者の50代の女性が会場で「SUPをしてみたい」と言いだしたんですね。ちょうどそのときSUPをやってらっしゃる方が長瀬海岸にいて、チャレンジしてみたら、その方は初めてだったのに上手く乗れたんですよね。わたしは、内心少し驚きました。◇それは新鮮な驚きですね。◆今まで知らなかったことややったことがないことでも、誰かが教えてくれて知ることで楽しめたり、一歩踏み出してみたら意外と楽しかったり、その経験がなにかと結びついたり、そんなことってあるんだなぁと感じました。◇そのとき見た光景が、今回のイベントに繋がってるんですね。◆そうなんです。そのイベントから1年経って、わたしはいま「シーサイド温泉のうみ」でもサロンをやらせていただいているんですが、たまたまそこで「サンビーチおきみ」の平松課長と、地域おこし協力隊の後藤さんに会うときがあったんですね。ほんとうに偶然なんですけど、そのときに「じつはわたし、こういうイベントをやってみたいんです」と話したら、「やりましょう!」って盛り上がって、それから一気にメンバーが集まって、話がとんとんと進んでいきました。「めぐり合わせ」を感じちゃいますよね。◇ひとの出逢いってほんとうにおもしろいですよね。今回のイベントは、友香さんの「美庵果」、ヨガの「nerii yoga studio(ネリーヨガスタジオ)」、末岡さんたちの「ETAJIMA SEA SUPPORT」、そして宿泊施設の「サンビーチおきみ」と、言ってみれば異業種の皆さんがコラボして行うわけですが、ひとで「繋がっている」からこそ実現した企画というわけですね。◆そのとおりなんです。わたし自身の感覚になるのですが、普段から江田島の皆さんは、それぞれで頑張っているけど、何だかみんなバラバラのような気がしていました。例えば、広島市に行けばお店同士や団体同士の友好性や結びつきが、より親密にあるように思います。そういった繋がりが、どこかで「いいなあ」「羨ましいなあ」と思っているときがありました。だから今回、想いがつながって4つの団体でイベントを主催できることはとてもうれしいですね。◇そんなイベントになりますが、今回はどういった皆さんに来ていただきたいですか?◆特に最近、島内では様々なイベントがあります。島内で活発に動いている皆さんは、SNSでもしっかり繋がっていて、誰かがSNSで発信したら、ある程度のひとが遊びに来るという状況が生まれていると思います。すごくいいことだと思いますし、今回はそこからさらに進んで、たとえばSNSをやっていないような人にも来てほしいなと思っています。せっかく異なる活動をする団体が一緒にやる催しですし、「アロママッサージは受けたことがあるけどSUPはやったことがない」という人がSUPにチャレンジしたり、違う切り口のものが一緒にやるからこそ、今までなかった人の交流や、新たな出会いが生まれたらいいなと思っています。SNSをやっていない人でも、直接声をかけることで届く人もいると感じています。◇ほんとうに、おっしゃるとおりですよね。普段の活動から、さらに「外側」に向けていく。大事なことですよね。◆こうした場で新しい知り合いが増えると楽しいですよね。わたし自身も、純粋にそうしたことがとても嬉しいです。最近、「豊かに過ごす」ということは、「人」だなぁと思うことが多くなりました。人との出会いがほんとうに豊かな体験ですよね。今回のイベントでもそうですが、居場所って、自分たちで作ればいいんだなと思うようになりました。個人でなにか大きなことをするのは限界がありますが、人に会うきっかけづくりをすることで、また新たな出会いがあり、その出会いが個人では出来ないことを可能にしてくれます。◇ほんとうにそのとおりですよね。それでは友香さんから、今回ご一緒している皆さんをご紹介いただけますか?◆「nerii yoga studio」さんは、わたしが普段から通っているヨガスクールです。ヨガをやり出してから、脳がすごくクリアになる感覚があります。小さいことが気にならなくなったんですよね。インストラクターのエリコさんはめちゃめちゃアクティブな方で、元ヨット部なんだそうです。倉橋の桂浜では、SUPヨガも企画されています。ヨガだけでも十分素晴らしいのですが、海を見ながらするのがまた気持ちいいんですよね。海という場所は、やっぱりエネルギーをもらえますよね。サンセットヨガで脳をクリアにして、心も体もエネルギーをたくさん感じて、潜在能力が発揮される身体にしてもらえれば嬉しいですね。◇末岡さんはどうですか?◆末くんの印象は、いつも爽やかで、気取らず、志の高い方ですね。よどんでないというか、ピュアな人だなぁと思います。男性から見てもかっこいいと思われるタイプなんじゃないのかな。センスがすごくよくて、今回のイベントのネーミングも、ロゴも末くん作なんです。「ブリージング」というのは、アロマの静かな呼吸、SUPの波のリズム、ヨガの心に響く呼吸、この3つから末岡くんが名付けてくれました。今回イベントを組み立てているグループは、みんなが大人のグループで、話し合いや打ち合わせでも立ち止まってウジウジすることもないし、さっぱり、あっさりしていてとても心地良いグループです。◇会場のサンビーチはいかがですか?◆わたしは江田島に来て20年になりますが、サンビーチは本当にキレイです。このキレイさをぜひ感じてもらいたいですね。言葉が悪いかもしれないですが、すごくキレイなのに利用者がそれほど多くなくて、もったいないなぁと思っていました。「nerii yoga studio」のエリコ先生も、今回の打ち合わせで初めてサンビーチに来てくれたのですが、とっても気に入ってくれて、それ以来仕事抜きで何度も来ているそうですよ。◇友香さんの担当されるよもぎ蒸しはどんなふうになりそうですか?◆この暑いなかで「よもぎ蒸し」!?って思われるかもしれませんが、ちゃんと意味があるんです。よもぎ蒸しでは、よもぎをはじめとした生薬を使います。これが体を内側からあたためてくれます。身体の表面だけでなく、内臓をダイレクトに温めるので、身体の可動域を広げることができるんです。なので、スポーツをする前に体験するのが実はとてもおすすめなんです。身体がすっきりして、いつも以上にスポーツも楽しめると思います。よもぎ蒸しで身体をほぐしてからSUP、ほぐしてからヨガ、ほんとうにおすすめです。◇あたためて、ほぐしてから運動。めちゃくちゃ気持ちよさそうですね。いつも以上に自分の「カラダ」を感じながら運動できそうですね。◆そうなんです。今回のイベントは、8月以降も9月10月と毎月開催していきます。今回都合がつかない方も、ぜひ9月にご参加ください。今回の4団体をベースにして、2回目3回目には、音楽や出店など、もっともっと賑やかにしていきたいですね。◇今後も楽しみですね。今日は本当にありがとうございました!▽イベントのお申し込みなどはFacebookイベントページをご覧くださいhttps://www.facebook.com/etajimabeachbreathing/ ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ こちらの記事もぜひご覧ください。 ※江田島人物図鑑|志水友香さんhttp://etajima-jinbutsu.net/?p=1400※江田島人物図鑑|末岡真樹さんhttp://etajima-jinbutsu.net/?p=319 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      3
      テーマ:
  • 14 Aug
    • 「江田島市に多様なビーチカルチャーを」 複合型の海のイベントを企画する末岡さんに話を聞きました

      こんにちは。オリーブ担当の峰尾です。今日はちょっと、オリーブの話題から外れます 笑 8月19日(土)、江田島市の「サンビーチおきみ」を会場にイベントが開催されます。イベント名は『Etajima Beach Breathing』。SUP、ビーチヨガ、マッサージ、さらに宿泊施設がコラボしたイベントと聞いています。なんとも気になりますね。ということで、企画者のひとり、『ETAJIMA SEA SUPPORT』の末岡さんに話を聞きに行きました。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆聞いたひと:峰尾、西村(江田島市地域おこし協力隊) ◇答えたひと:末岡真樹さん(ETAJIMA SEA SUPPORT) ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ ◆こんにちは。「Etajima Beach Breathing」おもしろそうですね。あらためて、どんなイベントですか?◇SUP、ビーチヨガ、マッサージをひとつの会場で同時に楽しめるイベントです。「同時に」と言いましたが、どれに参加するかは皆さんの方で選べます。それぞれ、少しずつ時間をずらしていますので、たとえば 「よもぎ蒸し を受けてから SUP をやろう」とか、「アロマトリートメント を 受けてから サンセットヨガ をやってみよう」とか、そんな具合に選んで、組み合わせて楽しむことが出来ます。◆いいですね。おもしろそうです。申し込みはそれぞれ別になりますか?◇はい。別になります。チラシにそれぞれの開始時刻と所要時間を書いていますので、ハシゴするプランを考えてもらい、それぞれに申し込む形になります。◆今回はどんなひとをターゲットに考えていますか?◇普段行っている「ETAJIMA SEA SUPPORT(江田島シーサポート)」の活動では、子どもやファミリー向けのものをメインとしています。ですが、前々から別の角度からの活動もしたいと思っていました。今回のイベントでは、ずばり「女性」をターゲットにしています。マッサージとビーチヨガと組み合わせることで、心地よい時間を体感してもらいたいと思っています。◆SUPとビーチヨガ、SUPとマッサージがコラボして行うイベントというのは、今までになかったことですよね。◇海で体験する「複合的なイベント」といえば、たとえば関東や沖縄などでは旅行プランにも組み込まれるほど色んな企画がありますよね。ビーチカルチャーを色んな角度から味わうことが出来て、色んなコラボレーションが実現していたりします。海の遊び方も色んな幅がありますよね。そうしたイベントを、遠くへ旅行に行かずとも、ぼくたちの身近なところでも体験できるようにしたいと思って企画しました。◆特に女性に味わってもらいたいことはどんなことですか?◇「自分磨き」「自分の時間」という贅沢さ、そういった非日常を味わってもらいたいです。自分のライフスタイルを見つめるきっかけにもなればうれしいですね。おかげさまで、現在申し込んでいただいているのはほぼ女性となっています。もちろん、男性の方も大歓迎です。◆今回は「サンビーチおきみ/入鹿海岸」での開催になりますね。末岡さんの「ETAJIMA SEA SUPPORT」は、普段は長瀬海岸での活動が多いと思いますが、あらためて、サンビーチの良さを教えてください。◇会場のサンビーチおきみは江田島市の西側に位置しています。夕日がきれいで、見渡せる景色のなかに人工物がほぼ見えません。対岸には宮島を望むことができ、本当に素敵な場所です。湾に位置している長瀬海岸と比べると少し波がありますが、それでもとても穏やかで、SUPをするにも素晴らしい環境です。◆江田島の海の穏やかさは、末岡さんたちが以前に作った映像を見ても本当によくわかりますよね。◇サンビーチで開催することになった経緯として、サンビーチおきみの平松課長の思いがありました。江田島市では「能美海上ロッジ」という一番大きな宿泊施設が今年の春にクローズしました。今残っている宿泊施設を盛り上げていこう、という気持ちを平松さんからすごく感じましたし、それなら「宿泊客のためのアクティビティを作りたいですね!」ということでこの企画がスタートしました。ぼくらの活動が、島全体の盛り上がりに貢献できると思うととても嬉しい気持ちになります。◆今回は「Etajima Beach Breathing」というイベントタイトルがついていますね。◇イベント名「ブリージング」の由来は、SUPとマッサージ、そしてヨガの共通点を探したときに、「呼吸だな」と思いつきました。以前、とあるヨガの先生のブログで知ったのですが、人の呼吸の回数は、打ち寄せる波の数とほぼ同じなんだそうです。「自分の呼吸」と「波の呼吸」を意識することで、自然をより身近に感じることが出来ると思っています。◆とてもおもしろいですね。◇呼吸にもいろんな種類の呼吸がありますよね。躍動感のある呼吸、深い呼吸、静かな呼吸。波の音、自然の声、そして自分の呼吸を意識することで、きっとエネルギーを感じることが出来ると思います。◆末岡さんが担当するSUPでは、普段と違うこともされますか?◇はい。普段のSEA SUPPORTの活動では「初心者向け」の内容がメインですが、今回はもう少し踏み込んでみたいと考えています。具体的には、50分間 「呼吸」をテーマに行います。たとえば、パドルを漕ぐときに息を吐くことでフィットネス効果が高い乗り方にすることが出来ます。SUPの上で行うアウトドアフィットネスですね。呼吸を意識して乗る分、初心者クラスよりは難しくなりますが、より自然を近くに感じられると思います。◆マッサージとヨガの部分についても教えてください。◇アロママッサージを担当する「美庵果(ビアンカ)」の友香さんは、好奇心旺盛でいつも前向き、少女のようなかわいらしい方です。その友香さんが普段から行っているヨガスタジオが呉市の「nerii yoga studio(ネリーヨガスタジオ)」です。インストラクターのエリコさんは今回のイベントをやることで出逢いましたが、とても雰囲気の良い方ですね。おふたりとこうやって一緒に出来るのがとても心強いです。◆ひとの出逢いっておもしろいですよね。◇ほんとうにそうですね。人と出逢って、島でこうしたイベントを出来るようになることがほんとうに嬉しいです。ぼくら「ETAJIMA SEA SUPPORT」は海の活動をサポートするつもりで取り組んでいますが、実は、出会ってきた皆さんにサポートしてもらっているんだなと実感しています。◆4団体で一緒にイベントを組み立てるというのはそれぞれ初めてのことだと思いますが、どうですか?◇打ち合わせの時点からとても楽しくて、ワクワクしています。大人の文化祭って言ったら変ですが、そんなノリがありますね。「これはどう?」「いいね!それやろう!」といったかんじで、進むのがとてもスムーズです。はじめは1回かぎりのイベントのつもりで考えていたのですが、こうしてコラボして企画していること自体がとても楽しいですし、せっかく場を作るなら、継続することも大切だろうと思い、3ヶ月連続で開催することになりました。◆すごいですね。本当におもしろい試みですよね。3回やることで、イベント自体もまだまだ育っていきそうですよね。◇SUP・ビーチヨガ・マッサージを軸としながら、2回目以降はプログラムに参加しなくても海での一日を楽しめるような、たとえば音楽や食などにも分野を広げていきたいと思っています。少しずつ、「形」や「見せ方」にもこだわっていきたいですね。◆当日は晴れるといいですね。◇そうですね。今回のイベントでは、SUPとヨガ、マッサージをそれぞれ別々で楽しめるのですが、当日はぜひすべて体験してもらえるとうれしいですね。サンセットヨガなんて、天気が良ければ本当に最高です。◆ありがとうございました!▽イベントのお申し込みなどはFacebookイベントページをご覧くださいhttps://www.facebook.com/etajimabeachbreathing/ ★ インタビュー第2弾では「美庵果(ビアンカ)」の志水友香さんに話を聞きましたhttps://ameblo.jp/go-etajima/entry-12301836490.html ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ こちらの記事もぜひご覧ください。 ※江田島人物図鑑|末岡真樹さんhttp://etajima-jinbutsu.net/?p=319※江田島人物図鑑|志水友香さんhttp://etajima-jinbutsu.net/?p=1400 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      3
      テーマ:
  • 06 Aug
    • 好評の夏休み星空映画会♪今年も江田島市で8月26日開催!

      今年も星空映画会の夏がやってきます!! 新規のお店のオープンや様々なイベントが開催され、特に盛り上がりを見せる江田島市!3年前から実施している「星空映画会」も人気イベントのひとつです♪今年の上映作品は「アングリーバード」全世界48ヶ国でNo1になった大人気の映画です(´˘`*)夜の小学校という異空間で、心地よい夜風に当たりながら、迫力の体験をしましょーね(´˘`*)今年は、昨年までの「切串小学校」から「江田島小学校」に会場を移しての開催。江田島小学校は校舎も校庭もとっても綺麗!日陰もたくさんあって涼しそうです。映画以外のお楽しみ・・・ジュース、フランクフルトの販売や、島の人気パン屋さん「もみの木」が出店。地元の写真サークル「江田島の夕景夜景」の展示、うちわ作りのワークショップなど予定してます。親子でのんびり楽しめる企画いっぱいです。会場が小学校ということで、都会のお祭りとは違い、小さなお子さま連れでも安心して、ゆっくり過ごせますよ。江田島市内、江田島市外からお気軽にご参加ください。チケット販売も開始していますよ(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°【日時】8月26日(土曜日) 19:30~(約90分)【場所】江田島小学校グラウンド  ※雨天時は体育館  ※敷物などは各自でご用意ください【チケット】前売り:830円(当日:900円)  ※3才以上大人も同額  ※団体参加(子ども会など10名以上)をお考えの方はご相談ください。【問い合わせ】詳しくはお気軽にお問い合わせください。TEL:070-1870-0355 担当:府川(ふかわ)mail:happy514smile@gmail.comFACEBOOKイベントページ「星空映画会2017」

      3
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 海岸沿いのなぞの建物がついにOPEN!

      早瀬大橋からすぐ近く。ずっと気になっていたあの建物。ついに、7月9日オープンしました!その名も、「江田島シーサイドプラザせいわ」早速、行ってきました♪海を望むテラス席。心地良い潮風に吹かれながら、のんびり。爽快です♪敷地内にはいろいろな建物が・・・・そこには・・・・産直の野菜や花が・・・おぉ~!安い!びっくり価格で販売されています。ん?あの建物は・・・????なんだか美味しそうな匂いが・・・♪そうです!カレーです。ナンとライスから選べます!そして・・・・なによりもオススメなのがこちら!!!!はい!夏と言えばのそれです!(笑)ひんやり、シャキシャキの美味しいカキ氷です♪ 抹茶、イチゴ、マンゴーの他、トマトやみかんのバリエーション♪写真は、江田島産の甘夏ののったみかんです!さっぱりとしたみかん味に甘夏のアクセントが抜群です!敷地内にはカヌーがあったり、まだ空き建物もあったり。まだまだどんどん進化していく予定のようで、これからが楽しみです~。江田島へのドライブの際には、ちょっと立ち寄ってみてはいかが?江田島シーサイドプラザせいわ営業日:金土日の11時~14時住所:江田島市大柿町大君横走1889-2電話:0823-57-2434FACEBOOK:https://www.facebook.com/etajima.seiwa/(記事:k)江田島の観光・飲食店・カフェなどの情報は・・・江田島へ行こうの「えたじまん」

      6
      テーマ:
  • 13 Jul
    • オリーブ講座を開催します

      いつの間にか梅雨はもう開けたのでしょうか。すっかり暑い江田島市です。 さて。今日はお知らせです。わたしたち「江田島市地域おこし協力隊」は、月に1度「オリーブ講座」を開いています。 オリーブ振興が始まって今年で7年目。「オリーブ」や「オリーブオイル」についてもっともっと知ってもらいたい。そんな気持ちから企画している講座です。 7月は、いつもと場所を変えての開催です。今回は、三高港近くの「かふぇ渚」さんが会場。広島からもフェリーで来れますね。 内容は、「オリーブオイルを使った食べるドレッシングづくり」。すでに定員が2/3ほど埋まっておりますので、ご興味あります方は、ぜひお早めにご予約のお電話をお願い致します。  日時:7月23日(日) 午後3時~午後5時場所:かふぇ渚(沖美町三吉2717・三高港向かい)内容:オリーブとオリーブオイルについてのおはなし、   オリーブオイルドレッシングづくり定員:20人(先着順)参加費:1,000円申込:7月20日(木)までに、   江田島市オリーブ振興室(TEL:0823-43-1643)まで   お電話ください(平日9:00~17:00)。主催:江田島市オリーブ振興協議会 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      2
      テーマ:
  • 26 Jun
    • オリーブ冠が『江田島 SEA TO SUMMIT 2017』にも登場

      6月18日、江田島市内で行われたイベント『SEA TO SUMMIT 2017』の表彰式にてオリーブ冠を使っていただきました。 カヤック、自転車、そして山登りで江田島市の自然を体で味わうこのイベント。江田島市では4度目の開催でしたが、今回初めてオリーブ冠を採用いただきました。 実は、前日の夕方に市役所秘書広報室から特命電話をいただきまして(笑)、当日の朝から、地域おこし協力隊の西村さんとふたりで急遽作製しました。   『SEA TO SUMMIT』参加者の皆さんは、ほとんどが島外からの方だと思われますので、江田島市の思い出に、少しでもオリーブのことが刻まれたなら嬉しいですね。みなさん、とってもいい笑顔です。  江田島市、ほんとうにどんどん盛り上がっている気がします。また来年も開催してほしいものですね。 → 江田島SEA TO SUMMIT 2017http://www.seatosummit.jp/menu117/contents559 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      3
      テーマ:
  • 07 Jun
    • オリーブの実の赤ちゃん

      花の季節が終わりを迎え、成長の早いところではこのように実の赤ちゃんを確認することが出来るようになりました。 受粉から着果までいったものは、この島で今年どれくらいあるでしょうか。 少しずつ少しずつ膨らむオリーブの実。見守っていくのが楽しみです。 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      2
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 江田島基地モニター通信 vol.1

      江田島に海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)の観光・見学に来島されるかたが多くいます。構内の教育参考館には旧海軍関係の資料が豊富に展示されていて、人それぞれですが、心に響くものがあるかと思います。この場所は海上自衛隊第1術科学校・幹部候補生学校として教育機関として活用されていますが、学校以外にも江田島には海上自衛隊の施設があります。『飛渡瀬基地』と呼ばれていましたが、江田島町江南にある第一エアクッション艇隊。日本に6艇しかいない、輸送用エアクッション艇のLCATの訓練基地、整備基地になっているようです。フォバークラフトのように水上(陸上も可)を浮いて走る特殊な輸送艇です。東北の震災の際、瓦礫が浮き、通常の船では走行不能だったので物資輸送などで大変活躍されたそうです。整備中で全体の写真を撮れなかったのは残念でしたが、全長26.8mのLCATを間近に見れたことで十分満足し圧倒されました。また、訓練基地内にあるシュミレーターも見学させていただきました。輸送艦から出動し、帰艦すというものでしたが、自動車教習所くらいしかシュミレーターの経験のない私には、あまりにもリアルで圧倒されました。それもそのはずで、輸送艦に帰艦するさい、エルキャットが格納されるスペースが狭く、左右とも各30cmの隙間をあけて止めるというのですから、相当の技術が必要なんだと思いました。ましてや、洋上だと風や波の状況もいつも違うので、それに対応できるような訓練ですからシュミレーターも凄いものなのもうなづけます。通常立ち入りできない施設なので、江田島市民も知らない方が多い施設です。改めて、今なお基地の町『えたじま』を感じる1日でした。 by江田島基地モニター 

      3
      テーマ:
  • 25 May
    • オリーブの花が咲き始めました

      オリーブの花が咲き始めました。 1年にこの時期、それも1週間ほどしか見れませんので、ぜひこの週末は江田島市に来ていただきたいなと思います。 昨日の雨の影響が少し心配ではありますが、市内の各園地でオリーブの開花が続いています。 おすすめは中町港ロータリーにある大きな成木2本。こちらは今年、特にたくさんの花がついています。今まさに「満開」といった様子。昨日の雨風の影響か、白い花びらが絨毯のように地面を埋めていました。 ※画像の赤丸の場所です花の見ごろですが、この週末が一番の見ごろかと思われます。中町港にお寄りの際は、ぜひご覧になってみてください。 23日の中国新聞さんでも「開花」の記事を掲載いただきました。∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      1
      テーマ:
  • 24 May
    • 江田島市大柿町で旨い地鶏料理が食べられるお店!

      祝💮リニューアルopenからまもなく1周年~炭火焼 dining 貘~3年前に1度閉店し、約2年の広島で居酒屋の店長経験を経てリニューアルopenしたのが、2016年の6月1日。島でお店を再開した理由が、家族との時間を持つためという優しいマスター。もうひとつ、きっかけになったのが、バクの看板メニューの“鶏“との出会い!メニューに『ぶち旨いけん!!』と書かれた、江田島切串で育った下野さん家(ポーク&チキン江田島)の地鶏。朝絞めた鶏なので鮮度は抜群!マスターが「下野さんは血抜きが上手いし、鶏の味も(他の鶏とは)全然違う」と言い切るだけあって、鶏の旨味抜群!炭火焼はもちろん、刺身でも美味しく食べれます♪1周年を機に、平日飲み放題プランを始めるのを筆頭に、創作料理等の新メニューや江田島の獲れたての魚を使ったメニューも検討中だそうです。数少ない大柿町の居酒屋だけに、期待してますよ〰️♪旨い鶏を食べに、江田島へ行こう♪『炭火焼 dining 貘』〒737-2213 広島県江田島市大柿町大原1159-4電話: 0823-36-4806営業時間:18時~・不定休

      1
      テーマ:
  • 17 May
    • 江田島産オリーブ冠の波が来ています!

      江田島市で育てたオリーブの枝葉で作った「オリーブ冠」が、なんと「世界大会」で使われました。 こちら! 国立代々木競技場で開催されたフィギュアスケートの「国別対抗戦」。めでたく優勝を遂げた日本チームに、表彰式にてオリーブ冠が贈られました。 この表彰式の模様は全国放送のテレビでもちらっと写り、江田島市民にとっても大きな「自慢」になっています。この冠。じつは、市役所オリーブ振興室に所属する地域おこし協力隊のわたくし峰尾と、同じく協力隊の西村さんが製作しました。 江田島市が「オリーブ振興」を始めて7年目。江田島市では今、オリーブ冠の波が来てるかも?? 広がりを見せる「オリーブの輪」。続報をお楽しみに!∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞>> 峰尾 亮平(江田島市地域おこし協力隊)…神奈川県綾瀬市生まれ。横浜市にて15年生活。…移動式古本屋運営、図書館勤務などを経て、2016年4月 江田島に移住。…現在「オリーブ栽培技術指導員」としてオリーブ修行中。…好きな言葉は「歩きながら考える」http://www.facebook.com/etajimaokoshi/

      2
      テーマ:
  • 11 May
    • カメッ子サークル

      先月、江田島町中央の学びの館で開催されていた「江田島写真教室 カメッ子サークル 写真展」のお礼状が届きました☆カメッ子サークルは江田島へ行こうの「江田島ギャラリー」にも素敵なフォトをアップしています!!江田島の魅力を伝えるのに「写真」は欠かせません^^ぜひご覧ください♪(sekka)

      テーマ:
  • 25 Apr
    • 春のにぎわい〜えたじま手づくり市〜

      今週末、能美町高田の光源寺で「えたじま手づくり市」が開催されます。今回でなんと第10回。当日はのぼりを目印におさんぽしながら、あなただけのワクワクを探しに遊びに行ってみるのはどうでしょうか?出店情報やステージのタイムスケジュールなどはえたじま手づくり市ブログや公式Facebookページをご覧ください♪(sekka)

      3
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。