帯広へ行ってまいりました

テーマ:

今回は帯広のクリニックへ行ってまいりました。


院長、奥様、看護師、スタッフの方々向けにフェルガードのご説明をプロジェクターを使ってみっちり1時間させて頂きました。


今月は道交法の改正があり、認知症と診断されてしまうと運転免許証の取り上げにつながってしまうため、予防に関して様々ご質問を頂きました。


やはりこの辺りは車がないと買い物はもちろん、何もできないとのことです。


今回の道交法の改正は今後、特に地方で深刻な問題になりそうです。

 

説明会の後も、院長と奥様と様々お話しさせて頂きました。


私は、何故フェルガードを製造販売するようになったのか、とか、どのような思いでフェルガードの事業に取り組んでいるのか、とかお話しさせて頂いたのですが、真摯にお聞き頂き大変ありがたかったです。


院長と奥様とのお話は場所をフレンチレストランに移して夜まで続きました。


私は、おいしい料理とワインに浮かれ気分になってしまい、プライベートな話までいろいろ話してしまいました。


また院長のプライベートなお話しもいろいろ伺えました。

 

このような経験ができることが営業をやっている醍醐味、そして本当にありがたいことだと思います。


私どもの思いを共有してくださる先生からフェルガードを患者様にご紹介頂くことこそ私どもの理想です。


その為に私どもは引き続き鋭意尽力してまいります。

 

 

AD

福井県敦賀市を訪問しました

テーマ:

本日は福井県敦賀市を訪問しております。

福井県は「フェルガード®をご相談できる医療機関」不毛の地です。

しかし、こちらの先生は私どもが常日頃社内で話題とする「一番最初の方で素晴らしい変化を感じられた」先生ですので、その後は積極的にご紹介頂いております。

 

JRは1時間に1本という環境であり、以前に比べれば高齢化と過疎化が進む地域ですので、当然医療機関の数も減りつつあります。

 

そのようか環境下でこちらの先生は「全身を診る」事で、近隣にお住まいの皆様の健康管理をされております。

実は、そのような先生の方が成人病をはじめとした様々な疾患を一元管理でき、お薬の管理等も包括して行えるという事で認知症治療には良いというお話を多々伺っております。

(様々な介護サービスの窓口が「地域包括支援センター」と呼ぶのと同じですね)

 

このような先生にフェルガード®を認めて頂けた事は、大変嬉しく思っております。

今後もこのような地域に寄り添われている先生に認めて頂けるように精進致します。

 

フェルガード®にご興味をお持ちの先生は、お気軽にお声掛けください。

全国、どちらへでもお伺い致します。

写真は福井駅から乗ってきたサンダーバードです。カッコいいです。

AD

山梨県中央市に行ってきました

テーマ:

本日は山梨県中央市に行ってきました。

中央市の名前の由来は、山梨県の中央、日本の中央から命名したようです。

甲府市、南アルプス市と隣接しています。

中央市の先生からのお問い合わせは初めてで、循環器が専門の先生ですが、やはり認知症と思われる患者さんが増えてきたので、医薬品だけで無く、サプリメントでもエビデンスのあるものは使っていきたいとのことで、認知症治療に積極的に取り組む意気込みを感じました。

 

甲府駅南口

 

駅前の広場の武田信玄公銅像です。

AD