グローバルトラストネットワークス
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-07 11:05:54

J2水戸ホーリーホックのスポンサーになりました!

テーマ:後藤裕幸の日記

6月4日 J2水戸ホーリーホックのスポンサーになると言うことで記者会見を行いました。


その模様が新聞に掲載されたりしているみたいです。



【読売新聞】

http://www.yomiuri.co.jp/local/ibaraki/news/20160604-OYTNT50231.html


なぜ水戸ホーリーホックかというと「ベトナムのメッシ」と言われるグエンコンフォン選手が所属しているチームであり、ベトナムから注目されているチームであること。


ベトナムでは国民的なスター選手ですので、彼の成功を応援したいということ。


チームの戦略としてもベトナムに力を入れています。


【茨城新聞 一面】

http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14651362737263


また韓国のソンジュフン選手もおり、オリンピック世代ながらA代表に呼ばれる逸材です。


リオオリンピックでの活躍が楽しみです!



日本を夢見て海外から来てくれる外国人にとって彼らが成功におけるシンボリックな存在になってくることを祈っています。


6月4日 そして水戸ホーリーホック対清水エスパルス戦をみてきました。


鄭大世や大前元紀の2トップという破壊力のあるメンバーですが、見事に無失点で抑えました!

クロスバーに当てるシュートなど惜しいシーンもあったので勝てる可能性もあった試合だけに残念ですが、競合相手に勝ち点を取ったのは大きいかと思います。


グローバルトラストネットワークスのアジア戦略を今後とも楽しみにしていてください!


グエンコンフォン選手もソンジュフン選手も代表招集でいなかったのが残念でした。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-06 16:27:54

外国人が日本で最も働きたい会社になる

テーマ:後藤裕幸の日記

創業時から

 

「外国人が日本でもっとも働きたい会社になる」

 

と言っていました。

 

GTNは現在100名程度の組織になりました。

 

そのうち70%は外国人です。

 

GTNは国籍も言語も民族も文化・習慣もバラバラです。

 

創業時に言ってた「外国人が日本で最も働きたい会社になる」という言葉は、そんな話は正直鼻で笑われていたと思います。

 

実際、精一杯やっても働きたい会社からは程遠い環境でした。


その実態は離職率は50%を超えて私の思い描く組織とは程遠かったと思います。

 

その当時は外国人が多く、彼らは転職するのが文化だからしょうがないという言い訳で何とか自分を慰めるときもあったかもしれません。

 

それからどうやったらメンバーはGTNを好きになるのか正直悩みました。


そして私は常識やセオリーを無視し、いろんなことを挑戦し続けました。

 

周りから色んな反対もありました。

 

まずは人事評価システム改革から着手し、人事制度の改革、社内異動の活発化、他部署への研修制度、部門別達成会、部活動システム、ワークショップ、社員旅行、GTN総選挙、GTNフェスティバル、GTN大花見大会、田植え・稲刈り、誕生会などを行いました。

 

そして部門間を飛び越え、チームGTNとして一致団結した組織になってきました。

 

なんとその結果、離職率5%程度まで下げることができました。


それから現在は教育という課題に取り組んでいます。

 

幹部向けの課題書制度や主任へのプロセスは立候補制度にした主任選考プレゼン大会、外部研修制度などに取り組んでリーダーの育成に取り組んでいます。


そして現在、最も力を入れているのは採用力強化です。

 

妥協なき採用として、日々GTNが定義する優秀なメンバーを発掘採用を行っています。

 

優秀な人間は優秀な人間と仕事をしたいものです。

 

その空気感や文化が更なる成長の源泉になると思います。

 

GTNが定義する優秀な人は参考にはしますが学歴や職歴ではありません。

 

地頭の良さや感度の高さはもちろんですが、更に大事なのは誠実であること、そしてGTNのビジョンに胸高鳴る感覚があるかどうかです。

 

それを私の面接ではみています。

 

見せ掛けではない本物かどうかを判断します。


こうした努力のおかげで着実に成果を上げてはいます。

 

でも外国人が日本で最も働きたい会社にするという目標の一つに到達するのはまだまだ遠いですね。

 

昨日、社内メンバーから「私はGTNが好きです」とか「GTNをもっと知って欲しい」という熱い思いを聞かせてもらいました。

 

2010年入社の古株メンバーから「GTNを外国人が最も働きたい会社にしたい」という話をもらいました。

 

ほんと嬉しかったです。

 

今年の新卒は大手企業の内定を辞退してGTNを選んだ社員は多かったです。

 

少しは前進したかな。

 


まだまだ道のりは遠いけど、夢で物語ではないという社内メンバーの思いに改めてGTNを

 

「外国人が日本で最も働きたい会社になる」

 

を実現させたいと思います!


頑張ろう!!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-04-15 18:01:55

熊本にて大きな地震がありました。

テーマ:社会問題について

私の実家のある熊本で大きな地震がありました。

最大で震度7との事で、特に益城町の人は家屋の倒壊など多くの被害が出ているようで残念でありません。

少しでも被害が少なく、復旧が早期に進むことを祈ります。

余震が続いており、ライフラインの復旧や恐怖による精神的な負担もあるとは思いますが、熊本の人の強さで乗り越えて、普段通りの生活に早く戻れることを願っております。

がまだせ!熊本!!
(使い方間違ってたらごめんなさい。)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-21 15:08:51

夢や目標がでっかく、でも人生は階段

テーマ:後藤裕幸の日記

夢や目標はでかければでかいほどよい



私はそれが本気であればそれでいいと思う。


でもあなたにだけ特別なエレベーターを用意してくれはしない。



一気に10段ずつ駆け上がることもできない。


着実に1段1段上がっていくしかない。


人によって階段を駆け上がるスピードは体力や精神力で大きく違うけど、着実に一歩一歩あがっていくしかない。


その小さな積み重ねが大きな差を生む。



まずは正攻法でかけあがること、それから色んな工夫の仕方はもちろんある。

人と違う方法で階段を上がることも許されるが、基本を知った上での話。


勢いだけではいずれつまづき、その時は怪我が大きい。



成功者と言われる人たちの多くは周りが何を言おうとそれを必死に休まず上り続けた人たちです。


でもそれを楽しむ余裕もあったりする。



それは必死に上っていれば応援してくれる人が出て、協力してくれる人がいて、ありがとうと言ってくれる人がいる。


いつのまにか多くの人たちの希望や思いを巻き込んでそれそのものが生きがいになる。


なのでたとえ困難な目標や夢であってもみんなの力で上る事ができる。



最初は孤独かもしれないが、本当はそんなことはない。


見ていない様でみんなみている。


逆にみんな見てみぬ振りをしているかもしれない。


でもそれが本気だと分かれば応援するし、協力するし、利用する。



早く夢をかなえたいと焦るのは悪いことではないが、焦ってはいけない。


まずは知識、経験、実績を積み上げて、そこに行くための能力と経験を築くこと。


ドラゴンクエスト風に言うと、LV10でゾーマは倒せないので、まずは自分のLVを上げて、そのステージに見合う自分になること。


それは年齢やキャリアではない。


一番の近道は必死に与えられた課題をクリアしつつ、たくさん本を読み、人の話を謙虚に聞く事です。



4月には新入社員が一斉にスーツを来て働き始める時期ですね。


当社も9名の新卒が入ります。


今から楽しみです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-03-17 17:41:37

真実の目でみることの重要性

テーマ:後藤裕幸の日記

繁盛期も終盤戦に突入です。


来週あたりから徐々に日本に留学生達が来日し、来月の頭にかけてどんどん来日してくると思います。


今頃留学生達は、不安と期待の中で、その来日の日を待ちわびていることでしょう。


今から楽しみです。



私がよく使う言葉に


「真実の目」


という言葉があります。



GTNメンバーは常に誠実でなければいけないという言葉をよくメンバーにかけていますし、採用基準も誠実さを重視します。


その他にもよく話す言葉では

「真実の目」

でみなさいということをよく言います。


世の中には常識、当たり前などで思考することすらせず、受入れていることが大きすぎます。


ただ真実の目でみるとそれが物事の妨げになっていたり、非効率、非生産的なものだったりするわけです。


単純な例で言うと電話よりメールの方で連絡をとる方が効率的であると考えたり、相手への配慮が出来ていると思っている人はたくさんいますが、実は電話のほうがずっと効率的な場合が多いのです。


詳細に正しく相手に伝えれるばかりか、メールを書くよりも速度も速い、更に相手がその場で理解するので確認やさらなる予定を追加することも出来る。


あえて形に残すべきときであったり用途にもよりますが。



あるいは新卒採用のスキームも非生産的だとGTNでは考えています。


GTNは成長に合わせた想定採用人数は考えていますが、原則GTNにふさわしい優秀な人材がいれば採用するという方針であります。


また4月新卒は9名いますが、全員現在GTNでアルバイトで働いている学生であります。


アルバイトを通じてGTNを好きになってくれた学生が卒業後に社員になってくれる。


そのおかげで入社した後にお互いにこんなはずじゃなかったというトラブルがありません。


説明会で誇大な説明を行って実態とのギャップでトラブルになることは結果どちらにとっても負担なはずなのでなんでそんなリスクの高い方法を取るんだろう。


またブランド志向の強い学生が多い中、特にベンチャーや中小企業はもっとそんなシステムに乗っかる必要もないのではないかと思います。


他にも挙げればきりがないのですが、GTNでは常識や偏見などさまざまな人間の非生産的な考えを真実の目で正常化させていきます。



みなさま、GTNは今後も真実の目をもって自分達の理念にとって正しいと思う道を突き進んでいきたいと思います。



もうそろそろ繁盛期も終盤戦ですので、ラストスパートです!!


皆様、あと少しです!!頑張りましょう!


(暖かくなってきて桜が早く咲き過ぎないかが心配です。)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。