しゅうたさんの全曲解説~ザックリVer~

テーマ:
いよいよGLAM GRAMM@R 1st ミニアルバム
〝私〟じゃないもう一人の〝私〟の見つけ方の発売日まで





あと6日!
いよいよ1週間きったーーーヾ(@°▽°@)ノ




メンバーはさ
〝メンヘラパニックホラー〟
〝メンヘラパニックホラー〟

って引っ切り無しに言ってるけど
メンヘラパニックホラーとは何ぞや!?
が明らかになる迄





あと6日!






って事で今日は発売1週間前スペシャルと題しまして
発売前に皆の想像を沸きたてる





しゅうたさんの全曲解説~ザックリVer~





あくまで〝ザックリVer〟って所が大事で
本来は〝聴き〟そして〝感じる〟モノが音楽だと俺は思ってるので
作品を聴く前から、全部を文章で語ろうなんて、それはナンセンス
あくまでコレは、皆の想像をかきたて、
皆の中に潜んでる、その〝ワクワク感〟ってヤツを一層広げてやろうかな!って
まぁTVで言う所の〝次回予告〟みたいなヤツだと思って読んでもらえたら





そして、皆が適度に聴き込んでくれた頃を見計らって
しゅうたさんの、あの超マニアックな(笑)解説とかはするからグッド!





1).リトル・マーメイド~the First Love~

か の有名な〝人魚姫〟の物語を題材にしました。
皆、〝人魚姫〟の物語りは知っていますか?叶わぬ恋と知りつつも、自分の想いに正直に向かい合う、切ない恋物語
最後、人魚姫はその叶わぬ恋心を、せめて自分の中だけでも永遠のモノとすべく、その身を投げ出します…

うん、こう書いてるだけでも、心がキューーーっとなってくるのな

そんな切ない恋物語をGLAM GRAMM@Rのコンセプトであるメンヘラテイストで書き上げたのが今回の物語、
ソレをこれぞGLAM GRAMM@R!と思わせる変則曲に乗せた1曲
目まぐるしく展開していく楽曲が、物語の進行にリンクされ、よりスリリングに真に響く1曲に仕上がったと思います。





2).I am a JK~自宅警備員。~

JK=自宅警備員=ニートって事で、
結 局〝ニート〟の物語なんだけど、主人公だけがニートって自覚を持っていないのね、曲者だよなー(笑)
でも、これこそが、この物語の本当に面白いところの主軸であり、GLAM GRAMM@Rがコンセプトの〝メンヘラ〟に繋がる。
要は、リトル・マーメイドとかとは全くの別角度だけど、終着点はこれも1つの〝メンヘラの世界観〟って事ですよ。

楽曲は自分の音楽史上1番〝激しく〟〝ヘヴィー〟な楽曲です、でも、ただ激しいだけじゃつまらない じゃない(笑)ってか〝変則〟を看板に上げてるウチ的に、ただ激しいだけで終わったら自分達が納得出来ない!って事での最後のボレロです、100人 に聞いたら100人が〝そう来るか〟〝意表付かれた〟と答えてくれるでしょう。
ボレロって何?って人もいると思うけど、聴いたら大体の人が解るかと!





3).神様のイタズラ

もし自分に前世の記憶があるとしたらどうしますか?
それも、前世と比べてあまりにも現状が悲惨なモノだったらどうしますか?
運命か…はたまた神様のイタズラか…
そんな壮大なテーマから一転、中盤からリアルスティックなタッチに展開する所もこの物語の面白い所
テーマは壮大だけど、〝メンヘラ感〟って所に重点を置くと、今作品中でも〝身近なメンヘラ感〟なのかなって感じで楽しめます。

そして曲!こちらも一 聞すると、GLAM GRAMM@R節と言いますか、1癖も2癖もありそうな印象を受けると思うけど、いや!正確に言うと1癖2癖どころか、3癖も4癖もある楽曲なんだけど(そりゃまぁーうちの曲ですから・笑)でも、実はボーカルラインだけ追うと物凄いメロディアスでポップで、綺麗なコーラスハーモニー に拘った1曲なんです、そんな美のボーカルラインとアグレッシブなバンドサウンドが合わさり、起こす化学にも注目して下さい。





4).世界終末時計-Requiem-
これはGLAM GRAMM@Rの前身バンドGlam Grammarのカヴァー曲、こういう事が出来るのも、今の形態でやってる面白味の1つかなと、どれだけ変わったか聴き比べて楽しんでほしいです。

って、アレ…これだけ極端に短け(笑)
いや、でもカヴァーなんでね、そもそもの土台の方向性は分ってる人も多いだろうし、今は必要以上に話し過ぎるのもナンセンスでしょう。





5).gloomy
根暗な主人公にフォーカスをあてた物語です。
でも一言で〝根暗〟って言葉では片付けられない、妙に現実と向き合ってる感がなんとも響きます
そう〝響く
今回はアルバムタイトルで伝わるかな?
〝私〟じゃないもう一人の〝私〟の見つけ方
もう一人の私ってのは〝メンヘラな自分〟って事で
6つのメンヘラな物語を綴ったワケだけど、
その上で、自分の中に潜む〝メンヘラ〟と答え合わせしてほしかったんだよね
俺の中に有るメンヘラ度を1番響かせたのはこのgloomyでした

楽曲はミニアルバム唯一のバラード曲、でもベタベタなバラードみたいのは入れたくなくて、アレコレいじくり回してたらこうなりま した、今回のミニアルバムの曲は全曲俺が書いてるんですけど、書いた時期で言うと断トツでこの曲が古いです、1番最初にこの曲の原曲を上げたのは確か6年前?自分にしか分らないかもだけど、昔の自分っぽいアプローチと、今の自分っぽいアプローチが入り組んでて、結果新境地ジャンル書 き上げたなって感じがしてて、満足しています。





6).メンヘラ
これは、いろいろ説明するより聴いてほしいです、これぞコンセプトとして掲げている〝メンヘラパニックホラー〟の第1次完成形なのかな!?って自分の中で思っています、コレを超える物(曲)を生むのが、当面の自分の目標となりそうです。







2016.6.1 RELEASE
“私”じゃないもう一人の“私”の見つけ方