ALSを しなやかに生きる!! 中野玄三

ALSを発症後、チームでALSを乗り越えて、再び会社経営に復帰出来ました。
今は、充実した日々を楽しく過ごしています。 しなやかに生きる。

ALSは、社会に恐れられている病気らしいですが


動けなくなる。喋れなくなる。食べれなくなる。息が出来なくなる。


この4つを丁寧に克服したら、ALSという病気は、それほど大した病気ではなくなりました。


大切な事は 大げさに考えないことだと思います。

NEW !
テーマ:

 

ALS克服のガイドブック(シリーズ2)の紹介。

 

僕は30代の働き盛りの時に、ALSを発症しました。
早いものでALSを発症して、22年です。


22年前と言うと、皆さん いくつで 何をなされていたでしょうか?
そう考えると、長いですね~!
そして僕は、非常にしぶとい奴ですね!


ALSを発症すると、徐々に体の自由が奪われ、全身が動かなくなります。


僕も同じでした、医学書通りに病気が進行して行き、手足の筋肉が動かなくなりました。
そして、言葉も完全に失いました。 


また呼吸する機能も弱くなり、人工呼吸器のお世話になる体になりました。
そういう意味では、行き着く所まで行ったALS患者です。


しかし、6年前に、もう一度、自分の人生を立て直そうと思い、会社を立ち上げ、現在は会社の経営にあたっています。


これには、人工呼吸器をつけたALS患者でも、その気になれば、社会復帰だって出来ることを、全国のALS患者さんに証明したいという思いがあったからです。


そして、こんな僕でも「社会に役に立つ事をしたい」
「同じ病気で苦しんでいる人達の力になりたい」という思いで、
全国に情報を発信できるブログとFacebookもやっています。


また、講演と講義なども「ALSは乗り越えることが出来る」を広める啓蒙活動の一環としてやっています。
そういうことで、毎日、笑いがある充実した時を過ごしています。


でも、いつからでしょうか?
今のように、笑顔が自然に出るようになったのは?


振り返ると、発症してから今日までの、この22年間。

僕は、様々なことを経験し、それを乗り越えてきました。


たとえば、ALSの主な症状の、動けなくなる。喋れなくなる。食べれなくなる。息が出来なくなる。というのがありますが。
この4つを、1つ1つ克服した時から、再び人生に輝きを取り戻したのです。


そうなのです!
ALSは乗り越えられるのです。


それで今回、電子書籍でALS克服のガイドブック「ALSをしなやかに生きる」を出版する運びとなったのです。
ペンネーム:GENZO。


すでに、シリーズ1とシリーズ2をご覧になった方、
シリーズ3は、来月出版予定で進めています。

 

電子書籍は、下記の本を↓↓クリックしてください。

 

http://books.rakuten.co.jp/rk/8df1d07e31c5390682a2fd1a29053202/

 

ALSを乗り越えるために!!

 

無料アプリで、今読むことが出来ます。


 

 

 

 

 

AD
 |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

 

僕は30代の働き盛りの時に、ALSを発症しました。
早いものでALSを発症して、22年です。


22年前と言うと、皆さん いくつで 何をなされていたでしょうか?
そう考えると、長いですね~!
そして僕は、非常にしぶとい奴ですね!


ALSを発症すると、徐々に体の自由が奪われ、全身が動かなくなります。


僕も同じでした、医学書通りに病気が進行して行き、手足の筋肉が動かなくなりました。
そして、言葉も完全に失いました。 


また呼吸する機能も弱くなり、人工呼吸器のお世話になる体になりました。
そういう意味では、行き着く所まで行ったALS患者です。


しかし、6年前に、もう一度、自分の人生を立て直そうと思い、会社を立ち上げ、現在は会社の経営にあたっています。


これには、人工呼吸器をつけたALS患者でも、その気になれば、社会復帰だって出来ることを、全国のALS患者さんに証明したいという思いがあったからです。


そして、こんな僕でも「社会に役に立つ事をしたい」
「同じ病気で苦しんでいる人達の力になりたい」という思いで、
全国に情報を発信できるブログとFacebookもやっています。


また、講演と講義なども「ALSは乗り越えることが出来る」を広める啓蒙活動の一環としてやっています。
そういうことで、毎日、笑いがある充実した時を過ごしています。


でも、いつからでしょうか?
今のように、笑顔が自然に出るようになったのは?


振り返ると、発症してから今日までの、この22年間。

僕は、様々なことを経験し、それを乗り越えてきました。


たとえば、ALSの主な症状の、動けなくなる。喋れなくなる。食べれなくなる。息が出来なくなる。というのがありますが。
この4つを、1つ1つ克服した時から、再び人生に輝きを取り戻したのです。


そうなのです!
ALSは乗り越えられるのです。


それで今回、電子書籍でALS克服のガイドブック「ALSをしなやかに生きる」を出版する運びとなったのです。
ペンネーム:GENZO。


すでに、シリーズ1とシリーズ2をご覧になった方、
シリーズ3は、来月出版予定で進めています。

 

電子書籍は、下記の本を↓↓クリックしてください。

 

ttp://books.rakuten.co.jp/rk/2be2a985b8be3d05b5599bbad0adb2b9/

 

ALSを乗り越えるために!!

 

無料アプリで、今読むことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

テーマ:


今週末、介護職の方に向けた講演をさせて頂きますが、原稿を書き上げました。

 


それで書きながら思いました、「よくALSを乗り越えて来たなぁ」と。

 


乗り越えるためには、もちろん医師の力もあります。

 


看護師さんの力もあります。

 


ケアマネの力もあります。

 


医師は、僕の呼吸が苦しくなった時、

 


楽に生活が出来るように人工呼吸器療法だけではなく、

 


食べられる分離手術もやってくれて、飲み食い出来るように協力者になってくれました。

 


看護師さんは、僕が医療依存度が高い時期、中心になって献身的に支えてくれました。

 


その後、「ヘルパーさんを生活の中心に置く」という僕の考えを支持して、現在は側面から支えてくれています。

 


ケアマネは、出過ぎず、控えめ過ぎず、ヘルプを頼むと、飛んで来て問題を解決してくれるウルトラマンのような存在です(^_-)。

 


患者も家族も、先が見えなくなると言われるALS。

 


その闇に光をもたらしてくれたのは、ヘルパーさんであることは間違いありません。

 


だから恩返しの意味で、お役に立てるなら、ヘルパーさん達を応援したいのです。

 


すでに事前質問が多く寄せられていて、その中には、妻やヘルパーさんに向けた質問も手元にあります。

 


みんなで頑張らなきゃ!!


 

AD

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。