Cahier de la vie

日々の雑記です。
相互読者登録には対応しかねます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
ニューオープンのショップ hauntで大草直子さんのトークイベントがあり、お邪魔してきました。

photo:01


代官山、旧山手通りから少し入った一角、ガラス張りのクールな空間。
大草さんのトークは以前にもお邪魔したことがありますが、今回は人数も少なく、いつになく距離感が近かったのが印象的。ブログのお人柄のまま、とても暖かくて自然体の直子さん、春のコーディネートの提案をいろいろと見せてくださいました。袖のたくしかた、デニムの裾のおりかた、ストール使い…ちょっとしたコツで抜け感が出て2012年仕様になるのを目の当たりに。ついつい昔ながらの着方をしてしまいがちな40代、非常に勉強になります。抜け感を出そうとしてだらしなくなったりしがちだったのだけど、
そのアイテムの「顔」を見せるようにすればいいと重要なコツを教えていただきました。
会場からの質問にも気さくにお答えくだり、これがまたとても参考になる。みんなが悩んでいることって、共通なのだわ。

その後はフリーのお買い物タイム。直子さんの前にはアドヴァイスを求めて列ができます。
ひとりひとりに丁寧にかつ的確にコメントしていく直子さん。聞いているだけでもとても参考になるけど、ずっと近くに張り付いているのもなんだか怪しいので、自分の番が終わったら、私も店内をふらふら。

hauntはレッドカードでおなじみのゲストリストのセレクトショップだけあって、レッドカードのデニムにあいそうなアイテムがいろいろ。種類は多くないけれど、旬のアイテムがそろっていて、自分のコーディネートに1,2点導入すると、今の空気を含んだ着こなしができそう。
webshopもオープンしました。

今回のイベントは人数も少なかったし、みんな一人で参加していたので、いつの間にかゲスト同士で会話もはずみます。ストールの巻き方の復習をしあったり、直子さんからいただいたアドバイスを報告しあったり…。みなさんおしゃれで気さくな方たちばかり、素敵なイベントでした。



スイスのナチュラルコスメ、Justのデモもあり。写真はノベルティとしていただいたサンプルです(ひとつはイベントのお土産、もうひとつはJustで買い物をしていただいたもの)。
ブレンドしてある精油を直接肌につけたり、クリームとブレンドすることで、いろいろな部分にアプローチしていくところに興味を持ちました。精油を直接つけるのは、ヴィアロームで経験済みゆえ、抵抗もなく、またその効果も実感しています。デモでは肩こりブレンドを試しました。スッとして、血行がよくなっていくみたい。腱鞘炎の腕の痛みにもいいかも。
基本になりそうなオイルと、かかとの角質にいいという(ほかにもいろいろ使えます)ティーツリー・クリームを購入してみました。お値段も他社にくらべてリーズナブルと感じます。
こちらはしばらく使ってみてまたご紹介しますね。


おや、ほかにお買い物は??


iPhoneからの投稿

テーマ:
photo:01

携帯からの写真でごめんなさい。

この秋冬に買ったものの中で、最も頻繁に着ているのがYURI PARKのカシミア・ニット。
私的偏愛アイテムになりました。

こちらのニットというとカポ・コンプレート  「YURI PARK capo completo(ユリ パーク カポ・コンプレート)」。
ニット製法の最新技術を使用したホールガーメント製法を用いたライン。
リバーシブルでの着用が可能。“よりデイリーに愛着をもって着てほしい”というデザイナーYURI PARKの思いが込められている


がありますが、私のニットは東洋紡糸のCASIMICOを使った糸衣というラインのもの。少しだけお値段もリーズナブルです(3.22日加筆しました、madameHのコメントで、糸衣の名前を思い出しました ありがとうございます!!)



CASIMICOおよび糸衣についてはこちらをご覧ください。オーダーもできますよ。
品質が素晴らしい。
カシミアニットは毛玉が気になるものが多いけど、これはまったく心配無用。
ブラシがけなどしなくても、毛羽立つこともありません。
手洗いして干しておけば、アイロンもいらず、さっと着てでかけられます。
その上リバーシブルでふたとおりの表情を楽しむことができるるのも魅力。


ほんわりと温かい。ニットを二枚重ねするほどの寒がりでも、これは一枚で大丈夫なのです。
この冬特に寒そうな日はほとんどこれでした。


そして体に馴染む。サイズ38で大きいかと思いきや、一番気になる肩のラインもてスッと体に沿ってくれました。ニットに着られている感無し。その上着ているうちにさらに馴染んできたようです。

私にとって、毎年買い足したいニットになりました。今年の秋にはVネックをお願いするつもり。


三越本店で受注会があるとお知らせが参りまして、早速お邪魔してきました。

YURI PARK X 三越伊勢丹 オリジナルニットカラーオーダー会
3月27日まで 本館三階ミグジュアリー
カシミコ バイ ユリパーク 2型 各7色




接客してくださったのは、凛とした素敵な女性。
ニットにこめられたデザイナーの想いがさりげなく伝わってきます。
もしや、、と思っていたらYuriさんご本人なのでした。
ご自分から名乗られることはなかったのですが、お会いした瞬間にそうではないかな、とピンときましたし、お話しているうちに静かな確信に変わりました。涼やかで、ぶれない芯を持っている方です。
NAVYのニットが色白で透明感のあるお肌に、よくお似合いでした。

いかにYuriさんのニットが素敵か、思わず熱く語ってしまった私ですが、
すべてはYuriさんのこだわりが形になっていることだとわかり、益々嬉しくなりました。
サイズがぴったりくるのは、肩のところのデザインに秘密があり、さらに着るほどにその人のボディに沿っていくそうです。ニットのサイズ選びも悩みの種でしたが、Yuriさんのニットなら大丈夫、なんて心強いのでしょう!

光栄にもYuriさんと楽しくお話しながら、ニットをオーダーさせていただきました。
冬のセーターとはまた違い、柔らかく繊細なカシミア、まとうだけでやさしい気持ちになれそう。

ニットに素敵な思い出が加わり、さらに大切なものになりました。
出来上がりはまだ先ですが、待つ時間を重ねていくのもまた楽しみ。
ゆっくりと自分になじませて私だけの1枚にしていきたいな。



YURI PARKには、熟練の職人たちの手でつくりあげられる極上のニットコレクション「YURI PARK artigiano(ユリ パーク アルティジャーノ)」というラインもあります。いつかお願いしてみたいものです。


なおサイトからのオーダーもできます






テーマ:
$Cahier de la vie
まさしく34サイズのVivier。香港店の店員さんいわく、小さいサイズは香港よ、パリ店だと35.5or36~じゃないかしら、とのこと。サンダル以外で34サイズは初めてです。21.5相当かな。入荷直後に行けば色ももっと選べるのでしょうけど、いかんせん旅行者だから…。これからも香港には行くと思いますが、「靴の発売に合わせて」とはいかず、運任せのお買い物になりそうです。




$Cahier de la vie

かかとのカーブが結構急に見えますね。このラインのおかげで脱げにくいのかもしれません。
履き口はそんなに細くないのですが、インソールに近い部分が少し絞られているのも、細足には嬉しいフォルム。

最近気がついたのですが、私靴にある程度ボリュームを持ってこないと、先細りに見えてバランスが悪いみたい。特にスリムなパンツのときは靴にボリューム感が必要なので、バックルの存在感があるこの靴は理想的なのです。デニムやクロップドパンツにあわせてはきたいわ。

Cahier de la vie


幅はちょっとゆるいですね。中敷調整が必要かも。
神戸屋さんにチェックしていただきましょう。
これがよさそうなら、次はBell de Nuit を試してみたい。欲望は天井知らずなのでした。





Cahier de la vie

左からグッチ34.5C 中央ヴィヴィエ34  右バリー22ハーフ(イギリスサイズ)A
サイズ感のご参考に。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。