geneumiのブログ

【少数民族の楽園】

NEW !
テーマ:
選挙権18歳ならセットで行政参加権

選挙権は16歳からにせよ。
役人は30歳定年。

すべての公共に関する役職は百歩譲って40歳まで。
もちろん、代議士も官僚も右に同じ。

だが、それ以前に官僚は要らない。
中央集権なるものはすべて解体が前提。

それじゃ、40歳以上の大人はなにをすればいいの?
と、言う声が聞こえる。

ではこちらから聞くが、現在の40歳以上の公共に関するお歴々は何をしている?
実際問題、世の中のために何かをしているのか?

オリンピックも国連もサミットも無能丸出し。
単なるカネの無駄遣い?
いやいや、アポトーシス(セルの自殺)か。

彼らのやること成すこと、存在価値はすでにありません宣言。

40歳過ぎたら主権者として政治行政の中心になる。
ひとりひとりがその役割を負うが、それで報酬を得ようなんてケチな考えは捨てる。

ふるさと納税なる中途半端な仕組みではなく、100%ふるさと納税。
自ら自らのコミュティー発展のために尽力する。
富める者は公共に寄進し、知恵、技術、芸術、持てる能力でそれぞれが貢献する。

役所のルーティンワークは高校生で充分こなせる。
インターンシップ(実務訓練)でOK!

外交はどうする?
安全保障はどうする?

年寄りが半世紀以上もかけて、何か変わった?
若者同士話し合って、そんな無駄な争いは止めよう!で、オシマイ。
一月もあれば終わり。

軍隊(自衛隊)は縮小解体、最終的には軍備ゼロ。
他国も右に倣うので問題は無い。

永世中立国スイス?(マヤカシだが)。
フィリピンのように最新鋭装備が無いので戦争をしない現実的選択。
だが、憲法で戦争放棄を宣言したはずの日本はグラグラ。

世界有数の軍事装備製造国家をヒタ隠して戦争放棄なんて、白々しいにも程がある。

最近では「商人も環境を考える時代」だって?
どこかの商社のテレビCMだが、順番が逆である。

環境があって、商売が成り立つ。
環境を勝手に切り売りして壊した輩に言われる筋合いは無い。

商人が暗躍する前提は、誰のモノでもない環境に所有権を設定する立法上の裏付け。
そのために、油ダポチ政権を世界各地に樹立することを民主化とすり替えてきたが、その乱暴なこと。
未だに何万人単位の殺戮を止めない。

そんな犠牲には見向きもせずに、お膳立てが出来るやいなや、すっ飛んで行って我先に利権話をふんだくるお仕事。
そんな連中が今さら環境なんて、どの口で言えるのか?

こんな、破廉恥な大人を野放しにしないためには、マトモな行政システムが必要である。

だから、それを若者(16歳から29歳)に任せよ。

だが、そのためには、油ダポチ勢力を早々に退治しておかなければならない。
で、その方法はと言うと、一般市民が支配体制に興味を失うこと。

御陰さまで支配層は、自ら進んで墓穴を掘りまくりなので話が早い。
はちまきをキュっと巻いて、大旗を振らずとも・・・、
日に日に支持を失っていくのは日本ばかりではない。

その先に見えるのは、

薄汚い手に誰も乗らないので、カルト商売上がったり。
穢れた噓を見抜けなくとも、違和感があるモノを排除するだけで電痛はお手上げ。
底の透けた偽民主主義なんて誰も相手にしなくなる。
いくら法律で縛りをかけても無意味。

ある日、こんなもの止~めた!

で、オシマイ。

波動の近い者がコミュニティーをつくる。
別に同じエリアでなくとも良い。
(ネットで共有)
最小行政単位、5000~10000名くらいのユニットが一単位。

そのなかから(16歳から29歳)までの、いわゆる行政にあたる仕事を割り振る。
基本、インターンシップなので、誰でも一定期間経験する。
その中から、他薦で代表を決める。
推薦されたら自分でブレーンを集め、維持するモノと改善点のビジョンを公示。
コミュニティー全員の投票で最長三年程度の代表チームが選任される。

彼らは実践的に公共と向き合い、より良い仕組みを進化させる役目である。

島国日本に数万から十数万のコミュニティーが出来、それぞれの行政システムで最適化モデルを運用する。
いくつかのブロックに分けて同じ手順で代表チームを決め、その総会が国会に当るが、さしたる権限は無い。
最も重要な単位は最小行政単位。
それより上の機構は、つねに最小行政単位の賛否を集約する。

別に難しいことは無い。
ネットを使えば数日で物事は決する。
決められないことは決めなくていいのである。

エリア別、地域横断型、いろいろなコミュニティーがあっていいし、それぞれの離合集散も自由。

行政にカネがほとんどかからないので税金は年間一人1000円ほどか。

三権分裂(現在の東朝鮮非人民非共和国)が巨大な金を要求するのは、主権者のためではない。
毎年何百兆も使って何をしているのか?

応えられるものなら応えてみろ!

ま、細かいことは後で考えればいいが、選挙権18歳ならセットで行政参加権が無ければお話にならない。
16歳から29歳が公共に関わる。

利権ジジイははじかれる。
油ダポチの居場所は無い。
同じく軍産学共同体も商売上がったり・・・。

いいことづくめじゃないの。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「【少数民族の楽園】」 の記事

テーマ:
ベビーメタル

何故か欧米では大人気、日本ではベビーメタルの「べ」の字もない。
もちろん、それは表メディアに限って。

当ブログ管理者にAKB48とかより断然いいよ!
と、某音楽関係者が教えてくれたバンド。

知ってる人はとっくに知っているのでしょうが、口パクじゃないし、バンドのレベルも高く、ダンスもうまい。


BABYMETAL - ド・キ・ド・キ☆モーニング - Doki Doki☆Morning (OFFICIAL)

昔ヘビメタは好きじゃなかったが・・・



BABYMETAL - Road of Resistance - Live in Japan (OFFICIAL)

ライブ。


BABYMETAL - メギツネ - MEGITSUNE (OFFICIAL)

イズナ系がお好きらしいが、外国で受けるのも無理からぬ由。

さて、日本の表メディアがいつ取り上げるのか、それともずっと知らんフリなのか?
ま、これも電痛さん次第なのでしょうか?・・・。w


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!(15)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
命がけの山歩き

フィリピンの某マウンテン。
中央の窪んだエリアは如何に豪傑でも、絶対足を踏み入れない。

そこは白いドワーフと黒いドワーフのテリトリー。
まず黙視が不可能な小人の聖域である。

白いドワーフなら稀に生き残る可能性がある。
しかし、黒いドワーフにやられたら精々3日の命。
彼らは未知の毒を使う。

その場所は21世紀の地球に残された超絶レアな少数小人民族の楽園である。

とは言え、当ブログ管理者が実際に見た訳ではない。
だが、この山の周辺で昨年も一人の若者が襲われた。
(彼はドワーフの聖域でキャサバを掘った翌日意識を失った)
症状は、アナフラキシーショックに相似。
黒いドワーフだったらしく3日後亡くなった。

前々年、近所でも評判の美少女が白いドワーフに襲われた。
彼女の皮膚は象のように分厚く乾涸びた醜い姿に変わる。
彼女は危険エリアに立ち入った訳ではないが、ほんのひととき、境界線をかすめた。
その一帯で巨大なグァバの実を摂って食べた。
スタッフの話しよると、ドワーフは大きな果実に隠れているそうだ。
普通の3倍以上に実った果実を採る時は気をつけなければならない。

彼女の両親はヒーラーの助言に忠実に従って、およそ1年半、お供え物やヒーリングを続けた。
非情に珍しいケースだが、彼女は元の美しい少女に戻れたのである。
彼女の場合は本当にラッキーで、普通は酷い痣や瘤や皮膚の変色が残る。

当ブログ管理者も、この山に何度か登った。
普通はガイドがつく、表のルートを歩く。
もちろん、ドワーフエリアには絶対に踏み込まない。

しかし、人間はへそ曲がりな生き物、なぜか違うルートを歩きたがる。
蛇の道は蛇、裏ルート専門のガイドがちゃんといるのである。

裏ルートはある意味、ドワーフよりも恐ろしい。

クモの糸のような些細なヒモに触れただけで即死。

その糸は強靭な竹を放物線状に曲げ、強烈な反発力を溜めた先端に括られている。
それが複数仕掛けられていて、どの糸に触れても、3から5梃のショットガンが一点めがけて火を吹く。
ショットガンなら即死だが、矢じりでも、石つぶてでも裂傷は避けられない。

狙いはワイルドピッグ。
体重100キロ超、猛獣のいないフィリピンでは最強の野獣である。

裏ルートは手つかずの自然の宝庫でもある。
沢には一年中冷たい水が流れ、巨大な熱帯植物が繁茂している。
驚くべき色彩の鳥が頭上を飛び交い、猿もいれば、鹿もニシキヘビもいる。

地元のオヤジ連中は幼い頃から狩りをしてきた。
子どもはプゴ(日本で言えばウズラ)取りのワナを仕掛ける。
しなやかで強靭な細い植物の先に輪っかのついた糸を仕掛ける。
恐ろしく微細な刺激(獲物の小さい足が触れただけで)ビュンという空気音とともに、プゴの逆さ吊り。

これの進化系が石つぶてや矢じりになり、最終的にショットガンになる。

ワナの定番、落とし穴もソッコラ中にある。
何しろうっそうとしたジャングル、まず見分けはつかない。
不覚にもワナに落ちれば、お姫様だっこのまま落とされた獲物。
鋭い竹槍のベッドでご永眠・・・。w

こんな恐ろしいルートを、地元のガイドはまるでカモシカのように走り抜ける。
と、いうか、ほとんどターザンの世界である。

ツタにぶら下がって、勢いをつけて目標の木を蹴りながら方向転換しながら進む。
先々で、別のツタを掴む。
ツタは次に使う時のために適当な高さに絡めるが、いちいち止まらず、空中を浮遊しながら行うのである。

ターザンガイドは草むらのちょっとした違和感を見逃さない。
自然の糸状の素材は山ほどあっても、ワナは正確に見極めている。

一番安心して歩けるのは岩の上。
岩と言っても、苔むしてヌルヌルだったり、垂直にそそり立つ大岩のわずかな窪みを掴んで四つん這いで這い上がったり・・・。
相当過酷。

つまり、このルートは相当な体力(運動能力、筋力)のある若者でなければついていけない。
当ブログ管理者は残念ながら片鱗をかすめただけである。

何事にも旬があるように、ハンターが大挙して山に入る時期は避ける。
(と言っても、年柄年中旬・・・。w)

ジャングルのハンティングは300から400メートル先の獲物を狙うゴルゴ13の世界。
ノロマな人間がウロウロしたら、頭を打ち抜かれてしまう。

銃ばかりではない、目に見えない小さい矢じりや、石つぶてが何処から飛んで来るか分かったもんじゃない。
冬山登山も命がけだが、熱帯の某マウンテンも命がけである。

だが、この2つの要因によって、この山の生態系が守られている。
(少なくとも山自体の森は)残っている。
だが、残念なことに周辺はその限りでないのだが・・・。

過去数十年、広大な土地が一部富裕層によって買い占められてきた。
特に大都市周辺は凄まじい。
いずれ相場が上がった時に売るなり開発するのだが、まさに今、フィリピンは空前の宅地造成ブーム。

これまで無価値だった土地では、自然に生えた木々が繁茂し、野生動物が集まり、中にはなかなか美しいサンクチュアリが出来上がっている場所もあった。
それがたった数日で更地に変貌する。

当ブログ管理者が子どもの頃、日本のあちこちで繰り返された風景。
何の巡り合わせか知らないが、現在のフィリピンで再び見せられている。

まだ、造成されて間もない更地の上を、去年と同じ野鳥が飛び交っている。
もう、君たちの営巣余地はないのだよ。
もちろんエサ場もなくなってしまった。

残り少ないジャングルは限界まで個体数を養っているので、新しい個体の共存余地はない。

遠くまで飛行できればいいのだが、渡り鳥ではない飛翔力の弱い鳥はどうなるのか?
フィリピンの山裾で膨大な個体数を許容できる自然はどれほど残っているだろうか?

日本も同じ。
かつて、神聖視された場所の意味が忘れられて、抑止力が失われた。
山と里の境界線が崩れ、どんどん山裾に迫る。

官僚が国土利用を寡占、国策企業が腕力にモノを言わせる。
太平洋沿岸に万里の長城(堤防)を築けば、海も陸も砂漠化する。

地球の聖地、沖縄を人殺しの要塞、犯罪国家の基地だらけにする愚か者がこの国の支配層。
自然を躊躇無く踏みにじる未開人につける薬は無い。

宅地業者も住宅会社も銀行の売り上げに貢献せよと尻を叩かれ、1%の贅沢な暮らしのために誰のモノでもない環境に値札をつける犯罪行為に手を染める。

環境破壊は犯罪。
近代農業も犯罪。
な~んて意識は1ミリも無い。

富の再分配を忘れた徴税が大手を振るうこの世界。

で、そのカネは何処へ・・・?
ケイマン諸島かネバダの地下金庫か知らないが、早い話蒸発して終わり。
たちの悪い山師が都市を闊歩している。

蒸発する紙っぺらのために、どれだけ自然を壊したか?

彼らが通り過ぎた跡にはぺんぺん草も生えない。
後のない瀬戸際に追い込まれるのは野生動物と次世代の人間である。

これ以上危険な山歩きは無い。
だが、今日も明日も犯罪者VIP待遇が地球上をうろつき回る。

この星では、何も危険を冒して山歩きをするまでもなく、普通に生きることが命がけである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!(15)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
テント暮らしと最新鋭ジェット戦闘機

仮設テント、仮設テントとバカにする人がいる。
鉄とコンクリでガチガチに固めた豪邸より遥かに優れているのに。

暴風で飛ばされる?
雨漏りがする?

ま、そういうテントもあるだろうが、一定品質より上の製品なら世界中で最も安全な家である。
地震に備えるなら、基礎をコンクリで固めた家に住んでいる場合ではない。

基本、地球のあらゆる構造は「柔構造」。
風とともにしなり、揺れとともにしなり。
しなり、しなり、ユラユラして、内部を守る。

フィリピンでは、日除けテントはバリエイーション豊富だが、いわゆるテントはあまり見かけない。
なぜなら、ハンモックで充分快適なお昼寝が出来る国。
(都会では無理だが)

風速70メートルに堪える掘ったて小屋がある。
頑丈なはずの家が簡単に吹っ飛ばされるのに、日頃からペラペラとトタンが浮いているような掘ったて小屋が無事な不思議。

土台が無い。
柱のようなものが石に乗っかっているだけ。
そんでもって、壁も屋根も柔構造。
(要所要所に竹が使われている)
テントの強度にはほど遠いが、これでも充分強い。

ついでに言えば、もし吹っ飛ばされてもすぐに再建できるのがメリット。

周辺に森のある環境で、充分な日陰が得られるなら、家なんていらない。
テントを組み合わせて、自然の水場と青空食堂つきの豪邸に住みたい。

ある人が言う。
フィリピンにはマトモなジェット戦闘機がない。
もし、誰かが攻めてきたらあっという間に占領されるじゃないの?

バタンガスのリパに空軍基地があって、プロペラ単発の練習機が毎日飛んでいる。
上空で失速、あれよあれと降下する機体を慌てず騒がず、安定軌道に回復する訓練。
飛行機乗りの基本である。

フィリピンの新大統領、ドゥテルテ氏も言っている。

「我が国は他国と戦争が出来る国ではない」

これは武器がない、カネがない、からではない。
如何なる国とも、戦う必要がない、と、言う意味である。

ありもしない抑止力に兆のカネを注ぎ込む未開人国家(自称先進国)とは違う、と、言っている。

最新鋭のジェット戦闘機があっても、迎撃ミサイルを完備しても、国防は不可能。
宇宙衛星からマイクロ波の強力なヤツをピンポイント照射されればオシマイ。
パソコンは使えず、通信網は寸断。
そうなれば、武装して上陸する必要もない。
徒歩で、丸腰で首都の真ん中に国旗を立てられる。

戦争はイデオロギーでもなく、宗教でもなく、カネだけの都合。
抑止力信仰は、適当に人殺しの道具を消費してもらわないと困る連中の贅沢のためにある。

飛行機だのミサイルだの飛び道具は過去の遺物。
本気で他国を潰すなら、方法はいくらでもある。

中東で現在進行形の戦争は人殺しが目的。
高度な文明(イスラム法)の継承遺伝子を皆殺しにしたいだけ、である。
(肉体をいくら殺しても意味がないことを知らない薄ら馬鹿)

戦争屋はそのついでに道具が売れる。
目先のカネで豪邸を建てて、地下深く超(バカ)のつくシェルターを買って・・・。
争乱による混乱で周辺国を巻き込めればワンパターンの傀儡植民地を敷く。
それを平然と民主化と呼ぶ基地外。

国の土台って何?
そこに住む人間(意識)である。
固定しない、ユラユラした柔構造。

偽総理の言う国防強化って何?
油ダポチにそそのかされた一部の人間だけが生き残るための落とし穴?
勝手に落ちて竹槍に貫かれたらいいが、奴らは罪もない人を巻き込むからたちが悪い。

危機感を煽って煽って、普通の人間から身ぐるみ剥ぐように徴税して。
稼ぎが少ないと嘆く若者に兵隊になれと誘惑して。

ありもしない抑止力で無駄で割高な兵器を買い集め、返す刀で穴を掘り、変な爆弾を仕込んだり、低炭素詐欺で二酸化炭素を注入したり・・・?

火山噴火か断層地震か?
あり得ない地震が連発して地域住民は家を失い、仕事を失い、避難暮らし。

体育館は嫌い!!
仮設テントの方が安心。

もっともである。

仮設テントの方がヨッポド安心。
東朝鮮政府は嫌い!!

ごもっとも・・・。w


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本人のセンスではないコンテンツは苦痛である

知っている人は知っている。
知らない人は、最初は驚く。

日本の主なグリッド(人事)は、ほとんど在日で占められている。
GHQが敷いたレール。
植民地住民は逆らえない。
それから71年目の2016年。

いくらなんでも、いい加減止めたらどうよ!

と、言っても、アチラの方々は利権を手放すつもりなどサラサラない。
返す刀で、そんなこと言わずに実力で勝ち取ってみろよ!

おいおい、随分上から目線じゃないの・・・?


例えばテレビ番組。
心待ちにして、ワクワクする気持ちを抑えきれずにチャンネルを回した記憶はかれこれ数十年前。
今は?
基本的に見ようと思って見ない、とりあえず眺める程度。

なぜか?
コンテンツがつまらない。

この感性、ちょっと違うんじゃないの?
センスのレベルでペケ


諸外国でその国ならではのテレビを見るのは面白い。
明らかに異民族のメンタリティーを感じるからである。

しかし、国際感覚?豊かな日本のテレビを見て、異民族のセンスに違和感を持つのは不快。
日本人のメンタリティーが何であるかは問わないが、10本中10本に違和感を感じたら、見向きもしなくなって当然。

作り手にいわゆる普通の日本人はいないのか?
出演者に日本人のハイレベルなセンスを持った人間はいないのか?

少なくとも創価芸能プロダクションだらけの内輪受けコンテンツを放映できる神経を疑う。

いくら芸達者でも、創価カルトレベル。
人間としてペケ。
間違った選択をした人間が、影響力の強いテレビをジャック。
日本人の精妙なセンスをぶち壊すにはもってこいかも知れないが・・・。

プロデューサーもディレクターも在日、創価。
断っておくが、在日だからダメなのではない。
何民族だろうと、つまらないものはつまらない。
(ただし、創価はダメ)

低レベルなコンテンツで心の底から楽しめるメンタリティーは持ち合わせていない。
唯一の楽しみ、スポーツ中継ですら訳の分からないジャリタレの空騒ぎ。
どうすれば、そういう発想になるのか?
(同じ使うにしても、使いようがあるだろうに・・・)

電波は公共。
能力が劣っている上に、私物化したらレベルダウンは止めどない。
競合相手を認めず、在日かカルトか知らないが、いつも同じメンツのワンパターンでは、切磋琢磨のしようがない。

もう飽き飽きなんですけど・・・。

で、いつものワンパターンで恐縮だが、ないモノは創るしかない。
油ダポチ利権は放っておいて、新しい公共メディアを立ち上げる。

ダメダメ、電波法がある。
そんなモノ、変えればいいじゃん。

ダメダメ、政治蚊は不正選挙で抽出されたアチラの連中ばっかし、法案が通るはずがない。
だから、そんなモノ放っておいて、新しい仕組みで動けばいいじゃん。

日本人のための・・・なんて、ケチくさい考えではなく、世界中の人が楽しめるコンテンツ。
YouTubeでいいんじゃないの?
SNSの延長線上で、最初はみじめったらしくても、いいモノを創れば視聴者は増える。

すでに既存テレビは死に体。
斜陽産業である。
あと一押しで、利権なんてモノは勝手に消滅。

政治の世界も同じ。
いつまでも戦後植民地のレール上でウダウダしている場合じゃない、のである。

内輪受けの出来レースのくせに、
表だけ熾烈な競争を勝ち抜くとか、コネを効かすとか、強力なバックの威光で伸し上がるなら、在日だろうと日本人だろうと同じ。
変な宗教に入信した訳でもないのに催眠術にかかって、半分眠りこけている日本人。

誰かがやるだろ!
オレには無理、ツーか面倒くさい。
なんて、怠惰な心で現象世界に文句を言っても始まらない。

何事もはじまりは、チッポケな一人1プロジェクト。

・・・
返す返すも、どうやったら、あんなツマラナイもの作れるのか?
日本人のセンスではないテレビコンテンツは苦痛である。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!(19)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。