geneumiのブログ

【少数民族の楽園】

NEW !
テーマ:
偽油ダ屋に噛み付け

人間を騙す野蛮人がせっせと築き上げた古いグリッドが崩壊した。

急速に陳腐化する光景を目の前にして、昨日までそうだったのだから明日もそうなると信じたい人々。
ネトウヨもマスゴミも然りだが、典型的なのが原発関係者。
偽油ダ屋の十八番タルムード式、マニュアルコンサルタントにコロッと騙された。

未だ、人間を騙す野蛮人がせっせと築き上げた古いグリッドにしがみつくお歴々の末路は「孤立」である。

後継者不在、現状維持要員もいなくなる。
トップがいくら号令を掛けても現場はシラーっとした諦めムード。

さっさと辞めない盗狂電力社員は死ぬまで、現場で除染作業。
役職も部所も関係ない。

事は切迫している。
イスラエルとネオコン相手に一戦交えるくらいの覚悟なくしてどうする。
文句があるなら、偽油ダ屋に噛み付け

さもなくば、全ての責任を押し付けられ、宇宙規模の負債を負う。
さっさと本当の下手人をバラし、責任の所在を明確にしなくていいのか?

日本の原発でつくったプルトニウムを北朝鮮の核弾頭に乗せ・・・。
北のミサイルは万が一日本の自衛隊が油ダ屋防衛軍になれなかったときの保険・・・。
それでなくとも偽総理はイスラエルに騙されて二級品を掴まされて損害を被っている。

マトモな日本人は怒り心頭である。
それを横目に再稼働なんて100万年早い。
完全に順番を間違えてそれでも今まで通りの高給が約束されると思うなら大バカ野郎である。

それもこれも、無から有を生む発想を欠いた無能集団の成せる技。
自分では何も組み立てられない。
政治家や害人のいいなりで、下請け仕事を請け負っただけ。
これで一流企業なんてヘソで茶が沸く。

物事の仕組みはすでにある土台の上に組み立てるものではない。
何も無いところから組み立てる連続である。
その作用力点となるグリッドを見いだすのが「一流の人間」。
エリート集団?、盗狂電力には一人もいない。
電力各社にどのくらいの人材がいるのか知らないが、情けないと思わないのか?

福1爆発直後からUFOが強力な除染を施した。
それなくして現在はない。
もちろん、日本全国無傷ではないし、海洋汚染も止めどないが、なぜ、チェルノブイリ級の核汚染がこの程度で済んだのか。
宇宙のバランスが機能したのである。

それでもいまだに電痛の食べて応援・・・。w

今時のマニュアル教育で「人が育つ」と思っている人に救いは無い。
人間が人間に教えられるモノはほとんど無い。
なぜなら、自然循環を次元横断的に理解できても、それを言語に置き換えられない。

言葉が死んでいる。

そのくせ意味不明、無味乾燥なマニュアル本がゴロゴロ。
これを普通の言葉いうと「騙される」の現在進行形。
教育とはほど遠い。

もし、自然循環を次元横断的を言語化したいなら、古代日本語しかない。
全次元を横断的に表現可能である。
だが、今は誰もが読める訳ではなく、特異な才能による翻訳が必要である。

言語(二次元)を駆使してイメージ(四次元)を表現してみせる技術に長けた人は、独自のグリッドを見いだせる人。
これは文章も絵も造形物も、マシンや建築も同じ。
有用な事業や公共にふさわしいのはコッチである。

自然エネルギー、食料生産、限りなく安価な公共をつくりたいなら騙されている場合ではない。

求められるのは、三次元構造を四次元より上から降ろしてカタチづくれる才能。

(あるいは自然エネルギー)が起動する条件を整えて自動生成を促す技である。


昔からよくあるワンマン社長の転落物語。
一見勢力のある大手企業(社長がグイグイ引っ張るタイプ)ほど、下が育たない。
優秀な人材が集まらないのではなく、人材が根腐れをおこす。
理屈は簡単で、いくら超有能な社長(遠心力)でも、彼は実質ひとりひとり(求心力)に興味が無い。
反対に求心力に興味をもてば、遠心力は減衰する。
だから、オレの言う通りに動け、余計なことはするなの信長方式しかない。

それが部所部所の指令系統に伝播すれば、末端は単なる道具。
人間扱いされないのに、仕事を継続できるのは余程ギャラがいいか、お薬の力かのいずれかである。

信長がそうだったように、ワンマン社長はタルムード的秘密主義に宗旨替えして子飼の中から後継者を絞り込む。
だが、悪魔に魂を売らない限り完遂は難しい。

稀に魂を売る人もいるが、ほどなく、会社は乗っ取られ、ご本人は無限地獄を彷徨う。
これが人間を騙す野蛮人がせっせと築き上げた古いグリッドの死組(しくみ)である。

日本の場合、政治家や官僚に限らず、大企業型組織の縛りは明らかにイルミやイエズス会に忠誠を誓ってナンボ。
裏社会ゴロツキ同盟に使われるほど虚しいことはないが、かつての勢力を失ってもなを騙される阿呆がいるから成り立っている。

現在進行形でこんな組織が業績を維持し、多少なりとも伸ばせるのは税金(利権)に預かっているから。
電痛やゼネコン、商社も戦争産業も薬害産業も然り。

皮肉なことにエリートほど、こんな企業や官僚組織に入るが、自動的にこのような組織の人材は「腐る」。

カネに罪は無いが使い方を誤れば自分の首を絞める。
誤った金の使い方に与すれば人間も腐る。
現在の高給は実は負債である。
財産はアッチの世界に持っていけないが、負債はナンボでも持っていける。

人間を騙す野蛮人がせっせと築き上げた古いグリッドが崩壊したので、この先、20世紀型暴力資本主義は通用しない。
自ずと税金の横流しもできなくなる。
間抜けな日本人を横目に図々しいだけが取り柄の油ダポチの未来は衰退一途。
これが自然の巡りというもの。

偽総理を奉る東朝鮮独裁推進者に至っては絶望的。
かれこれ70年「見事なまでの非日本人コロニーの一極集中」ができあがった。
ジミンコウメイ、日本懐疑?
その他にも細かい組織があるにはあるが、宇宙から俯瞰するまでもなく一目瞭然。

タルムードは騙しのテクニック。
秘密でないと役に立たない。
バレた時点で終わりである。
それが、こんなにミエミエじゃ人を騙せる道理がない。

で、どっちに与するか?
日本人でありながら「見事なまでの非日本人コロニーの一極集中」のカタマリにくっつくか?
それとも、一時的に貧乏になってもイバラの道を行くか?

本来享受すべきカネを吸い取られている。
どうせ、その他大勢は今だって充分貧乏である。
それなら吸い取る方に組して勝ち組を目指す?
表のメディアを見る限り、いまだにこれ一色押し。

ミドリムシに聞くまでもない、これから先、イバラの道はどっち?

冒頭の盗狂電力じゃないが、ノンビリ構える猶予はない。
偽油ダ屋に噛み付く気概がないなら、座して死を待つのみ ☞ 今ココである。

それでも、意識の軸を変えられない人は「騙され続ける阿呆」。
辛辣だが事実なのでそう書くしかない。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:
さようならイルミナティー

意識操作産業の裾野は広い。
ポケGOは氷山の一角、水面下に広がる教育産業の根は深い。
世の中のつまはじき、カルトの罪深さは三色団子、惑星三個分突き刺すくらい悪質。

ハイハイしては喜び、つかまり立ちしては喜び、よちよち歩きに感動。
やがて言葉を覚え、3歳で英語ネイティブは結構だが、言霊の“ひふみ”が先じゃないの?

純粋生命核が肉体を得てこの世に生を受け、物理世界に適応する課程を利用して子どもをミスリード。
目出たく我が子を物欲人間に育てるために、親は身銭を切る。
だが、そんな親世代が眉を顰めるゲーム産業は諸刃の剣。

ゲームの基本構造は二次元と四次元を使った意識操作である。

ゲーム産業の黎明期、知り合いにゲームプログラマーが何人かいた。
彼らも50を過ぎ、花形産業で高給を貰う立場になった?
だが、そうでない人も居る。

売れっ子プログラマーがある日パタっと制作を止める。
どんな仕事でもいい、人の役に立ちたいと一念発起する。

不特定多数でなく、顔の見える人の役に立つ。
収入は激減、なかには離婚した人も居る。

彼は、長年、二次元と四次元を行ったり来たりしながら「面白さ」「反復衝動」「ある種の病気に匹敵する求心力」「異常なのめり込みトリガー」などを司る意識グリッドを探り続けていた。

ある日、フッと上位次元の片鱗に触れたのだろうと推測する。

遊ぶ側から作り手に変わり、さらに物事を俯瞰する目線から人間の意識の設計図面を見る。
何かを掴んだ途端、地球で言う極転移の再現。
これもひとつのブレイクスルーである。

人間であれば、誰しも持つ特性「反省」と共通する面もある。
「反省」は高度な主体と客体のパズルなくして成立しない。

主体は「主観」。
反省するには、一旦「主観」を棚上げして自分自身を客観視しなければいけない。
このとき、主体は四次元的な空間で2つに分かれ、変な言い方だが、改めて自分自身と対峙する。

「反省だけならサルでも出来る」というが、主体を客体の狭間を自在に行き交うことができない意識で反省は不可能。
人間はどんな小さな子どもでも(乳児に強制してはいけないが、1歳半を過ぎる頃から)意識が懸命に対応しようとする。
一方、サルは群れの一匹が覚えた能力が、やがて全体の能力に伝播する特性がある。

人間もそうだろうか?
クラスに超絶頭の良い人が居たとする。
サルのように、いずれ誰もがその頭の良さを身につける・・・ことはない。

理由は人間は人間の数だけ、固有の生命核を有するからである。

誰しも反省の「は」の字もない傲慢な人格になり得るが、中には、全く反省できない部類の人間が存在する。
(人間の心の作用の重要な部分をピンポイントで崩壊させるために開発された薬物もセットで考えれば、意識操作ではなく人格崩壊操作)

正真正銘、犯罪者は例外無く「反省できない人」である。
彼の意識は主観でしか世界を見ない。
(主観は意識のごく表層に過ぎず、主体・生命核とは相容れない、彼は既に霊性の発露は望めない)

「反省できない人」は病気ではないが、意識操作産業の犠牲者とは言えるかも知れない。
(薬物は麻薬に限らない、極端に言えば風邪薬にもボンヤリ成分が含まれているので、表層操作+脳機能障害の合わせ技である)

ちなみに偽総理はどうか?
彼に反省の「は」の字があったら、1秒もいたたまれない。
それでも平然としているのは背後にイルミナティーのご加護があるからなのか?
もしそうなら、日本の支配層は、サル以下でなければ務まらないのも頷ける・・・。w

では、そんな連中に支配されるその他大勢はどうすればいいのか?

人生の曲がり角、40歳前半までどっぷり意識操作産業で糊口を凌いだ当ブログ管理者も「反省」が足りなかった。
とは言え、反省ばかりしても前には進まない。

未だ現役の人はどこかで区切りを付けないと手遅れになる。
ズルズル伸ばしは、イルミナティの二の舞、確実に身を滅ぼす。

今時の風潮は、何であれ事業化(制度設計)して販売(運用)して成り立つ。
行政も同じだが、制度設計で誤り、運用で損失を出しっぱなし。
それでも誰も責任を取らず、何かと言うと第三者を持出すが、任命者は制度設計をミスリードした張本人。
それじゃダメじゃん、と、思わせること自体、意識操作である。

大志を抱き、国家レベルの大改革をやってやる!
大物政治家、財力にモノを言わせる実力者、強大な実業家になって世の中を変えてやる!
ま、若者は一度はそんな夢をみるが、これも意識操作の刷り込み。

仏に匹敵する霊能力を持って衆生を救う誓願成就。
いわゆる大乗仏教的勝ち組歓迎論も意識操作の刷り込み。

知り合いの元ゲームメーカーは、顔の見える人の役に立ちたいと心から望んだ。
人間、40を過ぎたら身の程を知り、顔の見える人の役に立ちたいと考えるのは、刷り込みでない順当な進化の過程である。

だが、これではお金にならない。
事業化して金が儲からないことはしても仕方がない。

そうだろうか?
順当な意識的成長(進化)をしたら「負け組」になるのは、世の中の仕組みが逆さまな証拠。

逆さまの仕組みを変えるのは、元ゲームメーカーの彼のように実際に行動に移す人である。
彼がこの後どのような職業に関わろうと、制度設計の土俵が変わる。
設計が変われば、自ずと運用も変わる。

意識操作は元来、人間の意識活動としてはハイレベルな領域である。
土俵は、ひとりひとりの意識領域にあるので、プレイヤーの変化は自動的に意識操作産業の様変わりを意味する。

しかし、次世代が携える意識(依って立つ土俵)は、反省の出来ない猿には到底手の届かないハイレベル。
いずれにしても、マスゴミも含めたイルミナティーベースの意識操作産業は根底から足下をすくわれるのである。

この世界が特殊な霊界であることを知れば・・・。

物理的制約範囲でピコピコ反応するお遊びでは商売にならない。
二次元と四次元、それぞれの上位概念のエッセンスを引っぱりこんだ途端、それは三次元ご利益世界の制約を超えてしまう

すると、売れる売れないではなく、そもそも株式(イルミナティ)ベースの商売にそぐわないモノしか受け入れられない。
まして、次世代が望むモノは、これ以上のスペックでないとお話しにならない。

そう遠くない未来、意識操作産業は全く別の姿、名称になる。
その頃には、今とは比べようもないほど風通しが良くなっているだろう。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Turn over

見る目のある人はずっと前から知っているが、誰の目にも見え始めた。
(三次元ご利益亡者は除く)

怒髪天を突く怒りに震える出来事が多過ぎる。
当ブログ管理者は、旧態勢力のあまりの酷さに怒り心頭ブログを書き連ねた。
今も、現在進行形で無数の生命が巻き添えになっている。

批難の対象には、自滅の道しか残されない。
彼らは先の見えない暗闇で、一瞬の閃光が差し込む恐怖に震えている。
光は闇でもある。
光はとっくに彼らに到達している。

1%はどうでも宜しい。
問題は1%の薄汚い遠心力に囚われた人々、地球人口のおよそ5%。
エスタブリッシュメントと呼ばれても、その実、人間扱いされない、さらにその外周にいる20%。
そのさらに外周にはその従僕が海中を漂う浮遊物のように存在する。

毒牙は真っ先に浮遊層に爪を立てる。

富裕層は最大で5%以内(何を持って富裕層と言うかは別として)。
安定した報酬を得る自称勝ち組のお歴々。

いうまでもなく、ピラミッドの頂点ほど罪は重い。
すでに5%は次元上昇の波に見放された連中。

では1%は?
彼らは随分昔に闇の勢力と結託する代わりに地球支配を請け負ったと自称する珍しい人種。
彼らの思い描く進化は、その他大勢が到達する世界とは真逆である。

人間の人間たる所以は、個々に生命核を有していること。
人間がオギャーと生まれるのは、五次元にある生命核がオクターブを降下する課程で、質量系の素材を集めて(次元超越して)ほぼ完璧な生命体(赤ん坊)に成長するからである。

偽総理のように、子どもを使役する動物としか認識しない人間は、自らもある意味つくられた道具である。
道具は当然進化しない。
総じて、滅亡に向かう人間は人類進化とは真逆の方向を向く。
(子どもが居ない人は進化しないという意味ではない)

高速移動する乗り物ほど進行方向を向いて座るのは、前方ほど開けた未来からタイムラインがやってくるからである。

座席をひっくり返して後ろ向きで乗れば、閉じたタイムライン。
1%は後ろ向きの乗客である。

前を向けばいいんじゃないの?
と、誰しも思うが、彼らは嫉妬深い神との契約上、前を向けないのである。

20世紀の終盤まで、面白おかしく世界を支配してきた自信満々(超上から目線)の終焉。

ロケットが上昇する。
一段目は地球の重力に逆らって莫大なエネルギーを消費、外側だけが焼け残り海に落下する。
この役割を負うのが従僕、海面を漂う浮遊物である。

次に宇宙空間との境目までが二段目のロケット。
地球重力圏からほぼ抜け出しているので少ないエネルギーで済むが、役目が終わればあっさり切り離される。
高度が高い分、燃えカス燃焼蒸発、跡形も無い運命。
まるで上辺はエスタブリッシュメント、その実、人間扱いされない、さらにその外周にいる20%の消耗品。

1%の薄汚い遠心力に囚われた人々、地球人口のおよそ5%は宇宙空間に到達する。
大昔のノアの箱舟のように。
しかし、彼らはどこへいくのか?
月の裏側?
それとも火星?

ま、どうでもいいが、彼らは目出たく三次元限定の宇宙空間の旅に出た。
どのくらいの時間を要する旅かは知らないが、目的地にしばらく滞在した後、再び地球大気圏に再突入する腹づもり。

彼らが戻った地球は随分と荒れ果てている。
ぜ~んぶ、こいつらがやらかした破壊行為のお陰で・・・。

人間も随分減った。
生き残った人間は誰もがみすぼらしく、まるで病気の動物かゾンビにしか見えない。

1%と取り巻きは一度地球を破壊して、人口20億人の永久奴隷支配を目論んだ。
しかし、戻って来た三次元地球はかつてのような富を創り出せない。
なぜなら自然循環は脆弱、安定する兆しもなく暴力的である。

かつての精妙なバランス、空気の香り、動植物の繁茂、見る影もない。

1%とその取り巻きはそんな三次元地球に帰還する。
どうぞ、好きなだけ富を独占しなさい。
もう、邪魔するものは何もないのだから。


その他の人間はどこにいった?

心配ご無用、同じ地球に住み続けている。
一昔前より何倍も精妙なバランス、気の満ちる香りが充満する空気、輝いて見える動植物。

そういえば、ちょっと昔、1%とその取り巻きが酷い悪さをしたけど、どこへいっちゃったんだろうね。
「そんな不愉快な話はやめなさい」
思い出したくもない、とばかりにかつてを知る長老が眉をひそめる。

99%の中のどれほどの(生命核)が同じ地球の別のレイヤーに到達するかは不明である。

中には、いいじゃないの昔のままの三次元ご利益世界が残るなら・・・。
と、いう人もいる。

そこで、また、某カルト教団のように、地上世界を天国にするのが我々の使命なんてくだらない説教を始めるのか?
いくらなんでも三次元ご利益程度のレベルの低い天国なんて・・・誰も望まない。

もし、次元を跨いで昔のままの三次元ご利益世界を見られるなら、随分乱暴な動物園に飼われた瀕死の生物にしか見えない。

人間は自ら望んだ世界でしか生きられない。
望みの薄い人々は、救いの手を差し伸べでも、見向きもしない。

地球型人類のTurn overが、始まっている。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
宇宙追放の刑

業績不振で倒産。
社長は夜逃げ、従業員は離散。

国の場合は債務超過でデフォルト。
時の政権はトンズラ、お役人は失業。

偽油ダ屋の場合は、ご主人の異星人レプがある日突然消滅。
王族や油ダポチは地下シェルターに逃げ込むか、蜘蛛の子を散らすように消える。

異星人レプの親玉は、見つかり次第、天の神によって生命霊を引っこ抜かれる。
宇宙追放の刑である。

川上から命令が来ない現場の油ダポチは、とりあえず日頃のルーティンワークを継続するが直ぐに資金が枯渇する。
雇われたレプ(兵隊)も給料ストップ。
元々人間としては出来損ないなので、手持ちの武器で強盗集団になる。
こうなれば人権無視の殺戮。
義勇軍や住民(自警団)に呆気なく殺されて一丁上がり。

天の神が生命霊を引っこ抜くと、容れ物(肉体、あるいは非物質の容器)だけになる。
一定期間、惰性で生きられるが、早い話が生ける屍、単なる抜け殻である。

霊があるから帰る場所がある。
霊を引っこ抜かれたら単なる宇宙ゴミ。

地球型人類は全身麻痺でも意識がしっかりしていれば、生命霊として生存し、肉体が滅びた後も霊界で普通に生きる。
しかし、生命霊を引っこ抜かれた抜け殻は地上世界の肉体が滅ぶとそれで一巻の終わり。

俗にいう、人生は一度きり。
人間は死んだら無になる発想。

無 ☞ 全て

死んだら無になるなら、宇宙最高神と同じ境地。
普通の人間如きには到底無理である。

何しろ、アレが喰いたいコレが喰いたい。
目の前を美女が横切ればフラフラとあとに続く。
違法なお金でも貰えるモノは貰っとく。

そんなチッポケな個我すら手放せない普通の人間は、死後、それぞれの霊格の導く場所で霊人として生きる。
だが、存命中に「死んだら終わり、俺は無になる」などお門違いをしていると、それなりの処遇を受けずして次の進化は望めない。

では、人肉を喰らう儀式に列席したり、1%が99%の富を独占したりするお歴々はどうなるのか?
心配には及ばない。
生命霊を引っこ抜かれないまでも、アッチの世界の居場所はごくごく狭い、汚い、暗い、臭い場所に限られるが、強制的に導かれるのではない。
広大な宇宙の中で、彼はそこしか見えないのである。

偽油ダ屋のポチは、薬中患者と同等な霊格に堕ち着くので、意識レベルは推して知るべし。
(薬中 ☞ 麻薬とは限らない、一般医薬依存でも同じことが起こるので要注意である)

宗教集団に盲目的に従う人は、知らず知らずに自分自身の意識を他者に預け、代わりにその宗教教義の思考回路に入れ替える作業を繰り返す。
100万歩譲って、その信仰がまあまあ正しいとしても、本来あるべき固有の意識は希薄になる。
これはカタチを変えた痴呆症のようなものである。

アッチの世界で、入れ替わった意識を元に戻すのは結構骨の折れる仕事である。
なおかつ、気の遠くなる時間を要する場合もある。
しかし、彼は地球で言う信心深さ故に、正常化プロセスを終えた後、再び過ちを繰り返す可能性は低くなる。

問題は地球型人類の意識を特定の色に誘導する指令系統トップである。
これが、ほとんどの場合、レプかレプとの混血。
時には既に肉体を離れ、リアルな人間に憑依しては、まがい物の奇跡を起こして見せる。

1%もほとんどがレプとの混血と見られている。
(もちろん、例外として100%異星人もありだが)

ユ印国際社会の支配層は、決まってマイノリティ(異民族)である。
日本なら朝鮮人キリスト教徒、欧米なら(敬虔なクリスチャンの振りをする)アシュケナージ油ダ屋教徒。
基本、クリスチャンが多いのは、すでに意識が入れ替わっているので、扱いやすいためである。

で、こんなお歴々が富の独占装置、経済界を牛耳る。

彼らは国単位で個別の利益を競ってるかのように見えるが、実際は一枚岩でまとまろうとする過程にある。
そのために株式会社をつくり、持ち株会社をつくり、巨大資本の雪だるまがあちこちに点在する。

そして、時が来ると、あちらこちらの巨大な雪だるまはアシュケナージユダヤ教徒に吸収される。
それがTPPで言うところのグローバル企業だが、その頃には異民族株主は一人もいない。

例外は王族だが、ほとんどは隠れユダヤ教徒。
そんでもって、その中のかなりの人士がレプとの混血。

政策の中心は経済と馬鹿の一つ覚えの偽総理だが、日本のその他大勢は、こんなユ印国際社会をそれでも信じて生きているからオメデタイ。

その他大勢は彼らのエサである。

現在の支配層(マイノリティー)が下々の暮らしなど顧みるわけがないことくらい、いい加減気づいて欲しいものである。

資本主義なんてモノは、爪楊枝の土台に砂の楼閣高層ビルを積み上げるようなもの。
土台が崩れる度に膨大な犠牲者が出るが、それが、糧 ☞ エサとなってまた、楼閣を積み上げる。
重労働はその他大勢の仕事。
雲の上の連中は適当な政策を如何にも議論しているかのように見せるのがお仕事。

で、本日の結論。

現在、日本と言う国は存在しない
今あるのは持ち株会社であり、雇われ社長がジミン党。
重役から各部署の課長辺りまでが官僚。
従業員がその他大勢である。

持ち株会社のオーナーは言わずと知れたレプ偽油ダ屋。
ある筋によると既に生命霊が引っこ抜かれたとの噂もある。

ただでさえ、レプ偽油ダ屋は落ち目なのでさもありなんと思わぬでもない。
で、あれば、雇われ社長も重役連中も司令塔を失った烏合の衆。

この時期が一番危険。
ほとんどの場合、雇われトップは状況を正確に把握出来ない間抜けなので、トンチンカンをやらかす。
偽総理がマリオに扮したりするのは危険な兆候である。

レプ偽ユダヤ教徒に乗っ取られて150年(維新以降)、あるいは71年(GHQ統治以降)。
大事なことは、その他大勢(地球型生命霊を持つ人類)が民族由来のアイデンティティを取り戻すこと。

アイデンティティは個々の意識の中に存在する。

日の丸を振りかざしたがるのは非日本民族。
ホンモノは意識の中である。

法則は単純明快、個々が日本民族のアイデンティティを強く意識するほど、傀儡の居場所は狭まる。

地球は霊界と同じではないが、似た構造を持っているので、個々の意識の中で本来の日本が元気を取り戻す。

現象世界は意識がつくりだす。
従って、意識で解決しない問題は、この地球上に存在しないのである。


・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
貧相が伝染病のように蔓延する

小学校から高校まで、通いだすと校舎の工事。
お陰で半分以上プレハブの仮校舎。
住む所も同じ、近所で決まって大規模な造成が始まる。

この15年ほど、フィリピンで活動をしている。
現場はひなびた山村だが、中継基地があった小規模な街は造成の嵐。
今では周囲360度ブルドーザーが入り、地ならしをしている。

もっとも、自然環境と都市化のせめぎ合う地点に関心がある。
わざわざ、あるいは自動的に、そんな場所に吸い寄せられるのかも知れない。

設計センスが無さすぎる。
グランドデザインを描く前段階で失敗している。
大規模工事は自然の気脈を容赦なくぶった切る。

限られた土地をフル利用するのは結構だが、周辺を全く顧みないから貧相になる。
土地は所有すれば、好き勝手に使えるという発想は自然法違反。
人間は、如何なる土地も借り物である前提に立つべきである。

都市には景観とか、高さ制限とか、様々な条例があるが、自然法とは関係ない。
およそ見た目や総量規制的発想であって、気の流れや土地の持つエネルギーには無頓着。

これほど野放図に開発が出来たのは余程の貧乏性の成せる技。
地方も中央もジミン党のお歴々が手を突っ込んで71年・・・。w

決定版は311以後、沿岸にそびえる巨大堤防。
これほど無様な景観は無い。
国策ゼネコンに自然循環を解すデザイナーは一人もいないのか?
工事を発注するお役人が極度の貧乏性だから、デザイン(対環境、対人間)もへったくれもないのか?

高度成長以降、日本の景観は醜悪になった。
そもそも、日本人のセンスは、こんなに貧しかったのか?

そうではない。
謀略戦争に負けて在日(あるいは純粋な朝鮮半島人)が主要ポストを占めたからである。
あてがったのはGHQ、差配したのはジミン党。

もちろん、ジミンは在日政党。
官僚は藤原時代からつづく渡来系官僚家の所有物である。
明治維新以来続く官僚独裁体制を二重三重に強化したが、肝心の主要ポストにつけたのは非日本人。
急場しのぎのお歴々に日本の風情を理解せよと言っても土台無理な話である。

とは言え、当ブログ管理者は人種差別反対。
何人でもOK。
日本の首相が朝鮮人でもOK。

この先の世界、どんどん混血がすすみ、金髪碧眼の日本人が増えるかも知れない。
それも全然OKである。
ただし、人々のためになる善政を敷く限り・・・である。

根底にあるのは【少数民族の楽園】。
意味する所は、リッチで、楽しく、おおらかな人生が送れる場所こそ人間の住処。
人種は問わない。
各自の思想信条がなんであれ、共存共栄できれば何ら、問題ない。

では、何がダメなのか?
貧困な仕組みで自然や人間の自由を制限すること。

詐欺金融の都合か、官僚権益か知らないが、つまらない利権で要らぬ枠を押し付けること。


地方都市のメインステーションを見るまでもない。
判で押したような駅前の風景。
何処にでもある居酒屋チェーンの看板。
スタバにマクド、なんで偽油ダ屋企業ばっかしなの?

しかも、ギスギスしておおらかさの「お」の字も無い。
これは貧乏臭い制度が下敷きにある以上避けられないのである。
加えて開発者のセンスも貧しい。
横並びで安心する独創性の「ど」の字もないお歴々の作品には風情の「ふ」の字もない。

センスが悪く、あらゆる制度設計が貧乏臭いなら誰だってNOサンキューである。

宅地も然り、農地も然り。
こんな所に長く住もうとは思わないが、代々住み続けた人に逃げ場はない。
無理矢理、馴染むしかないのである。

大切な次世代が十数年通う学校にしたところで、かつての日本人の造形には独特の風情があった。
そのまま映画のセットに使える校舎。
ゆとりのある敷地、大きな記念樹、少し高台の背後の山の緑。

次世代を思う人々の願いが通じれば、作品に風格が備わる。
木造だろうと鉄筋コンクリートだろうと、少しの工夫と建築家のセンスで全然変わる。

言いたくはないが、在日代表ジミン、偏差値頭は優秀かも知れないが発想の貧相な官僚には「心」がない。
利権と裏金、動物霊に憑依されたかのような縄張り意識しか感じられない。

早い話、仕組みをつくり運営する側の貧相が、街の佇まいにも住人にも伝染病のように蔓延する。

繰り返すが在日だからダメだとは言っていない。
【貧相】なくせに、人様の上に立ってつまらない制度運用で貧乏を撒き散らすな!
と、言いたい。

違う街に来たのが分かる独特の匂い。
住人が違えば、街の佇まいも変わって当然である。

50代以上なら、子どもの頃の日本の風景を覚えている。
土地利用法や都市計画ばかりではなく、そこに住む人間の品格やセンスの良さが滲み出てこそ日本の風景である。

偽総理は在日利権の希望の星だそうだが、結果、彼らが作り上げて来た日本は貧乏臭くになった。

器でないのに。
器量がないのに。
人望もないのに。
センスがないのに。
血筋だけで利権付き世襲、お飾りにせよ部局のトップになれる。

これじゃその他大勢の一般市民もダメダメになって当たり前。
せめてマトモな選挙なら、もう少しマシな日本になったはずだが。

もちろん偽総理を降ろしても意味はない。
中央集権ごとぶっ潰し、仕組みを根底からつくり直すしかあるまい。

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


・・・
PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。