geneumiのブログ

【少数民族の楽園】

NEW !
テーマ:

つぶしの利く乗り物

 

フィリピンで我々の唯一の自家用車は三輪トライスクである。

以前はトラックタイプのジプニーもあったが、台風で巨大な枝が落下、おシャカになってしもうた。

 

とはいえ、当ブログ管理者が初めてフィリピンを訪れた頃とでは隔世の感がある。

今は、セダンタイプの車が普通に走れるようになった。

もちろん、マニラ首都圏や主な都市をつなぐ幹線道路は昔からそうだったが、田舎はさにあらず。

 

つぶしが利くのはごついジープかジプニー。

(ジプニー ☞ エンジンは一昔前のいすゞのトラックエンジンが人気、それに自作のシャーシをとりつけた大型の多目的自動車)

お金持ちが海外製のジープを買うのは危機管理上当然だが、それより実用的、かつ強力なのがジプニー。

ドロドロのぬかるみ、加えてゴロゴロ石が転がる山道でも大荷物を積んで走る。

乾燥しているときは、天井に頭を強打するほどの凸凹道だが、強度で言えば軍用車両並。

 

一度、マニラからカローラでやって来た日本人が、同じ道を無理をして走った。

だが、結局、シャーシが歪んで廃車の憂き目に・・・

 

2007年、巨大台風で橋が流され、活動現場へ向かうにはジプニーをチャーターするしか無かった。

しかも延々と迂回道路を走る。

台風が過ぎ去って10日経っても水がひかない。

こんなときは、街中もさほど事情は変わらない。

 

山間部や田舎では、車高の低い、普通の乗用車タイプはまったく役に立たない。

トヨタのランドクルーザータイプなら走れるが、それでも、車の痛みが心配で気が気でないだろう。

もっとも、輸入車の価格は日本でもフィリピンでも変わりはないので、なんやかんやで800~1000万近くもする超高額な車で泥んこ道は走らない。

 

そこで断トツの走破性能を見せるのがスズキジプニーの海外仕様車「侍」である。

四駆で小型、元々車高は高いができればさらに4インチ以上アップしたい。

これなら、泥水が溜まったぬかるみでも走れる。

街中で豪雨、急にオーバーフローした場合も立ち往生せずに抜け出せる。

だが、これも高額過ぎる。

それに、基本2シートで荷物スペースも小さ過ぎるので使用範囲が限られる。

 

人は最低でも5名乗車、それに様々な荷物が載せられないと役にたたない。

100キロサイズの豚5頭とか、ヤギ、ニワトリ、サツマイモ200キロとかも運ぶ。

 

そうなると、やっぱり、ジプニー。

しかし、昨今、状態の良いジプニーは希少価値である。

なぜなら、古いエンジンの使い回しが限界を超えている。

 

いすゞのトラックエンジンが良いのは分かっているが、30年以上前の型式が最も丈夫で安定しているそうだ。

ICチップ内蔵で燃料供給量を調整するタイプのエンジンは基本使えない。

完全アナログエンジンが無くなりつつあるのである。

 

シャーシは頑強、エンジンも強いが四輪駆動ではない。

一度、ジプニーで完全にぬかるみにハマったことがあるが、全員泥だらけで1時間ほど格闘した。

数メートルすすむのに2時間を要して日暮れ前に辿り着くのがやっとだった。

 

で、そんなときでも、苦もなく移動できるスーパーマシンが三輪バイク、トライスクである。

二輪+1輪で、安定性は抜群に向上する。

どんな悪路でも切り抜けることができる。

仮にぬかるみにハマっても軽量なので人力で引き上げることができる。

実際、何度トライスクに助けられたことか。

無理矢理乗れば8人乗れる。

荷物も山積みならいくらでも乗せられるが、ほどほどしないとホント危ない。

 

ゲストが来たり、長距離の移動が必要なら車をチャーターした方が早い。

当ブログ管理者一人が移動するなら長距離バスで充分である。

(ま、長距離バスでは、スリにあったり、休憩所で置き去りにされそうになったり、一人では気が気でないので滅多に乗らなくなった)

 

その他、近郊を行き来するなら、乗り合いジプニーで充分。

一定区間統一料金で何処でも止まってくれるし、何処でも降りられる。

 

フィリピン人、中でも中年以上の女性はとにかく歩かない。

50メートルほどでも乗り物に乗る。

 

これから荷物の量が増える計画になっているので、いずれ車両は検討せざるを得ない。

 

スズキの侍は欲しい。

なぜなら、どんな悪条件でも移動できる手段は確保しておきたい。実際、オーバーフローの悪条件の最中、移動手段があると無いでは雲泥の差である。

 

で、中型トラック。

おんぼろで構わないが、修理代でもう一台買えちゃった・・・は、勘弁して欲しい。

 

マニラにはかれこれ15年、ずっと世話になっているドライバーがいる。

空港への行き帰り、マニラから活動現場、あるいはゲストが来たときは彼の車で移動する。

 

現在、活動現場までは高速道路で1時間ちょいである。

10年前は、同じ高速道路を使って2時間、さらに農場があるエリアに行くにはさらに1時間半。

 

もちろん、農業関係ではない普通の人々はカーライフを楽しんでいる。

日本人の富裕層が多く住むエリアではランボルギーニとかフェラーリでツーリング?するグループもある。

路面スレスレの車高の低い車が走れる道路がちゃんと整備されている。

しかし、我々は車高が高く、悪路でも走れる車にしか興味はない。

 

現在、車は所有していないが、もし買うならやはり、スズキのジムニーかな。

最近の異常気象を見る限り、日本もフィリピンも差が無くなっている。

いつ、何処で、移動中に水没の危機に瀕するか分からない。

いくら舗装されていても、土砂が覆った急勾配は四輪駆動でないと危険。

 

軽自動車は乗員や積載量は小さいが、四駆で走破性が高ければ最も安全な乗り物かも知れない。

何しろ東京の道路は狭すぎる。

日本中、幹線を外れたら細い道しかない。

大きな車では何かと面倒くさいのである。

 

ま、辺ぴな場所にしか行かない当ブログ管理者のようなニーズに応える道路行政は必要ないのかも知れないが・・・。

 

とはいえ、山間地や超辺ぴな地域に限ったことではない。

以前と変わらぬ危機管理では、この先の日本、不安で一杯である。

 

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html 


PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「【少数民族の楽園】」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

NGOを育ててこなかったツケ

 

建前の三権分立とは言え、当事者たるもの、優れた能力と人格、経験と実績を併せ持つ逸材がその任に当る。

な~んて、何時の話?

 

マスゴミも金融も官も民もなく、その任にあたる人の高位者ほど無能、変態、噓とごまかし。

 

世の中のひっくり返りがピークを迎えた今、それならそれでヤリ用がある。

 

ある日を境に責任者の犯罪認定

第一弾の罪状は国家転覆罪、ざっと10000人は下るまい。

訴える先は「天」である。

 

犯罪者認定されたお歴々は最初は腹を抱えて笑っている。

誰がどんな権利でこんな阿呆な・・・。

 

【主権者】だよ。

主権者が天に向かって訴えたんだよ。

 

腹を抱えて笑っていたお歴々も、徐々に本気度を理解し始め、対策に乗り出す。

 

お決まりの警察、自衛隊を総動員、早速首謀者の摘発に乗り出す。

 

だが、首謀者なんてどこにもいやしない。

 

秘密保護法だかなんだか知らないが、疑わしい連中を次から次へしょっぴくが、

オマエは現政権や体制に批判的か?

と、聞かれたら「ハイ、そうだ」と答える。

 

今回の騒動を主導したのか?

「いいえ、違う」と答える。

誰に聞いても答えは同じ。

 

マスゴミは警察の市民に対する捜査を逐一報道せざるを得ない。

普通の主婦が尋問を受けた。

家にはおなかをすかせた子どもがいるのになんて酷いことをしやがる。

首謀者はいないので当然放免されるが、その後、状況をつぶさに拡散。

 

一昔前の大本弾圧みたいなもんだが、コッチは宗教でもない、思想信条でもない、いわゆる普通の主権者である。

 

犯罪者認定をしたものの、官民ともに今まで通り普通に仕事をしている。

主権者から罪状を突きつけられたに過ぎないし、逮捕されるわけでもない。

状況は何も変わっていないのである。

 

もし、日本に諸外国並のNGOが機能していれば、もっと速やかにことは運ぶかも知れない。

しかし、もしそうなら、NGOの指導者が軒並み逮捕されるだろうから、ないならないなりで仕方がない。

 

しかし、騒動はこれでは終わらない。

こいつらを手っ取り早く干すには、財政破綻させること。

 

主権者は一斉に税金の類いの支払いを停止する。

 

理由は単純【犯罪者に納税する義務はない】である。

 

実際、収入がない人は払えないし、国民が総じて貧困にむかっているのだから、どっちみち税収は激減する。

物も買わない。

企業は悲鳴をあげるだろうが、一時的に止むを得ない。

 

では、どうやって喰うのか?

難民キャンプを見習おう。

 

大人はひもじい思いをすれば良い。

子どもには美味いモノを喰わせろ。

 

日本国内でできる限り融通し合い、世界から遠慮なく支援物資を頂戴する。

日本の主権者は現在の支配層を国家反逆罪で訴えたので、支援をお願いします、と、訴える。

支援物資の宛先は日本の主権者の皆様である。

 

特定の個人ではない、主権者全体の意志。

 

首謀者探しは意味がない。

お歴々は有効な対策が打ち出せずにいる。

 

そんな頃合いを見計らって、主権者側のスポースクマンが登場。

彼らは主権者の総意を国内外に代弁する。

(一人二人ではないよ、大勢だが、ここはしっかり主張の共有をする)

 

主張は簡単。

 

「公をワタクシして国家を欺く国家反逆罪で断罪中である」。

 

証拠は揃っている。

公金横領、詐欺、中抜き、偽油ダ屋への献金などなど。

 

「マトモな政治も行政も期待できないのに税金だけ払えとは主権者無視も甚だしい」。

 

もちろん、物資が足りなくなるがそこは自助努力。

スローガンは

「誰の土地だって関係ない、空いている土地にはジャガイモかサツマイモを植えよう」である。

 

現にソ連がぶっ壊れるときのモスクワ市民は、少しばかりの空き地に作物を植えて食料を確保した。

 

そしたら、プーチン氏がロシア復活の狼煙を上げた。

たまさか、一年か二年の辛抱である。

 

しぶとく生き残ろうとするINU・HKも受信料激減で息の根が止まる。

あと、少なくともサンケイ、ヨミウリは完全消滅させないと禍根を残す。

 

本命の中央集権だが、マスゴミが白旗を揚げれば、あとは時間の問題である。

慌てふためいて、どんな法律をつくろうが、コッチは知らぬ存ぜぬで通す。

中央集権はこれまで、マトモな国民が何を言おうとも知らぬ存ぜぬを貫いて来たのだ。

同じ手を使うだけである。

 

本格的に外国世論が支援体制を組む前に、警察、自衛隊の(別働隊)が無差別の脅しにかかるが、それも時間の問題。

どんどん逮捕されてやれ。

面倒くさいからハナから刑務所に行列をつくるのも良い。

 

指一本触れてみろ、全世界は見ている。

主権者ひとりひとりの訴えに勝るものはない。

 

もっとも、現時点ですら、世界のメディア(あるいはマトモな一般市民)の相当数が、日本の現状を理解している。

なんで、こんな酷い悪政に文句を言わないのかと逆に心配される始末・・・。w

 

で、お歴々の犯罪者認定をしたら、次はどの壁を突破すればいいのか?

 

言わずと知れた【不正選挙】である。

 

一つでも不正を暴けば、あれもこれも、遡ってあの国政選挙も、この村長選挙もダメじゃん、と、なる。

日本全国ツヅウラウラ、証言の嵐が吹き渡る。

な~んだ、やっぱり全滅じゃん。

 

行政担当者よ、総理府よ、どうすんだよ!このインチキをよ~。

 

関係者芋づる、全員刑務所。

警察は動かざるを得ないでしょ、選挙違反だもの。

 

しかし、ここまで来ると、指令系統はメチャクチャである。

何しろ、命令を出す側が豚箱直行。

 

やむを得まい、暫定的な意思決定機関をつくろう、となる。

 

お得意の第三者委員会だが、選ぶのは役人ではない。

それぞれに部会をつくるがこれはいずれNGOに権限委譲される前提である。

 

まともなNGOを育てていれば、話は早かったのである。

だいたい、この第三者委員会にスパイを送り込むのが裏社会の常套手段。

だが、無い物ねだりしても仕方がない。

ここは腹を決めて突破するしかないのである。

 

租税回避摘発チーム、特別会計チーム、ODA海外事業チーム、余りにも多岐に渡るが、ここは性根を入れて全容解明に当る。

なにしろ、財源を泥棒から分捕り返し、必要十分な予算を確保しなければならない。

 

出るわ出るわ、宝の山。

軽く数十兆。

個人的弁済を要求しても、どうせ払えないと言うに決まっているが罪状認否と金額の割り出しは確実に行う。

 

払えないなら刑務所 ☞ 原発処理要員確定。

 

裁判は後回し、罪状認否後即収監。

フィリピンの麻薬犯罪者が刑務所にすし詰め、それと同じ状況。

扱いがどうのこうの、この際、そんなくだらない人権論議は要らない。

 

まずは中央集権予算の中の医療予算全廃。

高額医療は廃止。

医薬品の総量規制、通常の初診は整体や民間療法に枠を広げる。

 

高速道路などの公共性の高い事業は一時的に、統一料金、統一サービスで一元化。

利益は出さないか、出ても100%再配分に回す。

 

そして、地方自治の再編を同時進行する。

できるだけ早く、最小行政単位の行政サービスを復活するためである。

 

で、あれやこれや、いい加減なことを言うが、いったい誰がそれを決めるの?

 

当面、ボランティアでいいんじゃないの?

ボランティアといっても、それなりの報酬を出して。

 

と、言うとボランティア慣れしてない大人ほど尻込みする。

何かと言うと手続き論でへ理屈バッカシ。

 

もちろん、その間、官僚の上層部は給料無期限停止だが、その任に留め置く。

なぜなら、過去の犯罪を洗いざらい白昼の元に晒すために一働きしてもらわないといけない。

 

だが、政治家は別、早々に留置場に入れといた方が良い。

野放しにするとイノシシなみに危険。

 

こと、ここに至る頃には、警察も自衛隊も主権者の味方である。

☞ 組織のあり方を根本から見直し、非政府組織として再編することになるだろう。

 

その他大勢の主権者も忙しくなる。

最小行政単位を早々に決め直し、足下の仕組みの作り直しに取りかからなければならない。

 

例えば原発がある地域なら廃炉完了まで、安全な場所に移動した上で、最小行政単位を作り直す。

それを自分たちで決めるのである。

 

カネは電力会社から出させる?

廃炉費用はどうする?

とりあえず、医療予算を充てる。

仮に40兆なら一基4兆円として40基同時廃炉可能じゃん・・・(楽観し過ぎ?)。

物事が動くときは勢い、チマチマした議論は要らないのである。

 

廃炉に当る作業員には一律賃金を適応、親会社が抜かないので、高給可能(だって大変な仕事なので)。

 

さて、そろそろ、いい加減、非政府組織NGOの出番である。

廃炉作業に特化したNGOが活動を開始する。

だが、最初は諸外国(イスラエルを除く)のNGOに支援を仰ぐ必要があるだろう。

 

専門的な技術者以外の清掃や荷物運びや、片付けや穴掘りは刑務所から犯罪者を適当に調達してその任にあたらせるが、この現場監督だってNGOが不可欠。

 

極論、カネが無くとも、いくら時間がかかっても、手持ちの重機で廃炉作業は完了しなければ未来は無い。

 

ったく、厄介なゴミを押し付けられたもんだ。

原発関係者に一番ベタな作業をさせる。

報酬なし、一日二食自炊、テント生活、風呂は週2回。

 

この頃には、事業別に編成されたNGOが活動を本格化させる。

ナンチャってNGOではない。

諸外国よりも大幅に権限を認められた本来のNGOである。

 

誰だって初めてなら経験はないのである。

それを見て、煩いオヤジがガタガタ言うかも知れないが、じゃ、オマエがやれよ。

できないなら、失敗してもいいから、トライさせろ。

 

これまで、まともなNGOを育てて来なかった日本の石頭、利権構造お化けの悪業を思い知るのである。

と、いっても、そいつらは檻の中。

理不尽なようだが、経験の浅い若者が主軸になって働かなければ、未来は無い。

 

だが、心配は要らない、1年もすればグングン成長する。

息を抜けない厳しい環境下で汗を流すときほど、人間は伸びる。

 

それでも、いままでの役人まかせのぬるま湯根性が随所に顔を出すかも知れない。

特にオジサン世代より上の人。

従って、オジサン世代は一歩引いて、主力は20代に任せる方が宜しい。

 

そんなもの、できっこないよ。

 

それじゃ、一歩も前に進むまない。

 

こんな体たらくをつくってしまった50代以上の日本人の落ち度は、まさにこのぬるま湯気質。

 

いい歳をした大人がウスノロ間抜けだったツケが回った結果にテメエで悪態ついてどうすんだよ。

イッペン、泥をくぐるしかないなら、くぐればいいじゃん。

 

次世代にしてみれば、このまま生殺しを選ぶ大人は論外であろう。

泥をくぐる気概があるなら、まあ、見所のある奴。

 

一番いいのは、恐ろしい速度で仕組みを作り直し、出来上がったらさっさと、次世代に委ねる大人である。

 

これをちゃんとできる人間だけが、後見人になれる。

やったこともなく、机上の論理しかないなら、百害あって何とかである。

ハッキリ言って、単なる年老いたド素人は邪魔なだけ。

 

それには、優れた能力と人格、経験と実績を併せ持つ逸材が必要である。

だが、それがいないからこうなったのだが・・・。w

 

出よ、逸材。

一最小行政単位に10人いればOK。

 

やがて後に続く若い世代が追いついて来る。

まずは100人を目指そう。

 

ま、万が一にもないと思うが、偽油ダ屋の最後ッ屁。

ムクムクと地中から湧いて来る偽国連軍に連行銃殺されてからでは手遅れであるからして・・・。

 

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html 


PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

ホラーショー

 

アメリカ大統領候補の直接対決だが、興味は討論の中身ではなく、どれが一番本人らしいか?

 

ま、トランプ候補も替え玉なんてヤヤコシ過ぎるが、ヒラリー候補の見た目や話し方や声ばかり気になる。

高等戦術なのか、杜撰なのか分からなくして、ドタバタの隙に僅差で勝利。

これもやっぱりヒラリーで決まりの予定調和の一環なのか?

 

テレビという箱の中のホラーショー。

911の字作自演がバレて、人類初の月面着陸もバレて、ISIS創設、停戦破りの国際法違反もバレて・・・。

小型偽旗作戦は数知れず、あとは2011・311か?

 

ハロウィンも由緒はおぞましい悪魔儀式だが、今や可愛いカボチャのお化け。

アメリカ国民の相当数にとって、政治ホラーショーは娯楽の一部か?

 

いやいや、舐めたらあかん。

表向き無邪気で陽気なアメリカ人だが、彼らのメディアリテラシーは年季が違う。

見方を変えれば、厳しい視線に堪え兼ねて、1%だけが浮き上がって勝手にホラーショーを繰り広げている。

 

できうるモノなら、こんな阿呆な連邦政府とは一線を画したい、と、思う気持ちは分かる。

 

先鞭を切ってカルフォルニア州、日本では沖縄が独立宣言。

間をおかず、各州が各都道府県が一気に独立。

面倒な手続きはいらない。

世界に向かって「宣言」するだけで宜しい。

 

理由は簡単。

ホラーは見飽きた・・・、でOK。

 

毎日がホラーショーの世界では、重要人物は暗殺の対象。

仮に暗殺は免れても、緊張を強いられる過酷な毎日で神経がすり減り、実際問題、結構若くして病死するケースも多い。

 

業を煮やした裏の支配者は、さっさとずば抜けた頭角を現すアンドロイドを仕込みはじめた。

予め選んである家系から未来の大統領候補をつくりだす。

遺伝子操作された受精卵、その際、もし若くして死亡しても代わりが効くようにクローンも用意する。

 

それでも間に合わない場合は、そっくりさんを徹底的に整形手術、脳細胞に特殊なチップを埋め込む。

その他にも、キメラという手法もある。

 

競馬に例えると、典型的な逃げ馬の遺伝子を持つ馬から遺伝子を抽出。

これに、典型的な追い込み馬の遺伝子を組み合わせる。

するとどうなるか?

 

スタート直後からグングンスピードを上げて、第二コーナーで早くも10馬身差。

そこから第四コーナーまでは、ウサイン・ボルト選手並に力を抜く。

見る見る後続が追い越して、とうとうビリっけつ。

だが、第四コーナーで第二ロケット点火、目の覚める追い込みで再び10馬身差で独走ゴール。

こんなレースを続ければ断トツ1番人気。

一気にG1レースを総なめ、鉄板常勝伝説を打ち立てる。

だが、配当は微々たるモノ。

競馬の醍醐味はどこかへすっ飛んでしまう。

 

これの簡易人間版がジミン党候補だけが当選する不正選管蒸サクルシ。

これなら、カネと時間がかかる割に、出来不出来の差が激しいキメラ操作よりお手軽簡単。

 

その意味で謎多きロシア、プーチン閣下死亡説。

それが本当なら、複数の替え玉が役割分担をしているはずだが、いずれもレベルが高い。

まるで、ご本人があの世から舞い戻り、瓜二つな別の人物に憑依したかのようである。

 

演説だけなら、弁舌記憶脳を共有して原稿に頼らず、立て板に水は可能であろう。

だが、複雑な情勢に鑑み、逐一対応するには意識霊体まるごと憑依しないと到底不可能。

と、いうことは、ロシア政府の脚本家、演出家、作戦参謀のレベルは相当高いと、いうことなのか?

 

世界をリードする政治家たるもの、自分の言葉で人を動かし、感動を与え、副作用のない多数の利益に叶う施策を打ち出し、速やかにスマートに実行する力量が問われるが、そんな人おるかいな?

 

真の始皇帝か、ソロモン王か?

太古の昔には巨星に準え得る皇帝が居たかも知れないが、現代に至ってはホラーショー・・・。w

 

日本のお寒い現状は、あり得へんジミン独裁ホラー。

(ホラーではなくホラというべきか)

裏の脚本演出は本家アメリカと同じ?

とは言え、宗主国と属国では力の入り方が違うミドリムシ。

 

加えて、日本人のその他大勢は、アメリカのホラーショーをゴミメディアのフィルター越しに見せられる・・・。

 

あ、ホラーと言えば、忘れちゃいけない創価名誉会長。

征恐新聞にはご本人のコメントや、メッセージが載る、と、いうことはご存命。

まあ〜、随分と息の長いホラー伝説。

ギネス記録でも狙っているのか?

 

ホラーも適度に挿入する分には、ややウケする陽気な国民もいる。

だが、毎回毎回じゃゲップ。

日本の場合、もはやゲップもでない。

 

それでも、首相初診料免除表明演説で、促されるままに起立、拍手が鳴り止まないなんて相当趣味が悪い。

政治、経済、グローバル神話。

行き着いてみれば場末のお化け屋敷。

 

この仕組み、詰み、終わった。

 

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html 


PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソウナンス発見!

 

ポケモンGOはやらないが、当時ポケモンにハマって指人形を集めまくっていた息子とアニメを一緒に見ることがあった。

たまたま見たのが「ソウナンス」。

 

多分、レアものにはほど遠いキャラだと思うが、何とも言えないダメなオッサン風が面白かったので、未だに覚えている。

 

[引用始め]

ニック・ボストロム教授をはじめ世界的実業家のイーロン・マスク氏や天体物理学者ニール・ドグラース・タイソン氏らの言葉を引用して、未来の人類がどこかの時点で過去の人類、つまり現在の我々をシミュレーションする決断を下した可能性があることを指摘している。我々はすでに未来人が作ったシミュレーションソフトの中の存在である可能性が高いというのだ。

【真実を探す】メリルリンチ「我々の世界は50%の確率でシミュレーションソフトである」

健康になるためのブログさんのサイトより

 http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/22406

 

[引用終わり]

 

50%の確率なら、コロコロひっくり返るボーダーの上。

確かに日替わりで入れ替わり、立ち代わりの感がある。

 

面白いのは、未来の人類が決断する下り。

これはアリだと思う。

だが、それが真実なら、現在生きている地球型人類の意志は恒に尊重されることはない。

例えば70億の人間のほとんどが地球の仕組みをひっくり返す合意を得たとしても、それ以前に、未来の人類がそれ以外の決定をしていれば、それは反古にされる。

 

そしたら、現在を生きる意識が何を志向しようとも、無駄になる。

もし、そうなら、生きている意味はない。

誰も地球や、地球を取り巻く霊界全体を考える必要がないなら(多次元パラレル世界に興味を失ったら)恐らく霊界はとんでもなくつまらない場所になる。

 

もっとも、たかが地球ひとつが無くなっても、宇宙全体には痛くも痒くもないだろう。

 

もし、未来の人類が現在の人類の意志に干渉することが可能なら、過去にさかのぼって同じこともできるはず。

例えば、1950年代に次々に発明された画期的な技術、フリーエネルギーを使った技術などが、アシュケナージ偽油ダ屋勢力にことごとく潰されたのだが、その時代に舞い戻って、発明者たちが暗殺されるのを防ぎ、逆に、アシュケナージ勢力のチカラを削いでしまう。

 

すると、現在は水で走る乗り物が普通であり、エネルギーで対価を得ようなどという日本の電事連のようなシミッタレた人間の出る幕はない。

何よりインチキ金融が尻窄みになって、世界中央銀行なんてものもつくられなかった。

メルリリンチが50%の確率で世界はシュミレーションソフト、なんて発言もなかったのである。

 

然るに、未来から逆行することはできても、その逆はできないのかも知れない。

現在、未来、過去。

これは地球型人類特有の時間感覚。

宇宙では圧倒的少数派?である。

 

現在は、未来であり、過去である。

ただし、我々はイメージする能力で飛躍的な時間旅行をすることはできるかも知れない。

 

もちろん、我々が世界と感じる地球の現在は、地上人類だけのものではない。

多次元パラレル世界とのコラボレーションである。

従って、上位次元への興味を失う心配はないのである。

 

だが、そういう世界にまったく興味のない、目の前の現実と呼ばれるホログラム「ニセモノのシュミレーションソフト」の狭い範疇で生きる人間はその限りではない。

 

 

[引用始め]

きょうははっきり言おう。

これは平成維新クーデターだ。

 

エミシによる明治維新クーデターとは

別の支配者による乗っ取り。

エミシから取り返したというよりも

新たな支配者にかわったんでしょう。

(最悪、最低の支配者に)

 

エミシによる明治維新クーデターで

天皇をすり替え、別の国になったけれど

今回はとりあえず天皇はそのままにしておく。

(世界の指導者はどこをみても影武者だらけだし、天皇がすり替わってもわからないから)

 

時間をかけて今の日本人が作られたように

平成維新クーデターも311前から練られていた作戦でしょう。

完了間近。

 

2016.08.13 もしかして平成維新クーデターが進行中?

http://cocorofeel.blog119.fc2.com/blog-entry-16139.html

 

つながっているこころ2 さんより

http://cocorofeel.blog119.fc2.com

 

[引用終わり]

 

目の前の現実と呼ばれるホログラム「ニセモノのシュミレーションソフト」の狭い範疇でしか生きていない人間を対象にしたクーデター。

 

だが、引用元さんが看破したように、それをシラケ切った目で眺めている人は少なくない。

その見方にたくさんの人が共感するだろうし、いまいち状況は飲み込めないが、素直に従うつもりがない勢力も含めれば、相当数の人間がキョトンとしている。

 

ま、みっともないことこの上ない粉飾クーデター。

大失敗・・・。w

 

これで三次元ご利益世界の盟主になったと本気で思っているなら、とんだ笑い種である。

 

偽総理の所信表明で立ち上がって拍手した連中に、この宇宙の仕組みはトンとわからない。

 

だが、彼らも先細り感を持っている。

だから、焦る。

一番先のない油ダポチども。

 

その他大勢の人々は、急速に関心を失う。

手遅れなマスゴミが懸命にデマを振り撒くが、日に日に興味が薄れるのは致し方ない。

 

地球人には日々の生活がある。

興味のないモノに引きずられている暇はない。

 

せわしない日常だが、それでも三次元ご利益世界ではない、広い世界に興味を惹かれた人は別の楽しみを見つける。

粉飾と生ゴミで汚れた土俵では無く、もっと自然に近く、自由な巡りを知るのである。

 

ま、自国の軍隊が思いのままの私兵であれと切望するのは勝手だが、警察も含めて中の人はひとり、ひとり、五次元に独立した生命核を有する[霊]である。

世界に軍隊がいくつあって、どれほどの人間が所属しているか知らないが、剥離するときは一瞬。

 

地球型人類に奴隷はいない。

同じく、植民地に地球型人類は住めないのである。

 

無理強いはいい加減、止めよ。

 

愚かな人間によって破壊された生命環境が、未来の人類が決めたスケジュールなら、何とも悲しいお話である。

愚かな人間によってねじ曲げられた経済環境が1%とその他大勢を峻別する世界。

それも未来の人類が決めたスケジュールなら、何とも哀れなお話。

 

一定数愚かな人間がいるのは未来から俯瞰しなくても分かるが、たとえ数は少なくとも、そうでない人間がいることも、未来からシュミレーションしてもらいたい。

 

自動的にそれがなされているなそれで良し。

何も文句はないのである。

 

ツーショット、関連は特にありません。

 

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html 


PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

テーマ:

第1番目の社会的組織NGO

 

NGOの世界標準訳は「非政府組織」である。

ところが、日本語では特定非営利活動法人・・・。

 

Non-Governmental Organizations.

non-governmentalは、 政府じゃないよ、である。

Organizationsの正しい翻訳は「組織」「組織化された」である。

したがって「政府じゃない市民による組織」でなければ意味が通らない。

 

早い話、日本に於いて世界標準で言うところの「非政府組織」は存在しない。

存在するのは、有限会社と変わらない見なし法人である。

 

以前、この変な翻訳に基づき正式に申請した、特定非営利活動法人の理事をしていた。

なので、つくる所から解散するまでのA to Zを身を以て知った。

 

「なんだ、オマエ、政府を否定するのか?」

「その他大勢の分際で、こんな看板を掲げられては困るんだよ」

これが油ダポチ役人の本音。

 

まして、誰が見てもコスパが高く、目に見える成果を上げられた日には、既得権益が脅かされる。

ロクでもない油ダポチの集まりは、お得意の抜け穴だらけの法整備でお茶を濁す。

 

世界の潮流に合わせるには存在を否定するわけにはいかない。

だから、それらしき体裁は整えて、政治行政(所轄官庁)の傘下に置き(一般市民に、公共や、公の利害に関する仕事を任せない前提)の特定、認証ありきの見なし法人とした。

 

つまり、日本のNGOは諸外国のNGOとは似て非なるモノである。

 

では、油ダポチ支配で世の中は幸せなのか?

誰が見ても惨憺たる風景である。

戦争は止まず、基地のゴリ押しも止まず、原発の脅威、核の脅威に気象兵器、今や2人に一人は病気持ち、麻薬にいじめ、不正選挙に義援金詐欺、貧困に高齢者、少子化にウツ、自殺、なんでもありのオンパレード。

油ダポチは、空論はするが具体策にはほど遠い。

当然である、解決する気なんてハナからない。

 

ハッキリ言って、これまでに拠出した税金が日本人のために使われ、真っ当な成果をだせば、日本人は相当裕福なはずである。

高速道路、鉄道や航空機も安価で豪華快適。

二重三重の保証、学費はタダ、医療もタダ、エネルギーも水も豊富でクオリティー抜群。

カダフィや少し前のシリアより遥かに高度な社会インフラが構築できて当然である。

それが真逆、どんどん貧困になっている。

今時、まあまあ幸せなのは油ダポチ関係者だけなんて、貧乏臭いにも程がある。

 

当事者能力がない人間しか要職に就けない。

偽油ダ屋にしてみれば、何十万人職員がいようと、当事者能力がない上層部をつつけば好きなときにいつでもカネを引き出せるATM。

 

GPIFを持出すまでもなく、証拠は山ほど転がっているのに、何もできないのは手足をもがれているからである。

日本に世界標準のNPO、NGOが存在しないのも、その一環である。

 

西欧から全世界に広がったNPO、NGO。

その始まりは19世紀以降の中央集権、偽油ダ屋傀儡支配下で戦争ばっかりやっていた頃に遡る。

 

早い話、戦争だらけでケガ人がゴロゴロしているのに、誰も助けない。

そりゃ心ある人間ならいたたまれない。

余りにも無惨な国民の姿を見るに見かねた反省から生まれた。

それが国際赤十字のはじまりだそうだ。

 

国連の権威を軸にNGOを定義したいお歴々は、何かと言うと国際赤十字を持出す。

二言目には、民間の組織だが、政府と連携して活動をしたとシタリ顔。

 

何が言いたいかは先刻承知だが、いまどき、日本赤十字に寄付をすると相当額が中抜きされる。

それは政府と連携して行われる。

下手をすると莫大な義援金は偽油ダ屋の懐に入るかも知れない。

ミジンコでも知っている常識。

 

国連憲章に基づくNGOとそうでないNGOには区別がある。

正式な手続きを踏んだ国連憲章に基づくNGOでない組織はニセモノと言わんばかり。

同じ論理で日本では、然るべき監督官庁の認証を得ない見なし法人はモグリである、と決めつけたい。

 

政府を否定されたら、国連を持出す。

だが、それはいまどき、いくらんなでも逆効果でしょ。

 

日本政府 ☞ 油ダポチ。

国連 ☞ 輪をかけて油ダポチ。

二重にダメダメじゃん。

 

よ~し、分かった。

もはや、油ダポチには任せられない。

 

で、誰がやる?

じゃ、オマエやれよ、と言われても、言われてやる訳ないじゃん。

上島竜平のギャグじゃないが、

 

「んじゃ、俺がやる」。

 

 

覚えておいでだろうか?

 

その他大勢の我々は、地球に生まれる前に、全員が地球の生命環境を守り、育むミッションに志願した。

地球型人類として生まれる イコール ボランティア(志願)である。

そのために相当長い間準備をして来た。

 

言うまでも無く、第1番目の社会的組織の一員になることは最も尊重されるべき自由である。

それが脅かされる時代ならなおさら、志願者は覚悟を決めて降りて来た。

 

だが、おっ母さんの狭い産道を通り抜ける時に、あまりの苦しさにコロッと忘れてしまうのである。

(おっ母さんも苦しいが赤ん坊だって命がけ)

で、そのまま大人になって、あろうことか油ダポチに志願・・・ですか?

それじゃ逆、じゃなくて、ギャグである。

 

そんな油ダポチ支配を、ありがたがって従う阿呆だけにはなりたくないと思うのが人の道。

 

で、第2番目の社会的組織は営利組織である。

どんな小さな営みにも営利は付随する。

利益を得ることは悪ではない、しかし、それを犯罪行為に高めた(貶めた)のが偽油ダ屋。

 

最後に政府行政的な存在だが、それがまかり通った(需要)があったのは20世紀まで。

本来、第一番目の社会的組織が十全に機能すれば政府も行政も要らない。

しいていえば、中高生が社会勉強の一環として仕事を経験する程度で充分。

第三番目の社会的組織は遠からず縮小、消滅が世のため、人のためである。

 

世界統一政府だって?

とんだお笑い種・・・。

 

順番を間違えた社会が発展、進化するわけがない、のである。

 

 

・・・
Mind of the Earth Japan
【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html 


PM2.5を酸化還元/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。