geneumiのブログ

【少数民族の楽園】

NEW !
テーマ:

哀れみの対象

 

GWに偽総理はロシア、イギリスへ?

いよいよ命乞いですか?

ま、どうでもいいが。

 

ところで、歴代の覚醒者(ゴータマブッダ・クラス)は、どのような知的生命体とも話ができた。

ホンモノの覚醒者は6次元に生命核があるので、まあ、たいがいのことには興味を失っている。

 

しかし、地上世界にまだ身体があるうちは、三次元の底辺をウロウロしている人間とも垣根なく接する。

それはすなわち、瞬時に6から3への次元移動。

宇宙レベルの「愛」なくして到底不可能な離れ業。

 

一方、三次元限定サイコパスとして育てられた人間は、徹底した冷酷さを身につける。

その有り様をつぶさに見れば、胸が悪くなる。

下々は犬猫以下の扱い。

そもそも、他人の意見など聞く耳なし。

 

ご母堂・・・

 

日本の中央集権は下っ端から上層部まで徹底した冷酷主義。

黙って俺の言う通りにせよ・・・。

かといって、テメエらも同じ三次元限定生物。

意識レベルがその他大勢に及ばないことはザラにある。

 

だから、時々トンチンカンな問題が表面化するが、なぜ、そこまで上から目線になれるのか?

 

早い話、上から目線は精神分裂病。

心の病

官民問わず、研修と称する洗脳は意識の断片化に始まり、断片化に終わる。

 

油ダポチ同士で話が通じた幸せな時代もあった・・・

 

元来、サイコパスは家族構成が違う。

両親はもちろん、血縁の半分以上がサイコパス(もどき)。

外部教師も精神異常者レベル。

 

サイコパス家系に生まれた子どもは意識レベルを少なくとも三層に分解する。

 

表層、中層、深層。

どの層でも違った価値観を違った言葉で認識する。

カラスは白い。

それを説明する言葉を身につける。

カラスは黒い。

引き出しが違うので矛盾しない。

だから一見頭が良さそうに見える。

 

選び抜かれた若者(油ダポチ候補生)は、同じく意識の断片化を要求される。

せっかくの優秀な頭脳が切り刻まれ、ハートがバラバラになる。

 

極悪偽油ダ屋の価値観を丸ごと受け入れて疑問を持たない時点で既に相当な劣化。

悪の構造を学習し、それを現実世界に置き換える生きた道具になる訓練過程に疑問を持たないレベルになればほぼ成功。

然るべきポジションを与えられれば、躊躇なく実行に移せるのは既に意識を失った証拠。

 

海外油ダポチ利権の一部に限れば得意分野があるかも・・・

 

一方純粋培養された筋金入りのサイコパスなら、人もうらやむ幸せな家族を演じる。

愛妻家で子煩悩。

女性の地位向上や社会進出に手厚い支援を行う人格者。

 

その一方で大量殺戮兵器ビジネスに麻薬カルテル。

相手が某独裁国家の首領なら、即座に相手の知的レベルに合致したトークを展開。

必要ならば介入し、味方につけ、それなりの見返りを約束するが、目的を達成したら切り捨てる。

 

国内油ダポチとしか話ができない・・・

 

そうかと思えば、自然保護団体の若者とセッションして、一緒に植林イベントで汗を流す。

まさに八面六臂の活躍だが、全て、三次元限定世界のお話。

相手も鉄板ご利益人間でないと成立しない。

 

そのためには油ダポチ絶対主義でガチガチに固める。

中央集権、マスゴミ、軍産学共同体・・・。

アリンコ一匹抜け出せない鉄壁の要塞だが、これが通用したのは20世紀まで・・・。

 

そんな鉄格子の内側で、バチカンのお偉いさんは表層意識では世界平和を唱え、貧しい人々に祈りを捧げる。

しかし深層意識では悪魔の儀式に耽り、幼い子どもを切り裂いて生血を飲む。

地下銀行のマネーロンダリングに的確な指示を与え、世界の様々な要人と謁見。

同じ匂いを共有し、一国の元首をして市民を裏切り戦争をおっぱじめる。

 

通用するのは、日本懐疑オンリー・・・

 

例え、相手が宇宙人だろうと自らの意識を使い分け、和気あいあいと対応する。

 

と、言いたい所だが、相手の宇宙人が次元跳躍可能だとそうは問屋が卸さない。

 

上の次元から見れば、その人物の意識レベルが完全に断片化されていれば、その有り様が手に取るように分かる。

 

三次元限定人間は自らの意識の中に違う部屋をつくり、そのドアからドアを行き来するだけ。

高い次元の問いかけにトンチンカンな反応しかできない。

 

既得権益と不公平分配の窓口業以外の話をされても右も左もわからない・・・

 

もし、ホンモノならこともなく次元を切り替えて対応してくる。

従って、ニセモノ認定は数秒でOK。

 

偽総理はサイコパスとして、諸外国の油ダポチ首脳クラスの中でも見劣りがする。

しかし、それでもジミン党の中では一番出来がいいのかも知れない。

 

菅、麻生、岸田クラスは既に意識レベルが充分に断片化している。

(意識レベルが断片化 ☞ ヒトデナシ)

それを上手に使い分けるが、際立つほどではない。

 

それ以外のジミン党で使い物になりそうなヒトデナシは見当たらない。

 

宏池会の伝統、リベラルを捨て去った男・・・

 

では、諸外国はどうか?

 

既に五次元標準で活動を始めている勢力がいる。

(その指示の下でどっちの勢力にもまたがる数名の指導者が動いている)

 

彼らはブッダではないが、軸が五次元なので三次元限定の価値観には反応しない。

(従って、偽油ダ屋かどうかは歴然とする)

 

古来、偽油ダ屋は何としてでも多次元意識層を獲得したかった。

実際、黒魔術にはそれがあるし、チベット密教は次元横断術である。

だが、メソッドはあっても、次元跳躍には意識レベルのリミッターがある。

 

人間は誰でも四次元標準だが、三次元に縛られた意識のまま次元跳躍は不可能。

まずは現世的な(いわゆるご利益意識)を捨てなければならない。

 

いくら三次元限定意識の(引き出し)を切り刻んでも、同じ次元の範疇。

精神分裂が常態なので、いずれ精神を病む。

早い話、薬物中毒と同じ廃人一直線である。

 

国内仕様でもダメダメ・・・

 

二重人格、多重人格を統率するために(ハート:生命核)を捨てる悪魔の契約。

そうすれば、何重人格でも矛盾なくこなせるかも知れないが、何でそこまでして三次元限定世界にこだわるのか?

早い話、バール神かトカゲのお化けの生け贄に過ぎないのに。

 

不老不死と次元跳躍意識は同じものかも知れない。

 

偽油ダ屋の親分も何世代もかけてそれを追っかけた。

ローマ帝国も秦の始皇帝もそれを追い求めた。

だが、望みは叶えられない。

 

質問者自身が答えである。

 

なぜ、天文学的カネを持ってしても不可能だっちゅう所に着目しないのか?

高次存在はそう問いかけている。

 

次元跳躍は、現世的(いわゆるご利益意識)を捨てないとその上のスイッチが入らない。

 

偽総理がロシアやイギリスで何をするのか知らないが、既にロシアもイギリスも次元跳躍存在の支配下である。

これは既に全世界的な動き。

 

それでも偽総理は日本(三次元限定朝鮮代理勢力)の延命を求めるのか?

とんでもないトンチンカン。

 

国内仕様でもダメダメ・・・

 

地球自体の次元上昇によって、これまで限定的な介入しか出来なかった五次元標準レベルの活動余地が拡大した。

日本であれ、何処であれ、五次元標準人材でなければ交渉のテーブルにつく意味すらない。

 

まして、日本にも異次元レベルの人材がいるのにも関わらず、それにフタをする張本人と話すほど無意味な時間はない。

 

彼ら(カバール)は五次元標準で偽油ダ屋の延命を画策したいのであろう。

だが、偽油ダ屋の力の源泉は、すべからく現利益的な狭量な価値でしかない。

 

偽油ダ屋式価値でヌカヨロコビする人種は日一日とその数を減らし、むしろ、哀れみの対象。

 

 

高次標準は現世利益的の狭量な価値を望まない。

従って、取り残されたご利益限定人間は、この先、生きながら自らの精神崩壊過程を観察する苦渋の余生を送る。

 

手取り足取り教える必要はない。

オートマチックに、ああ、なるほど、なるほど、だからダメなんだ・・・。

 

分かった所でどうするの?

いまさら・・・。w

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

 

 

電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

人間辞任せよ

 

地球で何が起きているのか?

南極で何が起きているのか?

実際は何も知らない。

 

 

誰が良い宇宙人で、どいつが悪い宇宙人か?

 

本当の天皇は琉球人なのか?

 

世の中分からない事だらけである。

 

フィリピンが日本の裏社会にとって都合の悪い人物の処刑場になっている?

 

それはその通り。

マニラに日本の縮図(裏社会の縮小版)がある。

マトモな民間人は相手にしないが、外務省とかいわゆる朝鮮代理勢力とは以外と深くつながっている。

だから、年間数人から数十人の日本人が殺される下地が整う。

 

いわゆる保険金殺人、政敵や競合企業の排除、組織を裏切った工作員などが狙われる。

もちろん、それ以外の善良な人間(ごく少数だが)もカネで雇われたヒットマンの犠牲になる。

ヒットマン(フィリピン人)はたまに捕まるが、その背後関係は闇の中である。

 

嗚呼、なんて危険な場所。

フィリピンは怖い?

 

いやいや、実際に動くのは間違いなく日本の裏社会

つまり、日本にいても、アッチにいても事情はさほど変わらない。

ただ、フィリピンの場合は外国なので、有耶無耶にしやすい、というだけ。

 

保険屋さんがオレオレ詐欺をやるご時世。

そりゃ名簿、資産、何でも分かる。

海外にも保険はあるが、日本ほどユルユルなプライバシーポリシーはない。

コンプライアンスに署名してプライバシーが守られるなら、警察は要らない。

 

考えようによっては、日本ほど危険な場所はない。

 

 

東芝や日本郵政の大幹部が屋台骨を揺するがす詐欺事件の根っこ

国民年金基金を平然とジャンク債権市場に流すお国柄。

それもこれも、カザールマフィアに首根っこを押さえられ、ポチ知恵と言えばワンと吠える犬しか出世しないからである。

 

 

そうそうたるグローバル企業には必ず数匹から数百匹の油ダポチが飼われている。

中には屋台骨を乗っ取る輩もいる。

そうなると二束三文、会社は数年でボロボロに腐敗。

もちろん、その前に数十倍に嵩上げして売り飛ばす。

社員、従業員のことなんてコレッポッチも顧みない。

 

 

香辛料でないSBや社内の会話は英語の某社も危ういとの噂。

一昔前ならまず潰れることはないと言われた会社も例外ではない。

 

プルトニウム製造ビジネスの失敗を重ねても偽総理に返り咲ける国。

字が読めないとか、学歴詐称なんて誰も気にもとめない。

そんな連中に好き勝手にされて、何も出来ない哀れな日本人。

 

自作自演の311が東京圏でなくて、東北だからよかった?

ご当地九州ブロックでなくてよかったのか?

では、熊本大地震は福岡でなくてよかったのか?

そんなことは口が裂けても言わない計算高さは忘れない。

こんなのが国会議員、しかも復興大臣?

 

不正選挙のお陰で今や国会は、不成仏霊と動物霊と低級霊媒体質(心の病)のたまり場。

もはやエクソシストでは追いつかない、火炎放射器で焼き払う以外ない。

 

火炎放射ドローン

 

いったい、この国の糞ジジイどもは何なのか?

(おおざっぱに言えば、当ブログ管理者も含まれるが・・・)

 

などと、頭がこんがらがって苦しむなんて時間の無駄である。

 

複雑に見えるが、実は簡単。

まずは二者拓一でOK。

 

油ダポチか、それ以外か?

 

ご存知のように油ダポチはソコソコ金持ち。

地位も名誉もある人が多い。

従って支配層。

戦後72年、ロクなことはして来なかったのに支配層。

 

だから、腐り切った。

そんなことはカビの胞子でも知っている。

 

特に2010年以降はやること成すこと売国奴の真骨頂。

アカラサマな国民蔑視、主権無視。

 

理由は簡単。

 

足下が危うい。

危ういから焦る。

焦るから墓穴を掘る。

 

最後の悪あがきで、少数派非油ダポチを一斉攻撃、根絶やしにしたい。

共謀罪だろうと治安維持法だろうと、無差別に反体制勢力を鎮圧するのが目的。

理屈もへったくれもない。

 

奴らの言う思想とは借り物のチンドン屋「愛国主義」。

中身はない。

なぜなら、明治維新がそもそも油ダポチにそそのかされたインチキ帝国主義。

早い話、全てが偽油ダ屋の都合。

 

天皇を神に奉り上げたのは良いが、肝心の祭祀が途絶えてしまった。

少なくとも表の天皇は現在の偽政権(安倍晋三)がお嫌いである。

 

表の天皇家といっても、霊系はつながっている。

当ブログ管理者は天皇制を否定するものではない。

 

だが、少なくとも偽支配層(偽油ダ屋)が天皇を利用するカタチに終止符を打つ必要がある。

天皇家は油ダポチを返上する。

カタチの上でも、実質でもそうしないと日本はインチキ傀儡に潰される。

 

 竜宮王朝遺跡群

 

このゴタゴタは神武がウガヤフキアエズ王朝を倒した時からのボタンの掛け違へ。

ウガヤフキアエズ王朝、すなわち地球の半分以上に広がった一大自由貿易圏、竜宮王朝。

いくつかある竜宮王朝の拠点のひとつ、その中心に琉球王朝があった。

従って、沖縄は地球の聖地である。

日本の聖地ではない。

地球の聖地である。

 

 

そこに米軍の基地を置き、辺野古の海やヤンバルの森を破壊する朝鮮代理支配層。

聖地復活は朝鮮代理支配層の失墜の象徴。

明治天皇の権威失墜?

意地でも死守(破壊)したい理由はそこにもある。

 

インチキ世論誘導もそろそろ限界。

いくらマスゴミを押さえつけても、世論の風向きは一向に変わらない。

 

中川某、復興大臣、それでなくともアメリカから一刻も早く首にしろと厳命された稲田某。

偽総理自体不正選挙の賜物。

 

で、そのうち踏み絵が始まるかも知れない。

今時の踏み絵は電子集計されるので、何らかの方法で油ダポチか、非油ダポチかを判定する。

 

非油ダポチはマークされ、様々な理由で迫害される。

 

フィリピンに行った人はジョリビーを知っているかも知れないが、油ダポチどうしの競争なので興味はない・・・

 

だが、圧倒的多数が非油ダポチなら手に負えない。

 

さらに言えば、問題は数ではない。

 

尊厳を持った人間 1 に対する 油ダポチの比重は0.01以下である。

 

マトモな人間一人:油ダポチ100人。

マトモな人間一人:油ダポチ代理勢力の使いっ走り1,000人。

マトモな人間一人:油ダポチ代理の使いっ走りの工作員10,000人。

マトモな人間一人:油ダポチ代理の使いっ走りの工作員の成れの果て100,000人。

マトモな人間一人:廃棄寸前の薬中患者1,000,000人。

これでも間尺に合わないが・・・。

 

多数決に意味はない。

(油ダポチが一人一票では宇宙の平衡原理に反するので、国民投票は意味がない

マトモな人間が10,000人いれば、10万倍の力の差。

 

マトモな人間が要職に就けば済む話である。

若者は経験を積みながら正しい公共を立て直し、公平な再配分のルールをつくる。

年寄りは余計な口を出すな。

(今までつくれなかった人間に新しい仕組みをつくれる道理がない)

 

子どもに変なものを喰わせるな・・・

 

しがみつく油ダポチの残党はさっさと辞任に追い込むが、そのうちの相当数が辞任では済まない。

 

コイツらはオートマチックに人間辞職

 

もっとも、この判定に警察も司法も要らない。

ただし、曇りなき眼で見守るバワーボルテージを上げなければならない。

 

すでに数は充分足りているので心配はいらないし、地球の趨勢は誰にも止められない。

 

その辺でウダウダしてる油ダポチどもよ・・・。

一刻も早く人間を辞任せよ。

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

 

 

電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

I am Not Yudapochi

 

結論 ☞ 仙人になるしかない。

 

食べない、寝ない、一切の消費をしない。

上下水道も使わない。

 

沢水を飲み、自然の食物をほんの少し分けてもらう。

 

スタバでコーヒーなんて滅相もない。

AEON MALLもコンビニもあきまへん。

 

電気水道ガスを利用すれば油ダポチが潤う。

米も麦も油ダポチ利権。

 

あらゆる消費で油ダポチが潤う。

相当分が特別会計に入り、6、7割はカザールマフィアの収入源。

 

そのカネで悪いCIAとか、ISとか、アルカイダが各地で人殺しをする。

1%は金正恩も足下にも及ばないくらいの豪勢な生活。

 

その他大勢は海外旅行も国内旅行もダメ。

高速道路を使えば道路族の油ダポチが潤う。

 

結婚式もお葬式もダメ。

揺りかごから墓場まで人間の営みが油ダポチを潤す

 

如何に多くの日本人を失業させるかのトップランナー

疫病神の面目躍如

 

金融なんて以ての外。

株式投資もFXも油ダポチ。

競馬もパチンコも油ダポチ。

競艇も競輪も油ダポチ。

 

せっせと覚せい剤を買う中毒患者は、油ダポチの上得意。

現行の医療制度のもとでは一般に処方されるほとんどの薬も油ダポチの収入源。

 

もちろん戦争屋系列と関わったら目も当てられない。

あなたも、世界中で繰り広げられる殺人ゲームの共犯者。

 

仙人は収入がない。

所得税がない。

消費もしないので消費税もない。

死なないので死亡届も要らないし、新たに子どももつくらないので出生届も要らない。

 

I am Not Yudapochiを貫徹するにはこれしかない。

 

日本人全員、一時的にでも仙人暮らしをしないと、この国の植民地政策は止まらない。

 

日本人の営みそのものが偽油ダ屋の財源である。

存在が悪魔の財源なんて、これほど惨めな地球型人類がかつて、存在しただろうか?

 

無理矢理ロープをかけられ、船倉に山積みにされて太平洋を渡った黒人奴隷か、現在の日本人。

 

 

全ての仕組みが主権を奪うように組み立てられている。

組み立てたのは官僚。

官は基本的にこの仕組みを崩さぬための監視人である。

省庁はそのためのオフィス。

働くのは下っ端、お偉方は何もしない。

 

もちろん、実行部隊のトップはジミン党だが、彼らは体罰覚悟の使用人。

歴代首相は言うに及ばず、数百人、あるいはもっと、実際に闇に葬られた。

 

現役偽総理は日本列島というシマ(ヤクザのシマ)の所場代をむしり取る追い剥ぎ

制度上(上っ面だけ)アメリカ様と同じように民主主義だが、そもそも生存権すら危うい。

 

その証拠に活断層の上に原発。

安全保障上の脅威を装いつつ玄海原発再稼働。

逃げ場のない小島の国民は日本人の縮図である。

 

税金をたくさん納めれば、一応人間扱いしてもらえる。

だが、所詮カモネギ。

 

税金という言葉は死語にせよ!

 

実質生皮剥ぎ、哀れ因幡の白ウサギ。

生きることをカネで買って辛うじて生き延びる。

 

それが今の日本人。

嫌なら全員仙人モード。

 

かといって、最小必要限の食物を得ないと死んでしまう。

誰もが不食不眠になれる訳ではない。

行政は仙人に生活保護を与えよ。

 

それに依って消費税が回る。

回れば自動的に国の収益。

だが、あっという間に生活保護の財源は枯渇する。

さて、どうするか?

 

どうやら、仙人暮らしの鍵はケイ素(Si)らしい。

酸性土壌に一杯生えるスギナを溜め込んでおく。

それで半年くらいは生き延びられる。

 

早速役人はケイ素税を新設。

オレオレ詐欺の保険会社がケイ素保険を新設。

仙人になり損なっても、一時金がもらえる・・・。w

 

小さい子どものいる家庭は例外。

必要なだけ生活保護を優先的に取得せよ。

 

こんなご時世にしたのは歴代代理支配の糞ジジイども、いまを生きる人間に罪はない。

 

だが、これが止まらない以上、中高年以上は仙人を目指すしかないのである。

日本を救うためである。

日本人の子孫を救うためなら1年くらい我慢せよ。

 

行政は反省はしないし、まして政府はカエルの面にナントやら。

だが、普通の日本人、その他大勢が働かないと油ダポチも干涸びたカエル。

 

カバールと一般市民の中間で高給を貰うには、下々にせっせと働いてもらうしかないのだが、それが余りに当たり前になってありがたみの「あ」の字も忘れてしまった。

そんな連中は日干しにしてしまえ。

 

マスゴミが花形産業だなんて気取っている場合ではない。

戦争屋とか銀行とか、一流の高収入ゾーンでヌカヨロコビしている場合ではない。

 

フランスで懸命に油ダポチをやっていたオジサン

 

油ダポチ根絶はペスト菌や結核菌より優先する。

ノーベル賞はもらえないが、現在の地球で一番求められるソリューション。

病原菌は2人に1人が感染しても全滅はしない。

だが、油ダポチは全員が生きたまま家畜になり、その生涯はカネを生む道具である。

ある意味死ぬより惨めである。

 

当ブログ管理者の若かりし頃、奴隷化された大人にオマエも油ダポチになれ?

と、言われたことがある。

 

油ダポチ側で出世しろ?

さもないと一生浮かばれないよ。

 

21世紀の地上世界。

いまだに油ダポチにしがみつく大人がいったいどれくらいいるのだろう?

 

 

どんな教育を受け、何を考えて生きてきたのか?

どんな親に育てられ、どんな教師に教えを請えば、こんなみっともない大人に成長できるのか?

 

油ダポチは、既に人間として死んでいるので仙人どころの騒ぎではない。

下手をするとゾンビより下等

 

人間として生まれた以上、これを恥と思わぬなら生きている価値はない。

 

・・・

Mind of the Earth Batangas

【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】

https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7

【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】

http://sanrix.jp/mephilippines/index.html

 

 

電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。

【e-bless】

http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

根性系タンポポ

 

春の生命力が一斉に火を吹く。

もし、植物エーテルの揺らめきが見えるなら、ボウボウと燃える火焔のように見えるのかも知れない。

 

物理的な形質しか見えない目でも、わずか数日のうちに芽を出し、グングン葉を広げる植物の勢いは見える。

だが、当ブログ管理者の感覚では全然、緑が足りないのである。

 

いつものように豆科が一足早く芽を出し、スギナやホトケノザがそのあとを追う。

だが、その速度は実にゆったり。

住宅地の人々は、そんなわずかな植物を刈って清掃と称する。

ま、見栄えが良いか悪いかは人それぞれ、当ブログ管理者は、コンクリートの隙間に生えるタンポポのような根性系植物を削り取る気にはなれない。

排水溝が詰まるので、枯れ葉はせっせと集めるがそんな小さな雑草までキレイさっぱり処理してしまうのか?

 

以前、住んでいた場所では大量の落ち葉を焼却ゴミに出していた。

嗚呼、なんともったいない。

 

 

熱帯フィリピンの乾期はもうすぐ終わる。

水の循環環境が壊れている場所は一面茶褐色の剥き出しの大地に覆われる。

カラカラに乾いた風が大地の割れ目から入り込み、地中深くの水分をも蒸散放出する。

粘土質(サラサラの微粒子)なので、乾くと堆積が縮小して無数の裂け目が出来る。

逆に豪雨に晒されると絶望的なぬかるみになる。

植物にとっては地獄。

 

モノカルチャーの島、ネグロス。

米かサトウキビしかなかった・・・

 

都市化が進むメトロマニラから100キロ圏内は、まるで数十年前の日本のようである。

農地は次々に宅地化され、道路網が整備される。

だが、見事なまでに緑化の思想が欠落している。

 

日本は温帯なので、それでも事なきを得るが、熱帯に日陰ないのは致命的。

マニラを見れば分かるように建物の日陰しかないコンクリートの照り返しがヒートアップのエンジンになる。

もちろん、ちょっとやそっとの緑ではどうにもならない。

やはり、緑同士が共生環境をつくるには、ヘクタール単位のスペースが必要である。

 

 

一方、紛いなりにも畑のつもりの我々の農園では、驚異的な速度でザマザマな植物が生えてくる。

様々と言っても、概ね数種類から十数種類。

中には樹木のような草もあるので、うっかり放置するととてつもなく厄介な地下茎を張巡らす。

 

一度放置(3ヶ月以上)すると、下草刈りは大仕事。

これが半年、1年単位になるとちょっとやそっとでは手に負えない地下茎で覆い尽くされる。

 

3年ほど前、1000平米ほどのスペースが背丈3メートルに達する数種類の植物のジャングルになった。

どれも棘だらけ。

およそ半分が地下茎。

これを2人で更地にする。

およそ1週間で刈る。

5ヶ所くらいに積上った植物を10日ほど放置して乾かす。

そして焼却。

何のかんので一月を要したが、わずか2週間で一面は新たに育つ緑で埋め尽くされた。

もちろん、これは新芽なので、除草は容易。

 

基本非耕起なので、ピンポイントで植える作物の周辺だけ除草する。

だが、その作業中、我々は実際、恐ろしく落ち込んだ。

 

たった数年前と比べても、植物の繁茂するエネルギーが半減。

いくら都市化の波の直中とは言え、ここは熱帯フィリピンなのに・・・。

 

北側にあるエネルギー源、大きな山から肥沃のエネルギーが流れている。

遮るように高速道路ができた。

その周辺は倉庫や工場。

さらにその周辺にこれから数千戸の住宅が立ち並ぶ。

 

所々残されていた緑のスペースは全て更地。

それでも、所々に畑があって、モザイク状にエネルギーラインは残っていたのだが。

 

一口に雑草というが、ほとんどの植物はなにがしかの役に立つ。

ヤギや水牛が好む植物、豆科は地中の窒素固定菌を増やす。

防除に役立つ植物もあり、必要に応じて除草した植物も緑肥や草マルチング素材になる。

旺盛なエネルギーが高速回転しないと追いつかないサイクルが普通にあった。

 

この強力なエネルギーは作物にも同じように働く。

だから、地力の強さは農業の基本。

熱帯の場合、それが手に取るように分かる。

 

フィリピンのボロ(山刀)

地域によってカタチが違うが、バタンガスではこのカタチが多い。

これで草刈りはもちろん、少々の樹木も切り倒す。

先端部は農作業の耕作にも使える。

 

温帯や寒冷地の農業はそれと違うが、エネルギーは速度だけではない。

深みのあるエネルギー密度が重要。

どの場所であれ、都市型インフラが進めば進むほど、確実にダメージがある。

 

緑のエネルギーが乏しい場所に住んでいる人間はどうか?

子どもは元気なようだが、間違いなく老化が早まる。

確実に疲弊しているのである。

 

緑。

地力。

境目のない公平なエネルギー。

 

20世紀の都市化は地上に地獄をつくりたい。

 

海風。

山風。

立ちはだかる巨大堤防。

 

住民も動植物も無視。

海洋も河川が運ぶ非物質エネルギーも無視。

つまるところ、生命環境に無関心。

 

こんな仕組みにいつまで従えというのか?

 

 

コンクリートの隙間に生える小さな植物に問いかける。

 

何の返答もない。

 

排水溝の隙間で生きる小さな植物をこそぎ取った。

 

実に虚しく、悲しい気分になる。

 

・・・
Mind of the Earth Batangas
【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】
https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7


【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

超高圧プレス

 

春本番、空気が心地よい。

地上世界は穏やかである。

 

しかし、もう一つの流動する世界は間近に迫った最終局面に向かって激走中。

例えるなら暴走列車。

最高速度を超えてブレーキは一切機能しない。

レールはきしむ。

そして、その先でプッツリちぎれている。

 

高速列車の軌道も、高速道路のエンドも、あるはずの橋桁がない。

ゴッサムシティーのようなどす黒い鋼鉄のビル群へ向かって一直線。

何が起こるのか?

加速度がついたまま巨大な鋼鉄の壁に激突するのである。

 

 

誰が?

 

次元変化についていけない意識体。

 

例えば、平和は軍事力で維持できると考える人。

経済的寡占を追求するのが正しいと考える人々。

早い話、油ダポチ、カザールマフィア、カバール、グランチ、ネオコンとかと考えを一にするもの。

 

当たり前だが、人それぞれ、意識の中の風景が違う。

同じ地球の何処かの街の隣り合わせの住人でも、ひとりひとりの意識の中の風景は違う。

一つ屋根の下、夫婦、親子だろうと、ひとりひとりの意識の中の風景は違う。

 

激突に向かって加速する連中の見ている風景は、かつてないほどのスピード。

まるで空を飛んでいるかのように快適である(かも知れない)。

しかし、これまでの長き、置き去りにした無数の生命や環境の残骸に思いは至らない。

随分昔に忘れてしまった。

 

つい最近、見殺し同然に切り捨てたのに、余りの速度に顧みる暇すらない。

東芝のトップや、日本郵政、盗電トップなどは目前に鋼鉄の壁が立ちはだかっているのにまるで見えていない。

 

仮に予想はできても、まだ、加速しなければいけないと真剣に願っている。

運命を共にするしか方法のない中の人は、外の風景を見る小窓すらない潜水艦の乗組員である。

気づく間もなく終わってしまう。

 

 

日本の偽内閣も同じ。

アゲインストな情報は全て遮断されているので、気分は上々。

まだまだやれる。

日本のために世界のために俺の存在は必要だと、テンションが上り詰めた時点ですべてを失う。

 

数年間なら止まれる人もいた(かも知れない)。

10年単位で過去に遡れるなら、相当数の人間が救われた(かも知れない)。

だが、この人たちを救う、救わないにはまったく関心がない。

 

なぜなら、彼らは内なる意識が不過疎的に崩壊過程に入っているのである。

自分で自分を打ち消し始めた以上、外部から手は出せない。

 

 

当ブログ管理者には真っ黒なかたまりが真っ黒な鋼鉄の壁に向かって猪突猛進しているように見える。

 

可能な限り近づいて見る。

そのかたまりはまるで暴風雨の直中。

誰もが周囲にある突起物にしがみついている。

手を離すと途端に遥か後方に吹き飛ばされて見えなくなる。

数百メートル、いや数キロにも及ぶ車列の後方は巻上った砂塵で真っ黒である。

 

よくよく見ると、確かに前進はしているが、実際は超強力な吸引装置に吸われているようにも見える。

彼らは過去に吸引されながら、崩壊に向かうのである。

自らが冒した罪状に応じて引き戻された過去に意識を奪われながら・・・。

 

 

では、この暴走を止めたらどうなるか?

中の人が「一抜けた」と、車列から飛び降りたらどうなのか?

 

ズーッと後方へ移動して真っ黒な砂塵に突入し、様子を観察する。

将棋倒しのまま、圧縮され、押しつぶされていく意識体。

猛烈な圧力、瞬時に意識体がペシャンコ。

 

意識体は原型を留めず、バラバラになって別の意識体に激突しては後方に吸い込まれていく。

遥か前方から意識体が次々に飛んで来る。

とてもじゃないが途中下車は無理。

 

さらに後方では、人間らしい姿形をした意識体が車列につかまり足下を心配しながらも何とかしがみついている。

トコロテン方式なので、いずれここにも押しつぶされた意識が飛んで来る。

 

さらに後方には、何かにつかまらずとも立っていられる通勤ラッシュのような車列がある。

みな、不機嫌極まりない顔で、いつ停車するとも知れぬ列車に揺られている。

 

 

言うまでもないが、前方へ行くほど宇宙レベルの重罪人。

真ん中から後方はいわゆる金魚の糞である。

 

物理世界の様相は何でアレ、崩壊は個々の意識世界で始まっている。

否定されたのは20世紀的価値観。

政、経、学、産、医、薬、軍などなど、全ての領域に渡って完全否定。

 

それを感じ取った人は、できるだけ手遅れな価値観に触れないように注意深く暮らしている。

むろん、物理世界では1ミリも接触しないで生きるのは無理だが、接触度合いが深いほど意識の最奥部で風の音が聴こえる。

 

果てしない空洞に空気が吸い込まれていく音である。

この音を感じたら、また一つ、20世紀的価値観を手放さなければいけない。

 

 

一時的には不遇である。

収入も減るだろうが、生命環境から離脱したら、あの真っ黒な車列の後方に繋がれる。

 

繋がれた途端、自暴自棄な意識に満たされる。

この期に及んで前方の車列を目指して屋根に乗り移る人間もいるかも知れないが、まさに自殺行為。

 

この車列は20世紀的(偽油ダ屋的)残骸を吸着し、一筋の砂塵になって最終的に壁に激突する。

 

激突によって、汚物処理とゴミ掃除が終了。

なぜなら、物理世界のゴミ、原発廃炉だけでも大変である。

だが、それ以外の意識世界のおびただしい汚物をこの次元に残したままでは次の地球は再建不可能。

 

 

これまでの意識ゴミがあらゆる災害や不幸を撒き散らした。

これら不要な遺物は意識の持ち主(自己責任)と一緒に処分される。

 

真っ黒な鋼鉄の壁は超強力なプレッシャー(高圧プレスマシン)である。

これでリセットされたら何もかもオシマイ。

キレイさっぱり消えて無くなる。

 

・・・
Mind of the Earth Batangas
【NGO : マインドオブデァース・バタンガス】
https://goo.gl/photos/jdqpimnqk8ssQmkC7


【NGO : マインドオブデァース・ジャパン】
http://sanrix.jp/mephilippines/index.html


電子を放出/世界初!空間還元型空気清浄機。
【e-bless】
http://www.sanrix.jp/ebless/index.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。