悲喜籠もりの綴り場

 ひ  き  こ

視界からちょっとはみ出た世界がここ

テーマ:
「君のこと
 大嫌いだ」と
大声で
叫んで電車を
止める木の鼻




私が作った
最後の短歌だ。

あの日から一度も
短歌は作っていない。

そもそも私がどうして
短歌を作るようになったのか。

それは日記が
きっかけだった。

私はある日急に
日記を始めたのだ。

理由は
忘れちゃった。

大した理由では
きっと無いと思う。

そしていざ私は
日記を書こうとした。

でも何を書いたらいいか
まったく分からなかった。

起きてから寝るまでのことを
長ったらしく書くわけにもいかない。

その時にパッと
思いついたのが短歌だ。

そうだ、5・7・5・7・7で
その日の出来事を綴ろう。

その日一番印象に残った事を
毎日、短歌として書き残すんだ。

こうして
短歌の日記が始まった。




丸い月
見てたら段差に
つまづいた
月も段差も
悪気は無いよね




撫でようと
しても逃げない
野良猫さん
小さな幸せ
いつもありがと




好きだった
本屋が潰れて
悲しくて
紙の匂いを
思い出してた




ただ素直に
短歌を書いてた。

その日で一番
頭に残ったこと。

それを
書き残した。




雑貨屋さん
使いづらいと
知ってても
変な色のペン
つい買ってしまう




傘さすか
傘ささないか
迷うくらい
微妙な小雨
私はささない




挑戦だ
期間限定
マンゴー味
美味いかどうか
一か八かだ




こんな感じの
日記ばっかり。

ちなみにだけど
マンゴー味は美味しかった。

私は毎日
日記を書いた。

そしてそのうち
変化が起こったんだ。

素直でしかない
私の短歌が変わった。

気付いた方も
いるかもしれないが。

私の短歌には
他の人が出てこない。

出てくるとしたら
きっと野良猫くらいだ。

そう、私には
友達がいなかった。

イジめとかが
あるわけでもなく。

ただ単に
友達がいない。

私は
そういう子だった。

そしてそのことを
苦とも思っていなかった。

ただ、ある日
日記を見返した時。

他人事のように
寂しそう、と思ったのだ。

別にネガティブな事を
書いていたわけでもない。

でも何故か
思ってしまったのだ。

その日から私の短歌は
素直なものではなくなった。

少しずつ空想が
混じりだしたんだ。




オススメと
君が言うから
読んでみた
同じ世界を
共有したくて




ホットでも
アイスだとしても
最後には
適温になる
君の注ぐ味




雨宿り
初めて君と
ふたりきり
今だけ太陽
来なくていいかも




イタい子だとは
思わないでほしい。

これは完全な
空想や妄想では無い。

最初の君は
書店員さんだ。

『書店員オススメ』
って書いた本を買っただけ。

二つ目の君は
カフェのマスター。

美味しいコーヒーを
いつも入れてくれるおじさん。

最後の君は
最後の君は……。

それはまぁ
空想なんだけど。

雨宿りをしたのは
本当だからいいんだ。

そして私の空想は
エスカレートしていく。

もはや日記では
無くなってしまう。




モグラから
手紙が来てた
最近は
固めの土が
増えてるらしい




笑う木に
なんで笑うか
聞いてみた
虫が家賃を
払うかららしい




歩道橋
踏むな踏むなと
うるさくて
いつも私は
下を通った




モグラから手紙なんて
本当は来てなんかいないし。

木に対して
喜怒哀楽を感じたこともない。

そして私は普通に
歩道橋の上を渡ってる。

全てが空想に
なってきてしまった。

でもそれで
いいのかもしれない。

日記の中の私にくらい
メルヘンな世界を生きてほしい。

なんにもない
現実の世界よりもね。




雨達が
重力無視して
上ってく
何か忘れ物
雲にしたみたい




カレンダー
めくるとイテテと
漏らすから
いつまで経っても
私は一月(いちがつ)




蛍光ペン
夜空に向かって
なぞったら
下手なオーロラ
観測された




上ろうとしない
雨達にぶつかって。

六月と書いた
カレンダー見つめて。

夜空をなぞる蛍光ペンは
まるでインクが入ってないようだった。

また私は日記から
寂しさを感じてしまう。

空想と現実の差が
少し心を締め付けた。

日記なんて
始めなきゃよかったのかも。

少し後悔を
していたある日。

日記の私は現実に
グッと引き戻された。




うしろから
「僕もその本
 好きだよ」と
世界に足を
踏み入れた君




「この本ぜひ
 読んでみてよ」と
渡された
風船売りが
キスする話




初めてだ
人に感想
伝えるの
頭を開けて
見せてるみたい




これは
空想じゃない。

初めて
友達が出来た。

しかも
男の子だ。

私はその時から
空想を書かなくなった。

そして心に
決めたんだ。

今度また空想を
書いてしまった時は。

それは日記を
やめる時だ、と。

風船売りの話は
とても面白かった。

ある女の人に
恋をした風船売り。

風船売りは
その人とキスがしたかった。

そして膨らました風船に
キスの練習をすることにした。

だが、恋した女性に
それを見られてしまう。

風船しか愛せない
そんな変態だと思われる。

ずいぶんと
可哀相なお話だ。

もちろん最後は2人が
ちゃんと結ばれるんだけどね。

やっぱり
ハッピーエンドが一番。

小説も現実も
全てがそうだ。

でも現実は
そうはいかなかった。




不思議だな
一人で読んだ
はずなのに
一緒に読んだ
みたいになってる




いつの間に
私の好きな
本ランキング
君が勧めた
本ばっかりだ




引っ越すと
君に言われた
まだ君と
本の話しか
していないのに




どうやら私は
また一人になるみたい。

大好きな本を
涙で濡らしてしまった。

涙から避けさせる
そんな余裕すら無かった。

もっと色んな話を
すればよかったなぁ。

いや今でも
間に合うはず。

来週引っ越すらしいから
今週のうちにいっぱい話そう。

本の話や
本以外の話も。

いっぱい
いっぱい。

いっぱい
話すんだ。




オムライス
猫・冬・水色
そして本
君の好きなもの
いっぱい聞いた




小さい頃
手の甲を噛む
癖があり
今だにちょっと
傷あるらしい



本を読む
きっかけは絵本
母親が
ピノキオをよく
読んでたらしい




まだまだ
聞き足りない。

でももう
別れの日だ。

私にとって
初めての友達。

いや、もしかしたら
これは恋かもしれない。

そんな風にも
思ったけれど。

それはもう
どっちでもいい。

私は駅まで
見送りに行った。

目の前で泣くなんて
恥ずかしかったけれど。

私は
泣いた。

最後の最後は
何も言えなかった。

君は電車に
乗り込んだ。

私にこの電車を
止める力があったなら。

今すぐにでも
止めてしまっただろう。

そして私は
その日も短歌を書いた。




「君のこと
 大嫌いだ」と
大声で
叫んで電車を
止める木の鼻




君が本を読むようになった
そのきっかけの本がピノキオだ。

もしも私が
ピノキオだったら。

一番大きな嘘をついて
今までで一番鼻を伸ばして。

その鼻で電車を
ストップさせるんだ。

行き先を
塞ぐように。

塞ぐように
塞ぐように…。

そして私は
短歌をやめた。

また空想を書いた時は
やめる時って決めてたからね。

日記も
もうここまで。

誰にも見られないように
引き出しの奥にしまっておく。

奥の奥の
一番奥にね。

風船とのキスよりも
見られたら恥ずかしいから。




そして
数ヶ月が経った。

私は今日も
ペンを走らせる。

それは
日記ではない。

君への
お手紙だ。

少し空想を
混ぜて送ります。

そういえば日記を
始めた理由分かったかも。

私はきっと
変わりたかったんだ。

日記で自分を知れば
変われる気がしたんだ。

実際に変われたかどうか
それは正直分からないけど。

日記を書いて
良かったと思う。

現実の私と空想の私
二人の私がいるって分かった。

現実の私「ポストに入れて、送ります」
空想の私「モグラに渡して、送ります」

さぁ届け。

ポストからでも
モグラからでもいいから。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
5/10~6/14に見た映画を挙げます

ご覧ください



・シンプル・シモン
・ゲーム
・ゴーン・ガール
・ロスト・ボディ
・ムーンライズ・キングダム
・サイド・エフェクト
・ゾディアック
・小さな恋のステップ
・頑張れ!グムスン
・イノセント・ガーデン
・ソロモンの偽証 前編
・パニックルーム
・僕のピアノコンチェルト
・ソロモンの偽証 後編
・パンチドランク・ラブ
・ヘッドハンター
・ナタリー
・愛してる、愛してない…
・ジャッジ 裁かれる判事



全部で19本です

では個人的なベスト6を書きます

6本好きなのがあったのでベスト6となっております

ご覧ください



1.ゾディアック
2.サイド・エフェクト
3.ヘッドハンター
4.イノセント・ガーデン
5.ジャッジ 裁かれる判事
6.ゲーム



こんな感じです

続いてはベスト6の感想です

ご覧ください



・ゲーム

実業家のニコラスが48歳の誕生日に、弟からCRS社主催のゲームの招待状をプレゼントされる。そのゲームに参加してから次々と奇妙なことが起こりはじめる。という内容ですね~。どんどん色んな出来事が起こるので、最後まで飽きずに見れます。ただ結構ムチャクチャな展開なので、あまり真面目には見ないほうがいいかもしれません。面白いですが、もう少しリアリティある話のほうが僕的には好みですかね。監督がデヴィッドフィンチャーなので、撮り方はかなり良くて、そこも飽きないポイントになってます。ワクワク感ドキドキ感は最後まであると思います。



・ジャッジ 裁かれる判事

弁護士ハンク・パーマーは絶縁状態の父ジョセフが殺人事件の容疑者として逮捕されたことを知る。父が殺人など犯すはずがないとハンクは弁護を引き受ける。という内容ですね~。サスペンスの所にあった作品ですが、だいぶ人間ドラマな部分も大きいです。人間関係や内面的な部分をじっくり描く映画は個人的には少し苦手なんですが、ちゃんとサスペンスな部分を残してくれてるので、そのお陰で集中して見れたかなと思います。けっこう心に刺さってくる話でした。本筋の事件以外にも関係ないところで複雑な人間関係があったり、飽きさせない演出がしっかりしてる。素直に良い作品だった。



・イノセント・ガーデン

大きな屋敷に暮らしている少女インディア。自身の誕生日に、愛していた父親が交通事故で帰らぬ人となってしまう。彼女は母と葬儀に参列すると、そこへ行方がわからなくなっていた叔父のチャーリーが突如として姿を現わす。という内容です~。主役のミア・ワシコウスカが凄く美人さん。監督はJSAやオールドボーイを撮った韓国の人で、ハリウッドは初挑戦。映像の撮り方がほんとにうまくて綺麗。あまり複雑なストーリー展開とかはなく、ただただ狂気的な面がじんわりじんわりと滲み出てくるような物語なんだけど、良かった。色合い、映像美、狂気、色んな面が交ざりあって良い作品になってる。恐ろしいのに美しいものを見た感覚になる不思議な映画。



・ヘッドハンター

優秀な人材を引き抜く敏腕ヘッドハンターとして名をはせ、誰もがうらやむ美女と暮らしているロジャー。しかし豪勢な暮らしを続けるために、美術品を盗んでは生活資金へと変えていた。という内容です~。悪事を働く主人公がトラブルに巻き込まれて、どんどん色んな事が起こっていくノンストップなアクション映画です。物語のテンポも良くて、主役の俳優さんもなんとなく愛らしい見た目をしていて、すぐ映画に引き込まれた。中にはグロい部分、少しユーモラスな部分などがあり、そこのギャップは良かったと思う。謎があるまま進んでいくので最後まで飽きないし、ラストは少し出来すぎな感じだが、後味も良い。最初から最後まで楽しかったと感じる作品でした。



・サイド・エフェクト

金融マンであった夫が違法株取引で逮捕されたのを機に、以前に患ったうつ病を再発させてしまったエミリーは、交通事故や自殺未遂を引き起こすように。診察にあたる精神科医のバンクスは新薬のアブリクサを投与する。症状が快方に向かっていたある日、事件が起きた。という内容です~。主役のルーニーマーラー目当ても少しあって、見た作品なのですが、思った以上に話がよく出来ていて驚きました。サスペンスとして凄く好みな作りになっていました。少し不可解に思った部分がしっかり後半で解決されたり、良い作りでした。最後はどう物語が落ち着くのか、ギリギリまで分からない作りなのもいいですね。途中で飽きない作品が一番です。おもしろかった。



・ゾディアック

1969年、自らをゾディアックと名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送り付けてくる。という内容~。いやーー面白かった。約160分という長編なんですが、その長さを感じさせないくらい、話がぎゅうぎゅうに詰まってます。これは実在する『ゾディアック事件』を丁寧に描いていて、160分でも表現し足りないんじゃないかってくらい、内容が詰まっている恐ろしい事件です。僕は、実話がベースの話が凄く苦手で、現実感のある重々しさを受けとめることがなかなか出来ないんです。でもこの話は現実とは思えない異質さがあって、重々しさ以上に物語が二転三転していく様子に目を奪われました。もちろん現実感というのもあります、理不尽さ、理屈の無さ、というのが逆にリアルさをかもしだしていたり。本当に怖くて不思議な事件です。ずいぶん前の事件なのに、いまだに新しい容疑者が現れたりしてるんです、なんなんでしょうね。特典映像では撮影風景の様子とかがあり、映画で演じてる役の本人から意見を貰ったりしてる様子もあって、本当にリアルに丁寧に作ってることがわかります。見終わった余韻も長かったです。現実の怖さを知る。長編なので最後まで集中して見れるかどうかが鍵になると思います。僕は最後まで集中して見れました。良い作品だった。



という感じでございます

良い作品が多かった

面白いサスペンスは見尽くしたかな~と思ってたけどまだまだある

ではラストは残りの見た映画の感想です

こちらは短くサラッと書きます

ご覧あれ



・シンプル・シモン

アスペルガー症候群の青年の話。とにかくインテリアがお洒落。めっさお洒落。視覚的な部分はすごく好いですが、物語としてはぼちぼちという感じ。アスペルガーの大変さは凄く伝わります。

・ゴーン・ガール

今見ているドラマで全く同じようなストーリーのドラマがあるので楽しめず。あのドラマはこの映画を本気でパクったのかな…どうなんだ…? なんの情報もなく見たらきっと楽しめたのに残念。

・ロスト・ボディ

物語はサスペンスとして結構レベルが高い。なのに演出とか撮り方ですごく安っぽくなってる。退屈に感じる部分がやたら多かったのと無駄なホラー演出、うーん。ラストは「おーー」ってなったけど、この脚本をもっと良い監督が撮ってたらな~と思った。

・ムーンライズ・キングダム

とにかく可愛らしい。女の子や少年、服装も映像全てが綺麗。そこまで集中しなくていいストーリーなので逆に映像を楽しめる、そんな作品。でもどうしてもそういう映画は見てて少し眠くなってしまう。癒し系すぎるのも問題。

・小さな恋のステップ

イ・ナヨンがめちゃくちゃ可愛い。物語はまぁほのぼのとした感じ。後味も良かった。

・頑張れ!グムスン

なんじゃこりゃ!しか言えない内容。演出の古さが逆にシュール

・ソロモンの偽証 前編&後編

まとめて感想書いちゃいます。前編では結構引き込まれて、宮部みゆき原作の映画にしては珍しく当たりかなと思ったんですが、後編がイマイチでしたねえ。ここまで引っ張っといてこんな終わり方か~という感じ。関係ないけど登場人物である柏木君のモノマネが出来るようになりました。あの喋り方はなんか癖になる。

・パニックルーム

期待してたサスペンスとちょっと違ったかな。先の読めない作品が好みの自分としては、こういう結末なんだろうな~とイメージ出来てしまう作品はちょっとイマイチに感じる。ジョディフォスターの格好がやけにセクシーなので、そこは注目。

・僕のピアノコンチェルト

王道、というとちょっと違うかもしれないが。天才が天才であることを悩む展開は多いパターンだと思う。少年の心の内、そして才能、うまく表現していて無駄が無かったように思う。ただ両親は、ちょっとあまりにも才能に固執しすぎてるように感じたし、見てて怖さがあった。暗い部分と明るい部分が極端な映画だったかな。でも万人に勧められる映画だと思う。

・パンチドランク・ラブ

始まり方だけ見ると凄い好みっぽい映画の始まりなんだけど、中身はなんじゃこりゃ!でした。二回目のなんじゃこりゃ

・ナタリー

普通の恋愛映画かと思ったら、やたら重たい展開だった。でもそれは前半だけで後半は、しっかり恋愛映画という感じ。後味もいい。

・愛してる、愛してない…

恋愛映画に見せ掛けて少しサスペンス要素のある映画。でも本当はただの恋愛映画として見るくらいが丁度いいのかも。サスペンスとして見たら弱い展開で肩透かしをくらう。ということでこの感想は一旦忘れて恋愛映画として見るべし。



以上ですー

結構映画見たい欲がまた高まってきていて、どんどん映画見たい

自分が入ってみたい世界をいくつも見つけていくことで、思考の逃げ道が増えていく気がします

良いことでもあり悪いことでもある

とにかく映画は良い

では
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
色んな大喜利サイトでの、自分のボケを載せます

まずは

大喜利PHPというサイト

お題が出題されてから3分以内という時間制限でボケるサイトです

最近リニューアルされまして、ちょいちょい遊んでます

票数が良かったボケがこちら



【お題】

タクシー運転手が激怒。なぜ?

【回答】

信号機に座る旅人

(8票)



【お題】

北海道は______である

【回答】

肩車されてるから上

(4票)



【お題】

百獣の王からのアドバイス

【回答】

椅子を発明して終わったな

(7票)



【お題】

3回くらいでやめたほうがいいこと

【回答】

焼き鳥を縦に食う

(5票)



【お題】



【回答】

雀荘で間違ったアドバイスしてくる

(4票)



【お題】

この先は地獄だなーっと思った理由

【回答】

生えてるのが草か手か分からなくなってきた

(5票)



【お題】

やわらか戦車についての間違った情報

【回答】

おでんから追放された

(6票)



【お題】

「ママ友とランチ」の対義語

【回答】

大工と連れション

(6票)



【お題】

ファンタグレープが必要な理由

【回答】

点滴野郎からの卒業

(4票)



【お題】

この遺跡、ちょっとふざけてるな。どんな遺跡?

【回答】

野原ひまわりがタタタタタタと破壊してる

(5票)



【お題】

お母さんが徹夜でしてたら嫌なこと

【回答】

星にブラジャーとか

(5票)





こんな感じです

ついでに酷いボケも少し載せて供養しておきます

供養タイム



【お題】

中居正広が急に死にそうになって一言

【回答】

やびゃ

(2票)



【お題】

こんなファミレスはイヤだ

【回答】

堀内健バーグを作るの

(1票)



【お題】

治安が悪すぎる国のあるある

【回答】

明石家ハンマーがおるおる

(2票)



【お題】

こんなつよしは弱い

【回答】

うんこの重力が逆で死ぬ

(0票)



【お題】

ONE PIECEが原作なのに全然売れなかったゲームの内容

【回答】

お好み焼きに「ドン!!」の擬音がついてて、生焼けだ

(3票)



【お題】

「このパフェ、なんか変だな」 一体何があったんですか?

【回答】

無い人の横顔を再現してるが、或る人だこれは

(0票)



【お題】

カッコ悪い職業の名前

【回答】

お餅大好きおじさん

(0票)





以上です

やびゃ、が一番酷い

真面目に考えたけどね



続いて

ボケ問答、というサイトです

こっちは15分という時間制限です

なので先ほど載せたのより、長めのボケが多いです、文字数がね

比較的良い評価だったやつを載せます

ご覧ください



【お題】

「さてはコイツ主人公だな」と察した瞬間

【回答】

そいつが入ったタイミングで男湯と女湯の のれんが入れ替わる



【お題】

サッカーにこんなルールを追加してはいけない

【回答】

「妊婦が見てる場でドリブルは不謹慎だぞ」と存在しない不謹慎を作ってもいい



【お題】

普段笑わない人が3時間爆笑しっぱなしだった。何があった?

【回答】

吹いても吸っても鳴らない楽器だった



【お題】

駆け込み乗車ラブストーリーの内容

【回答】

キヨスクからおばちゃんのGoodしてる手が出てる



【お題】

こんなヌーディストビーチは嫌だ

【回答】

「あのな、足袋は俺にとっては皮膚でな」とキレてる大工がいる



【お題】

ヤンキーが受験勉強を始めた理由

【回答】

門の向こうから安全にメンチ切られた



【お題】

友達にしてもギリギリ許されるイタズラ

【回答】

「えんま大王様のシャクを取り返すでごんす~」と言いながら靴べらを奪っていく



【お題】

踏切の遮断機に書かれていた意味深なメッセージとは?

【回答】

シリアル行きの牛乳通ります、なーんてね今は夜



【お題】

「ボーカル、ギター、ベース、ドラム、ボーカルのお母さん」で構成されているバンドの特徴

【回答】

「階段担当~~~!」の紹介でうるさく上がって来る





さて

続いては、ぼけましておめでとうございます、というサイト

ここは特に制限時間は無く、長考できる大喜利サイトです

ひとつのお題に2つ回答をすることが出来るリーグ制のサイトになっております

ということで、ひとつのお題につき二つ回答を載せます

ご覧ください




【お題】

「あ、この拷問だったら全然平気」
どんな事されたの?

【回答1】

速いチャーハンが目の前で急ブレーキする

【回答2】

電気みたいな女とセックスする




【お題】

ゾンビになって1ヶ月。
今どんな感じですか?

【回答1】

喫煙席ならいいか、みたいな扱いが多い

【回答2】

女に好きと告白したら「なった勢いで」のと思われた



【お題】

「時間よ止まれ!」
なんで?

【回答1】

「そのままガラスが割れた感じになれ!」と言葉の力だけで編集してる

【回答2】

このままだと全身でハンモックから降りるしかない



【お題】

__________に憧れてこの世界に入りました!

【回答1】

地図見ると、胸ポケットのネズミも一緒に地図見るの

【回答2】

猿の歓迎




【お題】

そのフィギュアスケート漫画、中学生編まで読み終わっての感想は?

【回答1】

猫を追い掛けた程度でそこまで成長すると思うな

【回答2】

下校のチャリのほうが良い疾走感出せてるってどうなの





こんな感じです

色んな大喜利サイトがありますね

少しでも興味がある方はぜひ覗いてみてください

以上~~
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
たまには自分のゲーム実況を宣伝してみたり

【単発実況】ずっとモノマネしたまま『夏の駅』を実況プレイ【脱出ゲーム】

見所を二つ挙げます、レパートリーがどんどん尽きていく様子、ゲームの進展の無さ、です

10分ほどの動画なので気楽に見てみてね

(^-^)
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
4/16~5/9の間に見た映画を羅列します

ご覧ください



・(500)日のサマー
・ラッキーナンバー7
・未来世紀ブラジル
・ウォルト・ディズニーの約束
・つぐない
・バンテージポイント
・名探偵コナン 業火の向日葵
・バッファロー'66
・ハンガー・ゲーム
・インターステラー
・ライアー
・レッド・ライト
・予告犯
・ヒックとドラゴン
・パッセンジャーズ
・ビッグ・リボウスキ
・消されたヘッドライン
・裏切りのサーカス
・しあわせの雨傘
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・JSA



見た映画は21本です

この中で特に好きだったものが7本なので、ベスト7を挙げます

こちら



1.インターステラー
2.ヒックとドラゴン
3.レッド・ライト
4.ラッキーナンバー7
5.JSA
6.予告犯
7.バンテージポイント



僕の順位はこんな感じです

では感想を書いていきます

ご覧ください



・バンテージポイント

大統領が暗殺される場面を8人の目撃者による8つの視点で追うサスペンスアクション。 おもしろかったです。8つの視点を順番で見ていく映画、つまり同じ時系列のシーンが8回も繰り返されます。なので少し退屈に感じる場面ももちろんあります、ですが、謎が徐々に明かされていく構成なので充分楽しめます。自分はこういう作りの作品はホント好みです。謎が明らかになる部分も、全て視覚的なものなので、サスペンスにありがちの難しさも無いです。アクション要素が強めかもですね。最近見た映画の中だと凄く分かりやすい作品だなーと思いました。



・予告犯

新聞紙で顔を隠した男が動画を投稿する。その内容は、食中毒事件を起こしながらも誠意を見せない食品加工会社への放火予告だった。そして新聞紙の男は次々とそのような予告動画を投稿していく。~という内容ですね。前半コメディ後半シリアスという印象で、なかなか好き嫌いが分かれそうな内容でしたが、僕は出演者のメンツもストーリー内容も好きでした。ただ、警視庁の捜査官役が戸田恵梨香だったのは、うーん、という印象があります。僕はこの作品の監督である中村さんは結構信頼していて、あまりハズレの作品が無いイメージです。他に中村さんが監督の作品だと、白ゆき姫殺人事件、ゴールデンスランバー、アヒルと鴨のコインロッカーなどなど。良い作品が多いです。こちらは原作は漫画らしいので、かなり展開も漫画的ではありますが、おもしろかったです。



・JSA

韓国映画です。あらすじはちょい難しいので、僕なりにアホみたいに説明します。北と南が仲悪くて、その真ん中の共同区域で射殺事件が起き、北と南でその事件の陳述が異なる、という話ですね。南と北、そして中立な立場の捜査官、それぞれの感情が入り乱れてて、面白いけど疲れもきました。韓国映画はレベルが高いという意見を何回か見たことがあったので、いつかは見たかった作品です。終わり方は韓国映画らしい感じ。レベルの高さは凄く伝わるが、凄く考えとして不思議な部分もあった。特に特典映像で出演者たちが口を揃えて「ユーモアにあふれた作品」と言っていたのは謎だった。日本人にはユーモア要素が伝わらないと思う。話としては面白く、サスペンスとしての出来はかなり良い作品でした。



・ラッキーナンバー7

ニューヨークにやってきた青年が、友人に間違えられ、大物ギャングのボスに拉致されてしまう。という物語です。展開が早く、最後までどんどん進んでいくので飽きが来ないし、凄く分かりやすいサスペンスになってて、万人ウケするタイプの映画かなーと思いました。撮り方も好みで、あとルーシー・リュウが初めて可愛く見えました。面白かったです。



・レッド・ライト

とある科学者の二人は、超常現象の科学的究明に没頭していた。そんなある日、30年前に引退したはずの超能力者サイモンが復帰し、世間を騒がせる。というストーリーです。日本のあの仲間由紀恵がやってる「トリック」みたいな内容ですね。超能力の嘘を見破るという感じのストーリーですが、終わり方はなかなか賛否分かれるかなと思います。決して評判が高いとは言えない作品ですが、僕は始まりから丁寧に作られた物語と感じたし、主演のキリアン・マーフィも好きなので、かなり楽しめました。日本のトリックが好きな人は好みだと思います。もっと評判良くてもいいんじゃないかな。



・ヒックとドラゴン

人とドラゴンの戦いが続いているバーク島。ある日、少年ヒックはケガをしたドラゴンと出会い、こっそり友情を育んでいく。という物語。かなり王道っぽいあらすじですけども、全体の内容もかなり王道です。王道過ぎるくらい王道なんですが、それを現代の綺麗な絵で、なおかつ粗という粗を無くして作ると、ここまで面白い映画になるんだなーと思いました。異常な評判の高さだったので結構ハードルを上げて観ましたが、越えてくれました。頼りない主人公がだんだん周りに認められていく、っていう少年漫画によくあるパターンは鉄板だなと思います。NARUTOだったりアイシールド21だったり。凄く良いです。あとこの映画で気付いたことは、嫌いなキャラが居ないってのを僕は映画に求めてるのかなと思いました。性格悪いけどなんか憎めない、みたいなキャラはやっぱ良いなーと思います。すごい嫌なキャラが居たとしても、ちゃんと後半で懲らしめられる、みたいな展開なら許せるんですけどね。そういう意味でこの映画はホントにマイナスな点が無かったです。少し主人公のお父さんが腹立つ場面もありましたが、まぁ展開的には仕方ないかな。誰にでも勧められる一本です。



・インターステラー

近未来、地球規模の食料難と環境変化によって人類滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな時、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜擢される。というストーリー。最初まったくあらすじも知らずに観たので、画像のイメージだけで宇宙飛行士の話だと思っていたが、そんな単純な話では無かった。もちろん宇宙のシーンもこの映画にはあるが、そこに至までのプロセスや、細かい設定、先の読めない展開、もう、とにかく凄かった。この映画を観るまで僕の生涯で一番好きな映画はキサラギだったが、塗り替えられてしまった。インターステラーこそトップの映画。とにかく話のスケールがどんどん大きくなっていく様や、細かい伏線の数、会話のひとつひとつ、良いと思える部分がいっぱいあります。最後この映画を観終わった、頭が真っ白になるんです。うわー……凄いものを観てしまった…となる。物語の脚本だけでも百点なのに、映像・CGもすごく説得力がある見た目だし、キャストのアン・ハサウェイも可愛いし、凄かったです。もしかしたら自分の中で、この映画を越える映画には出会えないのかなーと感じる作品でした。



という感じです

続いては、残りの感想をさらっと書いていきます

ご覧ください



・(500)日のサマー

女の人が凄く美人なんですが、あまり人間性が良くない役。見てて飽きはしなかったけど、嫌なものを見せられた感覚はありますねえ。

・未来世紀ブラジル

グロくて不気味なファンタジー。いやー不気味だった

・ウォルト・ディズニーの約束

メリーポピンズの作者に焦点をあてた、多分実話を基にした物語。こんな気難しい人だとは知らなかったし、こういう裏側を知れたのは面白かったけど。あまりにも気難しい人過ぎて「なんだこの人は…」と思ってしまったのも事実。でも後味はとても良かったです。自分の作品にここまで愛情をもてるメリーポピンズの作者、それはそれで良いことだなと思いました。

・つぐない

前半は凄く好みな演出と展開、でも後半はかなりシリアスで暗く、あまり楽しめなかった。後味もあまりよくないかなー。

・名探偵コナン 業火の向日葵

うーん酷かった。コナン映画は出来悪いのが続いてる気がする。多分自分の中でベイカー街の亡霊を越えることないかなー。ネタバレになるからあんま詳しく言えないけど、ゲスト声優とか、もうやめてー。

・バッファロー'66

ボーリングしてた

・ハンガー・ゲーム

ハンガーゲームが始まるまでの物語がかなり長かったんですが、正直そこが一番面白かった。ハンガーゲームが始まってからはなんかイマイチ。ルールめちゃくちゃだったり、戦いのアクションとか期待してたら、そういうの全然無かったし、うーん。主役の子は美人。

・ライアー

基本的に会話劇。主演の俳優さんが好きで、内容も濃いサスペンスだったので楽しく観れましたが、終わり方はあまりよくないかな。細かいポイントを見逃すと「なんだこれ?」のまま終わってしまう。あとから調べてやっと完結するのは、映画としてはよくない気がするので、もう少しヒントは欲しかった。

・パッセンジャーズ

アン・ハサウェイ可愛い。終わり方は凄く僕好みの映画だったんですが、アン・ハサウェイの相手役の男性がちょっと受け付けなくて、こういうタイプ無理無理無理と思いながら観てしまいました。なので後半まであまり楽しめず、でした。ラストまで話を知ってると、全然男の印象も変わるんですけどね。映画のパターンとしてありがちな終わり方ですが、でも細かさも感じて、結構「おー…」と感嘆しました。あとね、アン・ハサウェイが眼鏡姿になるシーンが数秒だけあるから、見てくれ。眼鏡フェチにはたまらないはず。僕は眼鏡フェチなんで。

・ビッグ・リボウスキ

ボーリングしてた

・消されたヘッドライン

面白かったです。展開が二転三転して、どう着地するか最後まで読めなくてサスペンスとして良かったんですが。キャラクターにあまり魅力が無く、それぞれが少し嫌な性格をしていて、「みんな性格悪いな…」と思わせてしまうのはどうなんだろうと思いました。物語としては面白かったので、勿体ないなーと感じました。

・裏切りのサーカス

うーん難しかった。人の名前を覚えることや、それぞれの関係性を忘れないようにしてるうちに、いつの間にかもう物語が終わっちゃった感じ。国の背景や時代の背景をしっかり理解した上じゃないと楽しめない作品な気がするので、ちょっと無知な僕には向いてなかったかも。

・しあわせの雨傘

退屈そうな話だなーと思って見始めた割りには楽しめました。旦那の言いなりにしかなってなかった奥さんの、攻撃パートのような部分は見てて気持ち良かったです。嫌なキャラが多い分、苦手なシーンも多かったですが、後味は良くて、結構魅力的な映画に感じました。

・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ファンタジー作品です。ちょっと世界観を消化出来ないまま物語が進んでいってしまった感があります。それなりに楽しめたといえば楽しめたんですが、もうちょっとワクワク出来るファンタジー物を期待しちゃってましたね。加藤浩次さんが重要キャラの声優をやっていて、なかなかハマってたと思います。まぁちゃんとした声優さんがやるほうが良いのかなーとも思いましたが、芸人さんにしては邪魔してないほうかなと思いました。木のキャラは好きになります。



ということで以上、映画の感想でした

ではでは
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。