悲喜籠もりの寝室

 ひ  き  こ

視界からちょっとはみ出た世界がここ

テーマ:

ドラえもん

 

ドラえもん2

 

アンパンマン

 

アンパンマン2

 

ドラゴンボール

 

マリオ

 

マリオカート

 

伝説の剣

 

アメトーーク (2コマ漫画)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

桃太郎

 

ウサギとカメ

 

浦島太郎
 

シンデレラ

鶴の恩返し

 

 

赤頭巾

 

ランプの魔人

 

 

かぐや姫

 

 

笠地蔵

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラマ・映画・アニメ・小説・ゲームなどなど……色々な形で物語を見る機会がある中、最近は漫画をよく見てます

漫画が一番気楽に見れる感じがする

アニメは特にかなり気合いを入れないと見れない感じありますね、シュタインズゲート以来ちゃんと見れてる作品が無い

あとドラマに関しては元々全く見てなかったんですが

初めてリアルタイムでちゃんと全話見たのが一昨年くらいで、それから毎回ひとつの期ごとに2作品ずつくらい見るようになりました

ちなみに過去を遡って調べたんですが、初めてリアルタイムで全話を見たのは2015年10月~12月の相棒season14です、反町隆史が相棒になった時のやつです、反町の演技が面白すぎて何回か爆笑しました

そのシーズンからドラマを見るようになって

2016年1月~3月では『スペシャリスト』と『臨床犯罪学者 火村英生の推理』

2016年4月~6月では『重版出来!』と『僕のヤバイ妻』

2016年7月~9月では『そして、誰もいなくなった』と『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』

2016年10月~12月では『IQ246~華麗なる事件簿~』と『逃げるは恥だが役に立つ』

2017年1月~3月では『カルテット』

2017年4月~6月では『リバース』と『100万円の女たち』

を見ましたねー

カルテットの時以外、毎回必ず見てる作品2つですねえ、特に決めてる訳じゃないんですが大体2つになりますね

ちなみに先週くらいにテレビがぶっ壊れまして、本当は『100万円の女たち』だけ最後のほうの話が見れてない、でも確実に見る予定なので入れておきました

今期のだと小栗旬のクライシスも途中まで見てたんですが、後味の悪い話が多くて断念しました、もう少し救いがほしいー

ちなみに7月から始まるドラマで一応見る予定なのは

『僕たちがやりました』と『ハロー張りネズミ』と『愛してたって、秘密はある。』ですかね

この3つをとりあえず1話だけ見てみて、最後まで見るかを判断しようと思う、くりぃむ有田さん主演の『わにとかげぎす』も気になるけど、多分見ないかもなー



続いては漫画の話

またネットで1巻だけ無料のやつを読み漁ったので、感想書きます



『今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね』

好意が殺意に変わってしまう症状が起こる、という話。広瀬アリスがテレビで好きって言ってましたね。女子が好きな内容だろうなーと思って読んだんですが結構面白かった。絵柄も好きな感じで、続きが気になる。

『無職強制収容所』

タイトル通りの話。B級感がすごいタイトルだったので全く期待してなかったんですが、想像以上にしっかりとした内容。謎が良い感じに散りばめられていて、どんどん読みたくなる。面白い。

『天空侵犯』

良い意味でも悪い意味でも、何も考えなくていい作品かも。高いところでただ理不尽に追いかけられて殺される物語。感情の切り替わりがめちゃくちゃだし人間像がみんな適当な感じで、なんだこれは。

『トモダチゲーム』

友達同士で借金返済の謎のゲームに巻き込まれる話。これもB級に見せかけた凄くちゃんとしてる系のやつ。心理戦がずっと続くような内容で、そういうのが好きなら確実に楽しめる。面白い。

『アポカリプスの砦』

少年院に入ってる間に外の世界がゾンビまみれになってる話。ゾンビ物ってあまり見る気がしなかったけど、深く考えずただ見れる感じが良いのかもしれないね。でも自分はやっぱり好みではないかなぁ。

『キャタピラー』

イモムシと呼ばれている女暗殺者の話。早い段階で暗殺者同士の戦いになったり、あまりついていけないかも。もうちょい人物に感情移入出来る感じのほうが好きかな。

『新世界より』

呪力を使える子供たちの話。SFは好きな方ですが、ちょい世界観が濃すぎるかも。原作が貴志祐介なので灰汁が強いかなー。1巻だけではまだ飲み込めない。

『ハリガネサービス』

バレー部でサーブだけが得意な主人公の話。とても王道です。全く取り柄が無くて皆から下に見られてるけど、実はひとつだけ凄い部分があるっていう作品はやっぱり良い。主人公以外のキャラクターも良いし、かなり面白い。

『魔法少女・オブ・ジ・エンド』

大量の魔法少女に人々が殺されていく話。ほぼゾンビ物と同じです。大体殴ったりして殺されてるので魔法少女である意味はあるのだろうか。ツッコミどころの多い漫画でした。

『ラブデスター』

男女で両想いにならなければ死んでしまうという、デスゲームの物語。設定はふざけた感じに見えますが、キャラの個性がしっかりしてて、展開もちゃんと面白い。ただ、謎みたいなものが無いから続きをどうしても読みたいと思わせる要素が少し足りないかも。

『BEASTARS』

肉食獣と草食獣が共存する世界の物語。かなりファンタジーな世界観ですが、序盤のうちに細かい世界観がしっかり伝わる作りになってるのが素晴らしい。互いの差別具合や関係性とか、それも強すぎず弱すぎずで、実際ありそうなバランスで成り立ってるのが、とてもリアリティを感じる。絵柄はちょい苦手なんですが、続きを読ませたくなる謎もしっかりあって良い。

『約束のネバーランド』

小さな孤児院で暮らす子が、その孤児院の秘密に気づいてしまう、という話。けっこう話題な作品ですよね。ジャンプではデスノート以来の本格的なサスペンス作品、みたいに言われてるのをどこかで見ましたが、ホントにそう感じますね。初めてデスノートを見た時のワクワク感と凄く似てます。どんどん面白くなっていきそうな匂いがプンプンして、こりゃ話題になるわーという感じ。かなり惹き付けられます。

『食戟のソーマ』

実家が小さい定食屋の主人公が、レベルの高い料理学校に入る物語。料理漫画っていうジャンルだと焼きたてジャパンしか見たことないんですが、しっかり面白いですね。家が金持ちのボンボンばっかりが集まる中で、主人公が才能を見せて一目置かれだす感じとか良いですね。楽しく読める作品です。

『ロジック』

美大をやめようと思っていた主人公が、変な女と出会う話。絵柄も物語もなんかほっこりする感じで凄く見やすい。感情に起伏がありすぎる物語って疲れるので、起伏の無さが良い。

『ドリィ キルキル』

突然、世界がハチのような昆虫と巨大な人形に襲われる、という話。ゾンビ物に近い感じの内容ではありますが、襲ってくる存在に何か思惑などがありそうな分、ただのゾンビ物よりは楽しめます。1巻だけではまだ物足りないけど読み進めたら面白くなるかも。

『六道の悪女たち』

気弱な高校生がある日、祖父の巻物を読んだら、悪女にめっちゃ惚れられる人間になる、という話。アホな設定ですがそれなりに面白い。絵柄がとても好きですね。まぁでもあんまり続きは気にならないかなー。



以上です

今回の中でベスト3を選ぶなら

1.約束のネバーランド
2.BEASTARS
3.食戟のソーマ

ですね

約束のネバーランドはダントツのワクワク具合、ぜひグダグダにならないまま良い感じに終わってほしい作品。

ではでは
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ボ=ボケ  ツ=ツッコミ




ツ:今すごく話題の、藤井聡太くんって知ってますか?

ボ:乙葉の旦那でしょ

ツ:それは藤井だけど、たかしの方だね

ボ:ホントは知ってます、将棋の連勝記録を作った人だよね

ツ:知ってるならすぐ言いなさいよ

ボ:この人は天才だよね

ツ:天才ですよ、まず最年少でプロ入りしましたから

ボ:ってことはお腹の中にいる頃から将棋してたのかな

ツ:さすがにしてないわ

ボ:お腹に手を当てながら「今、さした」とか言ったりね

ツ:蹴った、みたいに言うな

ボ:逆子になった瞬間、急に強くなったり

ツ:そんな将棋の駒みたいな胎児いないわ

ボ:飛車みたいに真っ直ぐ産まれたのかな

ツ:それは知らん

ボ:実際は何歳くらいから将棋やってたんだろうね

ツ:5歳かららしいですよ

ボ:5歳で将棋なんて始めたら6歳では盆栽してるだろうね

ツ:なんで早くも老後なんだよ

ボ:俺が5歳の時とは大違いだね

ツ:それはそうでしょ

ボ:俺が5歳のときは桂馬の駒を食ってたもん

ツ:なにしてんだよ

ボ:牛や豚よりクセが強かったね

ツ:別に馬の味しないから

ボ:しかしホント天才ですよね

ツ:そうですよ、14歳でプロ入りですから

ボ:凄いね

ツ:プロ入りして初戦の相手は知ってますか?

ボ:もちろんですよ、加藤ダー!さんでしょ

ツ:加藤一二三(ひふみ)さんね、勝手にカウントしてダーしないでください

ボ:この加藤一二三さんも凄い人よね

ツ:ホント凄い人よ

ボ:愛称が「カトパン」でね

ツ:ひふみん、だよ。勝手に女子アナにするな

ボ:元々この加藤一二三さんが最年少記録を持ってたんですよね

ツ:そうそう

ボ:それが一歳か二歳か三歳で、だから一二三という名前になって

ツ:違うわ、だとしたら記録抜かれてないだろ

ボ:今では最高齢での現役記録と最高齢での勝利記録も持ってますからね

ツ:凄い人ですよね

ボ:ついに6月に現役を引退してしまいましたけどね

ツ:そうですね

ボ:引退後はダー!に改名するらしいですが

ツ:しないわ、ずいぶん長いカウントだったな

ボ:その加藤一二三さんも破った藤井聡太くんは凄いね

ツ:恐ろしい存在ですよ

ボ:そのまま昨日の試合で破れるまでずっと連勝してましたもんね

ツ:記録が29連勝ですよ

ボ:藤井二十九に改名しないと

ツ:なんで加藤一二三みたいにするんだよ

ボ:ぜひ藤井くんには今後も活躍してほしいね

ツ:そうですね

ボ:乙葉さんと共に良い家庭を築いて…

ツ:たかしの方かい、いい加減にしろ

ボ:ツ:ありがとうございました
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近漫画をよく読んでる、うん

ネットの1巻だけ無料漫画や1~3巻まで無料漫画などを見て、感想を書くやつです

ご覧ください



『天使とアクト』

勉強もスポーツもなんでも完璧な主人公、しかし声がめっちゃ高い、というだいぶアホな設定で始まる話だが、かなり面白い。その設定をどう活かすかというと、声優である。声優を目指す漫画ってのも初めて見た気がする。かなり良かった。

『同じ月を見ている』

友人の罪をかばって刑務所に入る男の話。主人公が純粋過ぎる設定なので、見てて辛くなるかなー。

『横浜線ドッペルゲンガー』

タイムスリップして時代を変えようとする、いわゆる『シュタインズゲート』や『僕だけがいない街』みたいなパターンの漫画。前半はなかなか面白いが、うまく収束出来るのかが心配。全4巻らしいがどうなんだろう。

『デストロ246』

女子高生の殺し屋の話。ギャグ要素ある感じだと思って読んだら、予想以上に固い話。女性ばっかりなのにかなりハードボイルドな男臭い内容。3巻まで無料だったので読んだが、1巻だけでは魅力に気づかないかも。それぞれの人間性がわかってきてからが面白い。

『今際の路のアリス』

人が全然いない世界でトランプの絵札をもった10人が出会う、みたいな話。読んでから気付いたがスピンオフ作品だったらしい。内容も1巻だけではイマイチ。

『警視総監アサミ』

女刑事の話。物語は結構しっかりしてるが、エロくて物語にあまり集中出来ない。

『めだかボックス』

生徒会長の才色兼備な女性に主人公が振り回される話。絵柄も好みだし、それなりに面白いけど、続きがあまり気にならない。1話完結系っぽい内容なので仕方ないが、もう少しなんか今後が気になるような要素が欲しい。

『PSYREN-サイレン-』

異世界に迷い混む系の話。あまり引き込まれないかなー。襲ってくる敵やキャラクターに魅力を感じる人がいなかった。

『リィンカーネーションの花弁』

前世の才能を宿すことの出来る力を使ったバトル系の話。宮本武蔵の力を呼び起こして凄い剣術を使ったり。面白くなりそうな匂いはするかな。続き読んでみたい。

『ちこたん、こわれる』

1話目が衝撃的、あらすじを見ずに読んでほしいかも。全体的にはほのぼのさもあって、読み進めたくなる謎もあって良い。

『電波教師』

めちゃくちゃ頭は良いが、オタクな教師の物語。タイトルだけでSF系の話だと思ってましたが全然違かった。主人公のキャラがとても良くて、面白い。見てて気持ちのいいお話に感じました。

『ハンマーセッション』

こちらも教師の話。詐欺師が教師になるという変わった内容だが、始まりから引き込まれた。面白くて続きが気になった。

『神アプリ』

タイトルはB級感が凄いですが、こちらも面白かった。カメラや信号機をハッキングしたり、なんでも出来てしまうアプリを手にいれる物語。主人公が頭の良い設定なので、見ててワクワクする感じ。

『プラナス・ガール』

可愛い女装っ子が同級生にいる物語。男だとわかってても惹かれてしまう展開。すごくほのぼのとして、ずっと見れてしまう内容だった。癒し系ですねー。

『火炎ノ消防隊』

謎の人体発火現象が頻繁している世界の話。能力者系の漫画ってのはたくさんありますが、この漫画は炎に関する能力者しか出てこないのが斬新。いま人気の漫画らしいですが、納得。しっかり謎も残しながら進んでいくので続きも気になるし、キャラもみんな良くて面白い。こりゃ人気出る。

『ブラッククローバー』

魔法のまったく使えない主人公が魔道師の頂点を目指す話。NARUTOの魔法使いバージョンみたいな感じで、ポンコツだった主人公がどんどん認められていく内容。こちらも人気の漫画らしいが、まぁ人気出るでしょうね。少年漫画の良い要素がぜんぶ入ってるような気がします。ちょっと王道過ぎるのかもしれないけどやっぱり面白い。安心して見れる漫画。

『BABEL』

さえないホテルマンが時を戻りテロリストを探す、タイムループ系のお話。木下半太さんが原作ということで、なら絶対面白いはずと思い観賞。しっかりワクワクさせる展開で続きが気になる。でも漫画としての面白さって面は弱いかなぁ、実写で見た方が面白いかもとは思ってしまった。

『キリングハイツ』

獣の力を持っている獣人たちの戦いの話。セクシーシーン多め。肝心の物語はあまり引き込まれないかなぁ。続きを読みたくなる気になる部分や魅力的なキャラクターが無い印象。

『Wallman-ウォールマン-』

殺し屋を引退したオッサンのお話。かなり渋い絵柄で始まったので、苦手かもーと思ったが、くだけた感じの絵柄の部分もしっかりあって読みやすい。ハードボイルドなのに堅くない雰囲気で良い。キャラクターも魅力的。

『足の裏のイーリス』

チビと周りからバカにされながらも、駅伝選手を目指す主人公の話。体格的にハンデを背負った主人公が頑張る話は多いですが、やっぱりハズレは無いですね。でも少しストーリー展開が早いような気がする。もうちょいじっくり主人公とかの人間性も見たいかも。



以上です

この中からベスト3を選ぶとしたら

1.火炎ノ消防隊
2.ブラッククローバー
3.天使とアクト

ですね

人気作や話題作はやっぱり面白い

あとアメトーークの漫画芸人、良かったです、おもろい

あとあとブックオフにたまに行くと2千円くらいは使っちゃうね
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。