へちまとろん

怖いもの見たさで生きている2人のブログ。

たまに本とか作ってイベントに行きます。





久世

Twitter→aircapsule0401


忌木

今年も初っ端からダメダメですいません。


テーマ:

久世空気です。

遅くなりましたが文学フリマ京都の感想です。

みやこめっせは何度か行ったことがあったんですが、「申し訳ない、を一本間違えました」(新選組!ネタ。間違えたのは事実ですw)

今回新刊出す出す詐欺をはたらいてしまい大変申し訳ないことをしました。

次こそは出す! (イベントの予定なし)

 サークル準備中に運営から「両側のサークルに挨拶しておきましょう!」と御通達が。ご挨拶したところよっちゃんいかをもらいました。ありがたや。おいしかった。私も今度配れるものを持ってこよう(うまい棒とか)

さて文学フリマ京都では小説・評論・ノンフィクションの分類に独自に「妖怪変化・もののけ・常世」というカテゴリを設定してくださいました。我々のように妖怪オンリーで活動しているサークルには大変ありがたいですね! 残念ながらこのジャンルがすごく増えたというわけではありませんが、もしこれを知らす出店し損ねた人がいらっしゃいましたら是非来年は一緒に盛り上げていただけたらと思います。

そうすれば私が買い物しやすくなります(今回も一人参加だったのでありがたい!!w)

 

妖怪変化関連で京都で有名な妖怪堂さんが来られていました。その店主が会場内に展示してくださった禍々しい絵(褒め言葉)がこちら!

右下に貼ってあるのがA4用紙なのでこちらがいかに大作かお分かりいただけるでしょう。

妖怪堂さんのスペースではTシャツやトートバッグも販売されていました。

 

京都ならではというえば京都限定グッズのスペースもありました。

私は後日友人宅で飲む予定があったので友人の好きなこれを……

そして中身も

「僕やで」

御堂筋くんにあるまじき甘さでした(おいしかったですw)

後こんな展示も!

京都だ……!(小並感)

 

イベント中にも講演とかあったようですね。私は参加できませんでしたが次回は参加できたらと思います。

サークルに来てくださった方、本を手にとって下さった方ありがとうございました。

また、素敵な本をありがとうございます。少しずつ読ませていただきます。

ではまた次のイベントで!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

忌木です。

スペースに来てくださった方、本を購入してくださった方、

ありがとうございました!

 

初めてそうさく畑にサークルとして出たのはもう10年ぐらい前になります。

そのころは「へちまとろん」ではなく、高校の同級生と集まってオリジナル同人誌を作りましたが、ほぼ一冊も売れずとても悔しい思いをしたのを覚えています。

主催されていた武田氏とは直接面識はありませんでしたが、そうさく畑という場を通して

いろいろ創作について学ばせていただきました。改めてご冥福をお祈りいたします。

 

久世です。最後のそうさく畑、お疲れ様でした。ありがとうございました。

過去のそうさく畑のパンフレットを探したらとりあえず2冊見つかりました。ちゃんと家探ししたらもっと出てくるはずです。

マイナージャンル故、ほぼ誰も来ない時もありましたが、今でもよく覚えているのは「緑本 妖怪画談」を出した時のそうさく畑です。忌木さんの迫力のある妖怪の絵のおかげか、はたまた目に優しい緑の表紙のおかげか(笑)いつもより多くの方に手に取ってもらえました。中でも印象的だったのが「こういうの好きなんです!」と笑顔で買って行ってくれた女性。自分たちが作った本は全くの自己満足じゃないとほっとしたと同時に創作意欲がわきました。今回のそうさく畑では同じような経験をまたさせてもらいました。あんまり見てもらえなかった妖怪缶バッチを「尻目!」と瞬時に選んで買って行ってくださった方、本当にありがとうございました。あの後忌木さんとテンション上がりまくったのは言うまでもありません。

こんな出会いがあるイベントがなくなってしまうのは残念でなりません。でも創作を続けていれば、今回同じ気持ちでそうさく畑を見送った皆さんと近々お会いすることになると思います。その時は、同じ畑で育った者同士仲良くしてやってください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

忌木さんも東京の方で行ったそうです。

ということで友人と行ってきました。

私ハルカスに上るのは初めてでした。

開館まで時間があったので下界を見下ろしながら「あのビルの屋上、銃撃戦が行われそうじゃね?」と友人と刑事ドラマの見せ場について語りました。(妖怪関係ない)

テンション上げつつもこれに顔を突っ込む勇気はなかった。

 

入場と同時に謎の足跡と定番妖怪たちが出迎えてくれました。

ここまで写真OKでした。

 

あいさつにあったように美術史の視点での展示なのでパッと見面白いものが多いように思えました。特に虫系。茨木元行の『針聞書』は日程で展示するページを変えていたようです。ちょっとぐらつきましたね。職場の近くだったら通ってたかもしれないww

 

私的には耳鳥斎の『別世界巻』が面白くて好きです。ゆる怖い地獄がじわじわきます。

ラストの土偶と妖怪ウォッチが並んでいるのはかなりシュールでしたが面白かったです。

 

さて、おみやげ。

図録は買いましたが・・・・・・妖怪関係の展示の図録ってなんでこんなに軽いんだろうwww

「きゃあっ!」じゃない!www

あとこれ。うちで辛いもの好きは私だけかと思いましたが母も一緒に挑戦してくれました。

結果むせました。

購入をご検討の方は袋に入っている状態でそこそこ小さく割ってお召し上がりください。

ちょっと硬いので注意。辛さは……自己責任やね。うちにはまだ半分残ってるwww

ちなみに付録の石燕カードは↓でした。

 

そしてみんな大好き!暁斎だよ!

どくろ好きなので。うふふふ

 

楽しい展示なのでぜひぜひ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

空気です。

9月18日㈰に文学フリマ大阪に行ってまいりました。

もう4回目なんですね!前回は参加できませんでしたが、ディスプレイの人気投票があったり、ドーナツ屋さん、カレー屋さんが来てたりとても面白かったです。

残念ながら一人で参加だったのですべてを楽しむことはできませんでしたが、

天気が不安定な中、たくさんの方が来場されたように思います。

そろそろ並べるだけのディスプレイを考え直さないといけない・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブースは【C-24】です。小説 ホラー・怪奇で参加しております。

 

【新刊】

○「鬼娘の百物語第9話から第13話」(A5 26P)

前回の文学フリマ東京で新しく出した本です。

鬼娘シリーズの既刊はこちらをご確認ください

http://ameblo.jp/gehegihi/entry-11489128477.html

 

1、2冊目はセットで、3冊目は白黒表紙、そして今回ついにカラー表紙です。

巻を重ねるごとに進化しております(迷走しているともいう)

内容は妖怪が変わるだけでショートショートの読みやすい本なので

好きな妖怪や気になる妖怪がいるものだけ手に取っていただいても大丈夫です。

 

※「第1話~第4話」だけ2冊セットとなっております。ややこしくてすみません。わかりにくかったら声をかけてください!

 

○妖怪缶バッチ 
(5種類 44mm)

おすすめは尻目です。

 

【既刊】

「鬼娘の百物語」(上記のアドレスよりご確認ください)

 

『怪感マガジン オオマガ』創刊号

読み切り漫画、きさらぎ駅の考察など『怪奇誌オオマガ』をより雑誌風にリニューアルしました。

 

『怪奇誌オオマガvol.3』

漫画・忌木一郎  小説:久世空気

読み切りオンリー

 

『遠野十字のオハグロベッタリⅠ』

小説:久世空気  表紙:忌木一郎

続きが出ませんでした。無念・・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。