へっぽこエアガン日記

旧ガンプラサバゲーFPS(2012)

※PC版アクセスカウンター設置2015/5/14※

area-kampfer さんをアメンバー承認2016/9/27

★new★笑顔のアラフィフさんアメンバー承認2016/11/01


テーマ:

「狂人オリンピック!」
(桝本・辛麺・宮崎本店)

昨日は久しぶりに激辛ラーメンのお店

「辛麵屋・桝本」

に行って来たよ~(^^)
(桝本辛麵30辛レビュー)
(↑文字クリックでジャンプするよ)

今年の7月に初めてココの激辛ラーメンを食って以来、すっかり辛麵の虜になり、毎週のように食べに行ってるんだけど
(40辛&50辛の伝票)

どうせなら桝本で上限枠の辛さとなる

「50辛」

を食っちまおうと思って、ココ三ヶ月ぐらいずっと50辛食べてるんだ。


ちなみに宮崎本店の開店時間は午前11時と他の桝本店よりも30分早いが、11時前から並んどかないと開店後すぐに満席状態になるんだ(;^ω^)
(桝本50辛ラーメン)

入店前から注文する物は決まってるから、席に着くなり直ぐにレギュラー五十辛中華麺を注文♪


ここ桝本は、どんなに店内が人でごった返していても注文から10分程度でラーメンが持ってこられるんだ(V)o¥o(V)


しかし、こうして見ると30辛も50辛も見た目はあんまり変わらんね(笑)

(ズーム)

接写してみると、まるで戦前の赤痢菌病棟のポットン便所のような感じで(失礼)、アッツアツの状態で運ばれてくるからしばらくの間煮立ってて、ソレが輪をかけてこのラーメンの持つ不気味な印象を引き立ててくれる(脱糞)


オイラがラーメンを食べる時の順番は

①麺

②具材

③スープ

の順に平らげていくんだが、50辛ともなると何処までが具材かワカンネーんだて(;^ω^)



(実食)

ほんで早速、麺から取り掛かるが、桝本に行くときのオイラは朝から何も食わん空腹の状態で行くもんだで兎に角腹ペコなんだ♪


とゆーことで出来立てホヤホヤでアッツアツの麺も、野獣のように貪り食ってしまう。


五分もいらない。


いくら辛い物に慣れてるとはいえ「ピリピリ」と来る刺激はビールでも飲めればサイコーなんだがね♪
(麺完食)

そんなこんなで、麺を完食するが体調が良い日はココで替え麺を注文するんだけど、この日は完全な空きっ腹できたもんだで、今回は替え麺は見送ることにする。


自業自得とはいえ、19~20歳まで実家を離れて、ポテトチップスをオカズにして飯を食うほどのド貧乏生活をしとったから、スープも含めて食い物残すと罪悪感に苦しめられるんだがや(脱糞)

(スープ?実食)

麺を平らげたら、満腹中枢が満たされるスキを与える間もなく素早くスープを飲んでしまう。


30辛ではスープと具材が、かろうじて別々の物になっとるが、50辛ともなると唐辛子までもが具材の一つになってるもんだで、一掬い飲む毎に腹が満たされてしまうんだ(V)o¥o(V)


ちなみに30辛記事でも書いたけど、桝本の辛麵はスープの中に大量の具材(挽肉、玉子とじ、ニンニク、ニラ)が躊躇することなく大量にブチ込まれてて、何処をレンゲで掬っても無人蔵に具材が出てくるんで、腹がいっぱいになってくると溺れるような感覚になってしまう(泣)


恐るべし!桝本!
 
(満腹)

毎度のことながら、桝本でラーメン食う際に最も苦しいのがスープを九割型まで平らげた後に胃の中にコンクリートの塊を落とされたかのようにズッシリと来る満腹感!


いくら辛い食べ物が苦手な人でもココまで食うと、辛さとかどうでもよくなるに違いない(;^ω^)


とにかくボリューム感がハンパじゃねーんだわ(暗黒微笑)


(完食)

ロッキー4のドラゴ戦のクライマックスシーンのような脳内ドラマを描き、腹をさすりながら、スープの最後の一杯を掬うと人目をはばからず

「ヴウォオーアアアアッ!」

と、ワケの分からん雄たけびを上げて、さっさと店を後にする(狂人)


店を出た後に、自販機で買ったコーヒーを飲みながら安煙草に火を点けて大きく一杯吸い込むと、一週間の疲れが一気に抜けてゆくのが分かるが、その日の夜は必ず腹を壊すんで逆に疲れてしまうんだがや(笑)


さてと♪


今週もまた桝本に行くために仕事がんばんべ(V)o¥o(V)

おちまい

★激辛ラーメン記事一覧★

風来軒辛さ20倍旨辛豚骨

スミちゃんラーメン赤スペ

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。