アーユルヴェーダ 普及活動家 ブラフヤヨイ (Herbal Ayurveda ヨガ&アーユルヴェーダ|東京・西武線 練馬 石神井)

アーユルヴェーダ普及活動家 ブラフヤヨイ
アーユルヴェーダの知恵を日常に楽しく活かして
より自分らしさ輝く毎日へ。


木 ヨガクラスのお知らせ
木

こちらからご覧ください。




【掲載情報】

コラム定期掲載中です。→

執筆しました→
「脳と体に効く油(p69-72」「健康になる!身体にいい油(p60-62)」オイル美容ページ監修協力しました。 
「クウネルvol.70(p74-75)台所薬局についての記事が掲載されました。


   





NEW !
テーマ:

東京・練馬の

アーユルヴェーダ スクール・サロン →

 Herbal Ayurveda ブラフヤヨイです。

 

 

 

 

最近、胃腸の調子が良く、

食欲増し、食事量増加中。

 

 

このまま続けると、

春に後悔する可能性大です(汗)

 

 

太るだけでなく、眠気や花粉症などなど、

春特有の不調たくさんになってしまう。

 

 

そろそろ食事を気をつけよう!

と思います。

 

 

 

 

そんなわけで今日のブログは、

 

============

寒い時期のダイエットのこと

============

 

 

 

アーユルヴェーダでは、

『消化力』は健康の要。

 

 

 

『アグニ』といわれる

消化の火を上手に燃やすことが、

 

健康美容の促進維持の

カギとなります。

 

 

 

体内の一番大きな「アグニ(消化の火)」は、

口から取り入れた食べ物を燃やし、

体の組織やエネルギーに変換します。

 

 

 

その時々の火の状態に合わせて

燃やせる質と量の食事をとることが大切。

 

 

 

 

ダイエットも、この火の状態を考慮すると、

失敗しにくく効果的になります。

 

 

 

 

============

冬の消化力

============

 

 

 

外の寒さが厳しいとき、

身体は、体内を温めようとするため、

消化の火をたくさん燃やします。

 

 

 

消化と代謝の力が高くなるので、

丈夫な体作ること、身体の基礎作りに、

とっても適しています。

 

 

 

寒い季節は、滋養高い食べ物で、

1年の健康体の基礎を作りたいのです。

 

 

 

 

が、冬から春にかけては、

蓄える時期。つまり溜め込んでしまう。。

 

 

 

しかも消化の火がよく燃えていると、

食欲が増す方も多く、

食べ過ぎに注意が必要。

 

 

 

 

============

寒い時期の食事

============

 

 

消化の火がたくさん燃えている寒い時期、

消化しやすいものを少量食べるのでは、

火の調整がうまくいきません。

 

 

 

滋養豊かな温かい食べ物を、

よ〜く噛んで、ゆっくり食べること。

 

 

よく噛むことで、

腹6〜7分くらいの量でも

満足感が得られます。

 

 

 

寒い時期は、噛むことで少し食事量を減らして、

体重を維持できていれば、OK!

 

 

 

食事量はそのままに、

 

春に向けて、

徐々に消化の軽い食べ物の割合を増やすと、

 

春にすっきりとした体になっているはず♪

 

 

 

 

 

==========

そして、寒い時期の適度な運動

==========

 

これもと〜っても大切です。

 

晩冬から春にかけては、

体の基礎作りに最適な時期。

 

 

この時期に、

自分に丁度いい運動習慣をつけておくと、

春の身体がすっきりしている期待大です。

 

 

 

 

 

==============

アーユルヴェーダの基礎理論を学ぶと、

健康にも美容にもダイエットにも役立ちます。

 

*基礎講座、近日中におしらせいたします。

 

==============

 

 

春を快適に過ごすアーユル美生活術と、

美肌になれるWS開催します

 

2/25(日)2/26(月)

 

Ayurveda Natural Beauty ワークショップ

肌荒れしやすい春の美肌対策!

美肌クリーム・万能バーム・むくみ対策スパイスの3点を作ります。

 

http://ayurveda-ganesha.jp/mobile.aspx?pid=10140

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)