別府の骨董屋 ギャラリーHISAKO ほぼ日ブログ

別府駅裏の自宅でささやかな骨董店を開いて17年、店番をしながら過ごすほのぼのとした日々の出来事、古き楽しきアンティークとの出会いを綴ってみたいと思います。


テーマ:

先週お問い合わせがあったフロシキの画像を追加upいたします、

使い込まれた?風合いで道具の包むにはピッタリ、

箱は勿論ですが風呂敷も茶道具の名脇役って感じです(^O^)/

鶴文の疋田鹿の子は粒がとても小さくて精緻です^^





この風呂敷はまさに茶道具用(o^-')b


茶入、棗、香合、香呂、振出、茶巾合、羽箒、杓立、水指、建水など19点も…


下の画像3枚の赤矢印は仕覆に入った茶入ですが

この紐結びに注目目




この結び方は中にお抹茶が入っていないのを表しています。

本物を使ってやってみるとこんな感じ。。

まず左右の紐を手前に引いて

結ぶとこんな感じです^^

ちなみに中にお抹茶が入っている時の紐結びはこうなります。
 
お稽古の中では殆ど練習しないのですぐに忘れてしまいます、、

ネットで調べて思い出しながらやってみたけれど

流派によって違いもあって風呂敷と同じじゃないかも??φ(.. )


お時間ございましたら ギャラリーHISAKOのホームページ  も覗いて見て下さい。


なお、ご売約済みの商品も‘過去に売れた商品 ’カテゴリに一定期間画像を残しております。
ギャラリーHISAKOがご紹介してきた愉しきモノ面白きモノの足跡をご覧頂ければ幸甚でございます。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日はお煎茶教室の初釜の日、


お煎茶と一緒にお抹茶(裏千家)も習っているので


そちらも同じ茶室で初釜となりました。


茶道を習っている方なら当たり前の事ですが


初釜とは茶道の新年会のようなもの、


私の習っている教室では


初釜は二人の先生がそれぞれお煎茶とお抹茶のお点前をして下さるので


私達はお客さんとして初釜のハシゴをするだけ^^


年末の茶会のようにワサワサと裏方や点前をするのではないので


静寂の時間の中で気分はとってもリラックスしてラクチン(^O^)/


新年会と言えば週末3日間でこの初釜も勘定に入れたら3日で4回の新年会


 この寒さの中、自分でもちょっとやり過ぎかな、と反省m(u_u)m


御正月以来の暴飲暴食、


いくら頑丈な肝臓や胃袋とはいえちょっとハードだったのでは。。


書き染めに書いた 「心身健全」の言葉を思い出し


しばらくは自重してこれで新年会は終わりとします (当たり前じゃ、とダンナの心の声…f^_^;)



初釜の床飾り




点前が終わったところ、


初釜はお正月らしく九谷木米の松文茶碗を使って(^_^)v

ママのお出かけ準備を恨めしそうな顔で見ているノンタン

新年会初日は 別府市観海寺の 「両築別邸」


ホテル名をコンブで切り抜いてる(ノ´▽`)ノ

お時間ございましたら ギャラリーHISAKOのホームページ  も覗いて見て下さい。


なお、ご売約済みの商品も‘過去に売れた商品 ’カテゴリに一定期間画像を残しております。


ギャラリーHISAKOがご紹介してきた愉しきモノ面白きモノの足跡をご覧頂ければ幸甚でございます。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

古伊万里染付膾皿5客です。

見込みには三つ葉葵
その周りに双葉葵を墨弾きで描きいています。

鍋島焼の人間国宝今衛門さんの窯だったと思います先日TVで見た墨弾きの技法、


まず生地に墨で文様を描いてその上全体を呉須で着色すると


墨は膠(にかわ)質を含むため吸水性がなく呉須を弾きます。


これに釉薬を掛けて焼成すると墨は焼け抜けて


墨で描いた部分が白い文様となります。


昨日upしたフロシキの蝋結染は模様部分を蝋で防染し染色する染色法ですが


理屈はちょっと似ていて


蝋ではなく墨を使う。。


人間国宝の作品ではなくても伊万里の焼き物には時々見られる技法ですが


ダミの濃淡と白抜きを組み合わせた趣ある表現が


とても好ましく伊万里の中でもファンの多いお品です。



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人間一寸先は闇、というから新年早々2年も先の事を言うのはなんですが…


平成の世は30年で終わり、つまり今上天皇が生前退位され


それに伴い元号も変わるそうな。。


という事は2019年亥の年から現皇太子殿下が即位され新しい時代?の幕開けとなるのですねσ(^_^;)


有識者と言われる人々の間でいろいろ議論され


この度特別法で国会通過するらしい


庶民感覚で考えればもうとっくに 「長い間ご苦労様でした、後は若いもんに任せてゆっくりなさってくださいね」となるところだけれど。。


自分の事に戻って大河ドラマ風に言うと


“ 昭和~平成~○○ と3つの時代を駆け抜けた女骨董商の生涯!! ” 


みたいなタイトルを付けられるかな(*´σー`)


現実は小説になるようなドラマチックな出来事は全くなかったけれど


新しい時代に変わっても


おいてけぼりされないように好奇心いっぱいのオバちゃん骨董屋として

頑張りたいと思っています。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

ちと早いけれど 

新元号は亥年から。。

富士に向かって猪突猛進する縁起の良いイノシシの図、

藍の色もくっきりとした美品です。





この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『古布・着物』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。


下の写真はM様お問い合わせの風呂敷の画像、

道具を包むのは無地が宜しいと思うのですが

綿のロウケツ竹文なども良い雰囲気です(^^ゞ



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



朝からモルタルを剥がす大音響?の中でパソコン作業してます。


毎年正月気分を振り払ったら取り掛かるのが確定申告の準備


今年はその上、店のリフォームが重なり

最後まで辿りつけるか自分でもちょっぴり不安σ(^_^;)


でもやらなきゃ私の春はやって来ない、ガンバロー!!

それにしても朝から作業してくれている大工さん達はいったいお幾つくらいかな…


見たところ二人とも70歳は優に越えていそう


しかし機械を担いで脚立に上ってテキパキと作業を進めていく姿は職人さんそのもの


高齢者と言うのは75歳から、と先ごろニュースで言っていたけれど


今日の大工さんたちを見ていると高齢者なんていう呼び方なんぞ何処吹く風、


こうしてバリバリ現役で仕事をしている人達がいるのは頼もしい限り


弱音吐かないで自分も見習わなくてはいけませんね(^O^)/


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚




頂き物の 「花びら餅」 を輪島塗 茶平一斎の 多様皿に盛りました^^




花びら餅の中には白味噌の餡といっしょに甘く煮たゴボウが入っていますが


これは平安時代の新年行事「歯固めの儀式」を簡略化したのが由来といわれています。


新しい年を迎え齢を固めるために堅いものを食べて健康と長寿を祝うという意味があるそうです。


初日の出のような雰囲気の多様皿、初窯の主菓子などを盛って

皿としても盆としても重宝すると思います。

この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『塗物・家具』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日から店の外壁やら柱やらのリフォームが始まります。


昨年4月の地震直後は 「たいした被害もなくて良かったわぁ」 などと安心していましたが


その後、市役所から来た専門の人がみたところ


一部損壊の判定、


結局ギャラリーHISAKOは今後の事も考えてリフォームをする事になったのです。


松の内ではありますがお正月飾りを片付け


商品をかなり移動させなければなりません。


年末年始の疲れが出て風邪も完治せぬまま重たい身体を引きづりつつ


今からその作業に取り掛かります。


工期は取りあえず1週間程度、店は休まず営業する予定ですので


ご来店頂いたお客様にはご迷惑をお掛け致しますが


どうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _ )m


我が家の人口が急激に増加したのでちょっと御機嫌斜めなノンタンと

全く意に介さないゴンゾウ、というか嬉しくて仲間に入れて欲しいみたい(*´σー`)





お時間ございましたら ギャラリーHISAKOのホームページ  も覗いて見て下さい。

なお、ご売約済みの商品も‘過去に売れた商品 ’カテゴリに一定期間画像を残しております。
ギャラリーHISAKOがご紹介してきた愉しきモノ面白きモノの足跡をご覧頂ければ幸甚でございます。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

東京から娘夫婦が帰省したので我が家の一党は勢揃い、

夕食はフグを奮発!!


ヒレ酒用のヒレも



ナベ用のアラと

大好物の白子サマ(^_^)v


コリコリした食感がたまらないフグ皮肝和え

みんなの「美味しい!!」の歓声を聞きながら台所に立つ私は

唐揚げ→白子→てっちり、その間にヒレ酒を作ったりと我ながら大活躍

かあちゃんは来月オバトモと河豚パするからいいんですヨo(^-^)o


あっという間に清酒 “西の関” と “ちえびじん”はペロリ、

次は熊本の焼酎 “ひこいち”、和食に合う米焼酎です^^



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

古伊万里染付の小ぶりな盃洗です。


見込み中央に菊を描き全体をその花弁で埋め尽くしたモダンで幾何学的な文様です。



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『その他』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



半年くらい前にここでご紹介した 九谷朝日造の菱形変形皿  と同じ窯のもので


明治~大正頃の九谷朝日造 中皿5客です。


雪持ち松にとまる鷹とその鋭い視線の先には雀が2羽、


美しさと力強さを感じさせるデザインです。



裏は表とは対照的に可愛い菊の小花がピンクやブルーで描がかれています。



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ギャラリーHISAKOの床の間を飾る今年の掛軸です。

高倉観崖作 三鶏図

雄鶏、雌鶏にかわいいヒヨコ


家庭円満、子孫繁栄を現したほのぼのとした愛らしい図です。


でも…


「雌鶏歌えば家滅ぶ」


めんどりがおんどりに先んじて時を告げるのは不吉なきざしとされ

妻が夫を出し抜いて権勢をふるうような家はうまくゆかずやがて滅びるというたとえ


だそうな。。


女性の社会進出が当たり前となり


NHK大河で “おんな城主 直虎” が放映される現代においては


信じられんような諺((((((ノ゚⊿゚)ノ



【高倉観崖】 
日本画家 明治17年(1884)大分県生
 名は孫三郎、通称は宏明 京美校卒
 竹内栖鳳・菊池芳文・山元春挙らに師事
 数回にわたり中国に遊び『蘇江所見』を出版した。
また画のかたわら俳句もよくした。


この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『その他』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨晩もここで書いたように


初夢を見て心に誓ったのは今年こそはゆとりある生活を送るという事、


その為にはどうやって時間を捻出するか


まず頭に浮かんだのは家事に関わる時間をより合理的に?削る。。


(夫には申し訳ないが…)


がしかしこれ以上何処を削るか悩むほど現在も手抜きmaxのギリギリの状態


特に料理は腕前も時間もこれ以上のノビシロは望めない、


と諦めの境地の私が同じようなお悩みを持つ方にオススメするのは


ちょっとだけ器に凝ってみるという事、


急に商売っ気を出して恐縮ですが


特にお正月などお客様がいらっしゃるようなハレの日には


馬子にも衣装(例えがヘンかな?)で


普通の惣菜も器次第で結構ご馳走に見えるのが器の不思議な力


まずは小さな豆皿や手塩皿、そして膾皿など


すぐにお使い頂けるものから気に入った器を少しずつ揃えられてみてはいかがでしょうか(^_^)v


初夢の話から営業トークになってしまいましたが


今年も使って愉しめる器をご紹介していきたいと思います。


どうぞ皆様宜しくお願いいたします。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

有田焼 其泉の扇形蓋物、


藍をベースにした絢爛豪華な色彩で身近な題材を大胆な構図や色使いで描写したものを


「琳派古伊万里」というそうです。


今から300年以上前、伊万里港から各地へと運ばれた焼き物がそのように呼ばれていたのかどうかは


不勉強でよく判りませんがこの琳派古伊万里が


ハレの日のテーブルを華やかに彩ってくれるのは間違いないと思います。


日頃は飾りものとしてもお楽しみ頂ける逸品です。



この商品は ギャラリーHISAKOのホームページ   の 「骨董品一覧」→   『陶磁器』ページに詳細upしております。
お時間ございましたら覗いて見てください。



にほんブログ村参加中、宜しければポチッとお願い致します。
にほんブログ村 美術ブログ 古美術・骨董へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。