• 23 May
    • 4/24 もらい事故

      4月24日夕方、ワタクシは愛車デミオで広島市内を走っていた。赤信号に引っかかり、停車…アイドリングストップ中の出来事。突然後ろから「ガシャン!!」という大きな音と激しい車の揺れ。振り向いて「あ、やられた」と即座に分かった。話の流れはこうだ。他所の会社の駐車場に無断で置いていた車が、その会社の車からクラクションを鳴らされた。慌てて後方確認をせずバックさせ、歩道を通り越し、かなりのスピードで信号待ち中のワタクシの車に体当たり。こんな感じである。赤信号で停車中の事故なので、こちらに非は全くない。ぶつけた相手も「100:0で自分が悪いです」と認めている。ただ…相手の任意保険がアクサダイレクトだった事に愕然とした。この保険会社、とにかく評判が悪いと有名で、今回も被害者のワタクシへの連絡は翌日だと。警察の現場検証済ませて、自分の車はいつものマツダのディーラーに入庫。家には持って帰らず、そのままディーラーに預かってもらう事に。翌日相手の保険屋から電話…マニュアル通りの対応で、誠意のかけらもない。一方的にぶつけてきて傷物にされたわけだから、こっちは新車を要求。保険会社は「修理以外は受け付けません」と。修理代の査定も、こちらがマツダで出してもらった見積り額とはかけ離れたものだった。散々言い争った挙げ句、向こうの担当者は被害者の自分を恫喝してきた。そして「修理しないならレンタカー代はそちらでお支払い下さい」だと。本来100:0事故の場合は、無条件で加害者側の保険会社からレンタカー代が出るものである。何で被害者の自分がここまで心追い詰められなきゃならんの?と。今回の事故は100:0の案件なので、こちらの保険会社は全く動かないのだ。交渉のアドバイスはしてもらえるが、自分一人で相手の保険屋と戦う事になる。そりゃ素人相手だから保険屋は強気に出てくるわなぁ。レンタカー問題は、結局アクサの強引なやり口で強制的に返却させられた。仕方ないので、空いている時間だけ父のベリーサを使わせてもらっている。それどころか、アクサは医療費まで出し渋ろうとしてきた。事故の翌日から一週間以内の通院に対してしか通院治療費支払わない…と。それを当方の加入している損保ジャパンに相談したら、その担当者が大激怒!何とアクサの担当者に苦情電話を入れてくれると言う急展開。そこで、アクサの担当者が嘘を言って治療費出し渋ったのがバレた。(その担当者は「そんなこと言ってない」とシラを切ったが、当方には通話録音あるのだよ!)そして、完治までの通院費負担が認められた。車の方は、やっぱりアクサがゴネて修理代を出し渋ろうと暗躍している雰囲気。写真ではそうたいした損傷には見えないが、実はフレームまでガッツリ損傷していたりする。結論出るのはもうちょっと先になりそうだが…今までの一か月を返せ!と言ってやりたい。。。

      2
      テーマ:
  • 25 Jan
    • 5000km

      先日、愛車デミオの走行距離が5000kmに到達した。約7か月弱での到達だから、自分が所有した車の中では早い方かも。寒くなってからi-stopの作動が減少し、平均燃費が2~3km落ちた。12月の6か月点検の時、タイヤをスタッドレスに交換した事も影響しているだろう。それでも11~13km/Lは走るんで、まだマシな方か。スタッドレスタイヤは楽天の通販で購入。銘柄はグッドイヤーのアイスナビZEAというやつ。現行モデルのひとつ前の銘柄だが、2012年32週の生産だった。どうやら安売り用に数量限定で継続生産しているらしい。グッドイヤーのスタッドレスは、実はあまりメジャーなタイヤではない。だから値段も格安で、最大手メーカーのスタッドレスの半額に近い。デミオ純正サイズ175/65R14のホイールセットで35000円でお釣りが来た。しかも日本の住友ゴム製だから、ヘタなアジアンタイヤより信頼できる。実際走らせてみたら、発進時スタッドレス独特の捩れ感はあるが、結構いい感じ。ロードノイズも思ったより少なく、高速でも安定したハンドリングで扱いやすい。これはなかなかいい買い物だったかも…。ホイールはデザインがいろいろあったが、D.O.SタービンIIというモノにした。純正アルミがちょっと地味なホイールなので、凝ったデザインのにしてみた。ちょっと派手かな?とか思ったが、実際履かせてみたらなかなかいい感じ。パッと見は純正オプションのようにも見える。「タービンII」という名前の通り、風車のようにうねりの入ったデザイン。ホイールにリムがないから、ホイールの径が大きく見えるという嬉しい副産物も。このホイールにして正解だった。ひとまずこれで数年は安心して冬が越せる。Vリーグの観戦遠征で、この冬も大活躍してくれることだろう。。。

      テーマ:
  • 09 Dec
  • 08 Dec
  • 10 Nov
    • デミオ 納車から4か月

      デミオが納車されて4か月程経過した。3000km程走って、この車の長所・短所が何となく分かったような気がする。まずは長所から。スカイアクティブエンジンは、実用域での扱いやすさは抜群にいい。涼しくなってからは、渋滞の多い市街地走行中心でもリッター15km強は確実に出る。ハンドリングもマツダ車らしいどっしりとしたモノ。ボディーの軽さや勇ましいエンジン音が、走る歓びを際立たせてくれる。小回りも効くし、街中でも扱いやすい。高速走行もどっしり安定していて、長時間運転しても疲れない。エアコン全開でリッター20kmの燃費は、1300ccとは思えない程低燃費だ。もちろん短所も無くはない。売りの一つのi-stopだが、作動条件が結構キツイ。気温が35℃を超えてたらまず作動しないし、低温時もまた同じ。事実上、真夏はi-stopの恩恵を受ける事は少ないので、燃費がガクンと落ちる。もう一つの売りであるi-DM(インテリジェント・ドライブマスター)も、少々疑問符が付く。渋滞にはまったり、遅い車に前を走られてしまうと得点が稼げない。対して高速走行時はストップ&ゴーがないので、ほぼ5点満点。しかもi-stopとの連携があまりよろしくなく、発進時はほぼ毎回踏み込み過ぎの表示が出る。何か車に怒られているような感が無きにしも非ず…。(実際そんな風に感じる方は多いようで、この機能をOFFにしている人もいるとか)あとは、小物を入れるスペースがもう少し多ければなぁ…と思う。シート下にトレイを設置して、小物置き場にしたりはしているが、やはり少ない。もう一つは、低速時にステアリング操作にゴロゴロ引っかかり感があった事。どうやらメーカーでも把握していたらしく、対策品のステアリングシャフトが出ていた。もちろん保証期間中なので無償で交換してもらい、以降は違和感はない。4か月の間に、あちこち自分好みにモディファイしてみた。一番のお気に入りポイントは、リアバンパーの赤い反射シート。この部分、輸出仕様車にはリアフォグランプが入るスペース。国内仕様は黒いまま一体成型されているだけで、反射板すら付かない。ここに反射シートを貼る人は多く、ネットオークションでもカット済シートが出ている程。それだったら自分で作ってしまえ!と、シートを入手し自分でカット。この部分は曲面になっているんで、意外と難易度高かったが、仕上がりは上々。何かリアが引き締まった印象に…まぁこれが本来の姿に近いと言うのもあるが。もうすぐ本格的な冬に突入する。既にスタッドレスタイヤは購入してあり、準備万端。冬タイヤ装着時の燃費の変化とか、あれこれチェックしていきたいと思う。。。

      テーマ:
  • 10 Jul
    • 納車

      7月9日午前中、SKYACTIVデミオ納車。 予定では先月末だったのだが、ナビ装着の都合で一週間ずれた。 で、担当さんから先週金曜日に納車できると言われていたのだが…。 あいにく金曜の天気は雷雨の予報で、週明けまで延ばしてもらってたのだ。 納車をずらした甲斐あって、今日の天気は晴天。 まず車庫からAZ-ワゴンを家の前まで移動。 最終的な総走行距離は18755kmだった。 岡山や香川、山口国体のバレー観戦遠征で距離稼いだな~。良かれと思って選んだ軽自動車だったが、自分には合わなかったな。 DQNに追っかけまわされて殺されかけたり、無意味に煽られまくったり。 いい思い出もあるにはあったが、今後もう軽は選択しないかもなぁ…正直。 11時過ぎ、我が家にデミオがやってきた。 ボディカラーの青が眩しい!やっぱ専用色のこれ選んで良かった。 一通り説明を受け、デミオのリモコンキーを手渡される。 AZ-ワゴンとはここでお別れ…次のオーナーに大事にしてもらってほしい。 昼食後、あらかじめ購入していた用品を装着。 そしていよいよ初走行…やっぱり緊張する。 i-Stopは、若干慣れが必要かな~。 エアコン全開の時はi-Stopが作動しないのは、まあ仕方ない。 信号青のゼロ発進で、やっぱり一瞬モタつき感があるなぁ。 エンジン自体のレスポンスはすごくいい。 1300ccとは思えない程トルクフルだし、吹け上がりも滑らか。 さすがマツダが社運を賭けてるプロジェクトだけあるな。 これからあれこれ用品装着して、自分好みの車に仕上げていくつもり。 今後もまたバレー観戦遠征で大活躍してくれる事だろう。 少し乗ってみてから、次のインプレッションを書くことにしよう。。。

      2
      テーマ:
  • 20 Jun
    • 新車購入

      日曜に新車を注文した。車種は前々から気になっていた、デミオのスカイアクティブ。今月アタマに父のベリーサを車検に出した時、何となく見積りを出してもらう。そしたら初回でビックリの好条件が出たんで、下取り次第で本気で購入検討する事に。金曜日にウチの担当さんから電話があり、AZワゴンの査定額を聞く。2年落ち・18000km走行で、何だか信じられないような金額。さらに免税8万と補助金10万と合わせたら、今買い替える方が得策と判断した。で、雨降る日曜日にディーラーに出向いて契約。グレードは13SKYACTIVで、色は専用色のアクアティックブルーマイカ。カタログなどの写真と同じ色。新色のストーミーブルーマイカと迷ったが、第一印象でピンときた色を選んだ。メーカーオプションはサイドエアバッグ以外の全てを装着。ナビは純正ではなく、パイオニアのサイバーナビAVIC-ZH77(今年5月発売)を装着する事に。ディーラーで取り寄せてもらっても、持ち込みと値段変わらないんで、前者を選択。このパッケージ仕様の生産予定が、今週上手い具合にあったらしい。ラインオフは6月20日…つまり今日、マツダの宇品工場で産声をあげたという事になる。そこから用品を架装したりコーティング施行したりで、納車は月末になるそうな。AZワゴンとの付き合いも、残り10日程になる。この車との思い出はいろいろあるが、いい事より嫌な事の方が正直多かったかな…。納車までの期間で、少しでもいい思い出作っておきたいと思っている。。。

      テーマ:
  • 17 Jun
  • 27 Dec
  • 06 Dec
  • 31 Oct
  • 11 Oct
    • RX-8 生産終了

      マツダRX-8の生産が来年6月で終了すると発表された。 http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2011/201110/111007a.html RX-8は、かつてワタクシが4年間愛車とした車。 久々のロータリーエンジン、しかも4ドアというトコロに一目惚れして購入した。 初めての愛車だったRX-7と比べたら、断然乗りやすい車だった事を覚えている。 大人4人キッチリ座れるシートと相まって、日常用途に十分耐えうる車だった。 観音開きのフリースタイルドアは、初めて見る人は必ず驚いてたな…。 MSアクセラ購入時に手放したが、今でも街で走ってるのを見るとハッとする事がある。 これで、マツダのラインナップからロータリーエンジン車が消える事になる。 マツダの命とも言えるRE車が無くなるのは残念だが、開発は継続するという。 またいつか、ロータリーエンジンを搭載した車がラインナップされる事に期待したい。。。

      2
      テーマ:
  • 22 Sep
    • またひとつ

      しばらく放置していたら、また一つ歳を重ねてしまった。何か呆気なく、何とも言えない黒歴史の一年だったな。そしてその暗黒から抜け出せる兆しもなく…。今日もハッキリ言えば、ロクな事ない一日だった。余計なストレスばっかし溜まるなぁ。ま、そのうち流れが変わると信じよう。。。

      2
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 2011夏・カープ復刻ユニフォーム

      8月末、カープは復刻ユニフォームで試合をする。今年の復刻モデルは、80年代黄金期のビジターユニフォーム。これはあの「江夏の21球」の時にも着ていて、3度の胴上げを経験したモデルだ。その復刻ユニフォーム関連グッズも発売された。7月末に先行でネット販売され、4日10:00~球場グッズショップでも販売開始された。レプリカユニフォームがどうしても欲しかったので、早起きして球場へ。開店15分前に着いたら、既に長蛇の列…みんな気合い入ってるな。10時にショップの入口が開いたと同時に、店内はレプリカユニ争奪戦でカオス状態w何とかお目当てのユニフォームをGetし、球場を後にした。購入したのは「炎のストッパー」津田恒美投手の14番。86年に神宮球場で胴上げ投手になった時に着ていたのが、このビジターユニだったな。32歳の若さでこの世を去った剛腕投手、その球の速さは今でもハッキリ覚えている…。運良くチケット購入済みの25日の横浜戦が、復刻ユニフォームの試合になった。球場でこのレプリカ着て、思いっきり当時の気分に浸ってみようと思う。。。

      2
      テーマ:
  • 29 Jul
    • 四国Eighty8Queen → 仙台ベルフィーユ

      今月いっぱいで活動休止となる、四国Eighty8Queenの移転先が発表された。 新たな拠点は宮城県仙台市、新チーム名は「仙台ベルフィーユ」となる。 http://www.vleague.or.jp/topics_detail14/id=6778 廃部という最悪の事態とならなかった事に、まずはホッとした。 選手もこれで、新天地でバレーに打ち込める事だろう。 ただ…一つ引っかかるのはそのチーム名。 何故「ベルフィーユ」の名を使わなきゃいけないの? 他の名前は考えなかったのか? この愛称は、名門・日立(武蔵)が使っていた名前。 チームの歴史的に全く繋がりのないチームがこの名前を使うのが、どうも腑に落ちない。 おそらく日立廃部時の監督だった米田氏の発案なんだろうが、これはちょっと…と思う。 野球で言うなら、球団合併で愛称を「バファローズ」としたオリックスの例とは全く違う。 オリックス・バファローズの場合は、傍系扱いとは言え近鉄球団の系譜もある。 そのニックネームを使う意味は十分にある。 しかしこのチームの場合は、系譜・成り立ちも日立(武蔵)とは全くの無関係。これ、野球やサッカーだったら大騒ぎになっていると思う。 正直、「ベルフィーユ」の名前を安易に使って欲しくなかった。 唯一そこだけが残念なところ。 ともあれ、落ち着き先が決まって良かったと思う。 ただ、もう香川に遠征出来ないのはちょっと残念な気もする。。。

      テーマ:
  • 10 Jul
  • 01 Jul
    • 四国Eighty8Queen、活動休止

      V・チャレンジリーグの四国Eighty8Queenが、7/31をもって活動休止と発表された。 http://www.shikoku-np.co.jp/sports/eighty8/20110701000133 (四国新聞)景気悪化に伴う運営資金の不足と、選手の雇用先確保に見通しが立たないこと。 これが表向きな理由らしいが…実際にはいろいろ大人の事情もあるみたいで。 何かこういう事で振り回される選手たちがかわいそうで仕方がない。 特にデンソーからやってきた高橋選手と上村選手は、人生賭けて四国に渡っただけに。 それと、地元チームでプレーできると張り切っていた、新人の内原選手の想いは…。 今日これが公になって、サマーリーグに参加しない理由がやっと分かった。 目と鼻の先にある対岸の笠岡市開催なのに…と思ってたが、これで納得。 今後の動向に注目したい。。。

      テーマ:
AD

プロフィール

銀河グレー

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
広島県
自己紹介:
【プロフィール】

続きを見る >

読者になる

月別

一覧を見る

プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。