1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-01-16 19:52:23

Joaquin Joe Claussell presents "PRAISE LIFE"

テーマ:RAY
ギャラファー、久しぶりの集合ですよ!

なんと、ジョークラウゼルのジャパンツアーのサポートです!!是非!!!!

$Galaxy Far Blog-PRAISE LIFE
2013.2.10.Sun
Joaquin Joe Claussell Presents "Praise"
Tour Organized by Hisa Ishioka for King Street Sounds

♪HOUSE, TECHNO, BASS

VENUE The PLANET

OPEN 22:00~ALL NIGHT

HP予約 3,500yen-1drink / 当日 4,000yen-1drink


●MAIN DJ : Joaquin Joe Claussell
●DJ : ATSUSHI(GalaxyFar/REHAB), RAY(GalaxyFar/Ark), MASASHI(GalaxyFar/HurRah)
●2nd FLOOR DJ : Bunpei, Jun and more!!!




$Galaxy Far Blog-Joaquin Joe Claussell
■Joaquin Joe Claussell
NY随一のダンスミュージック専門レコード店、Dance Tracksの若き経営者であった、ブルックリン出身のJoe Claussellが、本格的にアンダーグラウンドハウスシーンに頭角を現わすのは、90年代初頭に立ち上げたレーベル、Jungle Soundsより発表されたInstant House名義での一連のカルトなヒット作"Over", "Awade", "Lost Horizon" のプロデュースを通じてであった。96年にはInstant Houseのディープなトライバルサウンドのコンセプトをさらに進展させ、アフリカン、ブラジリアン、ジャズ、ロック等全ての要素を感じさせる生楽器の普 遍的かつスピリチュアルなグルーヴに重きを置くレーベル、Spiritual Life Music を設立。純粋に音楽その物と向き会うSpiritual Life Musicの一貫した方向性は、ハウスシーンのみならずジャンルの枠を超えて高く評価され、African Jazz "Stubborn Problems", Ten City "Nothing's Changed", Jephte Guillaumeの"Voyage of Dreams"や"Lakou-A", "The Prayer"、そしてSlam Mode, Mateo & Matos, Blazeなどによる諸作品は、いずれもクラブクラシックスとなっている。01年には、これまでのSpiritual Life Musicの活動を総括した、CD2枚組のコンピレ-ションアルバム"Spiritual Life Music"もリリースされている。 また、当時レーベルマネ-ジャーだったJerome SyndhamはJoe の活動に刺激されてIbadanを後に設立する事となったので、それもまた凄い話である。
Spiritual Life Musicの設立と同じ年にVinylでのBody & Soulもスタート。Francois Kevorkian, Danny Krivitという大ベテランと共にBody & SoulのDJブースに立っていたJoe Claussell。DJプレイを通じて、音楽に託したメッセージを操り、ダンスフロアへBody &am p; Soulの魂の伝達を試みる。そうした彼のディープでシリアスなDJスタイルは、多くの人々から熱烈に支持されている。
Spiritual Life MusicとBody & Soulの成功を通じ、ハウスシーンの第一人者となったJoe Claussellは、この頃からリミックスなどのプロダクションも精力的にこなし始める。 Herbie Hancock, Femi Kuti, Tokyo Ska Paradise Orchestra, Chaka Khan, Michael Jackson, Beth Orton, Roy Ayers, Dennis Ferrer, Sade, Ananda Project, Mental Remedy, Monday Michiru, Cesaria Evora, Toni Braxton, Ronny Jordan, Nitin Sawhney, Nina Simone, Cassandra Wilson, Salif Keita, Diana Ross, Misia, Peter Gabriel, Brian Eno & David Byrne, Thom Yorke (Eraser), Radio Heads, Womack and Womack, Louie Vega, Heather Johnson, Manuel Gottching, Ame, Joi, Miles Davis, Double Exposure, Pat Metheny といったアーティストの楽曲等、Joe Claussellがリミキサーとして関わった傑作にはいとまがない。
99年にはアルバム"Language"をリリース。また、King Street Sounds/Nite Groovesからは、独特の芸術性に貫かれたDJプレイをダイレクトに収録した2枚組ミックスCD, "Mix The Vibe: Over 140 Minutes of Spiritual Journey"を、又イギリスのBBEから"Music....... A Reason to Celebrate" を発表している。これらの作品もそれぞれ高い評価を受け、大ヒットした事は言うまでも無い。
最近では伝説のラテンミュージックレーベル、Faniaのリミックスアルバム”Hammock House”や、期待の高かった”The Unofficial Edits of Joaquin Joe Claussell”, そして”Cosmic Ritual LP”, “Translate Part Two”, Lidy Sixの “Trembling Sensing Space”のプロジェクトを手掛けている。
また、地元NYでの”An Invitation To Openness”というタイトルのパーティーとラジオショウも企画されているというから楽しみである。
ダンスミュージック業界で、ミュージシャン、DJ、そしてアートと3つの才能に長け、その全てをクリエイティブに、そして情熱をもって取り組む天才もめずらしい。彼は音楽をあやつる建築家であり、芸術のリーダーなのだ。

For more information on what Joaquin Joe Claussell is creating Please check out his info on.
http://joeclaussell.com
http://sacredrhythmmusic.net/tremblingno
http://www.sacredrhythmmusic.net


Joaquin Joe Claussell からお贈りする “生きる喜び” ( Joe Claussellの解釈によるゴスペルミュージック)

2012年12月21日に起きた変化を感じたか、
それとも何も感じなかったかに関係なく、
地球上における人類の存在は今までは異なる意義を持った新たな時代へ突入した。
この新時代の幕開けと共に、過去に僕たち人類が犯してきた全ての過ちを償うことができるチャンスも到来した。
古傷を癒し、新しいことに挑み、自然に対し尊敬の念を抱きつつ耳を傾けることで地球を慈しみ、
お互いにいたわり合い、隣人を尊重することにより最終的に自由になることができるんだ。
片腕に平和、そしてもう一方の腕に調和を携えた、その両腕を大きく広げて、
全ての人々を受け入れるという、準備段階である時代を僕たちは生きている。
僕、個人としては、皆と音楽を共有し集うこと、また皆のダンスを介して、
個々のエネルギーを再び感じることを本当に嬉しく思っているよ。
是非このパーティに参加して下さい。
そして地球上の新たな息吹を皆で称賛しよう。ゴスペルダンス、
リズムの本質、全ジャンルにおよぶダンスミュージックの音に合わせ、一緒に喜びに満ち溢れつつダンスし、歌うんだ。

さあ、踊ろう。

[Joaquin Joe Claussell]




RAY
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-08-23 23:22:40

突然ギャラファー!!

テーマ:ATSUSHI
$Galaxy Far Blog-20120825_galaxyfar_flyer

■Galaxy far

[Date] 2012.8.25(土) 22:00-

[Venue] Immigrant's Cafe

[Charge] \1,500(w/1d)

[DJs]
Atsushi (REHAB)
Ray (Ark)
Ichiya (DecaDance)
Inoue (Bistro椿)
Jun
Honda (Key of Life)
Bunpei


あまりにも突然ですが



明日土曜日にギャラファー開催。





そして思いつきで、夏終わるしみんなでDJしたい!!!


って思って一昨日、一緒にDJしませんか?


と上記の奇特な方々に連絡!!



するとどうでしょう。












デカダンいっちゃんにいたっては




ん?明後日?DJ?


あー


 
土曜かー・・









































いいよーヽ( ´¬`)ノ













いつも僕の楽しい飲み会をサポートしてくれているビストロ椿の井上君!!



ギャラファーオールドメンバーのジュン。(長野から参戦)



元デカ○ンスのブンちゃん!!



そしてもちろんキーライHONDA!!













あー









みんな良い人だ、俺の人生友達には恵まれてるなあー




ありがとう、楽しみましょう!!










他にも新潟では海やら楽天地やら古町やらハレルヤやらで沢山のパーティーが。




しかも地元DJばっか、すんげー街だわー







HONDAさんに関してハレルヤからDJはしご!!






他パーティー詳細に関しては自分で調べてみてね 笑










お待ちしてます!!!




あ、MASASHIは今回お休みいただきます!!








んじゃ!!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-07-26 14:33:35

暑い、いや熱い!!THIS WEEKEND ☆★

テーマ:RAY
先週末はギャラファーにお越し頂きありがとうございました!!
まー変わらず頑張っていきますよ。HOUSE MUSIC IS MY LIFE!!


さてギャラファーはいったん措いといて、今週末の要注目パーティをピック。


まずは僕(RAY)の代名詞「Ark」には、な、なんとBlack SheepKei SuganoさんがゲストDJで登場!!

え?・・・Keiさんですよ??

そう、Dazzle Drums の。

このブログ見てくれててDazzle Drums知らないっちゃーダメですぜ。

最近のディープハウスの歌モノでかなり際立った存在感。

ギャラファーでも結構かけさせて頂いてるんす。

ほれ!つ″



・・・ね、良いでしょ??

$Galaxy Far Blog-20120728_blacksheep
■7/28(土) House Music Party「Black Sheep」
[Venue] Ark
[Open] 21:30-
[Guest DJ] Kei Sugano(Dazzle Drums) http://www.dazzledrums.com/
[DJs] Ryuta,Nozaki,Mar

ADV \2,000(1D) / ADM \2,500(1D) 1Drink. \500
*ドリンクは25:00迄となります。Ticket info 080-3354-8148 ntt-no@i.softbank.jp

※当日券でのご入場は制限させて頂く場合がございます。前売りチケットのご購入をお勧めします。
※フェイスブックイベントページの参加クリックで置きチケ対応致します。間違えなく盛り上がると思います! https://www.facebook.com/events/144071662383241/

Kei Sugano (Dazzle Drums)
ヒップ・ホップ・カルチャーに刺激を受け、92年にディスコでDJのキャリアをスタートし、93年にソウルフルなハウスやダンス・クラシックスを中心とするスタイルへ。
90年代は頻繁にNYCに滞在し、〈The Loft〉、〈Zanzibar〉、〈Sound Factory Bar〉、〈Warehouse〉、〈The Shelter〉、〈Body & SOUL〉 などのダンスフロアを体験し積極的に音楽を吸収。そして2005年よりNagiと共にDazzle Drums名義で楽曲制作を開始する。
〈King Street Sounds〉、〈Centric Music〉などの海外レーベルからリリースを重ね、2010年より自主レーベル〈Green Parrot Recording〉を始動。Danny KrivitやJoe Claussell、Tony Humphriesなどにプレイされている。
またR&BハウスミックスのCDコンピレーション『NK RMX』は現在4枚リリースされ(そのうちのMy Joy (NK RMX) / Leela Jamesは以前Timmy Regisfordも〈eleven〉でプレイ)、シリーズ初のアナログ・カットは発売後数日でソールドアウト。
今年DJ活動20年を迎え、益々精力的に活動の幅を広げている。レギュラーパーティは青山LOOPにて毎月第二日曜日夕方開催〈Block Party〉、 不定期開催〈Monkey Mountain〉など。
http://www.dazzledrums.com/


んでもって同日!デカダン@Immigrant's Cafe には中沢将紫アニキがゲストで登場!!

$Galaxy Far Blog-中沢将紫あにき
中沢将紫(Nakazawa Masashi)
89年にハウスミュージックに出会い、92年「DISC GARAGE NIGHT」で、実弟であるDJ KAZUMI(RockSteady)とのプレイでDJデビュー。
prahaには95年のオープン時に在籍。その後、新潟市内の小箱”frisky?”での「SMILE」を経て、99年からprahaで開催されたROOP BARではMuzicSelectorを09年まで歴任。その間も03年「URGE vol.3」でTheo Parrishとの初共演に始まり、6回に亘り共演を果す。
06年にはTheoの同胞のMOODYMANNとも共演、またprahaにて国内外のTOP DJを招聘してきたURGE.においても新潟在住DJで唯一出演を果たしフロアを熱狂に包んだ。
昨年夏には、氏のプレイを高く評価するTheo ParrishがNYのBigParty『RA-X』に招聘し世界デビューを飾り、新潟のクラブシーンに衝撃と最高の刺激を与えたことは記憶に新しい。
レコードをプレイする基本動作の質の高さ、選ぶレコードの自由性=意外性、確かな音楽性、そして弾き出す3バンドのアイソレーター捌きとブースで誰よりも激しく踊る姿から見てとれる音楽への尊敬と愛情など、どの有名アーティストよりも、ここ新潟に大きな影響を与えてきたことは間違いの無い事実である。


敢えて取り出してもう一回書きますね。

昨年夏には、氏のプレイを高く評価するTheo ParrishがNYのBigParty『RA-X』に招聘し世界デビューを飾り、新潟のクラブシーンに衝撃と最高の刺激を与えたことは記憶に新しい。

セオに招聘される人間って、果たして今世界にどれだけ存在するんでしょうか(?-?)

Theo Parrishって誰?とかやめて下さいね。

いくらユルいギャラファーブログだからって流石にそこまではフォローしませんよ。

$Galaxy Far Blog-20120728_decadance
夏本番!DecaDanceに満を持して新潟が誇るWorld Famous Supeme DJ 中沢将紫が登場!!
フェス真っ盛りなこの時期、デカダンは、ここ新潟にいながらワールドクラスのクオリティを地下にてご提供。
昨年、Theo Parrishによって招聘されNYのBigParty『RA-X』にてPLAYした中沢将紫が久々のGIG!!!!
All Vinyl、3台のターンテーブル、オリジナルのUrei、カスタムのアイソレーター、そして今や新潟のアングラダンスミュージックシーンを支えるサウンドデザインfebruary audioが創造する衝撃のサイケデレリア。
真夏のNight Clubin’ってすなわちこういうコト!

■7/28(土) DecaDance Special SUMMER Edition 【DECADANCE SUPREME!】
HOUSE,DISCO,ACID,TECHNO etc.
[Venue] Immigrant's Cafe
[Open] 23:00-
[Guest DJ] 中沢将紫
[DJs] ichiya
[SoundDesign] february audio
ADV \1,500(1D) / ADM \2,000(1D) 
※『facebook、Twitter、BLOG等見た』等でもwithフライヤーと同金額で入場可能
https://www.facebook.com/events/166007303524579/

是非、ハシゴで★




RAY


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。