1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-22

作風。

テーマ:思うこと
どの位だろうか?

作家や窯元の数。益子・春の陶器市には500を超える作家・窯元が出店する。お隣の陶産地・笠間でも、同時期に同様なイベント開催。規模は益子ほどではないが、相当数の作家・窯元。
本場である関東以西以南(註・「箱根の関を越えたら、焼き物で非ず」と言われているとか。)には、
六古窯をはじめとした多くの陶産地があり、多くの作家・窯元。
国内産業的にはマイナー産業だけど、業界内では、ライバル多数存在。

作り手それぞれ、オリジナリティを出した作品を世に出していると思う。
伝統的な作風の人でも、単色のシンプルな作風の人も。
僕の作風?は灰釉を流したビードロ釉。

作風

大物や展覧会作品以外で、ここまで流す作家はいない!!
と、自惚れは出来ぬ。本場・伊賀ではこんなの当たり前。もっと大胆に、もっと繊細に流している。
(註2・名前が酷似している作家さんがいます!大胆豪快な作風の方です)

料理が映える、器に魅せられて飛び込んだ陶芸の世界。
最初から灰釉に取り組んだ訳では無い。先生の許での修行時代、先生や先輩作家と街のお祭りで陶器販売することに。さて何作ろう。今より何倍も下手クソなロクロに下手クソな絵付け。売れる訳ないわな。
初展覧会は、同じ先輩方と東京でのグループ展。ロクロはやめて、型起こしに買い薬、なんだ あの色は!売れる訳ないわな。別の先輩作家さんには「コメントする価値なし」と言われた。

月日が経って、独立間際に、先生に行かせてもらった『窯業指導所(研修所)』半年間の研修期間で決めた釉薬がほぼ現在の釉薬。デザインは独立後マイナーチェンジを繰り返して、現時点が安定期。

安定は停滞なり。
次なるデザインも考えている。
発表は夏の個展かな?








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-14

益子陶器市・2017春、出店します。

テーマ:お知らせ
4/29()~5/7()
益子陶器市・2017春 に出店参加します。


2017陶器市DM01

会場エリアは、城内坂通り(焼き物通り)が中心ですが、少し手前の駅周辺から
反対側に少しだけ離れた『つかもと』辺りまで、広範囲です。

新田のテント出店場所は、
町のランドマーク・益子焼窯元共販センター『大たぬき』近くのロードサイドです。


2017陶器市DM02

こんな感じの看板(フラッグ)を掲げる予定です。

陶器市・フラッグ

私のところの開店時間は、8:00頃~18:00頃(5/7は~16:00) です。



益子までのアクセス。
・電車(真岡鉄道~益子駅)
・直行バス(秋葉原~(笠間)~益子)
     (JR宇都宮~益子)
 そして、車。   があります。

エリア内各所に駐車場はありますが、中心に近いほど早い時間で満車になります。(駅周辺の駐車場からの連絡バスがあります)
私の出店場所近くの大駐車場は、8:00過ぎには満車になることもあります。
(出入りがあるので、終日満車ではありません)


また、とくに初日など、周辺道路が渋滞します。
早め早めのお越しをお勧めします。

陶器市全体については、
『益子町観光協会』のwebサイトをご覧ください。



facebookで繋がっている方へは、このトピックをもって
陶器市のご案内と致します。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-31

30年。

テーマ:思うこと
栃木に帰ってくる予定なかったんだけどなぁ。

1987年3月31日。僕は大阪に向かった。
国鉄最後の日。小中学校が一緒だった友人と、国鉄謝恩切符を片手に。
男二人旅。なぜか神戸の外人墓地・六甲山。
免許取り立てだったよな。友人の運転する重ステ車で六甲山上がったね。
「ハンドル切れない!」言いながら。

当時2校しかなかった放送学科のある大学へ。日芸もあったけど学科試験があったので大芸に。
(学科のある、学免は落ちた!!)

友人は栃木に帰ったけど、僕は大阪の外れに。
テレビの仕事をしようと思っていたので、AM局しかない栃木は眼中になく、
あわよければKEY局?? 甘かったねぇ。東・名・阪 のほぼ全てとN受けて全滅。
だけど、老舗の照明会社に入れて「夢は金ドラ!」だったのに。

あれ?携帯電話もまともに入らない、栃木の山里で暮らしているよ。
おかしいなぁ。












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。