さくま青果の釣り日誌

「さくま青果ステッカー」は男の証!「さくま青果ステッカー」のジムニーでデカソイ!デカアブ!釣ったるぞ↗↗


テーマ:
読者の皆様方、今日もお寄り頂き誠にありがとうございます。
ブログ村ランキングに参加しています。下の3つのバナーを順番にクリックしてくれるとそのパパの励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村

釣行記 ブログランキングへ
(読者の皆さんにもいつもお返しのクリックをさせて頂いているのでご安心下さいね。)
-----------------------------------------------------------------------
暇だったので、

普段使うタックルケースからフックを取り出して、

ステンレス用六角軸 軸付砥石を、

電動ドライバードリルにセットして、
オフセットフックのバーブをガリガリ削りました。

左がバーブを削ったオフセットフック。キレイに削れるもんでしょ。
削る時の注意点は、いきなりバーブを削ろうとすると、フックをしっかり掴んでいても削れる反動で結構フックがどっかにスッ飛んでいっちゃうことがあるので、バーブの向きに逆らわずじっくり削っていく事と、太軸フックだと結構熱持っちゃうので火傷に気を付けるってことかな。
キャッチ&リリース派のそのパパにとってはバーブは邪魔な存在そのもの。こうするとフックを外しやすいし、何より魚へのダメージも少なくなるしね。手返しも早くなる。
バーブが無いことによってバラシが多くなるかというと、それは経験上感じたことはないのでバーブは必要は無しと言うのが結論。

とりあえずこんだけ作ってみました。これで暫くもつでしょう。

で、トラウトとかだとバーブレスのフックって良くあるけど、何故オフセットフックにバーブレスが無いのかって考えてみたけど、オフセットフックってばマーケットの殆どがバス用で、バスは基本リリース禁止だからっていうのがその理由なんだろうなと思うわけ。
バーブレスフックが必要なら自分で削れっていうことなんだろうね。
ということでこれからも暇を見つけては砥石でガリガリだね。

でわでわ。


そのパパは今年も二つのメッセージを読者の皆さんに伝えていきます。
①フィールドでのライフジャケットの着用。
②必要以上の魚を持ち帰らない「キャッチ&リリース」

ロックフィッシャーとしての最低限のマナーを守っていきましょう。

-----------------------------------------------------------------------
ブログ村ランキングに参加しています。下の3つのバナーを順番にクリックしてくれるとそのパパの励みになります。


にほんブログ村

にほんブログ村


釣行記 ブログランキングへ

(読者の皆さんにもいつもお返しのクリックをさせて頂いているのでご安心下さいね。)

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

読者の皆様方、今日も寄り頂き誠にありがとうございます。

ブログ村ランキングに参加しています。下の3つのバナーを順番にクリックしてくれるとそのパパの励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村


釣行記 ブログランキングへ

(読者の皆さんにもいつもお返しのクリックをさせて頂いているのでご安心下さいね。)

-----------------------------------------------------------------------

今日はまじめにインプレッションの記事を書きます。

IMG_20170303_214609480.jpg

IMG_20170303_214647985.jpg

フラッシュJフラット3.5SW。使い込んでみました。

ポイントは太平洋某所。本当はクロソイの大物場に入りたかったんですが、風向きが悪く断念。アベレージが20㎝位の数釣り場所に入りました。

リグは、

3gのタングステンバレットシンカーを用いたテキサスリグ。フックは先週の初実戦で#2/0で心持ち小さかった気がしたので#3/0を使用しました。リグの重量は丁度1/2oz位です。

得意のスイミングで攻めてみました。

先ずキャストに関してですが、シンカーが3gと軽めですが総重量が1/2ozあるのでとにかく飛びます。力を入れずに普通にキャストしただけで想像以上の沖に落下します。

飛距離が稼げるということはサーチ範囲が広がるということですのでこれはとても歓迎です。

着水してからのカントダウンですが、ワームが低比重のせいかボトムを取るまでの時間、着底までの時間がかなり長い、言い換えるとゆっくり沈んでいくのが分かります。通常使っている、例えば2.2gのJHにフラッシュJ3”をセットしたものと比べると1.3~1.5倍ゆっくりフォールしていきます。

ゆっくりフォールした後のリトリーブですが、これもワームの低比重が生きているのでしょうね。非常にゆっくり引けます。超デッドリトリーブを可能としています。

ゆっくり引けるということはそれだけターゲットにアピールする時間が長いということ。当然バイトに持ち込む時間をターゲットに与える機会が増えます。実際小ゾイがつついてきてフッキングしないバイトが多くワンキャストで3回のバイトなんかは当たり前です。

運悪くフッキングしてしまった小ゾイですがこんな小さなソイが果敢にアタックしてきます。超スローリトリーブでもツインのカーリーテールがかなりのアピール力を持っているんでしょうね。

テールと言えば、ソイ類にはピンテール、ハドルテール、シャッドテールが向いててカーリーテールはあまり良い印象を持っていなかったというのが今までのそのパパでしたが、大きくフラットなボディとの相性が良いのですかね、これだけバイトが多いということはターゲットへのアピール力は相当のものというのが実感です。

そして釣れてくるソイのほとんど全てがこのフラッシュJフラット3.5SWの大きく幅広いボディを丸呑みにしています。超デッドスローがなせる業ですね。

こんな感じですね。

更に殆どのクロソイが上顎にフッキングしています。これはフラッシュJフラット3.5SWが海中でも安定した姿勢でスイミングしていることを示していますね。テキサススイミングでもワームがくるくる回ったりしない。そのことに気付いてからはフックの先端をワームから出すことにしました。フッキングをより確実なものにするためにね。これでピッチがなお上がりました。

キャストしていると時々フラッシュJフラット3.5SWが「キラッ」と光ります。これは腹部に入った幅広いアルミ板が光を反射しているのですが、少なからずターゲットの好奇心を誘引するものですね。

今晩攻めていたのはボトムに粗いストラクチャーがあってJHリグではかなりのスタックを覚悟しなければならないポイントでしたが、3gタングステンシンカーのテキサスということもあってかロストはゼロでした。

またワームの素材が固いので顎裂けなど全くなし、どころか次回のトライにもそのまま使える頑丈なワームです。

で、今日もノルマの50本をクリアしました。

 

ワームの新陳代謝は、あまたのメーカーさんの競争のせいか非常に早く、開発スタッフさん達の努力によって日々新しいワームが登場しています。それだけに新しいワームは直ぐに使ってみてその実力を知りたいと言うのがアングラーの欲というものですが、フラッシュJフラット3.5SWはかなり高い実力でその欲求を満たしてくれました。

・重めのウェイトが生む想像以上の飛距離。

・超デッドリトリーブで高アピール。

・低比重だが大きなボディでシンカーも軽いものを選択できる。したがってスタック知らず。

・固めの素材が生む高い耐久性。 

最近出てきたワームの中では、ちょっと惚れちゃいましたね「フラッシュJフラット3.5SW」。

これからもその可能性を探っていきます。

 

【おまけ】

フラッシュJフラット3.5SWが余りに釣れ過ぎて帰るまで時間が余ったので・・・

ネコリグで遊んでいたら、

ようやくコツがわかり、

名もないストレートワームで、

量産しました。

コツが分かれば意外と簡単。5連荘を含め短時間で13本。

フフフッ。

 

タックルData

 

カレイド TKLS-70MLX スピンコブラQ7

イグジスト2506

モアザンセンサー+Si 10lb、R-18フロロリミテッド12lb

 

スーパーテクナ S-TAV610CLP+J “Bait Finesse Special”

アルデバラン BFS XG

トルネードVハード1.5号

 

 

今年もそのパパは二つのメッセージを読者の皆さんに伝えていきます。

 

①フィールドでのライフジャケットの着用。

②必要以上の魚を持ち帰らない「キャッチ&リリース」

 

 

ロックフィッシャーとしての最低限のマナーを守っていきましょう。

 

 

 

 

でわでわ。

 

 

-----------------------------------------------------------------------

ブログ村ランキングに参加しています。下の3つのバナーを順番にクリックしてくれるとそのパパの励みになります。



にほんブログ村


にほんブログ村


釣行記 ブログランキングへ

(読者の皆さんにもいつもお返しのクリックをさせて頂いているのでご安心下さいね。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。