ごまおファンド

小型成長株に分散投資

チラシの裏書。

テーマ:

2日連続ストップ高。

 

おそらく月曜日もストップ高。

 

 

一気に水準訂正されると思いますが、いまのところ売るつもりなし!

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リプロセル、富士山、シスロケ、パートナーエージェント、ソーシャルワイヤ、比較、プラップジャパン、GNI、keeper、チャームケア、ジェイリース、G-FAC、ライドオンEX、サンフロンティア、アエリア。PCDEPOT空売り。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アイスーリュイの新保険目録収載に関するお知らせ

 

 

当社の革新的な肺線維症治療薬であるアイスーリュイ(ピルフェニドン)が、本日、中 国人力資源社会保障部が公表した国民基本医療保険、労災保険、出産医薬目録(2017 年 版)(新保険目録)に、薬品分類乙 850 番として収載されましたのでお知らせいたしま す。

 

 

 

 第2のそーせいとしてしこんでいたGNIが爆発中です。枚数が少ないので、悔しいところもあるのですが、久々に大当たりを当てました!

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ソーシャルワイヤー、業界リサーチ「BIZLAB」と業務提携

 

ソーシャルワイヤー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:矢田 峰之、証券コード:3929)は、シンガポール各業界データベースや市場動向の簡易リサーチサービス「BIZLAB Singapore(ビズラボシンガポール)」を提供するNIHON ASSIST SINGAPORE PTE.LTD(80 Robinson Road、Managing Director:関 泰二)と業務提携と行い、現在CROSSCOOP SINGAPOREの利用企業に無償提供しているBIZLABの機能を、当社が運営するすべての海外拠点(シンガポール、インド、ベトナム、フィリピン、タイ、インドネシア(※1))のレンタルオフィスにおいても提供を開始いたします。
本業務提携により「CROSSCOOP」海外拠点利用企業は、各国・各業界の情報収集を無償で行うことが可能となり、アジア各国市場進出時の戦略立案や実際の販路開拓の局面において、スムーズな事業展開を図ることができます。
(※1)インドネシアはフランチャイズによる運営です。

https://www.atpress.ne.jp/news/122242

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
リプロセル:
 3Q単独ならば黒字に。ipsの実用化が進んだら、大化けすると思う。ipsは日本の京都大学発。リプロセルも京都大学と提携している。ホールド。
 
 
富士山マガジンサービス:
 小幅増収、大幅増益。ただし、来期は大幅増収予定だが、減益予想。保守的予想だと思う。また、仮に減益だとしても、種まき期間だと思うので、気にしない。ホールド。
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 高田延彦といえばとぼけたオジサンとしか思えないだろうが、1997年以前は、ベビーフェイスのプロレスラーだった。
 
 プロレス団体のエース、兼、団体経営者。
 
 よく考えたら、とんでもない重圧を背負っていると思う。
 
 はっきりいって、単純にアスリートよりも、プロレス団体経営のほうが、よっぽど大変だと思うわけで。
 
 いまだにプロレスと格闘技のヤオガチ論争があるが、ぶっちゃけたところ、格闘技の世界では一番強い奴ではなく、一番儲けた奴が賞賛される。
 
 UFCヘビー級チャンピオンよりも、パッキャオやメイウェザーが格上なのは、儲けているからである。格闘技の世界では儲けたやつが偉い。はっきりいって強いとか、弱いとかはあんまり関係無い。ロンダ・ラウジーよりも強い選手がでてこようが、観客をあれだけヒートさせて、ギャラも高額だったラウジーには及ばない。
 
 そういう意味で、メインイベンターとしてのプロレスラーたちには一定の敬意を表すべきだとおもう。
 
  

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
<引用開始>

 日本には西洋のような「革命」はないとされてきた。しかし、織田信長でさえ正面から対決しなかった朝廷との戦争を制し、我が国固有の法を定めた男がいた。彼こそが「日本史上唯一、成功した革命家」とする論考が、注目を集めている。

 発表したのは社会学者の大澤真幸(まさち)さん(58)。
 
 
 
 日本史上の著名人物を検証。後醍醐天皇や織田信長は一見、革命を実現したようにみえるが、志半ばに終わった。豊臣秀吉や徳川家康により革命が成就したともいえそうだが、2人はむしろ「反革命的」とみる。関白や征夷大将軍に就くなど、朝廷という既存の権威に依存したからだ。

 大澤さんが、唯一成功した革命家と位置づけるのは、鎌倉幕府3代執権・北条泰時(1183~1242)だ。
 
 1221年の承久の乱で後鳥羽上皇の朝廷と対決。武士が皇族と戦うには、上皇や皇太子らの命令に基づく「院宣(いんぜん)」や「令旨(りょうじ)」を必要としてきたが、泰時はそれなしに京都に攻め上って朝廷軍を倒した。泰時ら幕府による戦後処理も厳しく、後鳥羽ら3上皇を流罪にし、仲恭天皇を廃した。朝廷の外の人間が皇室関係者を断罪したのは「日本史上、後にも先にもない」と大澤さん。

 幕府は朝廷の監視や西国支配の拠点として六波羅探題を設置。「東国と西国が統一された」とする。

 さらに泰時が“武家の法典”ともいえる御成敗(ごせいばい)式目(貞永式目)を定めた点に注目する。式目は御家人間の紛争を公平に裁く基準を明らかにし、関東の寺社について修理を推奨した。寺社についてわざわざ規定することで「寺社が幕府の支配下にあると示した」。

 古来、唐の法を手本とした大宝律令のように外国の法を参考に法がつくられてきたが、「日本史上初めての体系的な固有法」(大澤さん)となり、その後も社会に広く浸透した。
 
<引用終わり>
 
  後鳥羽上皇から朝敵とされたのは北条義時であり、朝廷と戦うことを決断したのは、北条義時である。義時は嫡男の泰時を大将とし、承久の乱を戦った。
  
 
 御成敗式目は完全に泰時の手柄である。
 
 皇国史観の水戸学でも後鳥羽上皇を批難し、泰時を礼賛しているようである。そろそろ、昭和天皇を大胆に批判する言論人があらわれてもいいだろう。
 
 誠に理想の政治家は北条泰時である。泰時が昭和天皇の側近にいたならば、クーデターをおこし、無責任な昭和天皇を廃していたと考える。
 
 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。