鎌倉府の足利家末裔 足利頼氏

テーマ:

室町幕府の足利尊氏は子供(母は鎌倉北条家の最後の執権:北条守時の妹)に将軍を継がせ、弟の血統は関東支配を行った。それが戦国時代の足利家の分家(小弓公方家、古河公方家)である。

 

室町幕府将軍足利義教の時代に、義教が暗殺されたことがきっかけで(嘉吉の乱)、関東の足利氏の権威は低迷していき、落ちぶれることになった。そして、鎌倉北条家とは何の関係ないと思われる後北条家なる一族が台頭し、関東は北条王国になるのである。

 

信長の野望・創造 戦国立志伝

足利頼氏は小弓公方家という落ちぶれた足利分家の人です。信長の野望でプレイすると雑魚すぎてどうしようもないです。統率1です。。

 

この人の父親は足利義明は後北条家との戦で敗死。里見家に保護されたようです。そして、足利義明の娘と里見家が婚姻関係にあったとwikiに書いてありますね。里見八犬伝の伝説もこのあたりが起源なんだろうか。

 

頼氏のお姉さんが秀吉の小田原征伐で一夜をともにし、それで関東足利家を復興させたらしい。秀吉は子供を期待していたらしいが、子供はできなかった。ここで子供ができていたら、足利家の血を引きますから、嫡男としての正統性は抜群です。いくら主筋の織田信長の血をひく淀殿とはいえ、信長も生まれは下賎であり(尾張守護の斯波氏の代理である織田家のその重臣筋)はっきりいって淀殿もただの側室で終わっていたのでしょう。

 

足利家の血筋だったら将軍に相応しいので、秀吉の政権構想も室町幕府の真似になっていたんでしょうね。

 

秀吉としては、主君の織田信長の政権を簒奪し、側室や息子をひどい殺し方で殺したこと、自分も部下にいつ裏切られるかと実は不安だったと思う。だからこそ、足利将軍の血筋にこだわったんだろう

足利将軍の血筋をひいていれば、信長よりも自分のほうが正当性があるから、気分的に楽だったのでは。

AD

必要な情報と、不要な情報

テーマ:

自分は人の銘柄を真似して買うコバンザメ投資法が主なのですが、自分でその銘柄を調べれば調べるほど、疑念がわいてすぐに売ってしまいます。よさそうだと思って買って、調べて、やっぱり止めておこうというのがほとんど。

 

例えば、アイスタイルはかなりいろいろと調べたのですが、決算説明資料でアイスポットという新事業について、市場規模が小さすぎて僕には無駄に思えました。アットコスメそのものは利益でておらず、むしろアットコスメの実店舗で利益が上がっている状況。そして、中国事業ではテレビを使って広告しているけど、その費用負担が大きい状況でした。自分は、アイスポットなどの多角化は売上を伸ばして決算をよくみせたいがために、無理やり計画にねじこんでいるのではないかと思い売りましたが、そのあと、アイスタイルは大きく上昇しました。アイスタイルはPER5~6倍くらいだったと思います。

 

アイスタイルを持ち続けられるとしたら、事業を細かく精査するというよりも、俯瞰的に、事業全体像を見ることができる感性が必要で、ザックリした全体像の成長性や独自性からしたら、小さな不安点は無視するべきだったのかもしれません。自分の企業分析はネガティブな粗さがしに終始していたようです。

 

また、テンポスバスターズもかなり自信がありましたが、有名投資家のツイートをみて、自信がなくなり、そうそうに利益確定していまいました。

 

自分は多くの局面で正しい感性をもっていたのですが、花壇から花を引っこ抜くことが多々ありました。

 

クックパッドについても売ってしまった。しかし、これは今のPERがまだ割高感があるからと、時価総額が大きいと感じたからです。しかし、カカクコムなどは1兆円の企業にまでなりましたし、現在の2000億円の時価総額がむしろ小さいかもしれない。

 

不要な情報にまどわされないために、企業や現在の市場の全体像を俯瞰して、判断できるようになるのが、自分に必要ではないかと思いました。

AD

Cookpad’s maverick founder stirs recipe for ...

テーマ:

http://www.japantimes.co.jp/news/2016/05/20/business/corporate-business/cookpads-maverick-founder-stirs-recipe-unrest/?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

 

英語の勉強もかねて、英語記事を読む練習。意訳でまちがってるかも

 

unrest 不安

maverick 異端者

spat ちょっとしたけんか

rock 揺り動かす

kick out 追い出す

moved to ~する気にさせる

enrage ひどく怒らせる

send ~に打撃を与える

shares 株式 

tumbling 宙返りする

call on 要求する

dump 解雇する

whipsaw 犠牲にする

skirmish 小論争

exile 国外追放

unilaterally 一方的に

in effect 実際には

stake 賭け

sought 求めた(seekの過去形)

compromise 妥協

 

Cookpad’s maverick founder stirs recipe for unrest

クックパッドの異端者の創業者は、不安にするためにレシピをかき混ぜる。

 

A spat is rocking one of Japan’s most popular Internet companies after the founder moved to kick out the board, enraging staff and sending shares tumbling.

創業者が委員会を追い出す気にさせ、スタッフをひどくおこらせ、株価を宙返りさせた後におきたちょっとしたけんかは、日本で最も人気のあるインターネット起業を揺り動かしている。

 

Akimitsu Sano, who owns 44 percent of Cookpad Inc., shocked investors in January by calling on them to dump all other directors of the recipe-sharing site, saying the company was neglecting its main business.

クックパッドの44%の株主である佐野陽光は1月に投資家にショックを与えた。レシピ共有サイトのすべての他のディレクターが本業を無視しているために、彼らの解雇を要求したからだ。

 

The stock fell 23 percent in one day and has whipsawed with each new skirmish in a battle to control a firm with more than 85 million monthly website users.

株価は1日で23%下落し、8500万人以上のユーザーをもつ企業をコントロールするために新しい論争によって株価は犠牲にされている。

 

Facing exile, as Sano’s stake in effect meant he could unilaterally replace them, the then board sought to negotiate a compromise, and by February reached an agreement for some members to retain roles.

国外追放に直面している佐野の賭けは、実際には次のように意味している。彼は一方的に彼らを取り換えることができた。そのとき、委員会は2月までに合意に達すればいくつかのメンバーを残すという妥協案を交渉することを要求した。

 

Nine directors — Sano, five of his picks and three others from the previous board — were anointed by shareholders at the annual meeting in March.

佐野は5人を選び、9人のディレクター、

 

クックパッドのライバルallrecipes.com

テーマ:

allrecipes.comが事業展開する地域。

スペイン、アラビア圏は歯抜けになっている。

allrecipes.comの勢いがないところを重点的に攻めるのだろうか。早くしないと彼らが展開してしまう。穐田氏と対立してまで、行動を起こしたことには理由があると思う。

 

こういうのは先行者利益が大きいから、先に知名度を上げたものの勝ち。

 

http://allrecipes.jp/advertisewithus.aspx

 

Allrecipes(オールレシピ)は、世界最大のオンラインフードコミュニティサイトとして、皆様に楽しい料理生活を提供することを目的に展開されてサービスでございます。毎年4億人以上のユーザーが、正統で信頼できるコミュニティのAllrecipesサイトを通じて、多様な料理アイデアと経験を共有しています。Allrecipesは、23ヶ国、12言語で展開する18つのウェーブサイトで、世界中のおうちシェフに新しい料理世界を紹介しています。

佐野氏は2012年、社長職を穐田氏に譲り、海外戦略を促進。だが、結果は厳しく、米国のレシピサイトや、自動販売機で野菜を売る新事業などは、いずれも難航していた(今年2月に減損処理を実施)。

そこで、米国など海外レシピサイトへの追加投資を主張したところ、取締役会で拒否されたことが主因だったとみられる。前社外取締役の岩倉正和弁護士は株主総会で「米国の事業がうまくいかないので資金を融通してほしい、という依頼を経営陣が拒否したのが発端」と明かした。

http://toyokeizai.net/articles/-/114047?page=2

 

つまり、佐野氏の一連の行動は海外展開のための投資を拒否されたことが原因。みんなのウェディングを買収する金があるのだったら、海外展開に先行投資しろよっていうことでしょう。全然変な話じゃない。

 

http://forbesjapan.com/articles/detail/10646

ドイツ銀行東京支店のアナリスト風早隆弘氏は、クックパッドの目を見張る成長が、日本が抱える根本的な問題への答えになるとしている。「日本の主婦は総体的に社会とのつながりを失いがちですが、クックパッドはそんな女性たちに様々な機会を提供することができます」

 

インドネシアやアラビア圏などの保守的地域でクックパッドが伸びているのは理由があるのかも。女性の社会進出が進んでいない地域で伸びやすいのだろうか。

クックパッド

テーマ:

主力をクックパッドにしました。

 

クックパッドは業績好調にもかかわらず、株価は下落しています。

理由は多角化経営を進める会社方針を改めて、創業者が経営に大きく関与するようになったことです。特売情報などは子会社化し、レシピサービスに注力するということ。

 

クックパッドの本質は変わっていないのに、お家騒動的にネガティブに報道されることで、株価が大きくさがったので、ここは買いだと判断しました。

 

クックパッドは日本では独走状態で、今後もライバルはでてこないと思います。また、海外展開も数年前からはじめていますが、スペイン語圏やインドネシア語圏、アラビア語圏で、利用者が増えています。将来、各国のリアルタイムの人気メニューを家庭でつくれるようになるってワクワクしませんか?