京都市左京区の京都大医学部付属病院で昨年11月、入院中の女性患者の容体が急変し一時重体となった。体内から糖尿病治療に使われる高濃度のインスリンが検出されており、京都府警は1日までに、何者かが故意にインスリンを投与した可能性もあるとみて捜査を始めた。
 病院や府警によると、インスリンが投与されたとみられるのは90代女性患者。高インスリン血症による低血糖発作により意識不明の重体になったが、医師の処置を受け回復しその後退院した。
 病院側が府警に相談したため発覚。府警は病院関係者や家族らから事情を聴いている。
 中村孝志病院長は「事件性も疑われ、患者の家族に説明の上、京都府警に届け出た。原因究明とともに捜査に全面的に協力し、院内の医療安全の確保に努める」としている。 

【関連ニュース】
肥満対策に健康な日本食を=大使館が料理指導
86例目の脳死移植実施
生活指導で脳卒中リスク減=糖尿病患者追跡調査
協和キリン、アジア地域での糖尿病性腎症薬の開発権取得=一時金32億円
2型糖尿病に新規リスク遺伝子=アジアのやせ形患者に関与

景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく-財務局長会議(時事通信)
覚せい剤で起訴の男性無罪=「第3者関与か」所持否定-名古屋地裁(時事通信)
ビヨンセが6冠=マイケルさんに生涯功労賞-米グラミー賞(時事通信)
<神奈川イメージアップ大賞>火坂雅志さんら3人を表彰(毎日新聞)
保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)
AD