20170423競馬予想

テーマ:

時間がないので土曜の回顧も日曜の予想も東京しかしていません。

 

<東京12R・1000万下>
軸 ダイワインパルス
本線 ラテラス、クラシコ
穴 プレスアテンション
次点 ピントゥリッキオ、シュナウザー
おさえ 3、11、16
軸のダイワインパルスはこの条件得意。枠も問題なく短縮。前走は2番人気9着も全く走らない中山なので問題なし。血統面でも土曜日の東京で好調だったデピュティミニスターの血を保持しており後押しあり。好材料多く、これが5番人気ならば狙いやすい。相手は前走で軸馬に先着、好枠のラテラスと、能力と適性上位だがダート戦転戦後初の多頭数内枠となるクラシコ(できれば内で包まれてこけてほしい)が本線。穴は外枠で短縮、このコース実績あるフジキセキ産駒のプレスアテンション。

AD

20170422競馬予想休み

テーマ:

今週も土曜は予想を休みます。

 

「最近いろいろ」の中のひとつの資格試験の勉強が先週でひと段落付いた(限りなく不合格に近い)と思いきや、今週は第二子が生まれ(出張であまり会えずでしたが)、今まさに混沌としているためです。

AD

20170416競馬予想

テーマ:

結局皐月賞の予想に悩みすぎて、他のレースを十分に検討できなかったため、今週は皐月賞のみにします。

 

<中山11R・皐月賞>
軸 アウトライアーズ
本線 ファンディーナ、ペルシアンナイト
次点 カデナ、アルアイン、ウインブライト
おさえ 2、5、9、13
土曜を見る限り高速馬場。軸のアウトライアーズは多少時計がかかる方が良いと思っていたため、代わりに前走マイル重賞勝ちあってこの馬より位置が取れるペルシアンナイトに変えることも考えた。しかし、最終的にはアウトライアーズもマイル勝ちがあってスピード面で致命的な不安はないことや、何よりも人気が8番人気とペルシアンナイトよりもだいぶ下ということもあり、結局初志貫徹でアウトライアーズを軸に(「高速馬場で届かず4着」というよくあるパターンになりそうなのは怖い)。今年1走で余裕のあるローテ。前走は休み明けに加えて3~4コーナーで若干内に押し込められる場面も。父も祖父も皐月賞馬であり、この馬自身も中山コースで実績がある。
相手は単だけ売れており連はカデナと差はないどころかむしろカデナの方が売れていそうな売れ方のとおり(例えばアウトライアーズからの3連複だとスワーヴリチャード相手もレイデオロ相手もファンディーナよりもカデナ相手の方がオッズがつかない)、揉まれずスムーズに競馬ができれば「1着」を取る力が魅力のファンディーナが1番手。ただし、ファンディーナがマークされたり内に押し込められたりで凡走する可能性も十分あり、その際の相手2番手にはペルシアンナイトを指名(3連複的にはむしろファンディーナが凡走したときの爆発が面白い)。こちらは父に似つかわしくないスピード寄りの戦績で、高速馬場はむしろプラスな印象。
あとは売れ方通り、鞍上ともども勝ち切るか微妙も安定感ありそうなカデナ。前走はロスあり普通に悪くない競馬。あとはスピード寄りでかつしぶといアルアイン、スプリングS勝ちのわりに人気なく、前走12キロ馬体減激走の反動なければのウインブライトの3頭を次点に。

AD

20170415競馬予想休み

テーマ:

今週も土曜は出張帰りで新聞も買えていないので予想を休みます(最近は毎週仕事で京都方面に行っていますが、今日は滋賀で拾ったか京都で拾ったかわからないものの花粉がいつも以上にきついです)。


明日も土曜の競馬を見られるのは夜以降となり、予想もその後になりますが、日曜は予想します。とはいえ日曜も資格試験であまり遅くまでは予想できないのでおそらく福島をまず捨てて中山と阪神に注力します。

20170409競馬予想

テーマ:

桜花賞は結局ジュエラー1着軸(で、3着のアットザシーサイドが抜けた)の昨年と似たような予想で行きます。3場開催をじっくり予想している時間がないので福島は検討もしていません。

 

<阪神11R・桜花賞>
軸 アドマイヤミヤビ(1着流し)
本線 ソウルスターリング
次点 レーヌミノル、アエロリット、ミスパンテール
おさえ 1、6
雨が残る馬場とはいえ、普通に上位人気馬が能力上位でかつ2頭とも血統的にはあまり雨は苦にしないと思われるため、予想がしにくいレース。ソウルスターリングも前走を見る限り余力十分で死角がなさそうに見えるが、アドマイヤミヤビも近2走それなりに強いメンバーを相手に完勝。前者の単勝オッズが1.1~1.2倍とかなり集中しており、後者は2番人気とはいえ単勝は8倍前後。これならば、G1となれば信頼度No.1のMデムーロ騎乗、強い馬を"追う立場"で強さを見せるハーツクライ産駒ということで、アドマイヤミヤビの逆転に賭けてみたい。
相手は包まれにくい外枠を引いてしまい、無難に競馬をすれば崩れにくくなったソウルスターリングが本線。相手抜けのハズレ覚悟で、3連複の相手は次点の3頭のみ。レーヌミノルは前走が強い競馬。ダイワメジャー産駒もこのコース実績あるが、雨が残ってスタミナが要求されそうなのが若干気になる。アエロリットは相手なり。ミスパンテールはレーヌミノル同様血統的に魅力あるも、もう少し人気を落としてほしかった。
おさえの2頭はアドマイヤミヤビ頭の3連単の相手のみ。単は売れていない連ベースでの3番人気リスグラシューも、アドマイヤミヤビ同様追う立場のハーツクライ産駒で普通に悪くもないので、超ガチガチ決着になってもおかしくないのが悩み。

 


<阪神6R・500万下>
軸 エネルムサシ(1着流し)
本線 クリノサンレオ、ショウナンカイドウ
穴 ライラムーン
次点 メイショウグンパイ
おさえ 2、4、5、9、15
芝からダート替わり、好走実績のある短縮ローテ、父はこのコースで実績のあるキンシャサノキセキと好材料を揃えたエネルムサシの1着軸。長期休養明けであるが、新馬2着時の相手を考慮すると500万下では能力上位の可能性が高い。前走も芝戦だったが差し追込馬が上位を占める厳しい展開で5着。仕上がっているかだがこればかりは蓋を開けてみないとわからず、あとは展開的に変に外のショウナンカイドウと競らなければ。

相手は本来人気になりにくいタイプが今回人気になっている点が若干引っかかるもこのメンバーでは上位のクリノサンレオと、前走はそれなりに先行した馬には厳しい展開だったショウナンカイドウの2頭が本線。

穴は前走がショウナンカイドウと同じレースで先行馬に厳しい流れ(そしてこのレースは延長ローテ)で、2走前、3走前は休み明け。4走前は今回と同じ阪神ダ12でコクスイセン、ブラックジョーら現在上のクラスで戦っているメンバーと接戦したライラムーン。

20170402競馬予想

テーマ:

<阪神11R・大阪杯>
軸 ミッキーロケット
本線 マカヒキ、アンビシャス
穴 ステファノス
次点 キタサンブラック、ヤマカツエース
おさえ 6、7
軸のミッキーロケットはこのコース実績のあるキングカメハメハ産駒。神戸新聞杯でサトノダイヤモンドに迫り、日経新春杯はシャケトラを相手に粘りの競馬。菊花賞はやや距離が長く、前走はスタート決まらずでこの2走は敗因あり。また出遅れる可能性もあるが、そのあたりは本来スタートは上手い和田騎手に期待。
相手は晴れて馬場が乾きそうなのはプラス材料で、近走よりも少しでも距離を短縮するのもプラス材料のマカヒキと、こちらも同様に馬場が乾きそうなのはプラスで昨年の覇者のアンビシャスの2頭が本線。穴はこれも同様に馬場が乾きそうなのがプラスで2走目に上昇してくるステファノス。


<阪神12R・鳴門S>
軸 プレスティージオ(1着流し)
本線 カネトシビバーチェ、ダノンフェイス
穴 ヒロブレイブ
次点 チェリーサマー
おさえ 1、3、8、12、14
前走内枠でハナを切るまでに苦戦したプレスティージオが軸。今回は外枠から他馬を見ながら3-4番手というような3走前このクラスで2着した時のような競馬が期待できる。カジノドライヴ産駒とこのコースの相性も良い。相手は適距離のカネトシビバーチェと、昨年春の内容を考えると休ませて本来の力が出せればこのクラスでも能力的にやれるダノンフェイスの2頭が本線。穴は軸同様のカジノドライヴ産駒で人気になりにくく末脚堅実なヒロブレイブ。

20170326競馬予想

テーマ:

高松宮記念は3頭(レッツゴードンキ、フィエロ、ソルヴェイグ)から迷ったものの、人気や雨が降るということでタフな馬場に適性がありそうなことからソルヴェイグを軸にしました。


<中京11R・高松宮記念>
軸 ソルヴェイグ
本線 レッツゴードンキ、シュウジ
穴 フィエロ
次点 セイウンコウセイ、レッドファルクス
おさえ 1、11、12、18
軸のソルヴェイグは急坂がある中山や阪神、洋芝の函館で好走していることから、タフな状況に適性があると想定。前走の敗戦は、慣れない逃げということもあるが、それ以上に京都の良馬場であり、かつ数字上も重め残りということから力を存分に出せていないと判断した。目標のレースに向け、適性では引けを取らないため、あとは函館SSを勝ったときのようにスタートを決めてスムーズに2~3番手につける競馬をしたい。スプリント戦のわりに何が何でものような逃げ先行馬が少なく、その要望がかないそうな構成ではある。

相手は馬場が渋ることで、追走に苦労するほど速くなりすぎなければ力を発揮でき、近3走このレースの主要メンバーと別路線を歩んだのはプラス材料のレッツゴードンキと、多頭数&短縮で2走前のようにうまく壁を作って折り合えればハマりそうなシュウジが本線。穴は別路線、短縮のフィエロ。

 

<阪神12R・1000万下>
軸 ジョースターライト
本線 レインボーソング
穴 スノードルフィン
次点 オルナ、レッドウィズダム
おさえ 9、11
人気馬に阪神ダートの実績がない馬が目立つ構成。軸のジョースターライトはズブい反面持続力があり、タフなコースや動きやすいこの程度の頭数は歓迎。多少雑でも強引に乗った方が持ち味が出るため、モズライジンのように自ら動いていく中谷騎手への乗り替わりもプラス材料と判断。人気になりにくい馬でもあり、今回も5~6番人気程度。相手は阪神実績ないものの、厳しい流れを粘ってピットボスに食い下がった3走前が価値大(同じく先行して負けたスリーアローやニホンピロヘーゼルは巻き返してすでに勝ち上がり)のレインボーソングが本線。穴は阪神好相性のスノードルフィン。


<中京12R・鈴鹿特別>
軸 カフジオリオン
本線 コロマンデル
穴 ミトノゴールド
次点 タッチシタイ、モンスターキング
おさえ 1、3、9、14
逃げられさえすればしぶといが、昇級後はスムーズな競馬ができずに苦戦しているカフジオリオンを軸に選択。昇級後の凡走続きで9~10番人気と人気を落としている状況。500万を快勝した好相性のコースに戻るのは素直にプラス材料。昇級後を見ると1200mでは距離不足の模様。1400mの3走前は逃げられたが、現OP馬のコウエイエンブレムに早めに交わされる苦しい展開、同じ1400mの前走はスタートが決まらず何もできず。とにかくスタートが全て。出遅れたらテレビを消す(?)。

相手は前走の相手も強く、このクラスでは能力上位で血統的にも馬自身もこのコース相性良く死角が少ないコロマンデルが本線。穴は、前走はコウエイエンブレムが勝ったレースで一定のレベルにあったミトノゴールド。あとは前走かなり厳しい展開で見せ場を作ったタッチシタイと、前走負けすぎも過去ダート戦でイーグルフェザーを破っている短縮のモンスターキングを多少。

20170320競馬予想

テーマ:

<中京6R・500万下>
軸 アラマサクロフネ
本線 キョウワゼノビア、オリエンタルダンス
穴 ジョリガーニャント
次点 クリノセゴビア
おさえ 1、3、11、15
人気になりにくいタイプで、今回も休み明けということで7番人気と人気を落としているアラマサクロフネが軸。今回は牝馬限定でもやや低調なメンバー構成。昨年このクラスで3度馬券になっており(そのうち2回が10番人気以下)、中でも牡馬混合の2走前3着時のメンバーは2、4、5着馬がその後クラスを勝ち上がるメンバーが揃っていた一戦で、同馬は能力上位の存在ともいえる。前走は先行馬に不利な展開&直線で前が詰まる競馬で、惨敗も仕方ない競馬。休み明けで仕上がっていないリスク、外の坂井騎手や和田騎手あたりの先行馬に絡まれるリスクが怖い面もあり、全幅の信頼は置けないが、人気と能力のバランスで同馬を軸として選択する。相手は好走した3走前同様ダート1200mへの短縮となるキョウワゼノビアと、揉まれ弱く好走か惨敗かが激しいタイプであり、前走は内で強力な先行馬につぶされた形のオリエンタルダンスが相手本線。

20170312競馬予想

テーマ:

結局日曜も1つだけになってしまいました。

 

<阪神12R・1000万下>
軸 ヴェゼール
本線 エイシンカーニバル、タガノヴィッター
穴 クリノシャンボール
次点 コパノリスボン、メイショウカロッタ
おさえ 11、14、15
軸のヴェゼールはこのコース実績のあるパイロ産駒。11着だった前走は長期休養明けが響いたというよりも、内枠の先行馬が全滅する流れの方が厳しかった印象。2走前は10着以下敗退馬でも続々その後勝ち上がっている強力メンバーのユニコーンSで、3走前もユニコーンSほどではないものの世代でも上位の馬が揃っていたOP特別。3走前は現OPのコウエイエンブレムと接戦の3着であり、能力的にはこの中でもむしろ上位の可能性は十分あると判断。7番人気と人気を落としているうちに狙いたい。相手は凡走後向きのエイシンカーニバルと、前走軸にした(そして粘れず4着で5万馬券を逃した)際と同理由で、好凡走激しいがスタート決めてまともに走ればクラス上位のタガノヴィッターの2頭が本線。穴は揉まれ弱い同馬には絶好の大外枠を引いたクリノシャンボール。