20160625競馬予想

テーマ:
ダート戦しか馬柱を見られていませんが、久々に土曜予想をします。

<東京11R・夏至S>
軸 コアレスキング
本線 エイシンバッケン、カフジテイク
穴 ラストダンサー
次点 ビッグリバティ、クロスボウ
おさえ 8
好臨戦のコアレスキングが軸。このコース有利の外枠、短縮で、1400m実績があり、1000万下を勝ち上がったときと同じく短縮。近走2桁人気が続いていたように、人気になりにくいタイプで今回も7~8番人気程度と狙いやすい。脚抜きの良いダートも得意で、好材料を揃えた。相手は外枠の降級2頭は特に減点材料もないのでそのまま評価。あとは内枠でも短縮の馬を穴~次点に3頭並べる。


<東京9R・日野特別>
軸 ロッジポールパイン
本線 レッドゲルニカ、ラインフェルス
穴 エメラルエナジー
次点 ディアコンチェルト、トーセンラムセス
おさえ 4、11
多数の降級馬と近走このクラスで馬券になっているイキの良い3歳馬という好メンバー。1、3、4番人気馬が半分より内に入ったこともあり、上位人気に付け入る隙ありと判断して予想レースとした。その中でも軸は7番人気とそれほど人気を集めていないロッジポールパインを選択。この馬の前走は3着だが、外枠でも狭い位置に入り、前が詰まって立て直してのもので、まともならもっと差のない競馬ができていた。サウスヴィグラス産駒で本来はそれほど揉まれたくない。今回も外枠で競馬がしやすく、スムーズに競馬ができれば。相手は脚抜きの良いダートで前進、外枠で競馬しやすいレッドゲルニカと、降級組で枠順もよいラインフェルスの2頭が本線。穴は降級組で、500万下を圧勝したときと同じ大外枠のエメラルエナジー。


<阪神8R・500万下>
軸 コパノリスボン
本線 タマモイレブン、ワキノハガクレ
穴 ツーエムカイザー
次点 ミカエルシチー
おさえ 1、2、3、4、14
軸のコパノリスボンの前走は、先行馬が一掃される厳しい流れ。先週函館戦で軸にしたエポックも同じレースに出走して先行して大敗していた馬だったがすぐ巻き返し。この他にも、ヨシオ、ワンダーサジェス、ストロボフラッシュなど負けていた馬が次々と巻き返すメンバーが揃っていた1戦であった。このハイレベルなレースの中、延長ローテで前に行って6着に粘ったこの馬の能力は評価したい。ただし、たまに出が悪い面があるのが最大の懸念点。とにかくスタートを決めたいところ。相手は降級2戦目の組からタマモイレブンとワキノハガクレの2頭を本線に。穴は降級組で、減量騎手で無理やりにでもハナを奪えれば3走前の再現あるツーエムカイザー。
AD

20160619競馬予想

テーマ:
阪神12Rのドリームキラリや、阪神10Rのホストやペイシャモンシェリなど、あまり揉まれたくない馬が外枠を引けなかったり、逆に東京10Rでは断然人気のゴールデンバローズが有利な大外枠に(この馬は枠関係なくこのクラスだと走ってしまう気もしますが)、あとは阪神6Rもタキオンレディーが思ったより人気がなく良いと思ったら、1つ外に減量でガリガリ競りそうな逃げ馬がいるなど、予想を見送る契機が枠であるレースが複数ありました。
函館芝も結局見送りで、ダート戦中心になりました。


<東京11R・ユニコーンS>
軸 ピットボス
本線 ゴールドドリーム、ストロングバローズ
次点 グレンツェント
おさえ 1、10
人気3頭が有利な外枠に入ってしまった。見送りも考えたが、絞って購入。軸のピットボスは先行馬少なく展開有利、前走延長後の短縮。枠は微妙だが、スタートを決めて2~3番手をキープしたい。相手はこの条件ならヒヤシンスSの再現あるゴールドドリームと、先行力あるストロングバローズの2頭が本線。


<函館10R・木古内特別>
軸 マイネルアトゥー
本線 オイルタウン、ニシオボヌール
穴 ヒルノデンハーグ
次点 ツクバイーメーカー、コマノサラサ
おさえ 7、12
降級馬5頭に前走500万下で馬券になっている3歳馬2頭という好メンバー。軸は3歳馬からマイネルアトゥーを選択。近2走はいずれも展開向かずの4着。特に2走前4着時が好メンバーで、この馬が先着した中にもシゲルキハダマグロやクリノリトミシュル、レッドヴェルサスら500万下でも上位のメンバーが存在。人気も単勝のみ売れているものの、6番人気程度であり問題ない。相手は短縮実績あり、降級、展開不問で鞍上のせいか人気なく、こちらの軸も考えたオイルタウンと、能力上位のニシオボヌール。穴は近走展開不利で、逃げられさえすれば一発あるヒルノデンハーグ。


<函館7R・500万下>
軸 エポック
本線 コスモカナディアン、トウケイフクキタル
穴 シゲルクロダイ
次点 メイショウナゴミ
おさえ 1、8、13
降級馬2頭が人気。ただし、1番人気のベーリングメファは近走牝馬限定戦しか走っておらず、2走前勝ったのも牝馬限定戦で付け入る隙ありと考える。軸のエポックは好凡走を繰り返している馬で、凡走後。前走は先行馬が一掃されたレースで度外視。また、そもそも同じように惨敗した組からストロボフラッシュ、ヨシオ、ワンダーサジェスがすぐに巻き返したように、そもそもメンバー自体も強かった。相手は3歳馬のコスモカナディアン、トウケイフクキタルの2頭、穴も3歳馬で芝からダートに戻るシゲルクロダイ。
AD

20160618競馬予想休み

テーマ:

土曜は見送ります。

最近はダート戦中心ですが、芝でも函館は特殊で面白いので楽しみです。まずは初日で馬場傾向を観察したいと思います。

ただし、函館芝でも函館スプリントSは「そもそもどんな人気の順番になるか」すらわからない混戦。今年は芝1200mレースを高松宮記念しか予想レースに挙げていないように、芝1200mは重賞でもほとんど見送ってきましたが、ここも重賞は見送るかもしれないです。

AD

20160612競馬予想

テーマ:
前の記事で書いた馬の初志貫徹で行くかどうか、人気や枠を見て悩むレースが続きました。
重賞は見送り、ダート戦を買います。先週の結果を見ても、土曜のクロフネビームス等を見ても、現在の東京ダートで降級の強い馬が外枠に入るとなかなか崩れません。ただ、土曜の東京10Rで凡走したクールエイジア、アバオアクーらのように、飛ぶとでかいのは確かなので、極端な脚質の馬や内枠の人気馬で不安があれば切ってみるのも手と考えています。


<東京12R・500万下>
軸 ワイルドダンサー
本線 ラインフェルス、ベルウッドケルン
穴 ネコダンサー
次点 ヨクエロマンボ、サノマル
おさえ 3、4、12、13
ネコダンサー軸で購入予定だったが、軸馬ワイルドダンサーが有利な大外枠、短縮で、降級にもかかわらず6番人気と想像より大きく人気がないのでこちらを軸として購入。降級前のこのコースでは5着、4着と馬券には一歩届かずも、4着時は勝ち馬が準OP級のブラゾンドゥリス、5着時もすぐに500万を勝ち上がる馬が多数でメンバーが揃っていた一戦。降級で有利な臨戦にもかかわらず人気がないここは狙い目。相手は同じく降級組、2走前は負かした相手で複数の馬がすぐに勝ち上がっているメンバーが揃った1戦だったラインフェルスと、前走は出負けが痛かった(軸にしていたので馬券ももっと痛かった)が本クラス上位の力は示したベルウッドケルンの2頭が本線。穴は3歳馬でアルーアキャロルやグレンツェントら、この世代でも上位のメンバーと500万下でそれなりの競馬をしており、前走はスムーズに先行できず自分の競馬ができなかったネコダンサー。


<阪神10R・箕面特別>
軸 ゼアミ
本線 スマートアヴァロン、セクシーボーイ
穴 トウケイタイガー
次点 センターピース
おさえ 3、6、11、14
1~3番に、人気の一角ウォリアーズソウルやエルフィンコーブなど行きたい馬が並んだ。また、揉まれたくないシャラクやコージェントらの出方次第ではそれなりにペースが上がりそうな印象。軸のゼアミは実績のある1200mへの短縮。前走は2走前で差す競馬で結果を出している。相手は降級で実績のあるコース、距離、短縮のスマートアヴァロンと、前走展開に恵まれたが今回もまた恵まれそうなセクシーボーイ。穴は短縮で競馬しやすい枠を引いたトウケイタイガー。3走前、2走前は不利な中山ダ12の最内枠に入り、前走はラディカルが最後方から差しきる不利な流れで力を出せていない。


<東京9R・小金井特別>
軸 ロンドンタウン
本線 エイシンバランサー、ウェイトアンドシー
穴 カネノイロ
次点 パッシングブリーズ、ダウトレス
おさえ 1、7、12、15
初志貫徹でロンドンタウンを軸にするかどうか、このコースであまり歓迎ではない内枠に入ってしまったことで悩んだレース。4走前でロンドンタウンに敗退しているものの、枠が良く短縮のカネノイロに変えるか、人気でも外枠に入って崩れなそうなエイシンバランサーにしてみるか(最終的にはたまに大ポカがある鞍上が怖くやめた)、近走展開きつかったウェイトアンドシーにするか迷った。結果、馬自身が過去内枠で2勝を挙げるなど内枠を苦にしない傾向があるため、内枠でも致命的にはならないのではと考え、初志貫徹でロンドンタウンを軸に。3走前、このコースで勝利。前走は1800mへの延長に加え、メンバー自体も素質馬がゴロゴロいるメンバーで8着は健闘。今回は実績のある短縮。あとは内でうまくさばけるか。相手は勝って同条件で枠もよいエイシンバランサーと、近2走厳しい展開のウェイトアンドシーが本線。穴は軸馬に過去敗退しているが、枠と臨戦は良いカネノイロ。

20160611競馬予想休み

テーマ:
木曜夜ではありますが、今のうちから土曜予想休みの予告をしておきます。

理由は単純に土曜は朝早くから出勤が決定しており、金曜日も十分に予想時間が取れないと考えられるためです。今後も、年内は土日出勤が多くなるため、それなりに休みは挟みそうですが、土日どちらかで予想を載せられるようにしようと思います(予想の勘を鈍らせないためにも。

土曜を休む分、日曜日にすべてを集中させます。特に、出馬表段階では、ダート路線に興味があります。東京9Rのロンドンタウン、京都12Rのセネッティやセカンドエフォート、東京12Rのネコダンサーらの3歳馬が、古馬相手にどの程度やれるか注目しています。

ただし、重賞はエプソムC、マーメイドSともに、あまりメンバーを見てもひらめきません。

なお、遅ればせながら(?)、近いうちにTwitterでもはじめようと計画しています。予想を定期的に載せられないことや、週中の更新があまりできない分、Twitterで何らかのちょろっとした発信ができればと思うのが理由です。

また、ずっと更新していないサイドバーなどの情報が古い部分も、少しずつメンテしていきます。

20160605競馬予想

テーマ:
(9:27訂正)安田記念のおさえ3、5→3、7。サトノアラジンのつもりで、コンテントメントになっていました。ミリオさん、ご指摘ありがとうございます。


安田記念は、過去数年のG1の中で、最も回避したい気持ちが強いレースです。
また、降級もあって能力的に無理に消しにくい人気馬が目立つこともあり、今週は様子見で行きます。

<東京11R・安田記念>
軸 リアルスティール(1着流し)
本線 モーリス
おさえ イスラボニータ
次点 3、7
これといった穴馬が見つからず、人気馬も悪くない。G1でなければ回避しているレース。それなりの配当を狙うには、どれか1頭の穴馬を決め打つよりも、「点数を絞る」「人気馬でもリアルスティールを頭に置き、抜けた人気のモーリスを相手にする馬券でボーナスを狙う」方が確率が高いと判断。軸のリアルスティールは、短縮で初距離。ただし、むしろ2400mぐらいよりはこちらの距離の方に適性がある印象。相手は若干仕上げに不安がある点で付け入る隙はあるかもしれないが、堀厩舎なので大きな割引もどうかのモーリス。あとは今の季節の東京ではとりあえずおさえておきたいフジキセキ産駒で、短縮のイスラボニータ。


<東京12R・三浦特別>
軸 ポムフィリア
本線 ベストマッチョ、サンタエヴィータ
次点 ブラゾンドゥリス
おさえ 6、7、14
人気馬が悪くないが、軸馬が6~7番人気と想像よりだいぶ人気がないので購入。軸のポムフィリアはこのコースで有利な外枠、短縮。2勝はいずれも短縮と、短縮実績もあり。降級組で能力的にも大きく見劣らず、3走前は今回と同じコースで不利な最内枠で0.4差8着、2走前は4着と、準OPでもそこそこ健闘していた。相手は、キャリア1戦の延長ローテという厳しい条件でも前走で完勝したベストマッチョが、揉まれにくい大外枠なら信頼できそうで、あとは短縮実績はないが、外枠、短縮のサンタエヴィータが本線。1番人気ブラゾンドゥリスも前走は準OPで延長ローテで好走しており、東京ダ16も大得意。能力と適性的には消しにくい。ただし、2走前に1番枠で凡走するなど、多頭数内枠で揉まれて良さが殺される可能性もあり、できれば軸馬が走ったうえでこの馬が飛んでくれるのが理想。


<東京10R・由比ヶ浜特別>
軸 メイショウメイゲツ
本線 ブリクスト、ショウナンライズ
穴 カトルラポール
次点 クードラパン、マイネルディアベル
おさえ 1、7、10、15
(今年の当コースの傾向は「延長不利なものの枠はそれほど大きな偏りはない」が)このコース定番の内枠、短縮のメイショウメイゲツが軸。降級組。相手は軸馬を前走で撃破し、ここも同コースで同じような枠、同クラスならば大崩れはなさそうなブリクストと、実績がある距離への短縮となるショウナンライズの2頭が本線。穴は1番人気のワンスインナムーンを3走前に撃破しているにもかかわらず、こちらは10番人気と全く人気が上がらないカトルラポール。好走した3走前同様の短縮。


その他のレースで気になる馬を記載。
・東京8R
マコトグロズヌイ(雨でほど良く脚抜きの良い馬場になり、切れ味勝負の差し比べになってしまうリスクあり。また、抜けた1番人気のダイワインパルスが前走厳しい延長ローテにもかかわらず好走し、かつ同距離で降級と悪くない点、2番人気のロッジポールパインも再度の好枠、3番人気のフクノグリュックも枠、臨戦とも良く人気馬が総じて悪くないので見送り対象に)

・阪神8R
ドリームキラリ(降級馬。3走前、4走前はこの距離で、それぞれの勝ち馬がブチコ、バスタータイプとそれなりの相手で展開も十分に向いていない中5着と健闘。500万下では上位。延長で楽に行ける可能性もあるが、この馬より外に減量騎手のレッドジェイドやサンライズウィズがガンガン競りかけられるリスクもそれなりにあり。また、1番人気ダノンレーザーと2番人気ドラゴンカップもあまり悪くはないので見送り対象に)

20160604競馬予想休み

テーマ:
本日は某セミナー参加などで予想時間を確保できないため予想を休みます。
本来出資馬のアヴニールマルシェの復帰戦(去勢明けで仕上げどこまで?)なので東京競馬場にでも行きたかったのですが・・・。
なお、もう1頭の出資馬のジャッカスバークも、先日セン馬になりました(砂被りダメ、雨が降らないとダメ、馬群ダメと好走条件がとても制約が多い馬)。以前持っていたスタートレイルもセン馬でしたし、私の出資馬の牡馬のセン馬率がとても高いです。

20160529競馬予想

テーマ:
土曜は見送って正解でした。
土曜東京9Rで軸候補だったリターンラルクは、横山典騎手特有の無理をさせない競馬(直線途中から全く追わず)で、次走以降の人気落とせば巻き返しに期待したいです。あとは、アキノアッパーーなども展開向けばそのうち穴がありそうな印象。土曜京都最終の先行馬も、今回は全く展開が向かなかったので、次走以降に狙えそうです。

日曜はダービーと、あとは今開催良い思いをしている東京ダート2鞍を購入します。

東京ダートは、4R/5Rも検討しましたが、結局見送りました。
東京4Rは、牝馬限定ということを踏まえてもかなり低調なメンバー。2番人気のファドが初ダートということもあり、第一段階ではこれを消して他の馬を購入しようと思ったものの、臨戦的に積極的に買いたい馬がおらず。本来脚質的には人気で信頼しにくい1番人気のヤマイチジャスティが最も好臨戦ということで、見送り。
東京5Rは、前走でともに自身の馬券に貢献してくれたレッドゲルニカやクインズサターンが1、2番人気。今回も好枠を引き、共倒れが見込めず、かつ外枠、短縮でもドミナドール、プッシュアゲンあたりを軸にするには能力的にどうかと思うのでまとまらずに見送ります。なお、ドラゴンシュバリエあたりはここで凡走し、東京以外に変わるか短縮で外枠替わりなどあれば、次走以降に面白そうです。ということで、この馬はここでは凡走してほしいです(できれば揉まれて)。

前置きが長くなりましたが、本題の予想です。

<東京10R・日本ダービー>
軸 リオンディーズ(1着流し)
本線 マカヒキ、サトノダイヤモンド
次点 ディーマジェスティ、マウントロブソン
おさえ 5、10
ハイレベルな馬が揃った世代の中でも、爆発力なら随一のリオンディーズ1着流し。前走は結果的には暴走。逆に、前走の流れでは4位入線に粘ったのが驚異的。前走の凡走と、内枠有利の傾向が一般にも完全に浸透している中の12番枠ということもあり、人気は4番人気へ。しかし、やはり先週のオークスのビッシュを考えても、大舞台になればなるほどどんな過剰人気でも買っておきたい(逆に、平場では過剰人気でかつ横山典騎手ばりのあっさりあきらめも多い)デムーロ騎乗、かつ最近の東京で求められやすい速い上がりにも対応可能。暴走のリスクはあり、一歩間違えると2004年に沈没したコスモバルクになる可能性もあるが、ピンかパーで爆発力に賭けて軸とする。相手は上がりが求められる今の東京の馬場は向き、今年2~3月の阪神での一連の騎乗を見ても(ブラヴィッシモやソルヴェイグなど)、以前より位置を取りに来る印象のある川田騎手騎乗も魅力のマカヒキ、安定感という意味だけなら最も信頼できそうなサトノダイヤモンドの2頭が本線。穴印は置かず、マカヒキ、サトノダイヤモンドの両方の凡走の可能性は低いとする買い方で。次点は上がり勝負に不安あるも、やはりダービーで有利な1枠を引いたので消しにくいディーマジェスティが1頭目。皐月賞でリオンディーズ同様、先行して早めに仕掛けたわりに6着と粘ったわりに単勝70倍の10番人気と、「人気と実績のかい離」という意味では最も大きいマウントロブソンが2頭目。


<東京11R・薫風S>
軸 ストーミングスター
本線 リアルプロジェクト、スマートアヴァロン
穴 アルタイル
次点 プラントハンター、マッチレスヒーロー
おさえ 4、5、11
まずまずの枠、短縮のストーミングスターが軸。過去短縮では5戦してすべて馬券になっている巧者。東京ダートも馬券を外したのは1年ぶりだった前走のみで実績あり。4走前にはこのクラスで馬券になった実績もある。現時点で単勝のみ売れているが、連からは5~6番人気。過去10着以下から何度も巻き返している馬で、変わり身も早い。自在性あり、近2走はいずれも前残りの流れに泣いたリアルプロジェクトと、延長と実績のない距離への延長ではあるが、あまり揉まれ強くない傾向のあるサウスヴィグラス産駒で、近4走続いた内枠から激走した5走前同様の外枠に変わるのはプラスのスマートアヴァロンが本線。穴は、短縮で2走前は前崩れの展開で度外視、前走は不利な内枠で展開も向かなかったアルタイル。



<東京7R・500万下>
軸 ベルウッドケルン
本線 コアプライド、メリーウィドウ
穴 アキトプレスト
次点 トップアドバンス、トラキアンコード
おさえ 1、4、13
前走で掲示板確保の馬が大半で、このクラスでメンバーが揃った印象。1番人気のデジタルフラッシュは実績上位でコース適性、短縮適性ともにあるが、不利な最内枠で、かつ平場では過剰人気気味で出遅れのリスクもあるデムーロ騎乗。これがこけることを期待し、この開催も含めてこのコース有利な臨戦である「外枠、短縮」のベルウッドケルンが軸。過去短縮では2走していずれも馬券になっている巧者。東京ダ16実績もある。相手は同じく短縮で、かつダート戦での短縮3戦はいずれも馬券になっているコアプライドと、多少雨が残る馬場で大外枠ならば大崩れはなさそうなメリーウィドウの2頭が本線。穴は1600m以下実績がないのは気になるが、外枠、短縮で脚質的にも安定して競馬できそうなアキトプレスト。

20160528競馬予想休み

テーマ:
土曜は結局見送りにします。午前中に時間が取れたので買おうとも思ったのですが、明日に専念します。

東京ダート戦を買おうと思い、昨日の雨が多少残る馬場(やや差し有利にシフト)踏まえて検討したものの、予想にとりあげるまで至らずでした。以下に見送りの理由を記載します(一応予想を考えたので、そのときの思考を今後のために残す「自分用メモ」的な意味合いもあります)。

・東京7Rは、オープンザウェイが短縮も、大外からスムーズな競馬ができた前走から一転して内枠。他に買いたい臨戦の馬もあまりおらず。
・東京9Rは、外枠、短縮は15番人気のノーフェイトが該当も、能力的にさすがに?延長でも前走展開不利、2走前は何もできずのリターンラルクからと思ったが、冷静に見て他の人気馬も皆悪くはないと判断。
・東京11Rは、差し有利にシフトする想定とはいえ先行馬が少なすぎ。騎手の判断で差していた馬も突然先行する可能性あり展開が難しい。外枠、短縮のヒラボクプリンスは短縮巧者であるが、近走はずっと差す競馬で展開向くか微妙。プロトコルは短縮で内田騎手乗り替わりなら近走とは一転先行させてくる可能性あり。ただし、切れ味勝負になる可能性もあり。やはりこのレースは展開と馬場の兼ね合いが難しい。
・東京12Rは、何頭かいる短縮の馬が、1800m以上向きで1600mは短いのでは?というタイプが多い。1600mでも走れるタイプの短縮の馬として、クラーロデルナやツインキャンドルがいるが、前者は内枠、後者は展開自体は向きそうだが差しに馬場がシフトすると残り200mぐらいで一気に捕まる可能性も?また、抜けた人気のオールマンリバーがそもそも悪くない。

明日のダービーは、今のところ、枠順のせいもあってか4番人気まで人気落ちしたリオンディーズを1着軸で購入予定です。
前走同様暴走したらそれまでで「ピンかパー」のイメージで買います。

また、今週末はPOGのドラフト。
今年はダービーのマカヒキ(あとレインボーライン・・・ただこの相手では厳しすぎる)次第で逆転優勝も可能ですが、馬券と応援は別で、マカヒキは1着欄ではなく相手として購入することを考えています。

POGとしては、昨年がミッキークイーンを大将に、ポルトドートウィユやレーヴミストラルが脇を固めるも2位、何年か前は「ディープブリランテ、ワールドエースを抱えるも他が全く走らず2位」や、その前は「ダイワバーバリアンやダイワファルコン、ハートビートソングなど脇役級の馬をズラッと揃えるも大砲がおらず3位」など、なかなか優勝に手が届きません。

20160522競馬予想

テーマ:
オークスは、土曜夜に多少降った雨はあるものの、基本は先週同様の高速上がり重視で予想します。あとは、前残りの京都ダート、短縮が決まる馬場継続の東京ダートから2つ予想しました。


<東京11R・優駿牝馬>
軸 デンコウアンジュ
本線 シンハライト
穴 ビッシュ
次点 レッドアヴァンセ
おさえ 2、4、5、6、12、13
先週のヴィクトリアマイル同様、高速の上がりを繰り出せる差し馬重視。軸のデンコウアンジュは過去上がり33.3で重賞勝ち実績ある差し馬。近走は前が詰まったりと力を出し切れていない。メイショウサムソン産駒もこのコースに実績あり。本線から穴、次点はいずれもディープインパクト産駒の差し馬を並べる。シンハライトは能力上位に加え、速い上がりにも対応。ビッシュはG1の舞台はどんなに人気なくてもマークしたいデムーロ騎乗も、前走で馬体が404キロまで減っていたのが気がかり。レッドアヴァンセは短距離馬が多い兄弟より距離がもたない可能性もあるが、急坂のある阪神から東京へかわるのはプラス材料で、高速上がり実績もある。


<京都12R・1000万下>
軸 アイアムナチュラル
本線 メイショウタラチネ、タマモユウトウセイ
穴 ゴールドブラザー
次点 ウォーシップマーチ、トウケイアロー
おさえ 1、7
次走で馬券内の馬を連発している伊勢特別出走組(2週前東京最終で激走したコロマンデルやナンヨーマークも該当)で、2走前もメンバーが揃っていたレース、前走は展開向かなかったゴールドブラザーを軸にしようと思ったが、土曜の京都は10番人気以下2頭をはじめ6R中4Rが逃げ切りの前残り馬場。6走前に先行させて勝っている藤岡佑介騎手への乗り替わりではあるが、普通に後方からになって「展開が向きませんでした」という懸念あり。13番人気と妙味はあるので買うが、ここは馬場を考慮して穴印へ。軸は、前残り馬場ということを考慮してアイアムナチュラルを選択。前走は、ラディカルの追込がハマったレースで展開は向かず。正直今回の人気の一角のメイショウタラチネを考えると、もう少し抵抗してほしかったというのが本音ではあるが、今回もこの馬より外に強引に行きたい馬がおらず、楽に外から1~2番手がとれそうな構成。相手は行った行ったを期待してメイショウタラチネ(軸馬同様、前走展開向かず)と、先行力と考慮してのタマモユウトウセイが本線。


<東京8R・日吉特別>
軸 ノースヒーロー
本線 コロマンデル、ラインシュナイダー
穴 ワイルドドラゴン
次点 ダウトレス
おさえ 4、6、7
先週日曜のキョウエイギア(東京10R)、ブライトリビング(東京5R)と同じく「外枠、短縮」のパターンのノースヒーローが軸。昨日土曜も短縮の馬は複数好走していた。馬自身、5走前に同じ東京1400mへの短縮を決めた実績もあり、コース適性と短縮適性のいずれも問題なく、好走材料を多数そろえているのでここは素直に軸に。相手は、前走軸にしたように能力上位(次走で馬券内を連発している伊勢特別出走組)のコロマンデル、前走はキングズガード他メンバーが揃っているレースで小差の2着とこちらも能力上位のラインシュナイダー。この2頭はそれなりに強力。穴はスランプからの復調気配のワイルドドラゴン。多少間隔が空いたのは気になるが、前走は距離延長でこのクラスでも上位争いできるアナザーバージョン、ウェイトアンドシー、クワドループルらと差のない競馬。これで12番人気というのは低い。