20160522競馬予想

テーマ:
オークスは、土曜夜に多少降った雨はあるものの、基本は先週同様の高速上がり重視で予想します。あとは、前残りの京都ダート、短縮が決まる馬場継続の東京ダートから2つ予想しました。


<東京11R・優駿牝馬>
軸 デンコウアンジュ
本線 シンハライト
穴 ビッシュ
次点 レッドアヴァンセ
おさえ 2、4、5、6、12、13
先週のヴィクトリアマイル同様、高速の上がりを繰り出せる差し馬重視。軸のデンコウアンジュは過去上がり33.3で重賞勝ち実績ある差し馬。近走は前が詰まったりと力を出し切れていない。メイショウサムソン産駒もこのコースに実績あり。本線から穴、次点はいずれもディープインパクト産駒の差し馬を並べる。シンハライトは能力上位に加え、速い上がりにも対応。ビッシュはG1の舞台はどんなに人気なくてもマークしたいデムーロ騎乗も、前走で馬体が404キロまで減っていたのが気がかり。レッドアヴァンセは短距離馬が多い兄弟より距離がもたない可能性もあるが、急坂のある阪神から東京へかわるのはプラス材料で、高速上がり実績もある。


<京都12R・1000万下>
軸 アイアムナチュラル
本線 メイショウタラチネ、タマモユウトウセイ
穴 ゴールドブラザー
次点 ウォーシップマーチ、トウケイアロー
おさえ 1、7
次走で馬券内の馬を連発している伊勢特別出走組(2週前東京最終で激走したコロマンデルやナンヨーマークも該当)で、2走前もメンバーが揃っていたレース、前走は展開向かなかったゴールドブラザーを軸にしようと思ったが、土曜の京都は10番人気以下2頭をはじめ6R中4Rが逃げ切りの前残り馬場。6走前に先行させて勝っている藤岡佑介騎手への乗り替わりではあるが、普通に後方からになって「展開が向きませんでした」という懸念あり。13番人気と妙味はあるので買うが、ここは馬場を考慮して穴印へ。軸は、前残り馬場ということを考慮してアイアムナチュラルを選択。前走は、ラディカルの追込がハマったレースで展開は向かず。正直今回の人気の一角のメイショウタラチネを考えると、もう少し抵抗してほしかったというのが本音ではあるが、今回もこの馬より外に強引に行きたい馬がおらず、楽に外から1~2番手がとれそうな構成。相手は行った行ったを期待してメイショウタラチネ(軸馬同様、前走展開向かず)と、先行力と考慮してのタマモユウトウセイが本線。


<東京8R・日吉特別>
軸 ノースヒーロー
本線 コロマンデル、ラインシュナイダー
穴 ワイルドドラゴン
次点 ダウトレス
おさえ 4、6、7
先週日曜のキョウエイギア(東京10R)、ブライトリビング(東京5R)と同じく「外枠、短縮」のパターンのノースヒーローが軸。昨日土曜も短縮の馬は複数好走していた。馬自身、5走前に同じ東京1400mへの短縮を決めた実績もあり、コース適性と短縮適性のいずれも問題なく、好走材料を多数そろえているのでここは素直に軸に。相手は、前走軸にしたように能力上位(次走で馬券内を連発している伊勢特別出走組)のコロマンデル、前走はキングズガード他メンバーが揃っているレースで小差の2着とこちらも能力上位のラインシュナイダー。この2頭はそれなりに強力。穴はスランプからの復調気配のワイルドドラゴン。多少間隔が空いたのは気になるが、前走は距離延長でこのクラスでも上位争いできるアナザーバージョン、ウェイトアンドシー、クワドループルらと差のない競馬。これで12番人気というのは低い。
AD

20160521競馬予想休み

テーマ:
土曜は予想を休みます。
本来、ここ2週ほど一気に調子が上がっているのでこの勢いに乗りたいところですが、予想時間がとれておらず明日も予定で時間を確保できない見込みなので、残念ながら見送ることにします。
オークスは、先週の東京芝の高速傾向が続いているかを見極めてから決めます。
AD

20160515競馬予想

テーマ:
(5/15 0:56修正 東京5R予想文内 コマンドグランデ→コマノグランデ ダート戦とはいえ→芝戦とはいえ)
(5/15 8:15さらに誤字修正 東京5R予想欄 ブライトビリング→ブライトリビング 予想文内は修正なし)

土曜は久々に予想したものの、やらなければよかったようなダメ予想でした。
明日はダート戦を中心に、絞ったり広げたり柔軟に予想します。
ヴィクトリアマイルは非常に難しそうです。

<東京11R・ヴィクトリアマイル>
軸 ストレイトガール
本線 ショウナンパンドラ、ミッキークイーン
穴 マジックタイム
次点 ウリウリ、ルージュバック
おさえ 12、16、18
土曜の馬場を見て感じたのは、差しが決まることと上がりが速いこと。過去のこのレースの傾向は逃げ先行有利であり、展開想定がなかなか難しい。一応、どちらかというと土曜の競馬を重視し、速い上がりを使える差し馬を重視して予想。軸のストレイトガールは昨年の覇者で適性は問題なし。昨年のヴィクトリアマイル、スプリンターズSはいずれも高速の上がりを繰り出して勝利。差せる馬で瞬発力比べになればこの馬の出番と判断して軸に。前走の凡走で一気に人気も7番人気程度まで落ちた。相手はディープインパクト産駒の差し馬2頭、ショウナンパンドラとミッキークイーン。穴は33秒前半の上がりで差せるマジックタイム。次点のウリウリもタメれば速い脚を使える馬で内枠も得意、人気も14番人気と急落、ルージュバックは東京コースで見直し。


<東京10R・青竜S>
軸 キョウエイギア
本線 アルーアキャロル、グレンツェント
おさえ 5、6、7
軸のキョウエイギアはこのコースで狙いやすい短縮、外枠。短縮機会では2度とも好走。地味な鞍上のためか7~8番人気と人気を落としている。相手はさすがに強力な人気2頭を本線に。あとは中位人気の距離延長組を全体的に嫌い、短縮組をおさえに少々。


<東京5R・500万下>
軸 ブライトリビング
本線 ネコダンサー、コマノグランデ
穴 シトラスクーラー
次点 プリンシアコメータ、レッドゲルニカ
おさえ 4、9、11
人気馬の中に、複数の初ダートの馬やダートの上位条件ではあまり活躍馬がいないハービンジャー産駒がいる構成。この時期の3歳のため、初ダートで全面的に嫌うのも危険だが、上位人気なら割り切って消しても。軸のブライトリビングはこのコースで狙いやすい外枠、短縮。前走は9着だが、このときは相手が強力。この馬に先着した馬の多くが勝ち上がるか馬券になり、この馬が先着した相手も芝戦とはいえ複数馬券になっている。相手は地味な血統で人気になりにくいが短縮でコース実績もあるネコダンサーと、同じく短縮のコマノグランデ。穴はこのレース1番人気のレッドゲルニカと前走で差のない競馬をしているにもかかわらず、現時点で単勝万馬券とオッズには大きな開きのあるシトラスクーラー。


<京都6R・500万下>
軸 ブラックジョー
本線 スーパーライナー
穴 セカンドエフォート
次点 エレメンツ
おさえ 2、3、4、5、7、9、11
軸のブラックジョーは、2走前が前残りの流れて届かず4着、逆に前走は追込馬上位の流れで早めに仕掛けて5着と、ともに展開が合わず。2走前に1番人気になっていたような馬だが、今回は8~10番人気と人気落ちが見込めて妙味あり。また、前走の延長ローテよりも今回の同距離ローテの方が良い。相手は短縮で実績上位のスーパーライナーが本線。穴は前走400m延長後の短縮となるセカンドエフォート。3走前はこのクラスを勝ち上がっているコウエイエンブレムと差のない競馬で、この馬が先着したデピュティスカイやヒナワジュウもその後馬券となっている好メンバーでのもの。このクラスでも通用。
AD

20160514競馬予想

テーマ:
まず土曜は、予想で好結果が出ているダート戦に専念します。

<東京12R・1000万下>
軸 シャドウチェイサー
本線 パイロキネシスト、ディアコンチェルト
穴 クロフネビームス
次点 オールマンリバー、グランフィデリオ
おさえ 4、7、8
先行馬が少ない構成。軸のシャドウチェイサーは先行馬、短縮。今回と同じ東京ダ16で連勝後、1000万では2連敗。2走前は出負け、前走は延長に加え厳しい展開。偶数枠でスタート決めて先行できれば、今回のメンバーなら展開に恵まれると考えて軸に。現時点で単勝のみ1番人気も、連からは5番人気前後になりそうで人気的にも問題ない。相手は前走が短縮、外枠で恵まれて3着も、展開からは今回も恵まれそうで前走の好走のわりに7番人気と人気もないパイロキネシストと、そのパイロキネシストに2走前で敗れたとはいえダートに転換後のここ2走で良い競馬を見せているディアコンチェルトの2頭が本線。穴は展開微妙も枠、臨戦なら軸馬よりもよいクロフネビームス。


<東京8R・500万下>
軸 ゴールドシェンロン
本線 スマートダイバー、ナンヨーアイリッド
穴 ホッコーヴァール
次点 フィラーレ
おさえ 1、6、10、15
軸のゴールドシェンロンは昨年の同時期には1000万下で馬券になっていた馬。500万下では本来能力上位。休み明けと前走惨敗もあって7番人気と人気を落としているが、本来の能力と東京ダート戦での実績、ダート戦での短縮では2度走っていずれも好走している点より、7番人気なら最低限は仕上がっている方に賭けて買ってみたい。穴は血統的にも実績的にもダート替わりはプラスになりそうなホッコーヴァール。相手は前走は意表をついた逃げもハマったが、そもそもずっと展開やメンバーに恵まれない競馬が続いていて能力はこのクラス上位のスマートダイバーと、3~4走前からこのクラスの東京ダート戦では上位のナンヨーアイリッド。

20160508競馬予想

テーマ:
<東京11R・NHKマイルC>
軸 シュウジ
本線 メジャーエンブレム、ティソーナ
穴 アーバンキッド
次点 イモータル
おさえ 5、7、9、10、13、18
時としてタガノブルグやムラマサノヨートーなど理解不能級の穴馬が突っ込んでくる穴レース。人気馬が内枠中心に入ったため、外差し狙いで買うことも考えたが、土曜の一連の競馬を見ると前が止まりにくく、一日でガラッと変わることも望みにくい状況。過去のこのレースの傾向からも、ややスピード寄りの馬を選択したい。軸のシュウジは最内枠。過去の6戦はいずれも急坂がある阪神や中京、もしくは道悪。単なる早熟馬の懸念もあるが、スピード寄りの走りからも、良馬場で急坂がない東京のこの舞台はむしろ向く可能性も。前走はタフな馬場で、ネオユニヴァースを祖父にもつの2頭のワンツー&3着も欧州血統という決着でのもの。ここでの惨敗で一気に8-9番人気まで人気を落とした。相手は内枠決着になるならば軽視できないメジャーエンブレム、血統、鞍上より、6-7番人気ぐらいなら軸も考えたが、実際は3-4番人気で実績のわりには人気しすぎの感があるティソーナの2頭が本線。穴はこちらも内枠のアーバンキッド。あとは10番人気以下の馬も手広く複数カバー。大穴を拾う狙いでティソーナ軸の馬券も少々。


<東京12R・立川特別>
軸 コロマンデル
本線 ウェイトアンドシー、アナザーバージョン
穴 クワドループル
次点 オニノシタブル
おさえ 1、3、7、8、14
3番人気以内の馬にオニノシタブル、プリサイスエースと追込馬が複数いる構成。中団より前につけられる馬狙い。軸のコロマンデルは好位5~6番手をキープすることができ、安定感が持ち味。外枠で競馬がしやすいのも強調点。前走は昇級初戦で6着に敗れるも、このときは強力なメンバーで、負けた馬からすぐに巻き返した馬が多数。土曜のダートで穴をあけたキングカメハメハ産駒でもある。相手は先行馬のウェイトアンドシーと、人気馬の中では比較的前に行けるアナザーバージョンの2頭が本線。穴も先行馬のクワドループル。オニノシタブルは前走は直線一気も2走前のように前に行くこともできるので一応。


<東京5R・500万下>
軸 クインズサターン
本線 スケールアップ、アオイプリンス
穴 リアリスト
次点 タニガワ、ベストマッチョ
おさえ なし
軸のクインズサターンは外枠で短縮。また、このコースで強調できるパイロ産駒。展開に恵まれたとはいえケイティブレイブと小差の2走前、上位が好メンバーだった前走よりも相手関係は楽に。相手は同じく短縮のスケールアップ、アオイプリンスの2頭、穴も短縮のリアリスト。人気馬では逃げる競馬の経験のみのドラゴンシュバリエと、ダート向き血統だが初ダートで砂を被りやすい最内枠はそれなりにリスクがあるアースコネクションの評価を落とし、おさえ評価の馬をなしで絞って購入する。


その他のレースで気になる馬を以下に記載。

・京都8R
ウインマハロ(近走展開が向かないレースが続いている。あとは相手関係)

・京都10R
テイエムジンソク(人気になりにくいハギノタイクーンとの2択。前走はサクセスグローリーがぶっ飛ばして沈没した特殊な流れ。京都でスムーズに先行できれば大崩れはないタイプ。人気馬に差し馬が多いため、展開面でも面白そうだがカラパナビーチやコンセギールの出方がどうか)

・京都12R
アドマイヤリバティ(短縮巧者であり、前走は延長、昇級で4着と健闘。同距離臨戦の今回の方がよいが、特性をつかんでいるか微妙な鞍上が控えてしまうと持ち味が出ない懸念も。あとは京都巧者のマーティンオート)

・新潟11R
アングライフェン(新潟は馬場を十分に分析できておらず、さらに中間の雨が難しくさせるが、土曜の結果を見る限りある程度先行できる馬が良いか。アングライフェンは前走は先行する競馬ができず不完全燃焼。積極的な競馬で)

20160507競馬予想休み

テーマ:
現段階で新聞も買えておらず、明日朝までに予想できなそうなので、前夜ではありますが今から土曜予想休み宣言となります。GWを挟んでいるにもかかわらず、先週日曜のメイン以降、全く復習もできていない状況です。
5月も土日はそれなりに予定されているので(仕事もそうですし、仕事以外でもセミナー参加、あとは家族サービスなどもあり)、なかなか競馬に専念できないのが悩みどころです。
早く以前のように競馬に時間を割きたいのが本音・・・のため、あとはもう一段階、タイムマネジメントの力(無駄な作業を減らして時間を創出する)を上げるのが目標です。

20160501競馬予想

テーマ:
天皇賞は軸馬を悩みに悩んで悩みまくって(昨日夜の時点で決まらず、今日朝も起きてすぐに決まらず、他のレースを全部終わらせて最後の最後で決断)、フェイムゲームを選択しました。

<京都11R・天皇賞(春)>
軸 フェイムゲーム
本線 シュヴァルグラン、アルバート
穴 アドマイヤデウス
次点 ゴールドアクター
おさえ 2、3、9、11、15
血統的にはトニービン保持の馬が特注のレース。また、例年よりも京都芝が重い印象もあり、昨日の京都も母父トニービンやハービンジャー、メイショウサムソンなど「重め」の血統の馬が好走。内が悪いわけではないが、ある程度ペースが締まったら差しが決まるのも特徴。例年先行馬が優勢のレースではあるが、今年の人気馬は前でレースをする馬。大阪杯のように先行馬にとって「無風」の展開になって立ち回り勝負になったらあきらめて、ある程度差しが届く展開にヤマを張る。軸候補で考えたのはフェイムゲームとアルバートで、この2頭で迷った。血統面より、この2頭はいずれもトニービン保持。ただし、やはりハーツクライとアドマイヤドンでは前者の方が天皇賞向きか。能力的にはフェイムゲームが昨年のこのレース好走から上位も、アルバートも大きな差はない。ただし、フェイムゲームの大きな不安は状態面。昨年もこのローテで好走はしているが、やはりダイヤモンドSからの直行というのはやや不安。ダイヤモンドSは特殊馬場&大外枠でトゥインクルに離されたことには不安はないが、悪い馬場の長距離戦で走ったダメージが抜け切れていないということも考えられる。強力な鞍上も含めたプラス面を重視してそれでも軸にしたが、半信半疑な面が残っているのも事実。相手は差し有利の展開になることを前提としたため評価するシュヴァルグラン。こちらも父ハーツクライ。もう1頭は前述のアルバート。2走前は雑な競馬で力の半分も出せておらず、前走はスローの流れが合わなかった。穴はこちらもトニービン保持のアドマイヤドン産駒で内でじっくり脚をためるアドマイヤデウス。


<東京8R・500万下>
軸 キングリオ(1着流し)
本線 アサクサスターズ、ギンパリ
穴 ココスタイル
次点 コピーライター
おさえ 1
軸のキングリオはこのコース有利な外枠、短縮。前走は400mの延長に加え、道中でまずアンリキャトルにまくられ、4角前には勝ち馬のジェイケイライアンに交わされる厳しい展開。3着に粘ったことを評価したい。相手は2走前からさすがにこのクラスでは上位のアサクサスターズと、短縮実績あってこのコース得意なケイムホーム産駒のギンパリの2頭が本線。穴は外枠、短縮、ダート替わりのココスタイル。


<東京6R・500万下>
軸 アーチキング
本線 デピュティプライム、ストリクス
穴 ファイナルコール
次点 ロワノワール
おさえ 8、9
似たような臨戦のファイナルコールとどちらを軸にするか少し迷ったが、アーチキングの方が人気が低い(8番人気)のと枠順を考慮してアーチキングを軸とした。勝利を挙げている距離への短縮。また、前走は負けた馬からも次走以降で巻き返す馬が多いレベルの高い1戦でもあった。相手はともにゲートさえ出ればこのクラス上位のデピュティプライム、ストリクス。穴は前述のファイナルコール。こちらは狙えるメイショウボーラー産駒の短縮ということもあって軸にしようか多少迷った。


<京都6R・500万下>
軸 カフジオリオン(1着流し)
本線 タマモユウトウセイ、メイショウナガマサ
穴 ウェーブキング
おさえ 4、7、15
上位7番人気ぐらいまでがほぼ一線の大混戦。人気馬の中でメンカウラーやワンダーヴァローレあたりの差し馬が届かず行った行ったの展開にヤマを張る。軸のカフジオリオンは近2走は逃げなかったのも裏目だが、前走は逃げていても厳しい前崩れの展開でもあった。3走前、4走前に結果を出している条件に戻り、他に人気のメンカウラーやタマモユウトウセイあたりにも近走で先着。鞍上が地味なこともあるか、人気も集中せず4-5番人気程度。相手は立て直したタマモユウトウセイと、短縮のメイショウナガマサの先行馬2頭。穴は前走が2~4着馬がすぐに勝ち上がるメンバーがそろっていた一戦で短縮のウェーブキング。

20160430競馬予想休み

テーマ:
現時点で1つも予想できていないこともあり、今週も土曜日は休みます。個別馬で、前走の競馬を見て次走出てきたら問答無用で買い、と思っていた東京8Rのサタンズクラウンがいるも、揉まれる可能性のある枠でさらに人気しており買いにくい(前走13番人気だったので、7番人気程度になってくれればと思っていたら甘かった)ので、ここは揉まれて敗退して次走に狙いたいという願望です。

天皇賞(春)もまだ枠順を見たぐらいで、ほとんど検討できていません。荒れやすいレースなので予想する側としては楽しみなレース。

過去(特に近年)天皇賞は穴なら先行馬や内枠が多かったものの、今年は1、2番人気が先行馬。このため今年は大荒れはないとみるか、逆張りで差し馬を評価するか。・・・今年は例年よりも京都は高速ではない感じな半面、G1週では高速馬場になりやすい昨今の状況からも(高松宮記念でだいぶ批判を受けたようですが)、土曜の競馬をみつつ判断したいです。

20160424競馬予想

テーマ:
基本的に東京に専念します。重賞はよくわからないので回避します。

<東京12R・1000万下>
軸 レッドカーラ
本線 ヘイジームーン、チョコレートバイン
穴 ユキノカトレア
次点 レインボーラヴラヴ、サクラディソール
おさえ 3、4、13、15
特に内枠有利という馬場でもなさそうなので、ヘイジームーンと軸を若干迷ったが、それでもこのコース定番の内枠、短縮という臨戦のレッドカーラを軸として選択。1400mは得意距離。短縮も得意。2走前の惨敗がやや不可解なのが気になるが、それでも3走前、4走前にこのクラスで連続しており能力はここでも上位。これで6走連続内枠を引いたが、内枠を生かせる器用さもある。あとは出遅れて後方ポツンという形にならなければ。相手はアドマイヤムーン産駒でこの距離でさらに良さが出る可能性あるヘイジームーンと、内枠、短縮で4走前同じような臨戦で勝利しているチョコレートバイン。穴は1400mで2勝しており、ここ2走のマイルから短縮となるユキノカトレア。

<東京7R・500万下>
軸 スマートダイバー
本線 サプライズライン、ディアドナテロ
穴 オーバーウェルム
おさえ 3、7、8、16
軸のスマートダイバーは、近走展開が向かないか相手が強いかという競馬が続いている。ここはメンバーはそれほど強力ではない。ペースが落ち着く懸念が多少ある。6走前の内容より、このクラスでも馬券になれる能力はある。このコースとの相性が良い血統でもある。相手はこの馬が来るときにセットで好走しそうなサプライズラインとディアドナテロ。穴は前走の大敗不可解も、2走前の内容からはここでも通用可能、8番人気と人気もないオーバーウェルム。



その他のレースで気になる馬を以下に記載。

・福島10R
カレンリスベット(前走は1番人気でマーク厳しく後方勢がごっそり上位を占める展開。今回は惨敗後で人気落ち。ただし、テイエムフタエマルが外から強引に競りかけるリスクもあって予想レースとしては取り上げず)

・福島12R
マイネルスパーブ(前走の積極的な競馬は良い刺激に。その前走は厳しい展開。短縮適性がそれほどなさそうな点が若干気になる)