20160724競馬予想

テーマ:
今週も結局ダート戦1つのみになってしまいました。
なお、次週は土曜予想(できても2レース程度)のみで、日曜は予想できないことがほぼ確定です。

<函館9R・500万下>
軸 ベストドライヴ
本線 ダンツホーネット、トウシンタイガー
穴 プラネットブルー
次点 エンクエントロス
おさえ 5、10、11、12、13
軸のベストドライヴは、先日エポックを軸にしたときに記載した理由と同様で、2走前のレッドウィズダムが勝った500万で先行して敗退した組。このレッドウィズダムが勝った500万下は、後方からの馬が上位独占して先行馬に厳しい流れに加え、負けた馬にもすぐに巻き返す馬多数のレベルの高い1戦だった。ベストドライヴはここで逃げて敗退した馬。前走も馬柱発表段階では注目したものの、300mの延長ローテに加え、前に行く馬が多い構成だったために予想レースにとりあげず。それでも出遅れながら4着と一定の走りは見せた。叩いた今回は人気が上がると思ったが、降級馬の存在もあって4~5番人気に落ち着きそう。相手は降級組で1700mへの短縮で勝利した実績あり、降級2戦目のわりにこちらも6番人気とあまり人気になっていないダンツホーネットと、前走出遅れて展開向かず人気を裏切ったトウシンタイガー。穴は3歳馬、短縮のプラネットブルー。
AD

20160723競馬予想休み

テーマ:
木曜の段階ですが、今週の土曜予想は休みます。
明日は夜遅くまで、翌日土曜も朝早くから仕事が確定しているためです。
8月も毎週土日のいずれかが出勤で、またしばらくは予想掲載の不定が続きそうです。
AD

20160717競馬予想

テーマ:
1700mのダート戦2つのみです(奇しくもいずれもダイワメジャー産駒が軸)。

<福島12R・500万下>
軸 レッツゴースター(1着流し)
本線 ワイドリーザワン、レンブラント
穴 タニガワ
次点 デュアルフレイム、ロードシャリオ
おさえ 7、15
この距離のレースにしては、1400m以下からの臨戦が多い構成。1番人気のロードシャリオは降級戦で臨戦も特に悪くはないが、1700m戦は初。2番人気のサクラルコールは1300mからの臨戦のうえに1年の休養明けで、1800mに実績があるとはいえリスクはある。レッツゴースターは、福島ダートが得意で降級2戦目。前走は降級戦の中でもメンバーが揃っていた一戦で、不利な枠に加えて出負けで力を出せず。行く馬もそれほど多くなく、あとはスタートさえ決めれば。相手は軸と同じく降級戦で福島実績あるワイドリーザワン、短縮で福島実績あるレンブラントの2頭が本線。穴は毎回人気にならないが近走着実に着差を詰めている3歳馬タニガワ。


<函館10R・渡島特別>
軸 リーゼントロック
本線 ハナズリベンジ、ワイルドコットン
穴 サンライズアルブル
次点 トミケンシャルゴー、アスカクイン
おさえ 5、6、9
単勝1倍台のサトノファンタシーは前走で好メンバーの500万を圧勝。ここもスムーズならば圧勝までありうる。ただし、前走もそうだが、デビュー以来3走連続外枠で、これまで激しく揉まれていない馬。内に入れたがる岩田騎手騎乗で、ハナズリベンジがまくってかぶせるような競馬になれば取りこぼしもありうると考えて予想。軸のリーゼントロックは、2走前に内枠で激しい競馬で3着。サトノファンタシーが苦しむような競馬で浮上可能な馬。1700mの実績もある。近2走は関西圏のレースでメンバーも揃っていた。相手は2走前好メンバー相手に健闘、前走2着からも能力上位で、本コース実績のあるハーツクライ産駒のハナズリベンジと、好走交互のワイルドコットンが本線。穴は叩き2戦目、2走前からのこのクラスでも勝負になるサンライズアルブル。
AD

20160710競馬予想

テーマ:
本日は夜勤のため、事前買いで競馬の時間は寝てます。今日はいろいろ考えたものの1つのみにします。

<中京11R・プロキオンS>
軸 タガノトネール
本線 ブライトライン、ノボバカラ
穴 ワンダーコロアール
次点 グレープブランデー、ニシケンモノノフ
おさえ 8、9、12
軸のタガノトネールは昨秋の実績を考えてもこのメンバーでは実績上位。前走の1番人気から一転、5~6番人気と人気もない。内枠に先行馬が少なく、外の2~3番手から前を見据えながら競馬ができそうな構成で展開面でも有利。相手は短縮で復調気配のブライトラインと、2走前にで軸馬に先着して充実期で先行力もあるが、使い詰めが若干不安なノボバカラ。穴は短縮のワンダーコロアール。

20160709競馬予想

テーマ:
1つだけ予想します。また本日もダート戦です。

<中京11R・白川郷S>
軸 キングノヨアケ
本線 モズライジン、マノワール
穴 ポイントブランク
次点 ミツバ
おさえ 8、10、16
キングノヨアケの前走は、徹底逃げ馬トップボンバー、勝ち馬モルトベーネをはじめ、逃げ先行馬が多かった一戦。逃げられず、おまけに内枠で揉まれて力を半分も出し切れず。2~4走前はオープンで走り、中でも3走前には5着の実績あり。揉まれにくい枠に変わり、かつ前走よりは逃げ馬が少ない構成、かつ得意の重不良ダートで巻き返しを狙う。前走比で人気が落ちたのも、逃げ馬にとっては好材料。相手はこの馬の脚質的に最内枠よりは外枠の方が競馬がしやすいモズライジンと、軸馬が残るような展開になればセットで残りそうな逃げ先行馬のマノワール、穴も同じ理由でポイントブランク。

20160703競馬予想

テーマ:
今日は夜のうちに予想したので載せます。


<福島11R・ラジオNIKKEI賞>
軸 ジョルジュサンク
本線 ゼーヴィント、アーバンキッド
穴 ミライヘノツバサ
次点 ダイワドレッサー、ナイトオブナイツ
おさえ 3、13、16
軸のジョルジュサンクは単勝のみ売れているが、連からは6番人気程度。1番人気のブラックスピネルには前走で敗退しているものの、3走前には先着。2走前は厳しすぎる流れの皐月賞を先行して惨敗、前走は平坦で直線の長い京都外回りの芝18で先着を許したが、血統からはスタミナが要求されるこのコースで良さが出そうな印象あり。逆転も十分ありと判断。3走前に内回りの阪神芝22で勝利したときのように前で流れに乗り、スタミナを生かしたい。相手は前走は前残りに加え枠も厳しかったわりに健闘したゼーヴィント、このコースで狙える血統で、前走は厳しい流れだったアーバンキッドの2頭が本線。穴は前走は皐月賞で度外視、その前の中山での2連勝が良いミライヘノツバサ。


<福島8R・500万下>
軸 スラリーアイス
本線 カンデラ、スクラッタ
穴 ヤマガール
次点 ナスカザン、ラゴディラゴライ
おさえ 4、14
軸のスラリーアイスは降級2戦目。降級戦の前走は、実績のない芝で度外視可能。過去この馬自身が実績のある外枠でもあり、競馬しやすい。実質降級戦にもかかわらず人気も6~7番人気とそれほどないのもよい。相手は軸同様降級戦で、やや距離不足かもしれないが脚質からも大崩れはなさそうなカンデラ、3歳馬で前走は窮屈な競馬になったスクラッタの2頭が本線。穴は過去このクラス勝ちがある馬で、近走は枠や展開など力を出せない条件が続いているヤマガール。


<福島12R・500万下>
軸 リンガスウーノ(1着流し)
本線 タイセイラルーナ
穴 スズカオーショウ
次点 ニシノイナズマ
おさえ 1、2、4、7、8、9、11
軸と本線の3歳馬2頭を中心に、上位評価を絞って大穴が引っかかるのを待つイメージで予想。軸のリンガスウーノは久々だが、サウスヴィグラス産駒で揉まれにくいこの枠はプラス材料。2走前は延長に加えて強力メンバー。前走は最後方待機のノーモアゲームが差し切る流れで逃げて5着は健闘の部類。あとはスタートをスムーズに出て2~3番手をキープできれば。相手のタイセイラルーナの前走は、ゲートが悪く力を十分に出せず。あとはゲートを少しでもスムーズに。穴は2走前のこのコースで3着となっているスズカオーショウ。

20160626競馬予想

テーマ:
<阪神11R・宝塚記念>
軸 トーホウジャッカル
本線 ドゥラメンテ、シュヴァルグラン
穴 サトノクラウン
次点 マリアライト
おさえ 2、7、8、10、12
土曜の阪神は雨のためもあり、17番人気が勝つのをはじめ荒れた結果が続出。ここもまともに走ればドゥラメンテが強いとは思うが、海外帰りということもあり、人気薄まで広く薄く流してあわよくばのホームランを狙うイメージで予想。軸のトーホウジャッカルは、ロスがありながら小差の競馬をした前走の内容より、復調気配ありと判断。相手は違うものの長期休養明けの昨年で4着ならば、今年はさらに上積みもあるのではと判断。スペシャルウィーク産駒は近年活躍馬は減っているが、かつてはインティライミの宝塚3着、リーチザクラウンのダービー2着(あとは印象深いのはトーホウシャインのマーメイドS)など、道悪の重賞で穴を出す産駒を多く輩出。この馬自身重馬場での勝利があるので重は大きな問題はなさそう。相手は適性的にも能力的にも問題ないドゥラメンテと、スタミナやパワーあり、阪神替わりと重はプラス材料のシュヴァルグランが本線。穴は京都記念の内容から重馬場はプラス材料で、あとは能力さえ出し切れればのサトノクラウン。


<東京8R・500万下>
軸 ジュンザワールド
本線 マイティーゴールド、サンタナブルー
穴 ハイアーヴォルト
次点 サマーラヴ、エグゼビア
おさえ 4、5、8、16
外枠、短縮の3歳馬ジュンザワールドが軸。近2走は芝に挑戦、ダートに戻って見直し。相手は短縮の3歳馬マイティーゴールドと、短縮の降級馬サンタナブルー。穴も短縮の降級馬ハイアーヴォルト。

20160625競馬予想

テーマ:
ダート戦しか馬柱を見られていませんが、久々に土曜予想をします。

<東京11R・夏至S>
軸 コアレスキング
本線 エイシンバッケン、カフジテイク
穴 ラストダンサー
次点 ビッグリバティ、クロスボウ
おさえ 8
好臨戦のコアレスキングが軸。このコース有利の外枠、短縮で、1400m実績があり、1000万下を勝ち上がったときと同じく短縮。近走2桁人気が続いていたように、人気になりにくいタイプで今回も7~8番人気程度と狙いやすい。脚抜きの良いダートも得意で、好材料を揃えた。相手は外枠の降級2頭は特に減点材料もないのでそのまま評価。あとは内枠でも短縮の馬を穴~次点に3頭並べる。


<東京9R・日野特別>
軸 ロッジポールパイン
本線 レッドゲルニカ、ラインフェルス
穴 エメラルエナジー
次点 ディアコンチェルト、トーセンラムセス
おさえ 4、11
多数の降級馬と近走このクラスで馬券になっているイキの良い3歳馬という好メンバー。1、3、4番人気馬が半分より内に入ったこともあり、上位人気に付け入る隙ありと判断して予想レースとした。その中でも軸は7番人気とそれほど人気を集めていないロッジポールパインを選択。この馬の前走は3着だが、外枠でも狭い位置に入り、前が詰まって立て直してのもので、まともならもっと差のない競馬ができていた。サウスヴィグラス産駒で本来はそれほど揉まれたくない。今回も外枠で競馬がしやすく、スムーズに競馬ができれば。相手は脚抜きの良いダートで前進、外枠で競馬しやすいレッドゲルニカと、降級組で枠順もよいラインフェルスの2頭が本線。穴は降級組で、500万下を圧勝したときと同じ大外枠のエメラルエナジー。


<阪神8R・500万下>
軸 コパノリスボン
本線 タマモイレブン、ワキノハガクレ
穴 ツーエムカイザー
次点 ミカエルシチー
おさえ 1、2、3、4、14
軸のコパノリスボンの前走は、先行馬が一掃される厳しい流れ。先週函館戦で軸にしたエポックも同じレースに出走して先行して大敗していた馬だったがすぐ巻き返し。この他にも、ヨシオ、ワンダーサジェス、ストロボフラッシュなど負けていた馬が次々と巻き返すメンバーが揃っていた1戦であった。このハイレベルなレースの中、延長ローテで前に行って6着に粘ったこの馬の能力は評価したい。ただし、たまに出が悪い面があるのが最大の懸念点。とにかくスタートを決めたいところ。相手は降級2戦目の組からタマモイレブンとワキノハガクレの2頭を本線に。穴は降級組で、減量騎手で無理やりにでもハナを奪えれば3走前の再現あるツーエムカイザー。