20160827競馬予想休み

テーマ:
土曜予想は、今週も休みます。
日曜は、先週同様、日曜夜勤のために明日夜中には時間が確保できる見込みのため、予想できる見込みです。いただいているコメントの返信も、明日夜いたします。
いろいろな要因が重なり、今日のところは先週のレースの見直しと土曜の傾向把握に努めます。
AD

20160821競馬予想

テーマ:
日曜は1つのみにします。明日はまた夜勤なので、競馬時間帯は寝ていると思います。

<札幌11R・札幌記念>
軸 ヤマカツエース(1着流し)
本線 レインボーライン、ネオリアリズム
穴 ヒットザターゲット
次点 ヌーヴォレコルト、モーリス
おさえ 3、6、11、12
雨の影響があり、土曜も時計がかかっていたが日曜も雨予報。距離を延ばして挑戦してくるモーリスを応援したい気持ちもあるが、ここは「未知の要素が色濃い人気馬」であり、外枠、道悪という要素もあり、単勝1倍台ということも考えると対応できない方に賭けて他の馬で穴を狙うのも有効と考えた。軸のヤマカツエースは道悪得意で小回り芝20への適性も高い。キングカメハメハ産駒自身、ネオユニヴァース産駒やステイゴールド産駒と並び、道悪の北海道芝中距離で穴が多い。相手はステイゴールド産駒で使われるごとに力をつけてきたレインボーラインと、ネオユニヴァース産駒で洋芝中距離道悪への適性ありそうなネオリアリズムの2頭が本線。穴はキングカメハメハ産駒、実績断然であとは内が空けばのヒットザターゲット。
AD

20160814競馬予想

テーマ:
土曜は思いのほか時間が取れたため、1つだけ予想しました(明日は4時半に起きないといけませんが、土曜があまりにも不完全燃焼だったために1つだけでも、という思いもあります・・・単に傷口を広げるだけかもしれませんが)。
明日は、ダートのレースが一長一短(※本稿の末尾にメモ殴り書き)のため、先週の予想のコメント欄に記載した「ローカル芝12外枠作戦」を実践してみます。


<小倉11R・西部日刊スポーツ杯>
軸 ニシノラッシュ(1着流し)
本線 スマートカルロス、アドマイヤナイト
穴 アルティマブラッド
次点 アレスバローズ
おさえ 1、4、5、6、7、13
近年期待値の高い「夏ローカル芝12の外枠」狙い。ここは降級組が揃う好メンバー。当初はスマートカルロスを軸にして予想予定も、ニシノラッシュが連ベースでも4番人気程度と、「昨年OPで連対していた実績のわりに人気がない」と判断し、こちらを軸として選択。この馬は降級2戦で案外な着順だが、2走前は休み明け、前走は先行馬壊滅で外差し馬上位の展開の中前で粘った組。また、近2走は先行する競馬をしているが、本来はもう少しタメて競馬をして良さが出る馬か。相手は前走軸馬と同じレースに出走し、外を通った馬が上位を占める中、内を選択してしまって伸びなかったスマートカルロスと、2走前準OPで決して展開が向かない中2着に粘った実績を買ってのアドマイヤナイトが本線。穴はこれらの馬と同じく降級組で1000万下では本来上位のアルティマブラッド。


※「ダートのレースが一長一短」について、ダートのレースをざっくりと以下にメモ
札幌7R:人気馬が堅そう、札幌11R:展開が読めないわりに展開次第の競馬になりそう、札幌12R:面白い馬が複数頭いるが、さすがにゴールデンバローズは強そう、新潟9R:パッと見でアースコネクター軸で予想しようと思ったが、本クラス屈指の好メンバーで、マウントハレアカラあたりが早めに動くと苦しいかも、小倉12R:わかりにくいメンバー、未知だが人気にならないことを条件に8枠2頭?

20160813競馬予想

テーマ:
今週は土曜が朝から出勤、日曜は事情で飛行機で移動する(早朝5時台に移動開始し、移動してすぐ戻る)こともあり、あまり時間がありません。何とか土曜は2つ予想してみましたが、日曜は厳しそうです。申しわけありませんがコメントの返信は後ほどいたします。

<札幌9R・500万下>
軸 ネコダンサー
本線 ヒルノデンハーグ、アオイオンリーワン
次点 ドゥラリュール、ワールドレジェンド
おさえ 2、4、10、13
軸のネコダンサーは3歳500万下で3度の3着の実績あり、中でも2回は勝ち馬がアルーアキャロル、グレンツェントという世代でも強い相手。近2走は芝スタートの影響もあってか置かれたうえに、前残りの流れ。前走も3着馬ベルウッドケルンが500万、1000万を連勝、5着馬サンタナブルーが次走2着、7着馬キータイプが次走1着など、相手が強い中での6着で、能力的には大きく見劣らない。もともと人気しにくいタイプであるが、7~8番人気と人気落ちしており、能力と人気の差という点で面白いと判断し、軸として選択する。相手はさすがに500万下で逃げればしぶといヒルノデンハーグと、前走は好凡走激しく、このクラスで圧勝した2走前のように気分よく走ればハマりそうなアオイオンリーワンが本線。


<小倉8R・500万下>
軸 サンライズウィズ
本線 サウスオブボーダー、タマモアタック
穴 サンライズレーヴ
次点 ワンダーヴァローレ
おさえ 2、3、4、6、9
メンバー的に先行馬が少ない構成。人気馬のうち、安定感があり能力上位だが、過去ダート戦では1400mしか使われていないサトノユニコーンを嫌うことで配当的妙味を見出したい。軸のサンライズウィズは同型少なく、この枠でもハナが奪えそう。サンライズペガサス産駒は小倉ダ17と好相性で、この馬自身、この条件で実績がある。前走は3角で交わされ、2走前は1~3着馬が差し追い込みの中逃げ、いずれも4着と近2走はいずれも厳しい競馬の中のものだった点も評価の要因。相手は2走前で軸馬に先着しているサウスオブボーダーと、2走前このクラスで勝利し、叩き2戦目、短縮実績あるタマモアタックの2頭が本線。穴は展開向くかが微妙だが軸馬同様のサンライズペガサス産駒のサンライズレーヴ。

20160807競馬予想

テーマ:

久々に芝戦をひとつ予想します。7月30日予想のコメント欄に記載の他の芝戦のうち、新潟9Rはコメットシーカーから買おうとも思ったものの相手がよく分からずに結局回避、小倉記念はアングライフェンかベルーフかマーティンボロかテイエムイナズマあたりから軸を絞り切れず、こちらも結局回避しました。結果、札幌のみになりました。

 

<札幌11R・UHB賞>
軸 オデュッセウス
本線 サドンストーム、エポワス
次点 フミノムーン、オメガヴェンデッタ
おさえ 3、4、8、9
土曜を見る限り、差し馬が届く馬場になっており、外枠の馬に妙味ありと判断。軸のオデュッセウスは洋芝向きファルブラヴ産駒で昨年札幌で2歳OP勝ちあり。前走は前残りで展開向かず。今回は外が届く馬場で流れ向けば。相手は同じく外枠差し馬のサドンストームと、年齢的に人気になりにくいが函館SS組では最先着、昨年このレース制覇と適性あるエポワスの2頭が本線。


<札幌10R・大倉山特別>
軸 ハナズリベンジ
本線 スリーアロー
穴 キーアシスト
次点 ディアグリスター
おさえ 5、7、8、9、12
1~3番人気が皆逃げ先行馬。差し馬向きの展開になるとヤマを張って予想。人気馬の中では、1000万下で3戦すべて惨敗しているシャドウチェイサーと、揉まれるともろさのあるコパノチャーリーの評価を落とした。軸のハナズリベンジの前走は、前に行った3頭がそのまま残った前残り競馬。2走前は2着、3走前は7着も強力メンバーであり、展開が向けばこのクラスでも好勝負可能。今回は展開が向くことにヤマを張ったので評価。相手は前走こそ崩れたが、今年の一連の競馬を見るとこのクラスでは上位で、3番手前後で少し控える形でも競馬できるスリーアローが本線。穴は軸馬同様、前走は展開があまり向かなかったキーアシスト。


<札幌6R・500万下>
軸 リヴァイバル
本線 サンヘレナ、ロックキャンディ
穴 エヴォリューション
次点 エンパイアブレイク、パパラヴズマンボ
おさえ 9、10
札幌10Rとは逆で、こちらは先行馬が少ない展開。軸のリヴァイバルは連対したときがいずれも前でスムーズに競馬ができたときで、距離延長。このコース向きのワイルドラッシュ産駒でもある。前走は先行できず度外視、2走前はスムーズな競馬ができて2着も、このときは牡馬混合で相手の中にもすぐに次走勝ち上がったセネッティ、連続好走しているブラックジョー、他スーパーライナーらもいる強力メンバー。牝馬限定戦のこのクラスでは上位と考える。相手は、300m延長となった前走である程度前に行く競馬を経験し、積極的な松岡騎手騎乗もあっているサンヘレナ、降級馬のロックキャンディが本線。穴は先行馬で行った行った狙いのエヴォリューション。地味なリキアイサイレンス産駒で人気になりにくい点もよい。

20160806競馬予想休み

テーマ:
取り急ぎ、土曜は予想を休みます。
今月は休日や夜間の仕事が多いこともあり、先週の競馬の映像もまだ十分に見られていません。土曜は新聞未購入、日曜も競馬の時間は夜勤のため睡眠予定ですが、日曜分だけでも予想はできるようにしたいです。

20160730競馬予想

テーマ:
先週日曜に記載した通り、明日は予想を更新できません。
今日も結局1つだけになりました(またダート戦)。

<新潟8R・500万下>
軸 ナナイロボタン
本線 ボンボンキャスト、チュラカーギー
穴 モンサンビアンカ
次点 リンガスウーノ、レアドロップ
おさえ 5、12、13、14
人気馬はそれなりに力があり、悪くない反面、人気勢に逃げ先行馬が多い。軸印、穴印の馬や、おさえに並べた外枠の全くの人気薄などがうまく引っかかれば高配当も狙えると判断して予想。軸のナナイロボタンは過去2勝をいずれも短縮で勝っている短縮巧者。走るときと走らないときの差が非常に大きく、3着内か10着以下かというタイプ。2走前このコース、このクラスで差をつけて勝利しており、適性と能力はここでは上位。それにもかかわらず、6~7番人気程度と人気がないのは、降級戦の前走での惨敗が原因か。ただし、前述のとおり、もともと走らないときは投げ出す面があり、かつ前走は牡馬混合でメンバー自体も揃っていた。あとは走る気を引き出せるか。相手は前走このクラス、コースで圧勝で適性と能力上位のボンボンキャスト、前走展開きつく、延長後の実績ある距離への短縮となるチュラカーギーの2頭が本線。穴は馬券に絡んだのがすべて短縮で、3走前3着で最低限の能力の証明があるにもかかわらず11番人気と全く人気がないモンサンビアンカ。

20160724競馬予想

テーマ:
今週も結局ダート戦1つのみになってしまいました。
なお、次週は土曜予想(できても2レース程度)のみで、日曜は予想できないことがほぼ確定です。

<函館9R・500万下>
軸 ベストドライヴ
本線 ダンツホーネット、トウシンタイガー
穴 プラネットブルー
次点 エンクエントロス
おさえ 5、10、11、12、13
軸のベストドライヴは、先日エポックを軸にしたときに記載した理由と同様で、2走前のレッドウィズダムが勝った500万で先行して敗退した組。このレッドウィズダムが勝った500万下は、後方からの馬が上位独占して先行馬に厳しい流れに加え、負けた馬にもすぐに巻き返す馬多数のレベルの高い1戦だった。ベストドライヴはここで逃げて敗退した馬。前走も馬柱発表段階では注目したものの、300mの延長ローテに加え、前に行く馬が多い構成だったために予想レースにとりあげず。それでも出遅れながら4着と一定の走りは見せた。叩いた今回は人気が上がると思ったが、降級馬の存在もあって4~5番人気に落ち着きそう。相手は降級組で1700mへの短縮で勝利した実績あり、降級2戦目のわりにこちらも6番人気とあまり人気になっていないダンツホーネットと、前走出遅れて展開向かず人気を裏切ったトウシンタイガー。穴は3歳馬、短縮のプラネットブルー。