交際相手の女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が、女性に渡す錠剤を調達する際に不審に思われ、「患者が欲しがっている」と偽っていたことが24日、捜査関係者への取材で分かった。
 点滴パックは同病院以外から調達したとみられ、警視庁捜査1課は入手先を調べるとともに、女性を信用させながら実行した事件の全容を解明する。
 捜査関係者によると、女性は2008年12月30日、小林容疑者に「妊娠した」と伝えた。同月31日、同容疑者は同病院薬剤部を訪れ、子宮収縮作用のある錠剤を依頼した。
 自分が担当する腫瘍(しゅよう)・血液内科の女性患者向けとしていたため、担当者は不審に感じて質問。同容疑者は「患者が欲しいと言っているんだから」などと偽り、処方させた。
 翌日の09年1月1日にも、薬剤部を訪れて錠剤を頼んだ形跡があるという。 

【関連ニュース】
別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前=不同意堕胎事件・警視庁
妊娠告知10日後に流産=医師、迅速に計画か
医師、流産後も数カ月交際=発覚避けるためか
医師、不正に薬入手か=病院の管理は厳重
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分

池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
学校の石綿、公務災害認定=全国初、死亡教諭に―滋賀(時事通信)
株主優待・単元変更速報(変更:7622、8939)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)
日韓首脳が電話会談(時事通信)
AD