不登校でもイイじゃん

~あべのブログ~


テーマ:

高級なステーキよりも、

特産品の伊勢エビよりも、

有名店のスイーツよりも、

 

ただ、

温かいお味噌汁が飲みたいだけだったりします。

 

ただただ、

お母さんが作った、簡単な具材の、

だけど温かいお味噌汁が飲みたいだけだったりします。

 

 

みんながやっている習い事よりも、

みんながうらやむプレゼントよりも、

みんながあこがれる進学先よりも、

 

ただ、

自分が描いた落書きのような絵を見て欲しかっただけだったりします。

 

ただただ、

目を見て話を聞いて欲しかっただけだったりします。

 

ただただ、

くだらない話を一緒に笑って欲しかっただけだったりします。

 

ただただ、

手を握って欲しかっただけだったりします。

 

 

保護者のみなさん、

ご自分ができることの大きな価値を忘れないようにしましょうね。

 

《セミナーご案内 大阪&横浜》

こちらをクリック☆

 

《あべメルマガ》

こちらをクリック★

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)
同じテーマ 「おもうこと」 の記事

テーマ:

「ウチの子が『こうしたい』と言うので〜」と保護者は言うものの、

よくよく本人に聞いてみると

「こうしたい」ではなく「こうしなければいけない」という気持ちでいることがあります。

 

いわゆる「〜ねばならない」という状態ですね。

 

言い換えれば、

本人の中で「ルール」ができている状態です。

 

「こうしてみたい」「こうなりたい」といった前向きな意思や欲求ではなく、

「こうしなければいけない」と、後ろ向きな「ルール」を定めてしまっているのです。

 

そんな「ルール」は、たいてい身近なオトナの影響を受けて定められていきます。

 

もともとは、

安全に生活をするため、より良く生きていくため、といった

“前向きな”「ルール」をオトナは教えていきます。

 

それがいつしか、

「他人に迷惑をかけてはいけない」という目的の「ルール」が加わり、

そしていつしか、

「親に迷惑をかけてはいけない」という「ルール」も現れて、

いつの間にか、

「親の思うように動くこと」が「ルール」になったりします。

 

「ルール」というよりも「レール」ですね。

 

「レールを外れてはいけない」ということまでもが「ルール」になっていったとき、

すでに本人は気づかぬうちにがんじがらめです。

 

幼いときには気づかなかったものが、

思春期になり、自我が芽生えてくると、言動や心境に影響をし始めることがあります。

 

「こうしなければいけない」「〜ねばならない」。

その「ルール」を守らなければいけない。

 

そんな「ルール」で苦しくなっていきます。

そんな「ルール」を山ほど抱えている子は増えています。

 

法律という「ルール」を社会的には守らなければいけません。

罰せられますからね。

 

しかし、

オトナが決めた「ルール」を守らなければいけない、ということはないのです。

仮に守れなかったとしても、人間的にダメだとか「終わっている」とか、そういうことはないはずです。

オトナが勝手に決めただけの「ルール」なのですから。

 

「忘れ物をする子」は、

単に「忘れ物をする子」であり「人間的にダメな子」ではありません。

 

「学校へ通えないこと」は、

単に「学校へ通えない」というだけのことであり、犯罪でもなければ「終わっている」わけでもありません。

 

けど、

「ルール」がジャマをします。

 

なにも「終わって」なんかいないのに、

「ルール」を守れなかったと勘違いをして、勝手に「終わった」と思ってしまうのです。

 

想定された「レール」を少し外れるだけで

「ルール」を守れなかったということになり、

あたかも罪を犯したかのように感じてしまうのです。

 

「レール」を外れることは「ルール」を破ること、

だから「レール」も「ルール」も外れないように頑張らなければいけない。

 

 

こんな「ルール」で苦しんでいるのですから、

こんな「ルール」は、ちょっと外してあげたいですね。

 

「外す」とは、

「それでも別にいい」と心から思えることです。

 

「レール」から外れているけど「まぁいい」と思えれば、

「ルール」から外れることができるでしょう。

 

しかし、

たいていは何年もかけて蓄積され、刻みこまれながら

本人の心の中に「ルール」として確立されていることが多いので、

いきなり「まぁいいよ」と言ったところで

簡単に外れるものではありません。

 

しかし、「まぁいいよ」と言っただけで

一気に気持ちが楽になる場合もあります。

 

何度か言っても「ルール」が外れない場合と、

一度の声かけで「ルール」から解放されて楽になる場合とでは、

何が違うのでしょう。

 

ボクは、

保護者自身が「ルール」を外せているかどうか、だと思っています。

 

つまり、保護者自身が

「まぁいいや」と思えているかどうかですね。

 

本人ではなく、保護者のみなさん自身が

「ルール」でもない不要な「ルール」を作っていないか、ちょっと見直してみるといいかもしれませんね。

 

《セミナーご案内》

・2/24(土)10時〜 セミナー&個別相談@関西→こちらをクリック★

・3/3(土)10時30分〜 セミナー&ランチ会@横浜→こちらをクリック☆

※お申し込み、お問い合わせはメッセージでもOKです。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:

 

ボクが担当させて頂く保護者向けセミナー(+α)を2つご案内します。

関西と横浜ですね。

 

いずれも、

初参加の方でもリピーターの方でもOKの内容にするつもりですので、

どちらの方々も是非ご検討下さい。

 

【①セミナー&個別相談@関西】

 

・平成30年2月24日(土)午前10時〜

・大阪市立総合生涯学習支援センター 第8研修室

 ※大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル5階

 

・参加費 2,000円

 ※個別相談もセットの場合は8,000円

 

ご案内ページ→こちらをクリック☆

 

 

【②セミナー&ランチ会@横浜】

 

・平成30年3月3日(土)午前10時30分〜

・株式会社REO内(不登校サポートセンターCORE)

 ※横浜市西区高島2-5-10 ストーク菱沼ビル2階

 

・参加費 2,000円

 ※ランチ代は別途実費

 

ご案内ページ→こちらをクリック★

 

 

参加を希望される方やお問い合わせの方は

それぞれのご案内ページからご連絡を頂ければと思いますが、

ボクへメッセージやメールを頂く形でも大丈夫ですので、お気軽にご連絡下さい。

 

関西はセミナーの後に「個別相談」、

横浜はセミナーの後に「ランチ会」となります。

 

 

最近、ボクが一方的に話し続ける形のセミナーが続いていたので、

たまには少人数でみなさんの話も伺いながら進める形にしたいなという気持ちもあります。

 

なので、急かすわけではないですが

定員による締め切りとなってしまわないよう、

ご興味のある方はお早めにご検討を頂いた方が良いかもしれません。

 

よろしくお願いします。

 

《関連リンク》

学習指導・進路サポート・カウンセリングなら→不登校サポートセンターCORE

回復に向けたヒントをメールで配信します→あべメルマガ「不登校でもいいじゃん」

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

「夢中になれる時間を作ろう」

ということで以前に開催しましたクレイフラワー体験。

 

※前回のご案内はこちらをクリック

 

大変ご好評を頂きました。

 

ハタから見ていても、

夢中になって、熱心になって創作するような時間は

とても良いことだし、必要な時間かもしれないと感じました。

 

というわけで、

また開催したいという打診を快諾して頂いたのは

クレイフラワー作家の小林真起子さん。

 

※小林真起子さんのブログはこちらをクリック

 

前回とは違った作品を予定していますので、

リピーターの方も是非ご検討下さい。

 

 

小物入れ、ですね。

先生は「アクセサリーお休みボックス」と言っていました。

 

これをみなさんで作って頂きます。

初めての方でも、細かい作業が苦手な方でも大丈夫だと思います。

 

前回は「保護者のみ」で開催しましたが、

今回は保護者に限らず、経験者でも本人でも、もちろん親子参加でもOKにします。

 

【日時】

平成30年2月10日(土) 午前10時〜13時00分+ランチ

 

【会場】

株式会社REO内(不登校サポートセンターCORE

※横浜市西区高島2-5-10-2階

※横浜駅より徒歩5分

 

【参加費】

5,000円(レッスン、材料、ランチ全て込み)

※ランチ不要の方は3,500円

※当日に現金でお支払い下さい

 

【対象】

不登校生の保護者、不登校経験者、本人

 

【参加申し込み・お問い合わせ】

メールにてご連絡下さい

club@ibasyo.jp

※メールのタイトルを「クレイフラワー」として頂けると助かります

 

定員により締め切りとさせて頂く可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

 

 

夢中になって作って、

作ったものを眺めながらランチを、という感じですね。

 

「こんなことをやって何になるんだ」と思っている方こそ

足を運んでもらえたらいいなと。

 

ボクがあえてセミナーや相談会ではなく、

こうした企画もする意図が伝わればいいなと。

 

個人的には、

小林真起子さんに会って頂くだけでも価値があると思っています、

それくらい素敵な方です。

 

お気軽にご検討下さい。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

ウチの子が、なぜ学校へ行けなくなったのか。

おそらく、こうこう、こういう理由だろう。

 

なぜ動けないのか。

おそらく、こうこう、こういう理由だろう。

 

なにを考えているのか。

たぶん、こうこう、こういうことに違いない。

 

今後どうすればいいのか。

たぶん、こうこう、こうやってやればいいのだろう。

 

と、

あれこれ分析をしている保護者の方は、結構いらっしゃいますね。

 

 

あまり分析をしない方が良いですよ。

 

 

まず、当たっていないことが多いです。

本人と話してみると全く違っていたり、

ボクの立場からの見解でも明らかに違っている、ということは多いです。

 

あと、あまり意味のないことも多いです。

分析すればするほど、ストレスが増えている保護者の方は多いですし、

分析される本人にとっても、ストレスやプレッシャーになることは多いです。

 

 

当たっているのなら、まだいいんですけどね。

意味のあることなら、まだいいんですけどね。

 

悩みの最中にいると、

思考や発想も限られたものになっていきます。

一度そう思うと、なかなかそこから路線変更した発想ができなかったり。

 

いわゆる「視野が狭くなる」という状態です、

悩みの最中にいるときには仕方がありません。

 

その狭い視野での分析は、

当たらないわりに、疲れます。

 

一生懸命に考えて考えて分析をしても、

なかなかその通りにいかないことでイライラしてしまうこともあります。

 

 

頭の中で分析をするよりも、

口を使って言葉をかけてあげて下さい。

 

分析した上での言葉ではなく、

本人の姿を見て、あるいは目を見て、様子を見て、言葉をかけてあげて下さい。

 

あまり分析しすぎていると、

本人の様子や変化がよく見えなくなることがあります。

本人からの言葉もよく聞けなくなることがあります。

 

ただでさえ悩みの最中で狭くなっている視野が、

分析のしすぎで、さらに狭くなるのです。

 

本人の様子より、本人の声より、

頭の中で考えていることが優先されてしまうのです。

 

自分の様子に気づいてくれず、自分の言葉に反応してくれないと、

本人も回復できる環境にはなりづらいです。

 

「こうかもしれないな」と思っていた程度のことが

「こうに違いない」という分析に至ると、

いわゆる「決めつけ」も、起こりやすくなります。

 

もともと保護者からの「決めつけ」がストレスになっていたのに、

ここに来てまた分析されて「決めつけ」られては、

姿は違えど、同じようなストレスやプレッシャーの繰り返しです。

 

 

あまり考え過ぎるのをやめましょう。

 

それが難しければ、

「考えない時間」を作ってみましょう。

 

 

分析をしすぎても、

あまり当たっていなかったり、あまり意味がないので、やめましょう。

 

 

分析をするのは、

一定の「答え」を知りたいから、とも言えます。

 

けど、

いつまで分析をしても、本当の「答え」は誰にもわからないものですよね。

 

だったらやはり、

あまり考え過ぎるのをやめましょう。

 

 

考えるのをやめたり、

あるいは「考えない時間」を作ることができたりすると、

ちょっとリラックスできるものです。

 

保護者がリラックスしたぶんだけ、

本人もリラックスできることは多いです。

 

保護者が頭を使いすぎないと、

本人も頭を使いすぎないでいられるものです。

 

 

あまり考え過ぎるのをやめましょう。

 

じっくりと回復をして、

いざ、本人が何か悩みを言ってきたり、相談をしてきたときには、

ここぞとばかりに一生懸命な分析をしてあげて下さい。

 

それはそれで当たらないかもしれませんけどね。

 

分析って、そういうものでしょう。

 

【ご案内】

・「学校では教えてくれない数学」部→1/20(土)横浜

・ランチ会@横浜→1/23(火)横浜

・セミナー&個別相談@関西→1/27(土)大阪

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。